タグ:アゲハ類 ( 28 ) タグの人気記事


昨日 ( 08/18 ) もまるで秋になったような天候で、
そうなると超早咲きのヒガンバナ(コヒガンバナ)
咲いていることに期待して、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

そのお目当てのヒガンバナは、あるにはあった。

でも園の方針が変わったのか、
妙に少なくなってしまっていてがっかり。
一応撮れそうなところだけ撮って我慢するしかなかった。

せっかく来たのだからと、園内をウロウロしていると、
キアゲハが、たぶん同一個体だと思うけれど
撮影に付き合ってくれた。

忙しそうにどこかに飛び去っても、
しばらくするとまた姿を見せる。

ヒガンバナの撮れなかった分、
穴埋めをしてくれたようなものかな102.png





   とびきり早咲きのヒガンバナ。今年は少なくてガッカリ。
c0305565_17521050.jpg



c0305565_17522162.jpg



c0305565_17523600.jpg



c0305565_17524737.jpg






   ツマグロヒョウモンの男のコ。だいぶ擦れが目立ってきている。
c0305565_17530562.jpg



c0305565_17531883.jpg






   アゲハもボロボロになりながらも忙しそう。
c0305565_17533194.jpg



c0305565_17534189.jpg






   キアゲハの男のコ、が精力的に花から端へ飛び回っていた。
c0305565_17542127.jpg



c0305565_17543254.jpg



c0305565_17544278.jpg



c0305565_17551226.jpg



c0305565_17552362.jpg



c0305565_17553536.jpg

by h6928 | 2018-08-19 18:36 | 季節もの・初秋 | Comments(4)


昨日 ( 06/22 ) は梅雨の晴れ間を利用して、
某高原にチョウなどを求めて行ってみた。

残念なことに捕虫網を持った輩がうろついていたので、
場所は明かさないことにしよう。

花も虫も端境期かな?と思うくらい、
花はほとんど咲いておらず、虫たちも姿を見せてくれなくて、
まぁ涼しい風を感じながら青空のもとで過ごせれば良いか・・・。

半ば諦めかけていたら、遅くなってから色々出てくれて助かった。

最初に、テングチョウとセセリちゃんを助けてあげたから、
それが犍陀多くらいの善行にはなったのかな?
お釈迦様が救いの手を差し伸べてくれたのかもしれないな。
ここは地獄じゃなかったけれど。





   古い建物に閉じ込められていたテングチョウ。
c0305565_17531468.jpg



c0305565_17532510.jpg





   こちらはヒメキマダラセセリかな。撮影後両者とも解放してあげた。
c0305565_17533903.jpg



c0305565_17535064.jpg





   アキアカネは高原に避暑。秋までのんびり、良いなぁ。
c0305565_17543929.jpg





   このシジミちゃんはアサマ?それともヒメかな?
c0305565_17550152.jpg



c0305565_17551179.jpg





   ヤマキマダラヒカゲは、日光浴中。
c0305565_17552380.jpg





   この時期にウスバシロチョウを見るとは153.png
c0305565_17554971.jpg



c0305565_17560318.jpg




   思いがけずヒョウモンチョウにも出逢えた。
c0305565_17561946.jpg



c0305565_17562976.jpg



c0305565_17564378.jpg



c0305565_17565610.jpg



c0305565_17570632.jpg

by h6928 | 2018-06-23 18:35 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

箕輪城跡で花とチョウ


「戻り梅雨」って、季語になっているのかな?
これを使って俳句でもひねってみたいくらい、ジメジメべとべと蒸し暑い。

でも、俳句って、毒舌先生にコテンパンに言われてしまいそうで、
怖くてうっかり世間に晒せない気もするしなぁ、やめておこう。

閑話休題、昨日 ( 07/25 ) も雨の止み間を利用して、
久しぶりに箕輪城跡で撮ってみた。
運よく、ジャコウアゲハがウマノスズクサに卵を産むシーンが撮れて、
それだけでも大収穫だった。

あえて贅沢を言えば、羽化して間も無さそうな男のコのジャコウアゲハがいたので、
なるべく近くに寄ってみたが、念願がかなわなかったのは残念。

『羽化直後のジャコウアゲハのオスは、とても良い香りがする』そうなのだ。
さなぎを持ち帰って羽化させる手も無いではないが、
ボクの生活パターンではとても面倒見切れない。

だから、自然の中で羽化直後のオスに出逢えたらいいなぁ~
って、以前から願っていたんだよね。

まぁ、願い事は簡単に叶ってしまわない方が、後々楽しみが続くから良いけどね。





   咲き終えて剪定された株から復活した、ピンクのアナベル。
c0305565_18030569.jpg





   オニユリって、写真にするにはけっこう収まりが悪い気が・・・・。
c0305565_18031595.jpg





   シンジュ(ニワウルシ)の未熟な実は、いい加減な花より綺麗。
c0305565_18033231.jpg





   とっても小さな、イヌホオズキの花。
c0305565_18034506.jpg





   アシグロツユムシは、まだ成虫になっていないんだね。
c0305565_18040268.jpg





   エサキモンキツノカメムシ。ハートが黄色いから男のコ。
c0305565_18041424.jpg





   お決まりパターンでベニジョオン。
c0305565_18043653.jpg





   ヤマトシジミがワラワラ出ていたが、画面に納まったのはこれだけ。
c0305565_18050441.jpg





   1頭を特別扱いでアップにした。
c0305565_18051347.jpg





   飛んでいるジャコウアゲハの女のコを追ったら、産卵を始めた。
c0305565_18053043.jpg





   その後疲れたのか、ここに止まってしばらく動かなくなった。
c0305565_18060811.jpg





   こちらは、まだ傷みの無い男のコ。馨しい香りは嗅げなかった。
c0305565_18061658.jpg

by h6928 | 2017-07-26 18:49 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 06/19 ) は良く晴れて暑くなりそうだったので、
前日よりもっと標高の高い所まで行ってみた。

さすがに気温は22℃くらいと過ごしやすい。

そのせいか、平地ではほとんど見かけなくなったハルジオンが、
この辺では群がって咲いていた。

さらに、もう市街地近郊では姿を消してしまったチョウも、
擦れてはいるけれど元気に飛び回っていた。

良い所だなぁ~って喜んでいたら、
そのうち草刈り部隊が投入され、見る見るうちに刈り払われていく。

一日遅れていたらこれらの写真は撮れなかったなぁ。
まさに一期一会だったのさ。





   ここの白いキク科は、なぜかハルジオンばかり。まずはベニシジミから。
c0305565_17562007.jpg





   ウスバシロチョウは、受胎嚢を付けたものばかりが撮れた。
c0305565_17563379.jpg




c0305565_17564466.jpg




c0305565_17570589.jpg




c0305565_17571986.jpg




c0305565_17573396.jpg





   ギンイチモンジセセリのオスの春型が、まだ見られた。
c0305565_17580056.jpg




c0305565_17581165.jpg




c0305565_17582800.jpg




c0305565_17583928.jpg





   コチャバネセセリも、大胆なコは逃げない。
c0305565_17595225.jpg




c0305565_18000362.jpg

by h6928 | 2017-06-20 18:21 | 季節もの・梅雨時 | Comments(9)


昨日の続きで、赤城自然園での撮影ものをどうぞ(;^ω^)

オオヤマレンゲを出してしまったので、残り物になってしまいますねぇ~。

アサギマダラも見かけたのに、根性無しで粘れずに、
撮れなかったのは惜しまれるんだいねぇ~。





   半日陰の林床では、エビネの派手さを抑えた花が咲いている。
c0305565_19522284.jpg





   タツナミソウという表示だからそれに従う、木漏れ日の群落。
c0305565_19524139.jpg





   ちょっと離れていたのをアップでも撮ってみる。
c0305565_19525146.jpg





   本体は見えねど、何かを捕えて食べている影の主は?
c0305565_19530216.jpg





   まだ緑だけれど、ハナイカダの実は葉っぱで船頭さん。
c0305565_19531230.jpg





   ギンランが旬でも、残り物のキンランにも出逢えた。
c0305565_19532943.jpg





   クサタチバナの花は、チョウにも御馳走なのに、なかなか寄ってくれない。
c0305565_19534078.jpg





   でも、まずはダイミョウセセリが止まってくれたので撮れる。
c0305565_19535485.jpg




   忙しげだったジャコウアゲハも、エネルギー補給で止まる。
c0305565_19540891.jpg





   いつもの癖で、調子づいてついつい寄ってみる。
c0305565_19542111.jpg





   水辺で何かが来たので、とりあえずシャッターを切ってみる。
c0305565_19543259.jpg





   止まったのを見ると、クロイトトンボの連結だった。
c0305565_19544635.jpg

by h6928 | 2017-05-31 18:30 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 05/22) は、偶然立ち寄った場所で思いがけない出逢いがあった。

空き地に群がって咲いていたハルジオンに、
なにやら白いチョウが舞い降りては去っていくーというパターンを繰り返していた。
その数もけっこう多い。チョウが降ってくるようにさえ思えたほど。

よくよく見るとウスバシロチョウで、ハルジオンの花陰を探し回っているようだ。
たぶん、交尾相手を探して無数のオスが入れ代わり立ち代わり来ているようだ。

たまに疲れて栄養補給するのか、花に止まったところを撮れた。
同じような場面がいっぱい撮れたから、
さすがにもういいやと上がろうとしたとき、
またもや思いがけないチョウが出現。

去年、さんざっぱら探し回ってとうとう見つからなかったアオバセセリが、
目の前に降って来たのだった。

こんなことってあり?こちらは2頭はいたと思う。
やっぱり同じような場面ばかりを量産してしまった。

写真の内容はともかく、真夏日でも嬉しく過ごせて、
帰ってからの夜のビールモドキが美味かった。





   最初に撮れたのはこれ。マタタビの葉裏にいた、カゲロウさん。
c0305565_18031407.jpg





   あまりにも元気なので、止まりものしか撮れなかったウスバシロチョウ。
c0305565_18033522.jpg




c0305565_18034844.jpg




c0305565_18040413.jpg




c0305565_18041737.jpg




c0305565_18042921.jpg





   思いがけない出逢いに、何枚も似た画面を撮ってしまったアオバセセリ106.png
c0305565_18045681.jpg




c0305565_18050702.jpg




c0305565_18052344.jpg




c0305565_18053383.jpg




c0305565_18054534.jpg




c0305565_18060001.jpg

by h6928 | 2017-05-23 18:31 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 05/08) は、なんと真夏日。おまけに風が強い。

この時期に風が強ければ、タンポポの綿毛が飛ぶのを撮れるかな?って、
軽く考えて箕輪城跡でまずはそのシーンを撮りに行った。

ところが、いざやってみると考えが甘かったころを痛感する。
風が吹いたくらいで飛ぶのは、吹き始めだけだ。
ビュービュー吹き続ける風では、飛ぶような綿毛はとっくに飛んでいる。

残っているのは指で払ってでもやらない限りしがみついたまま。
何とか粘りに粘って、シャッターも連射して、やっと撮れたのは1カット。
撮れただけでも良しとしよう。

後は惰性でいろいろ撮ったが、事件ものも撮れた。
キアゲハによるウスバシロチョウへのストーカー&レイプ未遂事件だ。

野生の生き物でも、こんな例もあるのだと、びっくりしたねぇ~。





   一人で、小道具も使わずに、タンポポの綿毛が飛ぶのを1カットだけ撮れた。
c0305565_17534756.jpg





   在来タンポポとセイヨウタンポポの雑種。いろんなタイプが見られる。
c0305565_17540619.jpg





   ちょっと成長したヤブキリの赤ちゃん。キク科の花が好きみたい。
c0305565_17541682.jpg





   キュウリグサの花冠は、通常5裂するのにラッキーセブンのを見つけた。
c0305565_17543509.jpg





   スイバの雌株にはハートのように見えるタネがいっぱい。
c0305565_17545303.jpg





   シラユキゲシがまだ咲いていた。真夏日でも白雪、なんちゃってね。
c0305565_17551194.jpg



c0305565_17552351.jpg





   白いシランでも「紫蘭」と言っていいの? 知らん。(コレガイイタカッタ。)
c0305565_17553915.jpg





 あってはならない関係!! 勃発。野生下ではこんな事件も起こるのだ!! 

   キアゲハに追われたウスバシロチョウが、追いつかれ交尾を迫られる。
c0305565_17555525.jpg





   逃げようともがくウスバに、のしかかるようにして無理やり迫るキアゲハ。
c0305565_17560431.jpg





   この後、何とか脱出したウスバを、さらに追って2頭とも姿を消した。
c0305565_17561380.jpg





   こちらでは、スジグロシロチョウがマイペースで吸蜜。
c0305565_17570312.jpg

by h6928 | 2017-05-09 18:49 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 04/27 ) は、やっぱり曇りがちな天候だったので、
無理に遠出せず、近場の箕輪城跡で撮ることにした。

明るいところでは草刈り部隊の投入が始まっていて、
ちょっと遅かったらヤバかったかも。

雑草と言えども綺麗に刈り取られてしまっては、被写体は皆無になってしまう。
かろうじて間に合ってハルジオンにベニシジミの組み合わせも撮れた。

ホソオチョウもオスだけでも撮れたけれど、この先草刈りの状況によっては不安・・・・。

この日の一番の出逢いは、ボクには初物のシラユキゲシだった。

帰ってから日本の野草図鑑で調べても、該当者が無い。
そこで、もしや?!と帰化植物写真図鑑で調べてみた。

外見の特徴から、ケシ科だろうと見当をつけて探すと、第2巻に載っていた。
中国東南部の高原地帯原産で、シラユキゲシという帰化植物だった。
けっこう園芸用に出回っていて、それが逃げ出したものとか。

花は初夏っぽい林床で白い雪が点々と見えるようだから、
ぴったりなネーミングかな。




   鬱蒼としたスギ林に咲いたシラユキゲシ。初めての出逢いだった。
c0305565_17522640.jpg





   ぐんと引いて撮ってみると、こんな感じ。花は密集はしない。
c0305565_17523716.jpg





   花の形にはそれぞれ微妙に個性がある。
c0305565_17524628.jpg





   杉の林下には、また別にホウチャクソウも花を咲かせ始めていた。
c0305565_17530944.jpg





   ウラシマソウが今年も花をつけて、太郎と次郎で釣りに行くのかな?
c0305565_17532766.jpg





   横から見ると長い釣り竿?糸?がわかりやすい。
c0305565_17533902.jpg





   クサノオウは今頃が旬な感じ。ついカメラを向けたくなる。
c0305565_17535696.jpg





   ありふれているムラサキケマンも、綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_17541500.jpg





   ハルジオンにベニシジミの絵柄、今年ももうこんな季節だなぁ。しみじみ。
c0305565_17543043.jpg





   妙に灰色っぽかったモンキチョウの女のコ。
c0305565_17544296.jpg





   久しぶり!! ホソオチョウの男のコに出逢えた。止まっているのはウマノスズクサ。
c0305565_17545844.jpg





   こうして見ると、やっぱりホワイトタイガーの顔に見えてくる。
c0305565_17550829.jpg

by h6928 | 2017-04-28 18:46 | 季節もの・春 | Comments(2)

 館林・邑楽方面で

昨日(09/12)は元気のなかった多々良沼のオニバスが気になって、
はるばる館林方面に行ってみた。

多々良沼は、館林といっても西のはずれで、緑も豊かで水もあり、
暑い街というほどではない・・・、はずだった。

でも、一旦猛暑から解放された身には、先入観も加わってやっぱり暑い。
カンカン照りではないけれど、汗を拭く布は欠かせない。

気になっていたオニバスは、
さすがに熱帯系の植物らしく少しは持ち直していた。

来年に繋がる種が出来てくれればいいのだけれどね。





   ここでもヒガンバナが咲き始めていて、かくれんぼ中のイナゴを見つけた。
c0305565_17400627.jpg





   久々に再会したオニバスは、ある程度元気を回復していた。
c0305565_17401698.jpg





   一番近寄れたのがこれ。小さなクモが乗っていたのは意外。
c0305565_17402563.jpg





   センダングサに来ていたツマグロヒョウモン女子。お腹側が撮れた。
c0305565_17405006.jpg





   こちらにはヤマトシジミ。
c0305565_17410071.jpg





   スズメウリの巻きひげに、かわいいいイモムシちゃんがいた。
c0305565_17411890.jpg





   久しく聞かない「右肩上がり」の言葉。スズメウリに実がたくさんも珍品?
c0305565_17412915.jpg





   ここからは「おうら創造の森」で

そして次に、西に隣接する「おうら創造の森」にも寄ってみた。
ここで思いがけないものに3種も出逢えたのはサプライズだった。

最初に気が付いたのは、ヘビウリ。
県緑化センターの建物に使われているグリーンカーテンが、ヘビウリだったのだ。
生憎花は上の方ばかりで、撮れたのは一つだけ。

更に横を見ると、そっちはトケイソウが生い茂っていた。
やっぱり花は上の方ばかりで、下のも葉に隠れている。

撮れるのだけ撮って、さらに物色していると、黒いアゲハが飛んでいた。
翅に白い部分が見える。モンキ?と思ったが、尻尾が無い。
ナガサキ・♀!これはラッキー!

県内野外初見!ここで逢えるとは、感激。
写真には満足なものは撮れなかったけれど、一応証拠は押さえた。




   管理棟のグリーンカーテンにヘビウリが!! 思いがけない出逢い。
c0305565_17414351.jpg





   撮れる位置にあった花は、これだけ。ちょっと逢うのが遅かったようだ。
c0305565_17415194.jpg





   ここにトケイソウがあったのも意外な出逢い。でも、写真が撮れる花は意外に少ない。
c0305565_17421127.jpg





   ハギの花にはたいてい来ているキタキチョウ。
c0305565_17423454.jpg





   群馬で初見のナガサキアゲハ。しかも女のコ。うれし~!慌てて証拠写真。
c0305565_17424600.jpg

by h6928 | 2016-09-13 18:47 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

昨日(09/05)は残暑が厳しく、館林では36℃を超えたとか。
群馬のほかでも、ちょっとは負けても同じように暑かった。

で、少しは涼しいだろうと、
ぐんまフラワーパークに行って日中を過ごした。確かに少しは涼しかったはず。

秋めいた気配が感じられ、逆にそうなると心無し寂しくもある。
なんて感傷に浸りながら帰ってくると、家の中は暑い。
夜になっても中々30℃を下回らない。

残暑はもういらねぇ~!! なんて叫びたい。
おやおや、我ながらずいぶん心変りが激しいね。
「男心と秋の空」だよ、こりゃぁ。





   ナツアカネがずいぶん赤くなった。秋深し・・・だね。
c0305565_17575728.jpg




   ニラの花に、キタテハ。来たてじゃなくて、長居してたみたい。
c0305565_17580795.jpg





   イチモンジチョウは、休息中? 背後の白いのは遅咲きのノリウツギ。
c0305565_17582020.jpg





   ハラナガツチバチ類の男のコは、触角も長い。
c0305565_17584422.jpg





   ルリチュウレンジバチの幼虫はツツジの害虫。ツツジの生け垣の脇にいた。
c0305565_17585505.jpg





   スズメウリは、勝手に生えてきたものだろうね、きっと。
c0305565_17590638.jpg





   今年はネコノヒゲがあちらこちらに植えられていた。
c0305565_17592714.jpg





   ヤマボウシのたくさんの実から、myお気に入りはこれだった。
c0305565_17593749.jpg





   ちょうちょう ちょうちょう ランタナにとまれ~♪
c0305565_17595400.jpg





   って、クロアゲハの女のコが遊んでくれた。
c0305565_18000684.jpg





   ランタナにあいたら~♪
c0305565_18001714.jpg





   ハイビスカスにとまれ~♪
c0305565_18003415.jpg

by h6928 | 2016-09-06 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(6)