カテゴリ:季節もの・夏( 178 )


一昨日は軽井沢で涼しく過ごし、
夕方には一雨来たから
昨日 ( 08/18 ) の朝までは熱帯夜ではあっても
まだ少しは低めだった。

そのまま気温も
あまり上がらないでいてくれればいいのに・・・・と
浅はかな考えはお天道様には全く無視されて、
日中はどんどん猛暑日・酷暑日に向かう。

参ったなぁ・・・・とは思いながらも、
PCで写真に関する作業などを進めていると、
エアコンの効いた部屋から出にくくなるのが人情というもの。

で、結果的に
一日でも一番気温の上がる時間帯に出ることになり、
負のスパイラルだなぁ・・・・と嘆きつつ
箕輪城跡なら木陰もあるし少しはマシかと行ってみる。

着いて辺りを見ると、
真新しい草刈りの跡が広範囲に見られ、
草刈り機の音が近い方面では、
刈られた草の良い香りが漂っている。

いやァ~まいっちんぐ‼
お目当てのミズタマソウがぁ~~~~。
って、嘆いていても仕方ないので
辺りを探し回ってみると、
草ぼうぼうで今まで近づけなかったところに新発見。
良かった良かった、
天は我を完全には見放していなかった。

そんなこんなで冷や汗、脂汗、、玉の💦・・・・で
今日に載せる分くらいの収穫はあった。

家に帰ってから、
エアコンの無い部屋の温度計を見ると37℃もある。
いつまで続くんじゃぁ~、この猛暑❕






   アキアカネが高原から帰還?と思って撮ったけど、ナツアカネ女子かもね。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17383869.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17385675.jpg



   もう真っ赤になっているのはマユタテアカネ男子。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17391054.jpg



   オンブバッタ♀の終齢幼虫。成虫にならないとおんぶしないんだよね。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17392822.jpg



   つい、スケベハゴロモと言ってしまいそうな、スケバハゴロモ、ね105.png
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17394096.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17400074.jpg



   久々にまた撮れた、↓マーク顔したツマグロオオヨコバイ。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17401573.jpg



   ホドイモの花に顔を突っ込んでいたこのハチは、だれ?
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17402908.jpg



   アメリカホドイモ(アピオス)と比べると花は地味で目立たない。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17404462.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17405834.jpg



   同じマメ科で、ヌスビトハギの花。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17413631.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17420106.jpg



   イヌホオズキって本当は色々あるのに、とりあえずイヌホオズキで。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17422568.jpg



   まだ幼いクモの小さな網は、思いのほかきれいに写った。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17431352.jpg



   次もクモで、ミツバの葉っぱに身を隠していたオニグモの仲間。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17432602.jpg



   杉林の木洩れ日で日光浴中のイチモンジセセリ。猛暑日だぜ、平気なの?
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17440421.jpg



   もったいぶって登場のミズタマソウ。その割にビシッと撮れなかった。
猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17442728.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17444729.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17450147.jpg




猛暑日には涼を呼ぼうと ミズタマソウでも_c0305565_17451395.jpg

by h6928 | 2020-08-19 18:44 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 08/16 ) も
相変わらず猛暑・酷暑の日が続き、
年寄りだからというわけじゃなく(ここ、強調ね)
早起きになる。

寝苦しいのに無理に寝ているよりは
起きて写真関連のPC作業をやった方が
夜にアルコールが回った頭でやるよりは効率がいいと、
実際にやってみて深ぁ~く実感もしたことだしね。

で、その朝だって29℃くらいの気温があり、
集中力を維持するにはエアコンに頼らざるを得ない。

一通り済ませた後は送り盆ということで
ご先祖様やら両親に早めに極楽に帰ってもらおうと
お墓まで送りに行く。

いやぁ~、それがまたねぇ~、アッチイったらないや。

何とかお帰りいただいて💦 さてその後は
やっぱりアッチイ日には気分だけでも水辺が良いや・・・と、
良く行く大塩湖に行ってみた。

ここでの目論見は、セミ撮り。

子供のころはよくセミを捕ったものだ。
捕虫網が買えないからって、
針金で輪を作って竹竿に結わえ、
輪の部分には巨大なオニグモの巣を幾重にも張り付けて、
それをセミの後からそっと近づけるのだった。

セミは、逃げる時横には飛ばず、
必ずと言ってよいほど後ろに飛ぶから
面白いようにクモの巣に張り付くのだった。

お盆の期間にはセミを捕っちゃだめだよ‼って
毎年毎年くどいほど母に言われたっけ。
そんなことを思い出しながら
童心に帰ってセミを撮ったのだ106.png






    アブラゼミのような有色な翅は、世界のセミでは珍しいんだってね146.png
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17331075.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17333019.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17334345.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17341838.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17344753.jpg






   ここではミンミンゼミの数が多いから、けっこう撮れる。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17351178.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17352355.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17354082.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17355292.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17360432.jpg






   ツクツクボウシは、去年と比べると少ないように感じる。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17362577.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17363891.jpg



   意外にも、まだ元気でいるニイニイゼミも見つけた。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17394961.jpg






   ジョロウグモ女子は、脱皮を繰り返して目下急成長中。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17365152.jpg



   クズの花を見ると、つい探したくなるのはウラギンシジミの幼虫。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17371874.jpg



   残念ながら見つけることはできなかった。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17373156.jpg



   センボンヤリは春と秋で別々の顔を見せる。もう秋バージョン。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17375234.jpg



   ミクリの実に、それとなく名付けの理由を示された気がした。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17382328.jpg



   季節はもう、ボタンヅルからセンニンソウへと変遷を遂げていた。
大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17384044.jpg




大塩湖では セミ撮りなどを_c0305565_17385311.jpg

by h6928 | 2020-08-17 18:32 | 季節もの・夏 | Comments(4)

猛暑日にはまた榛名


昨日 ( 08/15 ) は、
エアコンのタイマーがオフになってからが暑くて、
夜中に汗びっしょりで目が覚めて入れ直すほどだった。

おかげで朝になるとなんか疲労感が・・・・。

そしてまた、
天気予報では猛暑日になると告げている。
もう、もう、もう、猛暑日は要らないよ、
って言ってみたところで
お天気ばかりは個人の欲求なんか完無視だから、
しょーがねぇ~よね。

ってことで、一番近い避暑地としては
やっぱり榛名が良いかと、行ってみた。

前回よりはだいぶ混んでいても、
まだまだゆっくりできるところはいっぱいあるし、
なるべく日陰で過ごせるべく選んで行動する。

撮れた写真は数ばかりは多くなるけれど、
似たものばかりだなぁ。

でもいいや、避暑に来られるだけ
贅沢っちゅうもんだもんね111.png





   ここで最初に出逢えるチョウは、スジグロシロチョウの場合が多いかな。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17312286.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17313610.jpg



   花に来たり、葉の上で休んでいたり、サカハチチョウは多い。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17315364.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17320675.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17323006.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17324625.jpg



   あまり裏を見せてくれないチョウチョが、このダイミョウセセリ。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17330607.jpg



   北関東では今頃から急に増えてくる、イチモンジセセリ。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17332117.jpg



   ウドの花にはミドリヒョウモンが良く訪れる。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17334009.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17335293.jpg



   キンモンガは昼飛ぶガ。あえてチョウとガの区別しなくてもねぇ。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17340858.jpg



   キツリフネのゴンドラに乗っているちっちゃなハチさんがいた。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17342805.jpg



   ヒナノウスツボの小さな花は地味だけれど、良く見れば個性的。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17345447.jpg




猛暑日にはまた榛名_c0305565_17350736.jpg



   ツルニンジンのツボミが可愛い。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17352965.jpg



   辺りを探すともう咲いている花も見っけ。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17353835.jpg



   ノブキは早いものでもう実ができ始めていた。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17360193.jpg



   意外にも路傍近くでカリガネソウが咲いていて、ビックリ。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17361109.jpg



   オオナルコユリかな?青い実が鈴なりだった。
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17362838.jpg



   口角の黄色い今年の子っぽいウグイス。もう囀りの練習をしてた150.png
猛暑日にはまた榛名_c0305565_17364032.jpg

by h6928 | 2020-08-16 18:31 | 季節もの・夏 | Comments(6)

久し振りに船尾滝へ


昨日 ( 08/14 ) は、
珍しく朝の気温が下がって
気持ち良く目が覚めた。

それでも、
熱帯夜の25℃は割り込まなっかったから
涼しい朝というにはちょっと物足りなさは残る。

雨は降らなかったけれど
朝露を宿した植物も見られ、
朝日にきらめくのも見ているだけで気持ちがいい。

だからといって喜んでばかりもいられない。
もう当然のごとく、毎度おなじみの
猛暑日・酷暑日が無遠慮にやってきやがる。

その対策には涼しいところに避難するのが賢明だ。

ってことで、
久しぶりに通行止めが解除されたという、
榛名山系にある船尾滝に行ってみることにした。

数年前のがけ崩れで遊歩道が通れなくなっていて、
このほどようやく復旧したと聞き及んでいた。

そこそこ標高も高いし涼しいのは確かだろう。
実際に行ってみると気温は29℃ほど。

昔はもっと滝の近くまで行けたのに、
復旧したとは言うものの
見られるのはずいぶん後ろからになっていた。

それでも、滝の落ちきらないまでの水の一部が
風に煽られてミストになって舞っているから
霞がかかったような不思議な光景が見える。

ただ、写真にするには
その霞は邪魔だなぁ・・・って思う。
霞ごと活かしてしっかり撮れれば一人前なのだろうが、
どうせボクは半人前だいねぇ。

って、若ぶっておこう111.png






   ここでマツカゼソウを見たのは初めて。葉をもむと柑橘系の良い香り。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17344675.jpg




久し振りに船尾滝へ_c0305565_17350053.jpg



   崖の上に咲いていたクサギの花も撮り頃だ。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17351224.jpg



   見上げればそこにイワタバコが。キョロキョロしてみるもんだな。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17353215.jpg



   ちょうど見ごろのタマアジサイもあるね。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17355188.jpg



   路傍に堕ちていた綺麗な落葉。なんか癒される気分。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17361590.jpg



   昔、「これが滝ですか?」と訊かれた「なんちゃって滝」の堰堤。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17363412.jpg



   滝観覧通路はここまでが精一杯。広角側で撮ると、滝ははるか奥の方。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17364714.jpg



   滝が可能な限り見える範囲までズーミング。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17370261.jpg



   年々手前の木が大きくなってきて、滝壺は見えない。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17373747.jpg



   ちょっと失敗しちゃったかな、三枚を連ねてみた。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17375201.jpg
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17561694.jpg
久し振りに船尾滝へ_c0305565_18010154.jpg



   砂防堰堤辺りにはタマアジサイの花もたくさん咲く。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17383873.jpg




久し振りに船尾滝へ_c0305565_17391997.jpg



   堰堤から流れ落ちる水を背景にキンミズヒキとダイコンソウを併せる。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17385385.jpg



   避暑に来ていたのはアキアカネもご同様。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17393273.jpg



   ハギの花が咲いていて、マメ科好きなキタキチョウも訪れる。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17395174.jpg




久し振りに船尾滝へ_c0305565_17400224.jpg



   船尾滝についての説明版を撮ってみた。現在は吉岡町になっている。
久し振りに船尾滝へ_c0305565_17401481.jpg

by h6928 | 2020-08-15 18:58 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 08/13 ) は、
前夜のしっかり降った雨のせいか、
空気に湿気がたっぷり含まれている感じで、
陽が昇ってくると蒸し暑さもひとしお。

それでも、お墓参りは済ませてしまおうと、
午後一で霊園に行った。

蒸暑さは半端なく厳しく、
おまけに想定外に掃除に手間取り
もう熱中症寸前の状態に陥る。
これ以上やったらヤバいから
完璧ではなくても上がることにした。

ご先祖様も亡き両親も
きっと許してくれるはず、だよね105.png
と決めつけて。

で、帰りがけに
鼻高展望花の丘に寄って、少し写真も撮る。
花は端境期で目ぼしいものは無くても、
そこそこ撮ることは可能。

で、そこで目についたのが、
エントモファガ・グリリという糸状菌類に侵された
ショウリョウバッタたち。

月遅れのお盆というこの時期だけに、
ショウリョウバッタというのもなんか、
因縁めいたものも感じたり・・・・。

この菌は、宿主の躰に侵入すると、
宿主がゾンビ状態のまま草の高い所に登って行くように仕向け、
行きついた先で死なせるのだという。

バッタにしてみれば
わざわざ高くて目立つところには行きたくないのに
そうさせるのは菌が胞子をまき散らすには
高い所が有利だからという理由付けがなされる。

たかが菌、されど菌、
巧妙なことを仕掛けるものだと感心する。

ここ数年、ショウリョウバッタが
やたら増えたと思うのだけれど、
ゾンビ化の揚げ句に干からびているその姿も
良く見かけるようになった。

自然界は特定な種が
突出して増えるのを許さない傾向があり、
エントモファガ・グリリも自然界が放った鉄槌か、
という見方もあるようだ。

ともあれ、お盆中なので、
その画像は最終の方に3枚押し込めておいたので、
ご覧になりたくない方は下までスクロールしないように
くれぐれもご用心を。






   センニチコウはまだ花数が少ない。でも、モンシロチョウはしっかり訪花。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17324004.jpg



   古くから帰化しているヒメセンナリホオズキ。鑑賞に堪えるよね。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17325434.jpg



   フウセンカズラの緑の風船に、花の影が淡く映る。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17331361.jpg



   ヒャクニチソウのお花畑で、アゲハの独り舞台を堪能したり。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17332532.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17333560.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17334753.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17340477.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17342018.jpg




   ブルーサルビアには各種ハチたちが訪花。先ずはキムネクマバチから。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17343992.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17345434.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17351814.jpg



   トラマルハナバチは、その数がハナバチの中では多い方かな。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17353845.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17360228.jpg




鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17411920.jpg



   クロマルハナバチの働きバチも。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17413602.jpg



   上手く撮れなかったけど、忙しそうなオオハキリバチもいた。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17415283.jpg



   イチモンジセセリは、小さな躰で忙しそうにウロチョロ。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17421340.jpg



   意外なことに、タカサゴユリは今年初の撮影となった。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17422971.jpg







   エントモファガ・グリリに寄生されたショウリョウバッタ。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17431544.jpg



   この個体は、ここに来て命を終え間もない幼虫みたいだ。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17432797.jpg



   こちらはもうすっかり干からびてしまった個体。
鼻高展望花の丘で 花と虫_c0305565_17433755.jpg

by h6928 | 2020-08-14 19:25 | 季節もの・夏 | Comments(4)

農道から夏雲など


一昨日は、全国一の暑さが
県内で2か所もタイ記録で出てしまうほど
『酷暑』に見舞われた群馬だけれど、
昨日 ( 08/12 ) もその熱が冷めやらずに持ち越されて、
朝からもうウンザリするほど暑かった。

またあの暑さが続くのは嫌だなぁ・・・・と
消極的になりがちな気分に鞭打って、
じゃぁ、今日は滝でも撮ろうか、と出かけてみた。

でも、途中で気が変わった。
前日までの白っぽく靄っているよな空でなく
青い空に雄大積雲がモクモクと立ち上がっていて、
せっかくだからこの雲を撮りたい‼との意欲が
雲みたいに沸き起こって来たのだった。

エアコンの効いた車で良い場所を選びながら、
撮影時間をなるべく短縮して、
撮れたらすぐに涼しい車に戻るー。
そんなセコイ知恵をいつの間にか身に付けていたことに
我ながらタヌキになったことを自覚したりもするんだいね

105.pngお~い 雲よ 悠々とばかに呑気そうじゃないかぁ~
って、その雲に呼び掛けたりしたら、きっと、
アンタほどじゃ無いよぉ~111.png 
って答えが返ってくること間違いなしだね。

家に帰って来て涼んでいると、
間もなくものすごい雷雨がやって来て、
いやぁ~、久しぶりに少しは夜の熱気も解消されたのお~。





   箕郷町の農道から色々と夏雲を撮ってみた。
農道から夏雲など_c0305565_17413361.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17414895.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17420473.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17421984.jpg



   ☝のと同位置からグンとズームイン。頭巾雲がはっきりわかる。
農道から夏雲など_c0305565_17423307.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17424761.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17430193.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17431664.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17432902.jpg



   ☝の同じ位置からズームアップすると、迫力もアップ。
農道から夏雲など_c0305565_17434100.jpg



   榛名山方面の雲がだいぶ増えて来たな。
農道から夏雲など_c0305565_17435713.jpg



   イネが植えられなかった田にはダイサギが佇む。
農道から夏雲など_c0305565_17441269.jpg



   真夏の花というイメージのムクゲは、こう撮って正解かな。
農道から夏雲など_c0305565_17442516.jpg



   ガガイモの花だって夏空に併せよう。
農道から夏雲など_c0305565_17443639.jpg



   田んぼのオモダカが、この時期はまだ可愛い。
農道から夏雲など_c0305565_17450700.jpg



   まだ若そうなヒバリも「あっついよ~」って感じでいる。
農道から夏雲など_c0305565_17445012.jpg



   また空を見ると、次第に発達する入道雲が、不気味な予兆を・・・。
農道から夏雲など_c0305565_17453077.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17454815.jpg




農道から夏雲など_c0305565_17461594.jpg



   この後、家に帰ってから猛烈な雷雨がやって来たのだった。
農道から夏雲など_c0305565_17464591.jpg

by h6928 | 2020-08-13 18:40 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 08/11 ) は、
殺人的な暑さになるとの予報も出されて、
そりゃぁたまらん💦とばかりに
今度は赤城山に避難しに行った。

距離的には
軽井沢に行くのより遠くなるのだけれど、
こんな日には逆に少し遠目くらいの方が
エアコンの効いた車で過ごせるから良い。

そんな思惑もあって、
また更に赤城の覚満淵という環境も
たまには行ってみたくなるから、
目指したくなる。

上州人には、赤城、榛名、妙義の三つの山を
『上毛三山』と言って特別に親しみを感じているのは、
この三つの山は特別高い山ではなくて、
気軽に行けてなおかつ
信仰の対象にもなっているからに他ならない。

生き物も豊富で、
ネイチャーフォトにはありがたい存在でもある。

でも、我が家から
距離的には一番近い妙義には
なぜか足を運ぶ機会が少ないのは、
個人的に考えてみれば
カルデラ湖が無い・・・
ってところがネックかな。

そんな訳で、今日は赤城の覚満淵からの写真をどうぞ110.png






   高原に避暑に来ているアキアカネ。酷暑の日にはお気持ち良く理解111.png
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17312462.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17310047.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17311195.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17315274.jpg







   ネキトンボ男子は、一足お先にもう真っ赤な赤とんぼ。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17320467.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17321782.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17323498.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17324840.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17330187.jpg







   アオイトトンボの連結産卵シーンが、あちこちで展開。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17331525.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17333997.jpg



   人気の草があるみたいで、混み合うようだ。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17332908.jpg



   ソーシャルディスタンス、なんて言ってらんないよね。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17370088.jpg



   交尾態も見られた。けど、ハート形の維持は疲れやすいのかな。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17335889.jpg




今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17340749.jpg







   サワギキョウがまだかろうじて生き残っているのが嬉しい。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17344252.jpg



   コオニユリはこんな撮り方も試みる。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17343047.jpg



   アザミに似ていても棘の無いのがタムラソウ。この花が見たところ一番先。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17355675.jpg



   ナツグミ? アキグミ?小さなグミの実がいっぱいの、グミの樹もいっぱい。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17362651.jpg



   暦の上では「初秋」の覚満淵風景。
今度の避暑先 赤城の覚満淵から_c0305565_17364020.jpg

by h6928 | 2020-08-12 18:42 | 季節もの・夏 | Comments(6)

榛名湖畔で 避暑ついで


昨日 ( 08/10 ) も危険な猛暑が予報されていたので、
涼しいところに避難しようと榛名湖畔に行ってみた。

山の日ということで祝日になっているから
さぞかし混むかと心配だったけれど、
例によって例の感染症の影響もあってか
そんなに渋滞するほどの車の量でもなかったし、
現地に着いても車の止め場所に困るほどでもなかった。

前の日に
体調を少し崩した後だっただけに、
最初から無理をしないで
目的はあくまでも避暑なのだ
と自分に言い聞かせてノンビリと過ごした。

おまけに白鳥型の遊覧船に乗って、
湖面を吹き渡る涼風を全身に浴びて、
うん、確かに心身ともにリフレッシュできたぞ。

もう一つ嬉しいサプライズで、
ボクのブログを楽しみに見てくださっているという
読者さんと偶然榛名湖畔で出逢えたことにも感激。

たまたまこの日に
持って行ったカメラがニコンクールピクスP1000で、
P1000と「星の小父さま」がよほど関連深かったのか
そこから分かったというのがまたすごいなぁ。

猛暑の予報も、たまには嬉しいこともしてくれるんだね110.png






   ノブキは林床で普通の草なのに、花って注目度が低すぎ。引っ付き虫の一員。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17452711.jpg



   ヒョウモンさんは、なぜかミドリさんばかりが撮れる。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17445357.jpg




榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17422781.jpg




榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17423924.jpg



   前に来た時は見過ごしてしまったけれど、キバナアキギリも咲いていた。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17430582.jpg



   ここではツリフネソウはまだで、キツリフネばかりを見ている。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17432146.jpg



   このトモエソウは雄しべがこんなに綺麗だなんて、ここのだけ?
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17433204.jpg



   タマガワホトトギスは、手前の花次第で写真の出来栄えに差が出そう。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17434326.jpg



   動いているオナガアゲハなのに、止まっているのを撮ったみたい。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17440354.jpg



   アカソに止まって休息中のカラスアゲハ。遠くからこっそり撮影。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17441656.jpg



   タマアジサイもまだ咲き始めたばかりなのが多い。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17454383.jpg



   おや!? こんなところにイワタバコが‼意外な発見でビックリ。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17455554.jpg




榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17460645.jpg



   咲き始めたカメバヒキオコシに、スジグロシロチョウが訪れた。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17462258.jpg



   ミズタマソウを華奢にして紫の染料で軽く染めたような、タニタデも花期。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17464117.jpg



   サカハチチョウは、なぜか白い花がお好きなよう。たまたまかな。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17470213.jpg




榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17471365.jpg



   置いてけぼりを食らったみたいな感じの、寂しげなアサギさんもいた。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17473265.jpg



   たまにはのんびりと・・・遊覧船に乗って、湖上から榛名富士を写した。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17475150.jpg



   船から降りた後、湖の岸辺から撮ってもみた榛名富士。
榛名湖畔で 避暑ついで_c0305565_17480331.jpg

by h6928 | 2020-08-11 19:01 | 季節もの・夏 | Comments(6)


一昨日は軽井沢で涼しく過ごし、
昨日も朝の内はまだ涼しく体調も良かったのに、
いざ出かけようとする頃から
お腹の調子がイマイチになってきた。

気温もその頃から上がり始めたから、
いっそ大事をとってエアコンの効く部屋で
ゴロゴロして過ごすことにした。

たまにはこんな休写日も良いもんだなぁ・・・
とか思いながらも
ゴロゴロするお腹を抱えて1時間ごとにトイレに・・・も。
そっちの方は快適とは言い難いけどね。

ゆっくり休んでいたおかげで
夕方にはだいぶ落ち着いて、
定番の偽ビールも恐る恐る飲んでみると大丈夫、全然イケる。
まだまだ回復力は衰えていないなぁ、
と自分を見直したのだった。

それよりも、
朝飯の時に食った残り物がヤバかったのかな103.png
回復力よりも警戒心を育んだ方が良いみたいだな、自分。

で、今日のは一昨日に軽井沢で撮れた写真から選んでみた。
編集も、今日のあまりの暑さに閉口し、
ついにPCをエアコンのある部屋に移動して
この作業をしているのだった。

うん、大事を取らねばね。





   エントランスに咲いていたカサブランカ。白一色が良いなぁ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17374792.jpg



   赤系のユリの真ん中あたりをアップで。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17375914.jpg



   別の花弁には、シャクトリムシさんが採寸中。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17381118.jpg



   エキナセアの頭花に花粉の輪。まるでコロナのよう、は言い過ぎかな今。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17384848.jpg



   こんな色と形のエキナセアもあるんだね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17383861.jpg



   ハナトラノオは、大口を開けて笑っているように見える花の集合体。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17382284.jpg



   羽化後時間があまり経っていないのかな?翅が光の加減で虹色に。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17390898.jpg



   こちらはだいぶ赤くなっていたマユタテアカネ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17394257.jpg



   アワフキムシの成虫は、小っちゃなセミのような虫。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17441881.jpg



   オミナエシにはアカハナカミキリが訪れていた。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17400435.jpg



   混然一体の妙っていうのかな、良い味わいだ。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17403448.jpg



   よく見ると小さな水滴のようなのが見える。玉ボケもたまにはね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17405466.jpg



   秋の七草のハギだけど、写真を撮ろうとすると思いのほか難しい。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17411271.jpg



   秋の七草にあやかって、キキョウも。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17412417.jpg



   後出しジャンケンで「ぱあ」を出せば負け知らずだよね104.png
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17415606.jpg



   これ、何色と言ったらいいのかな?初めて見たアガパンサス。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17420923.jpg



   アサザに止まったギンヤンマをすかさずショット。産卵シーンをゲット。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17431337.jpg



   ピンクの鉢巻をしたような、ちょっとユーモラスなチーゼル。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17414149.jpg



   ほんのり桜色、みたいな感じのスイレンが色っぽいね。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17425885.jpg



   ちょっとばかり背景を工夫してピンクのバラを。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17433189.jpg



   ピンクのアナベルは白いアナベルを背景に。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17440003.jpg



   時折群馬県側からやって来る霧が渡ってゆく景色が涼し気。
軽井沢レイクガーデンから 昨日の続編_c0305565_17443689.jpg

by h6928 | 2020-08-10 19:14 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日 ( 08/08 ) は、朝から曇りで、
気温もそんなには上がらないとの予報も出て、
嬉しがらせてくれる。

もう連日の暑さにウンザリして体力も消耗気味なので、
こんな日にこそ軽井沢で避暑が良いよねと
せっかくの年パスも活かせるし
即断即決で行ってみた。

碓氷バイパスを登るときには
霧が山々を渡っていて時折視界を遮るが、
危険な程ではないけれど
車のワイパーが自動で動き出すくらいの
雨も降ったりした。

少し前まであんなにウンザリしていた雨が
現金なもので嬉しかったりして自身の身勝手さも知る。

で、軽井沢も霧に包まれていたけれど、
ガーデンに着く頃には程よく明るい曇り空で気温も23℃ほど。

こりゃぁ良いわい110.png
ってことで、早速撮り進めることになる。

なんだかんだ・・・、
気付いてみれば687コマも撮っていた。
うっわぁ~、後が大変だぁ。






   無料エリアにあったアメリカリョウブの花。ハムシが1頭、見つかるかな?
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17301128.jpg



   ブラックベリーが黒くなりつつあり、名が体を表し始めたね。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17302907.jpg



   ただのミスジと軽んじて撮り、後でオオミスジだったと気づいた105.png
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17310128.jpg
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17312178.jpg



   見つけてもらって撮れたこのチョウ、ミドリシジミ?のAB型の♀と思う。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17320630.jpg



   背の低いシモツケが一叢華やかな彩りで印象的。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17322659.jpg



   黄色じゃない本家ツリフネソウも咲きだせば、秋っぽいかな。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17325379.jpg



   このスイレンは、晴れていなかった分だけ色再現に有利だった気がする。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17334175.jpg



   コンフリーにも個体差があるのかな? この色は淡くて涼しそう。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17331681.jpg



   早くもカリガネソウの爽やかな色も見られ始めた。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17460505.jpg



   そしてこの時期の莢やか&可愛い系はこの花、レンゲショウマ。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17352109.jpg



   決して目立つところに咲いていないので、探す必要が大いにあり。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17341005.jpg



   しかも、決して撮りやすいところに咲いている訳でもない。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17343424.jpg



   花そのもののコンディションだってベストとは限らない。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17344936.jpg



   探して、見つけて、選んで、・・・・、
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17350360.jpg



   後はどう料理するか???
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17353756.jpg



   有名レストランのシェフにでもなったつもりで・・・・、
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17360240.jpg



   いかがですか?美味しい料理に仕上がっていましたでしょうか?
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17363055.jpg



   バラの花はと言えば、撮って欲しいとせがんでくる感じかな。
軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17365025.jpg




軽井沢レイクガーデンで レンゲショウマなど_c0305565_17370888.jpg

by h6928 | 2020-08-09 18:55 | 季節もの・夏 | Comments(4)