タグ:野の花 ( 128 ) タグの人気記事


昨日 ( 07/25 )もまたしつこい梅雨空で、
ジトジトベタベタ・・・・その辺のものすべてが
湿っぽく感じられる状態が続く。

それでも、
夜明け前にふと目覚めて外を見たときは、
やけに空が明るくて部分的に青いところもいっぱい見えた。
この分では天気予報が大外れ??と
期待してみたけれど、
その青空はほんのわずかな時間でかき消えて
あれは幻???ってことになってしまった。
ひょっとしたら幻覚?

ともあれ毎度お馴染み、雨が降ったり止んだりの
合間を縫うように家の周りで散歩がてら
写真だけはしっかり撮っておいた。

程良く疲れて家に帰りついた直後、
本降りの雨が降って来たのには、
正直
我ながらなんてツキの良い奴なんだろう
って実感したんだいねぇ107.png






   家の近くでも歩いてみれば、そこかしこにナツズイセン。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17165084.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17170330.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17171709.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17175665.jpg



   タマスダレも、もう咲いているんだね。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17182639.jpg



   ノカンゾウになかなか逢えないから、似たヘメロカリスで我慢しとこう。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17184471.jpg



   これはオニユリだよ、って左端にムカゴを入れるなんざぁ、翁の小知恵。

   えっ?大きなお世話!?   ゴメンナサイ・・・・。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17190396.jpg



   ごく小規模な畑に栽培されていたゴマに、慎ましく花が咲いていた。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17193582.jpg



   ヒャクニチソウに来ていたイチモンジセセリちゃん。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17195805.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17201694.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17205390.jpg



   これから咲こうとする舌状花の先端に、ピンクのハートを見つけたよ。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17211090.jpg



   長梅雨のせいか、まだまだこれからのツボミさえもあるシモツケ。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17213199.jpg



   目立たないヤブランの花だって、拙者の接写で、なんちゃってね。
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17220671.jpg



   サクラの木肌にニイニイゼミ。良く出来た擬態だね151.png
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17224481.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17230388.jpg




雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17232355.jpg



   長梅雨だから、まだまだ元気なアジサイもあれば・・・・・、
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17235267.jpg



   ・・・・・・・・、
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17242291.jpg



   潔く、きっぱりと終了宣言したアジサイも。って、今日はこれまで104.png
雨の合間に カメラ同伴ご近所散歩_c0305565_17243688.jpg

by h6928 | 2020-07-26 18:16 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 07/16 ) もしつこい梅雨空続きで、
雨の確率も高い予報が出ていた。

それでも、気晴らしと運動も兼ねて、
あまり遠くないバンのくらす沼に行ってみた。

前回に見たバンのヒナっ子は5月29日だから
一か月半はゆうに経っているはずだ。

そして久々に再会したヒナっ子は
もうすっかり「鳥」になっていた。

だってぇ~、以前のヒナっ子は
お世辞にも可愛いとは言いにくかったんだもの。
黒くて小っちゃいけど不気味っぽい
妖怪の子みたいな雰囲気があったんだよね。

それがもう今ではすっかり鳥らしくなって
親鳥とは羽色が全く違うけれど
別の可愛さはある。

うん、ほんっと‼
めでたく鳥になれて良かったね。

って、言ってあげたかったよ102.png








   5月29日から久々の再会になったバンのコドモ達。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17453633.jpg



   以前はお世辞にもかわいいとは言いにくかったけど、素直に可愛い。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17461693.jpg



   こういう姿を見ると「ツル目」の一員らしさが見えるね。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17464906.jpg



   近くで見守る親鳥は、まだまだ目の離せないコドモたちにお疲れ気味。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17471568.jpg



   コドモ達はふたりで池の方に向かう。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17481193.jpg



   一番先に生まれた子かな?もう段差は楽勝に上がる。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17484924.jpg



   わざわざカルガモさんの前に上がって、威嚇し追い払おうとの構え。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17491180.jpg



   カルガモを追い払ってストレッチなんぞ・・・で余裕を見せる。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17494205.jpg



    親鳥さんも羽毛の手入れをしたり・・・。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17501337.jpg



   いっちょ前に辺りを警戒したりして、動作にも成長ぶりがみえる。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17502752.jpg



   対岸では、コドモが水に飛び込んでみたり、逆に上がったりしてる。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17510097.jpg




妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17520576.jpg



   泳ぎはもう達者で、すっかり一人前になったって自信ありげ。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17523866.jpg




妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17530382.jpg




妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17533943.jpg



   自分なりに快適な場所を見つけて寛いでいるコドモ。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17540405.jpg



   親鳥さんもなんだかんだで、まだコドモらが心配な様子も見える。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17542921.jpg



   ワルナスビの花は、ここでは紫がかった色のも多いようだ。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17545634.jpg



   近くではクロコスミアが、この時期らしい彩を見せている。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17553680.jpg



   うっすら明るくなったりするとアサマイチモンジも出てみたり。
妖怪の子 変じて鳥になる_c0305565_17561617.jpg

by h6928 | 2020-07-17 18:47 | 野鳥 | Comments(6)

昨日 ( 06/28 ) は、
朝からしっかりと雨が降っていた。
関東の一部には大雨警報まで出るくらいだったから
出ていない地域だって努々油断はならない。

予報では午後には止む
と告げていたので一応信用していると、
うん、その内に止んでくれた。

1時過ぎに家を出て、
もうそう遠くへも行けないだろうからと、
元・生家があった辺りに、
ヤブカンゾウでも撮ろうと行ってみた。

ところが、まだ早すぎて、
ようやくツボミが膨らみ始めたばかり。
咲いている花は一つとして見当たらなかった。

う~ん・・・・今日こそ外れかなぁって
ガッカリしながらも一応パトロールしてみると
何とか自分なりには面白いものも撮れた。

このところのMy初物も相変わらず見つかるし、
いやぁ~、いい年こいてなぁ~んにも知らないまま
生きて来たんだなぁなんてね
永遠の5歳の女の子に叱られっぱなしになりそうだ。

ボォ~っと生きてきちゃったから、
仕方ないんだけどサ。

帰って来て、
一時的に通り雨も来たけれど、
夜になって外を見れば、
オレンジ色した上弦の月が西の空に浮かんでいた。






   キリギリスの成虫一歩手前のメスさん。何か獲物を貪り食っていた。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17193798.jpg



   わが身と同じくらいのクモを捕らえ、自慢げに見せているのは・・・。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17195569.jpg



   その名もネコハエトリさん。性格までネコみたい102.png
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17200868.jpg



   四方八方から褒めてもらいたいのかな?
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17202364.jpg



   隠れ帯を作ってかくれんぼをしているのは、ナガコガネグモの幼体。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17203844.jpg



   ヒメジョオンに見慣れないハチが来ていたので、さっそく撮る。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17210818.jpg



   岐阜成徳学園大学サイトの昆虫図鑑:ハチ目には
   「検討が必要(未同定)」に類似の写真が載っていた。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17212245.jpg



   逆光気味で、カノコガを綺麗に撮ってあげようって。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17214389.jpg



   コンディション良好なオオチャバネセセリ。惚れ惚れしてしまう。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17220773.jpg



   咲き乱れるヒメジョオンを背景に、飛んでるスジグロシロチョウさん。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17223356.jpg



   オニグルミの葉の上で、モンシロチョウの蝶番を見っけ♡
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17225128.jpg



   食事の時は向かい合わせはいけないんだよ。新しい生活様式ではー。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17230997.jpg



   そうそう、この向きならまだ許せるかな。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17232281.jpg



   ママコノシリヌグイの名は、いつも酷いなァと思う。花は奇麗なのに。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17234231.jpg



   絡みつく対象が無い時のクズは、数を集めて立ち上がるのか!凄い根性。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17235903.jpg



   この花は、ここでは初めて見た。何だろう?
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17241891.jpg



   ヒエンソウに近い仲間だろうか? 花壇などから捨てられたのかも。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17244018.jpg



   何気なく田んぼの中を覗いたら、ホウネンエビが泳いでいた。
    (このコは卵っぽいのが見られるから女のコかな?)
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17250053.jpg
   これが見られる年は豊作になる、と昔から伝えられているとか。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17251103.jpg



   全員がお腹を上に向けて泳いでいる変わり者で、真正エビの仲間ではない。
元・生家辺りで 色々撮れちゃった_c0305565_17253626.jpg

by h6928 | 2020-06-29 18:45 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/19 ) は予報されたように朝から雨。
降り方は強まってみたり弱まったり、時には休憩も入れて、
なんかずいぶんノンビリと気ままに降っている感がある。

まぁ、予報通りだから家にいることにして、
撮り溜まってしまった写真の整理なんぞをしながら、
溜まってしまった疲れの方も、
休養することでサヨナラしてもらう。

そうこうしていても、
外を見て雨が止んでいたりすると、
やっぱり運動がてらカメラ散歩に出たい衝動には負けて、
傘は降っていなくても一応持って、
カメラももちろん帯同して家を出る。

オリンパスのミラーレスに60mmマクロの軽いセットは、
雨の日でも苦にならないのが好い。

適当に足の向くまま気の向くまま撮り歩いていると
いつの間にか雨がまた降りだす。
カメラを濡らさないうちに帰ろうか・・・・。
って、そんなことでも何とか撮れてしまうから
毎度ながら
雨の日のカメラ散歩はやめられませんなぁ105.png






   雨の日の黄色い灯みたいに、心も明るくしてくれそうなキンシバイ。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17225412.jpg



   こちらはヒペリカム・ヒドコート。花は大きく、葉が十字対生。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17230767.jpg



   また別の場所にはビヨウヤナギもまだ咲いていたので、3種揃った。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17233232.jpg



   6月で雨とくれば、そりゃぁもうアジサイは外せないよね102.png
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17235775.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17241497.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17243131.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17245814.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17252326.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17255778.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17261799.jpg




梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17263830.jpg



   ホタルブクロは、晴れた日よりも雨天に撮った方がしっくりくるなぁ。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17270760.jpg



   零れ種から生えたコスモスが、寂しげでも健気に佇んでいた。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17272990.jpg



   膨らみ始めたブルーベリーの実がかわいい。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17274944.jpg



   マダケの開拓者たる細い貧弱な筍に、水滴が乗っている。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17282040.jpg



   手前にあったもう少し太目なのに、もっと接近してみる。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17283694.jpg



   ナガミヒナゲシの夥しい数の果実。来年は凄いことになりそう。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17285679.jpg



   黄色い花になんかいるから、ブチヒゲカメムシが目立っちゃってたよ。
梅雨さなか アジサイなど色々と_c0305565_17290866.jpg

by h6928 | 2020-06-20 18:33 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

高崎郊外で 雑草など


梅雨入りも近いというのに
昨日 ( 06/09 ) はあと少しで猛暑日に‼
というくらい暑くなった。

写真の在庫が少しあるのでゆとりを感じて、
やたら伸び放題になっている我が家の庭の手入れなんぞを
午前中にやったりしていた。

が、暑い。熱すぎるって感じだ。
熱中症になる前に切り上げてしばらくゆっくりしていると
何だか怠け心がムクムクと頭をもたげ始める。

こんなことではいけないぞ!と
午後1時過ぎにちょっと出てみるか・・・って気になって
はにわの里公園周辺で少し撮ってみた。

それが以下の写真たち。

夕方には穏やかな雷様のお越しを待っていたのに、
ついぞ来てくれなかったので夜もなお暑さは残っていた。

今年の夏本番もこんな状態になるのは嫌だなぁ。






   つい先日、雌花が撮れたと喜んでいたオニグルミ。もう実がこんなに151.png
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17272314.jpg



   久々に見たタチオランダゲンゲらしい花。にしても赤紫が濃いなぁ。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17280557.jpg



   これはその茎と葉。茎にも紫がとても濃いのが見える。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17282518.jpg



   ちょっとピンクのかかったシロツメクサ。頂上に二段咲きが150.png
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17284878.jpg



   普通のホワイトクローバーにはモンシロチョウが来ていた。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17293604.jpg



   ベニシジミさんもクローバーの蜜はお好みのよう。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17295367.jpg




高崎郊外で 雑草など_c0305565_17301343.jpg




高崎郊外で 雑草など_c0305565_17302920.jpg



   ここでは初めて見たキキョウソウ。いつの間にか進出して来たんだ。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17304728.jpg




高崎郊外で 雑草など_c0305565_17310424.jpg




高崎郊外で 雑草など_c0305565_17312046.jpg



   マメグンバイナズナの実。小っちゃな軍配がいっぱい。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17333152.jpg



   こんなにワサワサ蔓延っている。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17331132.jpg



   粗放な麦畑に侵入したヤグルマギク。どっちが主役?みたいな。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17334673.jpg



   チガヤの綿毛はすぐにも飛びそう。でもなかなか飛んでくれない。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17341156.jpg




高崎郊外で 雑草など_c0305565_17344710.jpg



   ケサランパサランの生産元? キツネアザミの果期。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17353860.jpg



   メタリックな輝きを放つアシナガバエのなかま。
高崎郊外で 雑草など_c0305565_17361947.jpg

by h6928 | 2020-06-10 18:29 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

川の上流域を歩きつつ


昨日 ( 05/31 ) は朝から曇りで、
降水確率も60%とかスマホが伝えていた。

この時期になるともう
さすがに梅雨入りも近いだけに
雨の降る確率は高くなるのも仕方ないか。

そんな訳で午前中は家でのんびりしていたけれど
午後になって期待しないまま箕輪城跡に近い
榛名白川沿いを上流方向に歩いてみた。

たぶん、田中角栄総理の日本列島改造論に沿って
かなり開発されたような跡がそこかしこに垣間見えても、
今では人口減少やら住民の高齢化等で農業もその他の産業も
地方では衰退し、次第に過疎化して行くのが暗示される・・・・
そんな光景が見て取れる。

そんな所で虫さんやら雑草なんかを探しながら、
本当はラミーカミキリを求めていたのだけれど、
ついぞ出会うことはできなかった。

そのうちに雨がポツリポツリと降りだして
空模様もやばそうになってきたので引き上げた。

帰ってきたら、
我が家の辺りはゲリラ豪雨が過ぎた痕跡があり、
本当にこの時期の雨には注意が必要だ
と、痛感したのだった。






   キツネアザミがもうこんな姿は普通になった。5月最終日に写す。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17362697.jpg



   特定外来生物でも、案外『栽培』されてるオオキンケイギクは虫にも好かれる。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17364033.jpg



   お初にお目にかかるオオアカマルノミハムシさん。キンポウゲ科が好みとか。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17370157.jpg



   カラムシに止まっていたこのガは、ブドウスカシクロバだろう。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17371282.jpg



   触角がきれいなので出来るだけ近寄って、触角を主に狙って撮る。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17372220.jpg



   ダイミョウセセリが止まっているこの葉っぱは、シャクチリソバ。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17373597.jpg



   休耕田に繁茂するハルジオンには、ヒメウラナミジャノメが訪れている。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17374969.jpg



   コチャバネセセリが来ていたのは、ヒメジョオンの花。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17380002.jpg



   キタテハさんも熱心にお食事タイム。この花はハルジオン。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17381373.jpg



   耕作をやめた田にセリバヒエンソウが蔓延り、モンキチョウが吸蜜に。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17382482.jpg



   アブラムシはもう食べ尽くしたかな?ヤブジラミでナナホシテントウさん。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17384406.jpg



   またまたお会いしましたね、オジロアシナガゾウムシさん。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17390484.jpg



   コメツキムシの仲間は、子供のころには格好の遊び相手だった虫さん。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17391647.jpg



   カミキリムシの仲間に似ているけれど、別物のジョウカイボンさん。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17392601.jpg



   セリバヒエンソウの花をアップで撮る。なかなかユニークな形だ。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17400327.jpg



   雨もパラつき始めた野に、ドクダミがひっそり咲いている。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17401567.jpg



   もうカイコの餌の役も無く、放置されたマグワに熟した実も見える。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17402816.jpg



   早苗を植え終えた山の田に、畦のセイヨウタンポポを添えてみた。
川の上流域を歩きつつ_c0305565_17404964.jpg

by h6928 | 2020-06-01 19:35 | 季節もの・初夏 | Comments(6)


昨日 ( 05/01 ) は、
夏も近づく八十八夜ってことで、
それこそ夏のような暑さになった。

午前中は家にいて大人しくしていたのだが、
やっぱり少しは運動をしないと体が弱りそうで、
家から歩ける範囲でカメラを持って撮りに出た。

いつもとは逆方向へ歩き、
色々と物色するつもりだったけれど、
だいぶ見込み違いがあってガッカリが多くなった。

というのも、
この方面は稲作が行われる地域で、
これから田起こしなどの作業が始まるのを控えて、
大規模な草刈りが済んだ直後だし、
草刈りが出来ない農家さんは除草剤を使って枯らしたばかり。
これでは・・・雑草も虫さんも全く出逢えない。

夏のような陽射しがかんかん照り付けるし、
気温はぐんぐん上がっているだろうし・・・・・、
折れそうになる心を励ましながら住宅地方面も歩く。

案外そちらの方が色々撮れたってのも
何か皮肉めいて苦笑する。

帰ってから味わう偽ビールがひと際美味い季節になっていた。

あっ、そうだ、買い物に行ってないから
カツオは食えなんだわい。






   羽化してから泥の中を潜り抜けてきたこのコは、誰かなぁ?
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17261670.jpg



   ヘラオオバコの花序が何本も伸び上がる。向こうはタンポポの綿毛。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17263619.jpg



   アメリカオニアザミのツボミ。トゲによる武装が一層充実。   
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17265868.jpg



   あるところには無造作に生える、オランダフウロ。局所的分布かな。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17273403.jpg




夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17275248.jpg



   アイリスの丘も良い頃かなぁ・・・と、思っても今年はねぇ・・・。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17282216.jpg



   ブンブンブン、ハチが飛ぶ。掻き入れ時みたいだね。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17284218.jpg



   今年はシバザクラ公園には行かれなかったなぁ・・・と思いつつ撮る。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17300596.jpg



   さりげなくオダマキが植えられていたりして、歩いていても癒される。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17302937.jpg



   畑の片隅に咲いていたシャーレーポピー。5月っぽいなぁ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17310481.jpg




夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17313234.jpg



   植栽のピンクのフジを見つけた。ヤマフジ系の品種と見た。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17322365.jpg



   花序が比較的短くほぼ一斉に咲くのは、ヤマフジ系の特徴。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17352778.jpg



   右巻きの証拠を撮ってみた。左から右へ反時計回りに巻いて登る。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17331559.jpg



   ほかで見たオオデマリはまだ緑だったのに、これはもう真っ白。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17362950.jpg



   親戚でも何でもないけど、こちらの名前はコデマリ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17370438.jpg



   ユスラウメがだいぶ膨らんできた。さすがにもう八十八夜だ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17381694.jpg



   自分の食べた獲物の残骸に身を隠しているゴミグモ。さぁ、見つかるかな?
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17384227.jpg

by h6928 | 2020-05-02 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

家の近くで雑草などを


昨日 ( 04/28 ) も、
もったいないような良い天気で、
午前中はせっかく家にいるのだからってことで、
少しは庭の雑草たちを抜いたりと
手入れをして過ごした。

午後はもしかしたら
雷様がいらっしゃるかしら?
なぁ~んて心配しながらも、
気晴らしに近くまでカメラを持参で
歩いたりした。

午前中に引っこ抜いてしまった
雑草たちの罪滅ぼしのためにもと、
我が家以外に元気でくらしている雑草などを中心に、
なるべく綺麗に撮ってあげようかと
頑張ってみたのであった。

いよいよ雷様が来そうな雰囲気になる寸前に家に戻って、
コロナのニュースなんぞを見たりしていたけれど、
結局、雷様はこの辺はお気に召さなかったのか
素通りしてしまったようだ。

やれやれ、心配して損したよ。
でもね、何事も無いのが一番の幸せだよね。
近頃はそれを強く感じる。






   住宅街の空き地ではセイヨウタンポポが強いのかな?ハチさんもガンバル。
家の近くで雑草などを_c0305565_17241335.jpg



   カタバミの赤味が濃いタイプのアカカタバミさんは、強かに生きている。
家の近くで雑草などを_c0305565_17243466.jpg



   一頃まではピンクのカタバミと言えばこのコ、ムラサキカタバミだったっけ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17342450.jpg



   最近は人家近くではよく目にするのがこのコ、イモカタバミ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17344155.jpg



   ノミノツヅリは「蚤の綴り」で、綴りは布を繋ぎ合わせた粗末な衣だとか。
家の近くで雑草などを_c0305565_17245113.jpg



   オランダミミナグサに絡めとられたのか、しがみついたのか?タンポポの種。
家の近くで雑草などを_c0305565_17251485.jpg



   キュウリグサさんには、接写マン魂をつい刺激されてしまう。
家の近くで雑草などを_c0305565_17254537.jpg



   いつの間にかマツバウンランさんが、近所にも侵入していた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17260982.jpg



   カラスノエンドウさんは、空に抜ける位置にあったので、試しにね。
家の近くで雑草などを_c0305565_17262234.jpg



   三本の矢が纏まれば折れない。五本の蔓が捩れたら?スゲ~丈夫104.pngアケビさん。
家の近くで雑草などを_c0305565_17264196.jpg



   斑入りのアマドコロがわさわさ。半野生でも丈夫なもんだ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17272229.jpg



   剛力ちゃん、じゃなくって・・・アヤメさん。この辺じゃ一番花だと思う。
家の近くで雑草などを_c0305565_17275791.jpg



   こちらはジャーマンアイリス。分かりやすいように幅広の葉も入れた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17281805.jpg



   フランスギクさんは虫さんに大人気。クロヤマアリさんも来ていた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17285999.jpg



   ヤグルマギクさんもせっかくだから綺麗に撮ってあげたい。
家の近くで雑草などを_c0305565_17291488.jpg




家の近くで雑草などを_c0305565_17293239.jpg



   ゲラニウム・カロリニアヌムの葉っぱが綺麗。なぁ~んてね、アメリカフウロ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17295849.jpg



   家庭菜園の新タマネギがそろそろ収穫適期だ。大きなお世話か105.png
家の近くで雑草などを_c0305565_17303110.jpg

by h6928 | 2020-04-29 18:39 | 季節もの・春 | Comments(4)

野の花にキジさんも

昨日 ( 04/26 ) は、けっこう好い天気で、
絶好のお出かけ日和だったのだけれど、
まぁ、世間様の自粛の大合唱の声に耳を塞ぐこともできず
潮流に乗っかってほぼ家で「巣ごもり」をしていた。

それでも、
夕方になって、少しだけでも運動を、
とカメラを持って散歩してみた。

このところ良く持ち出すオリンパスのミラーレスに
レンズはマクロ60㎜を装着。
この組み合わせは片手で接写ができるのが嬉しい。

近所を歩いていてもほぼ人には会わず
ひとり上手ができる。

そう言えば、ボクが30歳くらいの時
中島みゆきの『ひとり上手』が流行っていたっけなぁ。
歌詞はあまり覚えていないけれど
「ひとりが好きなわけじゃないのよ」
は覚えている。

なぁ~んてね、感傷に浸っていたりすると、
家のすぐ近くに♂キジさんが出没して現実に引き戻される。

今年はなぜか本当にキジさんには縁がある。
しかも男のコばっか‼ってのも、
なんだかなぁ・・・だ。





   いつの間にかアカバナユウゲショウが咲く時期になっていたんだね。
野の花にキジさんも_c0305565_17213036.jpg




野の花にキジさんも_c0305565_17215915.jpg



   アメリカフウロは日向での印象が濃いけれど、日陰で撮ると落ち着いて見える。
野の花にキジさんも_c0305565_17221401.jpg



   ナガミヒナゲシは安っぽく咲きまくるけれど、時には少し高級そうに。
野の花にキジさんも_c0305565_17224338.jpg



   最近、オニタビラコは赤と青に分けるらしい。これは青鬼かな?
野の花にキジさんも_c0305565_17232168.jpg



   咲いてしまえばすぐ飽きるキツネアザミも、この状態だと待ち遠しい。
野の花にキジさんも_c0305565_17233882.jpg



   またの名を「地獄の釜の蓋」のキランソウは、アジュガの一員だけに花は激似。
野の花にキジさんも_c0305565_17241742.jpg



   ハナイバナは、「葉内花」だけにキュウリグサのような穂みたいにならない。
野の花にキジさんも_c0305565_17243940.jpg



   オランダミミナグサも、そこらへんでよく見かけるけど、花は可愛い。
野の花にキジさんも_c0305565_17245972.jpg



   元は牧草や緑肥として栽培されていたナヨクサフジ。いまや雑草。
野の花にキジさんも_c0305565_17252913.jpg



   空き地に運び込まれた土に生えたこれは、カモミールかな?
野の花にキジさんも_c0305565_17255568.jpg



   後から気づいたんだけれど、香りを確かめればなぁ・・・・。
野の花にキジさんも_c0305565_17261509.jpg



   アメリカオニアザミは「これでもか‼」っていうほど全身棘だらけ。
野の花にキジさんも_c0305565_17264159.jpg



   スズランさんは花が葉っぱの陰だから、バリアングルで。
野の花にキジさんも_c0305565_17270750.jpg



   こっちは木のスズラン、なぁ~んてねジョウダン(ドウダン)ツツジ。
野の花にキジさんも_c0305565_17272527.jpg



   家のすぐ近くなのに♂キジさんを発見! キジもボクもビックリ。
野の花にキジさんも_c0305565_17283609.jpg



   ☝共々、フルサイズ機換算120mmレンズで撮って、トリミング。
野の花にキジさんも_c0305565_17291846.jpg

by h6928 | 2020-04-27 18:43 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/18 ) の雨もよく降った。
また写真は休まねばならんかな?と
ほぼ100%に近い割合で覚悟は出来ていた。

それほど止み間も無い
クソ真面目な激しい雨が続いていた。
不要不急な外出を避けるにはもってこいの雨だった。
予報では夜まで降り続きそうな様子だったしね。

でも、午後3時を過ぎてしばらくしてから外を見ると、
何やら西の空に明かりがさして、
あれほどクソ真面目な雨が
もう力尽きたのか上がっていた。

それならば・・・と
今回もバッテリーの残量が少ないままのカメラを持って
散歩がてらの撮影でもしようと出てみることにした。

出だしは、いつまた雨が降り返すか不安だったので
いつでも引き返せるように近場で撮っていた。

そのうちに、西からどんどん青空が広がって来て、
バッテリー切れの頃には陽が射してきた。
でも、デジカメでは
電池が終われば嫌でも中止せざるを得ない。

ま、有無も言わせぬ良い潮時さぁね。






   グッショリ濡れたヒガンバナの葉に、散ったサクラがへばりつく。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17272131.jpg



   ソメイヨシノの未練花。パッと咲いてチンタラ散るのもアリかな。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17273161.jpg



   いつの間に植えられたの?白花のライラック。咲かないと気が付かないね。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17275905.jpg



   ホトケノザはどこにでもある花なのに、ついつい撮って載せたくなる。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17282158.jpg



   綿毛を飛ばした後のタンポポのこの姿、言っちゃ悪いけど貧乏くさい。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17283412.jpg



   「雨に打たれる」を身をもって表現してくれたの?スノーフレーク。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17284910.jpg



   石垣の下からとれたハナニラ。雨に濡れて頭(花)が重たいか。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17290129.jpg



   激しい雨だったから、花に泥跳ねも見られる。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17291429.jpg



   雨が上がっても、チューリップはもう開いてはくれないよね。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17292908.jpg




クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17294176.jpg



   晴れた日と違って、暗い日にアンダー露出でナガミヒナゲシを妖艶に。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17295271.jpg



   少し高い位置に咲いていたので蕊まで写せた、ヒメオドリコソウ。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17301001.jpg



   誰かが植えたのだろうか?本家オドリコソウが咲いていた。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17302111.jpg




クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17303230.jpg




   イヌナズナのクネクネがなんか可愛く思える、雨上がりの魔法。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17310652.jpg



   ノラ化しててもきれい。ヒアシンソイデス・ヒスパニカと呼べばカッコイイ。
クソ真面目な雨が止んだ後_c0305565_17312082.jpg

by h6928 | 2020-04-19 18:23 | 季節もの・春 | Comments(2)