タグ:木の花 ( 205 ) タグの人気記事

大塩湖で アジサイ三昧


昨日 ( 06/22 ) は、
夏至だというのにお日様の顔が拝めずに、
一年で一番長いはずの昼間を
満足に味わうことが叶わなかった。

そうして今日からはもう
日ごとに日は短くなって行くはずだから、
何となく寂しく感じられる。

その夏至の日の昨日は、
一時的に激しい勢いで雨が降ったりしたけれど、
その雨が止んだらしばらくは大丈夫そうだったので、
アジサイが咲いているはずの、
富岡市の大塩湖に行ってみた。

春に来た時は渇水状態だったから、
その後が気になっていた水の状態は
満々と水をたたえた湖に復活していてほっとした。

とは言え、大塩湖はいわゆる溜池で、
最近は農業用水としての役割も減っているのか、
田植えシーズンなのにこんなに水がいっぱいでいいの?
ってさえ感じられるほど米を作る農家も減っているのかな。

まぁ、ボクとしては単純に
湖畔に植えられたアジサイを撮るには
満水状態の方が願ったり叶ったりではある。

今にも雨が降ってきそうな、梅雨らしい天候の元、
運動を兼ねてのアジサイ撮りをゆっくり楽しめた

なんかこれも贅沢の一つかな102.png






   せっかくの湖畔だから水面をバックに、アップ気味で撮ろう。
c0305565_16561939.jpg



c0305565_16563464.jpg



c0305565_16564357.jpg



c0305565_16565799.jpg



c0305565_16571252.jpg







   ガクアジサイは、今年は花が少なめ。
c0305565_16574422.jpg



c0305565_16575748.jpg







   集団で咲いているのを引き気味で撮ったのもいくつか。
c0305565_16581088.jpg



c0305565_16582673.jpg



c0305565_16583808.jpg



c0305565_16585449.jpg







   ベニガクの装飾花をアップで。
c0305565_16591737.jpg







   カマキリの赤ちゃん。と言ってもけっこう大きくなっていた。
c0305565_16593142.jpg



c0305565_16594278.jpg







   綺麗なものを見るとつい寄ってみたくなる、これ、ボクの性分。
c0305565_16595661.jpg







   花が重たく花序が垂れ下がっていた、八重のカシワバアジサイ。
c0305565_17013531.jpg







   白い花もけっこうあったのに、意外と撮っていなかったなぁ。
c0305565_17002382.jpg







   久々に見かけたネコちゃん。疑り深そうになっていた。
c0305565_17003399.jpg




【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!


by h6928 | 2019-06-23 17:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/20 ) は、朝の内は晴れていたけれど、
予報では午後からの雷雨の可能性が高いと告げていたので、
いつもよりは1時間早めに家を出て
軽井沢レイクガーデンに向かった。

前回からちょうど一週間で、
バラのシーズンが始まりそうと予見でき、
花の撮影は少し早めのくらいが良いこともあって、
雨が当たり過ぎる前がもっと良いよね・・・と勝手に決めた。

碓氷バイパスを登っているときは曇りがちで、
日差しも弱いくらいだったから、
花の撮影向きだとほくそ笑んだりも。

でも、着いてみればけっこうなピーカン。
ありゃま、何たることか・・・。

でもそんなことにはめげないで、もう来たからには撮りまくる。
雨が降りそうだったらいつでも帰ろう、と思っていたのに
案外天気の崩れは訪れないで長持ちしちゃった。

その分数はたくさん撮れたので今回はバラだけをセレクトして、
ネームプレートを撮れたのだけ名前を添えて
マイ・ベスト20を載せてみた。

高原の爽やかな空気感も併せて撮れている
と感じてもらえると嬉しいなぁ。






   クイーン オブ スウェーデン
c0305565_17382642.jpg



   ロアルド ダール
c0305565_17383503.jpg



   ローズ オブ ピカーディ
c0305565_17384621.jpg



   ザ レディ オブ ザ レイク
c0305565_17385647.jpg



   ナエマ
c0305565_17390632.jpg



   クロッカス ローズ
c0305565_17391409.jpg



   コテージ ローズ
c0305565_17392401.jpg



   メアリー ローズ
c0305565_17393368.jpg



   トラディスカント
c0305565_17394355.jpg



   ヘブンリー ロザリン
c0305565_17395371.jpg



   レディー エマ ハミルトン
c0305565_17400275.jpg



   トランクウィリティー
c0305565_17401798.jpg



   ドルトムント
c0305565_17403198.jpg



   エドガー ドガ
c0305565_17404161.jpg



   マダム フィガロ
c0305565_17405325.jpg



   メアリー ノートン
c0305565_17410512.jpg



   クロード モネ
c0305565_17411713.jpg



   モーリス ユトリロ
c0305565_17412966.jpg



   パープル ロッジ
c0305565_17414387.jpg



   シャトー ドゥ バニール
c0305565_17415586.jpg

by h6928 | 2019-06-21 18:24 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/19 ) もまだ日中は雨も降りそうも無いからと、
薄曇りの天気の元、アジサイでも撮ろうかと
荻窪公園に今季二度目で行ってみた。

前回は5日に行ったので
いくら何でも2週間もすれば期待できるはず。

そう踏んでいたのに、前回とさほど変わっていない。
先客の何人かが大きな声で
「何ぃ~、これ!ウチのアジサイの方が全然良いやぁ‼」
って叫んだりしていた。

そう、良く見れば咲き遅れているのではなくて
花芽がほとんどの枝先に見られないのだ。

剪定時期を間違えたんじゃないの?
という声があちらこちらから聞こえてくる。
そんな状況下でも、せっかく来たのだから
撮れるだけは撮っておかねば。

確かにねぇ、初めてここに来てみた時の感動は、
もう全く感じられない。

来年こそ頑張って「まともに」咲かせとほしいものだ。








   今年のアジサイは寂しい限りの開花状況。でも探せば少しは撮れる。
c0305565_17374165.jpg



c0305565_17375186.jpg



c0305565_17380203.jpg



c0305565_17381327.jpg



c0305565_17382273.jpg



c0305565_17383345.jpg



c0305565_17384383.jpg


   ピンクアナベルは植えられて年数も浅いのに、良く頑張って咲いていた。
c0305565_17385979.jpg



c0305565_17390943.jpg


   ピンクアナベルの背景に白いアナベルを合わせる。
c0305565_17392157.jpg


   アナベルは頑張っていっぱい咲いているから、こう撮ればまぁ豪勢?
c0305565_17393265.jpg

   カシワバアジサイは、咲いていても近寄ると斑点だらけでアップに堪えない。
c0305565_17395330.jpg


   じつは、今年の開花状況はこんな。葉っぱだけのアジサイが大多数。
c0305565_17400942.jpg







   ナツツバキの花にはなぜか古くなった方に虫が集まる。これは新鮮な方。
c0305565_17412511.jpg







   花が少ないとヒルガオだって華やかさを演出してくれそう。
c0305565_17402767.jpg







   オスのトンボは縄張りの番付が大変。こちら、ショウジョウトンボ。
c0305565_17404083.jpg


   シオカラトンボも縄張りの見張り中。
c0305565_17405978.jpg


   こちらはオオシオカラトンボ。黒い目と後翅付け根の黒褐色斑が特徴。
c0305565_17410948.jpg

by h6928 | 2019-06-20 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/17 ) も梅雨の中休みが続いていて、
この季節にしては乾いた風が吹いて気持ちが良かった。

そして、どこに撮りに行こうか思案の末に、
冬が訪れる前に行ったきりの
青龍山吉祥寺に行こうと決めた。

ここはカキツバタがたくさん咲くのでそれが狙い目だった。
でも、実際に行ってみるとカキツバタは咲き終わっていて
緑色の果実が膨らみつつあるという、
残念な結果になっていた。

他の花たちもほぼ端境期で、
う~ん・・・・と唸ってしまうような状態。
それでも来たからには何かしらは撮らないと、
とハイエナの目をしてうろつくのだった。

冬には雪国になる川場村だから、まだ気温も低く
半袖で過ごすのがちょっと寒いくらいにさえ感じられ、
ハイエナ化したニンゲンがうろつくには
むしろちょうど良かったかな。





   アジサイのシーズンはまだまだ先のよう。゛はしり〟をいくつか。
c0305565_17413756.jpg



c0305565_17414925.jpg



c0305565_17420295.jpg



c0305565_17421243.jpg


   ハスの果托に布で拵えた花を埋め込んだ飾り物。アジサイっぽいかな。
c0305565_17422563.jpg







   クリンソウは旬を過ぎていたけれど、残り物だって綺麗だよね。
c0305565_17424384.jpg







   キョウガノコは、咲いているうちからどの花を選ぶか、悩ましい。
c0305565_17425345.jpg







   数あるサツキの中から、この穏やかな色のを選んだ。
c0305565_17430414.jpg







   ハナショウブが僅かに咲いていた。
c0305565_17431977.jpg







   『臥龍庭』と名付けられた石庭が美しい。
c0305565_17433720.jpg



   青龍の滝は、木の葉が茂っていて全景は見えないのが惜しい。
c0305565_17460886.jpg







   アサヒナカワトンボの無色翅型の男のコ。
c0305565_17440421.jpg







   野外で見たのは久しぶり‼のミズカマキリさん。懐かしいなぁ。
c0305565_17442091.jpg







   水中に逃げて困り顔のアマガエルくん。じつは泳ぐのは得意じゃない。
c0305565_17471102.jpg







   カワニナがいっぱいいたから、ここってホタルもいるかも。
c0305565_17480722.jpg







   昨夜のストロベリームーン。6月の満月のこと。こんな色!?
c0305565_17482249.jpg


   なぁ~んてね、じつは加工してピンクにしてる。ホントは白かったんだ129.png
c0305565_17483461.jpg



帰って来て、夜7時過ぎ、
満月が南東の空から上がってくると、
待っていましたストロベリームーン‼

早速撮ってみるけれど、
イチゴの月と言ってもイチゴ色には染まらない。

ネイティブアメリカンのある部族では、
代表的な収穫物の採れる頃の満月を、
その名に冠する習慣があったとかで、
それが白人支配の世の中になっても
名残りとして一部には伝わっているようだ。

イチゴが実る月だから、6月の満月はストロベリームーン。
イチゴって、日本(関東)でも露地で植えっぱなしにすると
5~6月頃が実りの時期になるから、
まるっきりの時季外れじゃないよね。

で、せっかくのデジカメだから、
銀塩ではまねのできない試みとして、
ホントは白い月だってピンクに染めてみた。

写真は「真を写す」とは限らないって、
こういうことだよぉ~、って、笑って見てもらえれば嬉しいなぁ。

by h6928 | 2019-06-18 19:02 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

梅雨の晴れ間に波志江沼


昨日 ( 06/16 ) は、
朝早いうちこそ雨が残っていたけれど、
その雨が上がると急速に晴れ間が広がり
気持ちの良い晴天になった。

前日の雨で家に籠っていた身としては、
満を持して出かけたくなる。

その前に洗濯なんぞも済ませて外干しにすると、
まぁ元気の良い洗濯物がやたらと暴れまわっている。

で、出かけた先は波志江沼。

あわよくばまたコアジサシにでも出逢えれば儲けもの
と欲張った願望を抱いていたけれど、
そんなに夢はたやすく叶わない。

贅沢は捨てて、
撮れるものを丁寧に撮っておくしかない。
それが現実というものさ。

って、妙に達観しちゃってるなぁ、オレ112.png




   公園から見た白い雲。梅雨時らしからぬ乾いた風が吹いている。
c0305565_17490349.jpg







   風上に向かって走りながら飛び立つ、カワウさん。
c0305565_17491576.jpg







   「今日は羽が乾きやすいね」「晴れて良かったね」なんて会話中?
c0305565_17500712.jpg







   突然始まったカイツブリの水面走り。何とか間に合った。
c0305565_17501943.jpg



c0305565_17503091.jpg







   P1000で見つけた、鳰の浮巣。肉眼では全く見えない。
c0305565_17505344.jpg







   花の方は、先ずはスイレンから。
c0305565_17511078.jpg



c0305565_17512100.jpg



c0305565_17513319.jpg







   今年はハスの開花は早いのかな?つぼみがこんな!
c0305565_17514297.jpg







   さすがにもうキンシバイも咲いていた。
c0305565_17520952.jpg



c0305565_17522119.jpg



c0305565_17523204.jpg







   こちらはヒペリカム・カリシナム。ビヨウヤナギより豪華。
c0305565_17525037.jpg



c0305565_17530082.jpg



c0305565_17531270.jpg



c0305565_17532430.jpg







   これぞまさに「トカゲの尻尾切り」。尾は再生するという。
c0305565_17533711.jpg

by h6928 | 2019-06-17 18:33 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日 ( 06/14 ) は、朝の早いうちは快晴だったので、
「晴れのち曇り」の予報が俄かには信じがたいほどだった。

それでも、最近の天気予報の精度が高いと実証されるように、
次第に雲が増えてきて、素直に信じるしかないやねぇ。

で、朝の地方紙の一面を飾る写真に
下仁田あじさい園のアジサイが載っていて、
綺麗に咲いているとのこと。

それならば我が家からも近いことだし、
さっそく行ってんべぇ、っちゅうことで
撮影地はそこに決定。

上信越道の下仁田インターのすぐ近くで、
国道254号線のすぐ脇の急斜面に約2万本が植えられている。

駐車場はその斜面を大きく迂回した上にあり、
そこから順路に沿って下に展開する花を見て歩く。

しかし、実際に行ってみるとまだ咲き始めたばかりで、
ほとんどはまだ緑の葉っぱばっかりが目立つ。

新聞社のカメラマンは腕がいいから、
「さもさも」に写すって、まぁ知ってはいても
改めてそのことを再認識するんさぁね。

また更に、早朝の快晴が嘘のように、
空模様も今にも雨が降ってきそうな
怪しいお天気になってきたのにも予報の正確さを再認識。

それでも、まだ新鮮な咲きたてのアジサイを見られたし、
急斜面を降りたり上がったりして足腰の運動もできたし、
有意義な一日にはなったから概ね良しとしようか111.png







   園の入り口近くから。アジサイはこの下に約2万本。
c0305565_10270693.jpg


   色とりどりのアジサイがあるけれど、まずは暖かい色のから。
c0305565_10273340.jpg


   ほとんどはまだ咲いたばかりか、これからってところかな。
c0305565_10274532.jpg



c0305565_10275514.jpg



c0305565_10280582.jpg



c0305565_10281794.jpg



c0305565_10282950.jpg



c0305565_10284242.jpg


   あじさい園の中腹から、街の家々も見える。
c0305565_10285210.jpg



c0305565_10290285.jpg


   梅雨寒が続くと、この色も目にやさしいね。
c0305565_10291398.jpg



c0305565_10292560.jpg



c0305565_10293424.jpg



c0305565_10294448.jpg


   この深いブルーのような空も恋しいこの頃。
c0305565_10300286.jpg



c0305565_10301684.jpg



c0305565_10303005.jpg


   ラストには水色のハートをどうぞ♡
c0305565_10304887.jpg



【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!


by h6928 | 2019-06-15 18:12 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/11 ) は、
やっと晴天が広がる気持ちのいい時間帯もあり、
そうなると張り切って撮影に出たくなる。

月曜日には中途半端に切り上げざるを得なかったから、
三日連続となる、8000D+マクロ100mmのセットを持って、
接写に専念しようと決めぐんまフラワーパークに行った。

一応晴れてはいたけれど、
ちょっと前まで雨でも降っていたのか
けっこう雫が残っていた。

気温もそう上がらないから
あちこち動き回っても汗をかかずに済む。
そうして撮影は連写に封印して、じっくり単写に専念。
まぁ、相手が動かない被写体だし
風さえ気を付ければOKってのはいいよね。

そうこうしているうちに、
赤城山の方から嫌な雲が押し寄せて来たので
降られないうちに引き上げてきた。

帰って来れば、
夜にはまたしっかり雨が降ってきた。
今年の梅雨はやたら真面目に降るのだねぇ、
って感心してしまう。








   ヒペリカム・アンドロサエマム(コボウズオトギリ)が可愛い。
c0305565_17391418.jpg



c0305565_17392304.jpg



c0305565_17393391.jpg



c0305565_17394214.jpg



c0305565_17395250.jpg







   こちらは、ヒペリカム・ヒドコート。たくさん咲いていた内の一輪。
c0305565_17400783.jpg







   今年は見るのを諦めていたキキョウソウに、ここで出逢えた。
c0305565_17402488.jpg







   蛍の話題が聴かれる頃、ホタルブクロも咲くんだね。
c0305565_17403450.jpg







   コバンソウにもここで逢えるとは思わなかった。
c0305565_17404822.jpg







   久々再会のヒゲナガガさんは、ホソオビヒゲナガの男のコ。
c0305565_17410124.jpg







   木くず?枯葉のゴミ? ガだと気づいたボクは偉い?
c0305565_17411189.jpg
付記:アカマダラメイガと、後日判明







   ベニシジミちゃん、せっかくだからなるべく前に回って・・・と。
c0305565_17412157.jpg







   おっ‼ このカラーは二重構造だぞ!
c0305565_17413713.jpg







   温室では、可愛らしいスリッパも咲いていた。
c0305565_17414812.jpg







   いつになくミッキーマウスの木に実がが鈴なり。
c0305565_17415875.jpg







   今年はヒスイカズラの当たり年かな?まだ続々と咲いて来きそう。
c0305565_17420936.jpg



c0305565_17421892.jpg


   落ちていた花をストレリチアの葉に乗せてみた。
c0305565_17422834.jpg

by h6928 | 2019-06-12 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日は朝から一日中しっかり雨が降り続き、
ついに関東も梅雨入りが発表になった。

せっかくの雨天は、
たまには撮影行を休みなさい、という
天からの思し召しだと勝手に解釈して休写日」に充て
体を休めることとした。

で、その余裕は
今月の3日に軽井沢レイクガーデンで撮った写真の
在庫がたっぷりあることに起因してのもの。

まだ同じ週内に使うことができれば塩漬けにしなくても済み、
フレッシュ度もたっぷりの内に載せられるから、
ちょうど良かったわけ。

それでは、鮮度の落ちないうちにどうぞ102.png






   白いハマナスみたいなこのバラ、静寂が似合う。
c0305565_17511638.jpg


   でも、ハチさんは遠慮なしの訪問者。
c0305565_17512885.jpg







   これって、コデマリで良いんだよね?
c0305565_17514303.jpg







   リクニス・フロスククリ(カッコウセンノウ)の白花も見られた。
c0305565_17515995.jpg







   ギョウジャニンニクのネギ坊主さん。
c0305565_17521735.jpg







   清々しい白いスイレン。
c0305565_17523646.jpg







   スイレン繋がりで、いろいろと。
c0305565_17524598.jpg



c0305565_17525779.jpg



c0305565_17534128.jpg







   マリアアザミの一番花が咲いていた。極小のアリさんが取り付いてる。
c0305565_17542781.jpg


   このアザミ特有の葉っぱが、また観賞価値を高める。
c0305565_17543898.jpg
 






  コンフリーは軽井沢で見ると、高原の空気が似合う園芸植物に見える。
c0305565_17545903.jpg







   低地ではもうとっくに終わっているアヤメが、今を盛りと咲いている。
c0305565_17551883.jpg

   これもアヤメの品種だろうか?
c0305565_17553007.jpg







   カキツバタもどんどん咲いてきている。白いのもそうかな?
c0305565_17554330.jpg







   ニゲラ・パピローサは、花後にはこんな姿に!
c0305565_17555767.jpg







   ベニバナトチノキは今が花盛り。よく見るとハチが来ているね。
c0305565_17561046.jpg







   ハナノキの実がクルクルと舞って、アナベルの葉っぱに降り立った。
c0305565_17562184.jpg

by h6928 | 2019-06-08 18:59 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 06/06 ) は、
梅雨入りを前にした最後の晴天?みたいで、
真夏日になるとの予報も出ていたので、
久しぶりになるけれど赤城自然園に行ってみた。

ここは標高にして
スカイツリーよりちょっと高めなくらいだから、
きっと涼しく過ごせるだろうとの計算も働いた。

それに、この頃お気に入りの軽井沢ばかりに行っていて、
赤城~の年パスの継続更新が延び延びになっており、
この機会にちょうど良いということでね。

で、意気揚々と車を飛ばして到着してみると、
なんかぁ~花が少な過ぎって感じ。

ちょうど端境期で、
春の花は終わって夏の花にはもう一息かな?
ってところだろう。

目の前に展開する景色は新緑から深緑に移り行く頃で
歩くには気持ち良いから、損は無い。

結局、花はと言えば
オオヤマレンゲ(オオバオオヤマレンゲ)が撮れたから
この際たっぷり見ていただこう。


そして、今日は一日雨降りで、梅雨入りが発表された。

雨足が強すぎるので、雫写真にも向かないから、
この際たまにはゆっくりしようと「休写日」にしたんさぁね。








   花の端境期なのに、良くぞ咲いていてくれたオオヤマレンゲたち。
c0305565_17340605.jpg



c0305565_17341765.jpg



c0305565_17342665.jpg



c0305565_17343713.jpg



c0305565_17344726.jpg



c0305565_17345535.jpg



c0305565_17351349.jpg



c0305565_17352390.jpg



c0305565_17354531.jpg



c0305565_17355862.jpg



c0305565_17361041.jpg



c0305565_17362000.jpg








   「自然」っぽくは無いけれど、ピンクのエゴノキの花も印象深い。
c0305565_17363551.jpg



c0305565_17364626.jpg








   連結して飛ぶクロイトトンボのカップル。
c0305565_17370126.jpg








   何気なく撮った、吸水に来た豹柄。クモガタヒョウモンだろうか?
c0305565_17371436.jpg



c0305565_17372573.jpg








   帰り際、愛車近くの木陰にホオジロ♂がいるのを見つけ、激写。
c0305565_17374924.jpg

by h6928 | 2019-06-07 18:22 | 季節もの・初夏 | Comments(6)


昨日 ( 06/04 ) は、曇りがちでも気温は高くなるとか、
予報では言っていたけれど
そう毎度のように涼しいところには行けない。

曇りなら、近くのタイサンボクも咲き始めたことだし、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行って
タイサンボクを撮ることにした。

近くのは咲いているのは見えても、
高木で見上げることしかできないから、
やっぱり花なら花柱を見られるのも無いと・・・・。

ということで、わりと手元近くで咲いてくれるのは
アンディ&ウィリアムス~しかない。

今回のカメラも超望遠の効くP1000に活躍してもらう。
(うん、バッテリーはしっかりチャージ済みだよ。)

で、行ってみるとタイサンボクも程よく咲いているし、
予想外に良く晴れて来たから、チョウも元気良く飛び回っていた。

ほかの花も色々撮れたのだけれど枚数が多すぎてもナンだから、
今回はタイサンボクとチョウに代表で登場してもらうことにした。








   満を持して撮りに行ったタイサンボクの花。いっぱい載せちゃう。
c0305565_17453453.jpg



c0305565_17454682.jpg



c0305565_17455798.jpg



c0305565_17462528.jpg



c0305565_17463661.jpg



c0305565_17464666.jpg



c0305565_17465800.jpg



c0305565_17470807.jpg



c0305565_17471916.jpg








   チョウチョでは、モンシロチョウをはじめとして、
c0305565_17473477.jpg



c0305565_17474685.jpg








   いつも見かけるツマグロヒョウモンや、
c0305565_17481698.jpg



c0305565_17483809.jpg








   お久しぶりのヒメアカタテハも撮れた。
c0305565_17485221.jpg








   他に、忙しそうなキアゲハや、
c0305565_17490570.jpg



c0305565_17491506.jpg
 







  アゲハも来ていた。
c0305565_17492632.jpg



c0305565_17493669.jpg

by h6928 | 2019-06-05 18:23 | 季節もの・初夏 | Comments(4)