タグ:カタクリ ( 22 ) タグの人気記事


昨日 ( 03/31 ) は、
前日の夕方から降り出した雨が、
朝までまだ残っていて薄ら寒い始まりだった。

天気予報では、
午後までには晴れるとのことだったので、
去年の今頃までにはもう撮っていたサクラを撮ろうと、
まだ曇り空のうちから出かけてみた。

最初の目的地は、
見るからに咲いていないと判るのでそのままスルーして、
次を目指したけれどそこもまだイマイチ。

今年はサクラの花がずいぶん遅れていることが実感できた。

なぁ~んて、いくらお気楽なボクだって
そのままノホホンとはしていられない。

結果的に桐生方面まで遠出して来たのだからと
「ぐんま昆虫の森」で撮ることにした。

平地より少し標高が高いから、花も少し遅れ気味。
それでも、着いた時にはもう晴れて空も青かったから
それなりに色々撮れたし運動にもなった。

そして、ここにもカタクリの群生があったのに
今さらながら気が付いた。
まぁ、県有施設の年パスがあるからいいけれ
そうでない人には有料は痛いかも。

それにしても、この3月はやたら風が強かったけれど
この日も時間とともに風が強まって
接写には不都合な天候だったわい。






   入園ゲートをくぐると、ミツマタの花が目に飛び込んでくる。
c0305565_17441187.jpg






   キブシの花がまるで縄のれんのように咲いていた。
c0305565_17442848.jpg






   早咲きで小ぶりな花のサクラと、ユキヤナギのコラボ。
c0305565_17444345.jpg






   低い位置に咲いていたコブシの花。平地より咲くのが遅いね。
c0305565_17450365.jpg






   田んぼに水を張ったような池に、メダカとオタマジャクシが‼
c0305565_17452065.jpg






   その池に映る空。この時はまだ風は弱め。
c0305565_17453033.jpg






   古民家園の庭に咲いていた色の濃いボケ。くっきりしてたよ。
c0305565_17454188.jpg






   菜の花畑にミツバチさん。花の香りもむせ返るよう。
c0305565_17455308.jpg






   スモモの花。「モモもスモモもモモのうち」は、ブッブー‼
c0305565_17460541.jpg






   ユスラウメの花は、幼いころに見慣れているから懐かしい。
c0305565_17461796.jpg






   ここにもニリンソウがあることに初めて気が付いた。
c0305565_17463264.jpg






   ウグイスカグラが、この時期は遠慮がちに存在感を示す。
c0305565_17464440.jpg






   なるほど、確かにカタクリの群生が‼ ここにもあったのだ。
c0305565_17465666.jpg






   アリさんに運ばれた種のせいで、群生の外にもチラホラ見える。
c0305565_17471671.jpg






   アウトローなカタクリに親しみを込めて撮ってあげる。
c0305565_17472868.jpg

by h6928 | 2019-04-01 18:45 | 季節もの・春 | Comments(6)


昨日 ( 03/25 ) は、なんとか風も治まってくれて
比較的春らしい陽気になった。

で、一昨日久々に使い始めたマクロ100mm+一眼レフを
たった一日で放り出してしまうのも悔しいから、
今度は嶺公園のカタクリを撮ることにして、また一本に絞った。

ここのカタクリはロープで囲われた狭い範囲に咲いていて、
いわゆる「群生地」と比べると格段に見劣りがする。

また、ロープを超えて入るのは論外なので、
マクロ100mmだと思うようには撮れないのが難点だ。

そこで大助かりなのは、
ロープの外の雑木林に咲いている
開拓者っぽいカタクリがけっこうあり、それが狙える。

カタクリの種子は、エライオソームという
アリの好きな物質を持っていて、
アリさんがその種子を巣に運び入れ、
エライオソームを食べた後、
いらなくなった種子を遠くに捨てに行くという。

結果的にそれで種子が広範囲にばら撒かれることになり、
思わぬところで花を咲かせるのだった。

そして、結果としてボクがマクロ100mmで写真が撮れる・・・・、
という「風が吹けば桶屋が儲かる」方式が成立するのだった。

エライオソームは偉い‼
そして種子を運んでばら撒いてくれたアリさんには
アリがとう‼と言わせてね。






    ロープで囲われた範囲のカタクリ。いっぱい咲いていた。
c0305565_17384802.jpg






   せっかくだからマクロ100mmを活かすべく撮ってみた。
c0305565_17390903.jpg



c0305565_17392530.jpg



c0305565_17393714.jpg



c0305565_17395478.jpg


   なるべく「ハニーガイド(桜花模様)」が見えるように、とガンバル。
c0305565_17401991.jpg



c0305565_17403428.jpg



c0305565_17405109.jpg
c0305565_17411033.jpg



c0305565_17412893.jpg



c0305565_17420275.jpg



c0305565_17421926.jpg



c0305565_17423348.jpg






   ミズキの枝が目の前にあったので、萌え出た緑を撮れた。
c0305565_17424814.jpg






   カエデの出たてほやほやの若葉も、なにやら愛おしい。
c0305565_17431042.jpg

by h6928 | 2019-03-26 18:23 | 季節もの・春 | Comments(6)


昨日 ( 03/21 ) は朝のうちは
弱いながら雨が降っていたりしたけれど、
午後には晴れると天気予報で気象予報士が言い、
その言葉が終わるか終わらないうちに、
外を見ると薄日が差してきた。

なんと皮肉なことか、とは言え
「所により」そんなこともあるさ。

回復が早いのは歓迎して、
午前中から出かけることにした。

行った先は一週間前にろくすっぽ
花が咲いていなかったみどり市のカタクリの里。

着いた頃には
夏が来てしまったような暑い晴天になっていて、
たった一週間の違いでこうもたくさん咲いているか‼
と驚くくらい花数が増えていた。

その割には見に来ている人は少なく
撮影にもあまり支障が出ずに当たれたのは良かった。

今回はP1000の能力を目いっぱい出せるように
撮り方もちょっとばかり工夫してみた。

晴れたおかげでアズマイチゲもアマナも花開いてくれて
さあ、こうなると、後は撮影者の腕次第だね。






   手近な花はバリアングルモニターで見ながら広角接写。
c0305565_17413552.jpg



c0305565_17414556.jpg


   なだらかな起伏を利用して、背景を暈す撮り方も試みる。
c0305565_17420557.jpg



c0305565_17421624.jpg



c0305565_17423722.jpg



c0305565_17424855.jpg



c0305565_17430087.jpg



c0305565_17431278.jpg


   引き上げる前にも広角接写で〆る。
c0305565_17432270.jpg






   アズマイチゲは、お日様が出てると上を向いて咲き誇る。
c0305565_17433253.jpg



c0305565_17434173.jpg



c0305565_17435451.jpg






   国産野生のチューリップ、アマナも元気に咲いていた。
c0305565_17441340.jpg



c0305565_17442519.jpg






   昨夜の空は薄雲がかかって、満月に見られた光環を撮ってみた。
c0305565_17443797.jpg

by h6928 | 2019-03-22 18:24 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 03/18 ) は、
日中はスッキリと良く晴れたけれど、
予想されたほどには気温は上がらず、
風向きも西からだった。

午前中に墓参りに行って、
さてその後どうしようか迷ったあげく、
前日に消化不良気味だったカタクリに再挑戦してみた。

で、またもや小串カタクリの里に行って、粘る。
なぁ~んか、しつこいね我ながら(根性無しのくせに)。

でも、期待してみたものの
案外咲き方には前日と大した違いは無く、
意外と咲いていないのが現実だった。

そういえば、今朝はかなり冷え込んで霜さえ降りていたっけ・・・・。

そして2時過ぎくらいになると
花びらも反ってくるようになったけれど、
背景の煩雑さはどうにもならないし、
晴れてコントラストがきつくなると煩雑さがやたらと目立つ。

それにコンデジは元々被写界深度が深いから、綺麗にボケない。
こんな時の撮影にP1000はあまり向かないなぁ・・・・、
って、ボケよりはボロが目立ってしまった。

まぁ、でもね、カタクリが咲いてきて春が実感できりゃぁ
文句ばかり言ってても仕方ないよね。

撮れただけマシ‼
そう思おう。





    カタクリの花は前日と咲き具合に変化は小さかった。
c0305565_17295597.jpg


   日照があって、逆にコントラストが強く、背景が煩くなってしまった。
c0305565_17300777.jpg


   コンデジの宿命か、綺麗のぼかすのは難しい。
c0305565_17303650.jpg



c0305565_17305160.jpg



c0305565_17310181.jpg



c0305565_17312899.jpg



c0305565_17315930.jpg



c0305565_17321865.jpg



c0305565_17323495.jpg


   ホソヒラタアブが止まっているのが見えた。
c0305565_17324522.jpg



c0305565_17325508.jpg






   ヤブツバキも春が来たのを喜んでいそう。
c0305565_17331342.jpg



c0305565_17332295.jpg






   この日出てくれた鳥さんは、カワラヒワさん。
c0305565_17333139.jpg






   この日、空気が澄んでいて雪をかぶった浅間山が良く見えた。
c0305565_17333977.jpg

by h6928 | 2019-03-19 18:15 | 季節もの・早春 | Comments(2)


昨日 ( 03/17 ) は、朝は晴れていたけれど、
スマホの天気予報が「晴れのち雨。降水確率60%。」とか言う。

良く晴れた空を見ながら、半信半疑でそれでも撮りに出た。

もうそろそろ良いかな?ってことで、
高崎市吉井町の小串カタクリの里に行ってみることにした。

着いた頃には時々薄日が差すくらいのほぼ曇り空。
思っていたよりも気温は上がって来なくて、なんか薄ら寒い感じ。
先客も何人か来ていて、皆さんガッカリした様子。
そう、ろくすっぽ咲いていないのだった。

陽が出てくれば咲くよね、と
お互いに慰め合ったりしてそれでも長居をする人は少なく、
短時間で帰ってしまう人がほとんど。

ボクはと言えば、
今更他へ行っても仕方ないし粘ることにした。

その甲斐あって、時々陽が射して来るにつれて
ボチボチと花開いてくるのも見かけるようになる。

こんな時に役立ってくれるのがP1000。
はるか向こうに咲いているのを引っ張りまくる。
もう背景がどうの・・・と贅沢は言ってらんねぇや、ってね。

誰もいなくなっても最後まで粘ってみたけれど、
さすが降水確率60%の予報は的中し、
それを潮目に引き上げたのだった。






   P1000の望遠で遠くのも引っ張れるのが嬉しい。
c0305565_17463547.jpg



c0305565_17470396.jpg



c0305565_17472219.jpg



c0305565_17473457.jpg



c0305565_17474901.jpg



c0305565_17480669.jpg



c0305565_17482208.jpg



c0305565_17483318.jpg



c0305565_17494966.jpg



c0305565_17501391.jpg



c0305565_17503227.jpg



c0305565_17504875.jpg


   だいぶ経ってから、遠くにはたくさん咲きだした。
c0305565_17505912.jpg






   咲いてくるまで散歩してて見つけた、雌株・雌花のフキノトウ。
c0305565_17511232.jpg






   一瞬だけ出てくれたジョビコちゃん、かぁわいいなぁ。
c0305565_17512188.jpg

by h6928 | 2019-03-18 18:20 | 季節もの・早春 | Comments(2)

春はちょっと足踏み?


去年の自分のブログで確認したら、
3月13日にはカタクリの里にカタクリを撮りに行っていたとあり、
それなら今年はもっと早そうだからと、
昨日 ( 03/14 )、みどり市のカタクリの里に行ってみた。

ところが、行ってガッカリ、去年より遅めだった。

関東の上空には
寒気団が北方から張り出してきているとかで、
お昼頃でもまだうすら寒い。

冷たい西風が吹いて、
雲もだんだんと増えてきて頼りの陽射しさえ遮りがちで
粘って待っていても望み薄。

今年はハクチョウたちはずいぶん早く帰って行ったそうなのに、
ンジャクは未だに現れず、カタクリも遅い・・・・って、
一筋縄ではいかないなぁ。

自然って手ごわいぞ。





   まず目についたのはアズマイチゲ。でも、開いてはくれなかった。
c0305565_17334656.jpg



c0305565_17335747.jpg



c0305565_17340707.jpg





   これで一番大きかったフキノトウ。やっぱ、この辺は寒いのか。
c0305565_17343360.jpg






   美味しそうな若菜に見えても、有毒なムラサキケマン。
c0305565_17344570.jpg






   アマナも冷たい風に花開くのをためらっていそう。
c0305565_17345663.jpg






   日溜まりではヨモギが育っている。草餅にちょうど良さそう。
c0305565_17351094.jpg






   イヌシデだろうか?萌え出した芽が寒そうに見えた。
c0305565_17352982.jpg






   カタクリの花は、もうちょっとで次々に咲きだしそう。
c0305565_17354572.jpg



c0305565_17360748.jpg


   花の陰になにやらちっちゃな虫が隠れてる。
c0305565_17362563.jpg


   近かったからバリアングルで広角接写。
c0305565_17363967.jpg


   見つけた内では、これが一番咲き進んでいた。
c0305565_17365484.jpg






   おんぶアメンボぉ~、ってドラえもん語で叫びたい光景。
c0305565_17371730.jpg






   日溜まりの池に浮かんだアオミドロの光景も、春の証し?
c0305565_17372976.jpg

by h6928 | 2019-03-15 18:14 | 季節もの・早春 | Comments(4)


昨日 ( 03/27 ) は、毎年この時期に撮っている、
高崎市吉井町にある仁叟寺の五輪桜を撮りに行った。

仁叟寺(じんそうじ)は室町時代から500年続く古刹で、
開山時に初代住職お手植えのカヤの木もあり、
県指定の天然記念物に指定されている。

でも、ボクが撮りたいのはもっとずっと樹齢も若い、
約80年の五輪桜と呼ばれるコヒガンザクラ。

根元から5本に分かれて立ち上がっている珍しい樹形で、
3月下旬に花開くとのこと。
高崎市指定保存樹木にもなっている。

今年は春の花たちが早めに咲いているので、
手遅れにならないうちにと撮って来た。

あまり混んでもいなくて、ちょうど良い咲き加減で、
撮影時期としてはベストチョイスだったようだ。





   今年もきれいに咲いた五輪桜。方々から撮ってみた。
c0305565_17545007.jpg




c0305565_17550183.jpg




c0305565_17551086.jpg




c0305565_17552102.jpg




c0305565_17553436.jpg




c0305565_17554343.jpg
c0305565_17555428.jpg





   墓地に咲く別のヒガンザクラ2本。お墓を写さないように気を付けた。
c0305565_17560596.jpg




c0305565_17561332.jpg





   境内の片隅にカタクリも咲く。目線の位置で撮れるのが嬉しい。
c0305565_17562654.jpg




c0305565_17563532.jpg




c0305565_17564330.jpg

by h6928 | 2018-03-28 18:33 | 季節もの・春 | Comments(6)


昨日 ( 03/23) は朝からよく晴れていたので、
カタクリの撮影日和かなと、小串カタクリの里に行ってみた。

北向きの斜面に何とか木漏れ日が当たる頃に着いて、
いっぱい咲いているのを確認できると嬉しくなる。

今回は一眼レフに望遠ズームを装着し、手持ちで撮る。
風が強いのが難点だけれど、
そこはそれ、腕(文字通り)でカバーする。

それにしても、撮っていて気付くのは、
ロープが張られた保護区域以外にも、
思わぬところに咲いている花がある。

単純に種が飛んだだけとは思えない生え方だと、
以前から不思議に感じていた。

で、このほど蔵書を読んでいて、その謎が解けたのだった。

カタクリの種子にはエライオソームという物質が付いていて、
それはアリさんの大好物で、
アリさんがせっせと自分の巣に種子を持ち込むのだという。

で、アリさんがエライオソームを食べた後の種子は、
ゴミとして外に捨てに行くので結果的に、
カタクリはアリに種子散布をしてもらっているのだとか!

なるほど!ガッテン!

似たようなことは、
スミレやアケビやムラサキケマン等々もやっているとか。
植物も黙ってるくせに、色々と巧妙な手段を使うんだね!!

いつか、カタクリの種を運ぶアリさんを撮ってみたくなったけど、どうかなぁ。







   とにかくたくさん撮れたうちから、厳選で(^^♪
c0305565_17462784.jpg



c0305565_17463820.jpg



c0305565_17465114.jpg



c0305565_17470144.jpg



c0305565_17471033.jpg



c0305565_17471831.jpg



c0305565_17473595.jpg



c0305565_17474908.jpg



c0305565_17480128.jpg



c0305565_17481569.jpg





   この白花は、雌しべや葯まで白かった。
c0305565_17482631.jpg





   白というより、やや薄い色合いの花もある。
c0305565_17483563.jpg

by h6928 | 2018-03-24 18:24 | 季節もの・春 | Comments(2)


春分の日に驚かせてくれた大雪は、いつしか雨に変わったものだから
昨日の朝にはすっかり消えていた。

その雨は朝まで降り続いていたけれど、日中には上がっていて、
それならばと、一日休んだ撮影の欲求不満を晴らすべく出掛けた。

ちょっと前、NHKのローカル版で放映された、
嶺公園のミズバショウが刺激になって、後追いで行ってみた。

まだ彼岸の期間中でもあり、元々墓地公園ということもあり、
ウィークデーでもそこそこ人出はある。

ただ、惜しいことにNHK さんが取材に来た時が一番良かったのかなぁ、
という雰囲気はあった。そう、やや遅れた感が否めない。
今年はやっぱり花は早めに咲きだしているようだ。

ここにはカタクリもあるので、それももう咲いていて、
ついで(と言っては失礼だけど)に撮って来たのを載せてみた。




   枯れ葉を分けて、頑張って咲いていたミズバショウの花。
c0305565_17562155.jpg




c0305565_17564049.jpg





   前日の名残り雪ならぬ、残雪がまだわずかながら見られた。
c0305565_17565926.jpg





   ミズバショウというくらいだから、水もい入れて。
c0305565_17571775.jpg




c0305565_17573341.jpg




c0305565_17574489.jpg





   せっかくだから、本来の花もアップで撮っておこう。
c0305565_17575584.jpg





   たまたま日照が少しあったので、カタクリも開いてくれた。
c0305565_17581920.jpg




c0305565_17583117.jpg




c0305565_17584248.jpg




c0305565_17590058.jpg




c0305565_17591019.jpg

by h6928 | 2018-03-23 18:37 | 季節もの・春 | Comments(4)

今年4度目のカタクリ


昨日 ( 03/17 ) はスッキリ晴れたので、
ならばと、みどり市のカタクリの群生地に行ってみた。

今年は2か所で4度目のカタクリだ。
「仏の顔も3度まで」という言葉があるけれど、
カタクリの顔なら4度でもそれ以上でもOKだよね。

てなことをつぶやきながら行ってみたけれど、
着いた時刻が早すぎて、おまけに風も冷たかったので、
なかなか綺麗に開いてくれなかった。

前回は盛大に全開だったアズマイチゲなんか、
今回はほとんどが閉じたままだった。

カタクリが開いてくれるまで辺りをウロウロしていると、
アカタテハさんがかわいそうに思ったのか、
モデルを買って出てくれたから、場をつなぐには大助かりだった。

そのうちに太陽が西の方に回ってくると、
何とかカタクリも独特なフォルムに咲いてくれ、
しばしいろんなポーズをして撮りまくったのだった。

もちろん、いろんなポーズはボク自身だよ。





   色あせ始めて葉も出て来た、名前も不明なサクラが咲いてる。
c0305565_18010888.jpg





   日の当たる枯れ葉にアカタテハが来て日向ぼっこ。
c0305565_18012286.jpg




c0305565_18013162.jpg





   そしていよいよカタクリも花開き始めた。
c0305565_18015352.jpg





   妖精を見るのに言葉はいらない・・・・。
c0305565_18020368.jpg




c0305565_18021426.jpg




c0305565_18023878.jpg




c0305565_18024878.jpg




c0305565_18030136.jpg




c0305565_18031889.jpg




c0305565_18042918.jpg




c0305565_18044610.jpg




c0305565_18050044.jpg




c0305565_18051113.jpg

by h6928 | 2018-03-18 18:28 | 季節もの・春 | Comments(4)