タグ:山野草 ( 57 ) タグの人気記事

先ずはセンブリから


昨日 ( 10/13 ) は台風一過の晴天が広がり、
気温も高くまるで夏が戻ったかのような陽気になった。

一昨日は台風のおかげで写真が撮れなかったから、
その欲求不満をぶつけるべく、
思いっきり撮ることにする。

で、行った先は伊香保の手前にある群馬県憩の森。

そこの管理棟の前庭にセンブリが咲くので、
先ずはそれをしっかり撮っておく。

次いで、渋川総合公園も含めて歩き回り、
色々撮りまくってきた。

ここは意外に台風の影響は受けなかったようで
ハリエンジュが何本か倒れているのが目立つくらいだった。

軽石でできた土壌が大量の雨も吸収してしまったのだろうか?
何が幸いするか、大自然は奥が深すぎて分からないことばかりだ。





   この日の一番の狙い、センブリを先ずは押さえねばね。
先ずはセンブリから_c0305565_17304657.jpg



先ずはセンブリから_c0305565_17305539.jpg



先ずはセンブリから_c0305565_17310610.jpg





   フユノハナワラビの胞子葉。栄養葉と一緒には撮れなかった。
先ずはセンブリから_c0305565_17312438.jpg





   イヌワラビだろうか?逆光に透けた葉が綺麗。
先ずはセンブリから_c0305565_17313627.jpg





   枯れた切り株の上に成長を始めたハイゴケに目が止まった。
先ずはセンブリから_c0305565_17314926.jpg





   イチイの実を見ると、やっぱりガチャピンの目を連想する。
先ずはセンブリから_c0305565_17321240.jpg





   今年のツリバナの実は不作。天候のせいだろうか?
先ずはセンブリから_c0305565_17322345.jpg



先ずはセンブリから_c0305565_17323328.jpg





   マムシグサの実は反対色同士が同居して、目立つね。
先ずはセンブリから_c0305565_17324939.jpg





   タケニグサの実も秋の風物。もうちょっと枯れると良いかな。
先ずはセンブリから_c0305565_17331338.jpg





   イノコズチに絡んでいたカナムグラに雌花が見られた。
先ずはセンブリから_c0305565_17332613.jpg





   クモはワカバグモの男のコ。でもこの花って何者?図鑑に載ってない。
      クルマアザミ(車薊)と判明。ノハラアザミの変形で、翌年には普通の形態に戻ってしまうことも
      多いそうで、単なる形態変異で変種には当たらないそうだ。
      (軽井沢レイクガーデンのヘッドガーデナーさんに教えていただきました。)
先ずはセンブリから_c0305565_17335025.jpg





   赤ちゃんのギンメッキゴミグモ。巣はまだゴミ屋敷になっていない。
先ずはセンブリから_c0305565_17340063.jpg





   オオアオイトトンボの男のコもいた。
先ずはセンブリから_c0305565_17341908.jpg


   珍しくお腹側からも撮れた。
先ずはセンブリから_c0305565_17343741.jpg





   遠目にはシラカバかと思ったけど、どうやらヤマナラシのようだ。
先ずはセンブリから_c0305565_17345551.jpg





   ヤマザクラの切り株で見つけた、たぶんマスタケ。
先ずはセンブリから_c0305565_17350605.jpg

by h6928 | 2019-10-14 18:52 | 季節もの・中秋 | Comments(0)


遠い南海上に台風がいるというのに、
昨日 ( 10/09 ) は良く晴れて清々しい天気になった。

せっかくの好天も貴重な晴れになるかもしれないので
有効利用しようと赤城自然園で撮ることに決めた。

前回はアサギマダラのピークだったから
佃煮にできそうなほど撮れたけれど今回はどうかな?と
それでもゆとりを持って撮れるかと思っていた。

でも、それは甘かった。もうほとんど見かけない。
よくよく探してその努力の結果、
思いがけないところでチラホラ見えればよい方。

かなりお疲れなコもいて、
ここで命が燃え尽きそうなコさえ・・・・。

台風が土日にかけて上陸する恐れもあるとかで、
旅を続けるアサギさんたちはなるべく西へ逸れて飛んだ方が良いよね、
って、言葉は通じなくともアドバイスしたいくらい。

ともかく、人も虫も鳥たちも台風の被害に遇いませんように。





   花を独り占め、ホソヒラタアブを牽制している、アカタテハさんから。  
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17393253.jpg





   花から花へ、移り気な浮気者? のヒメクロホウジャクさん。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17394769.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17395778.jpg





   ホシホウジャクさんも御同様。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17402861.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17404154.jpg





   なるべく太陽光を浴びようとの努力かな?ニホンカナヘビさん。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17405897.jpg





   ハバヤマボクチはずいぶん背丈が伸びる。ボクより高身長も。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17411101.jpg





   キジカクシの実はこんな色になるんだ!なぁるほどぉ~。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17412457.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17413487.jpg





   えっ!? この時期にまだノカンゾウ! アブラムシは付き物だね。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17414903.jpg





   前回から一転、激減していたアサギマダラ。元気で旅を続けなよ。
赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17421690.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17422952.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17424073.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17430041.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17431771.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17433214.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17434164.jpg



赤城自然園で ラスト浅葱 など_c0305565_17435441.jpg

by h6928 | 2019-10-10 18:25 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 10/02 ) も
なんだかんだ言っても晴天が続いていて、
気温も高く10月になったとは思えないような陽気だった。

それでも、秋ともなると
大塩湖でゴキヅルを見たくなり、
最悪、それだけしか撮れなくとも良いや、
くらいのつもりでその大塩湖に行ってみた。

人造湖を巡る道沿いは丁寧に草刈りがされており、
道沿いでの野草やら虫たちを撮るのは絶望的だったけれど、
それでも探せば色々見つかるもので、
さすがボクにはハイエナとしての素質は有りそう。

それを素直に喜んでいいのかは別として・・・・。

肝心のゴキヅルは、今年も健全で、
管理者サイドにも刈り払われることなく
繁茂していたのが嬉しい。

ゴキヅルは、水辺に生えるウリ科の蔓植物で、
分布は全国的らしい。
その割にボクが見て知っているのはここしかない。

「ゴキ」と言えば、
後に出世魚の一つの名前が続く、アレを連想しがちかも。
でもあちらは「御器」が語源で、こちらは「合器」。

まるでガチャガチャ(ガチャポン)のカプセルのような実に、
二つの種が合わさって収まっている「合器の蔓」
からきた名前とのこと。

「御器被り」さんとは縁もゆかりもございません!
と口があれば言いたい・・・のじゃなかろうか?

それにしても・・・・、
どうしたらこんな進化ができるのだろう?

そう思わせる不思議さに惹かれて、
毎年ここに撮りに来るのだった。





   大塩湖への細道付近の光景。稲刈り跡のヒガンバの向こうに休耕地が。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17403787.jpg





   野良キュウイ? 前回見た時より更に熟していそう。美味しいのかな?
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17405057.jpg





   ここのミゾソバは、園芸種かと思えるほど色が濃く、また美しい。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17410798.jpg





   枯れ行くスゲの仲間かな?面白い形の向こうに、ミゾソバの群落。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17412049.jpg





   湖面をのぞき込むかのような姿の、アブラススキたち。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17413537.jpg





  杉木立がつくる暗がりで、木漏れ日下に咲くツリフネソウ。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17415215.jpg





   キバナアキギリは、刈られる範囲外のが助かっていた。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17420728.jpg





   木からぶら下がっていたクズの蔓。逆光に透けた葉と実を狙った。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17422376.jpg





   今年もゴキヅルを撮りたくて、その願いは叶った。

   木道に伸びた蔓に花が咲いていた。雌雄同株で、これは雄花かな。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17424434.jpg


   雌花は他のウリ類のように、花の下にミニ瓜が控えている。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17425934.jpg


   木道の上に伸びた蔓に実がなっていたので撮影向き。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17431583.jpg


   もう少しアップにしてみよう。こんな付き方。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17432831.jpg


   成長していそうな実を、三つ並べてみた。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17434515.jpg


   種はカプセルに二つ合さって、きっちり収まっている。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17440026.jpg


   貝合わせのように、同じ実のペアじゃないと合わさらないだろう。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17441197.jpg


   二つ並べてみたりする。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17442448.jpg


   こんな状況で繁茂している。耕作地だったら絶対刈られてるね。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17451456.jpg





   最後にジョロウグモ。大きな♀に命懸けの求婚しようと2頭の♂が。
大塩湖で 今年もゴキヅル ほか_c0305565_17443546.jpg

by h6928 | 2019-10-03 18:55 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

久しぶりの碓氷湖で 


このところずっと、
天気予報では傘マークが付いているのに、
いつも外れてばかりいる。

昨日 ( 09/30 ) もそうで、
多少雲は出て来るものの概ね晴天で気温も高い。

せっかくの良い天気なので、
久しぶりに碓氷湖で撮ることにした。

軽井沢までのちょうど中間地点になる距離で、
標高的にもやや高地、くらいかな。
同じ安中市でも市街地より涼しいし、
秋も早めに来るようだ。

そんな環境で、少し早い秋を拾ってみた。





   頭が重くて倒れても、横になって咲くオクモミジハグマが健気。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17303982.jpg





   カシワバハグマも日陰の花で、でも白さが目立つ。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17305165.jpg





   地味で、つい見落としてしまいそうな、セキヤノアキチョウジの花。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17310523.jpg





   ほとんど実を結んでいたマツカゼソウには、まだ花が見られた。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17311989.jpg





   黄色い和製サルビア、キバナアキギリもまだ咲いていた。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17313549.jpg





   この実はマルバノホロシだろうか?赤く熟したのも見たくなる。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17314562.jpg





   ヤブタバコにビッシリとピンクのアブラムシが‼アリさんのしわざ。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17320651.jpg





   ムラサキシキブ類にいる、イチモンジカメノコハムシ。
    背中の模様がワンちゃんの笑顔に見えたりして楽しい。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17321996.jpg





   ハートのカメムシ・エサキモンキツノカメムシ2態。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17323668.jpg



久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17325491.jpg





   赤い橋の欄干で、アカスジキンカメムシ終齢幼虫を。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17331399.jpg





   ゴミグモの幼体の、小さな巣をしっかり撮ってみた。
    巣の中心部に本人が見えるけど、凄い偽装工作だね。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17333285.jpg





   ここでのクモはデーニッツハエトリは欠かせない。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17334674.jpg



久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17335808.jpg



久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17340849.jpg





   このくすんだヒョウ柄さんは、ミドリのおばさん。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17342534.jpg





   ミゾソバに来たのは、ずいぶん黒っぽいけどキマダラセセリか。
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17343774.jpg





   ミズヒキに止まったのは、オオアオイトトンボかな?
久しぶりの碓氷湖で _c0305565_17345031.jpg

by h6928 | 2019-10-01 18:33 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/25 ) は、待ちに待った秋晴れになって、
この時期にと言えば、やっぱり赤城自然園でのアサギ撮り。

高原の爽やかな空気の中、
園内を歩けばすぐにもアサギマダラに逢える。
あちらにヒラヒラ、こちらにもヒラヒラ~と、
探す必要もないほど現れてくれる。

今年は特定の花に集まるというよりは、
園内のいたる所に分散して見られた。
おかげで、あちらこちらと目移りして
落ち着いて撮る気になれない。

撮るというより撮らされている感じて、
あっという間に900コマ近くまで行ってしまった。
結果的にどれもこれも同じようなのばっか‼

バカみたいだよぉ~103.png

それとは別に、最近どうしても見ておきたかった植物の、
キジカクシに出逢えたので、
それは証拠写真としてしっかりゲット。

最近、知らないでいるうちに
被子植物の分類がずいぶん変わっていると知り、
特に、旧・ユリ目ユリ科が大幅に変わったのだとか。

その一つに、
聞いたことのない名前・キジカクシが登場するのだった。
キジカクシ目キジカクシ科、なに?それ?
旧・ユリ目ユリ科のうちのあるグループだ。
しかもややこしいのが、
クサスギカズラ目クサスギカズラ科と
同じグループの別の呼び方もある。

どうせなら、目・科名を
もっと認知度の高いものから採れば良いのになぁ。
ってことで、まず
そのキジカクシなるものを見ておきたくなるよね。

で、見た結果、野生のアスパラガスじゃん (゚д゚)!
だったら、素直に
アスパラガス目アスパラガス科にすりゃぁ良いのにね106.png
って単純に思ったワケ・・・・。





 
   今がピークと言うだけに、凄い数のアサギマダラたち。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17432364.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17433408.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17434517.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17435569.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17440498.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17441490.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17442652.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17443740.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17444874.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17450194.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17451270.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17452531.jpg



主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17453695.jpg


   それでも、今年は例年より少ないのだとか。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17454790.jpg





おまけとして、探していたキジカクシがあったので載せてみた。

   やっと、ここでお目にかかれたのがこれ、キジカクシ。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17460068.jpg


   属名がAsparagusだけに、見た目はアスパラガスそっくり。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17461174.jpg


   よく見ると、まだ未熟な実が付いていた。熟すと赤くなるそうだ。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17462422.jpg


   草丈は1mほどにはなるとか。なるほどキジも隠れられるか。
主役はアサギマダラ おまけにキジカクシ_c0305565_17463625.jpg

by h6928 | 2019-09-26 18:29 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

雨の榛名湖畔で 秋物


昨日 ( 09/24 ) は、
せっかくの良い天気だったのに、
朝から焦ったなぁ・・・・。

画像編集用に使っているPCが動かなくなっていたんだもの。

昨夜まで一応元気だったのに、何でぇ~‼って感じ。
これじゃぁ明日(今日の分のね)のブログの更新が出来ないじゃん。
ネットにつながるPCは大丈夫でも、写真が・・・・。

壊れる予感はあったんだよね、前々から。
一度は致命的エラーとかで死んでいたのが
奇跡的に復活しただけましなんだけど。
今度は突然死しちゃった。

で、急遽、写真コンテスト応募用に使っていた
デスクトップPCが休眠しているのを思い出して、
それを引っ張り出したわけ。

ブログを始めてから使わなくなって久しく、
動くかどうか心配したけど、
どうにかこうにか使えるようにした。

暑い日になったから、もう久々に汗だく。

一通り用意出来たら、
榛名湖畔まで大急ぎで撮りに行くと、今度は現地で雨‼
おまけに目ぼしいところは草刈りされて
踏んだり蹴ったりとはこの事か。
29日に榛名湖マラソンがあるとかで、その準備だったのだ。

でも、そこは根性で何とかして、
数は一応揃ったから良かったよ~。
それが以下の写真たち、ね。





   レイジンソウは、「麗人」じゃなくて「伶人」から来ているとか。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17283523.jpg


   花の形が、雅楽を奏する人の冠に似てるから、だそうだ。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17284875.jpg


   う~ん、雅楽か・・・・。俗人としては麗人の方に興味あり。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17285960.jpg





   ナギナタコウジュは、やっぱり薙刀型に見える方向から撮りたくなる。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17293486.jpg





   カメバヒキオコシは、カメさん形の葉っぱがユーモラス。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17294687.jpg


   「ヒキオコシ」は、薬効鮮かで倒れた病人も起き上がれるとか。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17295680.jpg





   雨の時は花が開かないことが多いのに・・・、ミゾソバ。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17302365.jpg





   近づけない所に咲いていた野菊。野菊は同定が難しいよね、と逃げるか。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17303520.jpg





   たぶん、ナンブアザミ。雨の日に撮ると一味違うかな。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17304875.jpg





   こののブドウは、今はこんな色。この先どう変わるのかな?
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17310557.jpg



雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17311781.jpg





   野生のホップともいえるカラハナソウの実。ビールには使えないのかな?
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17313281.jpg



雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17314398.jpg





   キアゲハ幼虫の各齢サンプル見本状態化していた、シシウド。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17320298.jpg



雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17321195.jpg





   オオバユキザサだろうか?赤い実が雨に濡れて綺麗。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17322653.jpg





   ミズタマソウにそっくりな、タニタデの実を何とかゲット。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17325646.jpg





   サッパリと草刈りされた後にも、復活していたのはキバナアキギリ。
雨の榛名湖畔で 秋物_c0305565_17324969.jpg

by h6928 | 2019-09-25 18:41 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


9月1日に
波志江沼環境ふれあい公園で
ナンバンギセルを撮ってから、
その後の様子がどうなったか気になって、
昨日 (09/16 ) ほぼ半月ぶりに行ってみた。

前回の時はまだ花が咲き始めたばかりだったから、
いわゆる「マドロスパイプ」みたいになっている花が少なくて、
ちょっと早すぎた感があったのだけれど、
さすがに秋も本番となるとすごいことになっていた。

去年までは発生していなかったススキにも
その辺一帯のほとんどの株に花が見られ、
今年は例年にない大発生になっていた。

ボクの拙い写真技術では
到底その大発生の様子は伝えきれないのが
なんとももどかしい。

そしてまた、
カイツブリの丘上がりやら、
カワセミの若様まで撮ることができて
思いがけないラッキーデーになったのだった。






   再度行ってみたナンバンギセルの群生地。驚くほどの花数だった。
ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17323918.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17325166.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17330505.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17331864.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17333816.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17335046.jpg


   ススキの株本のピンクっぽいのがみんなナンバンギセルの花。
ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17342232.jpg





   陸に上がったカイツブリの姿、珍しいでしょ146.png
ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17344323.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17345489.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17350742.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17351835.jpg





   枯れ始めたハスの池で、カワセミの若♂に出逢えてしばし遊べた。
ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17352945.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17353985.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17355337.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17360400.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17361464.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17364075.jpg



ナンバンギセルとカイツブリの丘上がりにカワセミまで_c0305565_17370224.jpg

by h6928 | 2019-09-17 18:11 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/14 ) は
珍しく寒いくらいの朝を迎え、それでも、
レイクガーデンでサクラタデが咲いたとの情報を得て、
この時期だから寒いのは覚悟の上で行ってみた。

前日までの予報では
一日曇りで寒くなるとのことだったので、
大事をとって長袖を着込んで行ったのだが、
現地に着いてみれば文字通り「天晴」な空が広がっていた。

撮影のほとんどは午後ということになるので
気温だって晴れればけっこう上がってくる。
それでもまだ我が家方面と比べれば格段に涼しいはずで、
長袖でも邪魔にはならないくらいで活動できた。

お目当てのサクラタデと、
さらにレイクのやさしい女神様情報で
スジボソヤマキチョウが出ていることも知り、
それを主に撮ったのだった。

カイツブリのヒナっ子も、
撮りたい気持ちは十二分にあったけれど、
育雛中の大切な時期に変なオジサンのストーカーは控えようと、
カメラもマクロ100㎜付8000Dというセットを選んだ。

これならカイツブリは絶対に無理だもんね。
邪念を断ち切るには有効だ。





   真っ青な空に真っ白なセンニンソウの花が映える、軽井沢の空気感。
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17382499.jpg





   枝に板状の翼ができないニシキギをコマユミという。これがそうかな?
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17383659.jpg





   咲き始めたサクラタデ。タデ見るオジサンも好きず113.png
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17390172.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17391435.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17392524.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17393760.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17395415.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17400600.jpg





   ヤマボクチの開花前の姿は、いつ見ても不思議がいっぱい。
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17420737.jpg





   ヤマキチョウに代わって、そっくりなスジボソヤマキチョウが。
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17402113.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17404089.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17405233.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17410716.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17412189.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17413262.jpg





   頭寒足熱って? 日陰に頭を入れていたシュレーゲルアオガエル。
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17422165.jpg





   タナグモ類の糸にまだ水滴が残り輝いていた。撮らぬ手は無いよね。
軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17424049.jpg



軽井沢レイクガーデンで 早い秋に親しむ_c0305565_17425052.jpg

by h6928 | 2019-09-15 18:41 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/12 ) は、
写真を休んだ後のせっかくの晴天だから、
久しぶりに川場村の青龍山吉祥寺に行ってみた。

例年、このお寺のすぐ目の前の田んぼに
少し早咲きのヒガンバナが咲き、
イネも黄金色に近くなっているはずで、
労せずしてヒガンバナと黄金色のイネが撮れてしまう、
そんな安直な発想でね。

でも、イネは黄金色っぽくはなっていたけれど、
今年はなぜかヒガンバナの数が寂し過ぎた。
おいそれと楽はできないなぁ・・・、って嘆きも出る。

でもでも・・・また思いがけない拾い物もあるもので、
近くの休耕田に今年から植えられていた育成中のハスに、
なんと花が咲いているではないか‼

普通、午後になるとハスの花って
開花期でも閉じてしまうのに、
14時ごろになってもしっかり咲いている。

季節外れに咲くと時刻の感覚が鈍ってしまうのかなぁ。
植物の不思議をまた一つ新たに発見したのだった。





   ここのカキツバタは二季咲きで、今見られるのが嬉しい。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17314248.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17315459.jpg





   アジサイの味な彩り。言ってみれば味彩、ってね、寒かったらゴメン105.png
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17321492.jpg





   緑のトウモロコシみたいな、マムシグサの実。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17322871.jpg





   もうちょっと透け透けになっていたらなぁ、惜しい。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17324462.jpg





   今年は見損ねたと諦めていたサギソウ。ここで見られて良かった。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17330458.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17331932.jpg





   この時期、境内のそこかしこにシュウカイドウが咲いている。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17333894.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17334997.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17335922.jpg





   「育成枠」だからまだ小さいけれど、将来が楽しみなニシキゴイたち。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17341481.jpg





   近くの田んぼで、少し早咲きのヒガンバナ。今年は本数が寂しい。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17342974.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17344049.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17345219.jpg





   なんと‼9月中旬にハスの花‼しかも午後なのに。
とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17350914.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17351806.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17352740.jpg



とっておきは、この時期にハスの花‼_c0305565_17353651.jpg

by h6928 | 2019-09-13 18:16 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日は、午後には前線の影響で
天気が大荒れになるとの予報が出ていたし、
午前中には家の雑用もあったことだし
大事をとって撮影に出るのはやめておいた。

案の定、激しい雷雨が来て、
それが去ったと思えば第二波、第三波まで来る
というご丁寧ぶり。

出かけないでいて大正解だったわけ。

そんな訳で、
今回のは前回に引き続き赤城で撮れた続編を。
せっかく赤城まで行って、トンボだけじゃぁ物足りん、
って欲張って色々撮っておいて良かったよ102.png





   ここで見られるとは知らなかった、アケボノソウと逢えて嬉しい。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17302061.jpg



赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17303160.jpg





   花屋さんで見るリンドウの原種と言われる、エゾリンドウ。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17304645.jpg





   下から白昼堂々と撮って中まで見えちゃった、トリカブトですよ128.png
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17310129.jpg





   アキノウナギツカミ? ウナギは掴めても素手では痛そうだなぁ。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17312453.jpg





   ノダケに来ているのは、アブさんやハエさんかぁ、つまんなぁ~い。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17313621.jpg





   水辺近くで咲いていたアキノキリンソウは、背景処理に大助かり。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17314603.jpg





   ゴマナの花は、どうしたわけか目立たない虫たちが集う。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17315794.jpg





   ヤマアジサイの、裏の顔を見せている姿も渋いねぇ。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17321439.jpg





   ススキの穂が風に揺れて・・・秋だなぁ。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17322753.jpg





   ノハラアザミにウラギンヒョウモンさん。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17324548.jpg





   笹の葉の上で、多少緑色っぽく見えるミドリヒョウモン女子。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17325702.jpg





   ホソエノアザミにアカタテハさん。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17331007.jpg





   ノハラアザミにオオチャバネセセリちゃん。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17332570.jpg





   顔のあるカエデの葉に、水底から呼びかけられた気がして、つい一枚。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17335311.jpg





   こんなコケを見ると、コケ女でなくても撮りたくなるでしょ?
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17340545.jpg





   おまけに、リードを付けて散歩に来ていた、ベンガル種のネコちゃんも。
赤城の覚満淵で 昨日の続編_c0305565_17341702.jpg

by h6928 | 2019-09-12 18:23 | 季節もの・初秋 | Comments(2)