波志江沼で 五目撮り


昨日 ( 10/25 ) も
晴れの良い天気になったので、
波志江沼のその後がどうなったのか
見に行ってみた。

前回は、
一旦は抜かれていた水がまた回復し、
ちょっと目算が狂ったものだったけれど、
今回は水の流入口を閉じており
水位はずいぶん下がっていた。

その割に水鳥さんたちが少なかったのは
残念だったけれど、このまましばらく
水が入らなければかなり抜けてくるはず。

そうなると浅くなった沼には
魚が獲りやすくなるから
サギ類が大挙して押し寄せる・・・・、と良いなぁ。
なぁ~んて期待している。

そして、カモたちも渡ってきた当初より
だいぶ生殖羽に移行している個体が増えつつあり、
徐々に図鑑に載っているカモの姿に
近付いてきた、かなぁ?

カモの「目利き」とまでは行かないまでも
少しくらいは分かるようにならないと
長く鳥さんを撮っている者として恥ずかしいから
この時期には良い教材に恵まれていることだし・・・・、
この際ちったぁ頑張るべぇかな106.png






   ヒドリガモ男子も、このくらいまで生殖羽に移行が進むと、見分けやすい。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17065225.jpg



   こちらは、エクリプス羽がまだだいぶ残っている。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17071917.jpg



  このコはヒドリガモ成女子と鑑た。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17073409.jpg



   このコガモ男子は、目下生殖羽に換毛中で、ちょっとボロい。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17081063.jpg



   う~ん、こいつぁ~難しい。コガモではあるだろうけどね。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17090854.jpg



   コガモさん、カルガモさんにエールを贈る、の図。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17093639.jpg



   オナガガモのオスたちは、これから徐々に「らしく」なるぅ~。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17104263.jpg




波志江沼で 五目撮り_c0305565_17110966.jpg



   カモたちのごった煮? まだまだこれから増えそう。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17113445.jpg



   ダイサギさんは存在だけでも画になるから偉い。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17120971.jpg




波志江沼で 五目撮り_c0305565_17125306.jpg




波志江沼で 五目撮り_c0305565_17131181.jpg



   暑いのかな?アオサギさんは口を開けている。後にコサギがチラッと。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17123046.jpg



   ジョロウグモもそろそろ寿命か。キラキラで飾ってあげよう。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17134188.jpg



   コセンダングサとキラキラも。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17140819.jpg



   去年までは見かけなかった、アメリカアサガオが進入していた。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17143494.jpg



   ここでは初めて、実をいっぱい付けたヒメリンゴの存在に気付いた。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17150743.jpg



   寄ってみると、うん、小っちゃいけどリンゴっぽいね。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17152513.jpg



   このサザンカは何となく好きなので、ついつい撮っている。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17162016.jpg



   晴天が続くと浅間山の見える確率が高まる。
波志江沼で 五目撮り_c0305565_17164171.jpg

by h6928 | 2020-10-26 18:21 | 野鳥 | Comments(4)

早くも波志江沼で鳥撮り


昨日 (09/02 ) も1日の続きで過ごしやすくなるかな?
という期待は半ば裏切られてそれなりに暑さは戻った。

雲が多めで、いつ雨が降り出してもおかしくないような
そんなそぶりは見せてくれても、実際には降らないまま。
小悪魔的女性かよ!ってツッコミを入れたくもなったり。

ま、それは置いといて、
そんな昨日は久しぶりに波志江沼にでも行ってみようか
と思い立ったら吉日で、行ってみた。

意外なことに、もう水を抜き始めていてビックリした。
水位はもうすでに満水時から見れば半分近くまで下がっている。

ふと思い当たる節は、
去年の台風19号が来襲した際に、
水を貯め始めて空っぽ状態だった八ッ場ダムが
一夜にして満水になった、あの一件だ。

もしダムが空っぽでなかったら、
下流域は大洪水に見舞われていたに違いないってことで、
ダムの有用性が再認識されたのだった。

あれを見習ってか、台風が接近する前に
溜池の水を抜いておこうと考えても全然おかしくないもんね。

少し前までなら農業用水なり、
コイの養殖に使われていたそうでも
今はもうその役割も終わっているようだし、
今抜いても全然大丈夫とすれば、
うん、洪水の未然防止に役立てれば溜池も本望かな。

9月1日は防災の日だしね、そんなことを考えてみた。






   北米原産ながら、今年の猛暑の炎天下を平然と乗り越えたマメアサガオ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17290491.jpg



   早く咲きすぎたかな?アキノノゲシの花はダメージが多そう。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17293545.jpg



   産まれてすぐに猛暑の夏を体験しちゃったハクセキレイの幼鳥。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17305847.jpg



   水位が下がった沼では、サギさん情報網で知ってか、サギたちが大集合。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17315941.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17321947.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17324864.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17333476.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17344619.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17352948.jpg



   満水時には水没するこの部分では、いろんな鳥が羽を休めている。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17354905.jpg



   何かと騒がしいのは、いつもながらコサギたち。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17361690.jpg



   浅い部分も底がむき出し近くまで水が引けている。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17371189.jpg



   アオサギさん、羽毛の手入れの終った後は、ストレッチ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17373637.jpg



   アオコだらけの水に佇むアオサギ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17375223.jpg



   今年生まれのバンの幼鳥。行動は一人前だ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17381822.jpg



   ホシゴイよりだいぶ成鳥色に近くなってきたゴイサギの若鳥。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17384745.jpg



   たった1羽でせこせこ忙しそうだった、イソシギ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17390906.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17394588.jpg



   イカルチドリのつもりで撮ったけれど、この時期のチドリは分からないなぁ。
早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17402038.jpg




早くも波志江沼で鳥撮り_c0305565_17405756.jpg

by h6928 | 2020-09-03 18:43 | 野鳥 | Comments(6)


昨日 ( 05/26 ) も天気は曇りがちで、
午後になるほど雨の確率が高そうだった。

どうせ短時間しか撮れないとするならば
少し冒険してダメ元で伊勢崎の伊与久沼のカイツブリでもと、
そんな時のためのP1000を持って行ってみた。

天気は、次第に雲が厚みを増しているようで
じわりじわりと暗さが増してくる。

お目当てのカイツブリは巣の在処もようわからん。
ヒナっ子も全く見られずに、
何組かのカップルが
潜ったり出て来たりを繰り返していた。

が、その落胆をカバーして余りある鳥さんがいてくれた。

コアジサシたちだ。
ざっと見て20羽程はいるのかな。
地元の人の話では、長年ここに住んでいるけれど
見るのは今年が初めてだ、とのことだった。

巨大な白いオオツバメが
すいすいと気持ち良さそうに飛んでいるよう。
見ているだけで気持ち良い。

早速豪快な空中からのダイビング漁を狙ってみるが、
まったく歯が立たない感じ。
普段止まりものばっかりを撮っているから
コツが掴めずに失敗ばかりを繰り返す。

でも、運の良いことに求愛給餌の場面に出くわして、
それは一応何とか撮れた。

今日は、それを中心に編んでみた110.png






   まずは止まりもののコアジサシさんのスマートなお姿から102.png
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17333314.jpg



   大き目なお魚を銜えたアジサシさん、颯爽と舞い降りてきた。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17334429.jpg



   期待して待っていたのかな?彼女と思しきもう1羽が呼びかける。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17335765.jpg



   鼻の下を伸ばして?はどうだか、嬉しそうな貢くんがにじり寄る。   
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17341088.jpg



   カワセミと違って、銜え直さないんだね。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17342312.jpg



   この位置だと肝心な受け渡し場面が写らないやぁ~119.png
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17344162.jpg




コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17345669.jpg




コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17350991.jpg



   この後、ふたりはどこかへと飛び去って行った。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17353019.jpg



   何とか撮れたお魚ゲットシーン。魚は小さいけど、トリミングは大幅103.png
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17354414.jpg



   お魚をくわえて舞い降りたこっちのコ、待ってるはずの彼女を探して、
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17355585.jpg



   なんだ、カノジョいねぇ~ジャン、って顔してすぐに飛び去った。
   (関係ないヤツにはあげないで、自分で食べちゃうみたいだ。)
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17360485.jpg



   しばらくぶりに見た気がするコサギさん。ノンビリ羽繕い中。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17361620.jpg




コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17362625.jpg




コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17363632.jpg



   カワセミの男のコもいたけれど、撮れたのはこれだけ。
コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17364695.jpg



コアジサシの求愛給餌 ほか_c0305565_17365531.jpg

by h6928 | 2020-05-27 18:43 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 05/10 ) は、
朝の内は前夜に少しだけ降った雨のため、
そこかしこが朝露よりは少しマシなくらいに濡れていて、
空は西の方には青空があっても大半は曇りだった。

予報でも
一時的な晴れ間はあってもほぼ曇り
とのことだった。

それならばまた
ステイホームも良いかなと思っていたところ、
案外早くから晴れ間が広がって
もったいないくらいの晴天になってきた。

そうなるともう、じっとしていられなくなって、
午後、一昨日とは逆方向に碓氷川の堤防沿いを歩いてみた。

歩き始めると間もなく「狐の嫁入り」に遭う。
雨の予報は無かったから対策も無しで出てしまい、
小心者のボクだけにヒヤヒヤものだ。

かまわずにしばらく西の方に歩みを進めると、
軽井沢方面の山の向こうから黒い雲が流れて来ていて、
どうやら青天の霹靂はそこからもたらされているようだ。

まぁね、普段の心がけの良いボクのことだから
(って、また言ってるよ性懲りもなく・・・と、陰の声)
じきにあの雲は浮浪て行くさ・・・と
お気楽を決め込む。

そうして結果的に12,000歩くらい歩いて
同じ碓氷川でも趣の違うのが撮れて
満足満足だったいねぇ。






   ふわりと舞い降りたダイサギ(チュウダイサギ)さん1羽。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17404500.jpg



   早速獲物を求めて、ぬ・・き・・あ・・し・・・・、
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17411392.jpg



   さ・・し・・あ・・し・・・・、
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17413004.jpg



   し・・の・・び・・あ・・し・・・・で、
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17414888.jpg



   とても良く頑張った割に、ゲットした獲物は小さすぎたようだ。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17421250.jpg



   背景がわりと綺麗っぽいところにいたコも押さえとこう。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17423242.jpg



   ハルジオンとベニシジミ。P1000はこういうのもできる。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17430916.jpg



   「勝手に菜園」みたいな?ところにイチハツを見つけた。素直に嬉しい。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17433576.jpg



   アヤメとフランスギクが共演する花壇。その一部を良いとこ撮り。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17435178.jpg



   この花を見て、そうか母の日だったなぁ・・・と亡き母を偲ぶ。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17443065.jpg



   河川敷で、咲き遅れたオニグルミの雌花を、橋の上から撮れた。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17444931.jpg



   もう頃合いかなと確認すれば、ユリノキの花が咲いていた。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17451513.jpg




碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17453464.jpg




碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17455540.jpg



   モズ吉くん、ここからずっと動かずに、縄張りの見張りかな?
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17462334.jpg



   ギョギョシ‼ギョギョシ‼と何度も大声で叫ぶ、オオヨシキリさん。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17464788.jpg



   その声は近くに聞こえても、実体ははるか遠くにいる。
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17470796.jpg



   邪魔すんじゃねぇ~よ‼ みたいな顔を向けられてしまった💦
碓氷川堤防を 今度は上流方向へ_c0305565_17472020.jpg

by h6928 | 2020-05-11 18:46 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

2月6日は、ブログの日だと、
朝起きた時にスマホが教えてくれた。
へぇ~、そうなんだぁ~。どうせ語呂合わせだろうけどね。

せっかくのブログの日なのだから、
せめて良い記事は書かないと申し訳ないかなぁ。
とか思っても、いつものパターンで
昨日( 02/05 )撮影してきた画像を材料にするから
改めて「ブログの日」用の記事は書けないや。

で、昨日はまだレンジャクの数も少ないだろうから、
北帰行前にはハクチョウでも撮っておこうと、
多々良沼に遠征に行ってみたのだった。

そのハクチョウも一頃よりは増えてはいたけれど
例年に比べれば少ない。
これも暖冬だからもっと北の方に留まっているせいか。
当然北帰行も早まる可能性も充分濃いだろう。
来ておいて良かった、と改めて感じたものだ。

そして、この日面白かったのはサギたちのドタバタ。
何やら遠くから見ても大きめな魚をゲットしているのに
一向に呑み込めないでいるのが不思議だった。

よく見ると、その魚は外来魚のアメリカナマズのようだ。
背びれと胸鰭の各先頭部分に硬い大きな刺があり、
それが邪魔をしてさしものダイサギやアオサギの
大きすぎるような口でも呑み込めないのだろう。

横取りしようとやって来る者も
奪取には成功しても結局は呑めずに悪戦苦闘・・・。
諦めの悪い奴らだなぁ・・・・と傍目には思える。

まぁ、ボクは諦めが良すぎるかもね103.png





   コハクチョウの若が、しぶきを飛ばしながら水浴び中。   
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17340095.jpg


   こちらはコハクチョウ成鳥の豪快なパタパタ。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17341103.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17342752.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17344159.jpg





   親1、子2の家族だろうハクチョウが、飛んできたのを何とか。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17345717.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17351320.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17353449.jpg





   ダイサギが魚を捕まえていたけれど、いつまでも呑めないでいた。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17360827.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17362111.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17364292.jpg


   アオサギも何羽かが捕まえていたけれど、やっぱり悪戦苦闘してる。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17370549.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17372219.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17374263.jpg



多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17375732.jpg


   大きく切り出してみると、外来魚・アメリカナマズかなぁ。
   この魚、背びれと胸びれに頑丈な棘があり、呑み込みにくそうだ。
   この沼には別の外来種・コウライギギも生息しているとのことで
   その可能性も大いにありそうだ。疑義もある?ってオチでした😄
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17381121.jpg


   呑めない魚に難儀中のダイサギに絡むアオサギに、もう1羽加わる。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17383916.jpg


   奪ったとしても呑めないだろうに、欲の皮は突っ張ってるねぇ。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17385735.jpg


   ほかの魚を探した方が良いよ、とアドバイスしたい気分。
多々良沼で ハクチョウさんとサギさんと_c0305565_17391042.jpg

by h6928 | 2020-02-06 18:34 | 野鳥 | Comments(4)

碓氷川の堤防から Ⅱ


昨日 ( 01/12 ) は、一日中パッとしない天気で
お日様がしっかり顔を見せてくれないから
気温も上がってくれない。

日曜日だし(ボクは毎日だけど)、たまにはゆっくり休もうと
午前中は家でダラダラ過ごしていた。

午後1時半ごろになって、
運動の必要性を感じたので怠け心に鞭打って、
また碓氷川の堤防でも歩こうかという気になった。

今回は寒いし、たまには使ってあげないと・・・と、
しばらく休眠状態だったP900を起こして持って行く。

P1000よりずっと小さいので持ち歩くには楽だけれど、
実際に使ってみると小さすぎる不便さを感じてしまう。

一番困るのは、ファインダーが小さくて暗くて見えにくい。
モニターなんて鳥撮りには全く役に立たない。

高倍率ズーム付きコンデジは、
中身はスカスカでも良いからボディーサイズは大きい方が良いよね。
そして、モニターよりファインダーの改良を求めたい。

後継機のP1000はその点は少しはマシになったけど、
ファインダーはまだまだ改良の余地はありそうだなぁ。





   ダイサギと違ってアオサギは目立たないけど、けっこう数は多い。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17373254.jpg

   石の上にも三年・・・はいないよね。30分くらいなら有り得そう。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17381988.jpg

   ☝のコと同個体。デジタルズームで引っ張った。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17385020.jpg

   青い水面はここだけ。良いところにダイサギがいて、しめしめ。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17403543.jpg

   ボクもダイサギも出逢いがしらで、お互いビックリ。でも撮ったぜ。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17405715.jpg





   シラガのカワウの脇をカルガモがスルーして行く。お互い無関心。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17414731.jpg


   このふたりのカルガモは、男同士の仲良しさんのよう。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17422352.jpg





   今季は信じ難いほどジョウビタキと巡り合う。今回は遠い一瞬だけど。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17430361.jpg





   ついに西上州にまでカオジロガビチョウが進出してきてた。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17440600.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17453493.jpg





   寒そうな様子もうかがえるホオジロの女のコ。
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17472125.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17475160.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17481315.jpg





   なんとなんと‼ カワセミまで同情出演かな105.png
碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17485120.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17492309.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17495438.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17514290.jpg


碓氷川の堤防から Ⅱ_c0305565_17520128.jpg

by h6928 | 2020-01-13 19:02 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 12/18 ) は晴れて暖かくなるというから、
そこに期待して波志江沼にまた行ってみた。

なるほど、晴れはした。気温も確かに高め。
でも、そんな日に限って
北西の風が吹きまくってくれちゃう。

沼の水はさらに引けていて、
水面がずいぶん狭くなっていた。

ミコアイサ男子は、
まだ相変わらず1羽残っていてくれたけれど
近くには来てくれない。

沼の中央に架かる橋の上から狙うのが
ベストポジションでも、そこが一番強風を諸に受ける場所。
とてもじゃないけれど長時間は耐えられない。

最近流行りの「こだわり」はボクには無用な言葉で、
拘らない主義で行きましょうと、さっさと楽な道に逃げる。

まぁね、毎日そこそこの写真をそこそこ撮るには、
こうして無理をしないのが続けるコツさ、なぁ~んてね、
言いきってしまいましょう129.png




   先ず撮れたのがこれ! ハジロカイツブリって、なるほど‼「羽白」だ。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17064492.jpg





   飛んでいるトビさん。背中側の飛翔写真ってボク的には珍しい。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17070190.jpg





   たまには飛んで来るカワウも練習の一環で撮ってみた。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17072473.jpg





   橋の上から、上から目線でコガモを狙う。なんかいい味111.png
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17075366.jpg





   まだ残っていたミコアイサ男子が、パタパタを披露してくれた。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17081748.jpg



またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17082741.jpg





   遠くのほうにタシギがいるのを見つけた(中央のコ)。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17084675.jpg


   別コマを大きくトリミングしてみた。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17090055.jpg





   おやまぁ、目立つところにムクドリの群が! ちと珍しや。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17093628.jpg


   散歩の人が通りかかると一斉に飛び立つ群れ。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17095193.jpg





   サギやカモたちのいろんな生活ぶりが展開されている沼の様子。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17101623.jpg



またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17103979.jpg



またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17105403.jpg


またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17111366.jpg



またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17112595.jpg


   大きな魚を呑もうとしているダイサギさん。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17113993.jpg


   なかなか様になっているサギの群。画になるなぁ。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17115316.jpg





   「ボクだって画になるよ。」って言いたそうな?堂々たるネコちゃん。
またまた波志江沼でいろいろと_c0305565_17120485.jpg

by h6928 | 2019-12-19 17:52 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 12/15 ) は、
朝の内はわりかし穏やかな晴天だったから、
今日は沼巡りには最適かな、と
午後に波志江沼へと行ってみた。

中3日空けて見た沼は、
予想よりだいぶ早く水が抜けていて、
底の土やら泥が見えていた。

そこにサギやらカモたちがたくさん集まって
浅くなった部分や泥の中の魚を狙っている様子が見てとれる。

それでもまだカンムリカイツブリやミコアイサが残っていて、
おまけに一見の客・ヨシガモまでがいてくれた。

朝の内は穏やかだった風も、この時にはすでに強風!
内臓脂肪ばかりの体重増のわが身には堪えるのだった。

それに、この日の撮影結果では、
P1000って、キンキラ金に晴れて輝度が高い被写体だと
白飛びが目立って使いにくいなぁ・・・と感じた。
曇りの日のベタな条件の方がむしろ向いているようだ。

こうしてカメラさんの個々の癖を覚えて、
使いこなして行きたいものだ。





   思ったより早く水が抜けていた沼に、カモやサギがいっぱい集合。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17370332.jpg



水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17372343.jpg





   カンムリカイツブリさんが、波にちゃぷちゃぷ浮かんでた。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17381126.jpg



水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17382501.jpg


   赤い目をしたハジロカイツブリさんも、まだいてくれた。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17383880.jpg





   こちらも波にちゃぷちゃぷ浮かんでる、ミコアイサさん。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17390257.jpg



水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17392297.jpg





   キンクロハジロさんは、熱心に羽毛のメンテナンス中で、面白ポーズ。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17394473.jpg





   風の当たらない所を見つけて、まったりしているコガモさん。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17401994.jpg



水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17403277.jpg





   このヒドリガモさん、アメリカの血が混じっているのかな?
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17404439.jpg





   カルガモが団体さんで舞い降りてきた。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17410619.jpg





   遠くにヨシガモ男子が1羽いるのを、望遠越しに見つけた。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17413956.jpg


   出来るだけ近くに寄ってみたら、イケメン度は低いかなぁ。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17425863.jpg



水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17434400.jpg





   向かい風をブレーキに使って舞い降りる、コサギさん。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17441185.jpg


   じっと佇むコサギさん。ここは風を避けられるところ。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17442714.jpg


   りっぱなドジョウを捕まえていた、ダイサギさん。
   黄色いはずの嘴がまっ黒になるほど頑張ったんだね。
水が抜けてた波志江沼で サギやカモ_c0305565_17462086.jpg

by h6928 | 2019-12-16 18:47 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 12/10 ) は、
波志江沼の水が抜かれ始めていると、
その可能性に賭けて行ってみた。

カメラは70Dにタムロンの望遠ズームのセット。

これを振り回すのには最近体力的にきつくなって来たけれど、
この日は風が治まってくれていたので、まあまあ助かる。

水の抜かれ具合は
期待したほど水位は下がっていなかったけれど、
それでもカワウ軍団やらサギやカモたちが
大勢集まっていた。

初めてここに来た頃よりは
沼の魚がだいぶ少なくなっているようで
次々に魚をゲットするシーンが見られなくなって寂しい。

それでも、他ではそうそう撮れないようなシーンが
繰り広げられるから期待できる撮影地ではある。

思いがけない収穫は、
遠すぎたけれどミコアイサ男子が
たった1羽だけであってもいてくれたこと。

もっと水が引けたらどこかに行ってしまうのだろうなぁ。






   期待したほどではないけれど、水が抜かれて底が見え始めた沼。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17330477.jpg





   水位が下がった沼は、サギやカモには絶好のえさ場になる。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17331813.jpg



波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17334001.jpg





   コサギたちは騒々しいけれど、大人し目の上品に。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17335765.jpg



波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17341216.jpg





   ダイサギの飛翔シーンも繰り返されるから、練習になる。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17343287.jpg



波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17344541.jpg





   佇むアオサギさん。やっぱりこれは縦画面だよね。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17350770.jpg


   縦画面で大きく撮ろうとしたら、唐突に飛ばれてしまった。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17351994.jpg


   これは別の個体だけど、飛んでいるシーン。全身が入らなかった。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17352927.jpg





   ほど良い大きさのお魚をゲットしたカワウさん。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17354426.jpg


   灰色の雲と水色の空を背景に飛ぶカワウ。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17355976.jpg


   滑走して飛び立つシーンも。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17361653.jpg



波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17362701.jpg





   ホシハジロ女子がノンビリと羽毛のお手入れ中。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17364103.jpg





   遠いけれどミコアイサ男子が1羽いるのを見つけた。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17370011.jpg



波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17371373.jpg





   今回は色味が乏しかったから、最後にカエデ越しのサギを。
波志江沼で ウ・サギ・カモ_c0305565_17372695.jpg

by h6928 | 2019-12-11 18:23 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 12/05 ) は、
朝の内は風も穏やかでよく晴れていたから、
久しぶりに多々良沼に行ってみる気になった。

でも、このところ午後からは風が暴れる日が多く、
生憎この日もそのパターンが繰り返された。

ハクチョウでも撮れれば最悪のボウズは回避できそう、
と思っていたけれど、そのハクチョウだって
遠く、少なく、動かない、の三拍子揃い踏み。

前回、11月20日に来た時同様、
鳥がみんな遠く数も少ないから、
期待はずれも良いところ、情けなくなる。

一応カンムリカイツブリは100羽以上も来ていると
鳥撮りの常連さんたちは言うけれど
遠すぎては何にもならない。

ただ救いは、遠すぎた証拠写真でも
ミサゴの狩りが撮れたから「足るを知る」ってことで
来て損はなかったよ102.png





   アオサギの集団にダイサギが白一点。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17470430.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17471601.jpg





   光る水面に立ち尽くしているコサギ。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17473458.jpg





   カワウたちは風が吹こうが意に介さず賑やか。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17475169.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17481218.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17482504.jpg


   首の短いカワウ、なぁ~んちゃってね105.png
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17483609.jpg





   カンムリカイツブリの飛翔をやっと撮った。でも、遥かかなた。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17490264.jpg


   この程度の大きさにしか撮れない。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17491596.jpg





   「白鳥の湖」にはまだまだ全然数が足りないなぁ。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17493430.jpg





   遠い空で滑翔しているミサゴを発見。追っていると首が疲れる。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17495708.jpg


   ふいに、急降下して脚から水に飛び込んだ‼
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17500853.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17502277.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17503364.jpg


   飛び上がった時に、脚で魚を掴んでいるのが見えた。狩り、成功だ。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17505718.jpg


   悠然と持ち去る姿に、誇りが見える気がする。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17510953.jpg



多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17512152.jpg





   この日もかろうじて富士山が見えた。この程度でも嬉しい。
多々良沼で 遠すぎるミサゴさん など_c0305565_17513306.jpg

by h6928 | 2019-12-06 18:37 | 野鳥 | Comments(4)