<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


昨日 ( 07/30 ) も猛暑日の予報が出ていたけれど、
無謀にも真昼間ドピーカンのヒマワリ畑に挑戦しに行った。

富岡市の丹生湖の隣の
遊休地を活用したヒマワリ畑で、なだらかな斜面に
主催者側発表では11万本のヒマワリが植えられている。

去年は台風が直撃して大半が倒伏してしまったけれど
今年は6号も全く影響がなくて一安心だったとのこと。

今年は梅雨の低温等で発育が悪く背が低いと嘆いていたけれど
写真を撮るには高すぎるよりは却ってちょうど良い感じ。

・・・にしても、暑い。

直射日光がほぼ真上からこれでもか‼
というほど降り注いでくるから、もう拷問だね。

程々のところで敢え無く撃沈されてしまった・・・・143.png





   インスタ映えを狙って?! 顔出し看板も用意されていた。
c0305565_17394530.jpg





   地元主催者のメンバーによるこんなサービスもあり。
c0305565_17395826.jpg





   今やカメラと言えばスマホなんだね。
c0305565_17401771.jpg



c0305565_17403308.jpg



c0305565_17404705.jpg



c0305565_17410460.jpg





   遠景には妙義山系や夏の雲を配してみる。
c0305565_17412219.jpg



c0305565_17414711.jpg





   飛び回って疲れたツマグロヒョウモンが小休止。
c0305565_17420422.jpg





   へそ曲がりさんでも、こうして撮ると偉いセンセイみたい129.png
c0305565_17422760.jpg





   真夏の日差しをたっぷり浴びてもいじけないのは、さすがヒマワリ。
c0305565_17424230.jpg



c0305565_17443862.jpg



c0305565_17430085.jpg




   そして自分らしく、いつものようにドォ~ンと寄ってみよう。
c0305565_17432872.jpg



c0305565_17434938.jpg



c0305565_17440848.jpg





   こんなイタズラされたのを見ると嬉しくなったりするんだ111.png
c0305565_17445436.jpg



c0305565_17450518.jpg







by h6928 | 2019-07-31 18:30 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 07/29 ) も暑くなるとの予報が出て、
さてどうするべぇ・・・って一瞬悩み、
結局はまた榛名湖畔に向かうことにした。

前日充分に楽しめなかった欲求不満もあり、
月曜日なら何もイベントも無いだろうから
ノンビリできそうと。

でも、出かけてすぐに山の様子を見ると
分厚い雲がすっぽり覆っている。
これは視界ゼロってことも有かな?とは思いつつも、
まぁ涼しく過ごせれば良いやと、方針に変更は無し。

湖畔まで着いてみると、
ゼロではないけれど視界不良で、
真昼間なのに車のライトが自動で点くほど暗い。

そしてほどなく雨が来た。
雷様のドラミングも聞こえる。

やべぇかな?とは思いつつもしばらく待っていると、
なんとか雨も上がってくれた。
そうして何とか写真も撮れて、わりと涼しく過ごせて万々歳。

帰ってから地獄かな?と心配したけれど
ラッキーなことに激しい雷雨がやって来てくれて
だいぶ涼しくなったのは、
ひとえに天の助けだね。





   この時期の木の花ではノリウツギが目立つ。
c0305565_17372924.jpg





   高原ではシモツケも今が花盛り。
c0305565_17373980.jpg





   チダケサシは野生のアスチルベの一員。
c0305565_17375017.jpg





   この時期、ハナショウブの原種・ノハナショウブがいっぱい咲く。
c0305565_17380242.jpg


   いっぱいと言っても、菖蒲園ほどではないよね。
c0305565_17381557.jpg





   ヤマハハコかな?所々に散見できる。
c0305565_17383317.jpg





   花に来る虫たちも油断大敵、隙を見せるとこうなる場合も。
c0305565_17392497.jpg





   だいぶ擦れてしまったヒメウラナミジャノメもいた。
c0305565_17394695.jpg





   榛名でこの時期、特に多いのはジャノメチョウ。なぜか男のコばかり。
c0305565_17400318.jpg



c0305565_17401462.jpg



c0305565_17403253.jpg



c0305565_17404853.jpg



c0305565_17412136.jpg



c0305565_17413203.jpg



c0305565_17415827.jpg



c0305565_17421223.jpg


   手乗りジャノメになってくれたコ。しばらく一緒に遊ぶ。
c0305565_17462900.jpg


   せっかくの榛名だから、広角にして榛名富士を入れてみた。
c0305565_17423643.jpg

by h6928 | 2019-07-30 18:29 | 季節もの・夏 | Comments(6)

涼しかった榛名湖畔で


台風6号から変わった熱帯低気圧の影響で
昨日 ( 07/28 ) は夜間に雨がたっぷり降ったから、
朝にはもう北の方から晴れ渡ってきた。

その段階ではまだ梅雨明けの発表がないものの
暑くなりそうな予感ありで、
近場の避暑地・榛名湖畔に行ってみることにした。

で、実際に行ってみると、
トライアスロン大会が開催されていて、
大幅な交通規制がかかっていた。

そうかぁ・・・地元の情報にも疎いボクだった。
仕方なく、いつもとは違う場所に車を置いて、
いつもとは違う場所を歩いて回ってみた。

まぁ、さすがに榛名だけあってけっこう撮れるものだ。

労せずしてそこそこの収穫もあり、
空模様が怪しくなってきたこともあって帰途に就く。

すると間もなく激しい雨が降って来て、
間一髪セーフだったぁ~。
いつもながら野生の勘は、我ながら冴えてるね。

そのくせ、我が家近くまで来ると
雨なんか降った痕跡さえなく、暑い。
夜は熱帯夜だったよぉ~。

そう言えば、今日は梅雨明けしたとのことだけど、
今、これを書いている時間、外は雷様が大暴れしているよ。




   高原に避暑に来ているアキアカネたち。赤っぽいのもいた。
c0305565_17392389.jpg



c0305565_17393268.jpg



c0305565_17395989.jpg





   シギンカラマツって、これのことかな?初めて見た気がする。
c0305565_17402884.jpg





   花の頃に葉(歯)が無い、って名にちょっと近そうなウバユリ。
c0305565_17405704.jpg





   カゲロウの発生が顕著で、売店の女将さんが嘆いていた。
c0305565_17411443.jpg





   キタキチョウにはマメ科の花が似合うね。
c0305565_17421419.jpg





   クガイソウにスジグロシロチョウが対になって訪れた。
c0305565_17423602.jpg





   タマガワホトトギスかな?ハチさんが来ていた。
c0305565_17430468.jpg





   サカハチチョウは遠慮深く、近くに来てくれない。
c0305565_17432359.jpg





   まだ傷みの無いアカタテハの目立つこと!
c0305565_17433760.jpg



c0305565_17472439.jpg





   ミドリヒョウモンの♀もチョロチョロ見かける。
c0305565_17443718.jpg



c0305565_17445093.jpg





   こちらは、オオウラギンスジヒョウモンの♀だろう。
c0305565_17442290.jpg



c0305565_17450767.jpg





   シャッター画の向かい合わせで対になっている作品『愛の翼』。
c0305565_17452807.jpg


   まだうら若き女性作家が仕上げに訪れていたので、タイトルが知れた。
c0305565_17453855.jpg

by h6928 | 2019-07-29 18:49 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 07/27 ) は、
台風6号が接近・上陸したとかでも、
我が家の辺りでは極めて静かで、
ニュースの映像を見ても実感に乏しい。

そのうちこっちにも向かってきそうな予報が出るので、
うっかり外出もできないからと家にいて、
結局は出そびれてしまった。

日中はもう良く晴れたりして湿度も高いから
「うだるような暑さ」は実感できたんさぁね。

その台風も夕方までには台風の条件を失って、いわば降格。

こんなことだったら撮りに出た方がマシだったかな?
とも思ったりするけれど、
自分で決めた答えは自分で納得するしかない。

そんな訳で、今回は
そんなときのために残しておいた軽井沢レイクガーデンで撮った
『取って置き画像』たちを載せることにした。





   オカトラノオの群落に紛れ込んで咲いていたホタルブクロ。
c0305565_17421139.jpg





   夥しいオカトラノオの花の群に、紛れているチョウは誰でどこ?
c0305565_17423028.jpg





   答えは、このホシミスジさんで画面中央寄り最上部付近に。
c0305565_17425568.jpg



c0305565_17430841.jpg



c0305565_17432162.jpg





   スジグロシロチョウにもオカトラさんは人気。
c0305565_17433276.jpg





   この豹柄さんは、オオウラギンスジヒョウモン男子。
c0305565_17440365.jpg



c0305565_17442214.jpg





   こちらはウラギンヒョウモンさん男子。
c0305565_17444319.jpg





   タリクトラム・ロケブルニアナムのラベンダーミスト。
c0305565_17452260.jpg


   日本の山野に生えているのは、シキンカラマツだよね。
c0305565_17453231.jpg





   夏のカエデとピンクのユリさんのコラボ。
c0305565_17460870.jpg






   フィリペンデュラ〝 ベヌスタ ”。オニシモツケの園芸品種かな?
c0305565_17462199.jpg





   縁取りが色濃くなるピンクアナベル。逆さまにするとハートに見える?
c0305565_17463767.jpg





   ハグロトンボ女子。この辺では少ないトンボかな?見たのはこのコだけ。
c0305565_17465181.jpg





   なんかわざとらしい「やらせ」写真。ゴマダラカミキリさんに感謝。
c0305565_17471960.jpg





   ウッドチップの敷かれた園路に降りたホオジロ男子を即キャッチ。
c0305565_17473007.jpg





   ピレネー犬が「ワォ~ン」って吠えているように見える雲。
c0305565_17480538.jpg

by h6928 | 2019-07-28 18:47 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 07/26 ) は
遥か南の海上にある熱低が北上しながら、
台風になるとの予報が出ていて
天候も不安定だった。

天候次第では撮影は休みにしても良いかな?
くらいのつもりでいたけれど、
午後にはどうやら大丈夫そうなので
近くの観音山ファミリーパークで軽く撮ろうと
ほぼ期待はしないで行ってみた。

土日なら文字通りファミリー層で賑わうのに
天候のせいもあってちょうど良い塩梅に
閑散としているのが良かった。

誰にも気兼ねすることなく徘徊できて
自称・ハイエナオジサンには快適。

撮っているうちに空にも青さが戻り始めたりして、
意外と想定を超えて撮れてしまったから、より嬉しい。

帰ってきたら
熱低は台風6号になったとの報道があった。

で、今日はもう熱低に降格だって‼
ずいぶん短い期間の台風だったんだねぇ。






   気を付けて見ないと見逃しそうな、エンジュの花を見つけちゃった。
c0305565_17472609.jpg





   花壇で彩を放っていたコリウスさん。色見本になる?
c0305565_17473641.jpg





   おやまぁ、今になってホトケノザが‼ 春より色が薄いかな。
c0305565_17475073.jpg





   おぉ~、なかなかお洒落なムクゲさんじゃないの、って撮った。
c0305565_17480215.jpg





   晴れて来たから嬉しくて、キバナコスモスを空に抜いてみた。
c0305565_17481662.jpg





   この公園のエゴノキは、今年は実が大豊作。
c0305565_17482723.jpg





   たまにはムラサキツメクサの花も撮ってあげよう。
c0305565_17483793.jpg





   ガマズミの実って、案外早くから赤くなるんだね。
c0305565_17485773.jpg





   今年のゴンズイは、色づくのがずいぶん早いのかな?
c0305565_17492644.jpg





   クリの毬がいつの間にかもう、大きく育っていた。
c0305565_17493939.jpg





   超矮性ヒマワリでモンシロチョウ。黄色く見えるけどね。
c0305565_17500684.jpg





   この花、ホッグセージかな?キタキチョウが来たぁ~‼ってね。
c0305565_17502571.jpg





   こちらのは、一文字がやや不揃いでも、イチモンジセセリだろう。
c0305565_17533581.jpg





   超矮性ヒマワリの葉っぱで、ヤマトシジミ。
c0305565_17504266.jpg





   ヒメジョオンとベニシジミ。
c0305565_17510115.jpg





   葉っぱにいるのはガの成虫。右側が頭って、にわかに信じがたい。
c0305565_17512334.jpg





   ツチイナゴの赤ちゃん。いつもながら涙を流しているような・・・。
c0305565_17513833.jpg





   高崎市街地方面を望む。遠い熱低の影響する空かな?
c0305565_17514978.jpg

by h6928 | 2019-07-27 19:07 | 季節もの・夏 | Comments(2)

昨日 ( 07/25 ) も
梅雨明け前の不安定な天候が予報され、
真夏日になり、午後からの発雷確率が高いという。

それならば早めに軽井沢に避暑に逃げ、
雷雨が来て涼しくなる頃に帰ればいいか・・・・、
ってなことで、毎度お馴染みレイクガーデンに行った。

着いてみると気温は25℃で快適。
明るい曇り空で青い部分も見えるけれど
直写光は射してこないから花の撮影にはちょうど良いかな。

そうして撮り進めていると
顔なじみになっているトップガーデナーさんに
ハクセキレイが子育てをしている、と教えてもらい、
その場所まで案内してもらえた。

チケットハウスの屋根と雨どいの
ちょっとした隙間にその巣はあったのだけれど、
ボクの身長ではちょうど死角になって見えない。

持って行ったカメラはちょうどP1000だったので
ずっと後ろに下がってやっと視角を確保できた。
かろうじて撮れたのもP1000の威力だね。

それにしても、
ずっと暖かい人たちに見守られているチケットハウスとは
ハクセキレイさん、いい営巣場所を見つけたね。
感心感心♡って、妙に納得だった。




   白くなったアナベル越しに、イングリッシュローズガーデンを。
c0305565_17493132.jpg





   白いアナベルを引き立て役に使って、ピンクアナベルを。
c0305565_17494168.jpg





  一瞬、白いバラかと見間違えちまったよ、このクレマチス。
c0305565_17495793.jpg





   水辺で涼し気な、ポンテデリア・コルダータ。
c0305565_17501391.jpg





   正面顔が笑っているように見える、カクトラノオの季節入り。
c0305565_17502577.jpg





   ルナリアの実がこんな風になっていた。葉には青虫が付くんだね。
c0305565_17503956.jpg





   ヤマユリによく似た綺麗なユリも咲いていた。
c0305565_17504900.jpg





   ヘラクレウム〝ピンククラウド‴は華麗なハナウド。
c0305565_17510735.jpg



c0305565_17511691.jpg





   クガイソウにはアブやハチの他、スジグロシロチョウが訪れていた。
c0305565_17513430.jpg





   オオウラギンスジヒョウモン(?)は、この日たくさん見られた。
c0305565_17514865.jpg




   こちらは傷みの目立ち始めた個体。                
c0305565_17515869.jpg






   オオウラギンヒョウモン♂みたいだけれど、分布域では合っている。
c0305565_17521331.jpg



c0305565_17522338.jpg





   ミヤマカラスアゲハ♂は忙し過ぎて、撮れたのはこの1枚。
c0305565_17523771.jpg





   ハクセキレイの巣があると教えてもらって、撮れた102.png

   チケットハウスの屋根に降り立った、お母さんハクセキレイ。
c0305565_17531066.jpg


   巣の中では大口を開けたヒナたちが待っている。
c0305565_17532109.jpg


   もっとちょーだい‼ってせがまれて、お母さんはお疲れさんかな?
c0305565_17533227.jpg

by h6928 | 2019-07-26 19:17 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日 ( 07/24 )は
所用があってあまり時間が取れなかったので、
比較的近場の箕輪城跡で撮ることにした。

そこそこ草刈り部隊も投入されて
虫撮り花撮りには向かなくなっている箇所もあったけれど、
それでも皆無ではなかったから何とか収穫はあった。

撮り始めたときはまだ雲が多めで良かったけれど
そのうちに真夏の青空からたっぷりの太陽光が降り注ぎ
冷夏に慣れていた躰には酷だぁ~、
と音をあげたくなる。

粘ってもなにも良いことはなさそうだし
程々で上がることにして正解。

夜もなかなか気温が下がらなくて難儀したけれど、
関東はこれでもまだ梅雨明けの発表が無いんだそうな。

そりゃないよぉ~!って言いたい気分。





   昔ながらのクロコスミアと、そこに来ていたアゲハさん。
c0305565_17312909.jpg



c0305565_17313843.jpg



c0305565_17315050.jpg





   久々に撮れたジャコウアゲハの男のコ。
c0305565_17320817.jpg



c0305565_17321997.jpg



c0305565_17322960.jpg





   キタテハのお洒落ポイントは、文字通り水色の点々。
c0305565_17324972.jpg





   ヒメアカタテハの、結んで(前)開いて(後)。
c0305565_17331033.jpg



c0305565_17332276.jpg





   モンキチョウって、よく見ればピンクの微細な毛がおしゃれ。
c0305565_17334543.jpg



c0305565_17335478.jpg





   陽射しの弱い時、日光浴をしているベニシジミがいれば・・・、
c0305565_17340987.jpg


   葉っぱの陰で直射日光を避けているコもいる。
c0305565_17342032.jpg
 




  ヤマトシジミの交接。またお邪魔虫しちゃった。
c0305565_17345423.jpg





   ヒメジョオンの花と比べると、小ささが分かるマドガ。
c0305565_17343843.jpg





   深山でない平地にも普通にいる、ミヤマアカネ。
c0305565_17351341.jpg





   単独でいたハートのカメムシ、エサキモンキツノカメムシ。
c0305565_17352329.jpg





   仲良く寄り添っているふたり。背中のハートが語る関係?。
c0305565_17353345.jpg

by h6928 | 2019-07-25 18:50 | 季節もの・夏 | Comments(6)

『大暑』の日に咲いた花


昨日 (07/23 ) は、
曇り後雨のつもりでいたら、
予報に反して晴れてきた。

それならばせっかくの晴天を楽しまねば・・・と
アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンに向かった。

そろそろ極早咲きのヒガンバナが咲き始めたかな?
という密かな楽しみがあったので。

着いた頃の空には入道雲がモクモクと立ち上がり
青い空からは夏の日差しが燦々と降り注いでいた。

そうだ、この日は二十四節気の『大暑』だったのだ。
その日に相応しい暑さも、
去年と違ってむしろ嬉しかったりする。

でもね、ここでちょっとひねくれているのが
その早すぎるヒガンバナと、シュウカイドウやシュウメイギク。
やっと夏の日差しになったのに、
もう秋の兆しが?みたいなね。

ともあれ、夏秋入り乱れての花たちを賑やかに載せてみた。





   ここでは、毎年ずいぶん早く咲くヒガンバナが楽しめる。
c0305565_17413304.jpg



c0305565_17414523.jpg



c0305565_17415839.jpg



c0305565_17421382.jpg





   雨の日も綺麗だけれど、晴天下でもまた美しい、宿根フロックス。
c0305565_17422640.jpg





   ダリアも夏の日差しが嬉しそうに咲いている。
c0305565_17423817.jpg





   晴れた夏の陽に似合うのは、こんな花かな?
c0305565_17425103.jpg



c0305565_17430160.jpg





   だいぶ大きく重そうになったリンゴちゃん。
c0305565_17432026.jpg


   落ちたリンゴを見ても、何の法則も発見できないボクは、凡人。
c0305565_17433028.jpg





   八重咲きカシワバアジサイの、この姿もこの時期ならではの美だね。
c0305565_17434792.jpg





   「我が世の夏」って思っているかな?ヒオウギさん。
c0305565_17440155.jpg



c0305565_17442013.jpg



c0305565_17443153.jpg






   また別のエリアではシュウカイドウや・・・・、
c0305565_17444568.jpg



c0305565_17445639.jpg





   シュウメイギクも咲いていたよ。
c0305565_17450898.jpg



c0305565_17451749.jpg

by h6928 | 2019-07-24 18:24 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 (07/22 ) は
まだ梅雨らしい天気だったけれど、
今週も水曜日辺りから晴れマークが続く
とかの予報が出ていた。

いよいよ梅雨明けかな?ってことで、
長くて薄ら寒かった梅雨を懐かしむように、
梅雨の最後を飾るかのように梅雨らしいものを撮りに
富岡の丹生湖に行ってみた。

相変わらず湖(溜池)は水が抜かれたままで
湖底には雑草が生い茂り、人影はほとんど見えない。

そんなくらいだから
マクロレンズでじっくり撮るには絶好の環境。
心配なのは本降りの雨が降ることだけ。

あえて邪魔な傘は持たずに歩き始めたから、
自分の野生動物としての勘を信じるしかない。
うん、その勘はぴたりと当たって、
撮影中に降られることは無かった。

車に乗ってからの帰りには、しっかり降られたけどね。

それにしても、
今日は予報より一日早く梅雨が明けてしまったような天気。
昨日、これを撮っておいて良かったぁ104.png






   今年はまだアジサイの花が新しく咲いてくる。
c0305565_17370192.jpg





   ヒメヒオウギズイセンからモントブレチアへ、今はクロコスミア。名の変遷
c0305565_17372155.jpg





   曇りの日にマクロで撮ると、しっとりして見えるサルスベリ。
c0305565_17373124.jpg





   こぼれ種から咲いたにしても、凄いね146.png
c0305565_17374110.jpg





   梅雨が明けると姿を消すラミーカミキリも、そろそろ見納めかな。
c0305565_17375497.jpg





   ハグロトンボ♂のお腹は、よく見ると輝いてきれい。
c0305565_17381103.jpg



c0305565_17382138.jpg



c0305565_17383039.jpg





   たぶん、オナジマイマイ。東南アジア原産で世界中に広がったとか。
c0305565_17384918.jpg


   歩ける距離はたかが知れているのに、どうやって拡散できたのかな?
c0305565_17390132.jpg





   これもカタツムリの仲間で、オカモノアラガイ。
c0305565_17391733.jpg


   水生の本家モノアラガイと違って、水辺から少し離れて暮らす。
c0305565_17393064.jpg



c0305565_17393911.jpg



c0305565_17400194.jpg



c0305565_17401923.jpg



c0305565_17402930.jpg


   いる所にはいるもので、こんな‼ うっかり踏みつぶしかねない。
c0305565_17404049.jpg


   殻高は大きくても20㎜ほど。
c0305565_17405187.jpg

by h6928 | 2019-07-23 18:29 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日は朝から蒸し暑く、
日中は雨が降らなかったけれど気温は29℃にも達し、
ちょっと動くだけで汗まみれになるほどだった。

一応選挙には行ってみたものの
投票所もガランとしていて、
こんな陽気では投票に行かない人も多いのだろうな・・・
が正直な感想だった。

結局そんなこんなで
撮影に出るのも気が乗らず
PCを相手にダラダラと家で過ごした。

そんなわけで、今日の写真は
18日に撮ってあった軽井沢レイクガーデンのバラたちに
登場してもらうことにした。

まだ梅雨さなかでもあり
気候も涼しいから爽やかに写ったはず・・・と
自画自賛しておこう105.png

今回もキャプション無しで
花をじっくり眺めていただければ・・・・
ということで。

重い腰をやっとこさあげて行った選挙の投票結果は
開票間もなくすぐに死に票になったことが判明した。

やれやれ・・・群馬は保守が圧倒的に強いからなぁ。
しょうがねぇやぃねぇ~148.png





c0305565_17343627.jpg



c0305565_17342554.jpg



c0305565_17345403.jpg



c0305565_17344510.jpg



c0305565_17350471.jpg



c0305565_17352292.jpg



c0305565_17355842.jpg



c0305565_17361166.jpg



c0305565_17362619.jpg



c0305565_17363915.jpg



c0305565_17370268.jpg



c0305565_17371684.jpg



c0305565_17373428.jpg



c0305565_17375159.jpg



c0305565_17380887.jpg



c0305565_17382874.jpg



c0305565_17384557.jpg



c0305565_17385962.jpg

by h6928 | 2019-07-22 18:09 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)