タグ:カメムシ ( 28 ) タグの人気記事


昨日 ( 05/23 ) も良く晴れて気持ちの良い日になって、
夏日の予報も出ていることだしと、
少し標高の高い碓氷湖に行って撮ることにした。

正式には坂本ダムと言うそうだけれど
そのダム湖を巡るための歩道が整備されていて、
転落防止のためのガードフェンスがあり、
その手すりがボクにとっての絶好の撮影スタジオになってくれる。

いろんな虫たちが入れ代わり立ち代わり登場してくれて、
苦労することなく撮れてしまうからラクチンラクチン。

でも、その後の苦労も付いて回る。
何しろ、いい年をこいても見たことも無い虫が登場して、
はてさて、この虫さんいったい誰なの???ってことになる。

ネットの虫図鑑でも「未同定」がいっぱい。

手持ちの図鑑でも網羅できないほど、色々出てくれるのは、
嬉しいけれど困り果てるのも一緒なんだいねぇ~。








   先ず導入は爽やかに、イロハモミジの若い実から。
c0305565_17380109.jpg








   イロハモミジと、新緑に染まる湖水を併せてみれば・・・・。
c0305565_17381333.jpg








   湖水に映る青い空と白い雲、手前にクズの若い蔓。
c0305565_17382765.jpg








   ハルジオンの上のヤブキリ幼虫は、こうして見ると大きくなっているね。
c0305565_17385132.jpg








   コミスジの横をカメの歩みで通り過ぎる、アカスジキンカメムシ幼虫。
c0305565_17390649.jpg








   カメムシさんが去った後も、翅を立てたり開いたり。
c0305565_17392259.jpg








   セアカツノカメムシさん。ここって、こんなカメムシさんが色々いる。
c0305565_17395185.jpg








   ヨツモンカメムシさん、白昼堂々と交尾中。
c0305565_17400259.jpg








   この虫さん、検索に苦労した。ヒゲボソゾウムシの一種かな?
c0305565_17401762.jpg








   コハナグモさんは、背中がオジサン顔になっている。
c0305565_17402927.jpg








   このテントウムシはだれ?図鑑に載っていないや。
c0305565_17404209.jpg


   しばらく経ってから見ると黄色が濃くなっていた。ナミテントウ?
c0305565_17405102.jpg








   珍客、セモンジンガサハムシに遭遇。
c0305565_17410867.jpg


   背紋陣笠葉虫という名の通り、背中にX字紋がある陣笠みたいな葉虫。
c0305565_17411993.jpg


   しばらく後にアリさんに絡まれているジンガサくんに再会。
c0305565_17413119.jpg


   突然逃げ出したのはアリさんの方。どうしたの?って感じ。
c0305565_17414125.jpg


   すぐ後で、躰の掃除を始めたアリさん。変な臭いでも付いた?
c0305565_17415183.jpg








   こんな変な虫に出逢った。昆虫の幼虫だよね、たぶん。
c0305565_17420588.jpg

by h6928 | 2019-05-24 18:42 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 09/30 ) は台風が接近している影響で、
朝は雨が降っていた。

嵐の前の静けさーか、日中にはその雨も止んでいて、
もったいないから富岡市の大塩湖まで撮りに出た。

周湖道を歩いてみると大半は草刈りが入ったばかりで、
マジメな日本人よろしく、きれいサッパリと刈り払われていた。

まぁウォーキングに来たと思えばいいか、
ぐらいに気楽に考えて撮れるものを撮ってみた。

根が欲張りなんだけど欲も捨ててみれば
「拾う神」にも同情されたのかな?
今日のブログに載せるくらいの数は何とか揃った。

台風も今度も無事に過ぎて行った。やれやれ・・・・だ。





   俯いている草ぐさの内、キンエノコロから。
c0305565_17472352.jpg


   ベニバナボロギク。
c0305565_17474635.jpg

   ミズヒキの花。
c0305565_17480132.jpg






   タイワンホトトギスは、空を見上げていた。
c0305565_17481386.jpg





   ミゾソバは、今年はなぜか激減していた。
c0305565_17483314.jpg





   たった1本、ポツンと咲いていたタカサゴユリ。
c0305565_17484889.jpg





   今年もゴキヅルの実を写してみた。
c0305565_17490274.jpg





   イマイチ色が冴えなかったノブドウの実。
c0305565_17491743.jpg





   また来る雨に備えてせっせと吸蜜、モンシロチョウ。
c0305565_17494193.jpg


   イチモンジセセリ。
c0305565_17495536.jpg


   オオチャバネセセリ。小さなハチもいる。
c0305565_17500826.jpg


   ミドリヒョウモン女子。
c0305565_17502928.jpg





   アカメガシワにいた、オオホシカメムシ。
c0305565_17504805.jpg


   この向きだと、唇の厚い人面に見えなくない?
c0305565_17510253.jpg





   おまけにこんなのも。コケの生えていない部分が東京湾に見えた。
c0305565_17511373.jpg

by h6928 | 2018-10-01 18:42 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


一頃のあの涼しさは何だったの?
と言いたくなる猛暑日のぶり返しに苦しめられながら、
昨日 ( 08/25 ) は少しは涼しいかなと
碓氷湖で撮ることにした。

まぁ、標高が少し高い分
そこにいる限りは過ごしやすかった。

街場と違ってそこかしこに秋めいたものが見られ、
それだけでも、秋は確実に近づいていると知れば、
少し安心できる。

帰って来れば、灼熱の我が家が暖かく???迎えてくれる。
熱帯夜はまだまだ確実なのだった。





   駐車場に止まったら、セセリちゃんがフロントガラスに。
c0305565_17311123.jpg






   マタタビの実が青と黄色に。さすがに赤は無いね。信号機じゃないもん。
c0305565_17312713.jpg






   オニグルミの実も、もう収穫しても大丈夫なころ。
c0305565_17315006.jpg






   コクサギの葉からひょっこり顔を出した、フシグロセンノウ。
c0305565_17320955.jpg






   アキアカネさんもだいぶ擦れが目立って来ていた。
c0305565_17322655.jpg






   キタキチョウがダイコンソウにご執心。そこに付け込むズルいオジサン。
c0305565_17325077.jpg


   同じコを逆方向から近寄って撮れた。逃げないでいてくれた。
c0305565_17330214.jpg






   フキバッタは、成虫になっても翅はこの通りで飛べない。
c0305565_17331945.jpg






   爽やか系のカメムシさん幼虫。名前は暑くて調べる気力が(>_<)
c0305565_17333724.jpg
 




  ハートのカメムシ・エサキモンキツノカメムシ。このコは白い♡。
c0305565_17340125.jpg


   紋が黄色いタイプ。白と黄色は単なる個体差のようだ。
c0305565_17343119.jpg






   黄色い紋がハートにならないのが、モンキツノカメムシ。
c0305565_17341729.jpg






   ラストを飾るのは、やっぱりデーニッツハエトリさん。
c0305565_17345248.jpg



c0305565_17350400.jpg

by h6928 | 2018-08-26 18:27 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

箕輪城跡で 五目撮り


昨日 ( 05/26 ) は前日に遠出をした疲れを癒すためにも、
近くで軽く撮ろうと、箕輪城跡で済ませた。

早いものでもうすぐ梅雨入りのシーズンになり、
梅林の梅も大きく膨らんで、
早いものはもう落ちているものさえある。

季節は暦の上だけではなく、本当の夏がやってこようとしている。

城跡はここ数年と比べても、草刈りの頻度がかなり増えていて、
しかも徹底しているから生き物の撮影は厳しくなってきた。

それでも、
何とかまだ少しは虫ちゃんも出てくれるから助かる。
この先、さらに観光地化が進むと、
ここも良いフィールドで無くなるなぁ。

ただで撮れる所が少なくなるのは困るんだけど・・・・。
とか愚痴りながら、汗を拭きふき撮ったのだった。





   梅林では、小梅の実が綺麗に染まっていた。
c0305565_17450844.jpg





   似たような色合いになっていたのは、ロウバイの実。
c0305565_17452577.jpg





   クワの実がいわゆる「ドドメ色」に色づき始めた。
c0305565_17453431.jpg





   クワの葉で、赤ちゃんを守っているカメムシ母さんを見つけた。
c0305565_17455186.jpg





   枝を抑えている手に向かってくる、母親。見上げた強さ‼
c0305565_17460530.jpg





   残り物のカキの花。もうほとんどは花弁が枯れている。
c0305565_17471406.jpg

 



  モミジイチゴの実が熟し始めた。
c0305565_17473953.jpg





   ホオズキの花は、撮影後に立ちくらみを起こさせる143.png
c0305565_17475654.jpg





   やっと止まってくれたジャコウアゲハ。傷みの目立つ熟女。
c0305565_17482379.jpg





   ヒメジョオンで吸蜜の、スジグロシロチョウ。
c0305565_17483683.jpg





   鳥の糞にも見える、オジロアシナガゾウムシ。
c0305565_17491460.jpg





   今年は初めてだったかな?ニホンアマガエル。
c0305565_17484884.jpg

by h6928 | 2018-05-27 18:52 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 11/10 ) は、
一昨日の強風は治まって比較的穏やかな晴天に恵まれた。

もう虫さんたちを撮れるチャンスも残り少なそうだから、
せっかくの好天を利用して碓氷湖に虫撮りに行ってみた。

今回はカメラの設定をマニュアルにして、
シャッター速度は1/250秒、絞りはF11、ISO感度はオートと決めた。

撮影に集中するためにとか言いながら、
単に面倒だから全てそれで撮る。

おかげで風景なんか不自然だけれど面白い色になった。
これを良しとするか失敗とするかは、自分が納得できればいいや。

(最後の虹はP900でフルオートで今朝撮ったもの。)




   ここが周遊道で、フェンスの手すりが主役の登場する舞台となる。
c0305565_18145523.jpg





   カメムシいろいろの、まずはセアカツノカメムシから。
c0305565_18151262.jpg





   背中のハートが愛らしい、エサキモンキツノカメムシ。   
c0305565_18153282.jpg





   こちらはモンキツノカメムシ。☝に似てるけど紋がハートじゃない。
c0305565_18154351.jpg





   角が立派な、オオツノカメムシ。
c0305565_18160719.jpg





   トホシカメムシ。太陽によく当たるように背を傾けている。
c0305565_18162807.jpg





   ヨツモンカメムシ。紋は三角の部分のは数えないらしいね。
c0305565_18163874.jpg





   オオトビサシガメ。刺すから注意と図鑑には載っている。
c0305565_18165410.jpg





   大笑いカメムシになる前の、アカスジキンカメムシの幼虫。
c0305565_18171189.jpg





   このカメさんは検索したけれど見つからなかった。
c0305565_18172520.jpg




   いつもハエトリグモを撮っているのは、ガマの穂先あたりの位置。
c0305565_18175321.jpg





   めがね橋を模した橋なんぞも、いい景色。
c0305565_18180658.jpg





   今朝、家の近くで見られた虹を早速。
c0305565_18181674.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-11 19:04 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)


昨日は一応写真を撮りには出たものの、
結果的に思ったより出来が悪かったので、在庫から出すことにした。

先日、ハエトリグモを撮りに行ったとき、違うのも当然撮れていたので
、まだ時期は失していないし、せっかくだから登場してもらおう。

とは言え、中にはギョエ~!!って卒倒される方がいないとも限らないので、
キモ系の苦手な人はスルーした方が賢明かも120.png

それでは、この先へお進みの方はお気をつけてどうぞ(^_^;)





   とっても小さなキノコ。でも、大きく見えてしまうのは写真下手(>_<)
c0305565_18020428.jpg






   ホコリタケの、このくらいのうちは可食とか。でもねぇ、ちょっと・・・。
c0305565_18022882.jpg






   セリ科の、まるで花火のような花姿が、暗い林床でも目立つ。
c0305565_18021686.jpg






   トラマルハナバチの長い口吻が見えている。
c0305565_18041886.jpg






   アカスジキンカメムシの幼虫。終齢はほぼ白黒だから、一段前かな。
c0305565_18025270.jpg






   これは地味にカッコイイ、トホシカメムシ。
c0305565_18030259.jpg






   金属っぽい光沢の、ミドリツノカメムシ。
c0305565_18031009.jpg






   アワフキムシが成虫になった姿。これはシロオビアワフキ。
c0305565_18033154.jpg






   翅が退化して飛べないバッタ。ヤマトフキバッタ・♂。
c0305565_18034386.jpg






   ゴミを背負って身を隠す、クサカゲロウ類の幼虫。
c0305565_18055132.jpg






   いそいそとどこへ? ヒメシロモンドクガの幼虫。毒は無いようだ。
c0305565_18035384.jpg






   金色のネットはたぶん、クモの卵を包んでいる網だろう。
c0305565_18040612.jpg

by h6928 | 2017-10-14 18:54 | 季節もの・中秋 | Comments(0)


昨日は、虫抜き編の軽井沢レイクガーデンものだったけど、
やっぱり虫もせっかく撮ってあるのだから自分としては捨てがたく、
今日はその虫有り編でセレクトしてみた。

虫が足りない分は植物で埋め合わせて、一応数は揃ったな。

おまけに、
我が家の庭に植えもしないのに、勝手に咲いたヒガンバナ1輪を、
不思議篇として末席に加えてみた。

このヒガンバナのために没にされた写真もあるのだけれど、
まぁ、それは実力不足だから恨みっこ無しで、
って言い聞かせておいたのさ。





   このトンボは初見!! 後で調べたらキトンボのオスらしい。
c0305565_17592968.jpg






   これと次は、お馴染みのアキアカネ。だいぶ赤くなっていた。
c0305565_17594553.jpg






   だいぶ傷んできた翅でも、輝くように撮った。
c0305565_17595495.jpg






   サクラタデに、シマハナアブが蜜を求めてやって来ていた。
c0305565_18001012.jpg






   サラシナショウマに、エサキモンキツノカメムシ女子、発見。
c0305565_18002206.jpg





   サラシナショウマはチョウにも人気。ウラギンヒョウモンがいた。
c0305565_18003575.jpg






   ミドリヒョウモンのオスも来ている。全然緑色と無縁だよね。
c0305565_18004681.jpg






   こちらはマツムシソウで女のコ。こちらさんは若干緑っぽい。
c0305565_18005558.jpg






   おや?こんなところにシソの実が!?って撮った。
c0305565_18011607.jpg






   ベニガクの、今の姿も味があるね。
c0305565_18012478.jpg






   夏薔薇には遅く、秋薔薇には早いかな?薔薇一輪。
c0305565_18013740.jpg






   おまけに、今年我が家の庭に、1本だけ唐突に出現したヒガンバナを記念に。
c0305565_18015968.jpg

by h6928 | 2017-09-16 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


昨日 ( 07/22 ) は、碓氷湖でのんびりと過ごした。
相変わらずハエトリグモが撮れれば良いかなって、ね。

そこで意外なものに出逢った。
カメムシの幼虫なのだが、コイツったら妙に挑戦的だった。
逃げるどころか向かってくる。

ヤバいヤツかなってしばらく観察していたら、ヤブキリに向かっていった。
なんと!自分よりはるかに大きなヤブキリの脚先に口を差し込んで、
体液を吸おうとしたのだ。

刺されたヤブキリは強力な脚力で跳ね飛ばしたのだけれど、
何が起きたか分からないように、しばらく足先を舐めていた。

こいつ、肉食系のカメさんだったのだ。
でも、ニンゲンにまで向かってくるのはやめた方が良いぞ!と忠告しておいた。
分かったかどうかは保証の限りではない。





   フェンスの手すりにいたヤブキリの成虫になった男のコ。
c0305565_19314870.jpg





   同じ手すり上に、カメムシの幼虫が出現。
c0305565_19320262.jpg





   あれあれ?ヤブキリに近づいていくぞ!?
c0305565_19370653.jpg





   口吻をミョイ~ンと伸ばして、脚先にチクり。
c0305565_19321278.jpg





   なんだよ痛ぇ~なぁ、って、刺された脚先を舐めるヤブキリ。
c0305565_19322285.jpg





   いつもの常連ちゃんも、もちろん欠かせない。
c0305565_19325192.jpg




c0305565_19325988.jpg





   カラスゴミグモかな?ゴミを横向きに集めていた。
c0305565_19330973.jpg





   アキアカネがお尻を思いっきり太陽に突き上げる。
c0305565_19332022.jpg





   マムシグサの実もいつの間にかこんなに色づいて。
c0305565_19334402.jpg





   今頃になってネジバナの花にたくさん出逢った。
c0305565_19335596.jpg





   白っぽい花もあった。
c0305565_19340465.jpg

by h6928 | 2017-07-23 20:18 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)

  ハエトリグモ ほか


昨日 ( 06/23 ) はやっぱり暑くなったので、
少しでも涼しい所として碓氷湖あたりで過ごすことにした。

ここでは湖周道に設けられたフェンスの手すりが、
絶好の撮影スタジオになってくれる。

特に病みつきになっているのはハエトリグモ。
クモにしてはすごくかわいいし、苦手な人も写真だけでは怖くないだろうから、
ぜひぜひ好きになってほしいなぁ、と願っている

今日は、そこで撮れた他のも含めての、被写体たちをご覧ください。






   林縁にはマタタビが、葉の裏でひっそりと花を咲かせていた。
c0305565_17564341.jpg





   この時期、白くなった葉が山で目立ち、存在が知れる。
c0305565_17565386.jpg





   コアジサイは終わって、ヤマアジサイが咲いていた。
c0305565_17570798.jpg





   たぶんデーニッツハエトリ。友好的で可愛いコたち4態。
c0305565_17572902.jpg




c0305565_17574092.jpg




c0305565_17575304.jpg




c0305565_17580343.jpg





   非常に珍しいというクモマハエトリかな?2014年までは正体不明だったって!!
c0305565_17581339.jpg





   また逢えた綺麗なカメムシ。ヒメハサミツノカメムシ、男のコ。
c0305565_17582994.jpg





   こっちはもっと豪華な、アカスジキンカメムシ。
c0305565_17584091.jpg





   マガリケムシヒキの仲間が、なにやら小さな虫を捕らえた。
c0305565_17585275.jpg





   ☝の部分拡大。なるほどこれが名付の元だったんだね。
c0305565_17590159.jpg

by h6928 | 2017-06-24 18:53 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)



   もしもしカメよ カメムシさんよ~
c0305565_18061584.jpg





   日本のうちで おまえほどぉ~
c0305565_18063019.jpg





   ど派手な色のカメはいねぇ~
c0305565_18064733.jpg





   どうしてそんな 派手なのかぁ~?
c0305565_18065871.jpg





   なぁ~ンとおっしゃる ニンゲンさん!
c0305565_18071020.jpg





   ・・・神様にでも訊いてよね( ^^) _U~~   
c0305565_18072050.jpg

   アカスジキンカメムシでしたぁ~ 


   

   こっちは、ゴミがくっついちゃったクモの巣!?
c0305565_18073420.jpg





   ぐっと接近すると、こんなゴミが・・・。
c0305565_18075063.jpg





   同様別コマの拡大写真。・・・ン? なに?
c0305565_18075983.jpg





   別の角度から、やっぱりゴミ!?
c0305565_18080967.jpg





   同じように拡大写真。何かいるかな?
c0305565_18081969.jpg





   去年撮ったこれが、この巣の主、その名もゴミグモ!
c0305565_18083160.jpg

   このクモは、自分が食べた獲物の残骸や、
   脱皮殻などで隠れ場を作り、体型まで同化してる。

by h6928 | 2017-06-07 18:33 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)