タグ:トンボ ( 112 ) タグの人気記事

生家辺りで 秋色探し


昨日 ( 09/23 ) は、台風の接近による雨という予報で、
一日中雨を覚悟していた割に、日中は降らなかった。

えっ? それならば・・・と、
降り出したらすぐ撤収すればいいやと
元・生家辺りに撮りに出てみた。

降らないでいてくれただけで、特に良い天気でもない。
田園風景に咲くヒガンバナは?
と見渡しても思ったほど咲いていない。
畦に少し咲いていたとしても、
その向こうにイネがいねぇ。
なんてオヤジギャグを言いたくなるような
昔では考えられないような景色がそこにある。

そう、休耕田やら耕作そのものをやめてしまった「元・田」が
年々増えているのだ。

黄金色のイネの広がる田んぼに真っ赤なヒガンバナ、
そんな風景は
田舎でもどんどん減って来ているのが現実なんだね。

そんな訳だから、
一応ヒガンバナも撮っては来たけれど、
もうこのところ毎日ヒガンバナだから
今日のはあえてヒガンバナ抜きで構成してみた。






   今日はまずは赤とんぼから。種名にこだわらず(^^)/
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17274770.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17280440.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17281854.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17284027.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17285336.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17291134.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17292388.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17293863.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17295155.jpg



   キタテハももう秋型か・・・。彼岸だもんなぁ。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17300580.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17302167.jpg




生家辺りで 秋色探し_c0305565_17304060.jpg



   ツマグロヒョウモン男子が活発に飛んでいたけど、止まった一瞬にキャッチ。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17305441.jpg



   スジグロシロチョウの集団吸水が見られた。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17310993.jpg



   9月も下旬ともなると、ナガコガネグモ女史がでっかくなる。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17313062.jpg



   秋になるとツユクサが長持ちするので、午後でも撮れる。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17315149.jpg



   アレチヌスビトハギは、この辺りまで入り込んできてたんだね。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17320937.jpg



   ノゲシと名付けられた中では、アキノノゲシが一番好きだな。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17322262.jpg



   引っ付き虫の優しい代表は、メナモミ。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17323527.jpg



   子供のころはオナモミで遊んだけれど、今はオオオナモミ、のはず。
生家辺りで 秋色探し_c0305565_17325023.jpg

by h6928 | 2020-09-24 18:25 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 08/11 ) は、
殺人的な暑さになるとの予報も出されて、
そりゃぁたまらん💦とばかりに
今度は赤城山に避難しに行った。

距離的には
軽井沢に行くのより遠くなるのだけれど、
こんな日には逆に少し遠目くらいの方が
エアコンの効いた車で過ごせるから良い。

そんな思惑もあって、
また更に赤城の覚満淵という環境も
たまには行ってみたくなるから、
目指したくなる。

上州人には、赤城、榛名、妙義の三つの山を
『上毛三山』と言って特別に親しみを感じているのは、
この三つの山は特別高い山ではなくて、
気軽に行けてなおかつ
信仰の対象にもなっているからに他ならない。

生き物も豊富で、
ネイチャーフォトにはありがたい存在でもある。

でも、我が家から
距離的には一番近い妙義には
なぜか足を運ぶ機会が少ないのは、
個人的に考えてみれば
カルデラ湖が無い・・・
ってところがネックかな。

そんな訳で、今日は赤城の覚満淵からの写真をどうぞ110.png






   高原に避暑に来ているアキアカネ。酷暑の日にはお気持ち良く理解111.png
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17312462.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17310047.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17311195.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17315274.jpg







   ネキトンボ男子は、一足お先にもう真っ赤な赤とんぼ。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17320467.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17321782.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17323498.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17324840.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17330187.jpg







   アオイトトンボの連結産卵シーンが、あちこちで展開。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17331525.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17333997.jpg



   人気の草があるみたいで、混み合うようだ。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17332908.jpg



   ソーシャルディスタンス、なんて言ってらんないよね。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17370088.jpg



   交尾態も見られた。けど、ハート形の維持は疲れやすいのかな。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17335889.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17340749.jpg







   サワギキョウがまだかろうじて生き残っているのが嬉しい。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17344252.jpg



   コオニユリはこんな撮り方も試みる。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17343047.jpg



   アザミに似ていても棘の無いのがタムラソウ。この花が見たところ一番先。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17355675.jpg



   ナツグミ? アキグミ?小さなグミの実がいっぱいの、グミの樹もいっぱい。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17362651.jpg



   暦の上では「初秋」の覚満淵風景。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17364020.jpg

by h6928 | 2020-08-12 18:42 | 季節もの・夏 | Comments(6)


一昨日は軽井沢で涼しく過ごし、
昨日も朝の内はまだ涼しく体調も良かったのに、
いざ出かけようとする頃から
お腹の調子がイマイチになってきた。

気温もその頃から上がり始めたから、
いっそ大事をとってエアコンの効く部屋で
ゴロゴロして過ごすことにした。

たまにはこんな休写日も良いもんだなぁ・・・
とか思いながらも
ゴロゴロするお腹を抱えて1時間ごとにトイレに・・・も。
そっちの方は快適とは言い難いけどね。

ゆっくり休んでいたおかげで
夕方にはだいぶ落ち着いて、
定番の偽ビールも恐る恐る飲んでみると大丈夫、全然イケる。
まだまだ回復力は衰えていないなぁ、
と自分を見直したのだった。

それよりも、
朝飯の時に食った残り物がヤバかったのかな103.png
回復力よりも警戒心を育んだ方が良いみたいだな、自分。

で、今日のは一昨日に軽井沢で撮れた写真から選んでみた。
編集も、今日のあまりの暑さに閉口し、
ついにPCをエアコンのある部屋に移動して
この作業をしているのだった。

うん、大事を取らねばね。





   エントランスに咲いていたカサブランカ。白一色が良いなぁ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17374792.jpg



   赤系のユリの真ん中あたりをアップで。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17375914.jpg



   別の花弁には、シャクトリムシさんが採寸中。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17381118.jpg



   エキナセアの頭花に花粉の輪。まるでコロナのよう、は言い過ぎかな今。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17384848.jpg



   こんな色と形のエキナセアもあるんだね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17383861.jpg



   ハナトラノオは、大口を開けて笑っているように見える花の集合体。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17382284.jpg



   羽化後時間があまり経っていないのかな?翅が光の加減で虹色に。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17390898.jpg



   こちらはだいぶ赤くなっていたマユタテアカネ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17394257.jpg



   アワフキムシの成虫は、小っちゃなセミのような虫。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17441881.jpg



   オミナエシにはアカハナカミキリが訪れていた。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17400435.jpg



   混然一体の妙っていうのかな、良い味わいだ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17403448.jpg



   よく見ると小さな水滴のようなのが見える。玉ボケもたまにはね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17405466.jpg



   秋の七草のハギだけど、写真を撮ろうとすると思いのほか難しい。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17411271.jpg



   秋の七草にあやかって、キキョウも。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17412417.jpg



   後出しジャンケンで「ぱあ」を出せば負け知らずだよね104.png
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17415606.jpg



   これ、何色と言ったらいいのかな?初めて見たアガパンサス。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17420923.jpg



   アサザに止まったギンヤンマをすかさずショット。産卵シーンをゲット。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17431337.jpg



   ピンクの鉢巻をしたような、ちょっとユーモラスなチーゼル。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17414149.jpg



   ほんのり桜色、みたいな感じのスイレンが色っぽいね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17425885.jpg



   ちょっとばかり背景を工夫してピンクのバラを。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17433189.jpg



   ピンクのアナベルは白いアナベルを背景に。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17440003.jpg



   時折群馬県側からやって来る霧が渡ってゆく景色が涼し気。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17443689.jpg

by h6928 | 2020-08-10 19:14 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 08/07 ) は、
朝からぼんやりとした曇り空で、
この分なら少しは暑さも緩和するかな?
と油断させる空で始まった。

それでも、
朝から部屋の温度計は29℃台を示しているし、
湿度も高いから蒸し蒸しと不快な環境下ではある。

家にいても不快だし、
いっそ外に出かけてしまった方が良さそうと、
一応水辺を目指して、
カイツブリでも見ようかと波志江沼に行ってみた。

以前訪れた時は
まだ抱卵中のカップルがいたので、
そのコたちに期待したのだった。

でも、なかなか
カイツブリたちは良いところに出てくれないから、
仕方なく、沼に住むトンボたちや
サクラの木々でやかましく鳴いているアブラゼミ
なんぞを撮ってみたりする。

今年は、
幼虫が乾いた土を好むというミンミンゼミが妙に少なく、
視界に入るところにまで出てくれるのはアブラゼミばっかりだ。

羽化間際になって湿潤な地面が長続きしたから、
ミンミンにはダメージに繋がったのだろうか?

そんなことを考えながら蒸し暑い中を過ごし・・・・、
いざ帰ろうかというころから雲が薄くなって
よせばいいのに気温はやたら上がり始めやがんの(>_<)

家に帰ってくれば部屋は35℃台。
それからしばらくはずっと34℃台の
まま下がる気配も無い。
またもや地獄のブログアップになったのだった。

でも、今日は今31℃でだいぶ楽ちんだ102.png






   縄張りを監視するシオカラトンボのオスさんは、この沼には多い。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17354325.jpg



   もっと綺麗でロマンチックなところで♡を作ったら?って、提案したい。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17361454.jpg



   オオシオカラトンボ?翅の基部に斑紋が見えないんだけど?
    コフキトンボ♂の老熟個体と、コメントで教えていただきました。
    ありがとうございます(^^)/ スッキリしました。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17363599.jpg



   コシアキトンボは、もうちょっと良いところに止まって欲しかった。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17370357.jpg



   ショウジョウトンボのこんな場面は、あまり見かけなかった気がする。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17374544.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17380200.jpg



   ウチワヤンマは、団扇は撮っておきたいので後方から125.png
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17382599.jpg



   この夏、アブラゼミは大発生。競争が激しいせいか警戒心はゆるゆる。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17390643.jpg



波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17392777.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17395109.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17401363.jpg



   今年のミンミンゼミは警戒心が強すぎて、見つけるのも大変。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17403658.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17410532.jpg




   ハスとヨシの葉陰からこっちを監視しているゴイサギさん。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17413263.jpg



   こう撮るとコサギも小ささを感じさせない。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17421948.jpg



   子育て中のカイツブリは、両親とヒナっ子2羽だった。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17430931.jpg



   こっちの成鳥がお母さん?やっぱりお父ちゃんより好かれてる?
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17432692.jpg



   カワウさんはしぶきを跳ね上げながら水浴び。羨ましぃ~。
波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17435654.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17442361.jpg




波志江沼で トンボ撮り・セミ撮り・鳥撮り_c0305565_17444535.jpg

by h6928 | 2020-08-08 18:46 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 08/04 ) は、
明け方こそ爽やかで気持ちの良い夏の朝だったけれど
そうやって油断させておいて、
ジワジワと気温が上がり結局は猛暑日に達する
油断ならない天気になった。

暑くはなっても
まさかいきなり猛暑は無いだろうと
高をくくっていたから
玉村町の水辺のもり公園なら
少しは涼しいかなと行ってみた。

まぁ、確かにそこはさほど厳しい暑さでもなく過ごせて、
程々に写真も撮れて、帰りの車で外気温表示を見ると
37℃まで上がっている。

家に着いても36℃。体温と一緒かい!で、
冷房は扇風機しかない部屋で写真の編集やらをやっていると、
アッチイ~~~141.png

集中力が途切れがちだから、
もうヤケのヤンパチで
連写物を単純に載せて数だけは稼ごう、
なんてセコイ手段に出たのだった。

今日もこの作業している時だってアッチイ~~~しね141.png






   背の低いエノキにやって来たアカボシぼマダラ。産卵したい様子だ。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16504302.jpg



   しばらく見ていると、このお母さん、動きが変。葉の裏に産んでいない。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16510637.jpg



   部分拡大して見ると、卵がお尻の周りにまとわりついているのだった。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16511878.jpg



   エノキの葉に産み付けようと試みるけれど、うまく行かない様子。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16512999.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16515176.jpg



   部分切り抜きで拡大して見ると、古い卵も新しいのも躰から離れないまま。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16521062.jpg



   しばらくして疲れてしまったのか、ここに静止して動かなくなった。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16532372.jpg



   人工の流れにいた元ミドリガメも撮ってみる。背後にオイカワが泳いでる。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16534505.jpg



   日本一美しいトンボとも言われるミヤマアカネは、まだ黄色い。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16542886.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16544405.jpg



   ハグロトンボの閉翅から開翅へ、そしてまた閉じるまでを連写で。
アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16550950.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16554451.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16555986.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16561879.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16564012.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16570761.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16572358.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16575358.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16583841.jpg




アカボシゴマダラの産卵異常と、トンボの連写など_c0305565_16585952.jpg

by h6928 | 2020-08-05 17:49 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 07/23 ) は雨が降ったり止んだりの
いかにも梅雨時らしい天気が続いた。

一応、写真は撮りに出てみたものの、
結果的に中途半端に終わり、
使い物になりそうなのは
8コマくらいしか残らない惨状。

それではあまりにも寂しいので、
むしろフラワーパークでの在庫に回したものの方が
遥かにマシなものたちばかりだから
昨日の方のにこそ引っ込んでいてもらおう。

ってことで、
今回もまた昨日に引き続き
両手差し出しスタイル実践による習作版
60mmマクロレンズ使用写真を
くどい❕ 何ておっしゃらずにご覧ください104.png






   梅雨時に相応しく、青い花から行ってみよう。先ずはアメリカンブルー。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17201347.jpg



   トレニアもこんだけデカいと迫力もんだね❢
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17204515.jpg



   梅雨時にツユクサ。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17210928.jpg



   しつこくもまた、レインドロップ105.png
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17213656.jpg



   ブロ友さんの写真で見て、自分も撮りたかったフタリシズカの実。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17215268.jpg



   じいじ (#^.^#)
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17221079.jpg



   カルドンで花粉をせっせとかき集めているのは、ナミハナアブかな?
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17223389.jpg



   セイヨウニンジンボクの花は、キムネクマバチさんには大人気。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17225651.jpg



   チョウチョの羽は履歴書。右の翅に刻まれた傷には、理由は書かれない。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17232165.jpg



   北関東では、これから急増してくるイチモンジセセリさん。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17234631.jpg



   早咲きのヒマワリが終わって、端境期気味でもこれが咲いていた。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17242513.jpg



   何気なく見上げたところに、ハクウンボクの実を見つけた。ラッキー♡
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17250034.jpg



   ハンゲショウの葉と花をバランスよく撮るのは、至難の業だよねえ💦
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17252017.jpg



   花の近くにはこんなコもいるから、小さな虫はご用心。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17254127.jpg



   獲物をぐるぐる巻きにしてご満悦、かもしれない?ナガコガネグモさん。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17260779.jpg



   立派な、風格もあるオオシオカラトンボさん。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17262349.jpg



   ヤマユリの花で一休みの、コチャバネセセリせん。特等席だね。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17264743.jpg



   マメコガネさん、恋にも「まめ」ですなぁ、って苦笑したくなる図。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17270377.jpg



   アキアカネと思い込んで撮ったけれど、ナツアカネの可能性も捨てがたい。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17272360.jpg



   キタテハの裏翅って、よくよく見ればすっごいオシャレ。
フラワーパークで 昨日の続編_c0305565_17275044.jpg

by h6928 | 2020-07-24 18:32 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 07/20 ) は、
予想外に晴れたりしたので、
せっかくだからと珍しく
家の生け垣の一部を剪定なんぞしてみた。

時間にして2時間足らずでも、バテたぁ~。

現役の仕事人間だった頃はほぼ肉体労働でも
「疲れを知らない・・・・のように~♪」だったのに、
引退して8年余りも経つとこうも弱るのか・・・と
改めてヒシヒシと実感するのだった。

とは言え今年は特に
長梅雨に慣れ切っていたから、
急に真夏日になるのは反則だよね135.png

おかげで午後は
写真を撮る元気も出ないものだから、
本屋さんに行ってのんびりしてきた。

そして連れて帰ったのは『蛾の生態標本図鑑』。
今井初太郎さんという茨城県在住の昆虫写真家の著作だ。
蛾はとにかく種類が多いから、
これでもまだ網羅しきれてはいないだろうけれど
何かの役には立つだろう、と思ってね。

そんな訳で、今日の更新は在庫から、
17日にあかぼり蓮園で撮ったハスの花たちに
活躍の場を与えよう。

まだ賞味期限は切れていないよね。






   今にも雨が来そうな梅雨空のもとに咲く、紅白のハスたち。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17324117.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17330437.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17332645.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17333905.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17340871.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17344333.jpg



   散り蓮華もボクの好きな被写体。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17350809.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17353118.jpg



   花が散ってしまって、雄しべ&果托が残るのもけっこう多い。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17412484.jpg



   背高のっぽの陰になってしまったのも見いだして救済しよう。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17354969.jpg



   ブンブンブン・・・・
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17361312.jpg



   ハチが飛ぶ♪  も撮りたかった題材♡
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17363005.jpg



   ハスらしく、水も写る位置を探して撮ってみなくっちゃね。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17370777.jpg



あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17372511.jpg



   ハグロトンボ男子の腹部の色は、光の当たり方でけっこう違って見える。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17374482.jpg




あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17375432.jpg



   畦道でノゲシから熱心に吸蜜しているモンシロチョウも。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17380985.jpg



  なんと‼ アライグマさんの足跡。たぶん左の前脚(左)と右の後脚(右)だね。
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17382706.jpg



   なんか、とっても嬉しそうなこの女性の釣っていたのは?
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17392590.jpg



   その収穫がこれ‼ アメリカザリガニの大漁、すっげぇ150.png
あかぼり蓮園で おもにハス_c0305565_17395306.jpg

by h6928 | 2020-07-21 18:45 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


今週の月曜日に、
軽井沢レイクガーデンに行って撮った花のうち、
まだ未掲載の写真もいっぱい残っており、
週を跨いでしまうのも鮮度落ちしそうなので、
今日それを載せることにした。

例によって例のごとく、
名前の分からない花ばかりなので、
今日も今日とて雨の中、レイクガーデンまで行って来て、
優しくて博識なヘッドガーデナーさんにお任せで
花の名前を教えてもらうことができた。

そうして今、
ブログの記事を書いている訳だけれど、
やっぱりねぇ、こりゃぁ相当「好きこそものの~」のたとえどおりで
生半可のことでは覚えられないよね、って実感する。

情報も常に新しく入れ替わるから
それに追いついて行かなくちゃいけないし、
やっぱ現役のプロは凄いや。

仕事から引退してだいぶ経って見ると
ムカシの身に付けていたはずの知識も・・・今は
かなり薄っぺらになっちまったかなぁ💦

あっ‼でも、一応今だって
現役のブロガーって言えば現役には変わりはないか105.png
これで飯は食えないからプロじゃないけどね。







   カンパニュラ・ラプンクロイデス。この時期、キキョウ科の花も自己主張。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17343318.jpg



   ツボサンゴ似の、ティアレア・コーディフローラ。アップに耐えるね。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17345137.jpg



   雨のやみ間、クナウティア・アーベンシスに吸蜜に来たスジグロシロチョウ。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17351664.jpg



   ホザキナナカマドを撮るときは、バックの黒つぶれ&白とびに気を付けた。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17354364.jpg



   モナルダ・ディディマ。モナちゃんは、咲き始めのこんな頃が妙に好き。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17360170.jpg



   ダブル咲きのホタルブクロは何度見ても不思議。つい撮りたくなる。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17365648.jpg



   テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズは、色の再現に挑戦し甲斐のあるバラ。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17372170.jpg



   ホルデューム・ジュバタムの穂の枯れ姿。緑の中で目立ってた。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17373420.jpg



   ビロードモウズイカを初めて見たのは、30代半ばで、足尾山中だったなぁ。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17443071.jpg



   アニスヒソップは紫が多いけれど、白もなかなか良いと思う。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17445850.jpg



   ペニセタム〝カーリーローズ”は、一見ただの雑草。でも、惹かれて撮った。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17380748.jpg



   オレガノ・ヘレンハウゼンは、小さな花を個々に良く見るとシソ科で納得。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17383205.jpg



   これもエキナセア151.png 子供の描く太陽みたい102.png
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17385616.jpg



   ヘラクレウムの〝ピンククラウド”で、セイヨウミツバチ大活躍中。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17402916.jpg



   アリウムの〝丹頂”。かわいいネギ坊主はまだツボミ。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17405740.jpg



   今年もまた逢えたね、マユタテアカネさん。お得意のサーブ待ちポーズ。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17412577.jpg



   小さな小さなヨコバイさん。名前は検索でヒットなし。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17414581.jpg



   クネクネと龍のようにうねるウンリュウカラタチの枝ぶりが珍奇。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17420722.jpg



   多肉辱物の碧魚連(ヘキギョレン)は、魚の尻尾?でも♡に見えてしまう。
レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17434270.jpg




レイクガーデンから 14日の続編を_c0305565_17423683.jpg

by h6928 | 2020-07-18 19:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

昨日 ( 07/09 ) は5時過ぎに、
緊急エリアメールのけたたましい音にたたき起こされた。
地震です‼大きな揺れに注意してください‼
と何度も女性の声が響き
いやがうえにも緊張が走る。

・・・・が・・・我が家では
微かな揺れさえも感じなかった。
後から発表された震度では安中市は1だったとか。

まぁ、とりあえず何事も無かったから良かったものの、
小心者のボクとしては寿命がまた縮んだ気がするのだった。

それでも、気を取り直して
午後にはまた撮影に出てみる。

今度は、伊勢崎市の伊与久沼。
カイツブリでも撮れたら良いなぁ、
との思惑がドンピシャで
、条件的には最悪なコンディションだったけれど
親子のカイツブリは願い通りに撮ることができた。

たまたまその時におまけで撮れた
青いハチの正体がイマイチ不明だけれど
とりあえず載せてしまおう。

このハチくらいの大きさの虫さんって、
「何でもカメラ」ともいえる多機能のP1000が
凄く弱みを見せる被写体なんだよねぇ106.png






   午後だから、蓮の花も綺麗に開いているのはちょっと無理目だったよぉ。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17305820.jpg



伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17312249.jpg



   白蓮というと数年前の朝ドラを思い出す。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17313934.jpg



   蓮花&ミツバチがやっと撮れた。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17315897.jpg



   コシアキトンボさんはなかなか正面を向いてくれなかった。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17322221.jpg




伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17325541.jpg




   コフキトンボさんも多かった。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17332301.jpg




伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17335141.jpg



   水没したハスの葉の上で生活していたのは、バンのヒナっ子。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17342383.jpg



   言っちゃぁ悪いけど、なんかぁ、あんましぃ・・・可愛くなぁ~い。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17345388.jpg



   躰のわりにデカすぎる脚が凄い。おかげで沈まずに暮らせるんだけどね。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17362057.jpg





   ハス沼の道路を挟んだ対面の沼には、子育て中のカイツブリがいた。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17364161.jpg




伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17372253.jpg




伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17381094.jpg



   親が捕って来た魚を一番小っちゃいヒナに与えようとしていた。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17385386.jpg



   すかさずもっと大きい子が割り込んで・・・・。チビちゃんはもらい損なう。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17391436.jpg



   4羽のヒナはそれぞれ大きさに差が付いているようだ。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17394575.jpg



   親鳥は水面に伸び上がってブルブルっと小さく羽ばたいたりも。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17402143.jpg



   また片方の親がお魚を捕まえてきた。小魚は多そうだね。
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17405672.jpg







   カイツブリがいた沼の手摺に、これを見つけた。 ミドリセイボウ???
伊与久沼で ハス・トンボ・鳥さんなど_c0305565_17412385.jpg

by h6928 | 2020-07-10 18:46 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日の掲載分は
レイクガーデン物に爽やかさで負けるだろうからと
席を譲り渡した写真たちを、
今日は満を持して登板させよう102.png

というのも、
その被写体になった
ョウトンボは奇麗だから良いとしても、
もう一つのモデルさんのノウサギに
ちょっと引っかかるものがあってねぇ。

ウサギさんそのものは
カイウサギと違って凛々しくて良いのだけれど、
今、方々の野山で問題になっているマダニが
けっこうリアルにたくさん写っているんだよねぇ142.png

野生の哺乳類には
こうした外部寄生虫は付き物だけれど
気持ち悪いと思われると困るなぁ。

こども達だって利用する公園という立地を考えると、
書かなければ分かりゃしないさ・・・という
「見なかったこと」的な態度も良くないしねぇ。

ともかく高崎市吉井町の赤谷公園では、
利用するときにはマダニには充分気を付けましょう。




   スイレンだけじゃなく、ショウジョウトンボも欲張って画面に入れた。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17295612.jpg



   この池にはチョウトンボもいたんだね‼ まずは何とか飛んでいるのを。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17301759.jpg



   草むらにいるのを見つけて、あれやこれやと虹色を撮ってみる。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17303810.jpg




チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17310654.jpg




チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17312554.jpg



   翅の裏側が写る位置を探して撮ってみると、虹色にならないと判明。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17314425.jpg



   虹色が見事だったので部分伸ばしをしてみた。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17321490.jpg



   コフキトンボは池の水面に張り出した枯草で、縄張りの監視。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17324647.jpg



   コシアキトンボも縄張りの見張り中かな。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17331054.jpg



   擬木でできた柵の手摺の下側を見ると、ジャコウアゲハのサナギがいた。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17334259.jpg



   昔ながらのヒャクニチソウもさいて、オオチャバネセセリが訪れていた。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17341046.jpg



   ガクアジサイなども撮りながら、その辺を歩いてみる。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17344677.jpg







   わぁっ‼ ノウサギさんだ‼ あわてず騒がず脅かさず、心を鎮て撮る。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17351858.jpg



   見ていると少し移動した。ズームアップするとマダニがいっぱい見える。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17361196.jpg



   目の前にあったクズの葉を食べ始めた。マメ科は栄養に富むんだよね。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17364939.jpg



   クズの葉を銜えたまま移動した。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17374419.jpg



   左耳の後ろ側に、飛び切りデカいマダニが見える。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17381977.jpg



   やっぱ痒いんだろうな、後ろ脚でボリボリ。ダニ、その辺に撒かないでよ。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17384752.jpg



   ユキヤナギの臭いを嗅いでいる風な動き。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17391007.jpg



   調子に乗って近づこうと少し動くと、この後脱兎のごとく逃げられた。
チョウトンボにノウサギさん_c0305565_17393986.jpg

by h6928 | 2020-07-05 18:52 | 季節もの・梅雨時 | Comments(10)