タグ:カエル ( 28 ) タグの人気記事


昨日 ( 09/20 ) もまだ貴重な晴れは続いていたけれど、
一昨日とは比べるべくもなく雲が多め。

気温も、お日様を雲が隠す時間が多いほど、低め。

あまり多くは望めないまでも近場で何かを撮っておこうと、
近郊のヒガンバナを求めて、はにわの里公園周辺を歩いてみた。

ところが、もう彼岸の入りなのに今年は畦道に咲いていない。
どうしちゃったの?リコリスさん・・・・。
とりあえず咲いているのを探して撮って、
後は別物で間に合わせるしかない。

田舎の田んぼや畑の細道は
歩けば何かは見つかるのでこんな時には大助かりだ。

草むらではエンマコオロギが昼間っから
「キリキリロォ~~~」
と寂しげに鳴く声が聞こえてくる。

もうそんな時期になったのか・・・・。
柄にも無くメランコリー。





   彼岸の入りだからヒガンバナを、と思ったら、今年はまだ少な過ぎ。
c0305565_17374851.jpg



c0305565_17375987.jpg





   チカラシバも、ペニセタムと呼べば園芸種みたいでかっこいいでしょ。
c0305565_17382344.jpg





   農道を歩くと、先へ先へと逃げるトノサマバッタさん。
c0305565_17384142.jpg





   畑にはたぶん「自家用」のオクラに、綺麗な花が。
c0305565_17385639.jpg





   こうして見ると、マルバルコウもなかなか風流じゃのう。
c0305565_17391126.jpg





   空に抜いたコスモスさんは、背中を向けちゃったけど、まぁいっか。
c0305565_17392614.jpg





   センダングサにはツマグロヒョウモンの男のコ。
c0305565_17393672.jpg





   ニラの群生した場所で、ベニシジミさんが蜜を求めて。
c0305565_17400093.jpg


   スジグロシロチョウの男のコも。
c0305565_17401369.jpg



c0305565_17402545.jpg


   キタテハさんも・・・。
c0305565_17403600.jpg





   黒い実をつぶして白粉と言って遊んだっけ。居候もちゃっかりいるよ。
c0305565_17405774.jpg





   サトイモの葉っぱにアマガエルさんがふたり。
c0305565_17411276.jpg


   このコはダリアの花に隠れたつもり。
c0305565_17412858.jpg





   写真が下手だから大きさが写らないけど103.pngこのジニアはデカい。
c0305565_17414259.jpg



c0305565_17415399.jpg



c0305565_17420423.jpg

by h6928 | 2019-09-21 18:41 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


秋雨前線が日本列島に居座っているせいで
昨日 ( 09/03 ) も天気はぐずついていた。

在庫は溜まっているし撮影はサボっても良いかな?
とは思うものの、得体のしれない何かに背中を押されていて、
渋々ながら撮りに出るのだった。

で、午後になってから
ぐんまフラワーパークに行ってみた。

メインの花壇は展示の模様替え真っ盛りで
窓口の係員からは申し訳ないと謝られたけれど、
ボクは端からメインは狙っていないから
全然かまわないんだけどね。

そうして、入園すれば
いつものように隅っこをうろつく。
重箱の隅っこを突っつく
せこいオジサンを地で行って、
一応以下の写真たちをゲットしてきた。

雨が降ってきたので
それを言い訳に早く上がることさえ全然いとわないのも
根性無しのボクらしいわい106.png





   シュウカイドウの雄花のツボミは可愛いハート。先ずトップはこれ。
c0305565_17243706.jpg





   入園してすぐの販売コーナーで、真っ赤な唐辛子を。難しい赤に挑戦。
c0305565_17245186.jpg


   売り物二番目はハイビスカス。やっぱ、接写としてはこう撮りたくなる。
c0305565_17250685.jpg


   売り物最後はウツボカズラ。980円はお買い得と思えるな111.png
c0305565_17252200.jpg





   このクマバチの目の大きさは男のコかな。
c0305565_17255205.jpg





   このコくらいの個体変異が一番悩ましい。一応、イチモンジセセリ?
c0305565_17261269.jpg





   ダイミョウセセリの属名はDaimio。世界に通用する大名なのだ‼
c0305565_17262851.jpg





   開翅しているヒメウラナミジャノメを見つけた。
c0305565_17264275.jpg


   裏翅の波々模様プラス蛇の目模様が渋~いお洒落。
c0305565_17265488.jpg





   ハギの葉っぱに絡むキタキチョウ。きっと産卵だね。
c0305565_17271429.jpg


   チョウが去った後に探してみると、白い卵が二つは見える。
c0305565_17272990.jpg





   雨が降りそうなとき、よく見かけるのはニホンアマガエルさんたち。
c0305565_17275362.jpg



c0305565_17281835.jpg



c0305565_17283807.jpg



c0305565_17291184.jpg



c0305565_17293330.jpg



c0305565_17294896.jpg


c0305565_17300779.jpg

by h6928 | 2019-09-04 18:13 | 植物園 | Comments(4)


昨日は天候が不安定だとの予報が出ていたから、
それを言い訳の材料にして写真撮影はお休み。

17日に赤城自然園で撮った
賞味期限期間の短い素材を早めに賞味していただくには
やっぱりいつまでもお蔵入りでは困るので、
早速放出してしまおう。

ってことで、今回はそれをご覧くださいませ。

いきなり虫とかカエルではお気にめさない方も?
でも、ごめんねごめんねぇ~、って古いか105.png
栃木県だし・・・・119.png




   シラキトビナナフシは、翅があるナナフシで、顔もユーモラスで可愛い。
c0305565_17193042.jpg



c0305565_17194725.jpg



c0305565_17200416.jpg



c0305565_17201771.jpg





   オタマジャクシからカエルになったばかりのモリアオガエル、発見。
c0305565_17203990.jpg


   池に張り出した木の枝に卵塊を見つけた。画面ほぼ中央の黄色っぽい塊。
c0305565_17205573.jpg


   卵塊の下の池にはオタマジャクシも見られる。
c0305565_17211013.jpg



c0305565_17212369.jpg


   池の傍には尻尾の名残りがあるおチビちゃんが散見。
c0305565_17215974.jpg



c0305565_17273804.jpg



c0305565_17214278.jpg





   コチャバネセセリはオミナエシでの吸蜜に夢中。
c0305565_17232440.jpg





   スジボソヤマキチョウがいるのを見つけた。
c0305565_17234420.jpg


   マクロ100mmではあまりにも遠い。
c0305565_17235616.jpg


   近くに来てくれるまで辛抱強く待って撮った。
c0305565_17241896.jpg



c0305565_17245099.jpg



c0305565_17253474.jpg



c0305565_17254668.jpg

by h6928 | 2019-08-21 18:13 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日 ( 08/14 ) は、
遠い台風10号の影響だろうが、
朝から不安定な天気だった。

ほぼ曇りかなと思えば
いきなり土砂降りの雨になったり、
かと思えば青空がのぞいて真夏の陽が射したりもする。

う~ん、撮りに出るには判断が難しい。

午前中はテレビで台風関連の番組なんぞを見たりしていて、
午後、念のために大きい傘を用意して
近くの「はにわの里公園」に行ってみた。

公園とその周辺の植物などが撮れれば
高望みはしないって。

で、やっぱり傘が役立って、
それでも凌ぎきれないと見て一旦は車に戻り、
しばらく待機しているとその雨は上がってくれた。
すかさずまた撮影再開したのは言うまでもない。

そうして撮れたのが以下の写真たち。
鮮度が落ちないうちにどうぞ111.png





   カクレミノの花には毎度お馴染みで、アリさんが常連客。
c0305565_17363930.jpg





   雨に濡れたサルスベリ。ちょっとスベらない程度?に加工してみた。
c0305565_17365738.jpg





   ガマズミの実。このくらいの時が一番カラフルかも。
c0305565_17372664.jpg





   オニグルミの実が目線で撮れるほど、枝が下がっていた。
c0305565_17373933.jpg





   とあるお宅の塀際で濡れていた、ショウジョウソウ。
c0305565_17382663.jpg





   ウドの大木、じゃなくって、花。
c0305565_17380378.jpg





   ナスにしてはずいぶん白っぽい花だなぁ・・・って撮ってみた。
c0305565_17385233.jpg


   実の方は普通のナスにしか見えなかった。うん、ナスだね。
c0305565_17391133.jpg





   ゴマの花と若い未熟な実。畑に踏み入れないのでこれが限界。
c0305565_17393208.jpg





   畑で花をいっぱい咲かせた、アメリカホドイモ。
c0305565_17394709.jpg





   一雨去って、ニラの花で空腹を満たすか、ツバメシジミ。
c0305565_17400383.jpg





   ベニシジミも、雨が止んだら出てきてくれた。
c0305565_17403754.jpg





   雨が小休止。クリの葉に出てきてキタテハも小休止。
c0305565_17402153.jpg





    雨が似合う?ニホンアマガエルたち。後から登場するほど小さいコ。
c0305565_17405707.jpg



c0305565_17411223.jpg



c0305565_17412656.jpg



c0305565_17421822.jpg





   ヘクソカズラも、ここまで背景スッキリは我ながら珍しい出来。
c0305565_17423674.jpg

by h6928 | 2019-08-15 18:37 | 季節もの・夏 | Comments(2)

気まぐれ天気の隙を見て


昨日 ( 07/19 ) は
晴れてみたり急に雨が降って来たり・・・と
気まぐれ天気に翻弄されながら
ぐんまフラワーパークで適当に撮ってみた。

出かけるときにはしっかり晴れていたので
まさかコロコロ天気になるとは思わずに
雨対策もして行かなかったので、
ちょいと戸惑ってしまったけどね。

それでも、
雨自体は何度か降っても長続きしなかったので、
その都度建物に避難できたから、
まぁちょうどいい息抜きにもなったしね。

という風に最近は
ポジティブ思考に切り替えるよう、
努力はしているつもり。

お気楽こそ健康寿命を延ばす秘訣、
とか言っても20.000.000円の蓄えは無いんだけどね105.png
長生きしちゃったらどうすべぇ?
そっちの方が却って心配なんさぁね。




   この花がてっぺんまで咲いたら梅雨明け、ってはずなのにねぇ。
c0305565_17294125.jpg



c0305565_17295752.jpg





   夏本番が来る前にもう終わりかけ?っぽいノウゼンカズラ。
c0305565_17301456.jpg





   今年はまだまだアジサイが元気。
c0305565_17303794.jpg





   この時期、ヨウシュヤマゴボウの花には、つい撮らされてしまう。
c0305565_17305158.jpg





   急な雨を避けて、温室で撮ったミッキーマウスノキ。
c0305565_17310874.jpg





   思いがけずにレンゲショウマの花に出逢えた。
c0305565_17313448.jpg





   こんなところにカルドンが!クマバチさんも忙しそう。
c0305565_17314957.jpg





   雨の合間には急いで蜜を求めるオオチャバネセセリたち。
c0305565_17320354.jpg



c0305565_17321585.jpg



c0305565_17323397.jpg





   キタキチョウさんも。
c0305565_17325677.jpg





   ヒメアカタテハさんも、みんな雨の止み間にご活躍。
c0305565_17330717.jpg





   雨っぽい時ってよく見かけるのは、ニホンアマガエルさん。
c0305565_17332963.jpg



c0305565_17334499.jpg





   芝生に生えたキノコの「フェアリーリング」。
c0305565_17335927.jpg





   このきれいな綿のような中に、何かの卵塊でもあるのかな?
    ゲホウグモというクモの卵塊と判明。
    全国農村教育協会発行、『野外観察ハンドブック 校庭のクモ・ダニ・アブラムシ』より
c0305565_17341082.jpg





   雨が上がった後、こんな入道雲が垣間見えた。
c0305565_17342923.jpg

by h6928 | 2019-07-20 18:17 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日 ( 10/14 ) は、
スッキリ秋晴れとはいかないまでも、
午後には一応晴れてくれたから、
アイリスの丘にリベンジに行ってきた。

そう、10日に行ったのに、
予備電池のチャージし忘れで無念の撤退を余儀なくされ、
どうせなら中途半端な晴れの日を狙っていたのだ。

10日の日にも本当に撮りたかったのは、虫絡みのもの。
できればカエルちゃんが花の中にいるシーンを熱望。
花の中にも外にも適度な光が回り、
中のカエルちゃんがしっかり写る画‼
それが欲しかったのだ。

今回、他の虫はそこそこ撮れたのに
肝心のお目当てはなかなか・・・。

諦めて帰ろうとして、出口まで来たら、
カエルがいたよ‼と、オーナー夫人が声をかけてくれた。

さっそく導かれて行ってみると、
これではシロートは見つからないはず、ってところにいた。
そうして、オーナー夫人の協力もあって、何とか撮ることができた。

ここで隅々まで目を光らせて手入れをしている人は違うね。
おかげ様でリベンジ大成功‼ 

ありがとうございました157.png





    せっかくきれいに咲いていたので、まずはダリアから102.png
c0305565_17292125.jpg



c0305565_17294428.jpg



c0305565_17300691.jpg





   セセリちゃんはけっこういた。代表的なイチモンジセセリから。
c0305565_17303850.jpg


   こちらはオオチャバネセセリ。
c0305565_17310993.jpg





   キタテハさんは、当然のようにもう秋型。
c0305565_17313272.jpg



c0305565_17314659.jpg





   忙し気なヒメクロホウジャクは、そっけなく飛び去った。
c0305565_17320479.jpg



c0305565_17321916.jpg





   ナミハナアブは、越冬に備えて食欲旺盛。
c0305565_17325092.jpg





   頭隠して尻丸出しの、キムネクマバチさん。
c0305565_17330592.jpg





   ツユムシは黄色い花も良く似合う。
c0305565_17332663.jpg





   おんぶされている男のコは褐色型の、オンブバッタ。
c0305565_17334699.jpg





   熱望していたワンシーン。ダリアのカプセルホテルで、アマガエルさん。
c0305565_17335993.jpg

by h6928 | 2018-10-15 18:24 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 9/15 ) は、朝から真面目に雨が降っていて、
この分じゃぁ撮影には出られないな、
とドッサリ溜まった写真データの断捨離なんぞをしていた。

撮影行は諦めかけていたとはいえ、
午後になって空に明るさが蘇り、雨も小降りになると、
デスク作業で固まった体をほぐしたくなり、
ダメ元で車に乗って近くまで行ってみた。

こんな時には定番・はにわの里公園が良い。
着いた頃には雨もずいぶん小降りになって、
傘でも充分間に合うくらい。

気が付けば止んでいたりするくらいで、
気晴らしと運動と撮影ができて、一石三鳥だった。

思いがけないプラス材料は嬉しいものだ。





   カクレミノの実や葉も濡れそぼる・・・・。
c0305565_17404010.jpg





   清楚なムクゲに雨粒が宿っている。俳句でもひねりたくなる? 
c0305565_17404950.jpg





   別のムクゲに超接近。雌蕊の上に雫が載っていた。
c0305565_17405715.jpg





   羽化して日も浅いのかな?雨宿りのモンシロチョウ。
c0305565_17415913.jpg
 




  破れが見られるけれど、マメアサガオがまだ萎まないでいた。
c0305565_17430651.jpg





   ケイトウの上にちょっと変わった色のアマガエル発見。
c0305565_17411384.jpg


   ☝の画面上方の個体。黒っぽい変色への途中かな?
c0305565_17412653.jpg


   こちらは下の黒っぽい方。この変色は初見。
c0305565_17413761.jpg





   ニラの花にはアカタテハが1頭だけ訪れた。
c0305565_17421498.jpg



c0305565_17422579.jpg



c0305565_17424802.jpg





   この辺りとしては、先駆けのヒガンバナが咲きだしていた。
c0305565_17431991.jpg



c0305565_17432970.jpg



c0305565_17433850.jpg

by h6928 | 2018-09-16 18:22 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/04) は、台風の影響がどう出るか?
用心の意味も兼ねて不要不急の外出は控えていた。

で、今日のは、昨日使ったものの
同じ日に撮った残り物から拾って出すことにした。

結局昨日は一日思いのほか静かで、
台風が接近・通過したとは思えないような、
単なる雨の日で終わった。

一夜明けてニュースを見るとすさまじい爪痕が報道され、
これほどとは‼と驚いたのだった。

同じ群馬でさえ被害の出たところもあるというし、
なんかノホホンと過ぎてしまったことが後ろめたくさえ思える。

この度の台風で、亡くなられた方々のご冥福祈ると同時に、
被災者の皆様にせめてものお見舞いを申し上げます。





   ケイトウの葉っぱにいた「めおと蛙」ホントに夫婦かは保証の限りでない
c0305565_17435058.jpg





   このコのお気に入りの場所みたい。ずっとここから動かなかった。
c0305565_17440312.jpg



c0305565_17441339.jpg





   これはまた別のコ。てっぺんが好きみたいだ。
c0305565_17442759.jpg





   ザラつくカナムグラの葉っぱにも。痛くないのかな?
c0305565_17451364.jpg



c0305565_17452888.jpg





   オクラの葉っぱにも「めおと蛙」が。
c0305565_17454142.jpg


   これはそのオクラの花と若い実を、ついでながら。
c0305565_17485011.jpg





   オオチャバネセセリも蜜を求めて訪れていた。
c0305565_17461123.jpg





   アブでも危なくないヒメヒラタアブは可愛い。
c0305565_17462889.jpg



c0305565_17464019.jpg
 




  ヒメアカタテハも、雨が上がって嬉しそう。
c0305565_17470096.jpg



c0305565_17471435.jpg



c0305565_17472469.jpg

by h6928 | 2018-09-05 18:28 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

赤いお花に緑のカエル


昨日 ( 08/29 ) は朝から曇りで、降水確率が70%との予報が出た。
いつもオオカミ少年予報だからあまり信用もしないで、
でも大事をとって近場の「はにわの里公園」と
その付近で撮ることにした。

公園自体では大したものは無かったけれど、
付近の田んぼや畑の片隅に農家の方が植えている花などがあり、
そのケイトウの花にアマガエルたちがいるのを見つけた。

まずはそれをしっかり撮っておいて、さらに、
例年見られるルコウソウの咲くところまで足を延ばした。

そこで撮っていると、
名山方面に妙に不気味な雲がわいてきて、
次第にこちらまで拡がってくる。
遠雷の音も聞こえ始め、冷たい風が吹いてきた。

これは絶対ヤバい‼
ボクの中に潜む野生動物の勘が危険信号を発する。

もう目的の撮影は済んだし、長居は無用、と大急ぎで車に戻る。
車に乗り込んで、やれやれ・・・とホッとして間もなく、
雷雨がやって来た。間一髪セーフ。

70%もたまには当たってくれなくちゃね。





   赤紫のケイトウでやたら目立っていたよ、ニホンアマガエルたち。
c0305565_17462195.jpg



c0305565_17463620.jpg



c0305565_17464701.jpg



c0305565_17465986.jpg



c0305565_17471094.jpg



c0305565_17472310.jpg



c0305565_17473601.jpg



c0305565_17474531.jpg


   緑の葉っぱで、正面と背面も。
c0305565_17475610.jpg



c0305565_17480654.jpg






   ルコウソウは暗い曇りくらいが綺麗に見える(注・個人的見解です)。
c0305565_17482344.jpg



c0305565_17483267.jpg



c0305565_17484015.jpg



c0305565_17485076.jpg

by h6928 | 2018-08-30 18:18 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日 ( 06/25 ) は猛暑日になりそうな晴天だったので、
良い機会だし、年パスもあることだしと、
赤城自然園で過ごすことにした。

標高は700mほどのところにあり平地よりは涼しいはず。

で、実際に行ってみると気温はそれでも30℃くらいはあって、
思ったよりは高めではあった。

そして、花は目ぼしいものは咲き終えて、
レンゲショウマにはままだまだ先・・・という状態。

健康のためとか自分に言い聞かせながら、
無理をしないで歩き回ったけれど、やっぱり収穫は乏しい。

標高が高くても暑い日は暑いなぁ・・・とか感じたけれど、
帰って来た我が家では、33℃もあって、夜になっても30℃が続いた。
群馬県では猛暑日が3か所で記録されたとか。

赤城自然園はやっぱり涼しかったんだね。
正当に評価してあげなければ・・・と反省。





   林内にひっそり咲くヒメサユリ。
c0305565_17582698.jpg



c0305565_17583986.jpg



c0305565_17584980.jpg


   こんなに色白の花色もあるんだね。
c0305565_17585849.jpg





   咲くのが待ち遠しい、レンゲショウマのツボミ。
c0305565_17591791.jpg





   オオバギボウシは園芸品種も多く、これもその内かな。
c0305565_17593555.jpg





   ヤナギランの咲く場所は、日当たりが良くて暑かった。
c0305565_17595040.jpg



c0305565_18000039.jpg





   ニワトコの実が赤く色づいている。
c0305565_18001448.jpg





   果実にも腺毛が目立つから、ミヤマウグイスカグラだろうか。
c0305565_18002483.jpg





   モリアオガエルの泡状卵塊。ここで見られるって意外‼
c0305565_18003484.jpg


   反対側からも撮ってみた。
c0305565_18004530.jpg

by h6928 | 2018-06-26 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)