タグ:草花 ( 127 ) タグの人気記事

わんぱく公園で初夏の花


昨日 ( 05/29 ) は、少し早起きをして、
自分の中では優先順位の高い年中行事と決めている
三戸綾乃さんの作陶展を見るために
栃木県益子町まで行ってきた。

そして、その帰りには
壬生町のハイウェイオアシスに寄って、
すぐ隣の「県とちぎわんぱく公園」で
休憩がてら花の写真などを撮ってくるのも恒例。

今年は天候の急激な変動がここでもあったのか
どうも花が急いで咲いてしまったような感じで
ちょっと旬を外してしまったように見受けた。

なるべく明るいうちに帰りたいから、
そそくさと撮り急いで引き上げて来たのだけれど、
本当ならもっと腰を据えてしっかり撮りたかったなぁ。

反省だけならサルでもできる!って昔流行ったっけ105.png








   先ずは、公園に入ってすぐに咲いていたカルミアの花から。
c0305565_17433421.jpg








   ハコネウツギの花筒は、横から見ると急に角ばるのが特徴とか。
c0305565_17434666.jpg








   下野の国でシモツケ、なぁ~んてオヤジは今年も書きたくなる。
c0305565_17435779.jpg








   苞の幅が広いタイプのヤマボウシ。昔の叡山の僧兵集団っぽい?
c0305565_17440846.jpg








   ダイアンサスは、太陽の光を華々しく照り返す。
c0305565_17442429.jpg








   ルピナスは紺色と白のツートンカラーのを選んだ。
c0305565_17443600.jpg








   ここでは毎年、アリウム・ギガンチウムがいっぱい見られる。
c0305565_17444665.jpg



c0305565_17445942.jpg



c0305565_17451166.jpg


   ジギタリスを主役に、脇役としても良いよね。
c0305565_17452020.jpg








   今はこんな背の低いダリアが、もう咲くんだね。しかも散りかけ。
c0305565_17453620.jpg








   もう終わりかけのバラの、綺麗どころを切り取った。
c0305565_17454925.jpg








   池に抜いて撮ってみた、サルビア・コクシネア。
c0305565_17460039.jpg








   ジャガイモの「レッドムーン」。皮が紅く中は黄色い芋ができるとか。
c0305565_17461618.jpg








   もう終わりかけていたヤグルマギクとポピーの花畑。
c0305565_17462782.jpg








   公園を出てすぐに、縞々のカンナの葉っぱに気が付いた。
c0305565_17463834.jpg



c0305565_17465136.jpg








   壬生のハイウェイオアシスでシロツメクサの集団を。
c0305565_17470561.jpg

by h6928 | 2019-05-30 18:52 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

ちょっと前のお花たち


今回のは、4月29日に

ぐんまフラワーパークで撮った在庫から。


ってことは、まだ平成だった時の撮影だから

ひと時代を跨いでしまった訳だ。


大げさに言えば、歴史的投稿かな?

色褪せないうちにどうぞ・・・ってことで111.png








   チューリップいっぱい
c0305565_21201098.jpg



c0305565_21202152.jpg



c0305565_21203115.jpg



c0305565_21204196.jpg


   ユリの中に紅一点のチューリップ
c0305565_21205307.jpg








   イカリソウ2種
c0305565_21211593.jpg



c0305565_21213037.jpg








   ヤマブキソウ
c0305565_21214730.jpg
 







  オキナグサの綿毛姿
c0305565_21215894.jpg








   シラー・カンパヌラータ
c0305565_21220947.jpg








   ワイルドストロベリー(?)
c0305565_21222196.jpg







   水際のゼンマイ
c0305565_21223227.jpg








   フイリアマドコロ
c0305565_21224338.jpg








   サクラソウ
c0305565_21225775.jpg








   アキグミ(?)
c0305565_21231689.jpg








   シジミバナ
c0305565_21232726.jpg







   穂先の黄色い筍はまだ美味しいとか
c0305565_21234164.jpg








   ボタン
c0305565_21235422.jpg

by h6928 | 2019-05-15 18:30 | 季節もの・春


昨日 ( 03/24 )も22日程ではなくても北西の風が強かった。

それでも、何かに追い立てられるように撮りに出るのは
写真に嵌ってしまったものの宿命だろうか。

年々撮りに行けるところが少なくなっているので
結局行く先は限定された中でローテーションするしかないかな?
ってことで、ぐんまフラワーパークに行ってみた。

年パスを買っただけにフルに活用しなくちゃ
・・・・ってセコイかな?

今回は強風と分かった上でも接写をしようと
マクロ100mmと70Dの組み合わせに絞って
浮気はしないことに決めた。

そんな時に限って野鳥が出てくるのが恨めしいんだいなぁ。

接写よりは野鳥の方がこの日は向いていたのに・・・・、
始めからP1000にしておけば「良ぃ~よ」だったなぁ・・・・
と悔やんでも今更ながら後の祭りさ。

良ぃ~よ 良ぃ~よ・・・はヒヨドリの鳴き声。
そぉ~か、この日、なぜかヒヨさんの声がしていなかった‼
帰り道、妙に納得させられたのだった。






   トサミズキに少し遅れてヒュウガミズキも咲きだした。
c0305565_17370859.jpg


   そのヒュウガミズキに来ていたシジュウカラさん、当然トリミング。
c0305565_17373165.jpg






   ミニスイセンもいっぱい咲いて、小さくても華やかさでは負けていない。
c0305565_17375735.jpg






   この時期、スノーフレークを見れば必ず撮りたくなる。
c0305565_17381335.jpg






   ケイオウザクラ(啓翁桜)は剪定にも耐えるので、切り花でも人気とか。
c0305565_17384030.jpg






   カンヒザクラは撮るのが難しい。メジロでもいてくれたらなぁ。
c0305565_17400109.jpg



c0305565_17401787.jpg






   まだ元気に咲いていた紅梅の背景は一応、松と竹。
c0305565_17403774.jpg






   白梅の蜜を求めて来た?のは、シジュウカラさん。
c0305565_17390444.jpg






   萼片が反り返るのはアンズの特徴だそうで、これはアンズだね。
c0305565_17392457.jpg






   「ヤシオツツジ」の名札があった、好感の持てるツツジ。
c0305565_17405257.jpg



c0305565_17410031.jpg






   ヒマラヤユキノシタも、派手過ぎないピンクがステキ。
c0305565_17411371.jpg






   色とりどりのパンジーの背景には、咲き始めたコブシの花。
c0305565_17412933.jpg

by h6928 | 2019-03-25 18:44 | 季節もの・春 | Comments(4)

昨日 ( 03/11 ) は、
前夜からの雨が朝になってもまだしっかり残り、
午前中もしばらくは降っていた。

それでも午後には上がるとのことだから、
一応期待はしないで惰性で撮りに出た。

群馬の森辺りでは、南から晴れてきて、
北半分は厚い雲に覆われ、南半分は青空・・・
という不思議な空も見られた。

端から期待はしないから、大したものは撮れない。
まぁそれでもいいか。

その内にだんだん晴れ間も拡がって
ほぼ全天が晴れになると気温も上がってぽかぽか陽気。
昼間でも眠くなったりするような (ー_ー)!!

しばらくそうして過ごし、帰ろうとして車に戻ると、
雨が乾いた車には黄色い粉がいっぱい付着していた。
そう、スギ花粉が舞っていたんだね。

で、帰って来て花粉光環のことを知り、
まさにタイムリーに「そのもの」が見られたりした。

ってなことで、せっかくだから今日もラストに載せてしまおう。






   雨が上がって陽が射して来ると、濡れたハボタンが輝く。
c0305565_17425596.jpg






   こちらも雨上がりの雫を宿したパンジー。
c0305565_17430530.jpg






   ハンギングバスケット風・パンジーたち。
c0305565_17431474.jpg





   今年の初物・カラスノエンドウ。見つけると嬉しい。
c0305565_17434296.jpg






   白いツバキは傷みやすいので、綺麗どころを探した。
c0305565_17441026.jpg



c0305565_17442171.jpg






   紅いツバキには花粉がいっぱいこぼれていた。
c0305565_17443656.jpg






   まだ若いカワヅザクラ。ニホンミツバチがいっぱい来ていた。
c0305565_17445139.jpg



c0305565_17450219.jpg



c0305565_17451589.jpg



c0305565_17452485.jpg



c0305565_17453316.jpg






   子供も泣く泣く諦めたのだろう。木に引っかかった凧が物語る。
c0305565_17454721.jpg






   抱擁?あるいは締め技?キヅタもこんなに太いと怖そう。
c0305565_17455837.jpg






   昨日撮った花粉光環をしつこくまた載せてしまおう。
c0305565_17461199.jpg

by h6928 | 2019-03-12 18:20 | 季節もの・早春 | Comments(2)


昨日 ( 03/10 ) は、朝のうちは晴れていたけれど
次第に曇り空に変わり、夜には雨の予報も出ていた。

撮影には差しさわりも無さそうだから
ぐんまフラワーパークで小さな春でも探して
接写を試みるにはちょうど良いかな?
ってことで行ってみた。

風もほとんど吹かないで、
光も柔らかいし接写にはおあつらえ向きだから
けっこう撮れた。

下腹が出っ張っているから
低い姿勢で撮るのはついつい遠慮するのは
当然の成り行きかな。

それはそれとして、
今日帰ってから、いつもお邪魔しているブログのサイトで、
『花粉光環』というのがあることを知り
ちょうど夕日が沈みかけていた時でもあり、
ふと外を見ると、
まさにそれが目の前に出現しているではないか‼

それは撮らない手は無い‼ってことで、
カメラを持ち出して外に走ったのだった。

それをせっかくだから最後に付け加えておこう111.png






   たまには紅梅をドォ~ンとアップで102.png
c0305565_17461363.jpg






   枝数がちょっと寂しいかな?枝垂れ梅。でもこのくらいも良いかも。
c0305565_17462377.jpg






   『思いのまま』もちょうど花盛りだった。
c0305565_17464785.jpg






   アセビはピンクも可愛いけれど、この白いほうが「らしく」て良い。
c0305565_17470374.jpg






   トサミズキもいつの間にか咲き始めていた。
c0305565_17471935.jpg



c0305565_17472913.jpg






   背丈がとっても低いミニスイセンは、つい上から目線で。
c0305565_17475977.jpg






   まだスッキリ晴れなかったけれど、クロッカスも開いた。
c0305565_17481326.jpg






   スノードロップの花は、よく見るとそれぞれ個性的。
c0305565_17482472.jpg



c0305565_17483426.jpg






   今年はスノーフレークもいつもより早い。
c0305565_17490077.jpg






   「雑草」のハコベも咲いて、やっぱ春が来たなぁ。
c0305565_17491684.jpg






   じつは、パンジーが主役でなく、隙間のホトケノザに感心して撮った。
c0305565_17493183.jpg






   なんと!エノキタケ‼ もうちょっと元気なうちに出逢えれば122.png
c0305565_17494209.jpg






   さっき急遽撮った「花粉光環」。
      太陽光を空中の花粉が屈折させて起こる現象とか。
c0305565_17495257.jpg

by h6928 | 2019-03-11 18:28 | 季節もの・早春 | Comments(6)


昨日 ( 02/22 ) も
一頃の厳しかった寒さからは開放され、
新機種の試し撮りは春ものを写そうと、
ぐんまフラワーパークに行って
お花なんぞを撮ることにした。

本当は花そのものよりも、
虫さんが写せるかを試したいのだけれど、
小さな花が撮れればその花くらいの
チョウやトンボは大丈夫だろうと、
凡その見当はつくはずだ。

P900では1cm接写ならできるのに、
肝心のチョウやトンボはダメだった。

そこに大きな不満があったので、
どこまで改善されているか?興味があった。

スノードロップやクロッカスが離れて撮れることが実証され、
うん、これならシロチョウ科くらいなら全く心配なさそう
タテハチョウ科クラスならバッチリかも‼と期待は膨らむ。

24mmから3000mmまで楽しく撮れそうで
しばらくはこの機種ばっかりがお供になりそうだ。






   寒さを耐え抜いたスノードロップが嬉しそう。
c0305565_17421589.jpg


c0305565_17431439.jpg






   露地植のクリスマスローズも元気いっぱい。
c0305565_17432740.jpg



c0305565_17433667.jpg






   春の兆しの見える地面では、黄色いクロッカスが天に向かって花咲かす。
c0305565_17434831.jpg







   黄色い花でも、樹の花でソシンロウバイも撮ってみる。
c0305565_17435880.jpg






   八重の白梅を広角接写で撮ってみた。
c0305565_17442519.jpg


   枝垂れ梅も味わい深いなぁ。
c0305565_17443759.jpg


   確か毎年写しているはずの『故郷の錦』。
c0305565_17444960.jpg


   ウメは木姿も味わうべきだよね。
c0305565_17450026.jpg






   暖かくなったからか、ピンクのアセビが一気に咲いちゃった。
c0305565_17451842.jpg



c0305565_17452799.jpg






   八ッ場ダムに沈むところを救われた桜が、移植されていた。
c0305565_17453708.jpg






   水温む池で、錦鯉さんも恋のささやきかな?
c0305565_17454889.jpg

by h6928 | 2019-02-23 18:38 | 植物園 | Comments(2)

花園で 春の花


昨日 ( 02/08 ) は春の陽気になるとの予報とは裏腹に、
出かけるときにはまだ曇りがちで気温も上がってこなかった。

こんな日には鳥撮りよりは曇っていても大丈夫と
温室の草花でも撮ろうと
深谷市花園のJA花園農産物直売所に行くことに決定。

花園という地名に相応しく花の生産も盛んなようで、
直売所には大きな温室があってたくさん鉢物が売られている。

そんな中からいかにも春らしいものを撮って来たのだけれど、
厳選してフクジュソウとツバキを主に載せることにする。

それにしても、
撮り始める頃にはすっかり4月並みの陽気になっていて
鳥撮りに行っても充分大丈夫だったなァ・・・・とは、
いやいやぁ・・・・考えないでおこう。






   まずはフクジュソウ6品種から。

   最初に「白宝」 
c0305565_17374563.jpg

   『紅撫子』
c0305565_17380044.jpg

   『白楽』
c0305565_17381102.jpg

   『みちのく大輪』
c0305565_17382044.jpg

   『段咲き』
c0305565_17383143.jpg
   『爪折笠』
c0305565_17383913.jpg






   ツバキの品種で『玉の浦』。次も同じ品種。
c0305565_17390604.jpg



c0305565_17391636.jpg

   『絞初嵐』
c0305565_17393304.jpg

   金魚葉ツバキなのに葉を良く写せていなかった。
c0305565_17395180.jpg

   セイヨウツバキの『エレガンススプレンダー』
c0305565_17400247.jpg






   『ピンクネコヤナギ』の名札が付いていた。
c0305565_17402003.jpg






   ミニチューリップの『ショーウィナー』
c0305565_17403457.jpg






   ヒアシンスも温室ならではの咲き具合。
c0305565_17404618.jpg

by h6928 | 2019-02-08 18:25 | 季節もの・早春 | Comments(6)


昨日 ( 02/05 ) は、
気温がグンと下がるかのような予報だったのに、
実際にはさほどでもなく、
風は前日から見れば「無風」っぽい。

せっかく春めいたから春らしいものを探そうと
ぐんまフラワーパークに小さな春を求めに行ってみた。

このところ気温がジグザグ変動を繰り返しているけれど、
全体を通して見れば、やっぱり確実に暖かくなっている。

園内の隅っこばかり歩いてみても、
栽培もされていない「雑草」などは
その季節の移り変わりを、そっと暗示している。

もちろん露地植の植物も当然春へ向けての変化は見える。

「平成最後の」って何でも付けたがるけれど、
性懲りも無くボクだって「平成最後の早春」を味わってみた。






   立春も過ぎたことだし、マンサクの花も俄然張り切っているよう。
c0305565_17485762.jpg


   錦糸卵も良いけれど、玩具の「吹き戻し」似なのも良い。
c0305565_17490943.jpg



c0305565_17492037.jpg
 





  ネコヤナギの花芽も外皮が外れて、銀色のネコちゃんが出始めた。
c0305565_17493539.jpg






   太陽光が暖かくなってか、コブシの花芽が外套を脱ぎ始めた。
c0305565_17495093.jpg






   ハハコグサの子ウサギの耳みたいな葉が可愛い。
c0305565_17500521.jpg






   シバザクラも青空に向かって咲いている。
c0305565_17501981.jpg






   ペチコートスイセンも健気に花開く。
c0305565_17502810.jpg



c0305565_17503761.jpg






   草丈はまだ低いけど、スノードロップも花数が増えた。
c0305565_17505152.jpg



c0305565_17510073.jpg






   ウメの花も良いけど、まぁ~るいツボミがも魅力的。
c0305565_17511518.jpg






   室内ではハーデンベルギアが咲いていた。
c0305565_17512579.jpg


   白い花も魅力的だね。
c0305565_17513721.jpg






   サガリバナの瓶詰標本風なのも展示されていた。
c0305565_17514616.jpg

by h6928 | 2019-02-06 18:53 | 季節もの・早春 | Comments(2)


このところ鳥さん狙いばかりだったので、
昨日 ( 01/04 ) は気の早い春でも探そうと
ぐんまフラワーパークに行ってみた。

一昨日行った寺沢沼と位置的にはさほど変わらないのに、
一日違うだけでこんなに気温が変わるのか!?
と思うほど暖かくて穏やかな日になった。

植物狙いのカメラセットしか持たなかったので、
今更ミコアイサに再挑戦はできないと諦めて、
お花などを撮るのだった。

そして、県有施設のどこでも使える年パスがあることを知り、
年の始めの試しとて、それを購入したのだった。

もっと早く知っていたら
余計なお金を払わなくても済んだのになァ
とか・・・・年明け早々にセコイこと。

人間が小っちゃいなぁ。
って、今更ながら改めて自覚したんさぁね。





   和風庭園の池には昼でも溶けない氷が冷たい光を放つ。
c0305565_17370446.jpg



c0305565_17371510.jpg
   今上天皇が皇太子時代に提案し実現した、ヒレナガニシキゴイが
   「平成最後」の新年を知るはずも無いまま雅に泳ぐ。
c0305565_17372697.jpg






   今日は快晴だなァ・・・・って、こんなのも撮ってみる。
c0305565_17374022.jpg






   セイヨウタンポポは、真冬でも這いつくばってでも花を咲かす。
c0305565_17381153.jpg






   日当たりの良い場所ではスノードロップが健気に咲いている。
c0305565_17382252.jpg



c0305565_17383432.jpg






   ネコヤナギの白い和毛が見えると、春を感じて嬉しくなる。
c0305565_17385096.jpg






   ソシンロウバイはもう花盛り。
c0305565_17390007.jpg





   シナマンサクも、早い木では先ず咲き始めていた。
c0305565_17391767.jpg



c0305565_17392826.jpg






   今年はビックリするほどウメの花が咲いていた。
c0305565_17395294.jpg



c0305565_17400307.jpg



c0305565_17401737.jpg



c0305565_17402635.jpg

by h6928 | 2019-01-05 18:27 | 季節もの・冬 | Comments(2)

小春日和に のんびり


旧暦10月の異名が「小春」だという。
その「小春」に良く晴れた好天が「小春日和」で、
昨日 ( 11/11 ) はまさにそれにピッタリ当てはまる。

せっかくの小春日和も無駄にしてはもったいないから、
有効利用しようと甘楽町の総合公園に行ってみた。

紅葉前線がもうそこまで下りて来ていて、
カエデやメタセコイアなどが初々しい紅(黄)葉ぶりを見せていた。

綺麗に染まり始めたモミジは、最初はマクロで撮り、
次いで広角ズームのバリアングルにして、
やっぱりこんな日には・・・・ってことで、
木の元に寝転んで撮ることにした。

そう、そのスタイルが一番幸せを感じるもんね💛





   まずは、民家の塀際にひっそり咲いていた小菊から。
c0305565_17332440.jpg





   侘び錆の風情あり、アキノノゲシの実。
c0305565_17333615.jpg





   夏から秋にかけて太ったかな?ナツツバキの捲れた樹皮。
c0305565_17335793.jpg





   昔からよく見るサザンカの素朴な花。
c0305565_17341212.jpg





   メタセコイアの枝打ちから再生した、若枝の葉をマクロで撮る。
c0305565_17342661.jpg





   その本体の高さを撮るにはやっぱ、広角ズームだよね。
c0305565_17343822.jpg





   反対側に行ってからも撮っておく。
c0305565_17344961.jpg






   常用のマクロレンズで、綺麗なカエデを撮る。
c0305565_17351036.jpg





   次に広角ズームに交換し、バリアングルモニターを活用。
c0305565_17352225.jpg





   いっそ木の下に寝転んでも、いろいろ撮るのも気持ちE。
c0305565_17353758.jpg



c0305565_17354831.jpg



c0305565_17355812.jpg



c0305565_17361144.jpg



c0305565_17362123.jpg

by h6928 | 2018-11-12 18:20 | 季節もの・初冬 | Comments(2)