タグ:セセリチョウ ( 42 ) タグの人気記事

曇りだって好条件!?


昨日 (10/08 ) は、晴れて行楽日和になるとか、
予報士さんは言ってなかったっけ?
それが嘘ばっか(>_<) 、
どんよりと暗く薄ら寒い日になった。

午前中は引き籠りさんをしていて、
午後にやっと出かけてみた。

城跡歩きを二日連続でやった疲れを癒すには平坦地が良いと、
行った先は群馬の森。

森だけに晴れればコントラストがきつ過ぎるけれど、
まぁ、曇りだからその辺は却って好都合さ。
開き直りはもう年を経ればお手の物。

何だかんだと屁理屈を自分に言い聞かせて、
今日のブログに間に合うだけの数は撮って来た。

そう、以下に載せたのがその成果なんさねぇ~105.png





   マユミの実が色づくのは、まだ少し先のようだった。
c0305565_17442078.jpg





   それに反してウメモドキはもう真っ赤。
c0305565_17444647.jpg





   朽ちかけた檜皮葺の門の屋根、その向こうに柿の実。侘びしい。
c0305565_17450807.jpg





   ハナミズキの実も葉も赤味が深まって来た。
c0305565_17453614.jpg




   コミカンソウはますます元気になっていた。
c0305565_17463123.jpg


   まだ花やツボミも見られた。
c0305565_17464167.jpg





   コミカンソウの背景は、このコキアたち。
c0305565_17465128.jpg





   ナツツバキは早くも黄・紅葉が・・・・。
c0305565_17480114.jpg





   カジノキの若い葉っぱは色々個性的。その一枚。
c0305565_17481606.jpg





   花が咲く前に刈られた跡が・・・。でも復活のタマスダレ。
c0305565_17484032.jpg





   今年はずいぶん少なかった、ウスバキトンボ。
       その下にオオスカシバの幼虫がしらばっくれていたんだね。
c0305565_17490494.jpg





   チャバネセセリがいた。久々に見た気がする。
c0305565_17492744.jpg



c0305565_17493610.jpg





   レストラン前のモニュメントを水面近くから撮ってみた。
c0305565_17495033.jpg

by h6928 | 2018-10-09 18:44 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

草露白によせて


昨日 ( 09/09 ) は七十二候の草露白(そうろしろし)で、
草の葉に白露が宿り始める頃、とのことだとか。

それにふさわしい写真を撮りたいと、
雨上がりから時間は経ってしまったけれども、
箕輪城跡に行ってみた。

またいつ降りだすかもわからないし、
足回りはぐっしょり濡れてしまう割に、
露の宿った草や花は案外少ない。

できれば、静かな夜に冷え込んだ後の朝露を、
早起きして朝日のもとで撮るのが良いのだろうな。

雨上がりという偽の露で誤魔化そうとする、小賢しいボクは、
なかなか「本物の」良い写真は撮れないのだった。





   ツマグロオオヨコバイ。まだ真正面顔までは撮らせてくれない。
c0305565_17440109.jpg





   秋らしくなると、お決まりのように咲きだす、アキノノゲシ。
c0305565_17442010.jpg





   フジカンゾウは、緑の中では目立つ存在。
c0305565_17443631.jpg





   ホドイモの花は、まだまだ咲き続けていた。
c0305565_17445147.jpg





   カナムグラの雄花たち。地味でも季節の花として。
c0305565_17450860.jpg





   やっぱりこの色はアクセントに役立つので、採用。
c0305565_17452983.jpg





   大きくて貫禄がある、アキノエノコロ。・・・かな?
c0305565_17455485.jpg





   サンショウの黒い種も姿を現していた。
c0305565_17461187.jpg
  




 ニラの花粉も御馳走かな?コアオハナムグリ。
c0305565_17463722.jpg
 




  葉っぱの上でまったり・・・・のイチモンジセセリ。
c0305565_17465252.jpg

   お花では、女子は食欲、男子は性欲、っていかにもねぇ。
c0305565_17470500.jpg





   モンシロチョウも来ていた。
c0305565_17473624.jpg



c0305565_17475477.jpg





   ヒメアカタテハは、相変わらずひらりひらりと忙しそう。
c0305565_17480795.jpg

by h6928 | 2018-09-10 19:03 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

在庫から チョウなどを


昨日は一日中天気は悪かったし、
迎え盆とかで写真はお休み・・・ということで、
日は在庫から。

9日に撮って10日に揚げた
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンでのものは、
虫さんを除いたものだったけれど、
今回は虫、特にチョウをメインに救済してみた。

お盆の間は虫を捕っちゃだめだよ‼
とその昔、ガキのボクら兄弟に口うるさく言っていた、
亡き母親のことなんぞを思い出したりしてね。





   以下6枚はイチモンジセセリ
c0305565_17384994.jpg



c0305565_17382828.jpg



c0305565_17394542.jpg



c0305565_17400291.jpg



c0305565_17392690.jpg



c0305565_17402213.jpg






   オオチャバネセセリ
c0305565_17391150.jpg






   キムネクマバチ
c0305565_17403338.jpg






   ツマグロヒョウモン・女子
c0305565_17410130.jpg



c0305565_17410911.jpg






   ツマグロヒョウモン・男子
c0305565_17412006.jpg






   ツバメシジミ
c0305565_17413870.jpg






   モンシロチョウ
c0305565_17414774.jpg

by h6928 | 2018-08-14 18:14 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 08/02 ) もやっぱり猛暑になるとの予報が出ていて、
さてどこに逃げ込もうか?と、とりあえず車で出発すると、
赤城山の上空に雲がたくさん出ているのが見えた。

そして、山にも陽は当たっていない様子なので、
そこがいいやと決めた。

行く途中の車外温度はどんどん上昇するけれど、
山に差し掛かり登るにつれて表示される数値は低下する。
それが妙に嬉しい。

大沼の辺りまで来ると25℃で、
時々は陽が出るけれど概ね曇り空も嬉しい。

咲いている花を見ていると、なんとなく秋を感じる。
そう言えば間もなく立秋なんだっけ。

家に帰ればまた灼熱地獄が待っているのが辛いけどね。





   まるで線香花火を白くしたみたいな?シシウドの花。
c0305565_17452542.jpg



c0305565_17451159.jpg






   8月になるといつの間にか咲いている、キオン。
c0305565_17454814.jpg






   花はアザミっぽいけれど、棘が無いので優しい、タムラソウ。
c0305565_17460947.jpg



c0305565_17461932.jpg






   咲き始めたノハラアザミに、見慣れないカメムシがいた。
c0305565_17463896.jpg






   こちらはノハラアザミにオオチャバネセセリ。
c0305565_17465940.jpg



c0305565_17471115.jpg



c0305565_17472452.jpg






   ロープに止まっていたアキアカネ。
c0305565_17474332.jpg






   ワレモコウの花はアップで見ると、不思議な形をしている。
c0305565_17475903.jpg






   ポツンと咲いていたコオニユリ。
c0305565_17481074.jpg






   ススキの穂が莢から出ようとしている。
c0305565_17482059.jpg






   もうこんなに穂が出ている場所もある。
c0305565_17483130.jpg

by h6928 | 2018-08-03 18:32 | 季節もの・夏 | Comments(4)

昨日はまた榛名へ逃亡

今日は、ほぼ完成間近なところで
いつものPCが突然壊れてしまってさあ大変。
とりあえずここまでやったので
使いなれないタブレットで編集してアップします。
明日以降どうしようかなぁ?





   豪勢なヤマユリがまず目についた。
c0305565_17460799.jpg
c0305565_17461627.jpg




   ウバユリが咲きだしていた。花の頃に葉(歯)が無いから姥だって。
c0305565_17463444.jpg




   こっちはオオウバユリかな?
c0305565_17464474.jpg




   花が咲いても、葉はしっかり残っているものが多いようだ。
c0305565_17465314.jpg




   ノリウツギは榛名山ではちょうど花期で、あちこちで見かける。
c0305565_17471894.jpg




   気の早いクサボタンがもう咲いていた。
c0305565_17472936.jpg




   ここのホタルブクロは、ヤマホタルブクロが普通。
c0305565_17474404.jpg



c0305565_17475478.jpg




   チダケサシは湖面に抜いてみた。
c0305565_17482204.jpg





   ダイコンソウは花が散った後もおもしろいのだが・・・・。
c0305565_17483460.jpg




   キツリフネは、お尻がクルンと巻かない。
c0305565_17484453.jpg




   クルマバナだろうか?
c0305565_17490872.jpg




   イケマに来ていたコチャバネセセリ。
c0305565_17493922.jpg




   吸水に来たクロアゲハ。やっと撮れた。
c0305565_17495376.jpg

by h6928 | 2018-07-20 19:36 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日 ( 06/19 ) は良く晴れて暑くなりそうだったので、
前日よりもっと標高の高い所まで行ってみた。

さすがに気温は22℃くらいと過ごしやすい。

そのせいか、平地ではほとんど見かけなくなったハルジオンが、
この辺では群がって咲いていた。

さらに、もう市街地近郊では姿を消してしまったチョウも、
擦れてはいるけれど元気に飛び回っていた。

良い所だなぁ~って喜んでいたら、
そのうち草刈り部隊が投入され、見る見るうちに刈り払われていく。

一日遅れていたらこれらの写真は撮れなかったなぁ。
まさに一期一会だったのさ。





   ここの白いキク科は、なぜかハルジオンばかり。まずはベニシジミから。
c0305565_17562007.jpg





   ウスバシロチョウは、受胎嚢を付けたものばかりが撮れた。
c0305565_17563379.jpg




c0305565_17564466.jpg




c0305565_17570589.jpg




c0305565_17571986.jpg




c0305565_17573396.jpg





   ギンイチモンジセセリのオスの春型が、まだ見られた。
c0305565_17580056.jpg




c0305565_17581165.jpg




c0305565_17582800.jpg




c0305565_17583928.jpg





   コチャバネセセリも、大胆なコは逃げない。
c0305565_17595225.jpg




c0305565_18000362.jpg

by h6928 | 2017-06-20 18:21 | 季節もの・梅雨時 | Comments(9)


昨日 ( 05/22) は、偶然立ち寄った場所で思いがけない出逢いがあった。

空き地に群がって咲いていたハルジオンに、
なにやら白いチョウが舞い降りては去っていくーというパターンを繰り返していた。
その数もけっこう多い。チョウが降ってくるようにさえ思えたほど。

よくよく見るとウスバシロチョウで、ハルジオンの花陰を探し回っているようだ。
たぶん、交尾相手を探して無数のオスが入れ代わり立ち代わり来ているようだ。

たまに疲れて栄養補給するのか、花に止まったところを撮れた。
同じような場面がいっぱい撮れたから、
さすがにもういいやと上がろうとしたとき、
またもや思いがけないチョウが出現。

去年、さんざっぱら探し回ってとうとう見つからなかったアオバセセリが、
目の前に降って来たのだった。

こんなことってあり?こちらは2頭はいたと思う。
やっぱり同じような場面ばかりを量産してしまった。

写真の内容はともかく、真夏日でも嬉しく過ごせて、
帰ってからの夜のビールモドキが美味かった。





   最初に撮れたのはこれ。マタタビの葉裏にいた、カゲロウさん。
c0305565_18031407.jpg





   あまりにも元気なので、止まりものしか撮れなかったウスバシロチョウ。
c0305565_18033522.jpg




c0305565_18034844.jpg




c0305565_18040413.jpg




c0305565_18041737.jpg




c0305565_18042921.jpg





   思いがけない出逢いに、何枚も似た画面を撮ってしまったアオバセセリ106.png
c0305565_18045681.jpg




c0305565_18050702.jpg




c0305565_18052344.jpg




c0305565_18053383.jpg




c0305565_18054534.jpg




c0305565_18060001.jpg

by h6928 | 2017-05-23 18:31 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

 竹沼で 花や虫

昨日(09/24)は、早朝は青空が広がっていて期待させたくせに、
その後あっさり曇天に戻り大逆転を食らってしまった。
最初から曇っていればぬか喜びしなかったのにねぇ。

それでもまだ雨が降らないだけましか、と藤岡市の竹沼に行ってみた。
去年はいろんなキノコが出ていて楽しめたから、
二匹目のドジョウを狙ったのだ。

確かにキノコはあった。量もすごい。でも写真向きなものはごく少ない。
雨が続くと成長も早い分、老けるのも早い。
おまけに中に虫がいっぱい入って食い荒らしていたりして、
崩れが激しい。

肝心なキノコも、なぜか地味過ぎるのばかり。
諦めて、キノコ以外でも撮れるものだけ撮ろうとしたのに、
湖を半周したころから雨も降りだして、落ち着いて撮れやしない。

セセリちゃんなどは、雨を予想していたかのような行動が見られて、
さすが野生の住人(?)は違うなぁ!と感心した。





   駐車場脇のタイワンホトトギス。在来種もたくさん咲いていたけど・・・。
c0305565_17360406.jpg




   オケラの花も咲き始めた。小さな虫が来ていた。
c0305565_17361723.jpg





   暗がりで写したオトコヨウゾメと赤い実。
c0305565_17362837.jpg





   雨を見越してか、オオチャバネセセリが熱心に吸蜜。
c0305565_17364569.jpg





   正面に回り込んでも逃げない。それだけ真剣。
c0305565_17365674.jpg





   お馴染みのベニシジミ。ヒメジョオンにお似合い。
c0305565_17371180.jpg





   ツチイナゴの幼虫はいろんなカラーバージョンがある。チーター色?
c0305565_17372226.jpg





   こんなユーモラスな顔をしている。このコはノーマルカラー。
c0305565_17373159.jpg





   ナガコガネグモの背景は、斑入り葉のヤブランとその花。
c0305565_17374764.jpg





   ヤブランの花も写してみた。
c0305565_17380539.jpg





   ヒガンバナのシベに、カゲロウがいるのを見つけた。
c0305565_17381595.jpg





   賑やかな場面ばかりでなく、こんなシンプルなのはいかが?
c0305565_17382477.jpg

by h6928 | 2016-09-25 18:25 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

 台風一過の晴天の下で


昨日(08/31)は台風一過の快晴に恵まれて、爽やかな一日だった。

せっかくの好天を無駄にしたくなくて、県内の某高原に行ってみた。

けっこう希少種が出てくれて、誰もいないところでチョウたちと遊べた。

こんな環境はぜひ永遠に残しておきたいものだ。

普段の心がけが良かったせいか!? 
写真の神様がラストのシーンを撮らせてくれた。

と、勝手に解釈して一人悦に入るのだった012.gif





   ウラギンスジヒョウモンが飛び回っていた。静止したのを撮る。
c0305565_17562517.jpg


c0305565_17564138.jpg


c0305565_17565591.jpg





   アカタテハは左の翅が大きく損傷。右側から撮ってあげた。
   (気が付けば、タムラソウの総苞にハバチ類の幼虫がいるね。)
c0305565_17571574.jpg





   満腹したのか、まったりしているムラサキシジミ。
c0305565_17574366.jpg





   ムモンアカシジミがいた。群馬県の絶滅危惧Ⅰ類に指定されている希少種。
c0305565_17575618.jpg





   これと次のは同一個体。遅れ咲きのノリウツギで熱心に吸蜜。
c0305565_17581006.jpg


c0305565_17581982.jpg





   アカセセリの赤っぽい鱗粉は、ずいぶん剥がれ落ちたようだ。
c0305565_17583766.jpg


c0305565_17584641.jpg





   イチモンジセセリは仲良しに見えて、後ろのはストーカーだった。
c0305565_17585995.jpg





   写真の神様が、面白い写真をプレゼントしてくれたみたい。
c0305565_17591107.jpg

by h6928 | 2016-09-01 18:39 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

まだ梅雨中の箕輪城跡で

昨日(07/16)は、一時的に晴れ間がのぞいたものの、
気温は珍しく低めで過ごしやすかった。

その分、写真はサボろうかと思ったものの、
やっぱり落ち着かないで、近めの箕輪城跡に出向いてみた。

綺麗に刈り払われていた草も復活してきて、そこそこ虫たちも出ていた。
同時に、やぶ蚊もたくさんいて、いつの間にかずいぶん献血してしまった。

ジカ熱やデング熱の心配は、杞憂というものだろうが、かゆぅ~い!!





   この辺りでは比較的少数派のモンシロチョウが撮れた。
c0305565_18015244.jpg




   目線近くで撮れると、ベニシジミは一層可愛い。
c0305565_18020663.jpg





   ふたりのため、世界はあるの。
c0305565_18021821.jpg





   お疲れ気味の翅を休めている、ヒメウラナミジャノメの♂。
c0305565_18023112.jpg





   お腹のオレンジ色が後ろ半分の、クロマルハナバチ。
c0305565_18024779.jpg





   まもなく成虫になれそうな、ショウリョウバッタ女子。
c0305565_18032314.jpg





  今年の初セミ撮りは、まだ空蝉の隣にいたニイニイゼミ。
c0305565_18034572.jpg





   こちらには、アブラゼミの空蝉が。
c0305565_18035759.jpg





  ラブラブなふたりと、隙を窺うあぶれオス。マメコガネではよく見る光景。
c0305565_18041659.jpg





   今年は早い?ヤブランの花。
c0305565_18042971.jpg





  夏らしく、オニユリ。チョウは来なかった。
c0305565_18044127.jpg





   スイカの雄花。去年の落ちこぼれスイカの子みたいだ。
c0305565_18045430.jpg



by h6928 | 2016-07-17 18:59 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)