生家辺りで虫とサギ


昨日 ( 07/06 ) は日中こそ雨は降らなかったけれど
やっぱりいつ降りだしても不思議ではないような雲行きで、
それでも不戦敗はなんとか避けたかったので
生家辺りで撮ってみることにした。

ちょうどヤブカンゾウが咲き始める頃だったし、
同じ場所に子供の頃はノカンゾウばかりがあったことだし
できればノカンゾウも撮ってみたかった。

実際に行って撮り始めてみると、
やっぱりノカンゾウは全く無くなっていて
見られたのはヤブカンゾウばかり。

しかも、畦道などに行列して咲くのは
もっと先になりそうな
時季としては早すぎた感じ。

それよりもカラムシがずいぶん繁茂しており、
そこに嬉しいことに少数ながら
ラミーカミキリを見つけることができた。

更に更に、無農薬か減農薬を実践していそうな田んぼに
サギ類が複数集まっているのも見つけ、
持って行ったカメラもP1000だったから
それも何とか撮ることができた。

結局当初の目的のヤブカンゾウは
撮るには撮ったものの採用したのは虫とサギになり、
二日連続で当初の目論見違いとなってしまった。

カンゾウさんに心があれば、
無視されて詐欺に合ったように思われるかな119.png 






   ラミーカミキリにまた逢えた。顔の黒いのが♀だって。
c0305565_17372358.jpg



c0305565_17373527.jpg



c0305565_17374887.jpg



c0305565_17381501.jpg


   このコは顔が白いから♂なんだね。
c0305565_17382838.jpg






   ゴマダラカミキリも見つけた。キイキイ虫って呼んで遊んだなぁ。
c0305565_17385534.jpg



c0305565_17390574.jpg






   なんかの鳥の糞?みたいな固まりの正体は???
c0305565_17392659.jpg


   オジロアシナガゾウムシの三重連だった。必死だね、このコたち。
c0305565_17393554.jpg






   まだ羽化して間もないのかな?ヒガシキリギリス。
c0305565_17425299.jpg


   ♂の発音器が大きい点が、ニシキリギリスとの違いとか。
c0305565_17430770.jpg






   おや?何のハチ?と思わせるヒメアトスカシバの♀。
c0305565_17395302.jpg


   別のコマを大幅トリミングで拡大したら、よりハチっぽい。
c0305565_17400546.jpg






   これは婚姻色は消えていても、チュウサギのカップルと見た。
c0305565_17444024.jpg


   両脇にアオサギ、中央手前はダイサギ、その奥はチュウサギかな。
c0305565_17402590.jpg


   アオサギの飛翔にカメラ操作が何とか間に合った。
c0305565_17403604.jpg


   これと次は口角が目の後ろまで達しているので、ダイサギと見た。
c0305565_17404932.jpg



c0305565_17410281.jpg

by h6928 | 2019-07-07 18:56 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


去年の11月5日から冬期の閉園期間に入っていた
軽井沢レイクガーデンが4月19日からオープンするとのことで、
昨日はさっそく行ってみた。

安中の市街地を抜けて碓氷バイパスを走っていると、
軽井沢方面に近付くにつれて
タイムマシンで過去に向かう気分がする。

それだけ標高差があり、
気候もずいぶん違うのが実感できる。

そして、およそ半年ぶりにスタッフさんたちに迎えられ、
今年も庭園倶楽部会員証を入手して
さっそく色々な花などを撮り回る。

家を出るときから曇り空だったので
軽井沢だし寒いだろうと、
厚手のジージャンを着て行ったのだけれど、
それが裏目に出てしまった。

案外気温が上がったのだ。
2日連続で服装選択ミスを犯してしまったわい (ー_ー)!!
でもね、寒いよりはずっとましだからいいや。

ビロードツリアブも出てくれたしね。
なんだかんだでいっぱい撮れてしまったので、載せきれないなぁ。

だから、この写真たちは厳選ものなんですぞ (^_^)v ってことで。







   無料エリアで、先ずは「雑草」のイヌナズナに惹かれた。
c0305565_17452887.jpg







    ラナンキュラスは、地味目の花が多い中でひときわ派手。
c0305565_17454269.jpg







   優しい色のヒアシンスが、入ってすぐに迎えてくれる。 
c0305565_17455750.jpg







   最近は野生化も目立つ、ビオラ・ソロリアのプリセアナ。
c0305565_17461963.jpg







   まだウッドチップなどが目立つ園内に、フキノトウの存在感も。
c0305565_17470702.jpg







   ムスカリもいろんな色のがあった。とりあえずブルーとピンクを。
c0305565_17473099.jpg



c0305565_17474362.jpg







   平地ではもう終わってしまったヒュウガミズキや、
c0305565_17480982.jpg







   サンシュユも花盛り。
c0305565_17481982.jpg







   何ヤナギかな?たぶん雌花序と見たけれど???
c0305565_17485006.jpg







   シロヤマブキはまだ冬から抜け出さないまま。
c0305565_17490181.jpg







   クローバーコレクションが豊富で、これはその内の一つ。
c0305565_17494593.jpg







   ユーフォルビア・キパリッシアスの、クラリスハワード。
c0305565_17500466.jpg







   シラー・シベリカに、ビロードツリアブが来ていた。
c0305565_17501922.jpg
 






  早咲きの原種チューリップは、可憐なのにどこかワイルド感あり。
c0305565_17504332.jpg







   小さなスイセン、ミノウという初見の品種。
c0305565_17505734.jpg







   たくさん咲いていたプルモナリアの、ブルーが清々しい。
c0305565_17515454.jpg







   100mm(フルサイズ:160mm相当)でもこんなに大きく写る浅間山。
c0305565_17521134.jpg







   仲良しのカルガモがボクを見て泳ぎ去る。手前にアサザが点々と。
c0305565_17522335.jpg







   冬鳥としてやってくるダイサギが、悠然と飛んで行く。
c0305565_17523583.jpg

by h6928 | 2019-04-20 19:17 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 02/11 ) もまだ第一級の寒気団が居座っていて、
雪の心配は無くなっても日照は乏しく、寒い。

写真の在庫はまだあるのだけれど、
ともすれば怠けたくなる自分に鞭を入れて、
嫌々ながら(?)一応波志江沼に撮りに行ってみた。

溜池の水位は前と変わらず変わったのは、
少なかった鳥たちがさらに減っていたこと。
数だけはいっぱいいたコガモさえ激減状態で、寂しいくらい。

ドンヨリした空の南側に少し隙間ができて
黄土色になっているのがせめてもの明るさか・・・・。

カメラは重たいセットは持たず、
軽いP900で間に合わせようとすることが
既に意欲の薄さを暗示している。

まぁ冷えた手をポケットに突っ込んでいられるだけ
軽さの恩恵はある。

そうして、寒さでトイレも近くなるので、
ここは撮りながらトイレに寄れるのがありがたい。

ちょっと情けない撮影行になってしまったなぁ。






   地上で忙しなく歩きながら、食べられるものを探すキジバトさん。
c0305565_17465991.jpg



c0305565_17470919.jpg






   このヒヨさん、何か食べられるものを見つけたかな?
c0305565_17472209.jpg


   くわえ直しのためだろうか? 何かの実を放った。
c0305565_17473290.jpg


   見事にキャッチした。
c0305565_17474345.jpg


   水は他にいっぱいあるのに、水道水がお好みのヒヨさんたち。
c0305565_17475582.jpg






   なんか怪しい生き物出現‼ (実はコガモさんの逆立ち採餌でした106.png
c0305565_17481019.jpg


   細くて小っちゃい脚1本で躰を支えてる、コガモさん。
c0305565_17482028.jpg






   ダイサギさんの舞い降りシーン3枚。
c0305565_17484600.jpg



c0305565_17485510.jpg



c0305565_17490392.jpg






   アオサギさんの舞い降りシーンも。
c0305565_17491321.jpg



c0305565_17492521.jpg



c0305565_17494547.jpg

by h6928 | 2019-02-12 18:30 | 野鳥 | Comments(6)

伊与久沼で サギとカモ


昨日 ( 01/22 ) は
北風が強く吹きまくる生憎な日になったが、
それでも一応何か撮れないかと、
近頃マイブームの沼巡りに行ってきた。

で、今回は伊勢崎市の伊与久沼。

ここも道路を挟んで上沼と下沼に分かれており、
上沼の方では去年の夏にハスの花を撮っている。

今回は下沼で鳥撮りを目論んだけれど、
やっぱり上州の冬は赤城颪が吹き荒れ、痛いほど寒い。

この沼はいわゆる溜池で、
なぜか中ほどに島がつくられていて、
そこにサギたちが集まるのが通例で、それが狙いだった。

ところが今年はその山が
見事に立ち木共々丸坊主に伐採されていて、
山の形がこうだったのかと判るほど。

当然、そこにいる鳥も激減していた。

それでも、
その丸々坊主の禿山でも少しは風が防げるようで、
いくつかの鳥たちは撮れた。

沼の風の当たりにくいところに避難していた鳥たちは、
ボクがカメラを持って歩き回ったおかげで
水面に避難する騒ぎにもなって、可哀想なこともしてしまった。

ここの鳥たちは餌付けされているところのと違って、
人間は警戒すべき存在と認識しているようだった。






   沼の中央にある人造の島で北風を避けるアオサギそれぞれ。
c0305565_17575055.jpg



c0305565_17580495.jpg



c0305565_17581468.jpg



c0305565_17582741.jpg



c0305565_17583787.jpg






   同じようにダイサギも、風の当たりにくいところで過ごす。
c0305565_17585671.jpg


   こっちは、ボクを警戒して沼に避難したダイサギ。
c0305565_17590624.jpg






   カワウやカモのいくつかも風を避けて佇む。
c0305565_17592603.jpg






   天気晴朗なれども波高し、コガモは翻弄されても頑張る。
c0305565_17594261.jpg






   オナガガモ♂の長い尾羽は印象的。♀だって少しは長い。
c0305565_17595776.jpg


   コンデジでも辛うじて飛翔を撮れた。
c0305565_18001760.jpg






   派閥の形成?ヒドリガモだけの集団。
c0305565_18003170.jpg






   すっかり男らしい生殖羽になっていたハシビロガモ。
c0305565_18004420.jpg


   上空に気になるものが?首をかしげて見上げてる。
c0305565_18005548.jpg

by h6928 | 2019-01-23 18:42 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 12/27 ) も今日も年末寒波の到来で、
数年に一度の寒さだという。

今日は帰って来た時、
車の外気温表示を見たら3℃だった。
車から降りると寒さが身に染みる。

で、昨日も似たような感じだったけれど、
撮影はちょっと間を開けていた波志江沼に行ってみた。
抜けきった水は再度注水を始めたようで
水位は上がって来ていた。

赤城山の方から吹きつける冷たい風に辟易しながら、
こんな所でも頑張って生きている鳥たちに励まされ、
何とか頑張って撮ったのだった。

ぼぉ~っと生きてんじゃねぇ~よ‼
って5歳の女のコにも叱られないように、
シャキッと生きなくちゃね。

そして嬉しいことに、
この寒波の中でもなおシャキッと元気に
花を咲かせているウメの木を見つけて、
なお一層励まされたのだった。





   年末にもう咲いていた紅梅と白梅。少しだけ気の早い春。
c0305565_17342401.jpg



c0305565_17344162.jpg



c0305565_17345177.jpg



c0305565_17350760.jpg



c0305565_17352307.jpg






   「寒ぃ~なぁ~」~声が聞こえてきそうなコサギさん。
c0305565_17354817.jpg






   ダイサギ1羽と大勢のコサギ、寒風に晒され立ち尽くす。
c0305565_17360761.jpg






   アクティブなダイサギさんは、風や寒さになんか負けていない。
c0305565_17362972.jpg



c0305565_17371833.jpg



c0305565_17373717.jpg



c0305565_17375099.jpg






   アオサギさん、開いた口が塞がらない。
          呆れているんじゃなく、マジ悲劇みたい。
c0305565_17380813.jpg






   波に揺られてぷ~かぷか・・・の、コガモ男子。
c0305565_17390790.jpg






   風当たりのやや弱めなところで思い思いに寛ぐコガモたち。
c0305565_17392148.jpg






   橋の上でほぼ真上から撮ってみた、オナガガモカップル。
c0305565_17393303.jpg

by h6928 | 2018-12-28 18:24 | 季節もの・冬 | Comments(2)

波志江沼で サギやカモ


昨日 ( 12/13 ) は朝からスッキリ晴れた快晴。

さっそく待ちかねたように撮りに出る。
向かったのは波志江沼。

珍しく赤城山に雲一つかからないで山の形がくっきり見える。
それより遠くの山は白く雪を被って、いかにも真冬。

波志江沼に着いてみると、やっぱり今年は鳥が少ない。
一昨年からこの傾向が始まっていて、年々強まる。
賑やかだったころを知っている身には寂しさ禁じ得ない。

それでもただ嘆いていても始まらないから、
撮れるだけは撮っておく。

楽をして面白シーンがたくさん撮れた付けが溜まった来たかな?

いつまでもあると思うな好条件・・・てか106.png
せめて少しは頑張りも見せておこうか。





   水辺に集うアオサギ、カワウ、カルガモたち。北風は冷たいよね。
c0305565_17295447.jpg





   枯れ蓮に紛れたつもり? けど、目立ってるよコサギさん。
c0305565_17302350.jpg





     一本脚のフラミンゴポーズで、ダイサギさんが佇む。 
c0305565_17304269.jpg





   沼の上を悠然と飛んできたダイサギさんが・・・・。
c0305565_17305843.jpg


   降りてさっそく魚をゲット。羨ましそうなコサギが後に。
c0305565_17311559.jpg



c0305565_17312700.jpg


   あっさりと丸呑みにしちゃった。
c0305565_17314939.jpg





   我関せずと、孤高を貫くコもいる。
c0305565_17320191.jpg





   アオサギさん、どちらも逆風を受けて羽毛がボサボサに。
c0305565_17322406.jpg



c0305565_17323554.jpg





   コガモたちはちょこまか動いてくれたコらがいた。
c0305565_17330496.jpg



c0305565_17331419.jpg


   薄目を開けて餌探しかな?
c0305565_17332713.jpg



c0305565_17333687.jpg

by h6928 | 2018-12-14 18:27 | 野鳥 | Comments(4)

波志江沼でチョロッと

昨日 ( 12/09 ) は
真冬並みの寒波が来ているということで、
朝から曇り空で日差しも無いから寒い。

南に面した部屋にいる
普段なら日中は暖房を使わずとも暑いくらいなのに
10時を過ぎても暖房の効きが悪い。

それでもまだ風は出ていないようなので、
一応波志江沼で何か撮れるだろうと行ってみた。

でも皮肉なことに、現地に着く頃には
すっかり「上州の冬」になっていて赤城颪がきつい。

手術を受けて日も浅い目に風は良くないから、
頑張らないで早々に引き上げてきた。

小ずるく、撮るには撮ってきたけどね、
ま、内容は不問ってことで106.png





   到着早々空にカモの群。寂しい数でも空の青いところで撮る。
c0305565_17285799.jpg





   排水口近くの水辺を見下ろすと、サギやカモが見えた。
c0305565_17291072.jpg





   沼の北東側から見た南西方向の空。
c0305565_17292349.jpg



c0305565_17294449.jpg





   少し溜まり始めた水辺でカルガモたちが寛ぐ。
c0305565_17295909.jpg



c0305565_17301225.jpg



c0305565_17302310.jpg



c0305565_17303845.jpg





   まだ若木だろう、紅葉していたカエデ。
c0305565_17305413.jpg





   空の色を映す浅瀬で、カモたち。
c0305565_17310492.jpg



c0305565_17311627.jpg





   浅瀬でピチャピチャ、コガモ女子。
c0305565_17313064.jpg





   オナガガモとコガモ。
c0305565_17314205.jpg





   寒そうにじっと佇んでいたコサギ。
c0305565_17315291.jpg

by h6928 | 2018-12-10 18:23 | 野鳥 | Comments(2)

波志江沼で 主にサギ


昨日 ( 11/26 ) は目の手術後2回目の再診を終え、
順調に回復していることに自信を得て、
久しぶりに高速を利用して波志江沼まで行ってみた。

行ってビックリ玉手箱、
沼の水がすっかり引けてスッカラカン。
僅かに排水口近くに水たまりが残る程度になっていた。

例年確かに水抜きは行われているのだけれど、
まぁ、それにしても今が該当期間だったとは
・・・トホホだね。

沼の底が見え始めるくらいが鳥撮りの適期なんだけど、
ここまで抜けてしまうと「覆水盆に返らず」で、
鳥も少なくなっていて、もう後の祭り。

と、そこで気を落としてばかりいても何も生まれないから、
一応撮れるものは撮って来た。

その一端が以下の写真たちだ。





   少し見ぬ間にほぼ干潟状と化していた波志江沼。
c0305565_17282525.jpg





   少し水の残る水際には、水辺の鳥たちが集まっている。
c0305565_17285564.jpg





   休憩時なのか? コサギさんもあまり動きが無い。
c0305565_17290754.jpg



c0305565_17292025.jpg



c0305565_17293229.jpg







   なんか気怠そうに飛ぶダイサギさんも撮ってみた。
c0305565_17295923.jpg



c0305565_17305315.jpg



c0305565_17310558.jpg



c0305565_17311811.jpg



c0305565_17313105.jpg



c0305565_17314136.jpg



c0305565_17315135.jpg





   ゆったり飛ぶアオサギ。上から撮れるのが気持ち良い。
c0305565_17321058.jpg



c0305565_17322007.jpg

by h6928 | 2018-11-27 18:09 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 10/13 ) は、
気温も上がらない曇りの一日で、
こんな時のためのニコンのコンデジと波志江沼、
ってことで行ってみた。

沼の本体の方は水位が一段と低くなって、
アオコもずいぶん発生していて、
鳥たちもこれでは餌も捕れないと知ってか、
数も減っていた。

浅瀬の部分も土がむき出していて、こちらもやはり鳥影は閑散。
この先もあまり期待できないなァ・・・・と気分も暗くなる。

たまたま遠くに降り立ったセグロセキレイを、
超高倍率ズームのおかげで撮れ、
内容はともかく数は揃ったから、
間一髪・セーフかな?

具合の悪そうだったサギさんが、
元気になれることを願って引き揚げたのだった。





   この日、鳥の数は少なめ。コサギもひとりで寂しそう。
c0305565_17354675.jpg





   ダイサギも以前より数は減っていた。
c0305565_17360276.jpg





   健康を害している様子のサギさん。試練を乗り越えられるだろうか?   
c0305565_17362408.jpg


   体調は優れなくとも羽繕いは必須。懸命に取り組む。
c0305565_17363996.jpg





   長旅の疲れを癒しているのだろう。ヒドリガモ男子。
c0305565_17372875.jpg





   カルガモは常連さんだろう。思い思いに寛いでいる。
c0305565_17381010.jpg



c0305565_17384169.jpg



c0305565_17390822.jpg





   遠くに舞い降りたセグロセキレイ。水浴&羽繕いを始めた。
c0305565_17394621.jpg



c0305565_17400318.jpg



c0305565_17401515.jpg



c0305565_17402783.jpg





   帰り際に沼の中央にかかる橋と、空模様をを撮ってみた。
c0305565_17405127.jpg





   ナンバンギセルを確認に寄ったら、まだ咲いていた。
c0305565_17411217.jpg

by h6928 | 2018-10-14 18:20 | 野鳥 | Comments(2)

多々良沼&創造の森で


昨日 ( 10/05 ) は、
朝のうちは晴れ間も見えていたけれど、
次第に雲が増えて、結局曇りになった。

空は比較的明るめだったから、
ニコンの超高倍率ズームさんの出番かな?ってことで、
今度は久々に多々良沼に行ってみた。

着いてみると期待に反してドンヨリと暗く、
光量不足に弱いカメラの欠点をさらけ出させるような
シチュエーションになってしまった。

それでも遠路はるばる来てしまったら仕方ない、撮るっきゃない。
腕の見せ所、というより後でレタッチで救うしか無いか。
とか、ついつい姑息な手段を考えるボクだった。

鳥さんもまだ渡って来たばかりのははるか遠くにいるし、
陸の鳥はカラスさんがでかい顔をして歩いているくらい。

程々で切り上げて、
お隣の創造の森に行ってみると、
思いがけない収穫があった。

トケイソウとヘビウリの花が撮れて、ヘビウリは実も撮れた。
約170㎝くらいの身長のボクの倍くらいはあるかな?
大蛇級のヘビウリはお見事だった。





   ダイサギさんはいっぱいいた。口角が目の後ろに達する。
c0305565_17262504.jpg





   せめて動きのある場面を狙って撮ったつもり。
c0305565_17263968.jpg



c0305565_17265209.jpg



c0305565_17270533.jpg



c0305565_17271516.jpg





   アオサギさんは気付かなかったけど、ちゃっかり写っていた。
c0305565_17272732.jpg





   このシギさんは誰かな?不鮮明でも仕草が面白いから採用。
c0305565_17274968.jpg





   オナガガモも渡って来ていた。♂はまだエクリプス羽がほとんど。
c0305565_17280281.jpg





   サクラの葉も色づいていた。路の右側に沼がある。
c0305565_17281517.jpg





   お隣の創造の森では、トケイソウの花が咲いていた。
c0305565_17283475.jpg





   念願かなってやっと撮れた、ヘビウリの花。
c0305565_17284594.jpg
 




  名前のとおりニョロニョロ長い、ヘビウリの実。
c0305565_17285684.jpg

by h6928 | 2018-10-06 18:13 | 季節もの・中秋 | Comments(4)