タグ:大塩湖 ( 38 ) タグの人気記事


昨日 ( 07/08 ) もやっぱり梅雨らしさ全開のお天気で、
なんかあまり軽装でいると薄ら寒いくらいの日になった。

去年は6月には梅雨が明けて、
7月には暑くて堪らなかったなんて、
たった一年前のことでも信じられない気がする。

そんなおり、
まだ大塩湖周辺のアジサイが綺麗だろうか?
と気になって行ってみた。

できればヤマユリが撮れればもっと良いのに・・・、は
そっちはまだまだつぼみも硬い緑のままで残念。

アジサイの方は思いの外まだ鮮度落ちはしておらず
艶っぽいのが多くて被写体としては充分役に立ってくれた。

どうせなら霧雨くらいなら降ってくれた方が良かったのに、
雨は帰ってきた夕方から夜にかけて降っていた。

今時の若者なら
「(・д・)チッ  雨・・・使えねぇなぁ・・・。」
とか呟くのだろうか?






   小暑を過ぎたのにまだ艶っぽさは失われない、7月のアジサイたち。
c0305565_17500290.jpg



c0305565_17502198.jpg



c0305565_17503409.jpg



c0305565_17504596.jpg



c0305565_17510513.jpg



c0305565_17512283.jpg



c0305565_17513530.jpg



c0305565_17514774.jpg



c0305565_17520016.jpg



c0305565_17521173.jpg



c0305565_17523122.jpg



c0305565_17524279.jpg



c0305565_17525500.jpg


   アオサギとのコラボもそうそうできないから、外せない。
c0305565_17530505.jpg






   うすら寒い日で、午後でもネムノキの花があまり傷まないまま。
c0305565_17534372.jpg






   野生化したキュウイには、しっかり実がなっていた。すごい‼
c0305565_17535319.jpg






   背景の単純化は湖面に抜くことで決まり。枯草にぶら下がったカノコガ。
c0305565_17533274.jpg






   湖面にぷっかり浮かんだ、夏羽のカイツブリ。凛々しいなぁ。
c0305565_17532110.jpg






by h6928 | 2019-07-09 18:31 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

大塩湖で アジサイ三昧


昨日 ( 06/22 ) は、
夏至だというのにお日様の顔が拝めずに、
一年で一番長いはずの昼間を
満足に味わうことが叶わなかった。

そうして今日からはもう
日ごとに日は短くなって行くはずだから、
何となく寂しく感じられる。

その夏至の日の昨日は、
一時的に激しい勢いで雨が降ったりしたけれど、
その雨が止んだらしばらくは大丈夫そうだったので、
アジサイが咲いているはずの、
富岡市の大塩湖に行ってみた。

春に来た時は渇水状態だったから、
その後が気になっていた水の状態は
満々と水をたたえた湖に復活していてほっとした。

とは言え、大塩湖はいわゆる溜池で、
最近は農業用水としての役割も減っているのか、
田植えシーズンなのにこんなに水がいっぱいでいいの?
ってさえ感じられるほど米を作る農家も減っているのかな。

まぁ、ボクとしては単純に
湖畔に植えられたアジサイを撮るには
満水状態の方が願ったり叶ったりではある。

今にも雨が降ってきそうな、梅雨らしい天候の元、
運動を兼ねてのアジサイ撮りをゆっくり楽しめた

なんかこれも贅沢の一つかな102.png






   せっかくの湖畔だから水面をバックに、アップ気味で撮ろう。
c0305565_16561939.jpg



c0305565_16563464.jpg



c0305565_16564357.jpg



c0305565_16565799.jpg



c0305565_16571252.jpg







   ガクアジサイは、今年は花が少なめ。
c0305565_16574422.jpg



c0305565_16575748.jpg







   集団で咲いているのを引き気味で撮ったのもいくつか。
c0305565_16581088.jpg



c0305565_16582673.jpg



c0305565_16583808.jpg



c0305565_16585449.jpg







   ベニガクの装飾花をアップで。
c0305565_16591737.jpg







   カマキリの赤ちゃん。と言ってもけっこう大きくなっていた。
c0305565_16593142.jpg



c0305565_16594278.jpg







   綺麗なものを見るとつい寄ってみたくなる、これ、ボクの性分。
c0305565_16595661.jpg







   花が重たく花序が垂れ下がっていた、八重のカシワバアジサイ。
c0305565_17013531.jpg







   白い花もけっこうあったのに、意外と撮っていなかったなぁ。
c0305565_17002382.jpg







   久々に見かけたネコちゃん。疑り深そうになっていた。
c0305565_17003399.jpg




【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!


by h6928 | 2019-06-23 17:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 04/17 ) は、
日差しはほとんど届いてくれなかったけれど、
気温はそこそこ暖かく、歩くには気持ちの良い日になった。

そこで、久しぶりに大塩湖に行って、
歩きながら撮ることにする。

ここでも今年のソメイヨシノは長持ちをしていて、
4月も半分を過ぎたのに、
まだ桜風景はあまり見劣りしない。

そして、今年になって初めて撮れたのは、ハルジオン。
本当ならもうとっくに咲いていても良さそうなのに、
こんなに遅い初撮りはちょっと記憶にない。

この花とかタンポポで毎年見かけるはずの
ヤブキリベビーちゃんにはまだ出逢っていない。
卵がまだ孵化していないのかな?気になるところだ。

ともあれ、これからしばらくは
平年以上に暖かい日が続きそうなので、
これまでの遅れも一気に取り戻せるだろうか?






   今春の異変。ハルジオンがやっと撮れた。咲くのが遅すぎ‼
c0305565_17485805.jpg






   4月も下旬に近いと、タチツボスミレはもう珍しくも無くなった。
c0305565_17490983.jpg






   モミジイチゴは好きな花でも、撮るのは一苦労。
c0305565_17494640.jpg






   (ミヤマ?)ニガイチゴは上向きに咲くから撮るのは楽。
c0305565_17495579.jpg






   ミツバアケビはどこを切り取って良いか?大いに悩んだ。
c0305565_17502009.jpg



c0305565_17503293.jpg









   こちらは5葉のアケビ。雄花はまだ閉じたままなんだね。
c0305565_17504202.jpg






   ハナイカダの、ツボミの存在がうっすら見える真新しい葉っぱ。
c0305565_17510162.jpg






   ヤマツツジのつぼみと、対岸のソメイヨシノ。
c0305565_17512964.jpg






   やっと咲き始めた八重桜の背景は、ソメイヨシノ。
c0305565_17515075.jpg






   結婚の森に咲いていた、ヤエベニシダレ。
c0305565_17520867.jpg






   清楚系とでも言おうか?ヤマザクラの若木に咲いた花。
c0305565_17522409.jpg






   涸沢沿いのソメイヨシノの古木。なんとも渋いお姿。
c0305565_17524056.jpg






   お~っ! 花が一斉に散った。桜吹雪、ゲット。
c0305565_17525139.jpg






   キンクロハジロはここでも居残り番?まずは女のコから。
c0305565_17530936.jpg






   男の子は相変わらずのビックリ顔。なんかユーモラス。
c0305565_17531769.jpg

by h6928 | 2019-04-18 18:43 | 季節もの・春 | Comments(6)

大塩湖で 木の花など


昨日 ( 03/29 ) はイマイチ天候がパッとせず、
それでも一応は何か撮らなくちゃ!と
意気込みだけは一丁前に大塩湖に撮りに行ってみた。

ここにはソメイヨシノよりも早く咲くサクラがあり、
それを撮るのがまずは第一目的。

普段の行いが良いから(自分で言ってやんの)、
現地に着く頃には天気も良くなるかな?なんて勝手に思ってもねぇ、
そうそう願ったり叶ったりは有り得なくて、
空は白っぽい曇りのままだったんさぁ。

サクラの花を空に抜こうとするには最悪の空模様。
だから空抜きは諦めてP1000の望遠を活用して
遠くから引っ張るしかない。

本当ならば、
樹形も花も似ている仁叟寺のサクラと比較できるように
根元から撮りたかったのだけれども、
一応撮っては見たものの使いものにならない。

メジロちゃんも来ていたのだけれど、
それもメジロちゃんの魅力を台無しにしたものしか撮れず。

普段の行いは良いはずなのになぁ・・・・不思議だ。
(なぁ~んて書いているようじゃダメだいな。)






   人造湖の堤防から対面の小高い丘を見ると、サクラが咲いている。
c0305565_17420307.jpg






   湖周道を反時計回りに歩きながら、ズームイン。
c0305565_17421517.jpg






   もうちょっと右側に回り込んだら、こんな感じ。
c0305565_17422585.jpg






   この花の様子からもコヒガンザクラか?と思える。
c0305565_17423768.jpg






   比較のため、やっと咲き始めたソメイヨシノも載せておこう。
c0305565_17424780.jpg






   ごっそり咲いていたミツバツツジの、ほんの一部。
c0305565_17430520.jpg






   ミツバアケビの花。でも、ここでは実を見たことが無いなぁ。
c0305565_17431798.jpg






   ダンコウバイがこの時期だけは華やかに見える。
c0305565_17432618.jpg






   この辺はまだまだカントウタンポポが多い。
c0305565_17434375.jpg






   フキノトウというより、フキの花と言う方がピッタリかな。
c0305565_17435539.jpg






   水草をゲットしたオオバンさん。頭と首にかかる水の幕がおもしろい。
c0305565_17441188.jpg






   ネクタイ姿がキマッテルね、シジュウカラさん。
c0305565_17442379.jpg






   まだいてくれた、ジョウビタキの男のコ。これがラストかな?
c0305565_17443451.jpg


c0305565_17444360.jpg






   夏より透明度が高いから、集まっているコイが見えた。
c0305565_17445456.jpg

by h6928 | 2019-03-30 18:31 | 季節もの・春 | Comments(2)

雨上がり 周湖道で


昨日 ( 03/07 ) は朝から雨が降っていて、
外には気分的にも落ち込ませるような、
寒々しい景色が広がっていた。

それでも予報では
雨はお昼前には上がるとか告げるから、
午後に期待するとなるほど上がってくれた。

それでは!と遠出はしないで
大塩湖で我慢することにして出かけてみた。

湖という名でも実態は溜池で、
その水もどんどん抜いているようで、
前回来た時よりまた一段と水位が下がっている。

なんかそれを見るだけでテンションも下がるなぁ・・・。

とか思いながらも、
一応は来たのを無駄にはしないように
何かしらは撮らなくちゃ。

そうして苦し紛れに搔き集めたのが以下の写真たちだ。
まぁ、良い時ばかりは無いもんだいねぇ~。






   水位がまた下がって、はるか遠くなったカイツブリさんを撮る。
c0305565_17421768.jpg


   なにやらくわえて立ち去ろうとしているコがいた。
c0305565_17422859.jpg


   ☝の写真を拡大して見ると、獲物はでかいカジカだった。
c0305565_17424023.jpg






   ピッタリ寄り添って、仲よしガモ。アッ違ったオカヨシガモね。
c0305565_17430166.jpg






   こちらはマガモさんのカップル。
c0305565_17432550.jpg






   こちらのコガモさんは、男同士でハートっぽい水紋を描いてた。
c0305565_17431235.jpg






   すっくと佇むアオサギさん。なにやら風格さえ漂う。
c0305565_17434832.jpg






   シジュウカラが見つけた獲物は、緑のカメムシ。臭くないの?
c0305565_17440251.jpg






   トキリマメの実が、まだこんな状態で見られるなんて‼
c0305565_17442175.jpg



c0305565_17443270.jpg






   杉の枝の瘤に、コケやらノキシノブが生えて、何やら風流な。
c0305565_17451031.jpg






   アスファルト道路に落ちていたホオノキの枯葉。
c0305565_17445508.jpg






   雨上がりの水たまりには魔法の景色が映る。
c0305565_17454328.jpg






   手入れをしていないと見える紅梅は、この無造作感が却って良い味かも。
c0305565_17460861.jpg






   樹種は確認できなかったけれど、新芽が動き始めていた。
c0305565_17464458.jpg

by h6928 | 2019-03-08 18:35 | 季節もの・早春 | Comments(4)


昨日 ( 02/18 ) は久しぶりに
気温も上がって春らしくなった。

それでも寒さにやられ続けた老体には、
急に薄着にはなれなくて、
いつもと同じ服装のまま大塩湖に撮りに行った。

湖(溜池)の水は
半分以下とも思えるほどまでに抜かれていて、
水鳥たちを写すのはちょっと遠すぎかな。

それでも運は我を見放したりせず、
むしろ助け舟を出してくれた。
割と近くでエナガちゃんを撮ることができたのだ。

もう巣作りのシーズンに入っているのだろう。
クモの巣やコケをくわえているコが撮れた。

あまりにも近くまで来てくれちゃうと、
最短撮影距離の内側になってしまって、
オートフォーカスが行ったり来たりの大パニックで、
正常に復帰させるのが大変なことになる。

そんな嬉しい悲鳴がでるほどで、
撮るのを忘れて肉眼で見とれていたりもする。

他に、たまたま通りかかったところに、
演出のための小道具をセットして
ルリビタキを撮っている団体さんがいて、
行きがかり上お付き合いで撮ることになった。

一応撮れたけれど、
これは自分の領域じゃないなぁ・・・・と思う。






   もうそろそろ繁殖期かな。ラブラブなオオバンカップルがいた。
c0305565_17362439.jpg






   飛び立ったアオサギの翼に、自分の影が映ってる。
c0305565_17364065.jpg


   本体、映り込み、影、の三位一体写真は久しぶり。
c0305565_17365255.jpg






   サクラの木に止まったエナガちゃん、何か見つけた?
c0305565_17370716.jpg


   ふかふかなクモの巣を口にくわえすぐに姿を消した。
c0305565_17371664.jpg


   こちらでは、ゲットしたコケをくわえて、自慢げ?にいろいろポーズ。
c0305565_17372963.jpg



c0305565_17374236.jpg



c0305565_17375302.jpg



c0305565_17380321.jpg



c0305565_17381435.jpg



   この後、営巣中の愛の巣へ向けて姿を消した。
c0305565_17382465.jpg








 セッティングしてルリビタキを撮る集団のお相伴に与った。


   セットされたミルムシを狙ってホバリング。
c0305565_17383743.jpg


   そして、キャッチした瞬間が写った。
c0305565_17384608.jpg


   ミルムシをくわえたまま飛び去る。
c0305565_17385512.jpg

by h6928 | 2019-02-19 18:22 | 野鳥 | Comments(4)

紅い猿子と青い鶲


昨日 ( 01/28 ) は
たまたま気まぐれで行ってみた大塩湖で、
ベニマシコとルリビタキに出逢えた。

どちらも今シーズンは諦めかけていただけに、
この出逢いを大事にしたくて慎重に撮った。

もうこれっきり再会は無いかも?
という一期一会をかみしめて。


ベニマシコは紅猿子と書くくらい、
オスは猿みたいな顔をしている。
それがちゃんと伝わるような撮り方も試みたつもり。
メスの可愛さも極力その辺を狙ってみた。

ルリビタキはひとしきり遊んでくれたあと、
ふっと姿を消した。

その余韻も大切に心に刻む。






   運よくベニマシコが一つの画面に納まってくれた。
c0305565_17423232.jpg


   せっかくだから、まずは紅い男のコだけを載せてみた。
c0305565_17424349.jpg



c0305565_17425334.jpg



c0305565_17430242.jpg



c0305565_17431234.jpg


   女のコは派手さは無くとも可愛さは勝ってるね。
c0305565_17432718.jpg



c0305565_17433631.jpg



c0305565_17434393.jpg






   今期は絶望かと覚悟したルリビタキさん、やっと逢えた‼
c0305565_17440170.jpg



c0305565_17441884.jpg



c0305565_17443059.jpg


c0305565_17444532.jpg



c0305565_17445816.jpg



c0305565_17450776.jpg

by h6928 | 2019-01-29 18:10 | 野鳥 | Comments(6)

大塩湖で五目撮り


昨日 ( 01/02 ) は午後、
正月太りにならないように気を付けて、ということで
大塩湖に行って周湖道を歩きながら、
ついでに写真も撮った。

カモそのものは前回に来た時より数は増えていたけれど、
なぜか警戒心はずいぶん強まっていた。
湖面の中央部分に豆粒を蒔いたように浮かんでいて、
画としては全くつまらない状態。

以前はカモばかりじゃなく
小鳥たちもいろいろ出てくれたのになァ
とか思いながらも今の現状に即したものを撮るしかない。

まぁ、運動に来たと思えばね、撮れるだけ儲けものだしね。

正月太り?
また帰ってからアルコール漬けで
カロリーオーバーかな。

体脂肪はそこそこ小太り気味の方が良いんだってさ、
と自分に甘いまま今年も過ぎて行きそうだ。






   寒くなって透明度が増したから、オオバンの足の様子も見える。
c0305565_17222536.jpg






   陸にいたオオバンさん、ボクが見ているのに気づいて・・・・。
c0305565_17224036.jpg


   大あわてで水面へと向かう様が可笑しい。
c0305565_17225621.jpg


   やっぱり水に浮かぶ方が安心なんだね。
c0305565_17230739.jpg






   カルガモカップル。夫唱婦随の見本のよう。
c0305565_17235880.jpg


   こっちのふたりは正直、性別判定はボクには無理。
c0305565_17240850.jpg






   金色のバックと金色の虹彩がキンクロハジロに相応しいかな。
c0305565_17242088.jpg






   ホシハジロ男子の虹彩は赤っぽい。
c0305565_17243072.jpg






   ホシハジロ女子の潜り込みシーンが撮れた。
c0305565_17244394.jpg



c0305565_17245408.jpg



c0305565_17250505.jpg



c0305565_17251699.jpg






   昼間でも氷が残る部分がある。いかにも寒そう・・・・。
c0305565_17253020.jpg






   青空に映えるヤマガキの色。まだ渋いと見えてこんなに残る。
c0305565_17254281.jpg

by h6928 | 2019-01-03 18:04 | 季節もの・冬 | Comments(2)

大塩湖でオカヨシガモ


このところカモづくしだけれど、
昨日 ( 12/19 ) もまたしてもカモ狙いで大塩湖に行った。

前回とほぼ同じような顔ぶれで、
相変わらずオオバンが一番多かったけれど、
ただオカヨシガモがずいぶん増えていた点は喜ばしい変化。

なぜか圧倒的に♂が多いのはカモの世の常かな。

そして数が多いと大胆になるのか、
大胆なのが増えたのか?
撮影できるチャンスも増えた。

そんなわけで、今回はオカヨシガモ特集になった。





   オカヨシガモ成鳥♂は一見地味でも、シックな衣装。
c0305565_17494230.jpg


   でもよく見ると微妙に違いがあるのは個性的カモ?
c0305565_17500266.jpg



c0305565_17501158.jpg



c0305565_17502611.jpg



c0305565_17504353.jpg



c0305565_17510837.jpg



c0305565_17512456.jpg





   このふたりは他と交わらずにずっと一緒。左が♀。ナカヨシガモ157.png
c0305565_17513637.jpg





   右のコは幼羽→第1回生殖羽へ移行中の若♂かな。
c0305565_17515064.jpg





   水面採餌ガモの仲間だから、潜りは苦手。逆立ちして水草を採る。
c0305565_17521255.jpg



c0305565_17522854.jpg



c0305565_17524127.jpg





   潜水が得意なオオバンのおこぼれを狙う要領のいいコも。
c0305565_17525582.jpg


   オオバンに見つかると叱られるので、そ知らぬふり。笑えた。
c0305565_17530539.jpg

by h6928 | 2018-12-20 18:30 | 野鳥 | Comments(2)

大塩湖で水辺の鳥さん


昨日 ( 12/05 ) は、
そろそろ冬のカモたちが来ているかな?と
久しぶりに大塩湖に行ってみた。

けっこう風が強くて湖面は波立ち、
所々に吹き寄せられた落葉が敷き詰められていたりする。

カモたちはまだ警戒心が強くて
人の姿を避けて遠くにいるものがほとんど。

比較的近くには
てんでんばらばらにオオバンが散らばっている。
画面には団体さんでは入らないが、絶対数は多い。

まだ周囲の山の紅黄葉が残っていて、
それが水面に映える場所を探し、
そこに鳥たちが入るような狙いで主に撮り進めた。

今年はこの時期にまだ木々に葉が残っているのはありがたい。





   ここでは最大勢力のオオバンは、ほぼ草食系みたい。
c0305565_17211329.jpg



c0305565_17212702.jpg



c0305565_17214095.jpg


   お尻をこっちに向けて、何やらモグモグタイムのよう。
c0305565_17215787.jpg





   いつの間にかホシハジロがずいぶん増えていた。♂が多いね。
c0305565_17223538.jpg



c0305565_17225372.jpg



c0305565_17230989.jpg



c0305565_17232308.jpg


   たまには女子も撮っておこう・・・って104.png うたた寝中に失礼。
c0305565_17233587.jpg





   キンクロハジロ男子は、男らしい衣装になってきていた。
c0305565_17235714.jpg



c0305565_17240983.jpg





   落葉の吹き溜まりを分けて、ヒドリガモは食べ物探し。
c0305565_17242738.jpg



c0305565_17243913.jpg





   カルガモはいつもいるから、つい軽んじた扱いになりがち105.png
c0305565_17245194.jpg

by h6928 | 2018-12-06 18:06 | 季節もの・初冬 | Comments(2)