<   2018年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ガーデンで春告げ花


昨日 ( 02/24 ) は気分を変えて久々に、
アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンに行ってみた。

21日に冬期休園期間が明けるはずなので、
もういい頃合いかな、と。

この日は太田市の平坦地は北西の風が強かったけれど、
園はけっこう高い木に囲まれているせいか、
入ってみると意外に静かだった。

まだ来園者も少なくて、ほぼ貸し切り状態。

大きく目立った花はまだ見られないけれど、
可憐な春を告げる花が咲いていて、
着実に春が近づいていることを知らせるかのよう。

しばし時を忘れてのんびりとその花たち撮るっていると、
ドーパミンが湧き出してくるような気になるのだった。

ドパドパと・・・なんて、
またオヤジぶりが出てしまうのも困ったもんだけど105.png




   キバナセツブンソウが咲いていた。
c0305565_17414107.jpg





   ヨーロッパ原産、プリングエフェメラルの代表種。
c0305565_17415683.jpg





   園内のそこかしこに、さりげなく咲いている。
c0305565_17421510.jpg





   やっぱり、この黄色は春を告げる色だねぇ。
c0305565_17423191.jpg





   錦糸卵がいっぱい、って感じでマンサクも花盛り。
c0305565_17431185.jpg





   こちらは赤っぽい、シナマンサクかな?
c0305565_17432963.jpg





   スイセンの黄色も春の象徴みたい。
c0305565_17435091.jpg




c0305565_17435900.jpg





   クロッカスは三色がちらほら咲き始めていた。
c0305565_17441634.jpg




c0305565_17442508.jpg




c0305565_17443417.jpg





   スノードロップは白い花。かなり大きな集団も見られる。
c0305565_17450898.jpg




c0305565_17452384.jpg




c0305565_17454042.jpg




小さい春、みーつけた!



by h6928 | 2018-02-25 18:33 | 季節もの・早春 | Comments(1)

今日の主役はシメさんで


昨日 ( 02/23 ) もまた大室公園にしつこくも撮りに行った。

イカルの群れをもう少ししっかり撮りたくて、
カメラもコンデジから一眼レフに代えて、
重たい望遠ズームも用意した。

そして、誰も関心を示さないところでこっそり撮り始めると、
ボクが何かを撮っていると気づいた人が何人もいて、
四方八方から望遠レンズ付きカメラを構えて忍び寄って来る。
ヤバいなぁ、この展開・・・・。

そう、各個人個人は統制が取れていないので、
あっという間に鳥たちは散ってしまう。
これが何度か繰り返されると、イカルたちは姿を消してしまった。

あ~あ、こっちが怒るわけにもいかないし・・・・最悪の展開。

ちょっとだけ警戒心のゆるいシメだけは、
比較的逃げずにいてくれて、何とか撮れたから、
今日はシメ中心の編集にしてみた。





   まずはドォ~ンと、偉そうなツグミさんで、掴みはOKかな?!
c0305565_17554459.jpg





   小さな種を見つけたシジュウカラさんも撮っておくね。
c0305565_17555817.jpg





   人が近寄るたびに木の上に避難するイカルさん。
c0305565_17561041.jpg





   舗装された園路で、思案顔のイカルさん。
c0305565_17562170.jpg





   イカルさんを狙っていたら、手前にシメさんも入ってしまった。
c0305565_17565753.jpg





   今日のシメさんシリーズは、枝止まりから。
c0305565_17564051.jpg





   地上のシメさん、5連発!!
c0305565_17571533.jpg




c0305565_17573203.jpg




c0305565_17574441.jpg




c0305565_17575509.jpg




c0305565_17582180.jpg





   水を飲みに来たヒレンジャクさん発見!!
c0305565_17584024.jpg





   一番大事なシーンがこれでは台無しじゃぁ~。
c0305565_17585156.jpg





   飲み下すときは上を向いて~。
c0305565_17591597.jpg

by h6928 | 2018-02-24 18:37 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 (02/22 ) も大室公園に行ってみたけれど、
状況は一昨日とそう変わっていなかった。

やっぱり午前中の方が良かったという声があり、
もねぇ、午前中には色々無理があるし、
結局いつもの時間になってしまう。

前日と同じ場面ばかりを何枚も撮っても仕方ないからと、
その辺をちょっとブラブラしていると、
ざっと見て50羽ほどのイカルの群れがいるではないか!

落葉の中の木の実を探して、地上でカサコソやっているのだった。
双眼鏡でよく見れば、シメも混じっている。

そうだ、今日はこれにしよう、ってなものでイカル撮りに変更した。
思わぬ拾い物で大助かりだった。

それにしても、落ち葉の中の小鳥撮りってけっこうロスが出る。
ピンぼけやらカメラブレやら失敗したコマがテンコ盛り。
後で削除するのが大変だ。





   50羽ほどのイカルの群れがいるのに気づいて、撮ることに。
c0305565_17403837.jpg





   全体を撮ると何だかわからなくなるので、このくらいが良いところかな。
c0305565_17405232.jpg





   群れの中にはシメも混じる。右手前のイカルはちょうど跳ねたところ。
c0305565_17411736.jpg





   シメはちょっと地味ながら、良く見れば綺麗かも。
c0305565_17414832.jpg





   群れは時々場所を変えて、餌探しに余念がない。
c0305565_17413209.jpg





   樹の根元に溜まった水を飲みに、入れ代わり立ち代わり賑やか。
c0305565_17420068.jpg




c0305565_17420894.jpg




c0305565_17421804.jpg




c0305565_17423535.jpg




c0305565_17424699.jpg





   ヒレンジャクが水辺に降りて来た。寒そうに膨らんでいる。
c0305565_17425776.jpg




c0305565_17430535.jpg

by h6928 | 2018-02-23 18:21 | 野鳥 | Comments(2)


今日は2月22日で、
2が三つ続いてニャンニャンニャンってことで、
ネコの日という。

それならば、と
18日に前もって多々良沼公園にネコちゃんを撮りに行って、
この日のための準備をしておいた。

そう、満を持して登場となったネコちゃんの写真なのだけれど、
わざわざ撮りに行ったわりにはあまり数も個体も撮れなかったので、
ちょっと内容的に寂しいかな。

この日は北風が強くて、
防寒服を着ていないネコちゃんたちだから、
よほど寒さに平気なコしか出てこなかったようだ。

風に負けなかったネコちゃんを見て、
邪に負けないようにしましょう(*^-^*)
なぁ~んてオヤジギャグで〆ようか。





   最初に出逢ったのはこのサクラネコ。左耳切れ込みの、元男子。
c0305565_17494675.jpg



c0305565_17495624.jpg





   このコはまだ避妊措置がまだのようで、新顔かな?
c0305565_17500733.jpg



c0305565_17501721.jpg





   このコは以前撮ったことのある、元男子。
c0305565_17503594.jpg





   やっぱり左耳に切れ込み。不愛想でも肉球をかわいい。
c0305565_17505235.jpg



c0305565_17511947.jpg




   このコも左耳カットのサクラネコ。一番の役者だった(*^-^*)
c0305565_17513596.jpg





   やおら起き上がるとパフォーマンスの大サービスへ。
c0305565_17515095.jpg



c0305565_17520196.jpg



c0305565_17521183.jpg



c0305565_17522469.jpg



c0305565_17523695.jpg





   「どうだい?俺のパフォーマンスは?」って顔してる。
c0305565_17525298.jpg

by h6928 | 2018-02-22 18:30 | ノラネコ | Comments(4)


昨日 ( 02/20 ) は、満を持して大室公園に行ってみた。

今月は4日にも行ったのだが、
その時に偶然2羽のヒレンジャクが来ているのは目視したものの、
撮影までは叶わなかったのでもういい頃かな?と期待して。

駐車場に着くと、もうそれなりの数の先客さんたちが集まっていて、
それでもけっこう暇そうにしている。

午前中早い時間に来た人は10羽ほどの群れを見たというのに、
ボクが着いたのはお昼頃で、
その頃にはレンジャク部隊は分散して自由行動になっていたみたい。

あちらこちら歩き回ってみても、結果はほぼ無駄足。

疲れ切って動くのはやめて2か所ほどに的を絞っていると、
1羽ずつ各々交代で計4羽が姿を見せてくれた。

そうして撮ったのが以下の写真たち。
まぁ、空振りじゃなかっただけでも良しとしよう。


   今年第1号のヒレンジャク写真。まずは証拠写真は押さえねば。
c0305565_18091465.jpg





   このコは例によってネバネバう○ちをぶら下げている。
c0305565_18093454.jpg





   う○ちを口でちぎって、ネバネバをこすって落としているようだ。
c0305565_18094394.jpg





   やれやれって顔して寛ぎ始めた。
c0305565_18100338.jpg





   瞬膜が閉じられたところが偶然写った。
c0305565_18101486.jpg





   このコはまた別の個体。なんか偉そう。
c0305565_18092376.jpg





   ヤドリギの実はたっぷりあり、青空レストラン。
c0305565_18103638.jpg





c0305565_18104560.jpg





c0305565_18110301.jpg





c0305565_18111327.jpg





c0305565_18112835.jpg





c0305565_18113739.jpg





c0305565_18114512.jpg

by h6928 | 2018-02-21 18:55 | 野鳥 | Comments(6)


昨日 ( 02/19 ) は、ウメにメジロが撮れそうな場所として、
「いせさき市民のもり公園」に行ってみた。

ウメは早咲きのものは満開で、
遅咲きのがチラホラ咲き始めたというところ。

期待は高まるが、
肝心なメジロさんは一向に姿を見せてくれない。

花から花へを何度か回ってみたけれど、やっぱりだめ。
いない方いない方へと回っている気にさえなる。

ダメなものは深追いしても無駄と諦めて、
せめて撮れるものを撮って来た。

どうも今シーズンは小鳥たちとのめぐり合わせが悪いなぁ。
つくづくそれを実感したのだった。





   まず、車がビュンビュン往来する道路の縁石で、ムクドリを見つけた。
c0305565_17465615.jpg





   しゃなりしゃなりとウォーキングのお嬢さん。でも、足でかっ!!
c0305565_17471511.jpg





   何かに集中している様子。案外真面目なのかな?   
c0305565_17473009.jpg





   偉そうに、鳩胸でふんぞり返っているのもいる。
c0305565_17474290.jpg




   傍には本家鳩胸のキジバトさんが、ウロウロせかせか食べ物探し。
c0305565_17483047.jpg





   何かを見つけたのか?真面目に集中している。
c0305565_17484007.jpg




   良い姿勢のツグミさん。と、忍者も。
c0305565_17485326.jpg





   青空とマンサクの錦糸卵風、なんて料理の一品みたいなタイトルで。
c0305565_17490721.jpg





   他では見たことのない桜色の梅の花もある。
c0305565_17492045.jpg




c0305565_17492805.jpg





   そして、この日ほころび始めたばかりのカワヅザクラの花も。
c0305565_17494090.jpg




c0305565_17494807.jpg

by h6928 | 2018-02-20 18:28 | 季節もの・早春 | Comments(4)


ちょっと前になるけれど、今回のはぐんまフラワーパークから。

フラワーパークという名の割には、花が乏しく冬枯れの雰囲気が濃く、
相変わらず客足も伸びないようで、ほぼ貸し切りで撮れる感じ。

それだけに被写体探しも苦労した。

そんな中で、足元に注意を払っていないと見過ごしてしまいそうな、
背の低いスノードロップが咲いていて、それを中心に載せてみた。

前回の雪が消えてから咲いたものばかりのようで、
傷みも無く可憐な姿だったからちゃんと撮ってあげないと、
カメラマンの腕の悪さがバレてしまいそうで、怖いなぁ105.png

白兎が最高!! とか言われちゃったらヤバいんだけど・・・・
(と、陰の声)



   寒紅梅が青空に映える。
c0305565_17295384.jpg




c0305565_17300755.jpg





   スノードロップがわらわら咲きだしていた。
c0305565_17302335.jpg




c0305565_17303970.jpg




c0305565_17305707.jpg




c0305565_17311892.jpg




c0305565_17313351.jpg




c0305565_17315153.jpg




c0305565_17320596.jpg




c0305565_17321625.jpg




   クリスマスローズとのコラボもあり。
c0305565_17322804.jpg





   黄色いクロッカスは、まだこれだけしか咲いていない。
c0305565_17324167.jpg





   露地植のスイセンも咲いていた。
c0305565_17324922.jpg





   おまけに、ジャンプしている白兎。残雪がそう見えたので102.png
c0305565_17330427.jpg

by h6928 | 2018-02-19 18:02 | 植物園 | Comments(2)

昆虫の森で春物さがし


昨日 (02/17 ) は、1日以来のぐんま昆虫の森に行ってみた。

向かう道中は曇り空が拡がりだして不安だったけれど、
着いて歩き始めるとけっこう晴れて来てくれた。

前回は園内は霙が勢い良く降ってくるような生憎な天候だったから、
外で撮ることもできず、寒い温室で乏しい収穫しかなかったっけ。

今回は、フクジュソウとフキノトウが目当てだから、
やっぱり晴れて欲しかった。
その願いが通じて両方とも撮れたから良かったぁ~。

一応念のためにセツブンソウのところにも行ってみたけれど、
こちらはまだ芽の先っちょさえ出ておらず、
しばらくは望み薄だろう。

そうそう、前回『冷室』だったチョウの温室は、
今回はちゃぁ~んと『温室』になっていて、
チョウも程々に飛んでいた。

客入りが見込めるときはそれなりに対応するんだね。





   オオイヌノフグリがいっぱい咲いていた。この青はステキ。
c0305565_17533804.jpg





   一つの花をアップにしてみた。
c0305565_17534754.jpg





   オニタビラコはまだロゼット。着々と春に向けて準備中とみた。
c0305565_17540116.jpg





   太陽が顔を出せばフクジュソウも花開く。
c0305565_17542178.jpg





   アブかハチでもいないかな?と探したけれどお留守だった。
c0305565_17543056.jpg





c0305565_17544282.jpg





   フキノトウが落ち葉の間から顔を出していた。
c0305565_17545637.jpg





   一つ見つけると次々に102.png
c0305565_17551078.jpg





c0305565_17551735.jpg





c0305565_17552728.jpg





   白梅はまだ咲き始めたばかり。中でもいっぱい咲いた枝から。
c0305565_17554132.jpg





   ネコヤナギは、空の青い部分に抜けば春らしいかな。
c0305565_17555037.jpg

by h6928 | 2018-02-18 18:32 | 季節もの・早春 | Comments(4)

有袋類3種


昨日載せたコツメカワウソを撮る前に
時間調整で他の動物も撮っていたので、
賞味期限が過ぎないうちに
今日はそれらのうちから載せてみたい。

ってことで、撮れた写真を選んでいるうちに
一番撮れ高の多かった有袋類を抜き出して編集した。

有袋類らしく袋から顔を出した赤ちゃんが撮れていれば良かったのに、
肝心なそのシーンが欠けているのは情けないけど・・・・。

またの機会にということで。





   シマオイワワラビーは柴犬くらいの小型カンガルー。
c0305565_17342249.jpg





   このコは暖かそうな高い台でずっと日向ぼっこ。
c0305565_17343802.jpg





   縞尾岩ワラビーだけど尻尾が見えにくい。台は岩を模したものかな。
c0305565_17345579.jpg





   箱の中にいた別のコは、死んだように眠ってた。
c0305565_17351549.jpg





   しばらくしたら起きたけど、まだ寝ぼけた様子。
c0305565_17353117.jpg





   結局このポーズで落ち着く。縞々の尾がわかる。
c0305565_17354135.jpg

 



  オオカンガルーのお母さん、袋の中の赤ちゃんと会話中?
c0305565_17360275.jpg





   横になったお母さんの袋から、赤ちゃんの脚がはみ出てる。
c0305565_17361987.jpg





   ここからはコアラさん。

   新鮮なユーカリは美味しいなぁ、って、むしゃむしゃ。
c0305565_17364133.jpg





   木登り中のコが、偶然撮れた。
c0305565_17365359.jpg





   このユーカリは美味しいかな?って、くんくんしている。
c0305565_17370331.jpg





   耳の後ろは後脚で掻き掻き。
c0305565_17371907.jpg

by h6928 | 2018-02-17 18:17 | 動物園 | Comments(4)


昨日 ( 02/15 ) は、
気温は高いけれど空はイマイチはっきりしない天気だったので、
こんな天候の時は動物園が良いかな、ってことで、
埼玉県こども動物自然公園に行ってみた。

入園ゲートをくぐってすぐに、
コツメカワウソのこどもが公開とあるので、
こりゃラッキー!!と喜んだ。

13時から15時までとのことなので、
それまであちこちブラブラしながらも、体力的に衰えているので
そんなに広い範囲は歩けないのも実感。

そして、待っていた割には14時ごろになってからカワウソ舎に着いた。

そういえばここって、
12月に来た時に「しばらく展示を中止します」
みたいな看板が出ていたんだ。

子どもが生まれたのが昨年の11月24日だから、
今にして思えば幼子の保育期間だったのだ。

そうして、その子供たちはと見れば、
もうほとんど両親とあまり変わらない大きさ。
みんな活発に動き回るので、
両親+3頭のこどもがごっちゃごちゃ。

動物園だと動かない動物がほとんどの中、
動いている動物を楽しく撮れたのは、
くどいようだけど楽しかった。





   お母さんは育児中で乳房が張っているから、すぐわかった。
c0305565_17551338.jpg





   お母さん(右)に甘えたいこども(左)。      
c0305565_17481334.jpg





   「攻撃ってこうするのよ。」って、これもお母さんの甘噛み教育。
c0305565_17482903.jpg





   一家全員が一コマに納まった。左のが影の薄いお父さんかな?
c0305565_17485126.jpg





   お母さんの後からぞろぞろと。
c0305565_17501424.jpg




   おっぱいの大きいお母さんと、疲れたふうなこども。
c0305565_17503364.jpg





   好奇心いっぱいのこども達。
c0305565_17505740.jpg





c0305565_17511430.jpg





   お母さんは周囲に気を配って、さすがだね。
c0305565_17515617.jpg





   アップにも耐えられる(*^-^*)
c0305565_17521656.jpg




   細い木にだって飛びついたりしちゃう、いたずらっ子。
c0305565_17523223.jpg





   いかにもいたずらっ子、って顔つきが可愛い。
c0305565_17532278.jpg





   お母さん(左)まで遊び始めてたり。
c0305565_17534642.jpg





   ちょっと一休みかな?
c0305565_17540563.jpg

by h6928 | 2018-02-16 18:45 | 動物園 | Comments(2)