タグ:ガーデンの花 ( 41 ) タグの人気記事


昨日 ( 06/21 ) はずっと、とっても蒸し暑く、
発雷確率も高いとのことで、
眼科の再診日にも当たっていたことだし、
眼科医院の受診を済ませた後はそのまま家に戻って、
写真撮影はお休みにした。

前日に撮った軽井沢レイクガーデンの写真が
思いの外たくさん撮れてしまったので無理して撮りに出るより
撮れたものを整理する方が先、ってことで、
デスクワークに精を出したのだった。

でも、それって結果的に
目を酷使することになってヤバいのかなぁ?
なぁ~んて、過ぎてから及ばないことを反省する羽目になる。

ともあれ、今回はその結果
選りすぐった写真に登場してもらおう。

選りすぐりの結果がこれ???なぁ~んて、
冷たいことは ♪言いっこ無ぁ~しぃ~よ106.png






   まずは入り口で、門柱に絡んで咲くハニーサックルを切り撮ってみる。
c0305565_17331919.jpg





   『レイク』に相応しく、アサザの花がいっぱい。
c0305565_17333960.jpg





   太陽に暈っぽい雲がかかった空を映した、スイレンの咲く池。
c0305565_17340335.jpg





   ホソミオツネントンボって、ここまで翅を閉じて休むんだ!
c0305565_17341910.jpg





   チガヤの綿毛が風に乗って飛びそう・・・だった、けど・・・。
c0305565_17343218.jpg





   ペニセタム゛レッドボタン〟はチカラシバと同属、でも全然こっちが可愛い。
c0305565_17344769.jpg





   ちっちゃな花の、マルタゴンリリー。もっとちっちゃなクモっ子も。
c0305565_17350425.jpg





   ヘメロカリスなんて良い隠れ家を見つけたね、ヤブキリっ子。
c0305565_17352746.jpg





   あちらこちらに咲くアストランティアから、今回はこのコ。
c0305565_17355530.jpg





   ノアザミっぽいのだけれど、ちょっとだけ雰囲気が違うなぁ、このコ。
c0305565_17361066.jpg





   セントーレアの仲間かな?でも、葉の形がちょっと異質?
          ゛デアルバータ ” と判明(ガーデンブックから)
c0305565_17362387.jpg





   名前は知らないけれど、小さくとも印象的な花。
    ホザキサクラソウでした。koneko3yさん、御教示ありがとうございます。
c0305565_17363276.jpg





   エゴノキのピンクの花。横からの撮り方も良いでしょ。って自画自賛。
c0305565_17365246.jpg





   オリエンタルポピーの実。バックの花は引き立て役に。
c0305565_17370383.jpg





   緑の葉っぱに宿ってた、キラキラな水滴。
c0305565_17371530.jpg





   エリンジウムのウィルモッツゴースト(?)
c0305565_17373878.jpg





   四つ葉と五つ葉のクローバー、見っけ。
c0305565_17375559.jpg





   この日とうとう雨にはならず、日傘の花も。
c0305565_17380731.jpg

by h6928 | 2019-06-22 18:55 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

雨の抒情詩


昨日は朝からずっと雨降りで、
しかも雨脚の強い雨だったから撮影に出るのは諦めた。

それと言うのも、
10日に軽井沢レイクガーデンで撮った内で、
まだ未アップのものが雨降りものだったので、それを使えば
わざわざ雨の中に苦労して撮りに行くことも無いや、
なぁ~んてね、ずぼらなことを考えたわけ。

で、どうせ暇なもんだから、
せっかくの雨がよく見えるようにレタッチなんぞもしてみたりして、
しかも画質は二の次にして、大きめのサイズで見られるように出力した。

500KB以内に収めてなるべく大きいサイズと言えばこんなもんかなぁ。

ということで、例によって
クリック&+で大きくなるはずなので、
興味のある方は是非ご覧ください105.png

また、雨の情景のみをじっくり味わっていただくために、
キャプション無しにしました。


c0305565_17491294.jpg



c0305565_17492240.jpg



c0305565_17493224.jpg



c0305565_17494153.jpg



c0305565_17495153.jpg



c0305565_17500048.jpg



c0305565_17501130.jpg



c0305565_17502447.jpg



c0305565_17503438.jpg



c0305565_17504477.jpg



c0305565_17505563.jpg



c0305565_17510810.jpg



c0305565_17512144.jpg



c0305565_17513272.jpg



c0305565_17514353.jpg



c0305565_17515610.jpg



c0305565_17521664.jpg


   さすがにこんなに降ってくれば、もう帰るしかないよね。
c0305565_17520693.jpg

by h6928 | 2019-06-16 18:18 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日は朝から一日中しっかり雨が降り続き、
ついに関東も梅雨入りが発表になった。

せっかくの雨天は、
たまには撮影行を休みなさい、という
天からの思し召しだと勝手に解釈して休写日」に充て
体を休めることとした。

で、その余裕は
今月の3日に軽井沢レイクガーデンで撮った写真の
在庫がたっぷりあることに起因してのもの。

まだ同じ週内に使うことができれば塩漬けにしなくても済み、
フレッシュ度もたっぷりの内に載せられるから、
ちょうど良かったわけ。

それでは、鮮度の落ちないうちにどうぞ102.png






   白いハマナスみたいなこのバラ、静寂が似合う。
c0305565_17511638.jpg


   でも、ハチさんは遠慮なしの訪問者。
c0305565_17512885.jpg







   これって、コデマリで良いんだよね?
c0305565_17514303.jpg







   リクニス・フロスククリ(カッコウセンノウ)の白花も見られた。
c0305565_17515995.jpg







   ギョウジャニンニクのネギ坊主さん。
c0305565_17521735.jpg







   清々しい白いスイレン。
c0305565_17523646.jpg







   スイレン繋がりで、いろいろと。
c0305565_17524598.jpg



c0305565_17525779.jpg



c0305565_17534128.jpg







   マリアアザミの一番花が咲いていた。極小のアリさんが取り付いてる。
c0305565_17542781.jpg


   このアザミ特有の葉っぱが、また観賞価値を高める。
c0305565_17543898.jpg
 






  コンフリーは軽井沢で見ると、高原の空気が似合う園芸植物に見える。
c0305565_17545903.jpg







   低地ではもうとっくに終わっているアヤメが、今を盛りと咲いている。
c0305565_17551883.jpg

   これもアヤメの品種だろうか?
c0305565_17553007.jpg







   カキツバタもどんどん咲いてきている。白いのもそうかな?
c0305565_17554330.jpg







   ニゲラ・パピローサは、花後にはこんな姿に!
c0305565_17555767.jpg







   ベニバナトチノキは今が花盛り。よく見るとハチが来ているね。
c0305565_17561046.jpg







   ハナノキの実がクルクルと舞って、アナベルの葉っぱに降り立った。
c0305565_17562184.jpg

by h6928 | 2019-06-08 18:59 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 06/03) は前日とはうって変わって
爽やかな晴天に恵まれた。

ヘビを撮って喜んでいただけでは物足りなかったので、
また二日連続になるけれど
軽井沢レイクガーデンに再挑戦してみることにした。

やっぱり、なんだかんだ言っても
高原は晴天が良いよなぁ、って勝手な感想を持ったりする。

そして、晴れていると
トンボたちが活発で色々面白いこともしてくれるから、
撮り甲斐もあるっていうもの。

今回はヨツボシトンボの静止ものと、
クロイトトンボのちょっとした事件ぽいものが撮れたので
それを載せることにした。






   エントランスではいつも、花をあしらった噴水が迎えてくれる。
c0305565_18010061.jpg








   超望遠で遠くのオダマキを引き寄せてみたりも。
c0305565_18011103.jpg








   水辺ではヨツボシトンボが飛び交うも、止まっているのを撮る。
c0305565_18012869.jpg



c0305565_18013852.jpg


   昆虫は脚が6本のはずなのに、4本しか見えない。
c0305565_18015045.jpg


   どっちから見ても、6本には見えないよね。
c0305565_18020216.jpg


   このトンボさんも、前脚を複眼の後に折りたたんで収納するんだね。
c0305565_18021171.jpg



c0305565_18022738.jpg








   目が慣れると、小さなクロイトトンボもたくさんいるのに気づく。
c0305565_18024105.jpg


   ホバリング中のオスが撮れた
c0305565_18032728.jpg


   交尾中のカップル。本体と影でハートが二つできている。
c0305565_18033853.jpg


   交尾を済ませたカップルは、やがて産卵へと至る。後が♀
c0305565_18035794.jpg


   ♂の数が多すぎて、あぶれた♂は産卵中のカップルにも接近。
c0305565_18040760.jpg





   こちらはまた別の、連結して産卵中のカップル。
c0305565_18041978.jpg


   背後から恋にあぶれたお邪魔♂が、カップルに接近してきた。
c0305565_18043082.jpg


   あろうことか、カップル♂にのしかかり連結を試みるお邪魔♂。
c0305565_18044099.jpg


   嫌がるカップル♂の、首根っこを掴もうとしているお邪魔♂。
c0305565_18050082.jpg


   首根っこを掴んで、飛び立とうとしても、ちょっと無理みたい。
c0305565_18051183.jpg

by h6928 | 2019-06-04 19:00 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 06/02 ) は予報通り曇り空が拡がって
気温もさほど高くなく狙い通りの天候になった。

さっそくまた軽井沢にでも行こうかと、
いつも車を止めている場所まで行ってみると、
なんと!愛車の後ろ半分に
大小の白い斑点が散りばめられていた。

やられた!おそらくカラスの巣立ち雛たちが
両親共々しばらく車の上で過ごしていたのだろう。
置きみやげにたっぷりと
お尻から塗料を噴出してくれたのだった。

青空駐車場だからこんなこともあろうけど、
まぁ~、よりによって派手にやってくれたものだ。

放置しておくと塗装が傷んでしまうということなので
仕方なくいつものGSで洗車をしてもらった。
それに時間を大きく割かれてしまって、
軽井沢に行ってもほんの僅かしか撮れる時間は残されていない。

それでも、ラッキーなことに
アオダイショウとヤマカガシのご一緒シーンが撮れたのは
想定外の儲けものだった。

きっと日光浴で暖まろうとしていたのに、
あまりにも気温が低すぎて引くに引けない状態だったのに違いない。

そして、ここに来たら最低限、
ブルーポピーは押さえておくのは必須だしね。








    ヒマラヤの青いケシは、薄ら寒い曇り空も似合っていた。
c0305565_17411291.jpg



c0305565_17412458.jpg



c0305565_17413523.jpg


   これもブルーポピーの一種で、メコノプシス・ホリデュラ。
c0305565_17414781.jpg








   ネクタロスコルドム・シクルムって、学名のカタカナ表記は覚えにくい。
c0305565_17421125.jpg



c0305565_17422106.jpg








   原始的なバラ、ロサ・セリケア・プテラカンタは、花弁が4枚。
c0305565_17423432.jpg


   みんな向こう向きなのに一輪だけ偉いコがいた。
c0305565_17424468.jpg







   まだ咲き残っていたヤマブキは、オオデマリで華やかさを演出。
c0305565_17425832.jpg







   サラサドウダンも、曇りのせいか光が回っていい感じ。
c0305565_17451945.jpg








   ヒトツバタゴがちょうど見ごろを迎えていた。でもちょっと地味。
c0305565_17431840.jpg
   ベニバナトチノキとコラボさせてみた。少しは華やぐかな?
c0305565_17432949.jpg








   門柱に絡んで咲くクレマチスが見ごろ。
c0305565_17434156.jpg








   なんと、アオダイショウとヤマカガシが一緒にいた。
c0305565_17435640.jpg


   ほぼ真上からヤマカガシの頭(右上)まで入れて撮る。
c0305565_17440535.jpg


   アオダイショウをもう少しアップで見よう。ヤマちゃんの方が太い!
c0305565_17441317.jpg


   ヤマカガシがUターンしたら顔が撮れた。ちょうど舌も出た!
c0305565_17442311.jpg


   アオダイショウに見送られて塒へ向かっていくヤマカガシ。
c0305565_17443148.jpg

by h6928 | 2019-06-03 18:52 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日は軽井沢レイクガーデンで撮れた

ブルー系の花をセレクトして載せたので、

それだけで終わらせてしまっては

あまりにももったいないので、

今日は引き続き

軽井沢レイクガーデンで撮れた

「とっておき」の写真をご覧いただきましょう。


5月と言うにはあまりにも暑くなっている今日この頃、

少しでも涼しさを伝えられたら嬉しいなぁ。








   無料エリアでタンポポの綿毛。バックはツツジ。カメちゃんもいるね。
c0305565_18083076.jpg








   トイレの入り口前で見上げたらこの花が目についた。キングサリかな?
c0305565_18085043.jpg








   平地ではとっくに終わっているスズランも、まだまだ咲いている。
c0305565_18090211.jpg








   これ、ツボサンゴだよね?これほど鮮やかで色の濃いのは初見。
c0305565_18091824.jpg








   カッコウセンノウ。そう言えば、ここでこの日カッコウの声を聞いた。
c0305565_18092854.jpg








   このモクレンの花、花弁がずいぶん細いんだね。枚数も多い?
c0305565_18093933.jpg








   スグリのまだ緑の実も可愛い。上向きになるって初めて気付いた。
c0305565_18095368.jpg








   ルナリアの花は、なるほどアブラナ科だと分かる形。
c0305565_18100441.jpg


   逆光に透けた種の莢がまた魅力的。完熟した莢も見てみたい。
c0305565_18101680.jpg








   セントーレア・モンタナの〝パープルハート〟。ニホンミツバチも‼
c0305565_18103139.jpg








   オダマキも色々あったけれど、このコを採用することにした。
c0305565_18104167.jpg








   葉の色が赤紫のクローバーは、花も同じようだった。
c0305565_18105101.jpg








   原種のバラ、ロサ・セリケア・プテラカンタ。
c0305565_18110645.jpg








   マルバノキの葉にいた、クロイトトンボの未熟♂。
c0305565_18112916.jpg








   ホソミオツネントンボのあぶれオスふたり。
c0305565_18115542.jpg


   ハート形の交尾姿勢のカップルも撮れた。
c0305565_18120628.jpg



c0305565_18123477.jpg


   二組のカップル。混み合っているから、こんな場面も。
c0305565_18124566.jpg

by h6928 | 2019-05-27 19:01 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 05/25 ) は、前日の失敗を取り戻すべく、
連荘で軽井沢レイクガーデンに行ってリベンジを試みた。

群馬の平地では
前日よりさらに気温が上がりそうだとの予報で、
出発時にはもう28℃に達していた。

軽井沢に到着すれば22℃ほどで、断然涼しい。

使用カメラは今度はオリンパスのミラーレス機で、
予備電池もフル充電完了のを2個用意したから、もう完璧。

軽井沢にしては暑いという日中でも、
新緑に囲まれた水辺を渡るそよ風は
涼を呼ぶからいい感じ。

タップリと写真も撮れた中で、
前日に青ざめさせられた〝クール〟ピクスへのリベンジだから、
今日の写真はドラえもん張りの青ざめシリーズで決まりだね。








   まずは、前日には無かった新顔、ニゲラ・パピローサ〝ミッドナイト〟
c0305565_18000643.jpg



c0305565_18001603.jpg



c0305565_18002559.jpg








   これもニューフェイスの、 銅葉のロベリア〝パープルモーブ〟
c0305565_18003611.jpg








   ネペタを取り巻きに、王女様のようなアネモネ。
c0305565_18004542.jpg








   青くないじゃん!って言わないで。和名はクロバナフウロ。
c0305565_18005811.jpg








   ワスレナグサのブルーは、青シリーズには欠かせない。
c0305565_18010853.jpg








   咲き始めていたカキツバタ。このスッキリ感が好き。
c0305565_18012136.jpg








   カキツバタに止まっていたヨツボシトンボ。バックはアサザ。
c0305565_18013185.jpg



c0305565_18013980.jpg








   露地植で咲いているヒマラヤの青いケシ。いっぱい撮ってしまった。
c0305565_18015235.jpg



c0305565_18020366.jpg



c0305565_18021506.jpg



   つぼみの裂け目から覗くブルーが、何ともフレッシュ。
c0305565_18022562.jpg



c0305565_18023515.jpg



c0305565_18024658.jpg



c0305565_18025626.jpg


   散り始めたこの姿も愛おしい。
c0305565_18030617.jpg

by h6928 | 2019-05-26 18:43 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

昨日 ( 05/24 ) は、
眼科で手術後の診察を受けてから
せっかくの好天を無駄にしないためにもと
軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

前回は道中の碓氷峠にも着いてからも
サクラが咲いていたけれど
もうさすがに山々は新緑に覆われていた。

すぐ近くに見える浅間山は
木が生えていないから地肌は剝き出しで、
少し残雪が見える。

そうして清々しく爽やかな新緑を見ながら撮影を始めると
さほど時間が経ってもいないのに、
いきなりカメラの電源がダウンした。

え~?うっそぉ~!信じらんなぁ~い‼
持って出るときフル充電マークが出ていたのに。
そうなんだよねぇ、
このカメラ(ニコンのクールピクスP1000)の欠点。

電池満タンマークから、いきなり「電池残量がありません」になる。

その表示を見逃せばいきなりすべての差動が停止してしまう。
まだ予備の電池が発売されていないとかで、
万が一の備えにもならない。
う~ん・・・・情けないやら悔しいやら。

電池を取り出してポケットで温めながら、
ヒマラヤの青いケシの咲くエリアまで行ってみる。
物は試し、撮ってみれば辛うじて2コマ撮れた。

まぁ、後は園内でどこに何があるかを見つつ、
ほっつき回ってから帰ってきた。
新緑のきれいな軽井沢で涼しく過ごせたから、
真夏日の群馬にいたよりは良かったけどね。






c0305565_18044334.jpg








   トウカエデのハナチルサト。若葉がこんな色で花みたい。
c0305565_18045617.jpg









c0305565_18050768.jpg








   オオデマリがまだ緑っぽい。さすが軽井沢。
c0305565_18051829.jpg



c0305565_18052805.jpg








   ショップにあった売り物、アネモネのワイルドスワン。
c0305565_18054962.jpg









c0305565_18060496.jpg









c0305565_18061554.jpg



c0305565_18062598.jpg



c0305565_18063530.jpg









c0305565_18064595.jpg









   ミツガシワに止まるクロイトトンボ♂を見つけた。
c0305565_18065666.jpg



c0305565_18070683.jpg









c0305565_18071711.jpg









c0305565_18072952.jpg









c0305565_18073984.jpg









   何とか撮れたヒマラヤの青いケシ、メコノプシス・ベトニキフォリア。
c0305565_18075223.jpg



c0305565_18080412.jpg

by h6928 | 2019-05-25 18:55 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


今回は5月4日に撮った在庫から

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンでの

花とチョウをご覧ください。






   シャガって個々の花は短命でも、全体としての花期は長くて、まだ綺麗。
c0305565_08501225.jpg






   木漏れ日の当たる、コデマリ。
c0305565_08502558.jpg






   ドイツスズランは案外写真には写しにくい。これは良い位置にあった。
c0305565_08504643.jpg






   小ぶりなスイレンの花も、引き寄せて撮ればそうと分からない。
c0305565_08510213.jpg






   ニワゼキショウは、カンカン照りの太陽光がお好き。
c0305565_08511293.jpg






   およそ「らしくない」チューリップ。これもありなの?
c0305565_08512414.jpg






   セイヨウトチノキかな? 高い梢の花は超望遠で引き寄せた。
c0305565_08514096.jpg






   ベニバナトチノキにも花がいっぱい。
c0305565_08515030.jpg






   太陽光をいっぱい受け止めようと・・・、アオギリの若葉。
c0305565_08521193.jpg






   勢い良く飛び回ってお疲れの小休止、ツマグロヒョウモン♂。
c0305565_08523005.jpg



c0305565_08524374.jpg






   ツマグロヒョウモン♀って、スミレでなくても産卵しちゃうのかな?
c0305565_08530109.jpg



c0305565_08531323.jpg



c0305565_08532436.jpg






   フジの花には付き物と言っても過言ではない、クマバチ。
c0305565_08534255.jpg






   たった一輪見つけた、早起きさんのシャクヤク。
c0305565_08535757.jpg






   野菜としてのチャイブは、実はまだ味わったことが無い111.png
c0305565_08541111.jpg






   スプリンクラーのシャワーが気持ち良さそう、ボリジ。
c0305565_08542243.jpg

by h6928 | 2019-05-16 18:30 | 植物園


昨日 ( 05/10 ) も一日空けただけで、
またもや軽井沢レイクガーデンに行った。

往復すると82㎞ほどの走行距離だから
館林方面に行くより半分の行程だ。

天気予報では夏日は確実そうだから
暑さで知られる館林方面より避暑地の方が快適に決まっている。

そんなわけで、またもやコムクドリが撮れれば良いかな
と安直に考えていたらそうは行かなかった。

一日空けただけでも木の葉の生長がずいぶん進んで
鳥たちの姿がまともに見えなくなっていた。

コムクドリも単独ではなく
小群で行動していていることは分かっても
画として撮るのはとぉ~っても困難。

その代わりと言ってはナンだけれど、
トンボがやっと撮れたから我ながら上出来かな?

帰って来てニュースで知ったのは、
伊勢崎市で真夏日になり、全国一の気温だったとか。
避暑地で過ごせて良かったぁ~。








   ケマンソウは別名タイツリソウ。タイよりコイ(恋)が釣れてる?
c0305565_17585857.jpg



c0305565_17590726.jpg








   うっかりすると踏んでしまいそう。大人しく控えめなバイカイカリソウ。
c0305565_17591686.jpg








   チャイブのネギ坊主がいっぱい。
c0305565_17592443.jpg








   ホソミオツネントンボのカップル。成虫越冬、頑張ったんだね。
c0305565_17593842.jpg



c0305565_17595624.jpg



c0305565_18000647.jpg



c0305565_18001947.jpg



c0305565_18002936.jpg








   ホオジロの♂が何とか撮れた。もっと葉が伸びればアウトだったね。
c0305565_18004295.jpg



c0305565_18005159.jpg








   コムクドリはカエデの葉陰で見つけても、上手く撮れない。
c0305565_18010061.jpg



c0305565_18010807.jpg



c0305565_18011817.jpg








   小さな魚の♂の♀への、求愛⇒産卵を促す行動を撮ることができた。
c0305565_18013501.jpg



c0305565_18014599.jpg



c0305565_18015631.jpg
c0305565_18020548.jpg



ところでこの魚、何だろうとネットで調べてみたところ、
もしかしたらウシモツゴではないだろうか?
と気になった。

だとすれば、環境省の定めるレッドリストでは
CR:絶滅危惧Ⅰ A類に該当する超貴重なお魚さんだということになる。

ウシモツゴではない普通のモツゴでも
♂の婚姻色や繁殖に関する習性はほぼ共通するようだから
一概に断定はできない。

一番の違いはウシモツゴには側線が無いのが特徴だとか。

まぁこの時期に捕まえて調べてみるのは酷だろうし、
安住の地としてそっとしておいてあげるのがお魚さんにはベストかも。

by h6928 | 2019-05-11 19:06 | 季節もの・初夏 | Comments(4)