生家辺りで虫とサギ


昨日 ( 07/06 ) は日中こそ雨は降らなかったけれど
やっぱりいつ降りだしても不思議ではないような雲行きで、
それでも不戦敗はなんとか避けたかったので
生家辺りで撮ってみることにした。

ちょうどヤブカンゾウが咲き始める頃だったし、
同じ場所に子供の頃はノカンゾウばかりがあったことだし
できればノカンゾウも撮ってみたかった。

実際に行って撮り始めてみると、
やっぱりノカンゾウは全く無くなっていて
見られたのはヤブカンゾウばかり。

しかも、畦道などに行列して咲くのは
もっと先になりそうな
時季としては早すぎた感じ。

それよりもカラムシがずいぶん繁茂しており、
そこに嬉しいことに少数ながら
ラミーカミキリを見つけることができた。

更に更に、無農薬か減農薬を実践していそうな田んぼに
サギ類が複数集まっているのも見つけ、
持って行ったカメラもP1000だったから
それも何とか撮ることができた。

結局当初の目的のヤブカンゾウは
撮るには撮ったものの採用したのは虫とサギになり、
二日連続で当初の目論見違いとなってしまった。

カンゾウさんに心があれば、
無視されて詐欺に合ったように思われるかな119.png 






   ラミーカミキリにまた逢えた。顔の黒いのが♀だって。
c0305565_17372358.jpg



c0305565_17373527.jpg



c0305565_17374887.jpg



c0305565_17381501.jpg


   このコは顔が白いから♂なんだね。
c0305565_17382838.jpg






   ゴマダラカミキリも見つけた。キイキイ虫って呼んで遊んだなぁ。
c0305565_17385534.jpg



c0305565_17390574.jpg






   なんかの鳥の糞?みたいな固まりの正体は???
c0305565_17392659.jpg


   オジロアシナガゾウムシの三重連だった。必死だね、このコたち。
c0305565_17393554.jpg






   まだ羽化して間もないのかな?ヒガシキリギリス。
c0305565_17425299.jpg


   ♂の発音器が大きい点が、ニシキリギリスとの違いとか。
c0305565_17430770.jpg






   おや?何のハチ?と思わせるヒメアトスカシバの♀。
c0305565_17395302.jpg


   別のコマを大幅トリミングで拡大したら、よりハチっぽい。
c0305565_17400546.jpg






   これは婚姻色は消えていても、チュウサギのカップルと見た。
c0305565_17444024.jpg


   両脇にアオサギ、中央手前はダイサギ、その奥はチュウサギかな。
c0305565_17402590.jpg


   アオサギの飛翔にカメラ操作が何とか間に合った。
c0305565_17403604.jpg


   これと次は口角が目の後ろまで達しているので、ダイサギと見た。
c0305565_17404932.jpg



c0305565_17410281.jpg

by h6928 | 2019-07-07 18:56 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 06/11 ) は、
やっと晴天が広がる気持ちのいい時間帯もあり、
そうなると張り切って撮影に出たくなる。

月曜日には中途半端に切り上げざるを得なかったから、
三日連続となる、8000D+マクロ100mmのセットを持って、
接写に専念しようと決めぐんまフラワーパークに行った。

一応晴れてはいたけれど、
ちょっと前まで雨でも降っていたのか
けっこう雫が残っていた。

気温もそう上がらないから
あちこち動き回っても汗をかかずに済む。
そうして撮影は連写に封印して、じっくり単写に専念。
まぁ、相手が動かない被写体だし
風さえ気を付ければOKってのはいいよね。

そうこうしているうちに、
赤城山の方から嫌な雲が押し寄せて来たので
降られないうちに引き上げてきた。

帰って来れば、
夜にはまたしっかり雨が降ってきた。
今年の梅雨はやたら真面目に降るのだねぇ、
って感心してしまう。








   ヒペリカム・アンドロサエマム(コボウズオトギリ)が可愛い。
c0305565_17391418.jpg



c0305565_17392304.jpg



c0305565_17393391.jpg



c0305565_17394214.jpg



c0305565_17395250.jpg







   こちらは、ヒペリカム・ヒドコート。たくさん咲いていた内の一輪。
c0305565_17400783.jpg







   今年は見るのを諦めていたキキョウソウに、ここで出逢えた。
c0305565_17402488.jpg







   蛍の話題が聴かれる頃、ホタルブクロも咲くんだね。
c0305565_17403450.jpg







   コバンソウにもここで逢えるとは思わなかった。
c0305565_17404822.jpg







   久々再会のヒゲナガガさんは、ホソオビヒゲナガの男のコ。
c0305565_17410124.jpg







   木くず?枯葉のゴミ? ガだと気づいたボクは偉い?
c0305565_17411189.jpg
付記:アカマダラメイガと、後日判明







   ベニシジミちゃん、せっかくだからなるべく前に回って・・・と。
c0305565_17412157.jpg







   おっ‼ このカラーは二重構造だぞ!
c0305565_17413713.jpg







   温室では、可愛らしいスリッパも咲いていた。
c0305565_17414812.jpg







   いつになくミッキーマウスの木に実がが鈴なり。
c0305565_17415875.jpg







   今年はヒスイカズラの当たり年かな?まだ続々と咲いて来きそう。
c0305565_17420936.jpg



c0305565_17421892.jpg


   落ちていた花をストレリチアの葉に乗せてみた。
c0305565_17422834.jpg

by h6928 | 2019-06-12 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 07/20 ) もやっぱり猛暑日の予報が出ていて、
家に籠っていようかな?とも思ったけれどやっぱり出かけてしまった。

今度は赤城山。連休は過ぎたし夏休みが始まる前だから、
あまり人もいないかと思ったら、案外そうでもない。
湖畔に車を止めてテントを張ったりして、
ノンビリしている人がいっぱいいた。

そして、天候は意外にもほぼ霧に包まれていた。
大沼も覚満淵もすっぽりと霧の中に埋もれて、いやぁ~涼しい。

ボクもその涼しさを満喫しながら撮って、
帰って来てからがそのギャップに苦しむ。





   高原で避暑中のアキアカネたち。先っぽに止まる。
c0305565_17582769.jpg



c0305565_17584188.jpg



c0305565_17585366.jpg



c0305565_17591361.jpg





   バイケイソウがクマザサから伸び上がって咲いていた。
c0305565_17593191.jpg


   花の一つ一つには細かなフリフリがあって、意外に可愛いんだ。
c0305565_17594321.jpg


   霧に霞む湖面にも抜いてみた。
c0305565_18000067.jpg





   シロシタホタルガが、可愛いポーズを見せてくれた。
c0305565_18002874.jpg



c0305565_18003955.jpg



c0305565_18004946.jpg





   コキマダラセセリかな?たまたま出てくれた。   
c0305565_18010370.jpg





   押し寄せる霧に包まれてゆく、覚満淵。
c0305565_18011511.jpg



そして、あろうことかこのパソコンが動かなくなってしまって、
ブログの更新が大体仕上がって、あと少しのところでアウト。

仕方なく使い慣れないタブレットで応急措置をして凌いだ。

パソコンは本体が熱をもって熱くなっていたので、
コードも電池も外して涼しいところに放っておいて、
しばらくして試しに起動してみたら動き出した。

あ~良かったぁ、
一時はどうなることかと思ったけど、
パソコンも熱中症だったんだね105.png

by h6928 | 2018-07-21 18:44 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日の記事で
すでに昨日のことは載せてしまったので、
今日は簡潔にしておこう。

撮影は昨日 ( 06/29 ) であることは、念のため。

暑くなりそうな予感があったので、
少し涼しそうな群馬県憩の森で過ごすことにした。

そこで撮れたものたちが今回の題材。

中でも面白いと思ったのはオオカギバというガで、
これは初見だったのだけれど、マジマジ見るほどに魅入られる。

何しろ、翅の外縁に沿ってこちら向きの可愛いペンギンが並んでる。
こんな面白いガの存在があるんだ‼そのことにビックリ。

この幼虫の食草はウリノキとのことで、
そう言えばここはウリノキがいっぱいある。

とても素敵な出逢いがあったのだった113.png





   晴れた空に白い雲、そしてノリウツギ。この日梅雨が明けた。
c0305565_17433745.jpg





   おやもう!?キツリフネが咲いていた。
c0305565_17440034.jpg


   正面側からも撮ってみた。
c0305565_17441019.jpg





   双子は珍しいハナイカダの実は、まだ緑色。
c0305565_17442299.jpg





   ヘーゼルナッツの親戚、ツノハシバミの若い実。
c0305565_17443449.jpg




   オカトラノオに来ていたスジグロシロチョウ。
c0305565_17444752.jpg





   まだ生えたてほやほやのギンリョウソウたち。
c0305565_17450429.jpg



c0305565_17451479.jpg



c0305565_17452540.jpg



c0305565_17453513.jpg





   オオカギバの翅の後縁に何と!ペンギンがいっぱい並んでた‼
c0305565_17454672.jpg


   他のコマからアップに。ペンギンが判るかな?
c0305565_17455705.jpg

by h6928 | 2018-06-30 18:32 | 季節もの・夏 | Comments(6)

今日も在庫掃き出しセールということで、主にカエルから。

田んぼで孵化したばかりのニホンアマガエルのオタマジャクシは、
頼りなさ過ぎるほど小さいけれど、急速に成長して、
いわゆるトノサマガエルクラスのと差が無いほど大きくなる。

他のオタマジャクシとの見分け方は、目が右と左に大きく離れて付いている。
そこが最重要なポイントで、ボクは密かに研○○○と呼んでいた。
(○○○さん、ごめんなさい<m(__)m>)

そのオタマに後脚、前脚の順に出て、尻尾が短くなって、
陸に上がる頃は○○○さんを卒業して、もうすっかりカエルの顔になっている。

幼いカエルはまだ、田んぼ近くの水路脇の草むら等でたむろしていることが多い。
カエルのくせに徐々に水辺から離れて行って、林に移動すればもう一人前。

まだ分散しきれていないうちに効率よく、可愛い姿を撮っておいたが、
「取って置き」の品に該当すると言えるかどうか、不安ではある。





   今年生まれのニホンアマガエルたち、8頭8役。
c0305565_17535849.jpg

c0305565_17540849.jpg


c0305565_17542637.jpg


c0305565_17545034.jpg


c0305565_17550321.jpg


c0305565_17551659.jpg


c0305565_17552926.jpg


c0305565_17555139.jpg





   ツユクサの葉にいた、キマエクロホソバ。木くずのようなガ。
c0305565_17561333.jpg





   満身創痍のアゲハモドキ。もうすぐご臨終かもしれない。
c0305565_17564173.jpg





   あちこちのナガコガネグモの網には、シオカラトンボが捕われていた。
c0305565_17565550.jpg





   カエルの住みかに近いウリカエデに、こんな色のわくら葉を見つけた。
c0305565_17570538.jpg

by h6928 | 2016-08-15 19:04 | 季節もの・夏 | Comments(2)

6月11日は、やっぱり晴れて真夏日になるとの予報が出ていたので、
榛名山の中腹にある「群馬県憩の森」で過ごすことにした。

下界はやっぱり真夏日になったけれど、ここは26℃ほどで過ごしやすかった。
一番の目当てはギンリョウソウだったけれど、まだ影も形もなかった。
やっぱりある程度雨が続かないとダメなのかなぁ・・・・・。

でも、森林浴はできたし、ウリノキの花も見たし、ミスジチョウにも出逢えたし、
心身ともに健康的に過ごせたのは良かったいねぇ~。





     食べたら死ぬと教わったヘビイチゴ。無毒と知ってから試食したら、味が無かったっけ。
c0305565_18050381.jpg




     普段、地味なニワトコが、赤い実をつける時だけは少し華やぐ。
c0305565_18051637.jpg





     ナルコユリの花は歩いていても見えない。ここでは高低差を利用して撮れた。
c0305565_18052756.jpg





     ウリノキの花は咲いていても、大きな葉の陰で目立たない。
c0305565_18053627.jpg
     
c0305565_18055658.jpg





     アナベルの陰に潜んでいる、バッタの赤ちゃん。
c0305565_18061917.jpg





     サトクダマキモドキの幼虫かな?
c0305565_18063109.jpg





     死んだヒゲナガガを運ぼうとしているアリさん。頑張ってる。
c0305565_18064144.jpg





     キンモンガというけれど、このコは白っぽかった。
c0305565_18070145.jpg





     ヒトツメカギバの白地は、何とも上品にみえた。
c0305565_18071421.jpg





     ダイミョウセセリは、何度も何度もここに止まった。
c0305565_18072632.jpg





     Gパンに止まったのはなんと!ミスジチョウ。一瞬のお客様。
c0305565_18073673.jpg

by h6928 | 2016-06-12 18:52 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

榛名南麓の公園で

5月29日は、薄曇りで蒸し暑い天候。

涼しい所を求めて渋川市の憩の森を目指して出発したのだけれど、
途中の吉岡町にあるふれあい公園に、なんとなく寄ってみた。
何か撮れそうな気がしたので・・・。

最初のうち、めぼしいものも撮れずに、外したかな?
と気落ちしたが、懐かしいトモエガに出逢えて、ちと感動。

子供のころ、夏の夜になると、灯火を求めて家の中に入って来た、
わくわく感をもたらす虫の一員だった。
もう何十年も見ていなかったので、本当に久しぶりだ。

もっとお近づきになりたかったのに、
赤い表翅とお腹を見せて、あっさりと逃げ去ってしまったのは残念。
こっちは懐かしくも、あちらさんにしてみれば初対面だもの、仕方ないけどね。





     ヒペリカム ’ヒドコート’ が咲き始めた状態。標高が少し高いと実感。
c0305565_18260168.jpg





     まだ咲き始めたばかり。
c0305565_18260970.jpg





     冬を忍び、春に新芽を伸ばし、初夏に咲いたスイカズラ。
c0305565_18262516.jpg





     コンクリート擁壁の排水口から生えた、イモカタバミ。
c0305565_18263849.jpg





     シロツメクサにベニシジミ。
c0305565_18264905.jpg





     ハグルマトモエの♀。飛ぶと表翅やお腹が赤っぽくて驚かされる。
c0305565_18285994.jpg





     青緑の光沢が美しい、アシナガバエの一種。
c0305565_18265859.jpg





     こう見えて案外素早いオオヨコバイ。
c0305565_18270729.jpg





     山茶花の葉っぱにいたビロウドコガネ。名は体を表す。
c0305565_18285078.jpg





     黄色いスキンヘッドが可愛い!? ハグロハバチの幼虫。
c0305565_18272548.jpg





     自分の食べ残しやらなにやらに紛れているゴミ屋敷、じゃない、ゴミグモ。
c0305565_18274428.jpg





     しかしてこいつの正体は・・・・こんな姿だったのだ。
c0305565_18275288.jpg

by h6928 | 2016-05-30 19:34 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

高崎市郊外で花と虫

5月28日は、高崎市の郊外で去年、アーティチョークを撮ったのを思い出し、そこに行ってみた。

ところが、もう飽きたのか懲りたのか、今年は姿が見られなかった。

放っておいても雑草化するほど強健ではないようで、残念ではある。
まぁ、地主さんが栽培をやめればそれっきりということだ。

でも、多年草(!!)のチユウキンレンはしっかり残っていて、花も見られた。
バナナの仲間ではあっても寒さには相当強いようだ。

他にもその辺を歩き回りながら、いろいろ撮ったのは言うまでもない。






     ヤグルマギクはもう野辺で自活している。それでも愛でたい美しさは捨てていない。
c0305565_17533680.jpg




     サルビア・ミクロフィラ ’ホットリップス’ 。 
c0305565_17535301.jpg





     もうゼニアオイも咲いている。
c0305565_17540537.jpg





     ノビルの花。花後は種よりムカゴになることが多い。
c0305565_17541979.jpg





     草刈り機が騒音を響かせているすぐ脇で、たじろがずにいたベニシジミ。
c0305565_17543439.jpg





     周囲は畑で、何かの建物の脇に咲くチユウキンレン。
c0305565_17544775.jpg





     こんな環境に育っている。
c0305565_17545551.jpg





     アカザを撮ったらカメノコハムシも撮れた。どっちが主役?
c0305565_17550966.jpg





     透明な翅をもつこのコは、ブドウスカシクロバというガ。
c0305565_17552204.jpg





     高級毛皮をまとったようなこのコは、ヒメツマキリヨトウというガ。
c0305565_17553562.jpg





     ハラヒシバッタは、接近してみると機械仕掛けの造り物ようだ。
c0305565_17555016.jpg





     鈴なりのギシギシの実は、今は緑色の💛。
c0305565_17555918.jpg

by h6928 | 2016-05-29 18:55 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

とちぎわんぱく公園で

5月26日は、たまには早起きして、
益子で毎年開催されている三戸綾乃さんの作陶展を見に行った。

その帰りにはいつも、壬生の「とちぎわんぱく公園」で休憩&撮影を恒例にしている。

広い公園にはいろいろな花が四季折々に咲いていて、
わんぱくじゃないオッサンでも充分寛げる。

家にはウサギのラビちゃんが待っているので、長居はできないのが残念だったりする。

ささっと撮っても、このくらいの収穫があるのが嬉しい。





     たくさんのアリウム・ギガンチウムが、ユーモラスにスウィングしている
c0305565_18115015.jpg





     その花では、ミツバチも忙しそうに働いている。
c0305565_18120123.jpg





     花粉まみれの顔を、前脚で洗っている、ハナムグリ。
c0305565_18121446.jpg





     まだ開ききっていないクレマチス。
c0305565_18123023.jpg





     クマバチさんの女子。怖そうに見えてとてもおとなしい。
c0305565_18124272.jpg





      ここ数年、芝生で見かけるキキョウソウ。北米原産の帰化植物。
c0305565_18125576.jpg





      ヤマボウシの本当の花たち。
c0305565_18131497.jpg





     優しい色合いのスイートピーもあった。
c0305565_18133147.jpg





     成虫で越冬したクビキリギスの♀。噛みついたら首が取れても離さないとか。
c0305565_18134394.jpg





     アナベルにいた、脱皮直後のヤブキリ、かな?女の子だとはわかる。
c0305565_18135168.jpg
c0305565_18135927.jpg





     マツノゴマダラメイガか、モモノゴマダラメイガ、どっちだろう?
c0305565_18141078.jpg

by h6928 | 2016-05-27 19:15 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

季節はずれと、季節相応

この頃はダブル台風が何度も来たりして、天候もめまぐるしく変わる。
暖かい日が続いたり、急に寒くなったり、
それでも全体を通してみれば暖かいのだろうか?
あちこちで春の花が咲いているし、夏の花が残っている。
今回は、そんな今時に見られたものを集めてみた。




      今年はいろんなアジサイが、今頃になっても新しい花を咲かせている。
c0305565_17461719.jpg




      いよいよチャの花が旬を迎えてきた。放置されたチャも、花を咲かせ実を結ぶ。
c0305565_17463613.jpg




      春の七草「ゴギョウ」のハハコグサ。秋の七草だって終わってるのもあるのに。
c0305565_17464888.jpg




      マルバルコウは、時により様々な表情を見せてくれる。
c0305565_17470030.jpg




      地面にへばりつくように咲いたムラサキツユクサ。
c0305565_17471333.jpg




      赤い割れ山椒から、黒い種が見えると、秋が深まる実感。
c0305565_17473098.jpg




      アキノノゲシも花から実の季節に移っていた。
c0305565_17474429.jpg




      イヌタデはこれだけ集まれば結構壮観な花畑になる。
c0305565_17475464.jpg




      シロバナの一団もあった。
c0305565_17480363.jpg




      この芋虫が成長し変身すれば、なんと!!ホシホウジャクになるのだ。
c0305565_17481592.jpg




      運転席側の車のドアガラスにいて、手こずらせてくれたマミジロハエトリさん。
c0305565_17482937.jpg




      ネコハエトリさんは、どうしても正面顔を撮らせてくれなかった。
c0305565_17484632.jpg

by h6928 | 2015-10-19 18:26 | 季節もの・晩秋 | Comments(8)