タグ:群馬の森 ( 50 ) タグの人気記事


昨日 ( 06/27 ) は、思ったほど天気の崩れは少なくて、
それでも最初から悪くなるのを想定していたから
遠出は端から諦めていた。

いつもより遅めに家を出て、
車が少し動き出すとフロントガラスに雨粒が。

さてどうしようか?と迷わせる雨だ。
ワイパーが自動で動き始めない程度の
「らしくない」降り方でそういうのが一番困る。

結局、無難に困った時に近場で撮れる所、
と言えば群馬の森。

アジサイも少しはあるし、
辛うじて手ぶらで帰ることだけは防げるから。
ってことで行ってみると、
思いがけなくネジバナがいっぱい咲いていた。

そう、ここは芝生がいっぱいあるから、ネジバナは期待できる。

でも、近頃は芝刈りを機械で一気に何度もやってしまうから、
ネジバナの咲く時期にやられてしまうとアウトなのだった。

今年はちょうどラッキーなことに
まだ刈られる前に見られたわけ。
それに気を良くして
他のものも撮る意欲も湧いて、万々歳だね。







   アジサイを撮ろうと来たのだから、先ずはアジサイから。
c0305565_17354037.jpg



c0305565_17355933.jpg



c0305565_17361472.jpg



c0305565_17362312.jpg







   ナツツバキはひそやかな雰囲気に撮ってみる。
c0305565_17364481.jpg







   今年はヤマモモもの当たり年? この木ではまだ落果は見られない。
c0305565_17365665.jpg







   夏の花のイメージのポーチュラカ。懐かしいのはマツバボタン。
c0305565_17371216.jpg







   ツバメシジミは逃げもせず、熱心に吸蜜。
c0305565_17372662.jpg







   ヤマトシジミの交尾場面に遭遇。お邪魔虫になって撮った。
c0305565_17373909.jpg







   この時期のナガコガネグモは、こんな「かくれ帯」に隠れている。
c0305565_17375303.jpg







   ゆったりと時計回りに巻き上がるタイプの、ネジバナの株。  
c0305565_17382470.jpg


   反時計回りに巻き上がり良くねじれる、色の薄いタイプの株。
c0305565_17383693.jpg


   よく見ると、こっちと向こうで巻き上がり方が逆。
c0305565_17385259.jpg


   4本が一つ画面に入るほどの小集団もある。
c0305565_17391399.jpg


   なだらかなカーブの、隣同士の株。
c0305565_17392571.jpg


   うっすらピンクも入るものの、ほぼ白花も。
c0305565_17393629.jpg







   池に浮かんだカルガモを、なるべく水面近くのカメラ位置で狙ってみた。
c0305565_17395041.jpg







   樹液の出るクヌギの木で、オオスズメバチに大接近。
c0305565_17400049.jpg

by h6928 | 2019-06-28 18:51 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 06/09 ) は朝から雨。
梅雨だから仕方ないよね、と出かけずに家にいると、
いつの間にか雨が上がっているのに気づいて
そそくさと「出掛けの虫」に唆されて
群馬の森まで行ってみた。

カメラは
ずいぶん久しぶりにEOSの8000Dを引っ張り出して、
マクロ100mmとのコンビで使うことにした。

常用の70Dが故障・修理しているときのピンチヒッターに買って、
文字通りピンチを凌ぐのに多大な貢献をしたものの、
70Dが復活するとお蔵入りになっていた
軍選手のようなものだ。

雨の日に接写をするには、多才な機能は要らない。
単写でじっくり被写体に対峙して、
ここぞ!って瞬間にシャッターを切る。

カリッ!とか、パラッ!とか、フォーカルプレーンシャッターが
ミラーの上下する音と同時に鳴るのって、なんか懐かしいなぁ。

近頃は安易に無音で撮れるP1000なんかを多用しているから、
この単調な撮影感が凄く充実したものに聞こえる。

そうだ、最初に買った一眼レフはペトリV6という機種で、
カメラの原点そのものでただ撮るだけのための機械だった。
あれは写真の原点を知るのにいい勉強になったなぁ。

梅雨のせいではないだろうけれど、
話が変な方に脱線して行くから、今日はこの辺にしておこう。








   梅雨と言えば、雨とアジサイ。デカいカタツムリって最近見ないなぁ。
c0305565_17371678.jpg



c0305565_17373256.jpg



c0305565_17374193.jpg







   ハギの葉っぱに大小さまざまな水玉が乗っていた。
c0305565_17375685.jpg







   オニタビラコの萎れた花に宿った水滴。
c0305565_17380605.jpg







   カタバミの葉って、和毛に覆われていて水玉ができやすいんだね。
c0305565_17381844.jpg







   ヒイラギナンテンは、花が終わってもう実がこんなに膨らんでいた。
c0305565_17383202.jpg







   つぼみは項垂れないというヒメジョオンだって、例外はあるネ。
c0305565_17384948.jpg







   シモツケの花は、このくらい空いていた方が綺麗だなぁ。
c0305565_17390255.jpg







   サツキの上を覆うクサグモの網に、雫が宿る。
c0305565_17391210.jpg







   ケンポナシの花って、初めて見た。スジグロシロチョウが訪花。
c0305565_17393036.jpg







   葉っぱの裏ではササグモが雨宿りをしていた。
c0305565_17394826.jpg







   気温が低いから、ツマグロオオヨコバイだって大接近できる。
c0305565_17395828.jpg







   普段ならすぐに逃げるハグロトンボは、100mmで撮れるほど寄れた。
c0305565_17401221.jpg







   マガリケムシヒキ女子も、近づいても動かない。省エネモードかな?
c0305565_17402137.jpg







   これ何?雪虫みたいな綿くずが飛んできて、ふわりと舞い降りた。
c0305565_17403227.jpg


   調べてみたら、エノキワタアブラムシの有翅成虫だった。
c0305565_17404498.jpg







   目力のあるこのネコちゃんは、何を見ていたのだろう?
c0305565_17405580.jpg

by h6928 | 2019-06-10 18:40 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日の掲載分は18日に撮ったのを使ったので、
19日に撮った分が在庫になってしまい、
それでもあまり塩漬けにしておきたくない内容なので、
今日載せることにした。

そうするとまた、
昨日撮ったのが順送りで在庫に回る・・・
という悪循環に陥ってしまうけれど、
まぁそれはそのうちに何とかするか。

って、じつは今日はずっと雨が降ることを想定して、
本当は撮影は休むつもりだったから、
ちょうど良いかなって思っていたんだ。

でも、2時前には雨も上がって天候も回復してしまったので、
そうなるとやっぱり撮りに出たくなるんだなぁ。

そうして撮れたのも
内容的にも塩漬けには向かないもの・・・・。

う~ん、困った142.png








   コゴメウツギの花って、よく見ればけっこう複雑な構造をしているね。
c0305565_17482547.jpg








   すっかり定着した外来種・キショウブ。誰も退治したくないよね、本心。
c0305565_17484071.jpg








   ヒゲブトハナムグリは、じつはハナムグリではない。いやホントの話。
c0305565_17485669.jpg








  オニグルミの実がこんなに可愛いなんて‼この時期だけの美?
c0305565_17490988.jpg








   ブルーベリーの今は、さしずめグリーンベリーかな。
c0305565_17492595.jpg








   ノイバラだってアップで見ればかなり可愛いよね。香りも良いし。
c0305565_17493523.jpg








   いつの間にかヤマボウシのシーズンだったんだねぇ。
c0305565_17495339.jpg








   こんな顔のサルっていたっけ?珍パンジー‼なんちゃって。   
c0305565_17500768.jpg








   チャイブのネギ坊主は、たまにはアップでも撮っておこうって。
c0305565_17501841.jpg








   ガザニアの花には太陽が似合う。
c0305565_17502758.jpg








   他のハチの巣に入って卵を産む寄生蜂、ダイミョウキマダラハナバチ。
c0305565_17505005.jpg








   白いカルミアも、旬は奇麗。控えめに散りばめられたピンクがステキ。
c0305565_17514047.jpg








   若竹のスクスク伸び盛りの、この色と光景は好き。
c0305565_17515709.jpg



c0305565_17520852.jpg








   まだ成長していたカエデの枝先が新鮮。
c0305565_17522053.jpg



c0305565_17523151.jpg








   クモの糸に覆われて飛び立てなくなった、オニタビラコの綿毛。
c0305565_17525107.jpg








   妙にこの風景に溶け込んでいるカルガモのカップル。
c0305565_17545621.jpg

by h6928 | 2019-05-21 18:53 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

群馬の森で 花や虫


昨日 ( 04/23 ) も一昨日ほどではないけれど
晴れて暑いくらいになった。

写真の方は、
たまには近くのものにも目を向けて、
地味な接写をしようということで、
群馬の森で撮ることにした。

ここも主だったところは管理の手が入り
きれいサッパリして雑草さえ見当たらないような状態なので、
管理の行き届かない所を求めてほっつき回る。

県営の公園でも
さすがに全域の完璧な管理は無理と見え、
逞しい開拓植物などが隙を狙って生えている。

そしてそれらが虫を呼び、小さな生態系が回り始める。
その隙間を狙うせこい雑草のごときカメラマンも
開拓者たる植物が逞しく生えてくれてこそ
写真が撮れるので大いに感謝するのだった。







   毎年春が来ると見られる光景。タンポポにヤブキリの幼体。
c0305565_17302427.jpg







   タンポポにかぶっていたキュウリグサ。
c0305565_17304099.jpg







   こちらはよく似ているけれど、ハナイバナ。
c0305565_17305327.jpg







   マツバウンランにぐぅ~んと寄って撮る。
c0305565_17311070.jpg







   カラスノエンドウも二人連れの花が見られると最盛期みたい。
c0305565_17312082.jpg







   紅一点の、ナガミヒナゲシ。
c0305565_17313290.jpg







   ここでは一番早く咲いたシラン。初物は嬉しい。
c0305565_17314228.jpg







   オープンな性格なのかな?このスノーフレークは。
c0305565_17320768.jpg







   ウラシマソウの釣り竿・釣り糸がイマイチよく写らなかった。
c0305565_17322308.jpg







   ビロードコガネは、なるほどビロードの衣装を着ている。   
c0305565_17323696.jpg







   ナナホシテントウの背中には、お天道様が映ってる。
c0305565_17330681.jpg







   ナノハナにはベニシジミが来ていた。
c0305565_17331735.jpg







   ツマグロヒョウモン男のコも。
c0305565_17332733.jpg







   ハンカチノキにはもう花が咲いていた。
c0305565_17335766.jpg
   まだほとんどは、幸せの黄色いハンカチ。
c0305565_17341863.jpg







   ハナミズキも、こんな写真ばかり撮られたら気分を害するかな?
c0305565_17343223.jpg








c0305565_17344382.jpg

by h6928 | 2019-04-24 18:33 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/08 ) は朝から曇り空で、
気温も上がらず肌寒い日になった。

家にいても暖房を入れなければいけないくらいだから、
どうせなら経費節減のため、外に出ることにする。

なぁ~んて、ケチなジジイって思われるのも嫌だけれど
実際ケチなジジイであることは否めないのだから、
まぁ、しょうがねぇーよな。

って、こんな日には久々に
マクロ100mm+一眼レフで春物接写が良い。
それを撮るのにふさわしい撮影地は、この時期なら群馬の森。

サクラは意外に少ないのも、
端からサクラは目的外だから関係ないしね。

ここも近年は動力による草刈り部隊の投入とか、
ブロアーでの掃除とか・・・
管理作業が昔とずいぶん違ってきているせいか
植生とか虫たちの多様性がずいぶん失われてきたと実感できる。

どこの公園でもこの流れは加速しそうだけどね、
昔の良さを知る者としてはやっぱり寂しい。

昔は良かった、と言い始めればジジイの証拠‼
って言われちゃうけど、
まぁ、確かにまたジジイのボヤキが出ちまったいね。






   この花は日陰で曇りの条件下が撮りやすい。奥ゆかしいシャガ。
c0305565_17454904.jpg






   ソメイヨシノが咲く頃、この花も咲いてくる。クサノオウ。
c0305565_17460344.jpg






   マルバスミレの白い花は、清楚感がステキ。
c0305565_17471706.jpg






   タチツボスミレも、アリさんに種を拡散させる戦略家。
c0305565_17472787.jpg






   日光が乏しいと頭花は閉じたまま。カントウタンポポ。
c0305565_17474542.jpg






   小さな踊り子がいっぱいの、ヒメオドリコソウ。
c0305565_17475933.jpg






   カキドオシは今の内は可愛い。逞しさを発揮するのはもう少し後。
c0305565_17481635.jpg






   ヤマブキはようやく咲き始めたばかり。
c0305565_17484629.jpg






   オニグルミの芽出しと、まだ未発達の雄花序。
c0305565_17490833.jpg






   こちらは花の見られない枝で、萌えたての芽。
c0305565_17492363.jpg






   クヌギの雄花序。大きな樹でも垂れ下がった枝で撮れた。
c0305565_17494101.jpg






   カエデの若葉と花が初々しい。
c0305565_17495231.jpg






   ロウバイは咲き終えて久しく、小さな実が育まれていた。
c0305565_17501048.jpg






   まだ折りたたまれたままの、ブルーベリーの開花前。
c0305565_17503255.jpg






   高級和菓子のようにも見える?ハナミズキ。
c0305565_17504416.jpg

by h6928 | 2019-04-09 18:50 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 02/19 ) は、
予報より早めに天候が崩れて、
午前中にはもう雨が降り始めた。

ちょっと出ばなをくじかれた感じで、
撮影意欲も減退・・・・。

どうせならこの際と、
前からどうしようか迷い続けていた、
カメラを思い切って買いに行こうと決心した。

そして念願のP1000を手に入れてから、
その余勢をかって群馬の森にも行ってみた。

道中もずっと雨だったけれど南西の空が明るく、
この分なら晴れなくとも雨は上がってくれそう・・・・。

その予感が的中し、着いた頃には雨も上がって
運動も兼ねて公園内を一回りしながら撮影もする。
雨上がりのしっとりした風情は久しぶり。

そこそこ撮れたので上がり、帰る道中ではまた雨になっていた。
まるでボクが写真を撮るために止んでくれたみたいじゃないか。

そうして、帰ってからは
新しいカメラをいじる楽しみが待っていた。

このところ「ワクワクする」ことがまるで無くなっていたので、
たまにはこんな刺激もないと一気に老け込んでしまいそうで、
その恐怖からはこれで当分逃れられるかな?






   ウメの花は、こんな5弁の一重が奥ゆかしくて良い。って個人の感想。
c0305565_17453737.jpg



c0305565_17454781.jpg






   ロウバイはもう終わりかけているけれど、マンサクは今が盛り。
c0305565_17455869.jpg



c0305565_17460757.jpg
 





  アオキの実は、もうちょっと前のグラデーションがある方が好き。
c0305565_17461799.jpg



c0305565_17462638.jpg






   このビオラはどうもオヤジのしかめっ面に見えてしまう。
c0305565_17464096.jpg



c0305565_17464932.jpg






   ハンカチノキの冬芽もそろそろ動き出しそう。
c0305565_17470326.jpg






   カワヅザクラはちょっと前に咲いたのが傷んでいて、これからが楽しみ。
c0305565_17471294.jpg






   ナズナも伸び上がって、実をいっぱい付けている。
c0305565_17472244.jpg







   ホトケノザは晩秋や真冬にも咲くけれど、やっぱり春の方が良い。
c0305565_17473189.jpg






   秋から次々に咲き続けている、素朴なサザンカ。
c0305565_17474924.jpg






   ヒマラヤスギの幹では、雨で生気を取り戻したコケが綺麗。
c0305565_17474111.jpg

by h6928 | 2019-02-20 18:39 | 季節もの・早春 | Comments(4)

大寒に小さな春探し


昨日 ( 01/20 ) は大寒ということで、
一年でも一番寒い日とされる。

その割には気温はさほど下がらずに、
日中は曇りで上がりもしなかった。

そんな中、群馬の森で小さな春探しを試みる。

マンサクやロウバイといった早咲きの花木が花開き、
冬に見られる昆虫も見つけることができた。

撮り終えて家に帰る途中
この季節には珍しく唐突にゲリラ的な激しい雨に遭遇した。

量的にはさほどでもなく短時間で上がったからホッとする。

すると、車を走らせる右後方に
すごく綺麗な虹が立っているのが見えた。

運転中だからチラ見だけで我慢したけれど、
惜しかったなァ。






   先ず咲くはずのマンサクも、ロウバイには遅れを取ってしまう。
c0305565_17373097.jpg



c0305565_17374090.jpg






   ソシンロウバイはもう花盛り。芳香をまき散らす。
c0305565_17375398.jpg



c0305565_17380392.jpg



c0305565_17381394.jpg






   こちらは「本家」ロウバイ。内側の花びらが暗紫色。
c0305565_17382695.jpg



c0305565_17383596.jpg






   ジャノヒゲの青い実はもう大半はシワシワ。これ、特別艶々。
c0305565_17384842.jpg






   ナツツバキの幹で見つけたムラクモハマダラミバエ。
c0305565_17390509.jpg



c0305565_17391446.jpg






   寒い時に見られるクロスジホソサジヨコバイ。
c0305565_17393299.jpg


   幼虫もいた。羽が無いから飛べない。
c0305565_17394187.jpg


   ちょっと横方向からも。目は左側。右の黒い点は翅の模様。
c0305565_17395157.jpg


   黒筋といっても、あまり筋が目立たない個体も。
c0305565_17395967.jpg

by h6928 | 2019-01-21 18:29 | 季節もの・冬 | Comments(2)

冬芽と葉痕


昨日 ( 12/20 ) もこの時期にしては高めの気温で、
撮影には苦労しなくても良さそうだわい・・・・と
群馬の森に冬芽&葉痕を撮りに行ってみた。

アジサイの葉なんかは、
つい最近まで青々としていたらしいのが、
霜にやられて黒っぽくなって萎れていたりする。

たまたま撮ったニワトコなんかも、
本来なら膨らんでいるはずも無いのがもう
早春の芽吹き状態に近かったりするが、
やがて来るはずのクリスマス寒波には
ダメージを受けそう。

やはり、多少暖かいからって
油断して芽吹いてはいけないよね。

冬はこれから・・・・と慎重に耐えてこそ、
来るべき本物の春を無事に迎えられるんだよね。

しっかり固く結んでいる冬芽を撮りながら
自戒の念を込めるのだった。





   オニグルミ
c0305565_17405930.jpg



c0305565_17410922.jpg





   ニワトコ
c0305565_17412039.jpg



c0305565_17414419.jpg





   先ず咲く準備はできている、マンサク
c0305565_17415764.jpg



c0305565_17420844.jpg





   ハナミズキの花芽
c0305565_17423152.jpg





   メグスリノキ
c0305565_17424721.jpg





   サイカチ
c0305565_17430025.jpg





   ニシキウツギ
c0305565_17431619.jpg





   カジノキ
c0305565_17432890.jpg



c0305565_17433722.jpg





   ハンカチノキ
c0305565_17435420.jpg



c0305565_17440551.jpg

by h6928 | 2018-12-21 18:11 | 季節もの・冬 | Comments(2)

群馬の森で 秋物拾い


ちょっと前までの天気予報では、
ずっと晴れマークばかりが並んでいたのに、
昨日 ( 11/04 ) から曇りの行列に変わってしまい、
朝からずっと曇り空。

約束が違うよ‼と気象庁に文句を言っても仕方ないし、
それならそれで群馬の森で間に合わせようと行ってみた。

何も撮れなくても恨みっこ無しさ、
って、園内を回ってみると、
思ったよりは数も撮れて一安心。

ネコちゃんの不信感にあふれる顔は、
気象庁へのものでは無い・・・・よね?





   マユミの実が割れて、赤い仮種皮がチラッと見え始めていた。
c0305565_17224353.jpg



c0305565_17240232.jpg





   一段と味わい深くなっていたカキノキ。
c0305565_17242815.jpg





   刈り込まれたドウダンツツジに、タナグモ類のベールが拡がる。
c0305565_17250605.jpg





   まだ緑の葉の方が断然多いメグスリノキ。
c0305565_17252469.jpg





   ヨウシュヤマゴボウの葉。草刈りが入った後の唯一の残り物。
c0305565_17254311.jpg





   数は少ないけれど、綺麗に染まって来たコキア。
c0305565_17260183.jpg





   黄色く色づいてきたカエデも綺麗。
c0305565_17264133.jpg





   アオギリの若木で、大きな葉痕を見つけた。
c0305565_17304362.jpg





   枯れて伐採されたのだろうが、ゾウさんぽく見えた切り株。
c0305565_17270436.jpg





   なぁ~んか疑り深そうな、モノクロのネコちゃんもいた。
c0305565_17274367.jpg



c0305565_17280517.jpg

by h6928 | 2018-11-05 18:07 | 公園 | Comments(2)

曇りだって好条件!?


昨日 (10/08 ) は、晴れて行楽日和になるとか、
予報士さんは言ってなかったっけ?
それが嘘ばっか(>_<) 、
どんよりと暗く薄ら寒い日になった。

午前中は引き籠りさんをしていて、
午後にやっと出かけてみた。

城跡歩きを二日連続でやった疲れを癒すには平坦地が良いと、
行った先は群馬の森。

森だけに晴れればコントラストがきつ過ぎるけれど、
まぁ、曇りだからその辺は却って好都合さ。
開き直りはもう年を経ればお手の物。

何だかんだと屁理屈を自分に言い聞かせて、
今日のブログに間に合うだけの数は撮って来た。

そう、以下に載せたのがその成果なんさねぇ~105.png





   マユミの実が色づくのは、まだ少し先のようだった。
c0305565_17442078.jpg





   それに反してウメモドキはもう真っ赤。
c0305565_17444647.jpg





   朽ちかけた檜皮葺の門の屋根、その向こうに柿の実。侘びしい。
c0305565_17450807.jpg





   ハナミズキの実も葉も赤味が深まって来た。
c0305565_17453614.jpg




   コミカンソウはますます元気になっていた。
c0305565_17463123.jpg


   まだ花やツボミも見られた。
c0305565_17464167.jpg





   コミカンソウの背景は、このコキアたち。
c0305565_17465128.jpg





   ナツツバキは早くも黄・紅葉が・・・・。
c0305565_17480114.jpg





   カジノキの若い葉っぱは色々個性的。その一枚。
c0305565_17481606.jpg





   花が咲く前に刈られた跡が・・・。でも復活のタマスダレ。
c0305565_17484032.jpg





   今年はずいぶん少なかった、ウスバキトンボ。
       その下にオオスカシバの幼虫がしらばっくれていたんだね。
c0305565_17490494.jpg





   チャバネセセリがいた。久々に見た気がする。
c0305565_17492744.jpg



c0305565_17493610.jpg





   レストラン前のモニュメントを水面近くから撮ってみた。
c0305565_17495033.jpg

by h6928 | 2018-10-09 18:44 | 季節もの・中秋 | Comments(2)