<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


昨日の記事で
すでに昨日のことは載せてしまったので、
今日は簡潔にしておこう。

撮影は昨日 ( 06/29 ) であることは、念のため。

暑くなりそうな予感があったので、
少し涼しそうな群馬県憩の森で過ごすことにした。

そこで撮れたものたちが今回の題材。

中でも面白いと思ったのはオオカギバというガで、
これは初見だったのだけれど、マジマジ見るほどに魅入られる。

何しろ、翅の外縁に沿ってこちら向きの可愛いペンギンが並んでる。
こんな面白いガの存在があるんだ‼そのことにビックリ。

この幼虫の食草はウリノキとのことで、
そう言えばここはウリノキがいっぱいある。

とても素敵な出逢いがあったのだった113.png





   晴れた空に白い雲、そしてノリウツギ。この日梅雨が明けた。
c0305565_17433745.jpg





   おやもう!?キツリフネが咲いていた。
c0305565_17440034.jpg


   正面側からも撮ってみた。
c0305565_17441019.jpg





   双子は珍しいハナイカダの実は、まだ緑色。
c0305565_17442299.jpg





   ヘーゼルナッツの親戚、ツノハシバミの若い実。
c0305565_17443449.jpg




   オカトラノオに来ていたスジグロシロチョウ。
c0305565_17444752.jpg





   まだ生えたてほやほやのギンリョウソウたち。
c0305565_17450429.jpg



c0305565_17451479.jpg



c0305565_17452540.jpg



c0305565_17453513.jpg





   オオカギバの翅の後縁に何と!ペンギンがいっぱい並んでた‼
c0305565_17454672.jpg


   他のコマからアップに。ペンギンが判るかな?
c0305565_17455705.jpg

by h6928 | 2018-06-30 18:32 | 季節もの・夏 | Comments(6)

今日は朝からよく晴れて気温もぐんぐん上がった。

出先から帰る午後の車の中で、外気温表示が36℃、37℃、
我が家近くになって38℃を表示したのには本当にびっくり‼
でも駐車場に止めたときには36℃になっていたのでホッとした。

とは言うものの36℃だって充分暑すぎる。
家に入って温度計を見ると35℃を表示している。

テレビを点けると、「関東地方は梅雨明けしたもよう」と告げていた。
えぇ~、まだ6月だよ‼前代未聞‼
どうりで梅雨明け直後みたいな天気と気温だったのだ。

今年の夏は暑いと予想されているけれど、
これがどこまで続くの???

ってことで、今日載せる写真は、箕輪城跡で昨日撮ったもの。





   イタドリの花にルリシジミがいるのを発見。粘って少し撮れた。
c0305565_17461125.jpg



c0305565_17462174.jpg



c0305565_17463378.jpg





   まだ咲いているタンポポに、ベニシジミが執着していた。
c0305565_17464517.jpg



c0305565_17465566.jpg





   咲き残っていたハルジオンに、ヤマトシジミ女子が来ていた。
c0305565_17472700.jpg





   ヒメジョオンで吸蜜しているのは、スジグロシロチョウ。
c0305565_17470608.jpg




   ボクの腕に止まって、血を吸おうとしている蚊。
c0305565_17475567.jpg





   マタタビは、花は終わり実が大きくなっていた。
c0305565_17481672.jpg





   サンショウの実は、収穫するならこのくらいがベストかな。
c0305565_17482552.jpg





   朽ちて行く切り株に、杉の子が芽吹いて育ちつつある。 
c0305565_17484105.jpg





   ハンゲショウの白くなった葉と、下から咲き上がる花序。
c0305565_17485267.jpg





   去年のこぼれ種から生えたコスモスに、花がちらほらと。
c0305565_17490633.jpg



c0305565_17491558.jpg

by h6928 | 2018-06-29 18:32 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日 ( 06/27 ) も曇り空でも蒸し暑く湿度も高めだから、
噴き出した汗が乾きにくく著しく不快に感じる。

それでも、午後、ちょっと撮影に出てみた。
不要不急な外出は控えた方が良いとかTVでは言うけれど、
一応気を付けるべきことは気をつけてね。

今回は三ツ寺公園の駐車増に車を置いて、
近くの農道辺りを歩いてみた。

今頃は田んぼに水が入る頃で、
畦道に咲いているヤブカンゾウが撮りたかった。

が、まだ少し早過ぎたようだ。
水の入った田んぼはまだ一部だし、ヤブカンゾウの緋色は全くない。

汗を拭きふき、水分補給もしながら歩いても消耗するだけ。
そのうち集中力も切れて来るから、撮影に実も入らない。

ほとほと疲れ切ったところで
何とか1輪だけ咲いていたヤブカンゾウを見つけ、
それを撮ったのを潮時に、この日の撮影はお開きってことに105.png





   三ツ寺公園では目ぼしいものも無く、ノリウツギでも撮っておこう。
c0305565_17511845.jpg




   空は曇り空でも、まぁ一応抜いてみようって。
c0305565_17513537.jpg


   背丈の低いのもあったので、その花も撮ってみた。
c0305565_17514680.jpg





   無造作に生えて咲いていた、インドハマユウ。
c0305565_17522133.jpg


   アップに耐えるきれいどころを選んでみた。
c0305565_17523104.jpg





   杖で知られるアカザも、若葉が紅いアカザは案外少ない。
c0305565_17525299.jpg





   こちらはそれこそどこにもある、シロザ。
c0305565_17531654.jpg





   いっぱい見かけたアガパンサスの中から、選考後これが残った。
c0305565_17533507.jpg





   ツルバギアはもっとピンクっぽく見えたのに、写真ではこうなった。
c0305565_17535081.jpg





   グラジオラスは遠くからも目立っていて、つい誘われた。
c0305565_17540196.jpg





   実は不作なエゴノキで、エゴノネコアシは見られた。
c0305565_17541425.jpg





   やっと一輪だけ、咲いているヤブカンゾウを見つけた。
c0305565_17542679.jpg

by h6928 | 2018-06-28 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/26 )は朝は晴れていたけれど、
午後には明るい曇り空で、湿度も高いせいか蒸し暑くなった。

それでも性懲りもなく撮影には出掛ける。

前にアンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ったとき、
もうすぐ咲きそうだったアーティチョークが気になっていたので、
それだけは確認したかったので、また行ってみた。

バッチリ咲いていた。

前に見たときのツボミはもう咲き終えていて、
みすぼらしくなって項垂れていた。
まるで自分を見るようで可愛そうにも思えたが、
まぁ、誰でも時は逆回転させられないから、
しょうがねぇ~やぃね。
と久々に上州弁も飛び出す(;^ω^)

後から咲いてきたのがあって良かった良かった。

蒸し暑い中、汗を拭きふき他の花もとれて、
行った甲斐はあったから、結果オーライってことで105.png




   アーティチョークの三つのタイプの花がそれぞれ見られた。
c0305565_17501801.jpg



c0305565_17503109.jpg



 
c0305565_17504248.jpg





   ドイツトウヒの未熟な「松ぼっくり」。先っぽにヤニが見える。
c0305565_17512186.jpg


   その松脂にぐっと近寄ってみる。
c0305565_17513179.jpg





   ヤマアジサイは、咲き終えて装飾花が裏返っていた。
c0305565_17520373.jpg





   ホタルブクロはまだまだ咲き続けている。
c0305565_17514978.jpg





   蒸し暑かったので、この色にずいぶん癒された。
c0305565_17521230.jpg





   シナノキでは、実が育ちつつあった。
c0305565_17522940.jpg





   早くももう、シュウカイドウのハートが見られた。
c0305565_17524765.jpg





   このアキアカネは、まだ高原に避暑に行く前なのかな?
c0305565_17525964.jpg





   ピンクのモナルダに、忙し気なクロアゲハが一瞬立ち寄った。
c0305565_17531246.jpg

by h6928 | 2018-06-27 18:47 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 06/25 ) は猛暑日になりそうな晴天だったので、
良い機会だし、年パスもあることだしと、
赤城自然園で過ごすことにした。

標高は700mほどのところにあり平地よりは涼しいはず。

で、実際に行ってみると気温はそれでも30℃くらいはあって、
思ったよりは高めではあった。

そして、花は目ぼしいものは咲き終えて、
レンゲショウマにはままだまだ先・・・という状態。

健康のためとか自分に言い聞かせながら、
無理をしないで歩き回ったけれど、やっぱり収穫は乏しい。

標高が高くても暑い日は暑いなぁ・・・とか感じたけれど、
帰って来た我が家では、33℃もあって、夜になっても30℃が続いた。
群馬県では猛暑日が3か所で記録されたとか。

赤城自然園はやっぱり涼しかったんだね。
正当に評価してあげなければ・・・と反省。





   林内にひっそり咲くヒメサユリ。
c0305565_17582698.jpg



c0305565_17583986.jpg



c0305565_17584980.jpg


   こんなに色白の花色もあるんだね。
c0305565_17585849.jpg





   咲くのが待ち遠しい、レンゲショウマのツボミ。
c0305565_17591791.jpg





   オオバギボウシは園芸品種も多く、これもその内かな。
c0305565_17593555.jpg





   ヤナギランの咲く場所は、日当たりが良くて暑かった。
c0305565_17595040.jpg



c0305565_18000039.jpg





   ニワトコの実が赤く色づいている。
c0305565_18001448.jpg





   果実にも腺毛が目立つから、ミヤマウグイスカグラだろうか。
c0305565_18002483.jpg





   モリアオガエルの泡状卵塊。ここで見られるって意外‼
c0305565_18003484.jpg


   反対側からも撮ってみた。
c0305565_18004530.jpg

by h6928 | 2018-06-26 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 06/24 ) は前日の雨による湿気もたっぷりな、
蒸し暑い晴天になった。

そんな時はやっぱり緑の多いところで過ごすのが良いよね。
って、まぁ大概はそういうところで過ごしているのだけれど、
緑を求めて、近場で高崎市の染料植物園で撮ることにした。

日曜日でも入園者も少なく、
誰にも邪魔されることなく撮れるのが嬉しい。

起伏の多い園内を汗を拭きふき歩き回ると、
けっこういい運動になる。

冬の間に貯め込んだ内臓脂肪を少しは燃焼させられたかな?
って、帰ってから体重計に乗るのが楽しみでもあり恐怖でも137.png

結果?ヒ・ミ・ツ。




   今年は初撮りのオカトラノオ。正面からセンター外しで。
c0305565_17365469.jpg


   月並みに横からも撮っておこう。でも、斜に構える111.png
c0305565_17370726.jpg


   この花には、キマダラセセリが訪れていた。
c0305565_17372367.jpg





   ユスラウメは、雨の日にこそ撮りたかった。
c0305565_17374322.jpg





   ナツツバキの花は、外側のフリフリが乙女チックだね。
c0305565_17375682.jpg


   落ちてなお、地上を彩る健気さ。
c0305565_17380771.jpg





   午後だったけれど、ネムノキの花もまだ綺麗。
c0305565_17385951.jpg



c0305565_17390974.jpg





   染料植物園では、この時期ベニバナは欠かせない。
c0305565_17391892.jpg





   ヒメジョオンは地味だから、イモカタバミでバックアップ。
c0305565_17393999.jpg





   今年はようやく巡り合えたネジバナを初撮り。
c0305565_17395258.jpg


   とても良くねじれているネジバナをアップで。
c0305565_17400358.jpg





   おっ‼ こんなところに6本脚のタコが!?
c0305565_17401694.jpg


   その正体は・・・? クチナシの古くなった蕊でした (^-^)
c0305565_17403226.jpg

by h6928 | 2018-06-25 18:28 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

雨の日には雨を撮ろうと


昨日 ( 06/23 ) は前日と一転また梅雨らしい天候に戻った。

午後3時過ぎに降るだろうとの予報がちょっと外れて、
午前中にはもう雨が降り始めていた。

そうか・・・・それなら雨の写真でも撮ろうか、
と決めて、午後に群馬の森に行ってみた。

ここはアジサイも適当に植えられているし、
雨を撮るには向いていると、前から目を付けていたしね。

実際行ってみると、予想したより雨はしっかり降っていて、
ちょうど行った時間帯が一番降り方が強かったようだ。

それで、濡れるのは嫌だから、
横着をこいてカメラは何から何まで全自動で撮ってみた。

今までこんなことはしたことが無かったけれど、
出来てみれば全自動って良いじゃん‼見直したなぁ。

ヘタにいじらない方が良いの?
ボクの培ってきた技法って何だったの?
って、かなり凹んだことも事実だ。





   傘の向こうの雨脚を写したかった。
c0305565_18121814.jpg





   池の水面に絶え間なく、いくつもできる水紋。
c0305565_18120968.jpg





   いつもは乾いた色のベンチも光っている。
c0305565_18120007.jpg





   ヤマツツジの葉っぱの上で、このコはじっと耐えていた。
c0305565_18113725.jpg





   アガパンサスも雫をまとう。
c0305565_18112521.jpg





   アジサイたちもしっとりと、濡れた姿も麗しい。
c0305565_18110802.jpg



c0305565_18105158.jpg



c0305565_18103702.jpg



c0305565_18102507.jpg



c0305565_18100562.jpg



c0305565_18095571.jpg



c0305565_18094360.jpg



c0305565_18093291.jpg



c0305565_18091780.jpg
あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
by h6928 | 2018-06-24 18:53 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)


昨日 ( 06/22 ) は梅雨の晴れ間を利用して、
某高原にチョウなどを求めて行ってみた。

残念なことに捕虫網を持った輩がうろついていたので、
場所は明かさないことにしよう。

花も虫も端境期かな?と思うくらい、
花はほとんど咲いておらず、虫たちも姿を見せてくれなくて、
まぁ涼しい風を感じながら青空のもとで過ごせれば良いか・・・。

半ば諦めかけていたら、遅くなってから色々出てくれて助かった。

最初に、テングチョウとセセリちゃんを助けてあげたから、
それが犍陀多くらいの善行にはなったのかな?
お釈迦様が救いの手を差し伸べてくれたのかもしれないな。
ここは地獄じゃなかったけれど。





   古い建物に閉じ込められていたテングチョウ。
c0305565_17531468.jpg



c0305565_17532510.jpg





   こちらはヒメキマダラセセリかな。撮影後両者とも解放してあげた。
c0305565_17533903.jpg



c0305565_17535064.jpg





   アキアカネは高原に避暑。秋までのんびり、良いなぁ。
c0305565_17543929.jpg





   このシジミちゃんはアサマ?それともヒメかな?
c0305565_17550152.jpg



c0305565_17551179.jpg





   ヤマキマダラヒカゲは、日光浴中。
c0305565_17552380.jpg





   この時期にウスバシロチョウを見るとは153.png
c0305565_17554971.jpg



c0305565_17560318.jpg




   思いがけずヒョウモンチョウにも出逢えた。
c0305565_17561946.jpg



c0305565_17562976.jpg



c0305565_17564378.jpg



c0305565_17565610.jpg



c0305565_17570632.jpg

by h6928 | 2018-06-23 18:35 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)


昨日 ( 06/21 ) は夏至なのに太陽が顔を見せてくれなくて、
一年で一番昼間の長い日を損したような気分。

でもね、明るめな曇りで雨は降らなかったから、
花の撮影にはむしろ良いかな?ということで、
伊勢崎市のヒロコドリームガーデンに撮りに行った。

3年前から毎年一度は訪れている場所でもある。

ここは普通の主婦が趣味で植え始めた
ヘメロカリスが庭いっぱいになり
この時期だけ
オープンガーデンとして無料開放している花園だ。

希望者には苗の販売もしているので、
嬉しそうに連れ帰る人も多かった。

またここでは、
咲き終えた一日花を丁寧に摘み取っているので、
萎れた昨日の花が写らないのが、
ボクのような写真を撮る人にもありがたい。

さらに、ほとんど全てに近い花に、名札が付いているのも良い。
今回はその名札も一緒に撮って来たので、
そのままの表記で載せることができた。





   ① ヒュームスインザサン
c0305565_17505509.jpg



   ② トロジャンゴールド
c0305565_17512067.jpg



   ③ ワンダーオブイットオール
c0305565_17522948.jpg



   ④ ウィンタートレジャー
c0305565_17524329.jpg



   ⑤ スクリーミンググリーン
c0305565_17532983.jpg



   ⑥ ヘミングウェイ
c0305565_17540572.jpg



   ⑦ カリビアンラベンダーサイズ
c0305565_17543276.jpg



   ⑧ ペイントタウンザレッド
c0305565_17552163.jpg



   ⑨ カリビアンダークビクトリー
c0305565_17555856.jpg



   中ほどからの園の雰囲気も。
c0305565_17563275.jpg



   ノウゼンカズラ越しに。
c0305565_17564767.jpg



   他にもいくつかまとめてみた。(大きくなります)
c0305565_17570146.jpg

by h6928 | 2018-06-22 18:40 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

碓氷湖で 昨日の続編


今日は夏至ということで、
一年でもいちばん昼が長い日だった。

でも、日の出も日没も雲に邪魔されて見られない。

明日からはもう徐々に昼が短くなって行くはずだから、
せっかくの長いはずだった日がもったいない・・・。
さらに今年ももう後僅かで後半に突入か・・・。
(ココロサビシクナリマスル)

なんかねぇ、年を経るごとにこんな感覚が、
夏至を迎えるごとに強まるボクなのだった。
老い先短いからかなぁ?なんてネガティブ志向だね。

で、昨日は一日雨だったから写真を撮ることさえ諦めて、
今回のは碓氷湖ものの続編で。

虫がたくさん登場するので苦手な方はご用心を148.png





   山で見るヤマアジサイは、野趣にあふれる素朴な姿。
c0305565_17480561.jpg





   赤い実を久しぶりに見た、クマイチゴ。
c0305565_17481867.jpg





   一瞬真っ赤なチョウかと思ったら、ミドリヒョウモン男子だった。
c0305565_17483904.jpg





   ここでの常連さん、デーニッツハエトリ。この日は小さなコだっけだった。
c0305565_17485511.jpg



c0305565_17490853.jpg



c0305565_17492516.jpg



c0305565_17493849.jpg





   マルウンカにまた逢えた。左の変な奴は誰だろう?
c0305565_17500250.jpg


   顔の方もかろうじて撮れた。
c0305565_17501320.jpg





   これも珍妙な虫さん、その名はミミズク。
c0305565_17503105.jpg



c0305565_17504612.jpg


c0305565_17505526.jpg


   左手甲の、中指付け根関節に乗った、手乗りミミズク102.png
c0305565_17510995.jpg





   顔に自信があるのか、撮ってほしそうな?! マガリケムシヒキ。
c0305565_17511894.jpg

by h6928 | 2018-06-21 18:40 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)