タグ:ヒョウモンチョウ ( 36 ) タグの人気記事


昨日 ( 06/06 ) は、
梅雨入りを前にした最後の晴天?みたいで、
真夏日になるとの予報も出ていたので、
久しぶりになるけれど赤城自然園に行ってみた。

ここは標高にして
スカイツリーよりちょっと高めなくらいだから、
きっと涼しく過ごせるだろうとの計算も働いた。

それに、この頃お気に入りの軽井沢ばかりに行っていて、
赤城~の年パスの継続更新が延び延びになっており、
この機会にちょうど良いということでね。

で、意気揚々と車を飛ばして到着してみると、
なんかぁ~花が少な過ぎって感じ。

ちょうど端境期で、
春の花は終わって夏の花にはもう一息かな?
ってところだろう。

目の前に展開する景色は新緑から深緑に移り行く頃で
歩くには気持ち良いから、損は無い。

結局、花はと言えば
オオヤマレンゲ(オオバオオヤマレンゲ)が撮れたから
この際たっぷり見ていただこう。


そして、今日は一日雨降りで、梅雨入りが発表された。

雨足が強すぎるので、雫写真にも向かないから、
この際たまにはゆっくりしようと「休写日」にしたんさぁね。








   花の端境期なのに、良くぞ咲いていてくれたオオヤマレンゲたち。
c0305565_17340605.jpg



c0305565_17341765.jpg



c0305565_17342665.jpg



c0305565_17343713.jpg



c0305565_17344726.jpg



c0305565_17345535.jpg



c0305565_17351349.jpg



c0305565_17352390.jpg



c0305565_17354531.jpg



c0305565_17355862.jpg



c0305565_17361041.jpg



c0305565_17362000.jpg








   「自然」っぽくは無いけれど、ピンクのエゴノキの花も印象深い。
c0305565_17363551.jpg



c0305565_17364626.jpg








   連結して飛ぶクロイトトンボのカップル。
c0305565_17370126.jpg








   何気なく撮った、吸水に来た豹柄。クモガタヒョウモンだろうか?
c0305565_17371436.jpg



c0305565_17372573.jpg








   帰り際、愛車近くの木陰にホオジロ♂がいるのを見つけ、激写。
c0305565_17374924.jpg

by h6928 | 2019-06-07 18:22 | 季節もの・初夏 | Comments(6)


昨日 ( 05/09 ) は、
曇り空だけれど雨の心配はない、
と天気予報では言うのでそれなら花の写真が良いかな
と藤岡市のふじの咲く丘に行ってみた。

意外と空いている駐車場もそのはずで、
フジはとうにピークを越えて冴えない状態になっていた。

そうかぁ・・・・ここのところ暖かい日が多かったからなぁ。
今年の花は色々と開花期の予測不能で、外れが多い。

まぁ、GW期間中をわざと避けたのも一因だけに
それは自己責任だもんね、致し方ない。

と、嘆いてばかりもいられないので、
せっかく来たからには何か撮らねば。

探し回ればけっこうラッキーが転がっているもので、
近年全く撮れなかったアオスジアゲハに出逢えて、
しかも撮影にも協力的だったのは嬉しい誤算。

ここにはなぜかハルジオンの群落があって、
アオスジアゲハにはこの花の蜜が大好物なのか
撮っているニンゲンなんかには興味が無さそうだった。

ウラギンヒョウモン?さえもいてくれて
これってマジなの???って感じ。








   フジの花はすでにピークを越え、見栄えの良さそうなところを抽出。
c0305565_17403691.jpg



c0305565_17404968.jpg



c0305565_17410083.jpg



c0305565_17411259.jpg


   フジが咲いているところには、たいていクマバチがいる。
c0305565_17412138.jpg








   太陽が出るのを待っているのかな?ツマグロヒョウモン♀
c0305565_17414269.jpg








   えっ?! この斑紋からするウラギンヒョウモン♂?早すぎ‼
c0305565_17415300.jpg



c0305565_17420330.jpg








   シバザクラの蜜を求めて、キアゲハが来ていた。
c0305565_17421847.jpg



c0305565_17422762.jpg


   わが身の重さで尻もち状態なのが笑える。
c0305565_17423666.jpg








   アオスジアゲハも姿を見せた。撮るのは久しぶり。
c0305565_17425117.jpg


   ハルジオンが群れ咲く場所がお気に入りで、長居をしてくれた。
c0305565_17430766.jpg



c0305565_17432736.jpg



c0305565_17434361.jpg



c0305565_17440420.jpg



c0305565_17441517.jpg



c0305565_17442733.jpg

by h6928 | 2019-05-10 18:38 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 10/09 ) は、朝のうちは曇っていたけれど、
天気予報では大きな晴れの区域に入っていたので
ほぼ1週間ぶりに軽井沢レイクガーデンで撮ることにした。

たった一週間でずいぶん園の雰囲気は変わるもので、
もう秋がずいぶん進んでいた。
赤く色づく樹種は少ないようで、
黄色い葉が目立っていた。

早いところでは、
ボクの頭髪よろしくスカスカになっていたりも。
(って笑えねぇ~よ)

風ももう秋風で、
落ち葉も台風によるものではなく
自然に落ちた真新しい葉が散り敷かれ、
そこを歩くのは初老の上品な紳士なら似合いそう。

えっ?ボク?・・・ わが身を顧みれば
ショボいジジイしか脳裏に浮かばない。
・・・まぁ、それはそっちに置いといて・・・・。

秋の軽井沢も良いもんだね。
11月4日までが今年の開園 期間ということだから、
それまで何度かまた来てみたいと思うのだった。





    平地より一足早めに、秋バラを。
c0305565_17292178.jpg



c0305565_17293222.jpg



c0305565_17294196.jpg



c0305565_17295860.jpg





   背の低いシュウメイギクの「初音」。ガーデナーさん受け売り104.png
c0305565_17302517.jpg





   こちらは、まるでキクみたいな、八重のシュウメイギク。
c0305565_17303928.jpg





   野生で見るより背の高い、サワギキョウ。
c0305565_17310182.jpg





   飛び回っていてやっと止まった、スジグロシロチョウ。
c0305565_17312286.jpg





   ブッドレアで見つけた豹柄さんは、クモガタヒョウモン?
c0305565_17314166.jpg



c0305565_17315022.jpg





   スカビオサはキタテハさんのお気に入り。
c0305565_17320196.jpg





   ちょっと遠いけど、アカタテハもいた。
c0305565_17321611.jpg





   トリカブトはトラマルハナバチのお好みかな?
c0305565_17324217.jpg





   園の景観も秋色が濃くなり始めて・・・・。
c0305565_17330194.jpg



c0305565_17331720.jpg

by h6928 | 2018-10-10 18:46 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/18 ) は晴天に恵まれたので、
雨模様ばかりで何となく行きそびれていた、
軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

華やかな花はずいぶん影を潜めて、
代わって秋らしい花たちがしおらしく咲いていた。

夏眠から明けたミドリヒョウモンはたくさんいて、
でも他のチョウも含めて傷みが目立った。
皆さんそれぞれ苦労したんだねぇ、お疲れ様と言ってあげたい。

夏場と違って気温はずいぶん低くなり、
活動しやすくなったから歩き回ってバンバン連写したりした。
だもんで、気が付けば600コマを超えていた。

内ほとんどは使えそうにないもので、いやぁ~、マイッタね。
雨降りの日に在庫のリストラをしたばかりなのに、
また元の木阿弥っぽくなってしまったなぁ。





   群馬で見るより淡い色合いかな? ツリフネソウ。
c0305565_17572647.jpg





   今年のサクラタデは、去年より白っぽく感じた。
c0305565_17574186.jpg



c0305565_17575424.jpg





   シュウメイギクも ハギ(下)もわさわさ咲いている。
c0305565_17582171.jpg



c0305565_17583437.jpg





   アキアカネのこんな場面も、やっと撮れたくらい、稀に。
c0305565_17584954.jpg





   ミドリヒョウモンのオスが多いけど、傷みも目立つ。
c0305565_17591030.jpg



c0305565_17592790.jpg



c0305565_17594845.jpg


   このコは緑のおばさん。なぁ~んて、死語だね。
c0305565_18000527.jpg





   緑のオスと裏銀のメス、接近。
c0305565_18003790.jpg





   ウラギンヒョウモンのメスと見た。
c0305565_18005175.jpg





   メスグロヒョウモンのメス。このコもかなりお疲れ。
c0305565_18010831.jpg





   この日のエントランスの噴水でバラの花。
c0305565_18012170.jpg

by h6928 | 2018-09-19 18:48 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/05 ) は、台風一過の晴天になり、
またしても猛暑日の予報が出ていたので、
それを口実に軽井沢レイクガーデンに撮りに行った。

さすがに軽井沢では猛暑日は無いだろうとー。
実際、行ってみると日中ピーカンでも27℃と、
軽井沢としては高めの気温でも、
我が家方面より断然過ごしやすい。

チョウや他の虫たちも、
けっこう飛んでいるのが見られるようになっていた。

でも、衰えた視力では見つけるのが難しくなり、
カメラ操作さえモタモタして我ながら情けない思いをしつつ、
実際に撮れたのは見た割にはごく少数。

それでも、日差しそのものが弱まっているのか、
直射日光下で行動していても消耗はしにくい。

その分、根性無しでも少しは頑張れた気がするナ。
同時に、もう確実に秋なんだと思うと、
なんだか寂しい気も湧き上がってくるのだった。





    そこかしこに、センニンソウが白雲のように咲き誇る。
c0305565_17543391.jpg





   なに今頃咲いてんの? アナベルさん。背景は湖面。
c0305565_17544694.jpg





   名前からして秋らしい、シュウメイギクは欠かせない。
c0305565_17550890.jpg





   こちらも「秋」を冠したシュウカイドウ。
c0305565_17551896.jpg





   はたまた、ヌスビトハギさんが不敵な笑みを見せている。
c0305565_17563901.jpg





   夏眠から目覚めて活動再開かな、ミドリヒョウモンさん。
c0305565_17571780.jpg



c0305565_17572873.jpg





   ウラギンヒョウモンさんも出てくれた。
c0305565_17574252.jpg



c0305565_17575264.jpg





   キタキチョウは、日中ピーカンでも隠れなくなった。
c0305565_17581527.jpg





   キムネクマバチは、ちょこまかと忙しそうだった。
c0305565_17582979.jpg





   お腹がすっかり赤くなったアキアカネ男子。
c0305565_17585624.jpg



c0305565_17590887.jpg





   地団太ならぬ水団太101.pngを踏んで見事水中立ちした、カルガモさん。
c0305565_17592725.jpg

by h6928 | 2018-09-06 18:44 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


昨日 ( 08/26 ) も猛暑日の予報が出ていて、
朝からその気いっぱいの空を見ているともうウンザリ。

日曜日で多少は混んでいるのも覚悟の上で、
榛名に避暑がてら行くことにした。

なるほど、寂れてきたとはいえさすが観光地、混んでいた。

ボクは虫や花撮りなので、
観光客の寄り付かない所を徘徊するから、何とかなった。

気温は27℃くらいでも、
直射日光を真上から浴びるとけっこう暑い。
それでも、山の天気は変わりやすく、
一転俄にかき曇り、時々妙に涼しくなったりもする。

虫さんはまだまだあまり出てくれないから、
徘徊領域が広くなって・・・疲れたぁ~。





   夏眠明けかな、お疲れ感たっぷりのミドリヒョウモン。
c0305565_17370886.jpg






   ウラギンヒョウモンも、ノハラアザミに立ち寄ってくれた。
c0305565_17371765.jpg





   キアゲハの終齢幼虫。昔はよく見たのに最近激減している。
c0305565_17374665.jpg





   季節がらか、シラヤマギクもよく見かけるようになっていた。
c0305565_17375504.jpg





   ヨツバヒヨドリにはチョウチョが来てほしかった。
c0305565_17380669.jpg






   サラシナショウマが咲くと初秋を実感する。
c0305565_17381648.jpg






   ひっそりと咲いたタムラソウも。
c0305565_17383496.jpg






   このバアソブは、美白というより白けている感じ!?
c0305565_17384212.jpg






   ゲンノショウコに、よく見たら虫さんがいた。
c0305565_17390409.jpg


   ☝の部分拡大。ゾウムシさんだった。
c0305565_17391335.jpg






   今年初めてのツリフネソウ。キツリフネよりずいぶん遅い。
c0305565_17392969.jpg



c0305565_17394085.jpg






   一昨日の夜、薄雲越しの月を撮ってみた。ニコンのコンデジ。
c0305565_17395098.jpg






   そしてこれは昨夜の満月の出を。妙に不気味な感じがした。
c0305565_17395810.jpg

by h6928 | 2018-08-27 18:32 | 季節もの・初秋 | Comments(6)


昨日 ( 09/09 ) は、残暑が厳しくなりそうなので、榛名湖畔に避難した。

土曜日でお天気も良いのに、観光地としてはさほど混んでいない。
それはボクのような趣味の人にはむしろ好都合。

平地では味わえない涼しさの中、
ゆったりと誰にも邪魔されずに、花や虫と遊べる。

もう秋の気配もだいぶ深まって来て、秋らしいものが撮れた。

そんな中から、今回は秋と名の付くものを中心にセレクトしてみた。





   湿地や水辺に群れ咲くアキノウナギツカミを、寄って撮る。
c0305565_18010684.jpg






   茎に逆さ向きの棘がビッシリ。ウナギが掴めそうでも、手も痛そう。
c0305565_18012288.jpg




c0305565_18013415.jpg




c0305565_18014447.jpg






   こちらは、近縁だけれど花は豪華な、ミゾソバ。
c0305565_18015644.jpg






   アキノキリンソウは8月から11月まで咲くけれど、秋が似合う。
c0305565_18020846.jpg






   アキカラマツ。あまり目立たないけれど、秋に相応しいような。
c0305565_18021826.jpg






   立秋を過ぎると見かけるようになるツリフネソウ。尻尾のカールが可愛い。
c0305565_18023554.jpg





   キタテハも、いつの間にか秋型が出ていた。
c0305565_18025389.jpg






   盛夏には夏眠して、秋風と共に再登場の、ウラギンヒョウモン。   
c0305565_18030482.jpg






   こちらも夏眠明けで再登場のミドリヒョウモン。♀は何となく緑っぽいかな。
c0305565_18033736.jpg






   夏から秋にかけて咲くのは、フシグロセンノウ。
c0305565_18035301.jpg

by h6928 | 2017-09-10 18:43 | 季節もの・初秋 | Comments(6)


夏らしい晴天は7月のラストを飾っただけで、
8月になったらまた元の戻り梅雨風に戻ってしまった。

こんな調子で行くと7日が立秋だから、もうじき秋になってしまう。

そんな心配をしながら、昨日 ( 08/01 ) は雨でも大丈夫な場所として、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンで撮ることにした。

安中を出るときは降っていなかった雨も、太田までの道々では、
降っていたりいなかったり、所により雨もあるもよう・・・だった。

ガーデンでは、とりあえず降られはしなかったけれど蒸し暑く、
流れる汗を拭きふき撮影するので、集中力の維持が極めて困難だ。
ずいぶん投げやりに撮ってしまったなぁ。

頭上でやかましく鳴いているセミたちも悪い奴らだよな。
姿を見せれば被写体にしてやるのに、見えなかったからよけい悔しい。





   アメリカフヨウとの交配種のこのモミジアオイは、いかにも「夏!!」。
c0305565_18020865.jpg





   ハイビスカス属なので、ついこう撮ってみたくなる。
c0305565_18022585.jpg





   夏色と言えば、キョウチクトウも外せない。
c0305565_18024368.jpg





   ルドベキアに紛れている、ベニシジミが見えるかな?
c0305565_18030039.jpg





   同系色繫がりで、ヒョウ柄のツマグロ紳士。
c0305565_18032437.jpg




c0305565_18033454.jpg





   この止まり方はウスバキトンボ独特。群れ飛ぶ前の休息タイム。
c0305565_18035184.jpg





   パイナップルリリーは、もう咲き終えていた。この風情も良い。
c0305565_18041398.jpg





   ナガバミズアオイにマメコガネを見つけた。
c0305565_18042855.jpg





   ドイツトウヒの若い実。透明な樹脂に惹かれた。
c0305565_18045212.jpg





   レンガ塀に這わせているブドウの実。もうこんなに色づいて。
c0305565_18051041.jpg





   樹液に集うカナブンさん。もっと色々いたらいいのに・・・。
c0305565_18052338.jpg

by h6928 | 2017-08-02 18:47 | 季節もの・夏 | Comments(4)

榛名湖畔で


なんか、サーバーのメンテナンスとかで大混乱していて、
やっとこさ更新が可能になったようだ。

そんなわけで、もうイライラしっぱなしで細かいことまで注意が回らずに、
もう勢いで最低限のアップにしておこう。

昨日、避暑に行った榛名湖畔でノンビリ撮ったものなのだが、
せっかくの癒しも台無しになった気分。

その気分が写真には伝わっていないことだけは願っている。





   早くも咲き始めていた、マツムシソウ。
c0305565_19542579.jpg





   アジサイの一品種かな?不思議な色合い。
c0305565_20000934.jpg





   ヤマホタルブクロ。
c0305565_20010023.jpg





   オカトラノオとスジグロシロチョウ。
c0305565_20013587.jpg





   ベニシジミも涼しそう。
c0305565_20025903.jpg





   懐かしいゲンノショウコに、久々に逢えた。
c0305565_20032171.jpg





   ヤマアジサイはまだまだ元気に咲いていた。
c0305565_20034717.jpg





   どっさり咲いていたキツリフネ。
c0305565_20064918.jpg




c0305565_20072890.jpg




c0305565_20091050.jpg





   竹久夢二のアトリエにいた、ミドリヒョウモン。
c0305565_20100363.jpg




c0305565_20101852.jpg





   入口を入って真ん前に夢二の写真が飾ってある。
c0305565_20113409.jpg

by h6928 | 2017-07-18 20:31 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日、バラとどちらを優先させるか?ギリギリまで悩んで、
結局後送りにしたのが今日の写真たち。

昨日の撮影で、凄い運が付いていて秀作が撮れていれば、
もっと後回しにされるところだったけどネ。

生憎というか、ちょうど昨日は大したものが撮れなかったから、
今日はちょうど良い出番を与えられたワケ

ホントはまだ花の写真も数があるのだけれど、
「取って置き」になってしまいそう。

チャンスを逃さないうちに出せればいいけどナ・・・・。





   ウラギンヒョウモンが、熱心にオカトラノオの群落で吸蜜に。   
c0305565_17570657.jpg




c0305565_17571941.jpg




c0305565_17573577.jpg




c0305565_17575189.jpg




c0305565_17580294.jpg





   ホシミスジもしばらく遊んでくれた。
c0305565_17582103.jpg




c0305565_17590186.jpg




c0305565_17591585.jpg





   ショウジョウトンボの未熟♂だろう。赤くないとらしくない。
c0305565_17593678.jpg





   ヨツボシトンボのオスだろうが、ずいぶん黒ずんでいる。
c0305565_17595364.jpg





   いろんな花が咲いていたけれど、今回はアストランティアを採用。
c0305565_18001772.jpg




c0305565_18003100.jpg

by h6928 | 2017-07-07 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)