タグ:カエル ( 23 ) タグの人気記事


昨日 ( 10/14 ) は、
スッキリ秋晴れとはいかないまでも、
午後には一応晴れてくれたから、
アイリスの丘にリベンジに行ってきた。

そう、10日に行ったのに、
予備電池のチャージし忘れで無念の撤退を余儀なくされ、
どうせなら中途半端な晴れの日を狙っていたのだ。

10日の日にも本当に撮りたかったのは、虫絡みのもの。
できればカエルちゃんが花の中にいるシーンを熱望。
花の中にも外にも適度な光が回り、
中のカエルちゃんがしっかり写る画‼
それが欲しかったのだ。

今回、他の虫はそこそこ撮れたのに
肝心のお目当てはなかなか・・・。

諦めて帰ろうとして、出口まで来たら、
カエルがいたよ‼と、オーナー夫人が声をかけてくれた。

さっそく導かれて行ってみると、
これではシロートは見つからないはず、ってところにいた。
そうして、オーナー夫人の協力もあって、何とか撮ることができた。

ここで隅々まで目を光らせて手入れをしている人は違うね。
おかげ様でリベンジ大成功‼ 

ありがとうございました157.png





    せっかくきれいに咲いていたので、まずはダリアから102.png
c0305565_17292125.jpg



c0305565_17294428.jpg



c0305565_17300691.jpg





   セセリちゃんはけっこういた。代表的なイチモンジセセリから。
c0305565_17303850.jpg


   こちらはオオチャバネセセリ。
c0305565_17310993.jpg





   キタテハさんは、当然のようにもう秋型。
c0305565_17313272.jpg



c0305565_17314659.jpg





   忙し気なヒメクロホウジャクは、そっけなく飛び去った。
c0305565_17320479.jpg



c0305565_17321916.jpg





   ナミハナアブは、越冬に備えて食欲旺盛。
c0305565_17325092.jpg





   頭隠して尻丸出しの、キムネクマバチさん。
c0305565_17330592.jpg





   ツユムシは黄色い花も良く似合う。
c0305565_17332663.jpg





   おんぶされている男のコは褐色型の、オンブバッタ。
c0305565_17334699.jpg





   熱望していたワンシーン。ダリアのカプセルホテルで、アマガエルさん。
c0305565_17335993.jpg

by h6928 | 2018-10-15 18:24 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 9/15 ) は、朝から真面目に雨が降っていて、
この分じゃぁ撮影には出られないな、
とドッサリ溜まった写真データの断捨離なんぞをしていた。

撮影行は諦めかけていたとはいえ、
午後になって空に明るさが蘇り、雨も小降りになると、
デスク作業で固まった体をほぐしたくなり、
ダメ元で車に乗って近くまで行ってみた。

こんな時には定番・はにわの里公園が良い。
着いた頃には雨もずいぶん小降りになって、
傘でも充分間に合うくらい。

気が付けば止んでいたりするくらいで、
気晴らしと運動と撮影ができて、一石三鳥だった。

思いがけないプラス材料は嬉しいものだ。





   カクレミノの実や葉も濡れそぼる・・・・。
c0305565_17404010.jpg





   清楚なムクゲに雨粒が宿っている。俳句でもひねりたくなる? 
c0305565_17404950.jpg





   別のムクゲに超接近。雌蕊の上に雫が載っていた。
c0305565_17405715.jpg





   羽化して日も浅いのかな?雨宿りのモンシロチョウ。
c0305565_17415913.jpg
 




  破れが見られるけれど、マメアサガオがまだ萎まないでいた。
c0305565_17430651.jpg





   ケイトウの上にちょっと変わった色のアマガエル発見。
c0305565_17411384.jpg


   ☝の画面上方の個体。黒っぽい変色への途中かな?
c0305565_17412653.jpg


   こちらは下の黒っぽい方。この変色は初見。
c0305565_17413761.jpg





   ニラの花にはアカタテハが1頭だけ訪れた。
c0305565_17421498.jpg



c0305565_17422579.jpg



c0305565_17424802.jpg





   この辺りとしては、先駆けのヒガンバナが咲きだしていた。
c0305565_17431991.jpg



c0305565_17432970.jpg



c0305565_17433850.jpg

by h6928 | 2018-09-16 18:22 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/04) は、台風の影響がどう出るか?
用心の意味も兼ねて不要不急の外出は控えていた。

で、今日のは、昨日使ったものの
同じ日に撮った残り物から拾って出すことにした。

結局昨日は一日思いのほか静かで、
台風が接近・通過したとは思えないような、
単なる雨の日で終わった。

一夜明けてニュースを見るとすさまじい爪痕が報道され、
これほどとは‼と驚いたのだった。

同じ群馬でさえ被害の出たところもあるというし、
なんかノホホンと過ぎてしまったことが後ろめたくさえ思える。

この度の台風で、亡くなられた方々のご冥福祈ると同時に、
被災者の皆様にせめてものお見舞いを申し上げます。





   ケイトウの葉っぱにいた「めおと蛙」ホントに夫婦かは保証の限りでない
c0305565_17435058.jpg





   このコのお気に入りの場所みたい。ずっとここから動かなかった。
c0305565_17440312.jpg



c0305565_17441339.jpg





   これはまた別のコ。てっぺんが好きみたいだ。
c0305565_17442759.jpg





   ザラつくカナムグラの葉っぱにも。痛くないのかな?
c0305565_17451364.jpg



c0305565_17452888.jpg





   オクラの葉っぱにも「めおと蛙」が。
c0305565_17454142.jpg


   これはそのオクラの花と若い実を、ついでながら。
c0305565_17485011.jpg





   オオチャバネセセリも蜜を求めて訪れていた。
c0305565_17461123.jpg





   アブでも危なくないヒメヒラタアブは可愛い。
c0305565_17462889.jpg



c0305565_17464019.jpg
 




  ヒメアカタテハも、雨が上がって嬉しそう。
c0305565_17470096.jpg



c0305565_17471435.jpg



c0305565_17472469.jpg

by h6928 | 2018-09-05 18:28 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

赤いお花に緑のカエル


昨日 ( 08/29 ) は朝から曇りで、降水確率が70%との予報が出た。
いつもオオカミ少年予報だからあまり信用もしないで、
でも大事をとって近場の「はにわの里公園」と
その付近で撮ることにした。

公園自体では大したものは無かったけれど、
付近の田んぼや畑の片隅に農家の方が植えている花などがあり、
そのケイトウの花にアマガエルたちがいるのを見つけた。

まずはそれをしっかり撮っておいて、さらに、
例年見られるルコウソウの咲くところまで足を延ばした。

そこで撮っていると、
名山方面に妙に不気味な雲がわいてきて、
次第にこちらまで拡がってくる。
遠雷の音も聞こえ始め、冷たい風が吹いてきた。

これは絶対ヤバい‼
ボクの中に潜む野生動物の勘が危険信号を発する。

もう目的の撮影は済んだし、長居は無用、と大急ぎで車に戻る。
車に乗り込んで、やれやれ・・・とホッとして間もなく、
雷雨がやって来た。間一髪セーフ。

70%もたまには当たってくれなくちゃね。





   赤紫のケイトウでやたら目立っていたよ、ニホンアマガエルたち。
c0305565_17462195.jpg



c0305565_17463620.jpg



c0305565_17464701.jpg



c0305565_17465986.jpg



c0305565_17471094.jpg



c0305565_17472310.jpg



c0305565_17473601.jpg



c0305565_17474531.jpg


   緑の葉っぱで、正面と背面も。
c0305565_17475610.jpg



c0305565_17480654.jpg






   ルコウソウは暗い曇りくらいが綺麗に見える(注・個人的見解です)。
c0305565_17482344.jpg



c0305565_17483267.jpg



c0305565_17484015.jpg



c0305565_17485076.jpg

by h6928 | 2018-08-30 18:18 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日 ( 06/25 ) は猛暑日になりそうな晴天だったので、
良い機会だし、年パスもあることだしと、
赤城自然園で過ごすことにした。

標高は700mほどのところにあり平地よりは涼しいはず。

で、実際に行ってみると気温はそれでも30℃くらいはあって、
思ったよりは高めではあった。

そして、花は目ぼしいものは咲き終えて、
レンゲショウマにはままだまだ先・・・という状態。

健康のためとか自分に言い聞かせながら、
無理をしないで歩き回ったけれど、やっぱり収穫は乏しい。

標高が高くても暑い日は暑いなぁ・・・とか感じたけれど、
帰って来た我が家では、33℃もあって、夜になっても30℃が続いた。
群馬県では猛暑日が3か所で記録されたとか。

赤城自然園はやっぱり涼しかったんだね。
正当に評価してあげなければ・・・と反省。





   林内にひっそり咲くヒメサユリ。
c0305565_17582698.jpg



c0305565_17583986.jpg



c0305565_17584980.jpg


   こんなに色白の花色もあるんだね。
c0305565_17585849.jpg





   咲くのが待ち遠しい、レンゲショウマのツボミ。
c0305565_17591791.jpg





   オオバギボウシは園芸品種も多く、これもその内かな。
c0305565_17593555.jpg





   ヤナギランの咲く場所は、日当たりが良くて暑かった。
c0305565_17595040.jpg



c0305565_18000039.jpg





   ニワトコの実が赤く色づいている。
c0305565_18001448.jpg





   果実にも腺毛が目立つから、ミヤマウグイスカグラだろうか。
c0305565_18002483.jpg





   モリアオガエルの泡状卵塊。ここで見られるって意外‼
c0305565_18003484.jpg


   反対側からも撮ってみた。
c0305565_18004530.jpg

by h6928 | 2018-06-26 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

高崎市箕郷町で 春物を


昨日 ( 03/29 ) もまた、
県内はところによっては夏日になり、暑い日が続いた。

例年ならまだサクラが咲かない場所でも、一応見に行ってみた。
高崎市の箕郷町にある「ふれあい公園」辺りだ。

実際、着いてみると大方はもう咲いていた。
さらに、園内をブラブラ撮りながら時間が経過すると、
益々先進んでくるのが見て取れる。

それにしても、この公園はたぶん、
合併前の群馬郡箕郷町だった頃に造成されたものだろうが、
サクラの種類が色々あって興味深い。

でも、残念なことにそれぞれのサクラに名札や解説文等が全く無い。
せめて名札くらいあれば、ネットの検索でも調べられるのに、
何にもないと困ってしまう。

たぶん、このサクラを採用しようと決めた担当者は、
それなりに詳しい人だったと思う。

その後に異動とかで離れてしまうと、
後任に引き継がれないうちに放置されっぱなしかな。
そして、高崎市との合併でゴタゴタしているうちに忘れ去られたか?

だとしても、中核市ともなった高崎市には、
何とか名前くらいは判るように表示してほしいなぁ。

暑い中ボ~としながらも、そんな感想を持ったのだった。





   崖の途中にへばりついて咲いているサクラ。実生ものかな?
c0305565_18045786.jpg
   花の形はいかにも〝サクラ”って感じ。エドヒガン系かも。
c0305565_18051378.jpg





    マメザクラと思われるこのサクラ、木は小さくとも花数は豊富。
c0305565_18052742.jpg
   花の一つ一つは清楚で小さい。まとまると目立つんだね。
c0305565_18053913.jpg





   あまり花付きは良くないけれど、一風変わったサクラ。
c0305565_18055373.jpg
   確認はできなかったけれど、コブクザクラかもしれない。
c0305565_18060402.jpg





   これも不明な品種。奥の白っぽいのははソメイヨシノ。
c0305565_18061626.jpg
   樹肌も独特。ちょうど幹に花も咲いていた。
c0305565_18065032.jpg





   ポツンと残されたスモモの樹。今が花盛り。(ここからは箕輪城跡で)
c0305565_18070695.jpg
   寄ってみるとこんな花。
c0305565_18071718.jpg





   タチツボスミレもいっぱい咲いている。
c0305565_18073791.jpg





   吸水に来たのかな、モンシロチョウ? 紋が見えないけど。
c0305565_18075189.jpg





   冬眠から目覚めたアマガエル。ここ、跳べるかなぁ?って思案顔。
c0305565_18080796.jpg

by h6928 | 2018-03-30 19:10 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 09/26 ) は、まるで真夏のような暑さになって、
弱気の虫が頭をもたげ「写真なんかサボっちゃえ。」って悪魔のささやき。

その声に流されそうだったっけれど、何とか振り切って出てみた。

で、時間も少ないから近場で、久しぶりのアイリスの丘で撮ることにする。

ダリアがボチボチ咲いていて、汗を拭きふき撮り進めると、
カエルさんが花の中に潜んでいるのが見つかり、それは思わぬ収穫。

もう一つ、八重咲のヒガンバナなるものも見ることができた。
蕊が花弁に変化しているのが、じっくり見ると分かる。

たくさんの球根の中から、選抜して殖やしたものらしい。

悪魔の声に従わなくて良かったなぁ。





   ダリアの花は、アマガエルさんにはカプセルホテルかな?
c0305565_17380635.jpg




c0305565_17382415.jpg




c0305565_17383585.jpg




c0305565_17384592.jpg





   ウリの葉じゃないのに?クロウリハムシもいた。
c0305565_17390460.jpg






   ツユムシがいるのはすぐに分かる。この位置では性別は?
c0305565_17391849.jpg






   正面側にも回ってみた。女のコだね。
c0305565_17392755.jpg






   こっちでは、ハナムグリさんだけあって、みんなで仲良くむぐっている。
c0305565_17393908.jpg






   チトニアに来ていたのは、ウラギンヒョウモンの女子かな?
c0305565_17395785.jpg




c0305565_17400662.jpg






   これ、良く見るとすごい。蕊が花弁に変化してる八重咲ヒガンバナ。
c0305565_17401808.jpg






   オーナーさんが水をかけた後、すぐに撮ったのがこれ。鉢植えの商品。
c0305565_17402922.jpg

by h6928 | 2017-09-27 18:21 | 季節もの・中秋 | Comments(6)


昨日 ( 07/30 ) は、朝には降っていた雨も日中は上がっていて、
気温もあまり上がらないままで、今までに比べれば比較的過ごしやすかった。

午後、どうせまたいつ降ってくるか分からないので、
近場で撮ろうと三ツ寺公園に車を置いて農耕地帯を歩いてみた。

最初のうちこそ明るい曇りだったけれど、
だんだん雲も厚くなりどんよりしてきた。

おかげでチョウたちも動きが鈍く、なかなか出てくれない。
でも、見つければ逃げ足も鈍いので、
見つけさえすればじっとしているのは撮れる。

アマガエルたちも、空気が湿っているので葉の表面にいて撮りやすかった。

そうして、何とか数を撮って帰ってくると、
やっぱり雨になり、雨脚も強まったのだった。





   雨の予感?ベニシジミは普段より逃げないで撮りやすかった。
c0305565_17545817.jpg




c0305565_17550742.jpg




c0305565_17552168.jpg




c0305565_17560631.jpg





   ヤマトシジミの女のコに、言い寄って来た男のコ。
c0305565_17554166.jpg





   熱心にプロポーズする。でも、結局逃げられた。
c0305565_17555098.jpg





   ヒメムカシヨモギの小さく可憐な花。全体は逞しいのに。
c0305565_17563725.jpg





   こちらも小さな白い花。フウセンカズラ。
c0305565_17564874.jpg





   風船が膨らんだのもあった。
c0305565_17565721.jpg





   クズの葉に穴をあけたのはヒメコガネの青タイプ。
c0305565_17572063.jpg





   今年生まれのアマガエルたち。順調に成長している。
c0305565_17573379.jpg




c0305565_17574371.jpg

by h6928 | 2017-07-31 18:33 | 季節もの・夏 | Comments(2)

群馬の森で五目撮り


一昨日の激しい雨がもたらせた湿気が、
昨日の曇り空にもかかわらず、ずっと蒸し暑さを保ち続けさせた。

気温は猛暑日にはならなくても真夏日はしっかり維持してやんの。
だから、どこにいてもどこに行ってもムシムシと不快。

そういえばちょっと昔までは「不快指数」という語彙が良く聞かれたのに、
気が付いて見ればその言葉もいつの間にか死語?になってしまったよう。

と、不快なことばかり並べていても仕方ないので、
少しでも爽快になれるように、令色系でまとめてみたのをどうぞ。





   よく見ると可愛い物、その一つに、今時のヨウシュヤマゴボウ。
c0305565_18100392.jpg




c0305565_18101206.jpg



c0305565_18102280.jpg





   今年はなぜかネジバナを見かけなかった。これが初撮り。
c0305565_18103881.jpg




c0305565_18104771.jpg





   よく見ると優しい色をしていた、ヤブミョウガのツボミたち。
c0305565_18110496.jpg





   名前も知らないキノコが、コケを分けてぽつんと生えていた。
c0305565_18111794.jpg





   こちらは朽ち行く切り株に大量発生した、ヒトヨタケ。
c0305565_18120027.jpg





   八重咲きのクチナシが、やさしくほどけてゆく。
c0305565_18121975.jpg





  枯芝色に変色したアマガエルさん、発見!
c0305565_18124032.jpg





   逃げるのを追いかけて、正面からパパラッチ!!
c0305565_18125793.jpg





   ラストはウズグモさん。本体は渦巻き型の「かくれ帯」の後で恥ずかし気!?
c0305565_18131443.jpg

by h6928 | 2017-07-14 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

迷走台風が去って

昨日(08/30)は台風の動きをテレビで見ながら午前中を過ごした。
午後になると、だいぶ離れて行ったようなので、もう大丈夫と撮りに出た。

東方向や北方向には青空が見えるし、風は多少強いのは仕方ないとして、
雨はもう降らないと踏んで前日のリベンジで同じところに行った。

最初の内こそ目論み通りに進んで、リベンジも多少は叶った。
が!現実は甘くない。南&西方向から流れてきた灰色の雲が、雨を連れてきた。

カメラだけは、いざとなれば濡らさない準備はしていたから助かったけれど、
ニンゲンはずぶぬれ。
車からだいぶ離れていたから、戻るまで時間がかかったのだ。

ボクは、割と自己流天気予報は当たる方だと自負していたのに、
そんなささやかな自信は軽く吹き飛ばされてしまった・・・・のさ。

まぁね、一応写真は撮れたから良いけどさ。





   もう食事は済んだのか、ケイトウの葉にベニシジミが止まっていた。
c0305565_17570906.jpg





   まだ咲き残っていたゼニアオイの花に、アブやハチが来ていた。
c0305565_17574204.jpg





   ニラの葯を両手で抱えている、アブちゃんが何とも可愛い。
c0305565_17575734.jpg





   湿っぽい日が続いて、こぼれる前に発芽してしまった、ゴボウの種子。
c0305565_17580978.jpg





   モンキチョウの紳士は、背中を見せて愛を語るようだ。
c0305565_17582240.jpg





   ケイトウの花が好きなのか、やっぱりカエルさんが陣取っていた。
c0305565_17584000.jpg





   草刈り後、蔓が長く延びられたガガイモは、花を咲かせていた。
c0305565_17585837.jpg





   そのガガイモの葉っぱにもアマガエルがいたりする。
c0305565_17593867.jpg





   休耕地に入り込んだマメアサガオが、チラホラ咲いてたり。
c0305565_17595868.jpg





   そのすぐ近くで、今年の初物のウラナミシジミに逢えた。
c0305565_18001306.jpg





   動かないのをいいことに、正面に回って近づいた。
c0305565_18074950.jpg





   大きく切り取ってみると、複眼には毛がいっぱい生えていた!
c0305565_18004705.jpg

by h6928 | 2016-08-31 19:04 | 季節もの・初秋 | Comments(8)