タグ:ハクチョウ ( 26 ) タグの人気記事


昨日 ( 02/08 ) は、
朝のうちは良く晴れて穏やかな天気だった。

こんな日には館林方面からは富士山が良く見えるかな?
と大いに期待して、多々良沼を目指した。

道中、浅間山が白くくっきり見えていたから、期待感は高まる。

・・・・が、現地に到着してみれば、
南から西にかけての山際は雲に覆われていた。
これでは富士山は無理。今年は富士山に嫌われているみたいだ。

せっかく来たからにはハクチョウでも、と頑張ってみたけれど、
遠くでじっとしたまま動きが無い。

鳥影も薄く、時間だけが虚しく過ぎて行き、
穏やかだった天気も次第に悪くなって、風も強まる。

こりゃぁ今回こそダメかなと諦めかけたところ、
ハクチョウたちが唐突に飛んでくれた。
早速ダメ元で連写。

条件的にはベストとは言えないまでも、まぁ、撮れただけまし105.png
贅沢はこの際封印ね。





   陸の鳥は、かろうじてムクドリが協力してくれた。
c0305565_17251274.jpg





   思い切ってズームイン!デカすぎ!
c0305565_17252219.jpg





   枝留まりも撮れた。
c0305565_17253205.jpg





   ハクチョウたちはずっとこんな状態だったけれど・・・。
c0305565_17260159.jpg





   唐突に鳴き交わした後、バタバタと飛び立った。
c0305565_17261306.jpg



c0305565_17262598.jpg





   飛び立って、次第に高度を上げて行く。
c0305565_17264365.jpg



c0305565_17265546.jpg



c0305565_17270520.jpg



c0305565_17271547.jpg





   独特の姿を見せる男体山。冬枯れの樹にはカラスが。
c0305565_17273287.jpg





   脛節が肉色の、北方系ダイサギ。
c0305565_17274731.jpg





   アオサギは寒そうに身をすくめている。
c0305565_17275758.jpg





   寒々しい空と、遠くに赤城山。
c0305565_17280849.jpg

by h6928 | 2018-02-09 18:16 | 野鳥 | Comments(6)

烏川でハクチョウ


例年今頃になると烏川のハクチョウが話題になるのに、
今年はなぜか話題に上ることが無い。

それでも昨日、一応様子を見に行ってみた。

河川敷に着くと、車が数台見えるが賑やかとは到底言えないほど。
さっそく川の方を見ると、いるにはいるがとても少ない。

例年なら100羽は軽く超えているのに、20数羽。

重たい三脚に大砲を乗せたカメラマンはゼロ。
現金なものだなぁ、良い素材じゃないと判断されればこれだもんね。

高倍率ズームのコンデジで撮ろうとしているのがボク1名。
数少ない見物人はスマホのカメラで撮っているくらい。

夕刻まで粘ればそれなりの雰囲気で撮れそうだったけれど、
やっぱり寒さと風に負けて、程々で上がって来た。

とりあえず証拠写真にはなったかな。




   ざっと数えて20数羽。例年よりずいぶん少ないハクチョウたち。
c0305565_17455668.jpg





   見物人が訪れるとカモやカラスたちがおこぼれを狙って群がる。
c0305565_17465108.jpg





   誰もいないときは川岸の方で寛いでいる。
c0305565_17462518.jpg




c0305565_17460785.jpg




c0305565_17463850.jpg





   後ろからだけど、パタパタも。
c0305565_17471871.jpg





   パンを投げる人がいると、まずはカモたちが飛んで行く。
c0305565_17473026.jpg





   遅れてハクチョウたちも羽ばたきながら水上走りで。
c0305565_17474873.jpg




c0305565_17475815.jpg




c0305565_17480691.jpg





   コンデジでは厳しいけれど、流し撮りにも挑戦してみた。
c0305565_17481676.jpg



c0305565_17482925.jpg

by h6928 | 2017-12-29 18:25 | 野鳥 | Comments(2)

飛んで 飛んで 飛んで


昨日 ( 12/20 ) は、朝からスッキリ晴れていたので、
もしかしたら富士山が見られるかもしれないと期待して、
撮影行は多々良沼に決めた。

道中、浅間山が雪化粧しているのがくっきり見えたから、期待は高まった。

でも、そうは問屋が卸さないのが世の常で、
現地に着いた頃には、
富士山が見えるはずの方向は靄っていて見えない。

日没まで粘ればシルエットでも見えるかも?と、
鳥でも撮って待つことにした。

そして、日没前になってもまだ靄は消えてくれない。
現地の漁協の人に訊いてみたら、
今日はダメだねとあっさり言われてしまった。

てなことで、今回のは富士山待ちの間に撮った鳥さんから、
期待だけ飛んで行ってしまった結果に引っかけて、
飛翔シーンを集めてみた。




   コサギたちもこれだけ飛んでくれると「鷺の舞」になるなぁ。
c0305565_17363747.jpg



c0305565_17364802.jpg



c0305565_17370171.jpg





   カルガモやヒドリガモの上を、何食わぬ顔で通過するアオサギ。
c0305565_17371212.jpg





   翼でブレーキ効かせて、コサギが着水するシーン。
c0305565_17372810.jpg





   セグロカモメ(たぶん)の飛翔姿を捉えた。
c0305565_17375619.jpg


c0305565_17380473.jpg





   コハクチョウたちがガバ沼から飛び立つシーン。
c0305565_17382786.jpg





   どちらも風上が向こうだったので、後ろ姿になってしまった。
c0305565_17384317.jpg





   ガバ沼に戻って来て、降りる前に上空を旋回中。
c0305565_17390001.jpg



c0305565_17390901.jpg



c0305565_17392190.jpg

by h6928 | 2017-12-21 18:10 | 野鳥 | Comments(6)


昨日 ( 03/07 ) は前日と一転晴れたので、
ハクチョウの旅立ち前にと多々良沼に行ってみた。

安中も高崎も伊勢崎も太田もずっと晴れていたのに、
邑楽町・館林方面に近づくにつれて南側に変な雲が出てきた。

多々良沼に着いた時には、
その不気味な雲にほぼ覆われていて、横殴りの雨が降って来た。

雨自体は大したことが無いから、そのうち通り過ぎるだろうとしばらく待ってみた。
案の定、いつしか雲はどこかに行ってしまって、晴れた後は南風。

元気になったハクチョウたちは、
たまぁ~に南風に向かって飛び立ったりする。

撮れる位置は限定なので、風向きが変わらなければ同じことの繰り返しで、
こちら側には飛んでくれない。

結局中途半端な撮影行になってしまったので、
もう一度くらい再挑戦するかなぁ。




   ずっと晴れていたのに、多々良沼あたりは不気味な濃い雲に覆われていた。
c0305565_18065085.jpg





   暗い空を映した灰色の水面に浮かんで、動きも鈍いハクチョウたち。
c0305565_18065953.jpg





   濡れた翼が乾かないよぉ~、って愚痴も出そうなカワウたち。
c0305565_18071319.jpg





   枯れヨシにつかまって耐えている、ふくらスズメ。
c0305565_18072519.jpg





   オオイヌノフグリも、一旦は咲いたのが閉じかけている。どっこいツグミは頑張る。
c0305565_18073575.jpg





   晴れていればもっと綺麗だったはずの、ホトケノザ群落。
c0305565_18074448.jpg





   やがて晴れてくると、ハクチョウたちは元気に活動開始。
c0305565_18075906.jpg





   時にはこんなバトルも勃発する。
c0305565_18080868.jpg





   飛び立っても風上が右側から(南風)なので、去る鳥ばかり。
c0305565_18082249.jpg





   結局向こう向きばかりなので、せめてパタパタを撮って上がることにした。
c0305565_18083266.jpg



c0305565_18084197.jpg



c0305565_18085045.jpg

by h6928 | 2017-03-08 18:44 | 季節もの・早春 | Comments(4)


昨日 ( 01/30 ) は、新しい撮影地を開拓しようと、
館林市にある近藤沼というところに初めて行ってみた。

長細い形のわりと広い沼で、釣り客が何人かいて、水鳥もそれなりにいた。
でも鳥たちの警戒心が強くて、近寄れない。

北風の吹きまくる中、風に飛ばされそうに(!?)なりながら、
双眼鏡をもって沼を一周してみたが、望遠ズームをもってしても無理そう。

カワアイサ♂が1羽見えたけれど、撮るのは諦めた。

結局撮る気も起きないで徒労に終わり、そのままでは癪だから、
帰り際に慣れっこの多々良沼によって、
チョロッとスナップでハクチョウを撮って来た。

そんなチョロスナのハクチョウでお茶を濁そうか026.gif





   ふと気が付くと、家族連れらしい御一行様が降りて来た。
c0305565_17562698.jpg





   大きな足でブレーキを掛けながら、豪快に着水。
c0305565_17563913.jpg





   降りるとまずは挨拶なんぞをするんだね。
c0305565_17570634.jpg



c0305565_17571759.jpg





   その後、適当に小競り合いなどしながらも、仲良く過ごしていた。
c0305565_17573050.jpg



c0305565_17574336.jpg



c0305565_17580798.jpg



c0305565_17575731.jpg



c0305565_18004620.jpg



c0305565_17582535.jpg





   だいぶ白くなってきている、コハクチョウの若鳥。アンニュイな午後・・・。
c0305565_17583937.jpg





   第1回冬羽かな?たぶんセグロカモメも飛んでいる。
c0305565_17584964.jpg

by h6928 | 2017-02-01 18:39 | 野鳥 | Comments(2)

  多々良沼・日没前


昨日は、午後に撮影には出掛けたのだけれど、
フィールドがあまりにも暗くて、鳥さんも一瞬しか出てくれず、
シャッターは押したもののブレボケ写真しか撮れなかった。

おまけに雪は降ってくるし、
早々に撤収して「危うきに近寄らず」を決め込んだ。
君子には程遠いボクだけどね。

そんなわけで、今回は18日に撮っておいた取って置きを載せよう

多々良沼で日没前まで粘って撮ったもの。
本当はあまりきれいに色づかなかった夕景なのだけれど、
小細工を弄してきれいに見せようとはしている。

その努力に免じてお許しあれ025.gif


c0305565_17570919.jpg



c0305565_17572108.jpg



c0305565_17573557.jpg



c0305565_17574870.jpg



c0305565_17580914.jpg



c0305565_17581868.jpg



c0305565_17583152.jpg



c0305565_17584637.jpg



c0305565_17585972.jpg



c0305565_17590953.jpg



c0305565_17592973.jpg



c0305565_17593949.jpg

by h6928 | 2017-01-21 18:17 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 01/18 ) は、元日以来となる多々良沼に行ってみた。
木曜金曜辺りに天気が悪くなるとの予報が出ていたので、その前にと。

着いてみると、良く晴れわたり風も弱く、上々の撮影日和。
でも、なぜか今回は水位が上がっていて、それが逆に撮りにくさをもたらせていた。

水が少なければ少ないで不平を言い、多ければまた不平・・・では、
何とも身勝手な自分に呆れたりもする。

で、シギチやサギがダメならば今回はハクチョウってことで、
幸いにも飛翔場面がそれなりに撮れたから、それを中心に採用してみた。

ラッキーついでにジョウビタキの女のコも撮れたので、
それも特別付録にね。





   お昼頃の男体山。こんな風に見えるときは穏やかな良い天気。
c0305565_18065874.jpg





   その男体山をバックに南東方向に飛ぶハクチョウたち。
c0305565_18071275.jpg



c0305565_18072157.jpg





   これは別の団体様御一行。青空に白く大きな鳥が飛ぶ姿は壮観。
c0305565_18073410.jpg





   赤城山の一部を背景に飛翔するのは、家族だろうか。
c0305565_18074377.jpg



c0305565_18075246.jpg





   トリミングして1羽だけを切り取ってみた。
c0305565_18080225.jpg





   水辺では、水浴びやパタパタをして寛ぐ姿も見かける。
c0305565_18081939.jpg





   通信簿のオール2を「アヒルの行進」と言ったやつがいたけど、この方が似合う。
c0305565_18082782.jpg





   アメリカコハクチョウのカップルもいた。
c0305565_18083630.jpg





   ジョウ美女ちゃんの可愛いポーズも付録でついてきた037.gif
c0305565_18084935.jpg



c0305565_18085818.jpg

by h6928 | 2017-01-19 18:42 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 (12/19) も、この時期としては妙に暖かく、
多々良沼まで撮影に行ったのに、水鳥たちはほとんど午後の寛ぎタイムで、
動きが無い状態だった。

ボクだってホントはノンビリしていたかったのに、
根が貧乏性なもので、重たいレンズを担いでうろつき回ったりした。
結局その収穫は微々たるものでしかなかったけどね。

まぁ、それにしても、この時期に似つかわしくない薄着でいても、
歩き回れば汗ばむとは想像さえできなかった。

だからかナ、ミコアイサは未だに全く姿を見なかった。
まだ北の方面に居残っているのだろうか?





   コサギは、気が向くと舞い踊るように漁をしていた。
c0305565_17554979.jpg





   この2羽は仲良しで、どこに移動しても一緒だった。
c0305565_17560224.jpg





   拡大してみたら超ミニサイズの魚を捕っていた。せっかくだからトリミングしてみた。
c0305565_17561516.jpg





   ダイサギの飛翔姿は優雅。レンズの重さも忘れて追いかけた。
c0305565_17563553.jpg



c0305565_17564481.jpg



c0305565_17565220.jpg



c0305565_17570001.jpg





   カンムリカイツブリの、たった1回の最接近。向かってくるのが嬉しい。
c0305565_17572058.jpg





   後ろ向きだけれど、パタパタのサービスもさらに嬉しい。
c0305565_17573337.jpg



c0305565_17574312.jpg





   ハクチョウたちも来ていたけれど、遠くでじっとしている。
c0305565_17575741.jpg





   若鳥の大サービスで翼を広げてくれたから、ズームアップで大きくね。
c0305565_17580583.jpg

by h6928 | 2016-12-20 18:36 | 野鳥 | Comments(4)

昨日(12/11)はやっぱり時間が少なくなってしまった上に、
特にどうしても撮りたいものも無かったので、
様子見がてら烏川のハクチョウが来る場所に行ってみた。

まだ数も少なく動きも鈍く、ちょっとガッカリではあったけれど、
相変わらず今年も来ていてくれたのがわかって嬉しい。

今年は近くまで車が入れないようになっていて、
車に踏まれなかった分だけ、センダングサが茂っており、
気を付けて歩いたつもりでも、多量の種に引っ付かれてしまった。

フリースの上着のは払ったくらいでは落ちなくて、
いやぁ~、マイッチングだったいねぇ~025.gif





   今年も烏川にハクチョウがやって来た。数は見物人共々まだ少ない。
c0305565_17564438.jpg



c0305565_17572543.jpg



c0305565_17570071.jpg





   カラスの右側のと真下のは、アメリカコハクチョウのようだ。
c0305565_17574551.jpg



c0305565_17573670.jpg





   わざわざ日本まで来て喧嘩しなくてもいいのにね002.gif
c0305565_17575838.jpg



c0305565_17580713.jpg





   今年はハクチョウよりカモが多い。
c0305565_17571184.jpg





   ズームアウトしてみる風景はこんな感じ。堤防の向こうに団地かな?
c0305565_17581674.jpg





   近くの運動場に沿って植えられているトベラの、雌の木に実がたくさん!
c0305565_17583538.jpg



c0305565_17584593.jpg



c0305565_17585523.jpg

by h6928 | 2016-12-12 18:38 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

白い「コ」コレクション

昨日( 03/08)は、ハクチョウたちの北帰行が始まっているという、多々良沼に行ってみた。
なるほど、鳥たち全体の数もずいぶん少なくなっていた。

かすんだような空と、それを映す水の色は彩度も乏しく、
高めの気温で鳥たちもノタリノタリしていて、写真的にはあまり面白味がない。

だもんで、撮れた内からコハクチョウの顔と、おまけのコサギで「コ」を集めてみた。
コサギの方はどのコもみんなそっくりさんで、全く区別がつかないけれど、
コハクチョウは、改めて顔写真を見るとずいぶん個性的だと気がついた。

左・右・正面が揃えば、りっぱな「鳥別帳」が作れそうだ。
もうすぐお別れだから、もう作っている暇は無いね(って、作る気も無いくせに)。





     「コ」ハクチョウたちは、嘴の元の黄色い部分が千差万別
c0305565_18093309.jpg




      無作為抽出、黄色部分コレクションはいかが?
c0305565_18094642.jpg
c0305565_18095996.jpg
c0305565_18101246.jpg
c0305565_18102221.jpg




      若いコは嘴に桃色の部分があるのがコハクチョウの特徴
c0305565_18103293.jpg




      このコはアメリカ「コ」ハクチョウ
c0305565_18104096.jpg




      ここからは「コ」サギたち
c0305565_18105497.jpg
c0305565_18110150.jpg
c0305565_18111395.jpg
c0305565_18113061.jpg
c0305565_18114292.jpg

by h6928 | 2016-03-09 18:49 | 野鳥 | Comments(8)