<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春待ち芽とフクジュソウ


昨日 ( 01/30 ) は、そろそろフクジュソウが咲いているかな?
と期待して、高崎の染料植物園に行ってみた。

この辺としては早咲きで知られ、
隠れたファンがけっこういるのだとか。
で、実際に行ってみると、確かに咲いていた。

それはそれで嬉しいのだけれど、
この花はお日様がにっこり微笑んでくれないと、
満足に開いてくれないのが難点。

この日は見える空の半分くらいは青空なのに、
ちょうど太陽あたりに雲がかかりやすい。
だから、黄色いパラボラアンテナの開き具合が中途半端。

空を見て、花を見て、ため息ついて、の繰り返しで、
なるべく開いてくれた時にシャッターを切った。

空の雲ばっかりは自由にならないから、困るんだなぁ。
最近は日ごろの行いが悪いのだろうか?すんなり事が運ばない。





   ミツマタの花芽がだいぶ膨らんで、春が待ち遠しそう。
c0305565_17495193.jpg





   ハクモクレンも早く咲きたくて、内心うずうずしているのかな?
c0305565_17500324.jpg




   こちらは、ヤマハンノキの花序。
c0305565_17501505.jpg





   遠慮がちにやっと咲きだした風情の、クロッカスが可愛い。
c0305565_17503064.jpg





   そして本命のフクジュソウ。福と寿をたっぷりどうぞ104.png
c0305565_17504775.jpg




c0305565_17510477.jpg




c0305565_17511771.jpg




c0305565_17513406.jpg




c0305565_17514647.jpg




c0305565_17520784.jpg




c0305565_17521907.jpg




c0305565_17525246.jpg

by h6928 | 2018-01-31 18:25 | 植物園 | Comments(2)

久しぶりの温室で


昨日 ( 01/29 ) は、ここ数日間にしてはけっこう暖かくて、
残っていた雪もかなり溶けて来た。

それで、敷島公園のバラ園で冬バラでも撮ろうと行ってみた。
いやぁ~、最近は思惑が外れてばかりだなぁ。

またもや大外れで、さすがに上州の極寒には耐えられず、
咲いているバラなんて一つもない。
おまけになにやら工事中で立ち入れる場所も少ないと来ている。

でも、唯一の救いは、期待していなかった温室。

昔は、この温室はとても充実していて、
小さいながら見ごたえがあった。

けど、最近は様々な経費削減、特に人件費削減のためか、
えらく簡略化されて見ごたえが無くなっていたのだ。

それでも入ってみると、相変わらず展示されている植物は寂しい。
端から期待していない分、わずかに咲いていた花があって、
「渡りに船」とか「溺れる者は藁にも縋る」ってもんで、
咲いていてくれたことそのものがありがたく思えた。

それにしても、暖かくなったこの日に、
暖房が効きすぎて息苦しくなったのにはマイッタね。
経費節減は???どうなったの?って逆に笑えた106.png




   温室の中は、まずブーゲンビレアが目立っていた。
c0305565_17354895.jpg





   少し寄ってみると、「花」の様子がわかる。
c0305565_17353019.jpg





   中央の三つが、それぞれ本当の花。
c0305565_17361786.jpg





   花それぞれは微妙にずれて咲くようだ。
c0305565_17363282.jpg





   花に見える苞は3枚でワンセット。
c0305565_17364289.jpg





   本当の花は、ほとんど三つ子でワンセット。
c0305565_17365964.jpg





   ハイビスカスは小ぶりの地味な品種。
c0305565_17373094.jpg




c0305565_17374522.jpg





   鉢植えのアッサムニオイザクラも咲いていた。
c0305565_17380226.jpg




c0305565_17382502.jpg





   カランコエっぽいけど、巨大だから違うのかな?
c0305565_17384821.jpg





   温室の外に出れば、梅一輪 一輪ほどの春だいね。
c0305565_17390251.jpg





   怪しいオジサンがアヤシイ写真を撮っている。
c0305565_17391898.jpg

by h6928 | 2018-01-30 18:40 | 植物園 | Comments(2)

ホシハジロ など


寒い寒いがもう常套句になっていて、
昨日 ( 01/28 ) もやっぱり寒い一日だった。

一昨日は遠出で疲れたから、半日は家でゴロゴロしていて、
午後、近場ということで三ツ寺公園で撮る。

雲が多めで、水面も青空を映す場所が少ない。
溜池の周りを何度となく回っては良い被写体を物色する。

とは言え、ここでは何度も撮っているし見られる鳥もそう多くは無い。
マンネリ感は否めないから、そこを何とか・・・・。

とか言いながら、出来た写真は変わり映えないか105.png 





   ホシハジロもペアリングのシーズン。仲良しカップルは新婚さん?
c0305565_17414163.jpg





   ホシハジロ女子の潜り込みシーンを。連続で。
c0305565_17415380.jpg




c0305565_17420748.jpg




c0305565_17421769.jpg




c0305565_17423261.jpg





   潜りなら負けない、ってカイツブリさん。目がマジ。
c0305565_17425652.jpg





   この目付きって、明らかに人間観察しているよね。
c0305565_17430587.jpg





   泳いでゆくときの、後ろ姿がラブリー。
c0305565_17431590.jpg





   わりと人慣れしているコガモ男子2羽の、うち1羽。
c0305565_17432865.jpg





   水を飲みに来たヒヨドリ。アッ、見てた?って顔してる。
c0305565_17434130.jpg





   雪が消えたところでは、ムクドリも熱心に餌探し。
c0305565_17435154.jpg




c0305565_17440373.jpg

by h6928 | 2018-01-29 18:16 | 野鳥 | Comments(4)

館林だって寒いやねぇ


昨日 ( 01/27 ) も相変わらず上空が第一級の寒波に覆われて、
寒い寒い一日になった。繰り返したいほど寒い。

こんな日はできれば室内で撮れれば良いな、ってなことで、
館林の県立美術館で古伊万里を展示しているとの情報を得て、
それにしようと行ってみた。

ところがどっこい、そうは旨く行かないもので、
館内の展示物は撮影禁止だと、
受付のお嬢さんに申し訳なさそうに言われてしまった。

仕方なく、古伊万里も他の彫刻作品も脳裏に焼き付けてきただけ。
(直近の記憶が怪しくなっているんだけどね。

当てが外れて、近くの多々良沼に行ってみたけれど、
こっちだって猛烈な赤城颪で鳥なんかいやしない。
ハクチョウほどのでっかい鳥だって遠くで白い豆粒と化している。

今年はよっぽど被写体運が無いなぁ・・・・と嘆きつつ、
帰り支度を始めると、
やっとコサギが飛んできて、近くで漁を始めてくれた。

大慌てで藁にもすがる気持ちで撮ったのが、この日の収穫かな。





   群馬県立舘林美術館前の彫刻作品。跳んでるねぇ。
c0305565_17241726.jpg





   さらに寄ると、けっこう迫力を感じる。
c0305565_17243035.jpg





   多々良沼では、遠くの方でハクチョウがずっと静止。
c0305565_17244829.jpg





   ハシブトガラス夫婦が何か見つけた。手前のが夫かな?口も脚も出さない。
c0305565_17250023.jpg





   冷たそうな水に入って、コサギが漁を始めた。
c0305565_17252116.jpg





   この日、唯一モノになりそうなので、寒さに耐えて撮り続ける。
c0305565_17253713.jpg




c0305565_17254630.jpg




c0305565_17260040.jpg





   苦労して捕っている割に、獲物は凄く小さい。
c0305565_17261749.jpg




c0305565_17262677.jpg




c0305565_17264610.jpg




c0305565_17270629.jpg

by h6928 | 2018-01-28 18:06 | 季節もの・冬 | Comments(6)


昨日 ( 01/26 ) は、雪を題材にした植物でも撮れないかと、
何も無いことを承知の上で、ぐんまフラワーパークに行ってみた。

案の定、駐車場に車は数えるくらいしかなく、園内も閑散。
入園料はやっぱり600円プラス300円のクーポン券付きで変わっていない。

しかしまぁ、寒い。北西の風も強くて冷たい。
園内で作業をしている人は凄いなぁ、と感心する。
入園者より従業員の方が数は圧倒的に多いのも、
妙に納得させてくれる、その寒さ。

一応ボクも入っては見たものの、
元々根性無しだからすぐに嫌気がさしてきた。
少しだけ撮って、帰る前にクーポンで何か暖まるものを・・・と、
とりあえず売店やらレストランのある建物に入った。

すると、思いがけなくお雛様が飾られているではないか!
これこそ天祐!ってことで、寒くないところで撮影できたのは嬉しい。
たまにはこういう写真も良いもんだ、とか、
たった一人の空間で呟きつつ撮った。

で、300円分のクーポンは、
一杯300円の甘酒に化けて、躰の中から温めてくれた。

こんな日には、捨てずに大いに役立ってもらったのさ110.png





   「とんがりテント」も花壇も雪に覆われて、寒い園内だった。
c0305565_17285347.jpg




   シラカバの背景の空は、赤城からの雪雲混じり。
c0305565_17290516.jpg





   スノードロップも、こんなにうな垂れてお気の毒。
c0305565_17291638.jpg





   一足早いお雛様iいろいろ。女のコになったつもりで撮ってみた (*^-^*)
c0305565_17293743.jpg




c0305565_17295577.jpg




c0305565_17301203.jpg




c0305565_17302437.jpg




c0305565_17304567.jpg




c0305565_17310520.jpg




c0305565_17311947.jpg




c0305565_17313034.jpg





   桃の花もたくさん飾られて、この空間だけ春が来ていた。
c0305565_17314481.jpg

by h6928 | 2018-01-27 18:09 | 季節もの・冬 | Comments(6)

溶けかけの雪 など


昨日 ( 01/25 ) も関東上空には第一級の寒波が居座っていて、
日中も気温が上がってこない。

22日にどっさり降った雪は、おかげで雪解けも進まずに、
除雪していない所ではしつこく残っている。

外の気温は2~3℃くらいで、風も吹いているし寒いし、
さぁ何を撮ろうか思案して、
出した結論は溶けかけの雪を撮ろう!だった。

そういうのが撮りやすそうな群馬の森に行って、
「アヤシイおっさん」と言われても仕方ないような格好で、
いろいろ撮ってみた。

アヤシイ写真がそうやってできたのだった。





   雪の上に伸びる影と、誰かが歩いた足跡。
c0305565_17423402.jpg





   日の当たる雪を背景に、サザンカの花。
c0305565_17424415.jpg





   玩具の「吹き戻し」みたいなマンサクの花の背景は青っぽく写った雪。
c0305565_17425655.jpg





   ドウダンツツジの冬芽を包むような、溶けかけの雪。
c0305565_17430874.jpg





   他に、以下のような造形が撮れた。
c0305565_17432843.jpg




c0305565_17434000.jpg




c0305565_17435523.jpg




c0305565_17440897.jpg




c0305565_17451878.jpg




c0305565_17441822.jpg




c0305565_17443178.jpg




c0305565_17444228.jpg

by h6928 | 2018-01-26 18:08 | 季節もの・冬 | Comments(2)

上州の寒空


昨日 ( 01/24 ) は、出かけるときは4℃あった気温も、
午後の時間が進むにつれてジワジワと下がり始めて、
いつしか2℃+風も強まって来た。

一応鳥さんでも撮ろうかとあちこち回ってみたけれど、
鳥さんは出て来てくれない。

西~北方面からの冷たい風は、
けっこう重ね着をしていても体感温度を下げる。

参ったなぁ・・・・、
今日はボーズかなぁ・・・・とむなしく空を見上げるのだった。

そして、気付いたのが、空を撮るっきゃない!! だ。

上州のこの時期の乾いて冷え冷えとした空、
それを写真に撮っておくのも良いかも。

ってことで、主に波志江沼からの風景込々で空模様を撮ってみた。

まぁず、苦し紛れだいねぇ~、ってせっかくだから上州弁で〆た105.png





c0305565_17404020.jpg




c0305565_17405249.jpg




c0305565_17410142.jpg




c0305565_17411211.jpg




c0305565_17412397.jpg




c0305565_17415057.jpg




c0305565_17420568.jpg




c0305565_17422081.jpg




c0305565_17423236.jpg




c0305565_17424430.jpg




c0305565_17425574.jpg





   最後にせめてもの暖かさをと、紅梅を。
c0305565_17430777.jpg

by h6928 | 2018-01-25 18:03 | 季節もの・冬 | Comments(2)

南岸低気圧一過に


昨日 ( 01/23 ) は、
4年ぶりの大雪をもたらせた南岸低気圧が去って、
大雪一過の青空が広がった。

雪が空中の塵やその他の微粒子などを包み込んで、
ふんわりと優しく地面に降ろしてくれたから、
いつもより空気全体がスッキリ爽やかになったみたい。

せっかくきれいな風景になった朝、
写真を撮るよりもまずは雪掻き。

近所さんも皆頑張っているから、
趣味を優先させるわけにはいかない。
もう息が上がり汗もかいて、
何とか目処がついたところで終えて、しばし休息。

粋が整った頃でもまだ雪景色っぽい雰囲気が残っていたので、
遅まきながら近所を歩いて撮ってみた。





   青い空には、赤い色が一段と鮮やかに映える。
c0305565_17500695.jpg





   普段見慣れている地味な神社も、雪化粧で写真映えするね。
c0305565_17501640.jpg





   雪にも耐えて、ツバキが陽光に輝く。
c0305565_17502923.jpg





   そのツバキの根元には、赤ちゃんツバキが強かに育っている。
c0305565_17504097.jpg





   カーブミラーに写るのは、やっぱり雪景色。
c0305565_17505457.jpg





   雪の重みに屈んでいる竹も、起き上がるチャンスを待っている。
c0305565_17510318.jpg





   シダレザクラは、白い雪の花は気に入らず、どんどん落としている。
c0305565_17511695.jpg





   ニシキギの枝には白い雪が良く似合う・・・かな?
c0305565_17512623.jpg





   日なたのナンテンは、まずは実から雪を払い落としていた。
c0305565_17513659.jpg





   若いトウジュロは、周りの雪をどんどん溶かし始める。
c0305565_17515027.jpg





   放置されたウメの木が、弱り始めて寂しそう。
c0305565_17515924.jpg





   木々は雪を払い落としていても、畑はまだ雪の下。
c0305565_17521047.jpg

by h6928 | 2018-01-24 18:39 | 季節もの・冬 | Comments(4)


昨日 ( 01/22 ) は、大雪になる予報が出ていたので、
撮影に出るのは自重した。

午前中は比較的暖かで、時折薄日も漏れるくらいだったので、
正直ちょっと疑っていたくらいでも、
やはり午後になるといつしか雪が本当に降り始めた。

そのうちにあれよあれよという間にどんどん降り積もり、
4年前のバレンタイン豪雪を思い出させる雰囲気にも。

それでも、午後9時ごろには止んでくれたからホッとした。
結果的に30㎝にちょっと届かないくらい積もっていた。

そんなわけで、今日の写真は一昨日の在庫から。
あの時いっぱい撮っておいて良かったなぁ。

今日は今日で、朝から雪かきでつかれたぁ~。
数日後に筋肉痛かな?





   まずは静かな水面をゆったり進む、キンクロハジロ男子から。
c0305565_17302034.jpg





   超望遠の「立ち上がり効果」で平らな水面がこうなる例。
c0305565_17303557.jpg





   こちらさんは、ノーマルなタイプのヒドリガモ男子。
c0305565_17304723.jpg





   今シーズンも来ていた、アメリカ混じり?のヒドリガモ男子。
c0305565_17305942.jpg





   不思議そうな表情を見せていた、ホシハジロ女子。
c0305565_17311857.jpg





   激しく水飛沫をまき散らす、このコは誰だ?
c0305565_17313152.jpg




c0305565_17314078.jpg




c0305565_17315753.jpg




c0305565_17321067.jpg




   ここまでくると、ホシハジロ男子って判るね。
c0305565_17322564.jpg




c0305565_17323795.jpg





   最後に飛び立つカワウで〆。
c0305565_17330026.jpg

by h6928 | 2018-01-23 18:00 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 01/21) は、風がいつもと逆方向から吹いて、
翌日に大雪の予報が出ているのが信じられないような、
もう春が来たかのような天候になった。

午前中はそのためか怠惰に過ごして、午後に近くの三ツ寺公園で撮った。

着いた当初はまだ人出も少なく、ゆっくり&じっくり撮れたけれど、
時間が経つにつれて、家族連れで遊びに来る人が増えて来る。

そうなると、当然鳥たちの自然な動きは見られなくなって、
人慣れしたカモやオオバンは投げられる食べ物に群がる。

警戒心の強い者たちは池の中央の方に集まってしまう。
そう、天気の良い日曜日の公園は、そんな意味で自然な姿を撮りにくい。

やっぱりね、皆さんの公園だもの、ボクの我儘は通らないしね、仕方ない。
粘るだけ粘って程々で上がったのだった。





   ハクセキレイさんが、パンくずをゲット!
c0305565_17430354.jpg





   誰かに横取りされないように、韋駄天走りぃ~!!
c0305565_17431277.jpg





   ジャンプした瞬間ショット。もうパンは食べちゃった?!
c0305565_17432851.jpg





   跳んだ先で変身? いやいや、別の場所のキセキレイさん。
c0305565_17435053.jpg





   久しぶりにお目にかかって、嬉しいな。
c0305565_17440408.jpg





   この色の爽やかさとスマートな体型は、ボクの対極に位置してる103.png
c0305565_17441573.jpg




   カワウさんの正面顔の、顎にはネットの書き込みに見られる「W」の文字。
c0305565_17445155.jpg





   オナガガモ女子をアップで撮ったら、なにやら飛んでる虫が!
c0305565_17450741.jpg




   同じく男のコ。嘴の配色に隠れたおしゃれが。
c0305565_17451867.jpg





   この公園ではあまり見かけないマガモの男子。ぼっちだった。
c0305565_17453083.jpg





   ハシビロガモ女子が、水中のプランクトンを食べている場面。
c0305565_17454428.jpg





   ☝の部分拡大。
     口元の隙間から、濾し取った残り水が流れ出ている。
c0305565_17455470.jpg

by h6928 | 2018-01-22 18:34 | 野鳥 | Comments(2)