タグ:山野草 ( 46 ) タグの人気記事


昨日 ( 08/18 ) も一昨日ほどではなくとも
暑くなるとのことで、
今度は赤城でも自然園ではなく
山そのものの覚満淵まで行ってみた。

そう言えば赤城山って今年は初めてだったかな?

麓から見ても山には灰色の雲がすっぽり覆い被さっていて、
下手をすれば雨が降っている可能性さえありそうな・・・。

でも、実際に着いてみれば気温は23℃ほどの涼しい曇り空。
下界の猛暑騒ぎから解放されて
日中でも寒いくらいのところで過ごせるのは嬉しい。

写真の方は観察路から外れないように
「良いコ」を決め込んで辛抱しながら撮る。

大切な自然はルール違反無しで、いつまでも残さねば、ね。





   キンミズヒキの花後。この実が熟せば「引っ付き虫」で拡散。
c0305565_17420811.jpg





   ワレモコウの頭花をアップで撮ると、こうなんだ!
c0305565_17422576.jpg





   とまっているよ 竿の先  赤とんぼはそうなんだね。アキアカネ。
c0305565_17423807.jpg





   シュロソウの花って、ずいぶん久しぶりに見た気がする。
c0305565_17425134.jpg





   ススキの穂とワレモコウの共演。秋だなぁ・・・と実感。
c0305565_17431174.jpg





   セリ科の中ではちょっと個性的な、ノダケの花も咲いていた。
c0305565_17433590.jpg





   ゴマナかな?背が高く野性味あふれる野菊。
c0305565_17435327.jpg





   まだ咲き始めたばかりのタムラソウ。アザミそっくりでも棘無し。
c0305565_17440985.jpg





   今回初めて存在に気が付いた、ニッコウナツグミ?の実。
c0305565_17443540.jpg



c0305565_17444454.jpg





   高原では今頃までネジバナが普通に咲いている。
c0305565_17450969.jpg



c0305565_17451829.jpg





   そのネジバナで見つけたのは、アオイトトンボ。
c0305565_17453134.jpg





   顔まで赤くなっていた、コノシメトンボ♂。
c0305565_17454125.jpg





   愛の交換中のナキイナゴ。もっと横から撮りたかったけど・・・。
c0305565_17463879.jpg





   水の透明度が高いから、水中採餌中のカルガモの首が見える。
c0305565_17455340.jpg



c0305565_17460498.jpg





   最後に、この撮影の舞台となった覚満淵の風景。
c0305565_17465275.jpg

by h6928 | 2019-08-19 18:50 | 季節もの・初秋 | Comments(8)

昨日 ( 08/17 ) は、
台風から変わった温帯低気圧に向かって
西からの風が高い山を越えて吹込むから
関東地方はフェーン現象で気温が上がるとの予報が出ていた。

命の危険があるとかまで言われれば、
さすがにまだ死にたくない。

だから、少しでも高いところに、と
赤城自然園で撮ることにした。

前回、P1000で欲張り撮りをしたから
今回は70D&マクロ100mmセットで
小さなものを中心に撮ろうと。

中でも、一番の狙いはマツカゼソウ。
ここでは誰もが(と言っても良いほど)
レンゲショウマ狙いで来ている。

マツカゼソウは入園ゲートから程近い所に
たくさん咲いているのに、
写真を撮っている人って・・・・いない‼

 なんでぇ~‼こんなに可愛いお花なのに
だぁ~れもが無関心。

ちょっとした山地に行けば案外見られる花だけれど、
かく言うボクだって割と最近まで無関心だったから
人のことは言えないか106.png

姿からは想像できないけれど、
ミカン科のメンバーだけに葉をもむと良い香りがする。

園の栽培物はそんなことをしちゃぁイケナイけれど、
野山で出逢った時には葉っぱの一枚も失敬して、
香りも楽しむんだいネ。





   松林を吹き渡る風のような・・・イメージの、マツカゼソウ。
c0305565_17404268.jpg



c0305565_17410399.jpg



c0305565_17411828.jpg



c0305565_17413515.jpg



c0305565_17415054.jpg



c0305565_17421749.jpg
 




  ちょっと雰囲気が似てるね、ミズタマソウ。
c0305565_17423952.jpg



c0305565_17425936.jpg





   鳴らないけれど緑の風鈴・・・って、ツリバナの実。
c0305565_17431207.jpg





   今年はなぜか、まだまだアジサイの新鮮な花が見られる。
c0305565_17442578.jpg





   レンゲショウマはここでは食傷気味。美人は三日で飽きるって、分かる気が。
c0305565_17455413.jpg



c0305565_17462260.jpg



c0305565_17463511.jpg



c0305565_17464980.jpg





   オトコエシって、切り花にすると悪臭が凄いって。男は臭いの?
c0305565_17472576.jpg





   キセワタは「着せ綿」が語源とか。そう聞くと涼しさ半減119.png
c0305565_17474657.jpg





   ハナトラノオにいたアシグロツユムシは、まだ幼虫。
c0305565_17480081.jpg





   最後はちょっと暑苦しい?ムカゴが無いからコオニユリっぽい。
c0305565_17481477.jpg

by h6928 | 2019-08-18 18:31 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

二日連続・榛名湖畔で


一昨日に榛名に行って涼しかったので、
昨日 ( 08/06 ) もそれに味を占めて
連続して行ってしまった。

行く前に山の方を見ると
雄大積雲がモクモクと立ち上がっていて、
この分ではさぞかし涼しいか、
もしくは雷雨の真っただ中?
なんて心配までしてしまった。

が・・・さにあらず、逆だった。
あの雄大な雲はどこへ行ってしまったの?って感じで
っかり青空が広がり、真夏の太陽が燦々と・・・
なんたることか‼暑いじゃないの( ゚Д゚)

せっかく榛名まで来て32℃くらいはある。
なるべく日陰で過ごしながら、
消えてしまった雲を恨みたいき・ぶ・ん。

これこそまさに「雲散霧消」だ。

せめて、カラスアゲハの吸水が撮れたのが救いだね。





   ダイコンソウは、葉がダイコンに似てるって!? ボクにはそうは思えない。
c0305565_17404461.jpg


   それよりこの、独特な実の形から名付けて欲しかったなぁ。
c0305565_17410255.jpg





   キツリフネは、ツリフネソウと違ってシッポが渦巻きにならない。
c0305565_17411373.jpg





   この時期、遠くからでも存在が知れる、フシグロセンノウ。
c0305565_17413456.jpg



c0305565_17414792.jpg



c0305565_17420206.jpg





   和製・野草のアスチルベ、チダケサシは草原が似合う。
c0305565_17422370.jpg





   ナンテンハギはアサマシジミの食草。チョウは捕らないでほしいよね。
c0305565_17423906.jpg





   もうボタンヅルの花期だったんだ。いつの間にか黙して季節は進む。
c0305565_17425628.jpg





   「病葉」と書いて「わくらば」。不思議な色に染まるものだ。
c0305565_17430815.jpg





   ガガンボさんはまだ勉強不足で誰がどれやらわからん・・・。
c0305565_17432536.jpg





   アキアカネの男のコは、もう赤くなったのがたくさんいる。
c0305565_17433829.jpg



c0305565_17434957.jpg





   アオフキバッタの幼虫・成虫の区別は、写真だけではつけにくいなぁ。
c0305565_17440356.jpg





   ワンちゃんのウ○チを放置したのは誰?おかげでアカタテハが撮れたけど。
c0305565_17442216.jpg





   水際に吸水に来た、(ミヤマ?)カラスアゲハの男のコにストーカーして・・・
c0305565_17443613.jpg


   無駄撃ちをいっぱい出した挙句、何とか吸水場面と撮ることができた。
c0305565_17444988.jpg


   部分拡大して見ると、お尻から水滴が出ているのが写ってる。
c0305565_17450272.jpg

by h6928 | 2019-08-07 18:26 | 季節もの・夏 | Comments(4)


予報による暑さのピークはもう越えたはず?なのに、
猛暑は相変わらず続いている。

昨日 ( 08/05 ) だってやっぱり朝から青空で
降水確率は日毎に低い数値で発表される。

雷雨に気を付けようとか言われたって
このところとんとその気配も無い。

そんな訳で昨日も午前中は家でゴロゴロしていて、
午後になって一番暑い時間帯を榛名で過ごすことにした。

さすがに榛名、涼しいなぁ。気温26℃はありがたい。
あまり歩き回らずにチンタラサボりながら撮っても
意外に新しい出逢いもあって嬉しい。

問題は、家に帰った後に
温度の落差が大きすぎるのが辛いんだいねぇ。




   ウバユリは刈られずに残されて、そこかしこに花が見られる。
c0305565_17410164.jpg





   良く育って咲いたミソハギに、ジャノメチョウが2頭来ていた。
c0305565_17413491.jpg





   ソバナは8月の花。春の若菜は美味しい山菜。
c0305565_17421806.jpg





   タマガワホトトギスがいい味を醸し出していたよ。
c0305565_17425818.jpg



c0305565_17424317.jpg





   やや湿った林床が好きなクサアジサイ。今が旬。
c0305565_17431373.jpg





   豪快なヤマユリ。まだ間に合った。
c0305565_17433109.jpg





   へぇ~!ここにクロイチゴがあったんだ‼ 初見初撮り。
c0305565_17435344.jpg





   なんとも可愛いタニタデの花と実は、息を止めプルプルしながら撮った。
c0305565_17441861.jpg



c0305565_17443812.jpg



c0305565_17445307.jpg



c0305565_17451063.jpg





   豪快な花火みたいなシシウドの花も咲いていた。
c0305565_17453038.jpg





   メタカラコウにはミドリヒョウモンの男のコが来ていた。
c0305565_17454204.jpg



c0305565_17455847.jpg




   刈られて復活したシシウドに、産卵に来たキアゲハ。
c0305565_17461926.jpg


   ムラサキツメクサで吸蜜していたコも。
c0305565_17464088.jpg



c0305565_17465087.jpg

by h6928 | 2019-08-06 18:36 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 06/12 ) は晴れ間は覗いたものの不安定な天候で、
いつ雨が降りだすか分からない空を見上げながらも、
梅雨時には欠かせない水沢観音のユキノシタを
見に行ってみた。

今年は色々な花が遅れているだけに心配したけれど、
ガッカリしない程度には咲いていてくれたので一安心。

カメラは相変わらず8000D+マクロ100mmのセット。

なんか、ボクって一度始めると
しばらくそれが続く癖があるのかな?
柔軟性の乏しい(適応力不足?)頭の固いタチだから?
しばらく繰り返さないと馴染めないのかもしれない。

ともあれ、変わりやすい山の天気にビクビクしながらも
何とか今年も変わり映えの無い写真が撮れたから、
まぁいっかぁ!だ。

マンネリ?うん、気にしても仕方ないんで、
大いなるマンネリズムを満喫しちゃおう。

(って開き直っちゃったよ(^_^;) このオッサン。)
と、陰の声が聞こえてきそう。






   今年もまた見ることができた、ドッサリのユキノシタ。
c0305565_17495246.jpg



c0305565_17500249.jpg



c0305565_17501349.jpg



c0305565_17502624.jpg



c0305565_17503761.jpg



c0305565_17505035.jpg



c0305565_17510241.jpg



c0305565_17511678.jpg


   この葉の模様って徳川家の三ツ葉葵紋に似てるなぁ。
c0305565_17512812.jpg



c0305565_17592805.jpg



c0305565_17514198.jpg







   苔生した千手観音の石像が印象的だった。去年までは気付かなかったのに。  
c0305565_17594560.jpg








   カラスビシャクの花は、マムシグサと基本は同じでも、全然可愛い。
c0305565_17520459.jpg


   三つの小葉に分かれる付け根に、小さなムカゴを見つけた。
c0305565_17521417.jpg







   湿っぽい日が続いたからかな? コケも瑞々しい。
c0305565_17522919.jpg







   境内の隅々に、それでも遠慮がちに咲くヤマブキショウマ。
c0305565_17524252.jpg







   森の中、たった一株だけギンリョウソウを見つけた。
c0305565_17530296.jpg







   ヒメジョオンの花をこんな風に撮ってみたのは初めての試み。
c0305565_17531289.jpg

by h6928 | 2019-06-13 18:52 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日は6月の初っ端からカラッと晴れる上天気だったけれど、
天気が良すぎて無理をし過ぎる恐れがあったので、
自重して家でゴロゴロしていることにした。

翌日(今日のこと)が曇りの予報だったので
撮影なら先送りにした方が却って良いか、
という計算もあってね。

で、今日載せるのは先月30日に碓氷湖で撮れたものから、
例によって厳選してアップすることにした。

下に行くほど虫さん系が登場するので、
苦手な方は途中まででやめておいた方が無難かも105.png

最後まで見られた方は偉い‼
と言ってもコトバだけで何も出ませんが、悪しからず。








   マメ科の花とは思えない、イタチハギの花序。小さな虫が・・・。
c0305565_17585949.jpg








   やっと咲き始めたコアジサイの花。もう梅雨も近そう。
c0305565_18001741.jpg








   オカタツナミソウの花は、本当にひっそりと路傍に咲いていた。
c0305565_18002860.jpg



c0305565_18003763.jpg








   我ながら良くぞ見つけた、ハンショウヅルの花。
c0305565_18004820.jpg








   ツツジの害虫で知られるルリチュウレンジが、卵を産んでいた。
c0305565_18011951.jpg








   コメツキムシが、今まさに飛ぼうとしている瞬間。
c0305565_18013421.jpg








   小っちゃくてまぁるいマルウンカ。いざとなると飛んで逃げる。
c0305565_18015047.jpg



c0305565_18015934.jpg








   ハサミツノカメムシの♂。ここではこれによく似たカメさんが色々。
c0305565_18022272.jpg








   いつの間にか成虫になっていた、アカスジキンカメムシ。
c0305565_18023349.jpg








   ゴミに紛れた見事な擬態の、ゴミグモ。頭を下にして動かない。
c0305565_18025322.jpg


   獲物が獲れたのでゴミから離れたゴミグモ。頭を上にしている。
c0305565_18030460.jpg








   碓氷湖では毎度おなじみの、デーニッツハエトリさん。
c0305565_18032166.jpg



c0305565_18033015.jpg








   触るな危険‼のドクガ終齢幼虫。黒くて短い毛が毒針毛。
c0305565_18034196.jpg

by h6928 | 2019-06-02 18:43 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 05/27 ) も
相も変わらず真夏並みの暑さになって、
やっぱり少しは涼しいところを求めて
榛名神社の参道辺りで撮ることにした。

特に何を撮ろうという目的もなく、
適度に涼しく過ごせれば良いんさぁね、
なぁ~んてお気楽に考えて、ね。

左目の手術からまださほど経っていないので、
汗が目に入るのはどうしても避けたいから、涼しいに限る。

で、この神社の参道はけっこう急傾斜なので、
ゆっくり歩いても案外汗ばんでくる。

すぐそばを渓流が流れていて
鬱蒼たる杉木立に覆われているから
当然のごとく湿気も多い。

気温も計らないけれど思ったほど低くはない。
だから、本当にダラダラとカメの歩みで撮りながら進む。

おかげで元気な時なら
気付きもしないで通り過ぎるものまで見えてきて、
それはそれで結果オーライに繋がったようだ。

でも、目の前にウロチョロする小さな虫には迷惑を被った。
不快な虫のストーカーは数も多いから厄介だ。








   歩いていると、クワガタソウが所々で迎えてくれる。
c0305565_17453546.jpg



  
c0305565_17454517.jpg








   オオバユキザサは榛名ではよく見かける。
c0305565_17460270.jpg








   ミヤマハコベだろうか?清楚な白い花がひっそり咲く。
c0305565_17462218.jpg








   少しだけ、ヤマブキソウも見つけた。
c0305565_17463703.jpg








  何ネコノメかより、緑の容器に粒々が入る姿の可愛いさが優先。
c0305565_17465166.jpg



c0305565_17470531.jpg



c0305565_17471614.jpg



c0305565_17472513.jpg








   すぐ近くでも写せるほど身近な、ヒメウツギ。
c0305565_17474278.jpg


   断崖絶壁にも根を下ろして、案外逞しいお姫様。
c0305565_17475200.jpg








   捕まえた獲物をぐるぐる巻きにしている、クマダギンナガゴミグモ。
c0305565_17485873.jpg








   アサヒナカワトンボの女のコが、良いところに止まってくれた。
c0305565_17495190.jpg








   まだカラフルさが抜けないニホントカゲ。見つかって慌て気味。
c0305565_17481090.jpg



c0305565_17482020.jpg


   成体になったトカゲさんは、行動も大胆で堂々としていた。
c0305565_17483126.jpg



c0305565_17484095.jpg








   三重塔の最下層を飾る金ぴかの獅子の1頭を仰ぎ見て。
c0305565_17491262.jpg

by h6928 | 2019-05-28 18:57 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

雨の榛名神社界隈で


昨日 ( 04/24 ) は、曇り後雨の予報でも
雨は夕方になってからとのことだったので、
半信半疑ながらとりあえず撮りに出てみた。

行った先は榛名神社の参道から砂防堰堤辺りまで。

が、なんとまぁ天気予報の嘘つきめ、
道中の半分も行かないうちに降り始めちゃったよ。

でもそう大した降り方でもないし、
今更引き返す勇気もないし、
流れに任せて行っちゃうことにした。

神社の無料駐車場に車を止めて、
いざ歩き始めると外は寒い。

車の外気温計は11℃の表示だったもの、
つい最近真夏日にさえ遇っているから、寒い。

透明ビニール傘をさしながら、
人通りも少ない参道を中心に
スミレやネコノメソウなどを撮り歩く。

そしてやっぱり感じるのは、
去年より春の来るのが遅れているという現実。
これだけでも撮れたのが幸運だと言えば、まさにその通り。

帰りには榛名湖畔まで回って
伊香保経由で帰ってきたけれど、湖畔はまだ冬景色。
渋川総合公園ではサクラがちょうどいい頃だった。
まぁ、天気が天気だけにスルーしてきたけどね。

意欲不足かな?






   ヒナスミレは早咲きで、ここでも一番乗りかな。
c0305565_17354187.jpg



c0305565_17355749.jpg








   葉が斑入りになった、フイリヒナスミレも多い。
c0305565_17361272.jpg



c0305565_17362944.jpg
 






  タチツボスミレも、強健な性質を発揮して咲いていた。
c0305565_17372125.jpg







   マルバスミレはガレ場のようなところがお好き。
c0305565_17375781.jpg







   種名は不明として、ネコノメソウの花たちに出逢えた。
c0305565_17381453.jpg



c0305565_17382637.jpg



c0305565_17383994.jpg



c0305565_17385152.jpg







   オヤマボクチの出たての若葉。昔は草餅にも使ったとか。
c0305565_17391295.jpg


   これは去年の花が枯れたもの。
c0305565_17392178.jpg







   ヤマエンゴサクかな?見られたのはほんの数株。
c0305565_17393802.jpg



c0305565_17394946.jpg







   シロバナエンレイソウはまだ早く、この花だけ見つけた。
c0305565_17400343.jpg







   名前は判定できないけど、ヤナギが花盛り。
c0305565_17401619.jpg







   ここに来ればこの岩は撮りたくなる。下の黄色いのは☝のヤナギ。
c0305565_17402763.jpg

by h6928 | 2019-04-25 18:52 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/18 ) は、晴れて気温も上がり
絶好の撮影日和になった。

平地では夏日になるかもしれないので、
標高が高いところなら快適かと、
久々に赤城自然園に行ってみた。

赤城を代表する花・アカヤシオが咲くシーズンだとのことで、
先ずはそれを目的に撮るつもりだった。

でも、いざ着いて歩き始めてみると、
至る所にアカヤシオが目について、撮る前にもう食傷気味。

それよりも、
麓ではもう終わってしまっているカタクリがあったり、
高原ならではの花が多過ぎない程度に咲いていて
どうしてもそっちを優先に撮ってしまっていたのだった。

そしてまた、高原と言えども想像した以上に暑い。
用心して厚めの服装で来たから、
汗ばむけれど荷物になるから脱ぎたくもない。

こんなに暑くなるなら前もって
脱いで車において来ればよかった
と思っても後の祭り

我慢して歩くだけでなく、
背の低い花などを撮るには当然のように
立ったり座ったりの繰り返しで
けっこう疲れた。

この時期、今年は特に服装の選定には要注意だね。






 
   アカヤシオを撮りに行ったはずなのに、意外と撮っていなかった。
c0305565_17595814.jpg



c0305565_18000928.jpg







   ここのカタクリは密集していなくて、あちこちに点々と生えている。
c0305565_18003446.jpg



c0305565_18004444.jpg







   ヤマウグイスカグラは、小さな実も見えていた。
c0305565_18010227.jpg







   ハシリドコロは、誤食すると苦しさで走り回るという毒草。
c0305565_18011542.jpg







   ヤブレガサの名は本当に体を表す、ピッタリな命名だねぇ。
c0305565_18012946.jpg






   木漏れ日に咲くキクザキイチゲ。
c0305565_18014695.jpg






   これ、外国産のイチリンソウかな?
c0305565_18015887.jpg






   シラネアオイはまだ「はしり」だから?小ぶりで可愛い。
c0305565_18023486.jpg






   ワサビの花もひっそりと。
c0305565_18024712.jpg







   ミズスマシの池の傍、ミズバショウが咲いていた。
c0305565_18030676.jpg







   暖かさに誘われて、ミヤマセセリが日光浴。
c0305565_18032376.jpg


   キタテハも。
c0305565_18034179.jpg


   ヒオドシチョウも。
c0305565_18035225.jpg


   はたまた、小っちゃいニホンカナヘビも。
c0305565_18040712.jpg

by h6928 | 2019-04-19 19:07 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 03/21 ) は朝のうちは
弱いながら雨が降っていたりしたけれど、
午後には晴れると天気予報で気象予報士が言い、
その言葉が終わるか終わらないうちに、
外を見ると薄日が差してきた。

なんと皮肉なことか、とは言え
「所により」そんなこともあるさ。

回復が早いのは歓迎して、
午前中から出かけることにした。

行った先は一週間前にろくすっぽ
花が咲いていなかったみどり市のカタクリの里。

着いた頃には
夏が来てしまったような暑い晴天になっていて、
たった一週間の違いでこうもたくさん咲いているか‼
と驚くくらい花数が増えていた。

その割には見に来ている人は少なく
撮影にもあまり支障が出ずに当たれたのは良かった。

今回はP1000の能力を目いっぱい出せるように
撮り方もちょっとばかり工夫してみた。

晴れたおかげでアズマイチゲもアマナも花開いてくれて
さあ、こうなると、後は撮影者の腕次第だね。






   手近な花はバリアングルモニターで見ながら広角接写。
c0305565_17413552.jpg



c0305565_17414556.jpg


   なだらかな起伏を利用して、背景を暈す撮り方も試みる。
c0305565_17420557.jpg



c0305565_17421624.jpg



c0305565_17423722.jpg



c0305565_17424855.jpg



c0305565_17430087.jpg



c0305565_17431278.jpg


   引き上げる前にも広角接写で〆る。
c0305565_17432270.jpg






   アズマイチゲは、お日様が出てると上を向いて咲き誇る。
c0305565_17433253.jpg



c0305565_17434173.jpg



c0305565_17435451.jpg






   国産野生のチューリップ、アマナも元気に咲いていた。
c0305565_17441340.jpg



c0305565_17442519.jpg






   昨夜の空は薄雲がかかって、満月に見られた光環を撮ってみた。
c0305565_17443797.jpg

by h6928 | 2019-03-22 18:24 | 季節もの・春 | Comments(4)