タグ:チョウ ( 28 ) タグの人気記事


昨日 ( 04/18 ) は、晴れて気温も上がり
絶好の撮影日和になった。

平地では夏日になるかもしれないので、
標高が高いところなら快適かと、
久々に赤城自然園に行ってみた。

赤城を代表する花・アカヤシオが咲くシーズンだとのことで、
先ずはそれを目的に撮るつもりだった。

でも、いざ着いて歩き始めてみると、
至る所にアカヤシオが目について、撮る前にもう食傷気味。

それよりも、
麓ではもう終わってしまっているカタクリがあったり、
高原ならではの花が多過ぎない程度に咲いていて
どうしてもそっちを優先に撮ってしまっていたのだった。

そしてまた、高原と言えども想像した以上に暑い。
用心して厚めの服装で来たから、
汗ばむけれど荷物になるから脱ぎたくもない。

こんなに暑くなるなら前もって
脱いで車において来ればよかった
と思っても後の祭り

我慢して歩くだけでなく、
背の低い花などを撮るには当然のように
立ったり座ったりの繰り返しで
けっこう疲れた。

この時期、今年は特に服装の選定には要注意だね。






 
   アカヤシオを撮りに行ったはずなのに、意外と撮っていなかった。
c0305565_17595814.jpg



c0305565_18000928.jpg







   ここのカタクリは密集していなくて、あちこちに点々と生えている。
c0305565_18003446.jpg



c0305565_18004444.jpg







   ヤマウグイスカグラは、小さな実も見えていた。
c0305565_18010227.jpg







   ハシリドコロは、誤食すると苦しさで走り回るという毒草。
c0305565_18011542.jpg







   ヤブレガサの名は本当に体を表す、ピッタリな命名だねぇ。
c0305565_18012946.jpg






   木漏れ日に咲くキクザキイチゲ。
c0305565_18014695.jpg






   これ、外国産のイチリンソウかな?
c0305565_18015887.jpg






   シラネアオイはまだ「はしり」だから?小ぶりで可愛い。
c0305565_18023486.jpg






   ワサビの花もひっそりと。
c0305565_18024712.jpg







   ミズスマシの池の傍、ミズバショウが咲いていた。
c0305565_18030676.jpg







   暖かさに誘われて、ミヤマセセリが日光浴。
c0305565_18032376.jpg


   キタテハも。
c0305565_18034179.jpg


   ヒオドシチョウも。
c0305565_18035225.jpg


   はたまた、小っちゃいニホンカナヘビも。
c0305565_18040712.jpg

by h6928 | 2019-04-19 19:07 | 季節もの・春 | Comments(4)

益子の帰りに壬生で


昨日 ( 05/25 ) は、
早起きして栃木県の益子町に行ってきた。

目的は、毎年恒例になっている、
芸家・三戸綾乃さんの作陶展を見るために。

そして、帰りには壬生町の県とちぎわんぱく公園で、
休憩を兼ねて植物や虫を撮るのも恒例。

で、昨日は栃木県も蒸し暑くて、公園内を歩き回ると汗だく。
この時期に、真夏日になるかならないかの温度は、さすがにキツイ。

無事に帰ることを優先すれば、ここで消耗はできない。
写真の収穫は乏しくとも、程々で引き揚げてきたのだった。

〆には
三戸さんの我が家の一角を飾る作品を、
早速撮って載せておこう113.png





   月が見えない時刻でも咲く、ツキミソウ。(※ 以下5枚は益子で)
c0305565_17501414.jpg





   オオキンケイギクは特定外来生物なのに、お目こぼしが多いみたい。
c0305565_17502680.jpg





   ハナムグリが3頭で競い合うほど美味しいのかな?
c0305565_17503718.jpg





   睡蓮鉢の白いスイレンと、メダカも。
c0305565_17505140.jpg





   シランは、花茎の一番上のが盛りを迎えている。
c0305565_17511144.jpg





    下野の国でシモツケ(^-^)
c0305565_17513308.jpg





   アリウム・ギガンチウムがいっぱい。 
c0305565_17514824.jpg





   モンキチョウが止まってくれたのを、すかさず。
c0305565_17520281.jpg





   モンシロチョウがヒラヒラと。
c0305565_17522781.jpg



c0305565_17523719.jpg





   ヤマボウシにいたヒメウラナミジャノメ。開翅と閉翅。
c0305565_17530987.jpg



c0305565_17531873.jpg





   白いチョウが飛んでいるような、ガウラ。
c0305565_17532988.jpg





   これが我が家に連れ帰った、三戸綾乃さん作、アジサイの陶板。
c0305565_17533875.jpg

by h6928 | 2018-05-26 18:51 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

真夏日でも秋色濃く


昨日 ( 09/18 ) は、台風一過のもたらせた暑い空気と、
フェーン現象が重なって、朝からムッとするくらい暑くなり、
日中は真夏日にさえなった。

どこか涼しい所に避難、
といっても、観光地は三連休最終日だから混みそう。

だから、暑いのも承知の上で、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンで撮ることにした。
予想通り適度に空いていて、気兼ねなく撮ることができた。

それでも、台風の影響がまだあるのか、風はそこそこ強い。
汗を乾かしてくれるのはありがたいけれど、
花も虫も遠慮会釈も無しに揺らせてくれるのは、歓迎できない。

とか何とか愚痴りながらも、いつもと何ら変わりなく撮影できているって、
すごく幸せだということをしみじみ感じるのだった。





   シュウメイギクは秋の花としては定番。まずは先頭打者で。
c0305565_17541684.jpg






   エノコログサの穂が、斜光に照らされて秋らしい情緒を。
c0305565_17543065.jpg






   ヒガンバナの変わりものが咲き残っていた。フリフリが色っぽいなぁ。
c0305565_17543944.jpg






   早く咲き終えたものは、果実がこんなに膨らんでいる。
c0305565_17544962.jpg






   木漏れ日が似合うシュウカイドウは、撮影者を困らせてくれる。
c0305565_17550231.jpg






   木製の古びたベンチに、干瓢夫婦が良く似合う。
c0305565_17551911.jpg






   陽だまりの葉先でまったり? のイチモンジセセリ?
c0305565_17554205.jpg






   モンキチョウは忙し気に飛び回っていたが、止まれば吸蜜に集中。
c0305565_17555620.jpg




c0305565_17560902.jpg






   風を避けて日光浴中のアオスジアゲハ。確か今年初。最初で最後かな。
c0305565_17562581.jpg




c0305565_17563482.jpg






   風に煽られてよっとっと・・・の、アサマイチモンジ。
c0305565_17564600.jpg

by h6928 | 2017-09-19 18:32 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

秋が来ている


昨日 ( 09/10 ) は、強烈な日差しが降り注ぐ、真夏日になった。

せっかくだから布団を干したりしているうちに出かけるのが遅くなり、
写真は近くの「はにわの里公園」辺りで撮ることにした。

午後になると雲は多めになっては来たけれど、それでも残暑はキビシイ。
風が適度に吹いてくれるから、接写に困るほどでもなく快適。

そして、ふと気が付くと、田んぼの畦やちょっとした空き地に、
もうヒガンバナがずいぶん花茎を伸ばしている。

改めてよく見ると、咲いている花もけっこうあるじゃないの。
なんだかんだ、もう秋が深まっているのだなぁ。





   秋が来たってムクゲの花はまだまだ綺麗。
c0305565_17581984.jpg






   公園の元芝生にニラの花がいっぱい。モンシロチョウは大喜び。
c0305565_17584164.jpg






   アサマイチモンジも来ていた。裏と表の両方撮れた。
c0305565_17591222.jpg




c0305565_18021900.jpg






   まだ収穫には間に合う秋ナスの花。「よめ」はネズミのことだって説もあるとか。
c0305565_17595357.jpg






   大豆の原種、ツルマメの花。多くの大豆の花と色形はそっくり。
c0305565_18001158.jpg






   これは、ちゃっかりオオブタクサの花穂に紛れて咲いていた。
c0305565_18002204.jpg






   オオブタクサで見つけたクサカゲロウの卵。優曇華の花として嫌う人も。
c0305565_18003103.jpg






   オモダカの花と葉を一緒に撮りたかった。やっとこれを見つけた。
c0305565_18011505.jpg






   コムラサキの実が、紫になってきている。緑も残る。
c0305565_18014230.jpg






   夏型のキタテハは、もうボロボロ。黄繋がりでキバナコスモスで?
c0305565_18015135.jpg






   今頃になって咲いていたバイカウツギ。花弁が多いのは園芸品種だから?
c0305565_18020660.jpg

by h6928 | 2017-09-11 18:51 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/03 ) は、日曜日の常でノンビリしているから、
出掛けるのが遅くなって、比較的近い富岡市の大塩湖で撮ることにした。

周湖道の道路わきは、何度目かのか草刈りが入った後、
少しは回復していても、秋の花が咲き競うには物足りない状態だった。

それでも歩きながら丹念に探してみれば、それなりに被写体は見つかる。

車でサァ~っと通り過ぎては絶対に出逢えないものでも、
運動も兼ねてウロチョロしていると、普通のものでも意外な面も見える。

その一つがイノコズチの花で、一見すると花序の全部がつぼみのようだ。
でも、よくよく見ると、途中に星形に咲いた花が見える。

これは、去年だったかな、スジグロシロチョウが吸蜜に来ていたのを不思議に思い、
確認して初めて気づいたのだった。

チョウに教えられなければ一生気付かなかった花かもしれない。
スジグロさんに感謝なのだった。





   秋の七草といえば、まずはハギの花。花陰には待ち伏せハンターも。
c0305565_17534520.jpg






   その、たくさん咲いていた中で、なるべく綺麗なのを選んで撮った。
c0305565_17533388.jpg






   河原や空き地によく見られる、メドハギ。
c0305565_17540586.jpg






   ヌスビトハギの中でも比較的小さくて白っぽい花。
c0305565_17541450.jpg






   これはその若い実。色も形もユニーク。
c0305565_17542414.jpg






   小豆の原種、ヤブツルアズキの花が見られる季節になった。
c0305565_17543578.jpg






   このルリシジミは女のコかな?花の無いマメ科らしい若葉に止まった。   
c0305565_17550482.jpg






   ニラの花はチョウには大人気。ミドリヒョウモン♂が来ていた。
c0305565_17551864.jpg






   こちらには、キタテハもストローを伸ばしている。
c0305565_17552831.jpg






   イチモンジセセリの、熱心なストーカー(後ろ)が見られた。
c0305565_17555699.jpg






   花が開いてないようだけど、蜜は出るの?オオチャバネセセリちゃん。
c0305565_17560712.jpg






   イノコズチの開いた花を、正面から。
c0305565_17562884.jpg

by h6928 | 2017-09-04 18:56 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

赤城ふれあいの森で


昨日 ( 09/02 ) は、夜間に通り雨があったようで、
外の景色は湿っぽくて、気温も20℃を割り込んでいた。

でも朝のうちは雲に覆われていた空も、次第に晴れ間が広がり、
予報よりは早めに晴天へと移り変わっていった。

となれば、早速撮影に出るのだけれども、榛名の次は赤城ってね。
赤城山のカルデラまでは行かないで、
途中の「赤城ふれあいの森」で我慢する。

撮影時間を確保した方が、下手にドライブでつぶすより良いかなとの判断で。
という思惑とは裏腹に、そうそう良い被写体とは遭遇できないのが世の常。
我慢できる範囲で出逢ったものはしっかり収めた。

それにしても、コケ図鑑まで買ったのに、コケの同定はまだまだじゃのぉ~。
きれいなコケに出逢えたのに、愛しい相手の名前が判らないとは・・・・。

ニンゲン、一生勉強だ・・・ね。






   ノハラアザミで吸蜜する、オオチャバネセセリ。
c0305565_17471291.jpg






   花に頭ごと突っ込む勢いで吸蜜の、スジグロシロチョウ。
c0305565_17472177.jpg






   アキアカネの翅が、一番光る位置を探して撮った。
c0305565_17474294.jpg






   何かの糞にでも擬態しているつもり? アトジロサビカミキリ。
c0305565_17481268.jpg






   簡単には見つからないカンタンが、ガードレールにいた。
     これなら見つけるのは簡単。
c0305565_17482253.jpg






   シシウドの全草を食い尽くす勢いの、キアゲハの幼虫たちから。
c0305565_17483329.jpg






   落ちていたオオミズアオの翅を、超アップで記念撮影。
c0305565_17485050.jpg






   山路で、控えめにひっそりと咲く、ヤマジノホトトギス。
c0305565_17490684.jpg






   ツタウルシのちょっと気の早い紅葉。かぶれるそうで、うっかり触れない。
c0305565_17493093.jpg






      スギゴケの仲間だろう。木漏れ日が緑を一層綺麗に染め上げる。
c0305565_17494126.jpg






   コケの中に小さな小さなキノコが生えていた。
c0305565_17495008.jpg






   青い空にナナカマドの赤い実。秋だねぇ。
c0305565_17502036.jpg

by h6928 | 2017-09-03 18:50 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

榛名のカルデラで、餞暑

昨日 ( 08/24 ) も猛暑の予報が出ていたので、
今度は先日のリベンジも兼ねて榛名のカルデラに避暑と決め込んだ。

今回は良く晴れて、適度に風も吹いて気持ち良かった。
緑の草原に濃いオレンジ色のコオニユリが点在し、良く目立っていた。

そこにキアゲハも入れ代わり立ち代わり訪れて、忙しそう。
でも、一見たやすく撮れそうに見えるのだけれど、そうはイカのなんとやら。
背が高くもないユリだから、背景の良いところが選びにくい。

我慢しきれずにシャッターを押しても、
写ったのは使い物にならないものばかりが、死屍累々。

結局、なるべく良い所にモデルさんが来てくれるのを待つしかなく・・・
「写真は辛抱だ。」なんてね、自分を納得させる。

それにしても、帰ってからが暑かった。夜中まで30℃オーバー。
やってらんねぇ~や!! って叫びたいけれど、
歳時記カレンダーによると「餞暑」という季語が載っていた。
餞別の餞で、せんしょと読むそうだ。

去ってゆく夏に餞を添えて見送るということ、だって。なるほど。
そういう視点で昨日の暑さを見れば、あの暑さも愛しくさえ思えるから不思議。

先人たちもそうしてクソ暑い残暑を乗り切ったのだろうか。





   晴れた草原ではコオニユリの花が目立つ。これは中でも小さい方。
c0305565_17574833.jpg






   こちらの花にはキアゲハがやって来て、しばし小休止。
c0305565_17580505.jpg






   ↑と同じ花に、別の個体が2頭で入れ替わっている。
c0305565_17582251.jpg






   翅を花粉で赤く染めている個体も見られる。
c0305565_17583216.jpg






   8月には、ノハラアザミがごく普通に咲いている。
c0305565_17585693.jpg






   ヤマトスジグロシロチョウの夏型♀だろうか?
c0305565_17590850.jpg






   イチモンジセセリが来ているこの花は、タムラソウ。
c0305565_17592110.jpg






   乾き気味の林下が好きな、ママコナ。乾燥化の象徴かも?
c0305565_17593774.jpg






   野生のキキョウ。これは傷みが無かった貴重品。小さなお客様もいる。
c0305565_18000436.jpg






   ツリガネニンジンは、たくさんあっても写真にするには難しいなぁ。
c0305565_18001574.jpg






   マツムシソウに来ている、ミドリヒョウモン♂。
c0305565_18012645.jpg






   花といえばこれも花。ススキの花から雄しべの葯が揺れている。
c0305565_18013539.jpg

by h6928 | 2017-08-25 19:00 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

処暑の日に避暑


昨日 ( 08/23 ) は、処暑というのに猛暑日復活という予報が出て、
それならば、と軽井沢に避暑を兼ねて撮りに行った。

例によってお気軽に撮れるレイクガーデン。

軽井沢だからと言って、凄く涼しいわけでもなく、30℃には満たない程度。
それでも、麓にいたらさぞかし難儀をしただろうと、
内心ほくそ笑みながら撮るのだった。

そうして帰ってみると、家の中は暑い。
処暑とはいえ、朝夕は過ごしやすくなるはずが、どうなってるの?

まだまだ冷たいものが必需品だねぇ~。





   高地だからかな? ヤブカンゾウがまだ咲いていた。
c0305565_17512895.jpg






   レイクガーデンの水面を彩るのは、アサザ。
c0305565_17514058.jpg






   レンゲショウマも散見できたけど、撮れたのはこれだけ。
c0305565_17515528.jpg






    笑顔がいっぱいの、ハナトラノオ。まだまだしぶとく咲き続く。
c0305565_17520781.jpg






   上から見ると赤、下から見ると白。ミズヒキの語源だそうな。
c0305565_17522907.jpg






   こうして見ると豪華絢爛(大げさ!)。その名もキンミズヒキ。
c0305565_17523977.jpg






   ヌスビトハギの実は、完熟すると厄介な引っ付き虫。まだ可愛い。
c0305565_17525845.jpg






   シュウメイギクの花を探したけれど、咲いていたのはこれ1輪。
c0305565_17530918.jpg






   シロヤマブキの実がこんな色に。まだ黒くなるには時間が要るかな。
c0305565_17531865.jpg






   キツリフネに贈れること約2か月、ツリフネソウも見られた。
c0305565_17533325.jpg






   イチモンジセセリは、この季節になると急に目に付く。
c0305565_17534496.jpg






   寒冷地では冬を越せないで、毎年捲土重来を繰り返しているとか。
c0305565_17535431.jpg

by h6928 | 2017-08-24 18:42 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


今日は朝のうちこそどんより曇っていたけれど、
だんだん晴れ間が広がってけっこう夏らしい天候になった。

それでも今日も写真撮影はお休みで、在庫から。

今回のは身近なごく普通のものたちをどうぞ。





   膨らんだキキョウのつぼみ。ついパチンと潰したくなる。
c0305565_17064226.jpg






   よく見かけるからつい疎かにしてしまう、モンキチョウ。
c0305565_17070409.jpg






   ラブラブなヤマトシジミ。馬に蹴られる前に引き下がりましょう。
c0305565_17071666.jpg




c0305565_17072524.jpg






   「おい!なに勝手に撮ってんだよぉ!!。」って怒鳴ってる? ハグロトンボ。
c0305565_17074069.jpg






   田んぼの雑草、オモダカ。家紋にもなるくらいだから魅力的。
c0305565_17075010.jpg






   帯に短し襷に長し、好きな花でも写真にしにくいのが難点。
c0305565_17080475.jpg






   別の株では、もっと寄ってみた。
c0305565_17081354.jpg






   律義なお花ハゼラン。定刻にならないと咲かない頑固者?
c0305565_17083838.jpg






   アリがいるけれどヒアリじゃないよね。ヒヤリとさせられる昨今。
c0305565_17084558.jpg






   ツルウメモドキ。黄色くなったのと、はじけた赤いのも見てみたい。
c0305565_17090226.jpg






   水玉ノムコウ・・・・何かがきっと映ってる。
c0305565_17091319.jpg

by h6928 | 2017-08-13 17:40 | 季節もの・夏 | Comments(6)


今回は、昨日の続編で虫が主役の編集で104.png

ちょうど行った時間帯がお昼頃からの暑い時間帯なので、
虫たちもお昼寝タイムと見えて、なかなか出てきてくれず、
何とか粘って探し出したものたちなので、これはお蔵入りにはできないもんね。

まぁ、中には超元気なヒョウモンさんなんか、何ヒョウモンかさえ分からないほど、
高速でビュンビュン飛んでいるけれど、
もうそんなスピード違反の虫さんは、無視ね。

ってことで119.png






   クガイソウに執着していたキタテハ。立て羽だけに?なかなか開いてくれない。
c0305565_18062776.jpg





   風で揺られた直後、その都度一瞬だけ開翅も。
c0305565_18063778.jpg





   オカトラノオに止まったミドリヒョウモン。
c0305565_18064949.jpg





   別の花では開翅も見せてくれた。女のコだね。
c0305565_18065843.jpg





   飛んでフレームイン後、シャッター音に驚いて飛び去った、イチモンジチョウ。
c0305565_18073650.jpg





   日陰へ逃げ込もうとしていた、ツバメシジミ。
c0305565_18074509.jpg





   青く見えても、名前はクロイトトンボ。
c0305565_18080208.jpg





   もう老境かな?ヨツボシトンボ。
c0305565_18081318.jpg





   避暑に来ていたのは、アキアカネも。
c0305565_18082254.jpg





   オオマルハナバチの、ビロードのような毛が可愛い。
c0305565_18084542.jpg




c0305565_18085573.jpg





   普通種のわりに意外と見つけられないという、オオハナアブ。
c0305565_18090657.jpg





   日当たりの良い草原の、白い花が好きという、コアオハナムグリ。
c0305565_18092778.jpg





   もう成虫になっていた、ホソクビツユムシの男のコ。
c0305565_18094523.jpg

by h6928 | 2017-07-22 19:01 | 季節もの・夏 | Comments(2)