<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


昨日 ( 02/27 ) は朝から曇り空で、
それでもザゼンソウの群生地に撮りに行くことにした。

目的地に着いてみると、寒い。
我慢して撮り始めても、次第に手がかじかんでくる。
まだ早すぎたのか咲いている数も少なく、
やっちまったな135.pngって感じ。

それでも何とか撮り終えて、早々に引き上げた後、
念のために大室公園にレンジャクを確認に行ってみた。

そのレンジャクさんはまだ来ておらず、
ガッカリしながらもまたまた念のため、
五料沼を双眼鏡で見てみると
幸運なことに、オシドリ男子がカルガモの小群に紛れている。

これこそP1000の試し撮りに相応しい素材‼
ってことで目の前の障害物を避けつつ
ウロウロ移動しながら撮ってみた。

まぁここに来たのも無駄にならずに大収穫。
ついでにジョウビタキ男子も久々に撮れて二重の喜び。

ザゼンソウは明日の掲載分に持ち越しとしよう。






   念のため五料沼を点検すると、オシドリ男子がいた。
c0305565_17441336.jpg


   たった1羽で寂しそうでも、ボクには嬉しい。
c0305565_17443076.jpg


   カルガモの群に混じって付かず離れずでいた。
c0305565_17444766.jpg


   偶然口を開けて鳴いた瞬間が写った。声は聞こえない。
c0305565_17445860.jpg


   カルガモとのツーショット風にも。
c0305565_17450903.jpg


   羽繕いなんぞもしている。
c0305565_17452730.jpg



c0305565_17453653.jpg



   レンジャクが水飲みに降りる辺りを行く。
c0305565_17462417.jpg






   今度はジョビ太くんに出逢えた。嬉しい102.png
c0305565_17463781.jpg


   地上に降りて食べられそうなものを物色中。
c0305565_17464812.jpg



c0305565_17470045.jpg



c0305565_17471148.jpg


   この黄色い杭に止まった後、フェンスの向こうに行ってしまった。
c0305565_17472453.jpg


   もうちょっといてくれたらいいのに・・・・ 後に杭(悔い)が残った?
c0305565_17473594.jpg

by h6928 | 2019-02-28 18:25 | 野鳥 | Comments(10)


昨日 ( 02/26 ) は
ウメにメジロが撮れることを期待して、
いせさき市民のもり公園に行ってみた。

ウメの木は確かにたくさんあって
ほど良い花も咲いてはいたけれど、
ついぞメジロには逢うことは叶わなかった。

それというのも、
今年は特にまたヒヨドリが多くて、
園内を我が物顔に飛び回っているからではないだろうか?
と推測できる

ヒヨドリが相手をしないキジバト、ムクドリ、スズメは
平然と暮らしているけれど、
シジュウカラたちは常緑樹の陰に隠れながら
こそこそと日陰者的な暮らしを余儀なくされていた。

だから、今回は
そのキジバトとヒヨドリをダブルキャストで組んでみた。

カワヅザクラも咲き始めたのに、
来たのがヒヨでは・・・う~ん。






   モミジバフウの実を避けながら地上で餌を探す、キジバトさん。
c0305565_17500412.jpg


   イチョウの梢でまったりと日向ぼっこしているコがいた。
c0305565_17501423.jpg


   別のイチョウでは「デデー ポッポー」と鳴いているコも。
c0305565_17502305.jpg


   池の傍で水を飲んでいるシーンにも出逢った。
c0305565_17503830.jpg


   ハトは他の鳥と違って、嘴を差し込んだままゴクゴク飲める。
c0305565_17504882.jpg






   カワセミのまねっ子? ヒヨさんの水浴びでした(^_^;)
c0305565_17505967.jpg



c0305565_17511145.jpg




c0305565_17512175.jpg


   サクラが咲いてもメジロが来ないのは君のせいだよ、ヒヨドリさん。
c0305565_17514159.jpg



c0305565_17515167.jpg



c0305565_17520193.jpg



c0305565_17521075.jpg



c0305565_17522062.jpg



c0305565_17522908.jpg

by h6928 | 2019-02-27 18:26 | 季節もの・早春 | Comments(2)


昨日 ( 02/25 ) は、何気なくググってみたら、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンが再開したことを知った。

それなら早春の小ぶりな花の試し撮りにちょうど良いか、
ってなことでさっそく行くことに決めた。

今年も回数券を買い求め、
久しぶりに園内を散策しながら被写体を物色する。

やっぱり一番目につくのはスノードロップ。
パンジー&ビオラも豊富だけれど、
まぁそっちは遠慮しといて。

年ここにあることを知って
初めて撮ったキバナセツブンソウは、
今年もしっかり咲いていて、懐かしく再会できた。

気温もぐんぐん上がり、汗ばむくらいになったけれど、
やっぱりまだ薄着になれないのは歳のせいかなぁ・・・?






   P1000はバリアングルでこんな小細工もできる。
c0305565_17464445.jpg


   左下隅にカメラの影が入り込んでしまった。
c0305565_17465426.jpg






   池に映ったギンドロが印象的だったので撮っておく。
c0305565_17471481.jpg


   素直に撮れば、青空に白い幹が映える。
c0305565_17472573.jpg






   本物のセツブンソウが見られないから、キバナで我慢することに。
c0305565_17474654.jpg



c0305565_17475512.jpg



c0305565_17480698.jpg






  園内の随所に見られたスノードロップたち。
c0305565_17482360.jpg



c0305565_17483366.jpg



c0305565_17484359.jpg






   なんと‼スノーでもフレークの方まで咲いていたのにびっくり。
c0305565_17493973.jpg



c0305565_17495125.jpg






   もう大きく膨らんでいた、シデコブシの花芽。
c0305565_17502358.jpg






   撮ってほしそうな顔をしても、すぐに茂みに姿を消したシロハラさん。
c0305565_17503357.jpg

by h6928 | 2019-02-26 18:30 | 植物園 | Comments(4)


もうだいぶ暖かめの日が続いていて、
このまま春が本格化してほしいなぁ・・・との願いも込めて、
昨日 ( 02/24 ) はダメ元で波志江沼に行ってみた。

すでに水鳥は期待薄だけれど、
ここには観賞適齢期になっている若い緑萼梅が数本あり、
花も盛りだとすればあわよくばメジロに逢えるかも。

そんな期待が大いにあってー。

で、そのウメの木を見れば、
確かに花盛りで風が吹けば良い香りが鼻に届く。
だのに、愛しいメジロちゃんはいない。

ここはヒヨドリがいたくさんいて、
どうやらそのヒヨたちの悪漢ぶりが影響していそうだ。

かといってなかなか諦めきれずにしばらく待っていると、
待ちに待ったか細い鳴き声と緑の羽毛が一緒に訪れた。

ウメの花がたくさん咲き誇るのは良いけれど、
それが邪魔をして撮りにくいったらない。
ヒヨが余計なことをしてくれないうちに・・・と
焦りながら辛うじてシャッターを切る。

満足はできないけれど、写ったからまぁ良いか。

案の定、ヒヨたちが押しかけると
メジロちゃんたちは潮が引くように姿を消した。






    コガモさんの、いかにも「男らしい」衣装が誇らしげ。
c0305565_17385584.jpg


   せっかくだから後ろ姿も撮ってあげませう102.png
c0305565_17390408.jpg






   スタイルも姿勢も良い、セグロセキレイさん。
c0305565_17391675.jpg






   野鳥たちに人気のある水道水。伊勢崎の水は美味しいのかな。
c0305565_17394479.jpg



c0305565_17395435.jpg






   ウメは花も良いけど、このような荒々しい樹肌も好いなぁ。
c0305565_17402303.jpg






   青軸緑萼の、ほど良い大きさのウメが満開の花を咲かせていた。
c0305565_17403367.jpg


   待つことしばし、そのウメにメジロちゃんがやってきた。
c0305565_17404852.jpg



c0305565_17405814.jpg



c0305565_17410816.jpg



c0305565_17411762.jpg


   ヒヨたちのお邪魔が入らないうちだけ撮れた。
c0305565_17412750.jpg






   帰りがけに湖面を見ると、神子さん♂が変なポーズで浮かんでいた。
c0305565_17413690.jpg


   しばらく後、このままの体制で動かなくなったので上がる。
c0305565_17415338.jpg

by h6928 | 2019-02-25 18:27 | 野鳥 | Comments(6)


新機種試し撮りシリーズの一環として、
昨日 ( 02/23 ) は動物園ものを撮ろうと、
ずいぶん久しぶりになる
狭山市の智光山公園こども動物園に行ってみた。

風はそれなりに強いけれど、
気温も上がってそれなりの賑わいを見せていた。

中でも驚いたのはサル山のおサルさんたちが
プールに入って遊んでいる光景を目にした時だ。

水だよ!温泉じゃないよ!寒くないの?
なぁ~んて心配ながらも、
それはそれとしてカメラマン魂を発揮して撮る。

当のおサルさんたちは元気いっぱい
水しぶきを上げながら
潜ったりじゃれ合ったりしながら遊んでる。

よく見ると、まだ顔の赤くないこども達ばかりだ。
やっぱりおサルさんも年をとると馬鹿な真似はしなくなるの?
と、我が身を振り返ってそんな感想を抱くのだった。






   本場中国では今年はブタ年。ずずずぃ~っとお引き回しのほどを。
c0305565_17381933.jpg






   プールで遊ぶおサルさんたち、楽しそう。
c0305565_17385075.jpg



c0305565_17390326.jpg



c0305565_17391159.jpg



c0305565_17392183.jpg



c0305565_17393282.jpg



c0305565_17394387.jpg



c0305565_17395351.jpg



c0305565_17400312.jpg



c0305565_17401311.jpg



c0305565_17420728.jpg






   園路にウロウロでも、誰も気づかないサイレントガビチョウさん。
c0305565_17402389.jpg


   よく見ると尾羽の大半が失われてる。
c0305565_17403272.jpg






   ラストはコクチョウさんカップルのハートで〆157.png
c0305565_17404219.jpg

by h6928 | 2019-02-24 18:07 | 動物園 | Comments(4)


昨日 ( 02/22 ) も
一頃の厳しかった寒さからは開放され、
新機種の試し撮りは春ものを写そうと、
ぐんまフラワーパークに行って
お花なんぞを撮ることにした。

本当は花そのものよりも、
虫さんが写せるかを試したいのだけれど、
小さな花が撮れればその花くらいの
チョウやトンボは大丈夫だろうと、
凡その見当はつくはずだ。

P900では1cm接写ならできるのに、
肝心のチョウやトンボはダメだった。

そこに大きな不満があったので、
どこまで改善されているか?興味があった。

スノードロップやクロッカスが離れて撮れることが実証され、
うん、これならシロチョウ科くらいなら全く心配なさそう
タテハチョウ科クラスならバッチリかも‼と期待は膨らむ。

24mmから3000mmまで楽しく撮れそうで
しばらくはこの機種ばっかりがお供になりそうだ。






   寒さを耐え抜いたスノードロップが嬉しそう。
c0305565_17421589.jpg


c0305565_17431439.jpg






   露地植のクリスマスローズも元気いっぱい。
c0305565_17432740.jpg



c0305565_17433667.jpg






   春の兆しの見える地面では、黄色いクロッカスが天に向かって花咲かす。
c0305565_17434831.jpg







   黄色い花でも、樹の花でソシンロウバイも撮ってみる。
c0305565_17435880.jpg






   八重の白梅を広角接写で撮ってみた。
c0305565_17442519.jpg


   枝垂れ梅も味わい深いなぁ。
c0305565_17443759.jpg


   確か毎年写しているはずの『故郷の錦』。
c0305565_17444960.jpg


   ウメは木姿も味わうべきだよね。
c0305565_17450026.jpg






   暖かくなったからか、ピンクのアセビが一気に咲いちゃった。
c0305565_17451842.jpg



c0305565_17452799.jpg






   八ッ場ダムに沈むところを救われた桜が、移植されていた。
c0305565_17453708.jpg






   水温む池で、錦鯉さんも恋のささやきかな?
c0305565_17454889.jpg

by h6928 | 2019-02-23 18:38 | 植物園 | Comments(2)


昨日 (02/21 ) は新機種試し撮りの第二弾として、
多々良沼で撮ることにした。

気温は程々暖かいのだけれど、
北西の風がやたらと強く、そのためか鳥影もまばら。

ハクチョウたちは
ガバ沼と本沼の奥の方に見えるけれど、
撮りたくなるような動きは全くない。

だだっ広い本沼の真ん中あたりに
カンムリカイツブリがところどころに浮かんでいて、
それを狙って撮ってみたけれど、躰ごと風に揺すぶられ、
さしもの手ぶれ防止装置も充分に効果を発揮してくれない。

それに人間もストレスが増すばかりだから
なるべく風当たりの弱いところで撮ることにする。

で、木立ちの南側に移動して目の前にある葦原を注視すると、
何やら小鳥が数羽忙し気に飛び交っているではないか。
こんな時こそ新機種の出番!ということで、
ファインダー越しに見ればオオジュリンでだった。

今回は主にそれを中心に撮ってみた。

彼らはヨシの茎に潜む
ビワコカタカイガラモドキというカイガラムシを
探しては食べているのだとか。

どうせならいつか、その虫も撮ってみたいものだ。






   はるか遠くのカンムリカイツブリを撮る。
c0305565_17454150.jpg


   手ぶれ防止装置も強風では効果を発揮しにくいなぁ。
c0305565_17455017.jpg






   思案顔しているように見えたダイサギさん。
c0305565_17461118.jpg






   セグロセキレイが芝生で何か見つけた。
c0305565_17462325.jpg






   ヨシの枯れ茎で食べ物を探すオオジュリンそれぞれ。
c0305565_17463730.jpg



c0305565_17464917.jpg



c0305565_17465869.jpg



c0305565_17470791.jpg



c0305565_17471744.jpg



c0305565_17472732.jpg






   ガバ沼ではアメリカコハクチョウが2羽見られた(それぞれ別のコ)。
c0305565_17473935.jpg



c0305565_17474747.jpg






   2月22日はネコの日ということで、ネコちゃんは欠かせないよね。
c0305565_17475940.jpg



c0305565_17480803.jpg



c0305565_17481854.jpg

by h6928 | 2019-02-22 18:21 | 野鳥 | Comments(2)

新機種 P1000の試し撮り


昨日 ( 02/20 ) はよく晴れて気温もぐんぐん上がり、
群馬県では高崎と桐生で20℃さえ超えたとの発表があったほど。

で、新機種P1000の試し撮りとしては、
まず想定していたのは寺沢沼のミコアイサ。

光学ズームだけで3000mm相当の超望遠が効くとのことだから、
デジタルズーム無しで撮ってみる価値は充分あった。

勇躍、行ってみたところ、なんと‼
カモがほとんどいない‼どうしちゃったのだろう?
図太そうなマガモが数羽、辛うじて見える。

さっそくP1000で覗いてみると、
よくよく探してミコ女子が2羽見えた。
これでは・・・・女子には申し訳ないけれど、
白い鳥のディティールが良く描写できるかを知りたかったので
そこはパスすることにした。

で、次に大室公園に行けば何かしら撮れるだろうと、転進した。
そこではシジュウカラたちがヨシの枯れた茎で食べ物探しをしていて、
それを中心に撮ることができた。

P900では何かとかったるく感じた動きが、
新機種ではだいぶ賢く改善されていて、
ストレスなく撮れたのが嬉しい。

おまけに、
21日の1時ちょっと前くらいに最も大きくなるという、
スーパームーンを、そこまで待てなくて
20日の22時過ぎに撮ってみた。

「月モード」なんてあるのが面白い。






   まずは動きの少ないツグミから試してみる。
c0305565_17391535.jpg






   パッと飛び出し、生け垣に止まったスズメを素早くキャッチ。
c0305565_17392633.jpg






   地上で主にエノキの実らしいのを食べる、シメさんたち。
c0305565_17394843.jpg



c0305565_17395765.jpg



c0305565_17400919.jpg






   ヨシの枯れた茎で食べ物探しの、シジュウカラたちが可愛い。
c0305565_17403673.jpg



c0305565_17404626.jpg



c0305565_17405624.jpg



c0305565_17411124.jpg



c0305565_17412010.jpg



c0305565_17412846.jpg



c0305565_17414438.jpg



c0305565_17415414.jpg






   五料沼の中ほどに浮かぶカイツブリを引っ張ってみた。
c0305565_17420980.jpg






   遠くに見えた紫色は、ホトケノザの群落だった。
c0305565_17422188.jpg






   「月モード」でスーパームーンにも挑戦。
c0305565_17423110.jpg

by h6928 | 2019-02-21 18:20 | 野鳥 | Comments(6)


昨日 ( 02/19 ) は、
予報より早めに天候が崩れて、
午前中にはもう雨が降り始めた。

ちょっと出ばなをくじかれた感じで、
撮影意欲も減退・・・・。

どうせならこの際と、
前からどうしようか迷い続けていた、
カメラを思い切って買いに行こうと決心した。

そして念願のP1000を手に入れてから、
その余勢をかって群馬の森にも行ってみた。

道中もずっと雨だったけれど南西の空が明るく、
この分なら晴れなくとも雨は上がってくれそう・・・・。

その予感が的中し、着いた頃には雨も上がって
運動も兼ねて公園内を一回りしながら撮影もする。
雨上がりのしっとりした風情は久しぶり。

そこそこ撮れたので上がり、帰る道中ではまた雨になっていた。
まるでボクが写真を撮るために止んでくれたみたいじゃないか。

そうして、帰ってからは
新しいカメラをいじる楽しみが待っていた。

このところ「ワクワクする」ことがまるで無くなっていたので、
たまにはこんな刺激もないと一気に老け込んでしまいそうで、
その恐怖からはこれで当分逃れられるかな?






   ウメの花は、こんな5弁の一重が奥ゆかしくて良い。って個人の感想。
c0305565_17453737.jpg



c0305565_17454781.jpg






   ロウバイはもう終わりかけているけれど、マンサクは今が盛り。
c0305565_17455869.jpg



c0305565_17460757.jpg
 





  アオキの実は、もうちょっと前のグラデーションがある方が好き。
c0305565_17461799.jpg



c0305565_17462638.jpg






   このビオラはどうもオヤジのしかめっ面に見えてしまう。
c0305565_17464096.jpg



c0305565_17464932.jpg






   ハンカチノキの冬芽もそろそろ動き出しそう。
c0305565_17470326.jpg






   カワヅザクラはちょっと前に咲いたのが傷んでいて、これからが楽しみ。
c0305565_17471294.jpg






   ナズナも伸び上がって、実をいっぱい付けている。
c0305565_17472244.jpg







   ホトケノザは晩秋や真冬にも咲くけれど、やっぱり春の方が良い。
c0305565_17473189.jpg






   秋から次々に咲き続けている、素朴なサザンカ。
c0305565_17474924.jpg






   ヒマラヤスギの幹では、雨で生気を取り戻したコケが綺麗。
c0305565_17474111.jpg

by h6928 | 2019-02-20 18:39 | 季節もの・早春 | Comments(4)


昨日 ( 02/18 ) は久しぶりに
気温も上がって春らしくなった。

それでも寒さにやられ続けた老体には、
急に薄着にはなれなくて、
いつもと同じ服装のまま大塩湖に撮りに行った。

湖(溜池)の水は
半分以下とも思えるほどまでに抜かれていて、
水鳥たちを写すのはちょっと遠すぎかな。

それでも運は我を見放したりせず、
むしろ助け舟を出してくれた。
割と近くでエナガちゃんを撮ることができたのだ。

もう巣作りのシーズンに入っているのだろう。
クモの巣やコケをくわえているコが撮れた。

あまりにも近くまで来てくれちゃうと、
最短撮影距離の内側になってしまって、
オートフォーカスが行ったり来たりの大パニックで、
正常に復帰させるのが大変なことになる。

そんな嬉しい悲鳴がでるほどで、
撮るのを忘れて肉眼で見とれていたりもする。

他に、たまたま通りかかったところに、
演出のための小道具をセットして
ルリビタキを撮っている団体さんがいて、
行きがかり上お付き合いで撮ることになった。

一応撮れたけれど、
これは自分の領域じゃないなぁ・・・・と思う。






   もうそろそろ繁殖期かな。ラブラブなオオバンカップルがいた。
c0305565_17362439.jpg






   飛び立ったアオサギの翼に、自分の影が映ってる。
c0305565_17364065.jpg


   本体、映り込み、影、の三位一体写真は久しぶり。
c0305565_17365255.jpg






   サクラの木に止まったエナガちゃん、何か見つけた?
c0305565_17370716.jpg


   ふかふかなクモの巣を口にくわえすぐに姿を消した。
c0305565_17371664.jpg


   こちらでは、ゲットしたコケをくわえて、自慢げ?にいろいろポーズ。
c0305565_17372963.jpg



c0305565_17374236.jpg



c0305565_17375302.jpg



c0305565_17380321.jpg



c0305565_17381435.jpg



   この後、営巣中の愛の巣へ向けて姿を消した。
c0305565_17382465.jpg








 セッティングしてルリビタキを撮る集団のお相伴に与った。


   セットされたミルムシを狙ってホバリング。
c0305565_17383743.jpg


   そして、キャッチした瞬間が写った。
c0305565_17384608.jpg


   ミルムシをくわえたまま飛び去る。
c0305565_17385512.jpg

by h6928 | 2019-02-19 18:22 | 野鳥 | Comments(4)