タグ:野の花 ( 99 ) タグの人気記事


昨日 ( 06/24 ) は、いかにも梅雨時らしい
気まぐれ天気になった。

午前中はしっかり真面目に雨が降っていたから、
外に出る気も起きなかったけれど、
午後になると雨が上がって晴れ間さえ見え、
日差しも出て来たり。

それじゃぁ、と出かける気になると
いつの間にかまた雨がザアザア・・・。
どうしようか?迷いながらも、
出した結論は傘をさしてのカメラ散歩。

悔いを残さないようにね。

そう言えば今年は、
こうした雨の日の近所歩きから遠ざかっていたような。
ちょうど良い機会だし、
内臓脂肪も蓄えるだけじゃなく減らさなければね。

ってことで歩いてみれば、
去年は全く出逢えなかったラミーカミキリに
なんと! 2頭も出逢えたから嬉しい。

いる所には普通種でも、
我が家あたりでは分布域の境界線なのだろうか?
比較的希少な存在なので、
このゆかいな模様に出逢えれば、うん、うれしい113.png







   キンシバイがそろそろ終盤かな。右の花の後にカメムシさんが・・・・。
c0305565_17380619.jpg







   コボウズオトギリは、花も実も楽しめる。一粒で二度おいしい!?
c0305565_17382279.jpg



c0305565_17383391.jpg







   ヘクソカズラって、もう咲くんだっけ?アリさんに聞いてみたい。
c0305565_17385004.jpg







       梅雨時で雨となれば、この花たちは欠かせないよね102.png
c0305565_17391892.jpg



c0305565_17392786.jpg



c0305565_17393719.jpg



c0305565_17394918.jpg







   梅雨時ってキノコが生えやすい。ヒトヨタケの仲間がにょっきり。
c0305565_17400455.jpg







   アメリカオニアザミは全身棘だらけ。葉でさえも微小な棘で覆われる。
c0305565_17402064.jpg







   すっくと立っていた、ヨウシュヤマゴボウの花序。
c0305565_17403620.jpg







   多少の雨でも頑張っていたハチさん。ヒルガオに出稼ぎ。
c0305565_17404985.jpg







   「無駄花なし」と言われるナスの花は、とある家庭菜園で。
c0305565_17410164.jpg







   ブルーベリーの実はまだブルーになっていないねぇ。
c0305565_17411536.jpg







   ゼニアオイの花に頭を突っ込んでいたヤマトシジミ。
c0305565_17412420.jpg







   お久しぶり‼ラミーカミキリちゃん。昔の漫画のロボットみたい。
c0305565_17413719.jpg


   こっちのコは雨宿りしながら触角の手入れ中。
c0305565_17414700.jpg







   昼間なのに暗かったから、夕方と間違えて咲いちゃった?オシロイバナ。
c0305565_17420291.jpg

by h6928 | 2019-06-25 18:24 | 季節もの・梅雨時 | Comments(1)


一昨日、箕輪城跡でヒゲナガガをとれたのに気を良くして、
一日空けて昨日 ( 05/03 ) また行ってみた。

ところが、何たることか!
ヒゲナガガを撮ったポイントとその付近一帯
きれいサッパリ草刈りをされていた。

そうかぁ・・・観光地として売り出そうというからには
草ボウボウじゃいけないんだよねぇ。

これではヒゲナガガは無理だろうなと、
他のエリアをを当たってみても案の定まったく見られなかった。

仕方が無いから他の被写体を探すしかない。

でも、晴れて気温も上がった日中には、
チョウチョさんは大はしゃぎ。
とてもマクロ100mmでは追いきれないし、
なかなか止まってくれない。

あちらこちらと城址を歩きながらへとへとになり、
もうダメかな?と思い始めた頃、
チョウチョさんも疲れて来たのかな?
やっと撮ることができた。

家を出るときにたまたま撮れた
アゲハさんの写真が無かったら、
ちょっと寂しい結果になったかも?

運はまだ味方してくれているようだ。








   家を出た直後、生け垣のツツジにアゲハが来たので、急遽撮影。
c0305565_17355562.jpg



c0305565_17360529.jpg



c0305565_17361604.jpg



c0305565_17362630.jpg








   飛び疲れたのか、ウスバシロチョウが休憩タイム。
c0305565_17364415.jpg



c0305565_17365731.jpg


   アメリカフウロで吸蜜中のコも。
c0305565_17370701.jpg








   ヒメウラナミジャノメがやっと止まってくれた。
c0305565_17371961.jpg


   正面からは、ここまで寄れた。
c0305565_17372942.jpg








   ハルジオンで吸蜜中のベニシジミ。
c0305565_17374546.jpg








   タンポポの花の斜め上では、ホソヒラタアブがホバリング。
c0305565_17380555.jpg








   イタドリの葉の上では、バラルリツツハムシが交尾中。
c0305565_17381461.jpg








   今はマムシグサの花がそこかしこで見られる。
c0305565_17383268.jpg


   まるで恋人同士のような ''ふたり”も。
c0305565_17384127.jpg








   まだ咲いていなかったけれど、ツボミがいっぱいのホウチャクソウ。
c0305565_17390195.jpg








   ホウチャクソウの真上を見たら、ウワミズザクラを見つけた。
c0305565_17391262.jpg








   オオモミジかな?赤いプロペラが目立っていた。
c0305565_17392455.jpg








   帰りがけに別の公園で見つけた、オニグルミの雌花。
c0305565_17393468.jpg

by h6928 | 2019-05-04 18:43 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 05/02 ) は、朝の内こそ怪しかったけれど、
そのうちに晴れてくると絶好の行楽日和になった。

やっぱり行楽地として有名なところは
行き帰りの時間を延々と車中で過ごすハメになりそうで、
それが嫌だから人の行かないような場所に
わざわざ行って撮ることにする。

で、選んだのが富岡市の丹生湖。
水を抜いてしまっているから、お世辞にも湖とは言い難く、
釣りで人気だったのにそれもできないと、辺りは閑散。

それはボクにはむしろ好都合で、
ゆっくり花や虫さんと遊べる。

気温が高くなり加えて風も強まったせいか、
ウォーキングの人も少ない。
強風は接写には不利だけれど、
そこは何とか老獪さでカバーする。

思わぬ初物も撮れたりして、
帰ってから名前を調べるのには苦労したよ103.png








   駐車場に咲くタンポポさん、八重桜の花莚で飾られて満足かな?
c0305565_17325201.jpg








   越冬明け後の活躍で苦労の跡が翅に刻まれている、ヒオドシチョウ。
c0305565_17332402.jpg








   タンポポ食堂で、お子様ヤブキリさん三名様が相席。
c0305565_17334371.jpg








   ヤブタビラコの花は、控えめで可愛い。見過ごされがち。
c0305565_17335425.jpg








   これは令和どころか人生における初物。ヒゲナガハナノミ、♂。
c0305565_17342013.jpg








   交尾中のヒメジョウカイ。カミキリムシとは似て非なるもの。
c0305565_17344433.jpg








   ヨコヅナサシガメの脱皮中ショット。
c0305565_17350484.jpg








   いっぱいいるから、After版も他の個体で見られる。
c0305565_17352395.jpg








   地面近くでホバリング中の、ビロードツリアブ。
c0305565_17353997.jpg








   斑紋がちょっと変わっているナナホシテントウさん、発見。
c0305565_17360139.jpg








   ジュウニヒトエの団体さん。この辺では、けっこう見かける。
c0305565_17362117.jpg








   キランソウが放射状にすくすくと伸び出していた。
c0305565_17364216.jpg








   乾燥気味な裸地でさえ根性を出して生えてくる、ノミノツヅリ。
c0305565_17370292.jpg








  半日陰の水が滲み出す場所では、コンロンソウも賑やかに。
c0305565_17371517.jpg








   この春初めて見つけた、あ!令和初か!? チゴユリの花。
c0305565_17373122.jpg



c0305565_17374365.jpg








   ドウダンツツジはいっぱい咲くので、どのコを撮ろうか迷った結果。
c0305565_17375929.jpg








   太陽光をいっぱい受けたくて?ホオノキは大きな葉を広げる。
c0305565_17381631.jpg

by h6928 | 2019-05-03 18:40 | 季節もの・春 | Comments(2)

元号跨ぎの写真たち


昨日 ( 04/30 ) はほとんど一日雨だったので
写真撮影は諦めかけていた。

でも、午後2時過ぎになると一時的にせよ止んでいたから、
欲を出して近所でカメラ散歩をしてみた。

空を見上げると、いつまた降りだしても不思議ではない感じ。

降ってきたらすぐに引き上げる覚悟で、傘も持たずに出た。
暗いからカメラのしっかりした保持には、
傘は余計者になるのでね。

その甲斐あって、思ったよりは収穫もあった。

もう使い飽きた「平成最後の」撮影したのを、
使いたくもないのだけれど「令和最初の」更新ってことに
結局はなってしまうんさぁね105.png








   いつの間にか、ジャーマンアイリスの咲く時期になっていたんだね。
c0305565_17295046.jpg








   昔はよく、茅葺屋根の上で咲いていたイチハツ。久々の再会。
c0305565_17300282.jpg



c0305565_17301806.jpg








   しっぽり濡れたボタンは、色っぽいねぇ~。
c0305565_17305380.jpg








   野生化しているヤグルマギク。
c0305565_17310596.jpg








   これって、野生種のオドリコソウ?それとも園芸種?
c0305565_17312191.jpg



c0305565_17313286.jpg








   ムラサキツユクサでも、ピンクっぽかったので気に留めた。
c0305565_17314804.jpg








  カラスとスズメの間をとってカスマグサ。とは、笑える野豌豆の命名。
c0305565_17315972.jpg








   ナガミヒナゲシを長い実と共に撮ってみた。
c0305565_17320931.jpg








   しっとりと濡れたムラサキケマン。
c0305565_17323111.jpg








   種が無くなったナズナの果穂で、雨水を飲んでいる?ナナホシテントウ。
c0305565_17325138.jpg








   アブラムシがいっぱいで、テントウムシさんも飽食かな。
c0305565_17330340.jpg








   メスアカケバエ。黒ずくめというオスは見当たらず。
c0305565_17332342.jpg








   交尾するコガタルリハムシ。メスのお腹がデカすぎ!
c0305565_17340450.jpg








   ヒメウラナミジャノメを追ったら、死んだふりをされた。
c0305565_17342199.jpg


   もっと寄っても動かない。見つかっていないつもりかな?
c0305565_17343833.jpg

by h6928 | 2019-05-01 18:43 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/28 ) は、世間では10連休二日目とかで、
ニュースを見れば渋滞情報が頻繁に流されている。

ボクは毎日が連休だから普通の日常なのに、
どこに行っても混みそうで出かけにくい。

で、せっかくの良い天気だし「山笑う」候でもあるし、
たまには生家辺りに行って昔を懐かしむことにした。

同じ中学校までの一つ先輩と出逢って談笑したり、
通学路で道草を食った辺りを歩いてみたり、
童心に帰れた気がする。

とか言いながら、ホントは
いつまでも大人になれない「じっちゃん坊や」なんだけどね103.png








   去年、某週刊誌で見たシロツメクサの写真をパクってみた。
c0305565_17270664.jpg








   去年は見過ごしたのか、初めて見つけたコゴメイヌノフグリ。
c0305565_17272317.jpg



c0305565_17273925.jpg








   道路の縁石で暖まっていたせいか、ユウゲショウが咲いていた。
c0305565_17275475.jpg



c0305565_17280550.jpg








   セリバヒエンソウがやたらと増えていたのには、驚き。
c0305565_17282677.jpg








   ホウチャクソウは、もう一息で咲きそうなところ。
c0305565_17284595.jpg








   スズメノテッポウ。穂を引き抜いて、ピーピー鳴らして遊んだなぁ。
c0305565_17285540.jpg








   子供の頃は一面に咲いていたレンゲ。今やもう希少種。
c0305565_17290877.jpg








   ハナイカダの雄花。雄株だからこの先、黒い実はできないや。
c0305565_17292245.jpg








   園芸植物として導入されたのが理解できる、ハルジオン。
c0305565_17294332.jpg








   ハルジオンとベニシジミは、今頃になってやっと撮れた。
c0305565_17300752.jpg



c0305565_17303156.jpg



c0305565_17304947.jpg








   ヒメヒラタアブの仲間だろうが、同定はパスってことで。
c0305565_17311045.jpg








   タンポポに来たビロードツリアブ。
c0305565_17312349.jpg







   シロダモの出たての若葉は、子ウサギの耳のよう。
c0305565_17313869.jpg








   朽ちかけたモミの木に生えていた、マンネンタケ。
c0305565_17315012.jpg

by h6928 | 2019-04-29 18:44 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/22 ) は久々に碓氷湖に行ってみた。

碓氷峠の途中にある人造湖で標高が少し高いから、
春の訪れも遅めなのだけれど、
いくらなんでももう春になっているはずってことで。

実際に行ってみると予想した以上に春は進んでいて、
ソメイヨシノはほぼ終わりかけていた。
その点では平地との差が少なかったのだなぁ。

う~ん、分からないもんだねぇ~、自然は。

ともあれ、この日は地道に接写をしようと
ボクの原点ともいえるマクロ100mmを一眼レフに装着して挑む。

人造湖とはいえ水面を渡る風は心地よく、
快適に撮影を終えることができた。

そうして帰り道、麓に降りて行くのにつれて
車の外気温計の数値がどんどん上がってくるのに驚く。
一時的には31℃にまで上がった。

まぁ市街地の舗装道路上では
アメダスの数値より高いのは「常識」だけど、
それにしても暑すぎ‼

涼しいところで撮っていたんだなぁ・・・
と改めて知ったのだった。






   年々勢力拡大中のビオラ・ソロリア "プリケアナ"
c0305565_17412843.jpg







   素人でも判別の優しい、エイザンスミレ。
c0305565_17413984.jpg






   スミレの同定は難しいなぁ。この花はお手上げ。
c0305565_17415059.jpg







   ミミガタテンナンショウは、ここら辺ではわりとお馴染み。
c0305565_17420888.jpg







   たまにはキュウリグサなど、地味系の花も撮ろうか。
c0305565_17422279.jpg







   タチイヌノフグリは、よぉ~く見ないと見逃すほど小さい花。
c0305565_17423372.jpg







   サルトリイバラの若芽を二通りの背景で。
c0305565_17425898.jpg



c0305565_17430862.jpg







   湖面に枝をせり出しているのは、サワシバかな?
c0305565_17434071.jpg







   ホオノキの若葉も、出たては小っちゃい。
c0305565_17440065.jpg







   例年なら飽きているはずのムラサキケマンも、今年は初撮り。
c0305565_17441751.jpg







   撮っているうちに、ツマキチョウの男のコがやってきた。
c0305565_17443267.jpg



c0305565_17444715.jpg







   お疲れ気味のツバメシジミさんも訪花していた。
c0305565_17450087.jpg







   なんと!思いがけずクジャクチョウ。
c0305565_17451320.jpg







   まだ充分見られる状態のソメイヨシノを、手前のカエデ越しに。
c0305565_17452678.jpg







   藪の中で囀っていたウグイス。一瞬出てくれたのをマクロ100mmで。
c0305565_17453829.jpg

by h6928 | 2019-04-23 19:05 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/08 ) は朝から曇り空で、
気温も上がらず肌寒い日になった。

家にいても暖房を入れなければいけないくらいだから、
どうせなら経費節減のため、外に出ることにする。

なぁ~んて、ケチなジジイって思われるのも嫌だけれど
実際ケチなジジイであることは否めないのだから、
まぁ、しょうがねぇーよな。

って、こんな日には久々に
マクロ100mm+一眼レフで春物接写が良い。
それを撮るのにふさわしい撮影地は、この時期なら群馬の森。

サクラは意外に少ないのも、
端からサクラは目的外だから関係ないしね。

ここも近年は動力による草刈り部隊の投入とか、
ブロアーでの掃除とか・・・
管理作業が昔とずいぶん違ってきているせいか
植生とか虫たちの多様性がずいぶん失われてきたと実感できる。

どこの公園でもこの流れは加速しそうだけどね、
昔の良さを知る者としてはやっぱり寂しい。

昔は良かった、と言い始めればジジイの証拠‼
って言われちゃうけど、
まぁ、確かにまたジジイのボヤキが出ちまったいね。






   この花は日陰で曇りの条件下が撮りやすい。奥ゆかしいシャガ。
c0305565_17454904.jpg






   ソメイヨシノが咲く頃、この花も咲いてくる。クサノオウ。
c0305565_17460344.jpg






   マルバスミレの白い花は、清楚感がステキ。
c0305565_17471706.jpg






   タチツボスミレも、アリさんに種を拡散させる戦略家。
c0305565_17472787.jpg






   日光が乏しいと頭花は閉じたまま。カントウタンポポ。
c0305565_17474542.jpg






   小さな踊り子がいっぱいの、ヒメオドリコソウ。
c0305565_17475933.jpg






   カキドオシは今の内は可愛い。逞しさを発揮するのはもう少し後。
c0305565_17481635.jpg






   ヤマブキはようやく咲き始めたばかり。
c0305565_17484629.jpg






   オニグルミの芽出しと、まだ未発達の雄花序。
c0305565_17490833.jpg






   こちらは花の見られない枝で、萌えたての芽。
c0305565_17492363.jpg






   クヌギの雄花序。大きな樹でも垂れ下がった枝で撮れた。
c0305565_17494101.jpg






   カエデの若葉と花が初々しい。
c0305565_17495231.jpg






   ロウバイは咲き終えて久しく、小さな実が育まれていた。
c0305565_17501048.jpg






   まだ折りたたまれたままの、ブルーベリーの開花前。
c0305565_17503255.jpg






   高級和菓子のようにも見える?ハナミズキ。
c0305565_17504416.jpg

by h6928 | 2019-04-09 18:50 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 03/30 ) は朝から曇り空で、
夜には雨が降るとの予報も出ていた。

一応昼間は降らないだろうと、
とりあえず玉村町の水辺のもり公園に
ムラサキハナナの群落でも撮ろうと出かけてみた。

行く道中に霧雨がちょっと降ってきたけれど、
現地に着く頃には止んでいた。

で、そのムラサキハナナだけれど、
今年はあまり元気がない。
背も低くまばらにしか見えない。
よく見ればスミレの花と見間違えそうなのまで
有るにはあるのにね。

数年前にここで見た
見事な咲き具合を知っている身には
やっぱり寂しさは禁じ得ない。

まぁ、それでもせっかく来たのだからと
なるべく「見事なように」撮ってあげようじゃないか。

ってことで、
ドンヨリと暗い環境下でも頑張って撮ったのだった。
気温は車の温度計表示では6℃だった。
真冬だよね‼

どうりでチョウチョさんも動きが鈍かったわけだ。






   まずはツグミさんの見返り美人?が迎えてくれた。
c0305565_17504570.jpg






   ハリエンジュやエノキの林床に咲くムラサキハナナたち。
c0305565_17510103.jpg



c0305565_17511875.jpg



c0305565_17514233.jpg



c0305565_17515438.jpg


   黄色い菜の花も河川敷や堤防に散見できる。
c0305565_17520972.jpg


   今年は白花は見つからず、ピンクっぽいのはあった。
c0305565_17522301.jpg


   どうせなら、色の濃い花も撮ってあげようね。
c0305565_17523287.jpg


   まだ若いサクラも咲いてきたので、なんとかコラボ。
c0305565_17525232.jpg


   フキの花も一緒に。
c0305565_17530328.jpg






   横を向いて咲いていたスノーフレーク。二つも‼
c0305565_17532356.jpg






   ちょっと変わったスイセン?と思ったらスジグロシロチョウがいた。
c0305565_17533651.jpg


   寒くて動きたくないのか、広角接写で寄っても大丈夫だった。
c0305565_17534662.jpg






   シランの実の抜け殻に、ベニシジミさんを見つけた。
c0305565_17535841.jpg

by h6928 | 2019-03-31 18:29 | 季節もの・春 | Comments(4)

あめにあるけば


冬の間はほとんど
雨らしい雨も無いまま過ぎたのに、
この頃はよくもまぁ雨が降ってくれちゃう。

春に三日の晴れ無し、という言葉があるって
気象予報士さんが口にするこの言葉、
今年はより頻繁に聴く気がする。

昨日も、その雨が一日降り続いた。

写真は程100%に近い確率で
休むつもりになっていたけれど、
PCで過去の写真を見ていたら、
この時期には雨の日でも
けっこう撮っていたことに気づいた。

そうなんだなぁ・・・・、
けっこう春雨散歩写真は捨て難いものがあるんだ。

そうと気づけば、
一眼レフに100mマクロを装着して
撮りに出るしかない。

そうして撮れたのが以下の写真たちだけれど、
久しぶりに撮った一眼レフのマクロって、
うん、なかなか良いね102.png 






   普通のヤブツバキだろうか。雨にぬれひっそり咲いていた。
c0305565_17362563.jpg


   ハコベの上に落ち、朽ちようとしている花も。
c0305565_17363437.jpg






   梅雨時に花を咲かせたガクアジサイの、今。
c0305565_17364698.jpg






   ヒガンバナの葉が雨に濡れ、妙に輝いて見えた。
c0305565_17370193.jpg






   近頃は「コケ女」もいるとか。コケ爺にはなれないボク。
c0305565_17371856.jpg






   冬を耐え抜いたシバザクラには良いお湿り?
c0305565_17373292.jpg






  ヒメオドリコソウは全身濡れて・・・・。
c0305565_17375178.jpg






   ホトケノザの花を飾る水滴。
c0305565_17380374.jpg






   石垣の隙間にはノボロギクがしがみつくように。
c0305565_17381956.jpg






   この辺りでは一番花かな?ムラサキハナナ。
c0305565_17383523.jpg






   まだ咲き残っていた二ホンスイセン。
c0305565_17384670.jpg
 





  雨に濡れたナンテンの実。
c0305565_17385812.jpg


   こちらは雫を宿したその葉っぱ。
c0305565_17391130.jpg






   民家の庭で見つけたネコヤナギ?園芸品種だろうか?
c0305565_17392342.jpg

by h6928 | 2019-03-05 18:25 | 季節もの・早春 | Comments(2)


本日2度目の投稿は、
待ちに待って撮れたセツブンソウを102.png

1日に休園日を確認せず行って不発に終わってしまった
ぐんま昆虫の森でのセツブンソウの撮影は、
翌2日に再挑戦して見事リベンジが成った。

想像以上に今年は開花が早かったようで、
花もたくさん咲いていた。

風が少し強めなのを除けば、天候もまぁ許せる範囲で上々。

初めて見た時より
生えている範囲が年々狭まっているのが
気がかりではあるけれど、
ここで見られるのは嬉しいので、
園の担当者には絶やさぬように頑張ってほしいものだ。

この施設自体も税金食いの無駄なもの、
という意見も県民の間にはあるようだけれど、
そんな意見を説き伏せるだけの実績を積み重ねて、
逆にギャフンと言わせることができたら痛快だよね。

って、陰ながら応援しているつもり107.png




   待ちに待ってやっと逢えたセツブンソウ。いっぱい載せてしまおう。
c0305565_17420584.jpg



c0305565_17421896.jpg



c0305565_17423309.jpg



c0305565_17424811.jpg



c0305565_17425884.jpg



c0305565_17431497.jpg



c0305565_17433610.jpg



c0305565_17435117.jpg



c0305565_17440558.jpg



c0305565_17441821.jpg



c0305565_17442991.jpg






   フキノトウもツボミから花に変わっていた。
c0305565_17453210.jpg






   株も大きく育っていた「先輩」のフクジュソウ。
c0305565_17454733.jpg






   やっとこさ咲き始めたムラサキハナナを見つけたよ。
c0305565_17455926.jpg






   メダカの学校は、だれが生徒か先生か?わからないのがミソ。
c0305565_17461113.jpg






   カワニナが這った跡をたどると、本体(矢印の先)も見つけた。
c0305565_17462164.jpg

by h6928 | 2019-03-03 18:20 | 季節もの・早春 | Comments(6)