タグ:ぐんまフラワーパーク ( 71 ) タグの人気記事


昨日 ( 08/04 ) も相変わらずの猛暑続きで、
日曜日だし、撮影は休んで一日待っていれば、
後日からは涼しくなるかな?
とかも思ったりもしたけれど、
天気予報を見ていれば結局そうはならないようだし、
どうせ猛暑なら少しだけ涼しい所へ行こう、と
ぐんまフラワーパークで撮ることにした。

まぁ、確かに平地での猛暑日に比べれば若干涼しい。
でも、やっぱり炎天下の真昼間では虫さんの出が極めて悪い。

ようやくこれから涼しくなりそうな・・・時刻には
上がることになるのが情けない。

後ろ髪(無いくせに)を引かれる思いで帰途に就くのだった。

そして帰って来れば我が家のなかは猛暑日。
いつまでこの地獄は続くのだろう?
フラワーパークではススキの穂も出ていたのにね。






   炎天下、頑張って咲いていたバラの二番花を、先ずは登場。
c0305565_17413379.jpg





   真夏の日中は、こども達には水遊びが大いにウケるよね。
c0305565_17420920.jpg





   真夏の花・ムクゲも毎日更新で、咲いている花はいつも新鮮。
c0305565_17422373.jpg





   温室は当然もう窓を全開。メディニア・マグニフィカが元気に咲く。
c0305565_17424421.jpg


   少し寄ってみると、花はノボタンの仲間だと納得。
c0305565_17425684.jpg


   パパイヤの花はさすがに夏こそ似合ってる。
c0305565_17430904.jpg


   品種は違ってもパパイヤの熟した実。
c0305565_17432089.jpg


   ストロベリーグアバのおいしそうな実。
c0305565_17435156.jpg





   クマバチさんは、暑さなんかものともせずに勤労中。
c0305565_17441447.jpg





   シオヤアブ女子だって、炎天下でもこの姿勢を保つ。すげえ‼
c0305565_17442374.jpg





   なぜかここはナツアカネが多かった。
c0305565_17443571.jpg


   男のコならアキアカネより赤くなるのに、このコは女子。
c0305565_17444652.jpg





   可哀想な名前のギンメッキゴミグモ。鍍金なのに銀じゃねぇ~。
c0305565_17450807.jpg





   カリガネソウも涼し気。でも近寄り過ぎると悪臭が・・・・。
c0305565_17453170.jpg



c0305565_17454843.jpg





   フウセンカズラも、少しは涼を呼ぶ手助けになるかな。
c0305565_17461461.jpg



c0305565_17462693.jpg





   もうすぐ立秋だし、ススキの花も咲いて・・・秋が待たれる。
c0305565_17463957.jpg

by h6928 | 2019-08-05 18:32 | 季節もの・夏 | Comments(2)

気まぐれ天気の隙を見て


昨日 ( 07/19 ) は
晴れてみたり急に雨が降って来たり・・・と
気まぐれ天気に翻弄されながら
ぐんまフラワーパークで適当に撮ってみた。

出かけるときにはしっかり晴れていたので
まさかコロコロ天気になるとは思わずに
雨対策もして行かなかったので、
ちょいと戸惑ってしまったけどね。

それでも、
雨自体は何度か降っても長続きしなかったので、
その都度建物に避難できたから、
まぁちょうどいい息抜きにもなったしね。

という風に最近は
ポジティブ思考に切り替えるよう、
努力はしているつもり。

お気楽こそ健康寿命を延ばす秘訣、
とか言っても20.000.000円の蓄えは無いんだけどね105.png
長生きしちゃったらどうすべぇ?
そっちの方が却って心配なんさぁね。




   この花がてっぺんまで咲いたら梅雨明け、ってはずなのにねぇ。
c0305565_17294125.jpg



c0305565_17295752.jpg





   夏本番が来る前にもう終わりかけ?っぽいノウゼンカズラ。
c0305565_17301456.jpg





   今年はまだまだアジサイが元気。
c0305565_17303794.jpg





   この時期、ヨウシュヤマゴボウの花には、つい撮らされてしまう。
c0305565_17305158.jpg





   急な雨を避けて、温室で撮ったミッキーマウスノキ。
c0305565_17310874.jpg





   思いがけずにレンゲショウマの花に出逢えた。
c0305565_17313448.jpg





   こんなところにカルドンが!クマバチさんも忙しそう。
c0305565_17314957.jpg





   雨の合間には急いで蜜を求めるオオチャバネセセリたち。
c0305565_17320354.jpg



c0305565_17321585.jpg



c0305565_17323397.jpg





   キタキチョウさんも。
c0305565_17325677.jpg





   ヒメアカタテハさんも、みんな雨の止み間にご活躍。
c0305565_17330717.jpg





   雨っぽい時ってよく見かけるのは、ニホンアマガエルさん。
c0305565_17332963.jpg



c0305565_17334499.jpg





   芝生に生えたキノコの「フェアリーリング」。
c0305565_17335927.jpg





   このきれいな綿のような中に、何かの卵塊でもあるのかな?
    ゲホウグモというクモの卵塊と判明。
    全国農村教育協会発行、『野外観察ハンドブック 校庭のクモ・ダニ・アブラムシ』より
c0305565_17341082.jpg





   雨が上がった後、こんな入道雲が垣間見えた。
c0305565_17342923.jpg

by h6928 | 2019-07-20 18:17 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日 ( 06/11 ) は、
やっと晴天が広がる気持ちのいい時間帯もあり、
そうなると張り切って撮影に出たくなる。

月曜日には中途半端に切り上げざるを得なかったから、
三日連続となる、8000D+マクロ100mmのセットを持って、
接写に専念しようと決めぐんまフラワーパークに行った。

一応晴れてはいたけれど、
ちょっと前まで雨でも降っていたのか
けっこう雫が残っていた。

気温もそう上がらないから
あちこち動き回っても汗をかかずに済む。
そうして撮影は連写に封印して、じっくり単写に専念。
まぁ、相手が動かない被写体だし
風さえ気を付ければOKってのはいいよね。

そうこうしているうちに、
赤城山の方から嫌な雲が押し寄せて来たので
降られないうちに引き上げてきた。

帰って来れば、
夜にはまたしっかり雨が降ってきた。
今年の梅雨はやたら真面目に降るのだねぇ、
って感心してしまう。








   ヒペリカム・アンドロサエマム(コボウズオトギリ)が可愛い。
c0305565_17391418.jpg



c0305565_17392304.jpg



c0305565_17393391.jpg



c0305565_17394214.jpg



c0305565_17395250.jpg







   こちらは、ヒペリカム・ヒドコート。たくさん咲いていた内の一輪。
c0305565_17400783.jpg







   今年は見るのを諦めていたキキョウソウに、ここで出逢えた。
c0305565_17402488.jpg







   蛍の話題が聴かれる頃、ホタルブクロも咲くんだね。
c0305565_17403450.jpg







   コバンソウにもここで逢えるとは思わなかった。
c0305565_17404822.jpg







   久々再会のヒゲナガガさんは、ホソオビヒゲナガの男のコ。
c0305565_17410124.jpg







   木くず?枯葉のゴミ? ガだと気づいたボクは偉い?
c0305565_17411189.jpg
付記:アカマダラメイガと、後日判明







   ベニシジミちゃん、せっかくだからなるべく前に回って・・・と。
c0305565_17412157.jpg







   おっ‼ このカラーは二重構造だぞ!
c0305565_17413713.jpg







   温室では、可愛らしいスリッパも咲いていた。
c0305565_17414812.jpg







   いつになくミッキーマウスの木に実がが鈴なり。
c0305565_17415875.jpg







   今年はヒスイカズラの当たり年かな?まだ続々と咲いて来きそう。
c0305565_17420936.jpg



c0305565_17421892.jpg


   落ちていた花をストレリチアの葉に乗せてみた。
c0305565_17422834.jpg

by h6928 | 2019-06-12 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

ちょっと前のお花たち


今回のは、4月29日に

ぐんまフラワーパークで撮った在庫から。


ってことは、まだ平成だった時の撮影だから

ひと時代を跨いでしまった訳だ。


大げさに言えば、歴史的投稿かな?

色褪せないうちにどうぞ・・・ってことで111.png








   チューリップいっぱい
c0305565_21201098.jpg



c0305565_21202152.jpg



c0305565_21203115.jpg



c0305565_21204196.jpg


   ユリの中に紅一点のチューリップ
c0305565_21205307.jpg








   イカリソウ2種
c0305565_21211593.jpg



c0305565_21213037.jpg








   ヤマブキソウ
c0305565_21214730.jpg
 







  オキナグサの綿毛姿
c0305565_21215894.jpg








   シラー・カンパヌラータ
c0305565_21220947.jpg








   ワイルドストロベリー(?)
c0305565_21222196.jpg







   水際のゼンマイ
c0305565_21223227.jpg








   フイリアマドコロ
c0305565_21224338.jpg








   サクラソウ
c0305565_21225775.jpg








   アキグミ(?)
c0305565_21231689.jpg








   シジミバナ
c0305565_21232726.jpg







   穂先の黄色い筍はまだ美味しいとか
c0305565_21234164.jpg








   ボタン
c0305565_21235422.jpg

by h6928 | 2019-05-15 18:30 | 季節もの・春


昨日 ( 05/11 ) もまた晴れて暑くなりそうだったけれど、
そうそう避暑地にも行っていられないので
ぐんまフラワーパークで撮ることにした。

そろそろヒトツバタゴやハクウンボクの花が咲いているかな?
とそれが気になったので。

実際、行ってみるとどちらも咲き始めたばかりで、
遅すぎよりは全然いい感じ。

さらに、全く期待していなかったウスバシロチョウにも出逢えたし、
まだまだツキは落ちていないことが実証された。

なぁ~んて、油断していると地獄の釜の蓋が開いていて
いきなり落っこちる羽目に陥りかねないから、用心用心。

で、今回はそうして撮れたうちから
白をテーマに編集してみたので御笑覧あれ104.png







   生け垣で、この時期だけ特に目立つのは、リュウキュウツツジ。
c0305565_17405197.jpg








   フランスギクは、野生化もできる逞しさの持ち主。
c0305565_17410634.jpg








   花ではないけれど白ってことで、オキナグサの綿毛の付いた実。 
c0305565_17412938.jpg








   見た目には皆可愛いのに、選んだコで写真映えが違うドイツスズラン。
c0305565_17414142.jpg








   アマドコロも群れで咲いていると、どのコを撮って良いか迷いに迷う。
c0305565_17425550.jpg








   オオデマリは白い花の中でも、目線に直で見えるから目立つ。
c0305565_17415398.jpg








   樹高はまだ低いヒトツバタゴ。咲き始めたばかり。
c0305565_17421122.jpg


   珍しい樹なので、別名ナンジャモンジャと呼ぶこともあるとか。
c0305565_17422594.jpg








   フタリシズカは、一人から4人くらいまでいろいろあり。
c0305565_17424595.jpg








   『ニュートンのリンゴ』の花がまだ少し残っていた。
c0305565_17431946.jpg








   この辺りのサワフタギは、今が花盛りみたい。
c0305565_17441637.jpg








   ハクウンボクは、花序の下から咲き始めたばかり。
c0305565_17433685.jpg



c0305565_17434578.jpg



c0305565_17435654.jpg








   ヒメウツギで熱心に吸蜜していたウスバシロチョウの男のコ。
c0305565_17443228.jpg



c0305565_17444242.jpg



c0305565_17445343.jpg


   よほどお腹が空いていたのか、この場から離れようとしなかった。
c0305565_17450252.jpg

by h6928 | 2019-05-12 18:56 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 04/29 ) もGW中の良いお天気で、
翌日からは雨の予報も出ているだけに
行楽地は賑わったようだ。

フラワーパークも混むだろうとは予想できたけれど、
開園当初の混雑から比べれば大したことないさ、
と勝手に決めつけてあえて行ってみた。

南駐車場が珍しく満車で、
いつもは閉鎖している北駐車場も開けたそうなので
そっちへ回ると何とか置くことができた。

それでもこの時期に割と簡単に置けるのだから、
昔とは比べ物にならないほど人気は低落傾向なんだろう。

で、そうしてまでここに来たかったのは、
今の時期を逃せば撮れそうにない、
ヤエザクラたちを撮りたかったから。

一応名札が出ているので、
品種名が分かるのは撮って来た。

風が吹けばハラハラ散り始めていたから、
昨日行っておいたのは正解だったナ102.png








   ギョイコウ(御衣黄)
c0305565_17590571.jpg



c0305565_17591644.jpg








   ショウゲツ(松月)
c0305565_17592790.jpg



c0305565_17593809.jpg








   コウカ(紅華)
c0305565_17594905.jpg



c0305565_18000192.jpg








   ハナガサ(花笠)
c0305565_18001546.jpg



c0305565_18002564.jpg







   ヨウキヒ(楊貴妃)
c0305565_18013954.jpg



c0305565_18015312.jpg








   フゲンゾウ(普賢象)
c0305565_18021354.jpg



c0305565_18022525.jpg








   代表的なヤエザクラは、このカンザン(関山)
c0305565_18024020.jpg



c0305565_18025387.jpg








   各種のヤエザクラが混じって写せるポイントは少ない。
c0305565_18031678.jpg








   白花のハナズオウ。てっぺんのハート形の葉は入れたかった。
c0305565_18032998.jpg







   一重のヤマブキは、半日陰で咲いていた方がいい感じ、と思う。
c0305565_18034095.jpg








   ハンカチノキにハンカチがいっぱい。去年の実も残っていた。
c0305565_18035108.jpg


   写真を撮る人も後を絶たず、人気者。
c0305565_18041339.jpg

by h6928 | 2019-04-30 18:42 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 04/13 ) は良く晴れて
気温もそれなりに上がったので、
本当なら一昨日行くはずだったぐんまフラワーパークに、
チューリップを撮りに行った。

この園にしてはかなりの人出で、
駐車場に整理の傭員が配置されており、
あらまぁ珍しい!なぁ~んて失礼ながら感心するほど。

確かに、この時期の土曜日にガラガラでは
存在意義も疑われてしまうから、
程々には混んでいなくちゃ仕方ないや。

それでも、人をなるべく入れないで撮って来たから、
家に帰ってPCに取り込んだのをスライドショーで見てみると、
なぁ~んかぁ~、閑散としたフラワーパークに見えてしまう。

「人を入れないように」気を付けて撮ったからであり、
決して閑散としてたわけじゃないことは、
念のために述べておこう。






   ちょうど見ごろだった、フラワーパークのチューリップたち。
c0305565_17555732.jpg



c0305565_17561826.jpg



c0305565_17565135.jpg


   背後に見える赤紫の花は、ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)。
c0305565_17573465.jpg



c0305565_17575154.jpg



c0305565_17581277.jpg



c0305565_17582210.jpg






   4月でも案外頑張って咲いている、ジュウガツザクラ。
c0305565_17585466.jpg






   『駿河台匂』という、匂い桜。江戸期に駿河台で見つかった品種。
c0305565_17590943.jpg


   少しアップ気味のも撮ってみた。香りは分からなかったけど・・・・。
c0305565_17592150.jpg






   「竹の秋」に近い竹を背景に、白いハナモモ。
c0305565_17593435.jpg






   シラネアオイが咲いていた。本当の山よりは早いんだね。
c0305565_18000325.jpg






   妙に鮮やかなオキナグサがあった。ハイカラ爺さんかな102.png
c0305565_18002808.jpg






   カツラの葉っぱはハート形。背景にはヨコハマヒザクラを。
c0305565_18005371.jpg






   ベニシジミがスイバの葉っぱで見え隠れ。産卵中だったのかな?
c0305565_18010753.jpg






   展望タワーから見た赤城山。この時期にこんなに雪が‼
c0305565_18011817.jpg

by h6928 | 2019-04-14 18:48 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 04/01 ) も風が強く吹く一日になった。
そして気温は低くはないものの体感的には寒い。
だからかな?去年よりサクラの花が一向に咲き進まない。

去年の今頃はサクラ巡りに忙しかったのに、
どうもこの春はイマイチ調子が出ない感じ。

で、結局撮影に行った先は、ぐんまフラワーパーク。
たまたま買っておいた県有施設の年パスが
やたらと役立つのは、何とも皮肉な?
いやいや運命的な巡り合わせかな?

ともあれ強風の吹き荒れるフラワーパークで、
なるべく風当たりの弱そうなところを選んで
長閑な春物を撮って来た。

帰って来てから、
そう言えば新元号の発表があるんだっけ、
とテレビを見れば『令和』だってニュース一色。

皆さん歓迎する向きのコメントばかりだけれど、
ひねくれ者のボクは、
なぜかマイナスイメージを感じたのだった。

上からの命令に民は異を唱えなさんな・・・・
って言われているような印象が感じ取れてねぇ・・・・。

こんなことを書くと、
本当にひねくれものだなあ‼
って思われちゃうよね。





   新元号を知る前に、昨日撮っていたウメの花。これも何かのご縁で102.png
c0305565_17461736.jpg






   こちらはウメじゃなくて、花モモ。
c0305565_17462819.jpg



c0305565_17463847.jpg






   ユキヤナギでは、ビロードツリアブを見つけた。
c0305565_17465624.jpg



c0305565_17470578.jpg


   ナミハナアブなど、他のアブも来ていた。
c0305565_17471574.jpg






   ネグンドカエデの花って、なかなかユニーク。
c0305565_17473139.jpg



c0305565_17474161.jpg






   風当たりの弱いところで咲いていた、ヤシオツツジ。
c0305565_17494652.jpg






   ハート形の真新しい葉っぱが、いかにも春。
c0305565_17475963.jpg






   落ち葉を分けて花を咲かせていたスミレ。
c0305565_17483393.jpg






   スズメノヤリは日溜まりが似合う。
c0305565_17484832.jpg






   ツクシのまだ若そうなものを見繕ってみた。
c0305565_17490092.jpg






   〆は、オオイヌノフグリで吸蜜中のスジグロシロチョウ。
c0305565_17491026.jpg

by h6928 | 2019-04-02 18:36 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 03/24 )も22日程ではなくても北西の風が強かった。

それでも、何かに追い立てられるように撮りに出るのは
写真に嵌ってしまったものの宿命だろうか。

年々撮りに行けるところが少なくなっているので
結局行く先は限定された中でローテーションするしかないかな?
ってことで、ぐんまフラワーパークに行ってみた。

年パスを買っただけにフルに活用しなくちゃ
・・・・ってセコイかな?

今回は強風と分かった上でも接写をしようと
マクロ100mmと70Dの組み合わせに絞って
浮気はしないことに決めた。

そんな時に限って野鳥が出てくるのが恨めしいんだいなぁ。

接写よりは野鳥の方がこの日は向いていたのに・・・・、
始めからP1000にしておけば「良ぃ~よ」だったなぁ・・・・
と悔やんでも今更ながら後の祭りさ。

良ぃ~よ 良ぃ~よ・・・はヒヨドリの鳴き声。
そぉ~か、この日、なぜかヒヨさんの声がしていなかった‼
帰り道、妙に納得させられたのだった。






   トサミズキに少し遅れてヒュウガミズキも咲きだした。
c0305565_17370859.jpg


   そのヒュウガミズキに来ていたシジュウカラさん、当然トリミング。
c0305565_17373165.jpg






   ミニスイセンもいっぱい咲いて、小さくても華やかさでは負けていない。
c0305565_17375735.jpg






   この時期、スノーフレークを見れば必ず撮りたくなる。
c0305565_17381335.jpg






   ケイオウザクラ(啓翁桜)は剪定にも耐えるので、切り花でも人気とか。
c0305565_17384030.jpg






   カンヒザクラは撮るのが難しい。メジロでもいてくれたらなぁ。
c0305565_17400109.jpg



c0305565_17401787.jpg






   まだ元気に咲いていた紅梅の背景は一応、松と竹。
c0305565_17403774.jpg






   白梅の蜜を求めて来た?のは、シジュウカラさん。
c0305565_17390444.jpg






   萼片が反り返るのはアンズの特徴だそうで、これはアンズだね。
c0305565_17392457.jpg






   「ヤシオツツジ」の名札があった、好感の持てるツツジ。
c0305565_17405257.jpg



c0305565_17410031.jpg






   ヒマラヤユキノシタも、派手過ぎないピンクがステキ。
c0305565_17411371.jpg






   色とりどりのパンジーの背景には、咲き始めたコブシの花。
c0305565_17412933.jpg

by h6928 | 2019-03-25 18:44 | 季節もの・春 | Comments(4)

春雨のフラワーパークで


昨日 ( 03/03 ) は、朝から曇りで雨の予報も出ていた。
降水確率は70%というから降るのはほぼ確実だろう。

そうと知っていても、雨の日にツバキも良いかな?
ということで、ぐんまフラワーパークでも咲いているだろうと行ってみた。

前橋に入る辺りから雨が降りだしてても、量は大したことは無い。
だから予定通りフラワーパークに向かう。

着いてみれば、やっぱり小雨程度の雨は降っていて、
カメラは濡らしたくないから傘をさしての入園。

目的のツバキのコーナーに向かう途中、
今までは迂回して気づかなかったメインの花壇に、
スノードロップがたくさん咲いているのを見つけた。

まずはせっかくだからそれは撮っておく。

で、ツバキを楽しみにしていたら、ほとんど咲いていない。
よく見ればツボミが全然と言ってよいほど見えない。

咲く時期の問題以前の・・・咲きようがない状態だった。
どの木も元気がイマイチに見えたのは気のせい?
ガッカリしながらも気を取り直して他を当たる。

雨は次第に強まってきたので、
雨そのものだって素材にしてしまうんさ。






   あまり元気のないツバキの中で、太郎冠者(タロウカジャ)と
c0305565_17381542.jpg


   こちらの紅侘助(ベニワビスケ)だけは一応咲いていた。
c0305565_17384482.jpg






   ウメの花もまだまだ咲き誇っている。白と紅を。
c0305565_17390952.jpg



c0305565_17392024.jpg






   ピンクのアセビと、アウトフォーカスの白梅。
c0305565_17393765.jpg






   渋い色合いのマンサクが花盛り。
c0305565_17394652.jpg
 





  思わぬところにもスイセンが。撮っとうと?撮とうとよ!ってね。
c0305565_17400508.jpg






   メインの花壇にもスノードロップがあったのに、初めて気付いた。
c0305565_17401975.jpg



c0305565_17402895.jpg



c0305565_17403755.jpg






   湿気を吸うとコケもきれいに蘇る。
c0305565_17405736.jpg






   しっかり降り始めると、池で雨らしさを写してみたくなる。
c0305565_17411488.jpg






   跳ねた雨と水紋、それに雨脚も何とか・・・・。
c0305565_17412578.jpg






   ネコヤナギの背景には、比較的分かりやすく雨脚が写った。
c0305565_17413663.jpg

by h6928 | 2019-03-04 18:19 | 季節もの・早春 | Comments(4)