昨日 ( 02/17 ) は良く晴れたので、
久々にヨシガモを見たくなり
ヨシガモの川に行ってみた。

車で移動中は車内に降り注ぐ太陽光で暑いくらいだったから、
やっと春らしい環境で撮影できるかと期待は膨らんだ。

でも、現地に着いて車外に出ると、
とんでもなく風が強く吹いていた。
冷たい風ではなくとも圧力は相当なもので、
いろんな埃も飛んでくる。

目にはすごく悪そうだし困ったなとは思いながらも、
とりあえずは駐車場傍の森で風を凌ごうと寄ってみた。

すると、そこにはツグミとシメがいて、
地上に降りて木の実やらなにかを探していた。

とりあえずこれが撮れればヨシガモはパスでも良いか・・・・。
と安易に考えている矢先、どこからともなく
ヒヨドリたちのやかましい警戒音が聞こえ、
ツグミもシメもあっという間に姿を消してしまった。

ヒヨドリめ!余計なことをしてくれるなぁ。
おかげで風当たりの極めて良い堤防に陣取り
ヨシガモを撮る羽目になった。

カモたちは風当たりの弱い方へ移動していたので
撮影距離も遠くなり最望遠側で撮っていると
シャッターを切った瞬間にも躰ごと風に押され
あっさりとフレームアウトさせられる。

そんなことにイライラしながらも数を撃って当てるしかない。
難行苦行の鳥撮りだった。

恨むぜ!ヒヨさん160.png






   この日も森でツグミンを見つけて撮り始める。
c0305565_17430066.jpg



c0305565_17431101.jpg



c0305565_17433173.jpg


   ツグミを追っていたら、シメさんが割り込んだ。
c0305565_17434423.jpg


   落ち葉を掻き分けて食べ物探しのシメさん。
c0305565_17440209.jpg



c0305565_17441781.jpg



c0305565_17442613.jpg






   光の向きと強風で撮りにくいヨシガモ。ひとまず雌雄を1枚に。
c0305565_17444111.jpg


   女のコは良くある「カモの♀」パターン。
c0305565_17445129.jpg


   オスたちの頭の緑が・・・難しい・・・。
c0305565_17450512.jpg



c0305565_17452803.jpg



c0305565_17454007.jpg



c0305565_17454988.jpg


   一番風当たりの弱いところで、まったり・・・のコたちも。
c0305565_17455713.jpg

by h6928 | 2019-02-18 18:30 | 野鳥 | Comments(4)


昨日は天気もパッとせず寒かったので、
三ツ寺公園にコガモの白いコちゃんを確認に行ったくらいで、
写真はほとんど撮らなかった。

その白いコちゃんはもういなくなっていて、
どこかで元気にしていて欲しいと願うだけ。

で、今日のはその白いコちゃんを撮った時の、
残り物からセレクトして載せてみた。

白いコちゃんがいなかったら昨日載せることになったはずの、
本来ならレギュラーメンバーのはずだったのに、
補欠扱いになってしまってゴメンナサイ・・・・、
って、写真たちに謝っておかねば119.png






   カモ用パンを持っていそうな人の頭上には、ヒヨさんが待機。
c0305565_17512702.jpg






   この公園でも見かけるようになってきたツグミさん。
c0305565_17514490.jpg



c0305565_17515340.jpg






   太くて頑丈そうな嘴で食事中の、カワラヒワさん。
c0305565_17521300.jpg



c0305565_17522254.jpg


   三々五々餌探しの、5羽。
c0305565_17523151.jpg






   スズメちゃんは、寒いから「ふくらスズメ」
c0305565_17524772.jpg






   ハクセキレイさんの大股歩き。
c0305565_17531100.jpg


c0305565_17531947.jpg






   久しぶりにツブリンちゃんの登場。
c0305565_17533033.jpg



c0305565_17535987.jpg


   やっぱり怖い顔も見せてくれる。
c0305565_17540894.jpg


   羽繕いでお腹を見せた。白だったんだね、黒くなくてヨカッタ。
c0305565_17541828.jpg






   最後はカモを代表して、マガモ女子の水浴び。
c0305565_17543577.jpg

by h6928 | 2019-02-17 18:31 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 02/26 )は二日間明けた後の大室公園に行ってみた。

着いたとたん、帰るバーダーさんが何人かいて、どうやら不作な模様。
確かに、撮り始めてみると望むほどには旨く行かない。
帰りたくなる人の気持ちも分かるなぁ。

とばかりも言っていられないので、この日の狙いは飲水シーンに絞った。

五料沼の岸辺は蛇籠が連なっていて
レンジャクたちはその太い鉄線に止まって水を飲むケースが多い。

ヤドリギの実を食べるとのどが渇くのか、食後に木の上から舞い降りる。
どこに降りるかはレンジャクさんの勝手なので、
願ったり叶ったりはめったに無い。

辛抱強く待ちぼうけをして、何とか一応目的のシーンは撮れた。
内容的にはイマイチだけれど、
「足るを知る」ってことで今回はこれで良いかな。




   まさに「籠の鳥」のツグミさん。わざと入っているようだ。
c0305565_17450799.jpg





   ちゃんと籠脱けもできるんだよ、ってどや顔。
c0305565_17452303.jpg





   水辺にはカワラヒワもやって来て、上手に飲んでいた。
c0305565_17463783.jpg




c0305565_17464763.jpg





   おぼつかない足取りのヒレンジャク、水辺で発見。
c0305565_17470517.jpg





   飲水シーンは、水位が低いから角度が悪く、望ましい画が写らない。
c0305565_17471514.jpg




c0305565_17473520.jpg




c0305565_17474748.jpg





   この後、飛び去ったけれど、飛翔シーンは写し損ねた。
c0305565_17480587.jpg





   こちらは別の場所での飲水シーン。色合いが違って写ってる。
c0305565_17482670.jpg




c0305565_17484425.jpg




c0305565_17490060.jpg




c0305565_17492038.jpg





   うまく飛び立つシーンも撮れた102.png
c0305565_17500026.jpg

by h6928 | 2018-02-27 18:28 | 野鳥 | Comments(4)

波志江沼辺りで鳥撮り


昨日 ( 02/12 ) は、
しばらくご無沙汰だった波志江沼に行ってみた。

沼そのものよりは「波志江沼環境ふれあい公園」の、
公園部分で何か撮れないかとブラついてみたのだ。

沼がほぼ干上がっていた時のサギの楽園は面影も無く、
満水状態の沼は見るからに広い。

水深も深くなっているから、
サギにはもう御用済みな環境なのだろう。

カモたちがそこそこの数がいても、
被写体にはなりにくいのがほとんど。

そんな中で、ツグミやキジバトが、へぼカメラマンを憐れんでか、
少しだけ協力してくれて助かった。

そういえば、お昼頃かなりの強風が南から吹いていたのだけれど、
いつの間にか西風になり寒くなった。

その南の風って春一番とは認められなかったみたいで、
発表されることも無かった。

「春一番」の定義に合致しなかったのかな?





   コガモさん男子の生殖羽も完成、さざ波模様が綺麗。
c0305565_17410577.jpg





   風が当たりにくいところでは、空を映した水面が綺麗。カモさんも。
c0305565_17411406.jpg





   この冬は、やっとツグミんが「普通の鳥」になって来た。
c0305565_17414277.jpg





   青草のところにいると、少しは春めいて見える。
c0305565_17415484.jpg





   地面をほじっては、真剣に何かを探している。
c0305565_17421299.jpg





   餌探しで気付かないままこっちに来た。正面顔は達磨さんみたい。
c0305565_17422688.jpg





   こっちに気づいて慌ててUターン。逃げる姿が悪いけど笑える。
c0305565_17423923.jpg





   スズメちゃんがホップした瞬間が、偶然撮れた。
c0305565_17425233.jpg





   キジバトさんも食探し。ナンキンハゼの残り物が目当てのよう。
c0305565_17431283.jpg





   食べ物を見つけるのは大変そう。あっちへウロウロ・・・・、
c0305565_17434221.jpg





   こっちへウロウロ・・・・と忙しい。
c0305565_17435879.jpg





   これがホントの鳩胸だよね。
c0305565_17442423.jpg

by h6928 | 2018-02-13 18:34 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 02/05 ) は、
幸せの青い鳥を探して彷徨ったけれど、
結局姿さえ見えなかった。

このままではボーズかな?と思いながらも、
一応観音山ファミリーパークに寄ってみた。

まぁ、月並み&マンネリっぽいっけれど、
ハクセキレイとツグミが撮れたから、完全ボーズだけは免れた。

ハクセキレイは留鳥で人慣れしていたのに対し、
ツグミは3羽ほど見えたけれど、
どのコも一定距離以内には近寄れない。

それでも、
ようやくそこそこ見られるようになっただけ、
良しとするか。

戦後しばらくまでツグミは、
冬の味覚として盛んに食べられていた鳥だとか。

今はもう、いくら何でもそんな時代じゃないと、信じよう。





   1羽のハクセキレイさんがしばし遊んでくれた。
c0305565_17420063.jpg




c0305565_17422865.jpg




c0305565_17424889.jpg




c0305565_17433142.jpg




c0305565_17435122.jpg




c0305565_17441132.jpg






   やっと数が増えてきたツグミ。芝生上でまだ警戒心が強い。
c0305565_17442837.jpg




c0305565_17443657.jpg





   この冬初めて、2羽が1画面に入った。
c0305565_17444705.jpg





   朱の濃いクチナシの実たち。
c0305565_17450170.jpg





   いつの間にかキリの花芽が膨らんでいた。でも咲くのは初夏。
c0305565_17451608.jpg





   本当の春が待ち遠しそうな、ネコヤナギ。
c0305565_17452744.jpg

by h6928 | 2018-02-06 18:14 | 季節もの・冬 | Comments(4)


昨日 ( 02/04 ) は、立春。暦の上では春。
特に当ても無いけれど、大室公園に撮りに行ってみた。

日陰にはまだ雪が残っていたりして、
春は名のみの風の寒さや・・・だった。

そして大室公園と言えばヒレンジャクなのだけれど、
まだ早いかと思っていたら、意外にも2羽ほど来ていた。

たった2羽くらいだと、その個体が良いところにいないと撮れない。
姿は確認しても、とんでもない枝かぶりばかりで、
そのうちにどこかに飛んで行ってしまった。

広い園内にたった2羽の行き先を探すのは無理だから、すぐに諦める。
仕方が無いので撮れるものを撮って来た。

熱心な人はしっかり粘っていたようだが、豪いなぁと感心しても、
到底根性無しのボクにはまねできないのだった。





   シャーベット状の氷も浮かぶ水面で、カルガモ夫婦。
c0305565_17454398.jpg





   こちらは女子からの熱心な求愛。男子はタジタジみたい。
c0305565_17455281.jpg





   マガモさんの合コン? 男子が1名余るよね。
c0305565_17460469.jpg





   オオバンさんは、頭を前後に振り振り悠然と泳ぐ。
c0305565_17462043.jpg





   コガモさんは、なぜか独身男性ばかり。
c0305565_17463688.jpg




c0305565_17464580.jpg




c0305565_17470318.jpg




c0305565_17471353.jpg




c0305565_17472767.jpg





   田舎のスズメは人を警戒する。木に避難して行き過ぎるのを待っている。
c0305565_17475056.jpg





   久しぶりになるツグミちゃん。とっとこ走っては・・・、
c0305565_17480596.jpg





   ふと立ち止まって、良い姿勢をとる。
c0305565_17481558.jpg

by h6928 | 2018-02-05 18:23 | 季節もの・冬 | Comments(6)


昨日 ( 01/09 )は、気温こそ午後に17℃近くまで上ったけれど
風が強くて体感温度はさほど高いとは感じなかった。

4月中旬の陽気になると期待していたのに、
朝のうちはむしろ期待はずれの感もあって、出そびれていたくらい。

それでも午後、とりあえず三ツ寺公園で撮ろうと行ってみた。

出逢えた鳥たちは、ほぼいつもと変わらないメンバーでも、
期待した以上には撮れた気もする。

特に、今シーズンは妙に少ないツグミさんにもやっと出逢えた。

春らしさと言えば、
カワウたちが徐々に婚姻色になって来たのが見られ、
ここでの「小さな春」を見つけたようで、ちょっとだけ嬉しかった。





    今シーズン初撮りの、地上のツグミさん。まだまだボクには「希少種」
c0305565_17540510.jpg





   スズメちゃんは餌探しに忙しく、やっと顔を上げてくれた2カット。
c0305565_17541976.jpg




c0305565_17542806.jpg





   カワセミちゃんにもちょっと遊んでもらえた。
c0305565_17544749.jpg




c0305565_17550138.jpg





   枝止まりのキジバトさんを撮ってみたら・・・・。
c0305565_17552714.jpg





   正面を向くと、目が外側に突き出ているのが判る。
c0305565_17551897.jpg





   モコモコのお尻と、おまけのような尾羽が可愛いカイツブリさん。
c0305565_17554370.jpg





   大きな嘴を隠しても、目つきでバレてるよ、ハシビロガモさん。
c0305565_17555551.jpg





   電柱上にいたカワウ。見下されているようなのは気のせい?
c0305565_17561472.jpg




c0305565_17562770.jpg




c0305565_17563952.jpg

by h6928 | 2018-01-10 18:42 | 季節もの・冬 | Comments(2)


昨日 ( 02/13 ) は、出かけるときは穏やかな晴天だったから、
ハクチョウの北帰行の前には飛翔写真を撮っておきたくて、
多々良沼に行ってみた。

ところが、着いてみると予想外に風が強い。
ハクチョウは陸際の浅瀬でずっと動かずにいるし、他の鳥も姿を見せない。

手ぶらで帰りたくないなぁ・・・と、あたりを探すと、
森で風が防げる日当りの良い芝生に、ツグミがいくつか食べ物探しに興じていた。

そういえばこの冬はツグミの当たり年だなぁと感じていた。

見かけない年に比べれば大豊作だから、却って撮る気を無くしていたけれど、
この際だからツグミさんにピンチヒッターを引き受けてもらった。

また、近くの「おうら創造の森」で鳥を探したけれど、
ヒヨドリが我が物顔で大騒ぎをしていて、不発だった。

仕方ないので、こっちはラクウショウの膝根で間に合わせたのだった。





   ツグミさんも改めてよく見ると、なかなかどうしてカッコイイ。
c0305565_17513056.jpg





   風当たりの良いところにいると、羽毛が逆立つ。
c0305565_17491902.jpg





   何かを見つけて走り寄るのを、正面から。
c0305565_17493291.jpg




   土を勢いよく嘴で跳ね飛ばす。
c0305565_17501303.jpg





   食べた瞬間は撮り逃していた(>_<)
c0305565_17504630.jpg





   どんなもんだい!って言いたげな顔をしている。
c0305565_17511333.jpg





   おうら創造の森で、ラクウショウの膝根を。なんか様々な仏像みたい。
c0305565_17514664.jpg





   その内、三つからカウントダウンで(^^♪
c0305565_17515755.jpg



c0305565_17520667.jpg



c0305565_17521628.jpg





   帰りがけに大室公園で。ハクモクレンの蕾にスズメがこっそり隠れてた。
c0305565_17522826.jpg

by h6928 | 2017-02-14 18:32 | 野鳥 | Comments(6)


昨日 ( 01/03) の午前中は雲が多めだったので、
それを言い訳にして撮影をサボり、体を休めようかと思ったりした。

でも、午後になってみると雲はどこかに行ってしまい、
いかにも撮影日和になって来たので、因果なものでついつい出てしまった。

で、時間が無い時は三ツ寺公園、ということで、
毎度似たような写真を撮って来た。

せっかくだから載せてしまうけど
「もう飽きたよ!」とか言わないでよね。

御節やお雑煮じゃないんだからさ。





   この公園で最も数が多いカモさんは、ヒドリガモ。トップバッターに決まり!
c0305565_17425157.jpg



c0305565_17430252.jpg





   池の縁にいたカルガモ。一本足で立つのは絶妙なバランスなんだろうね。
c0305565_17431464.jpg





   左がイケメン、右が美女。双方プロポーズ中のカルガモをパパラッチ。
c0305565_17434588.jpg





   群れで上空を飛んでいたカモたち。どうやら全員ハシビロガモのよう。
c0305565_17432788.jpg



c0305565_17433567.jpg





   暖冬と言えども水は冷たかろうに、素足で流れを歩くのはセグロセキレイ。
c0305565_17440666.jpg



c0305565_17441436.jpg





   ツグミさんは足早に地上を走っていたけど、止まった時を狙った。
c0305565_17442738.jpg



c0305565_17443526.jpg





   ハシボソガラスだって酉年だからメンバーに。烏は「鳥」には横線が一本たりないけど。
c0305565_17444647.jpg





   満開の民家のロウバイを、逆光で望遠撮影してみた。
c0305565_17445544.jpg

by h6928 | 2017-01-04 18:26 | 野鳥 | Comments(2)

試し撮りシリーズ第4弾

昨日はまた大室公園に行ってみた。
そう、ヒレンジャクがいつ来るか分からないので、ついつい気になって、
様子を見に行ったわけ。

生憎冬型の気圧配置になって、日差しは強くなっても風はもっと強くて冷たい。
これではレンジャクも来てくれないよなぁ・・・と思った通り、来ていなかった。

それでも園内をあちこちうろつきながら、撮れそうなものを物色する。
思いがけない出逢いは、数年ぶりかのタヒバリ。
枯れ草と紛らわしい保護色で、動いていないと全く見えない。
セキレイのように頻繁に尾羽を上下させるから、存在が知れた。

コンパクトな双眼鏡を用意していたので注視すると、総勢6羽いた。
みんなある程度の距離を保っているから、撮れたのは単独ものばかり。

地面すれすれにいれば強風も気にならないのか、わりとのんきに寛いでいた。
興味ない人には全く見えないようで、誰も気づいていないし、
タヒバリ自身も保護色に自信があるのか、近くを人が通っても逃げもしない。

カメラを持った変なおじさんが、ずっとそこにいる方が十分アヤシイかも。






      こちらを見たタヒバリ。奴さんのおヒゲのような顔がおもしろい。
c0305565_17595649.jpg




      食べ物を探したり、
c0305565_18000522.jpg




      時には小休止していた。
c0305565_18001494.jpg
c0305565_18002732.jpg




      ムクドリは奥目なのかなぁ、キャッチライトが入らない。
c0305565_18004029.jpg




      樹上のツグミに、
c0305565_18005900.jpg




      こちらは地上のツグミ。
c0305565_18010627.jpg




      メジロかと期待したら、スズメちゃんだった。がっかり?いえいえ、ありがたいですよ。
c0305565_18012179.jpg




      茶葉の上のスズメたち。チュンチュンにぎやか。
c0305565_18015516.jpg




      風下を向いているジョビ子。こういうシチュエーションは、このカメラは苦手みたい。
c0305565_18020708.jpg




      風の当たらない日溜まりで、日向ぼっこしていた寝子。うらやましい。
c0305565_18022628.jpg




      なぁ~んかぁ~、このコには笑われちゃってるみたいだニャァ。
c0305565_18023570.jpg

by h6928 | 2016-02-26 18:56 | 野鳥 | Comments(4)