タグ:安中市 ( 39 ) タグの人気記事


昨日 ( 06/24 ) は、いかにも梅雨時らしい
気まぐれ天気になった。

午前中はしっかり真面目に雨が降っていたから、
外に出る気も起きなかったけれど、
午後になると雨が上がって晴れ間さえ見え、
日差しも出て来たり。

それじゃぁ、と出かける気になると
いつの間にかまた雨がザアザア・・・。
どうしようか?迷いながらも、
出した結論は傘をさしてのカメラ散歩。

悔いを残さないようにね。

そう言えば今年は、
こうした雨の日の近所歩きから遠ざかっていたような。
ちょうど良い機会だし、
内臓脂肪も蓄えるだけじゃなく減らさなければね。

ってことで歩いてみれば、
去年は全く出逢えなかったラミーカミキリに
なんと! 2頭も出逢えたから嬉しい。

いる所には普通種でも、
我が家あたりでは分布域の境界線なのだろうか?
比較的希少な存在なので、
このゆかいな模様に出逢えれば、うん、うれしい113.png







   キンシバイがそろそろ終盤かな。右の花の後にカメムシさんが・・・・。
c0305565_17380619.jpg







   コボウズオトギリは、花も実も楽しめる。一粒で二度おいしい!?
c0305565_17382279.jpg



c0305565_17383391.jpg







   ヘクソカズラって、もう咲くんだっけ?アリさんに聞いてみたい。
c0305565_17385004.jpg







       梅雨時で雨となれば、この花たちは欠かせないよね102.png
c0305565_17391892.jpg



c0305565_17392786.jpg



c0305565_17393719.jpg



c0305565_17394918.jpg







   梅雨時ってキノコが生えやすい。ヒトヨタケの仲間がにょっきり。
c0305565_17400455.jpg







   アメリカオニアザミは全身棘だらけ。葉でさえも微小な棘で覆われる。
c0305565_17402064.jpg







   すっくと立っていた、ヨウシュヤマゴボウの花序。
c0305565_17403620.jpg







   多少の雨でも頑張っていたハチさん。ヒルガオに出稼ぎ。
c0305565_17404985.jpg







   「無駄花なし」と言われるナスの花は、とある家庭菜園で。
c0305565_17410164.jpg







   ブルーベリーの実はまだブルーになっていないねぇ。
c0305565_17411536.jpg







   ゼニアオイの花に頭を突っ込んでいたヤマトシジミ。
c0305565_17412420.jpg







   お久しぶり‼ラミーカミキリちゃん。昔の漫画のロボットみたい。
c0305565_17413719.jpg


   こっちのコは雨宿りしながら触角の手入れ中。
c0305565_17414700.jpg







   昼間なのに暗かったから、夕方と間違えて咲いちゃった?オシロイバナ。
c0305565_17420291.jpg

by h6928 | 2019-06-25 18:24 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

たまには足元の風景も


昨日 (11/21) は、
朝外を見ると霜がびっしり降りていて、
この冬一番の冷え込みになった。

それでも陽が昇ってくれば
この時期にしては穏やかな良い天気。

ただ、前日の風邪の悪化に懲りて、
ほぼ家の中でほとんど休んですごした。

午後1時半ごろになって、
体調もだいぶ良くなったことだし、
買い物と散歩と撮影を兼ねて、
家から一番近いスーパーまで歩いて行ってみた。

カメラは相変わらずP900。最近はこればっかり。
何も撮れないかな?とか思ったりしたけれど、
根が浅ましいものだから、もう適当に何でもござれと、
カメラを向けてシャッターを切って来た。

寒くならないうちに帰って、
また冬眠したのは言うまでもない。

あぁそうか、今日はもう小雪だったんだね。





   本当は帰り際に振り向いて撮った風景。
   画面奥に横たわる橋は石井橋。叩いてから渡るんだいネ~。
c0305565_17302785.jpg





   堤防の上は、運動公園方面に向かうサイクリングロード。
c0305565_17304309.jpg





   河原には、確認はしていないけれど、オギの穂群が風に揺れる。
c0305565_17314118.jpg





   松井田、旧・安中を貫いて烏川へと合流する、碓氷川の流れ。
   石井橋を渡りながら、ほぼ中ほどから写す。
c0305565_17315941.jpg





   ひときわ活き活きと見えるのは、渡り切った対岸のマダケ。
c0305565_17324388.jpg




   新興住宅地の庭にひっそり咲いた、初冬のバラ。
c0305565_17330535.jpg



c0305565_17331605.jpg





   何かのダクト?光と影を撮ってみた。
c0305565_17333071.jpg





   トップの画像のイチョウのさらに奥の木。ギンナンが重たそう。
c0305565_17334717.jpg





   放置されたカキノキ。ボタンヅルの葉やヘクソカズラの実も混じる。
c0305565_17343479.jpg

by h6928 | 2018-11-22 18:26 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

穭田のある風景


15日に白内障の手術を受けて、
翌16日には眼帯が取れて、
歩いて帰っても大丈夫との先生のお墨付きをもらい、
見えるようになった喜びに浸りながら
散歩がてら帰り道をたどった。

途中、田んぼ道に差し掛かると、
稲刈り後にまた緑を取り戻したイネや、
その周りの雑草が陽光を浴びて、
ひときわ美しく輝いて見えた。

手術直後の人工レンズだと青っぽく見えるとのことで、
なるほど、そのせいだろうか?印象深かった。

そして昨日 (11/17 ) の午後、
けっこう目の具合も良くなってきたので、
P900を持って、散歩がてらその田んぼ道に行ってみた。

カメラは目に当てたくないからファインダーは使わずに、
モニターを見ながらの撮影にした。

生憎ちょうど西の空に雲が出ていて、
太陽を隠してしまったので、
イマイチ綺麗さには欠ける写真しか撮れなかったけれど、
復活第一号の写真になったのだった。

この、稲刈り後の緑に伸びたイネは、
「ひつじ」と言い、漢字では「穭」と書くそうだ。
また「稲孫」と書いてひつじという場合もあるとか。
そしてその田んぼを穭田と言い、
俳句ではいずれも秋の季語とのこと。

16日にはこの辺りでも初霜が降りたけれど、
ちょっとした霜くらいには負けないでいるのだった。
子供の頃は、この時期にこんな景色は見なかったなァ。





   旧暦ではもう冬でも、秋の季語・穭田が見られる景色。
c0305565_16570207.jpg



c0305565_16571846.jpg


c0305565_16573822.jpg



c0305565_16575309.jpg



c0305565_16581208.jpg



c0305565_16585686.jpg



c0305565_16590835.jpg



c0305565_16591839.jpg





   西に傾き始めた陽を、暑い雲が隠している。
c0305565_16593441.jpg



c0305565_16594921.jpg





   立ち位置、東側の空はけっこう青く、電線で休むドバトを撮ってもみた。
c0305565_17000311.jpg





   九十九川のベタ凪部分は、水鏡になって空を映す。
c0305565_17001915.jpg

by h6928 | 2018-11-18 17:51 | 季節もの・初冬 | Comments(4)

アイリスの丘でダリアを


昨日 ( 10/10) は朝から曇りで、
それを言い訳にして起き出すのも遅くなった。
陽射しが届かないにしては気温はそこそこ高めで、
この時期としては寒くない。

午前中は色々と雑用をこなして、午後は撮影に出てみた。

曇りにこそお花が良いよね、とか自分と会話して、
久々に同じ市内のアイリスの丘にダリアを撮りに行く。

去年は行くのが遅すぎて、
霜にやられた可哀想な花を撮ることになったから、
今年はちょうど良い頃合いを狙った。

今にも雨粒が落ちてきそうな空模様だったけれど、
花はちょうどいい感じ。

いっぱい撮ろうとガムシャラに撮っていると、
途中でバッテリーが使い切ってしまった。
もちろん予備は持って来たさ、と交換してもダメ‼

そうだ、前回に使い切ってその後の充電を忘れていたのだ。
最近、こういうことが増えたなァ。認知症寸前???

そんな不安を払拭しつつも、
引き上げざるを得なかったのさ・・・。

機会があればまたリベンジを‼ということで、チャンチャン♬





   それでは不十分ながら撮れたダリアたちを、キャプション無しでどうぞ。
c0305565_17462116.jpg



c0305565_17463377.jpg



c0305565_17465845.jpg



c0305565_17472906.jpg



c0305565_17475068.jpg



c0305565_17481248.jpg



c0305565_17483801.jpg


c0305565_17485865.jpg



c0305565_17491986.jpg


   ツユムシが、花陰で長い触角の手入れをしていた。
c0305565_17494195.jpg


   オンブバッタ♂のお尻の先が微妙な位置に110.png
c0305565_17495974.jpg


   この角度から見れば微笑ましい画だよね。
c0305565_17502550.jpg


   大輪の花は、かさばるので纏めてみた(拡大できます)。
c0305565_17504039.jpg

by h6928 | 2018-10-11 18:30 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

懐かしい辺りですこし


昨日 ( 08/14 ) は、
午後からは天気が急変する恐れがあると伝えられるから、
午前中の時間を見つけて生家付近で撮ってみた。

もう人が住まなくなって何十年も経つ生家自体には、
途中の道も荒れ果てて近寄り難いので、
まだ人類の棲息可能な環境で撮り歩いた。

子供の頃は遊び場とか通学路だったりした懐かしい場所でも、
見られる生物の多様性も失われつつある。

農業とか林業が健全に機能していたころにこそ、
時計の針を逆回ししてほしいなぁとか思う。

といっても大日本帝国には戻してほしいとは
決して言わないけどね。





   今年はツユクサの咲き出しが遅かったのかな?今頃よく見る。
c0305565_17471050.jpg



c0305565_17472198.jpg






   キツネノマゴだけに、なにか別の生き物みたい。化け上手!?
c0305565_17473088.jpg






   真夏というより残暑の最中に咲くタンポポ。
c0305565_17474060.jpg


   総苞片を見ると、セイヨウと在来の中間型。ミックス系だろう。
c0305565_17474902.jpg






   猛暑の夏にも咲き残った、ハルジオン。
c0305565_17481089.jpg






   田んぼのイネを分けて咲く、オモダカの花。
c0305565_17484020.jpg






   藪の中で見つけたクコの花。これだけが撮れた。
c0305565_17490148.jpg






   ヤブガラシの蜜は美味しいのかな?キタテハさん。
c0305565_17492181.jpg



c0305565_17493072.jpg






   ウメの古木にびっしり生えたコケ。湿気のせいで元気そう。
c0305565_17494353.jpg






   この夏はセミが少なめな気がする。抜け殻も少ないような。
c0305565_17495112.jpg

by h6928 | 2018-08-15 18:33 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日 ( 07/07 ) は小暑で七夕だったけれど、やっぱり戻り梅雨で、
暑さは和らぎ星なんて全く見えない、皮肉な日になった。

でも、あの連日の猛暑日から解き放たれ、ボクは元気さが戻り、
おまけにせっかく減量化しつつあった体重が・・・、
見事にリバウンドしていた。

そんなままではいけないので、
根性無しのくせにしつこい性格を利用して、
今年は撮れないままでいたヤブカンゾウを探しに行った。

探してみればあるもので、
家近くの田んぼでようやく見つけることができた。
とは言うものの、花が見られるのはほんの一部だった。

ちょうど今頃より少し前に大方の田んぼでは、
畦の草刈りが実施されていたのだろう。
花茎を立ち上げてきたところを、無差別に刈り払われると、
もう再生可能エネルギーは残っていないのだろう。

また、全然手入れをされていない場所では、
クズやアレチウリといった強力蔓植物に覆い尽くされて、
かろうじて咲いても外からは見えない。

この咲いているのが撮れた花たちは、
絶妙なバランスの上に立って、花開いているのだった。

なんか、文字通りの「有難さ」をありがたく噛みしめるボクだった。
いっぱい撮ったので、せっかくだからいっぱい載せよう。




   やっと見つけたヤブカンゾウは、草刈りを免れたものばかりのよう。
c0305565_18262843.jpg



c0305565_18265099.jpg



c0305565_18265937.jpg



c0305565_18271167.jpg



c0305565_18272550.jpg



c0305565_18273736.jpg



c0305565_18275131.jpg



c0305565_18281250.jpg



c0305565_18282330.jpg



c0305565_18283477.jpg



c0305565_18284714.jpg



c0305565_18304452.jpg



c0305565_18285960.jpg





  このように草刈り直近の畦には、全く咲いていないと、参考までに。
c0305565_18291146.jpg

by h6928 | 2018-07-08 19:02 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 05/12 ) は愛車を定期点検に出す日なので、
撮影に出る時間は大幅に削減された。

その点検も無事に済ませて、時間もまだあったので、
安中市郊外のアイリスの丘には撮りに行けた。

今年はアイリスも早めに咲いたので、
終わってしまったかの心配さえしたけれど、
まだ十分楽しめた。

お天気も明るい曇り空で、花撮りには好都合。
GWも終わった直後だから、シーズンのわりに人出も少ない。

花殻摘みもこまめに行われているようで
手入れの良さがうかがい知れた。

アイリス以外の花も多くの種類が咲いていて、
目先を変えてそれらも撮ってみた。




   アイリスの丘は、色とりどりのアイリスが花盛り。
c0305565_17564853.jpg





   ネグンドカエデの実の背景は、シャーレーポピーで魅せよう。
c0305565_17570704.jpg





   ハナビシソウの白、ルピナス、ムギセンノウなども。
c0305565_17572222.jpg




   ベニバナツメクサは、花期も終わりに近い。
c0305565_17574695.jpg





   ほとんどの葉が四つ葉になるクローバーもあった。
c0305565_17581067.jpg





   シャーレーポピーの実と花を併せてみた。
c0305565_17583371.jpg





   これは何だろう?アイリスには違いないだろうが、新品種かな?
c0305565_17590551.jpg





   ダッチアイリスをシャクヤクの背景で飾ってみた。
c0305565_17591580.jpg





   主役は何と言ってもジャーマンアイリス。
c0305565_17592797.jpg



c0305565_17594010.jpg



c0305565_17595482.jpg



c0305565_18000587.jpg





   さらにジャーマンアイリス色々(クリック+で大きくなります)。
c0305565_18001668.jpg

by h6928 | 2018-05-13 18:50 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 12/26 ) は、
「ろうばいの郷」で花が咲き始めたと地方紙の記事を見つけ、
それならばと撮りに行ってみた。

安中市でも軽井沢に近い方にあり、現地に近づくにつれて、
長野や新潟に雪を降らせた雪雲が風に飛ばされてきているのが見える。

時折「風花」と綺麗な名前で呼ばれる雪の粒が舞ったりする。

子供の頃からお馴染みのこの風花は、上州では本格的な冬の寒さの象徴。

こんな時にわざわざ咲かなくても良いのに・・・・、とか思いながらも、
駐車場に到着すると、客の車は皆無でボクのが入ってようやく1台。

貸し切り状態で撮影できたけれど、風は強いし寒いや。

花は5分咲きくらいかな。
でも固まって咲いているところもあったりするから、それを狙う。

風当たりの弱い所でたくさん咲いていると、上品な甘い香りに包まれる。
3.2ヘクタールに1200株という規模はなかなかなもので、
春になって咲き揃ったらさぞかし素敵な花園になるだろう。

なぁ~んてね、寒さと強風にいじけながら思うのだった。




    ここのロウバイは多くが満月ロウバイとのこと。
c0305565_17352239.jpg





   ちなみに、花全体が黄色いのをソシン(素芯)ロウバイと呼び、
c0305565_17353330.jpg





   その、ソシンの中でも花弁の先が丸いのを満月ロウバイと呼ぶとか。
c0305565_17354723.jpg




c0305565_17355843.jpg




c0305565_17361484.jpg




c0305565_17374008.jpg




c0305565_17362821.jpg




c0305565_17365541.jpg




c0305565_17371146.jpg





   これと次は「基本種」の表示があった花。
c0305565_17375644.jpg




c0305565_17380848.jpg





   落葉したての葉痕&冬芽も撮ってみた。
c0305565_17415604.jpg





   平均的な咲き具合はこんなものかな。
c0305565_17382587.jpg

by h6928 | 2017-12-27 18:30 | 季節もの・冬 | Comments(4)


昨日 ( 12/12 ) は、
日ごろほったらかしの愛車に一年の労を感謝して、
近くのGSでお化粧を施してもらうため、
その作業が完了するまでの2~3時間の予定で、
その辺を歩いて撮ることにした。

車で通ってしまえばあっという間の距離でも、
歩いてみればかなりしんどい。

ちょうど寒波が上空に流れ込んでいるとかで、
北西の風が強くて寒い。

ボディーはいつもより着込んできたからまだ良いけれど、
手と顔は無防備だからけっこう寒さが身に染みる。

それでも、色々被写体を探していると気も紛れて、案外楽しい。

ただ、自分の風体を顧みて不審者と思われやしないか?
ちと心配だったりする。

幸いなことに通報されて職質を受けるなんてことは無いまま、
きれいにお化粧が済んだ車と再会し、乗って帰れたから良かったいねぇ~。





   陽の影ったところでまだ咲いていた菊も、さすがに寒そう。
c0305565_17533330.jpg





   オニノゲシの実が、綿毛に運ばれ旅立とうとしている。
c0305565_17534146.jpg





   家庭菜園の白菜。お洒落なお揃いの帽子をかぶってる。
c0305565_17541978.jpg





   ヘクソカズラのこの実は、うっかり潰すと名前のとおり。
c0305565_17543305.jpg





   イチジクの若枝に、葉痕&冬芽を見つけた。
c0305565_17544827.jpg





   ニシキギは葉をすっかり落として、独特な翼が目立つ。
c0305565_17550172.jpg





   クチナシの実の色は何て表現するのかな?
c0305565_17551718.jpg





   半日陰が好きなマンリョウも、もう実が色付いていた。
c0305565_17553564.jpg





   ナンテンの実も冬の赤色。
c0305565_17555208.jpg





   ジャノヒゲの青い実は、葉を掻き分けないと見えない。
c0305565_17560993.jpg





   しぶとく根性を見せていたセイタカアワダチソウ。
c0305565_17562784.jpg





   碓氷川の向こうに雲を被った浅間山。こんな時は冷風が強い。
c0305565_17564326.jpg

by h6928 | 2017-12-13 18:44 | 季節もの・冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/19 ) は、もう遅すぎかな?とは思ったけれど、
まだ少しはダリアが咲いているかと期待して、
安中郊外のアイリスの丘に行ってみた。

着いてみると駐車場ががら空きで、
ボクの車が1台という状態で園の入口にも誰もいない。
見渡してみいたところ花は壊滅状態。

閉まってはいないからとりあえず入って、
その辺の植物を撮っていて、しばらくするとオーナー夫人が現れて、
一昨日の霜でやられてしまったと、申し訳なさそうに言う。

これもまた風情の一つだからと笑うと、
呆れたような顔をしながら帰って行ったので、
そのまま撮影は続けた。

ダリアは元々メキシコやグアテマラが原産とのことで、
霜にはめっぽう弱いのだった。

それでもよく探してみると、
いくつかはその霜にも耐えて最後のひと花を咲かせているものもあった。

そんな「ど根性ダリア」に敬意を表して、
キャプション無しで載せてみた。



c0305565_17511258.jpg


c0305565_17512323.jpg


c0305565_17513766.jpg


c0305565_17514911.jpg


c0305565_17520003.jpg


c0305565_17521169.jpg


c0305565_17522331.jpg


c0305565_17523961.jpg


c0305565_17525434.jpg


c0305565_17530218.jpg


c0305565_17532671.jpg


c0305565_17533560.jpg

by h6928 | 2017-11-20 18:19 | 季節もの・初冬 | Comments(4)