タグ:赤城自然園 ( 38 ) タグの人気記事


昨日は天候が不安定だとの予報が出ていたから、
それを言い訳の材料にして写真撮影はお休み。

17日に赤城自然園で撮った
賞味期限期間の短い素材を早めに賞味していただくには
やっぱりいつまでもお蔵入りでは困るので、
早速放出してしまおう。

ってことで、今回はそれをご覧くださいませ。

いきなり虫とかカエルではお気にめさない方も?
でも、ごめんねごめんねぇ~、って古いか105.png
栃木県だし・・・・119.png




   シラキトビナナフシは、翅があるナナフシで、顔もユーモラスで可愛い。
c0305565_17193042.jpg



c0305565_17194725.jpg



c0305565_17200416.jpg



c0305565_17201771.jpg





   オタマジャクシからカエルになったばかりのモリアオガエル、発見。
c0305565_17203990.jpg


   池に張り出した木の枝に卵塊を見つけた。画面ほぼ中央の黄色っぽい塊。
c0305565_17205573.jpg


   卵塊の下の池にはオタマジャクシも見られる。
c0305565_17211013.jpg



c0305565_17212369.jpg


   池の傍には尻尾の名残りがあるおチビちゃんが散見。
c0305565_17215974.jpg



c0305565_17273804.jpg



c0305565_17214278.jpg





   コチャバネセセリはオミナエシでの吸蜜に夢中。
c0305565_17232440.jpg





   スジボソヤマキチョウがいるのを見つけた。
c0305565_17234420.jpg


   マクロ100mmではあまりにも遠い。
c0305565_17235616.jpg


   近くに来てくれるまで辛抱強く待って撮った。
c0305565_17241896.jpg



c0305565_17245099.jpg



c0305565_17253474.jpg



c0305565_17254668.jpg

by h6928 | 2019-08-21 18:13 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

昨日 ( 08/17 ) は、
台風から変わった温帯低気圧に向かって
西からの風が高い山を越えて吹込むから
関東地方はフェーン現象で気温が上がるとの予報が出ていた。

命の危険があるとかまで言われれば、
さすがにまだ死にたくない。

だから、少しでも高いところに、と
赤城自然園で撮ることにした。

前回、P1000で欲張り撮りをしたから
今回は70D&マクロ100mmセットで
小さなものを中心に撮ろうと。

中でも、一番の狙いはマツカゼソウ。
ここでは誰もが(と言っても良いほど)
レンゲショウマ狙いで来ている。

マツカゼソウは入園ゲートから程近い所に
たくさん咲いているのに、
写真を撮っている人って・・・・いない‼

 なんでぇ~‼こんなに可愛いお花なのに
だぁ~れもが無関心。

ちょっとした山地に行けば案外見られる花だけれど、
かく言うボクだって割と最近まで無関心だったから
人のことは言えないか106.png

姿からは想像できないけれど、
ミカン科のメンバーだけに葉をもむと良い香りがする。

園の栽培物はそんなことをしちゃぁイケナイけれど、
野山で出逢った時には葉っぱの一枚も失敬して、
香りも楽しむんだいネ。





   松林を吹き渡る風のような・・・イメージの、マツカゼソウ。
c0305565_17404268.jpg



c0305565_17410399.jpg



c0305565_17411828.jpg



c0305565_17413515.jpg



c0305565_17415054.jpg



c0305565_17421749.jpg
 




  ちょっと雰囲気が似てるね、ミズタマソウ。
c0305565_17423952.jpg



c0305565_17425936.jpg





   鳴らないけれど緑の風鈴・・・って、ツリバナの実。
c0305565_17431207.jpg





   今年はなぜか、まだまだアジサイの新鮮な花が見られる。
c0305565_17442578.jpg





   レンゲショウマはここでは食傷気味。美人は三日で飽きるって、分かる気が。
c0305565_17455413.jpg



c0305565_17462260.jpg



c0305565_17463511.jpg



c0305565_17464980.jpg





   オトコエシって、切り花にすると悪臭が凄いって。男は臭いの?
c0305565_17472576.jpg





   キセワタは「着せ綿」が語源とか。そう聞くと涼しさ半減119.png
c0305565_17474657.jpg





   ハナトラノオにいたアシグロツユムシは、まだ幼虫。
c0305565_17480081.jpg





   最後はちょっと暑苦しい?ムカゴが無いからコオニユリっぽい。
c0305565_17481477.jpg

by h6928 | 2019-08-18 18:31 | 季節もの・初秋 | Comments(6)


猛暑日も、「今日がピーク」という言葉が
毎日更新されて反故になってゆく中で、
昨日 ( 08/09 ) は涼しさと咲き始めたレンゲショウマを求めて、
標高にしてスカイツリーほどの赤城自然園に行ってみた。

レンゲショウマ目当ての老若男女で賑わう園内で、
確かにレンゲショウマはたくさん咲いていた。

でも、案外向こう向きの花が多くて、
さしものP1000を持ってしても
後ろ姿ばかりを撮るわけにもいかず、苦労はする。

にしても暑い。
園内を歩き回るだけで体力はかなり消耗する。

消耗する体力は気力や集中力も奪うから、
次第に撮るのさえ苦痛になってくる。
涼しさは期待外れで大いにガッカリさせられた。

クタクタになって帰りの車に乗り込んで、
車外温度を見ると35℃を表示している。
スカイツリー並みの標高で猛暑日かい‼
そりゃないぜってえの。

でもまだ下界は暑かった。
前橋の市街地では一時40℃まで表示が出るほど。
車の冷房が効いているから良いものの、
外には出たくない気温だ。

家に帰っても37℃とか、もう嫌って言いたい。
でも、今日だってまだまだ猛暑日だもんね。いつまで続くやら。

せめて、涼し気なレンゲショウマをたっぷりとご堪能あれ。





   園内のそこかしこに咲いているレンゲショウマ。まだ蕾が多いかな。
c0305565_17405897.jpg



c0305565_17421011.jpg



c0305565_17423137.jpg



c0305565_17424514.jpg



c0305565_17425779.jpg



c0305565_17432333.jpg



c0305565_17433597.jpg



c0305565_17435267.jpg



c0305565_17442390.jpg



c0305565_17444188.jpg



c0305565_17445418.jpg



c0305565_17451924.jpg



c0305565_17461187.jpg



c0305565_17462746.jpg
 




  おや!? クサボタンも咲いているナと気づいて撮っていると、
c0305565_17463994.jpg


   そのクサボタンの葉陰で、スミナガシを見つけた。
c0305565_17470148.jpg


   羽化して日にちも浅いのか、きれいなコだった。
c0305565_17471241.jpg


   このままのじっとしていたけれど、一回りして来たらもういなかった。
c0305565_17472146.jpg

by h6928 | 2019-08-10 18:25 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日 ( 06/06 ) は、
梅雨入りを前にした最後の晴天?みたいで、
真夏日になるとの予報も出ていたので、
久しぶりになるけれど赤城自然園に行ってみた。

ここは標高にして
スカイツリーよりちょっと高めなくらいだから、
きっと涼しく過ごせるだろうとの計算も働いた。

それに、この頃お気に入りの軽井沢ばかりに行っていて、
赤城~の年パスの継続更新が延び延びになっており、
この機会にちょうど良いということでね。

で、意気揚々と車を飛ばして到着してみると、
なんかぁ~花が少な過ぎって感じ。

ちょうど端境期で、
春の花は終わって夏の花にはもう一息かな?
ってところだろう。

目の前に展開する景色は新緑から深緑に移り行く頃で
歩くには気持ち良いから、損は無い。

結局、花はと言えば
オオヤマレンゲ(オオバオオヤマレンゲ)が撮れたから
この際たっぷり見ていただこう。


そして、今日は一日雨降りで、梅雨入りが発表された。

雨足が強すぎるので、雫写真にも向かないから、
この際たまにはゆっくりしようと「休写日」にしたんさぁね。








   花の端境期なのに、良くぞ咲いていてくれたオオヤマレンゲたち。
c0305565_17340605.jpg



c0305565_17341765.jpg



c0305565_17342665.jpg



c0305565_17343713.jpg



c0305565_17344726.jpg



c0305565_17345535.jpg



c0305565_17351349.jpg



c0305565_17352390.jpg



c0305565_17354531.jpg



c0305565_17355862.jpg



c0305565_17361041.jpg



c0305565_17362000.jpg








   「自然」っぽくは無いけれど、ピンクのエゴノキの花も印象深い。
c0305565_17363551.jpg



c0305565_17364626.jpg








   連結して飛ぶクロイトトンボのカップル。
c0305565_17370126.jpg








   何気なく撮った、吸水に来た豹柄。クモガタヒョウモンだろうか?
c0305565_17371436.jpg



c0305565_17372573.jpg








   帰り際、愛車近くの木陰にホオジロ♂がいるのを見つけ、激写。
c0305565_17374924.jpg

by h6928 | 2019-06-07 18:22 | 季節もの・初夏 | Comments(6)


昨日 ( 04/18 ) は、晴れて気温も上がり
絶好の撮影日和になった。

平地では夏日になるかもしれないので、
標高が高いところなら快適かと、
久々に赤城自然園に行ってみた。

赤城を代表する花・アカヤシオが咲くシーズンだとのことで、
先ずはそれを目的に撮るつもりだった。

でも、いざ着いて歩き始めてみると、
至る所にアカヤシオが目について、撮る前にもう食傷気味。

それよりも、
麓ではもう終わってしまっているカタクリがあったり、
高原ならではの花が多過ぎない程度に咲いていて
どうしてもそっちを優先に撮ってしまっていたのだった。

そしてまた、高原と言えども想像した以上に暑い。
用心して厚めの服装で来たから、
汗ばむけれど荷物になるから脱ぎたくもない。

こんなに暑くなるなら前もって
脱いで車において来ればよかった
と思っても後の祭り

我慢して歩くだけでなく、
背の低い花などを撮るには当然のように
立ったり座ったりの繰り返しで
けっこう疲れた。

この時期、今年は特に服装の選定には要注意だね。






 
   アカヤシオを撮りに行ったはずなのに、意外と撮っていなかった。
c0305565_17595814.jpg



c0305565_18000928.jpg







   ここのカタクリは密集していなくて、あちこちに点々と生えている。
c0305565_18003446.jpg



c0305565_18004444.jpg







   ヤマウグイスカグラは、小さな実も見えていた。
c0305565_18010227.jpg







   ハシリドコロは、誤食すると苦しさで走り回るという毒草。
c0305565_18011542.jpg







   ヤブレガサの名は本当に体を表す、ピッタリな命名だねぇ。
c0305565_18012946.jpg






   木漏れ日に咲くキクザキイチゲ。
c0305565_18014695.jpg






   これ、外国産のイチリンソウかな?
c0305565_18015887.jpg






   シラネアオイはまだ「はしり」だから?小ぶりで可愛い。
c0305565_18023486.jpg






   ワサビの花もひっそりと。
c0305565_18024712.jpg







   ミズスマシの池の傍、ミズバショウが咲いていた。
c0305565_18030676.jpg







   暖かさに誘われて、ミヤマセセリが日光浴。
c0305565_18032376.jpg


   キタテハも。
c0305565_18034179.jpg


   ヒオドシチョウも。
c0305565_18035225.jpg


   はたまた、小っちゃいニホンカナヘビも。
c0305565_18040712.jpg

by h6928 | 2019-04-19 19:07 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 09/28 ) は久々感たっぷりの晴天。
この時を待ちかねて、勇躍赤城自然園に向かった。
目的はもちろん、アサギマダラ。

連休も終わったウィークデーだというのに、
駐車場は既に満杯に近かった。
早速撮り始めると、いるわいるわ「わらわら」という感じ。

それでもよく晴れたおかげでコントラストがきつすぎて、
中々スッキリした画面のが撮れない。

フジバカマに来ているのが特にそうで、
撮るには撮ったけれど背景が煩雑過ぎる。
それでも調子に乗って連写を重ねていたら、
上がる頃には800コマを超えていた。

そしてそこから選んだのが掲載写真だけれど、
見事にフジバカマものが外されていた。

・・・にしても800コマからのベストがこれ?
って笑わないでよね。





   この日は良く晴れたから、背景選択に苦労させられた。
c0305565_17480314.jpg



c0305565_17481419.jpg





   変わり者は、シモバシラテンニンソウで吸蜜するのも。
c0305565_17483234.jpg



c0305565_17484925.jpg





   この日は、とにかくアザミがお好みのようだった。
c0305565_17492218.jpg



c0305565_17493733.jpg



c0305565_17494505.jpg



c0305565_17495881.jpg



c0305565_17502216.jpg





   仲良く相席のも。この花はカニコウモリかな?
c0305565_17503813.jpg





   2頭の絡みも見られた。
c0305565_17505046.jpg



c0305565_17510013.jpg



c0305565_17511092.jpg





   最後におまけで、ドアップが撮れたので。
c0305565_17522192.jpg

by h6928 | 2018-09-29 18:24 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 08/10 ) は、
青空にもくもくと入道雲が立ち上る、
いかにも「夏‼」という感じの天候の下、
赤城自然園に行ってみた。

前回行ったときにマツカゼソウが咲き始めていても、
まだ写真に撮るには早すぎたから、
チャンスを待っていたのだった。

立秋を過ぎたことだし、もう好機到来だろう、ってね。

実際行ってみると、うん、咲き具合もちょうど良い感じ。
早速撮って、心行くまで撮ってから、他も回ってみる。

歩いてみると、
空気中の水蒸気が飽和状態に近いのか凄く蒸す。
気温はさほどでも無さそうなのに、
吹き出した汗が乾いてくれないからけっこう苦しい。

もう目的の撮影ノルマは果たしたからと、
無理に急がずにチンタラ歩く。

そんなことをしていると、運良く、
スミナガシがいると職員さんが教えてくれた。

このチョウは逆光で見るとすごく地味で、
加齢による白内障のボクの目では
とても見つけることはできなかった。

少年時代は苦も無く見つけられたのになぁ、カナシイ。





   目にも爽やかなマツカゼソウ。涼風を呼び込みそうな風情がステキ。
c0305565_17575375.jpg



c0305565_17580999.jpg



c0305565_17582315.jpg



c0305565_17583749.jpg



c0305565_17590667.jpg






   シキンカラマツも暑さを忘れさせてくれる花。
c0305565_17585305.jpg






   広い園内にたった1本という、ちっちゃなミズタマソウが。
c0305565_17591825.jpg
 



  ギボウシは、いろんなのがあちらこちらで咲いている。
c0305565_17593695.jpg



c0305565_17594745.jpg






   クヌギの樹液酒場にスミナガシが‼
c0305565_18000575.jpg



c0305565_18001595.jpg



c0305565_18002388.jpg




by h6928 | 2018-08-11 18:47 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 07/23 ) は二十四節気の大暑にあたるので、
暑くなることは充分覚悟をしていた。

それでも、朝になって外の風に当たると、妙に涼しい。

あれ?と訝って温度計を見ると数値はいつもと変わっていない。
そうだ、風向きが北西からで、
湿度が30%台なのが大きな違い、と気づく。

妙に快適な朝を迎えたので、
それならばと前回懲りた赤城自然園に出直しに行ってみた。

ほぼ一週間ぶりになるけれど、
レンゲショウマはだいぶ花数も増えて来た。
それに反比例で、入園者は少ないからノンビリ撮れる。

空はスッキリと青さが冴え、風が心地よい。
セミの声もうるさいほどではない。
良い時に来たなぁ・・・・と森林浴まで楽しむ。


帰ってからニュースで知ったところによると、
群馬県各地で39℃台が観測されたとか。
そんなに遠くない埼玉県熊谷市では
日本新記録まで樹立したとも‼すごぉ~い!
(おめでとうは言えませんが119.png

良い時に良いところに行って過ごせたのだ。
それでこその避暑だよね。





   それでは、その時に撮れたレンゲショウマを存分に102.png
c0305565_17284508.jpg



c0305565_17285647.jpg



c0305565_17291642.jpg



c0305565_17293272.jpg



c0305565_17294454.jpg



c0305565_17295300.jpg



c0305565_17300337.jpg



c0305565_17301943.jpg



c0305565_17302931.jpg



c0305565_17303893.jpg



c0305565_17305696.jpg



c0305565_17311808.jpg



c0305565_17314672.jpg



c0305565_17315692.jpg

by h6928 | 2018-07-24 18:15 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 07/18 ) ももう当たり前のように猛暑日で、
朝からどうも体調がイマイチな気がしていた。

それでも、涼しいところに行けばまだ良いかなと、
赤城自然園に行ってみた。
ここも28℃から32℃くらいで涼しいと言えば確かに。

最初は調子をこいて歩いていたけれど、やっぱりなんか変。
妙に吐き気がして倦怠感が強まって来る。
もしかしてこれが?あの?熱中症?

テレビで言っていたあのお言葉を思い出せば、まさにそれじゃん‼
ここまで来て熱中症で搬送されたんじゃ、
「年寄りの冷や水」って笑いもんじゃないか。

以後、自重して日陰を休み休み移動しながら、水分補給も。
そうして、咲き始めたばかりのレンゲショウマを撮ったのだけれど、
カメラの設定とかにも 身が入らず、
なんかただ撮っただけの写真ができたのだった。

まぁ、咲いていてくれて、撮れて、今日のブログに載せられて、
結果オーライかな105.png





   それでは恥ずかしながら、撮れただけの羅列をどうぞ。
c0305565_17550037.jpg



c0305565_17551254.jpg



c0305565_17552974.jpg



c0305565_17554669.jpg



c0305565_17560546.jpg



c0305565_17561771.jpg



c0305565_17562965.jpg



c0305565_17564370.jpg



c0305565_17565336.jpg



c0305565_17570567.jpg



c0305565_17573504.jpg



c0305565_17575029.jpg

by h6928 | 2018-07-19 18:23 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 06/25 ) は猛暑日になりそうな晴天だったので、
良い機会だし、年パスもあることだしと、
赤城自然園で過ごすことにした。

標高は700mほどのところにあり平地よりは涼しいはず。

で、実際に行ってみると気温はそれでも30℃くらいはあって、
思ったよりは高めではあった。

そして、花は目ぼしいものは咲き終えて、
レンゲショウマにはままだまだ先・・・という状態。

健康のためとか自分に言い聞かせながら、
無理をしないで歩き回ったけれど、やっぱり収穫は乏しい。

標高が高くても暑い日は暑いなぁ・・・とか感じたけれど、
帰って来た我が家では、33℃もあって、夜になっても30℃が続いた。
群馬県では猛暑日が3か所で記録されたとか。

赤城自然園はやっぱり涼しかったんだね。
正当に評価してあげなければ・・・と反省。





   林内にひっそり咲くヒメサユリ。
c0305565_17582698.jpg



c0305565_17583986.jpg



c0305565_17584980.jpg


   こんなに色白の花色もあるんだね。
c0305565_17585849.jpg





   咲くのが待ち遠しい、レンゲショウマのツボミ。
c0305565_17591791.jpg





   オオバギボウシは園芸品種も多く、これもその内かな。
c0305565_17593555.jpg





   ヤナギランの咲く場所は、日当たりが良くて暑かった。
c0305565_17595040.jpg



c0305565_18000039.jpg





   ニワトコの実が赤く色づいている。
c0305565_18001448.jpg





   果実にも腺毛が目立つから、ミヤマウグイスカグラだろうか。
c0305565_18002483.jpg





   モリアオガエルの泡状卵塊。ここで見られるって意外‼
c0305565_18003484.jpg


   反対側からも撮ってみた。
c0305565_18004530.jpg

by h6928 | 2018-06-26 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)