カテゴリ:季節もの・春( 266 )


一昨日、昨日と
二日続けて昔の写真を使ったので、
今回はほんのちょっとだけ遡って、
在庫からー。

本当はまだまだ出番が来るのを
首を長くして待っている写真たちがいるのだけれど
編集するボクの根性もスタミナも無いもんだから
後回しにされてお蔵入りになっちまうかナ。

なぁ~んてね、勿体付けて書いていも
どうしても見てもらわねばならないほどの
価値ある写真かは保証の限りではない。

そうなんだいねぇ・・・・、
撮っているカメラマンだって、
根性もスタミナも無いボクなんだもんね105.png






   まずは黄色い花から、ってことでセンダイハギがトップバッター。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17360852.jpg



   クサノオウで雄しべを食べている?ヤブキリの幼虫さん。大丈夫なの?
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17363315.jpg



   「六文銭」みたいに並んで欲しかった、オオジシバリの花。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17364921.jpg



   ハルジオンにヤブキリの幼虫は、もう見慣れている定番だ。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17370203.jpg



   いつも目立たない、日向に咲いても日陰者のノボロギクにも出番を。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17372136.jpg



   真上から正方形画面で、タンポポの綿毛を。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17374504.jpg



   真上から正方形画面Ⅱは、シロツメクサの花を。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17375804.jpg



   いつの間にか咲き始めていた、ミズキの花。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17381625.jpg



   画面左上の方にいるヒラタハナムグリを見つけ、寄ってみた。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17382736.jpg



   花弁が散ってしまったウワミズザクラ。サンゴのポリプみたいだ。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17383879.jpg



   昔の名前で出ています、シラー・カンパヌラータ。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17385921.jpg



   また撮ってしまったスイバの実。何度もしつこくスイバせんm(_ _)m
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17391478.jpg



   地味だけど渋い美のヒメウラナミジャノメ、今年初撮り。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17393534.jpg



   ようやく今年も撮れた、ウスバシロチョウ。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17394918.jpg




今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17400334.jpg




今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17401543.jpg




今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17402932.jpg



   早いとこコロナが終息して、こんな顔になれますように。
今年初撮りのウスバシロチョウ ほか_c0305565_17404384.jpg

by h6928 | 2020-05-08 18:51 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 05/05 ) の『こどもの日』は
良く晴れて絶好の行楽日和だったのに
珍しくも出かけないで「巣ごもり」をしていた。

気温は今年2度目の真夏日になって家にいても暑く、
それでも冷房は使わずに窓を開け放って
家の中を吹き抜ける風に当たって
躰を休めていたのが妙に心地よい。

写真の整理なんぞもしていると
使いきれていない写真たちがいっぱいあるのに気づかされ
昨日のアップは去年の撮影のを救い上げてみた。

それでもまだ4月に撮っても載せていないのもあり、
どうしようか???優柔不断の末に
今日はどうせ暇だから2回アップしてみるか・・・・
ってな結論に達した。

で、第一弾は
4月19日に群馬の森で撮ったハンカチノキと若葉を選んでみた。
ここも30日に行ったときは閉園になっていたので
いかにもハンカチらしい真っ白な時季のは撮り損ねたけれど
まだ黄ばんだハンカチでも汚れた「黄ばみ」じゃなくて
若さゆえのものだから、充分美しいと思うんだよね。

一日遅れの『こどもの日』にちなんで
これからの日本を背負って行く子供たちへの
エールになるだろうか?





   青い空に似合うハンカチノキと花。本当の花はハンカチの付け根の丸い奴。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10011377.jpg



   別の位置を探していると、そこにちょうど飛行機雲が伸びていた。ラッキー。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10012637.jpg



   ハンカチのような苞は、まだ真っ白になっていないのが惜しい。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10014914.jpg




ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10020678.jpg



   背景の白いのは、花盛りだったヤマザクラ。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10022764.jpg



   逆光で輝くと、ハンカチみたいな苞もより白く見える。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10024417.jpg



   フレアーが入ってしまったけど、これも味付けってことで。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10030020.jpg



   新しい葉の生長を見届けて古い葉が散りゆく。ユズリハの名の由来。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10035096.jpg



   イチジクの若葉。今後出てくる葉は個性派揃い。2枚同じ形は無いくらい。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10040783.jpg



   ヤツデの開いたばかりの葉に、もうクモが縄張りを確保していた。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10042986.jpg



   アオギリの芽出し。もう今頃は大きな葉が展開しているはず。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10044223.jpg



   メグスリノキの若葉って、こんなに毛深かったんだねぇ。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10045793.jpg



   アオキの若葉と共に出た花を見て、この木が女のコだと知る。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10051256.jpg



   クヌギの枝垂れた若葉が、意外に綺麗で目に留まった。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10054222.jpg



   アカメガシワの背景には、柔らかい玉ボケが良いかな。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10061368.jpg



   イチョウの幼気な葉っぱたち。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10063221.jpg



   モミジの「出猩々」は、赤く生まれて緑に変わり、また赤くなって散る。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10070993.jpg



   このタケノコは、もう天を突くような若竹になっているんだろうな。
ハンカチノキと真新しい若葉たち_c0305565_10072131.jpg

by h6928 | 2020-05-06 11:12 | 季節もの・春 | Comments(4)


新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、
緊急事態宣言が出され、
今月6日までの自粛要請が出されていた、
はずだった。

でも、そうはなるだろうな、
との予想もできてはいたが実際今月末までの延長となると
内心かなりガッカリするのも否めない。

明後日からの1週間後迄の様子を見て
短縮される可能性も言及されるものの、
具体的にどうなったら解除されるのか
指針がはっきり示されないから皆目判らん。

たとえ解除される県になっても
県またぎはダメとなれば
楽しみにしていた軽井沢レイクガーデンでの撮影も
いったいいつまで我慢すれば光明が見えるの?
みたいな感じなんだよねぇ~。

そんな訳で、今日は
去年の5月8日と10日に
軽井沢レイクガーデンで撮った写真から、
余りものではあるけれど、拾って載せてみたい。

早く光明が見えることを願って174.png



去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16550810.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16553392.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16560899.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16563292.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16565773.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16572094.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16574924.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16582087.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16585382.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16591846.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17102286.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_16595527.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17005781.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17013605.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17020484.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17024444.jpg




去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17030770.jpg



   この景色の中で、爽やかな空気に包まれたいなぁ・・・・。
去年の今頃のレイクガーデンから_c0305565_17044830.jpg

by h6928 | 2020-05-05 17:37 | 季節もの・春 | Comments(4)


5月4日は「みどりの日」ということで、
それにあやかって画面のほとんどが緑になるように
手持ちの画像から編集してみた。

目には青葉山ホトトギス初ガツオ
が似合う季節になっても
そうそう買い物にも行けないので
今日もまたカツオは食いっぱぐれたなぁ137.png

 でも、その分爽やかな緑をタップリとお届ね104.png






   エゴノキの新しい葉っぱと言えばこれ、オトシブミの揺籃。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17331749.jpg



   よぉ~く捜すと、いた、エゴツルクビオトシブミ。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17334391.jpg



   どうやら揺籃作成中に別のメスが邪魔しに来た様子。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17340346.jpg



   猛然と追い払いにかかる葉っぱの占有者。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17351581.jpg



   見事撃退したものの、モチベーションが下がっちゃったみたい。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17353882.jpg



   ホウチャクソウは、花まで緑っぽいのでこの日の採用には有利だね。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17362211.jpg



   何気なく撮ったこのハコベ、ミドリハコベ? みどりの日にピッタシ。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17364447.jpg



   幼いレスキューグラスの群生する中に、ベニシダが目覚めて伸びをする。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17371713.jpg



   スズメノエンドウで、獲物のアブラムシを探すナナホシテントウ・紅一点。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17374303.jpg



   白くはないけど、色の薄いカラスノエンドウもある。モンキの幼虫も!
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17375950.jpg



   野生化して先祖返りしたような、元・パンジーかビオラ。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17381935.jpg




みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17383459.jpg



   シロツメクサをアップで撮ると、豆の花がいっぱい。さすがマメ科。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17391308.jpg



   カントウタンポポの綿毛を摘んで、下側から撮ってみた。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17393076.jpg



   テリハヤブソテツの芽出し。ちょっと恥ずかしそうなしぐさに見えた。   
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17394794.jpg



   スーパーで売ってるのとは大違いの、野生の三つ葉がこれ。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17400100.jpg



   そのミツバの葉っぱ。律義にみんな三つ葉で、四つ葉って見ないなぁ。
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17401692.jpg



   ラストには、人一倍大きな四つ葉のクローバーを😄
みどりの日には ♬ あざやかな みどりよ ♬_c0305565_17402919.jpg

by h6928 | 2020-05-04 19:12 | 季節もの・春 | Comments(0)

もう真夏日‼ の午後に


昨日 ( 05/02 ) は、
一昨日よりさらに気温が上がり、
午後には家の中にいても真夏日に達した。

その家でゴロゴロしているよりは
外の方が健康的と
1時過ぎにまたカメラを携えて歩きに出る。

気温は一番高まる頃なのだが、
風が適度に吹いてくれるし、
好奇心を満たしてくれるものに次々に出逢えるから
案外暑さは感じないで済む。

年を取ると寒暖差を感じなくなるからさ・・・
なぁ~んて声が聞こえてくるかなぁ???
そうか、耳も悪くなっているからヘーキか103.png

なぁ~んてね、
そうしてまた密には程遠い環境で
気分転換できたし何より体力と健全な精神の維持が保てるのも
人が疎らなところに住む良さかな106.png







   フランスギクに来ているナナホシテントウは、小さな虫には猛獣かも。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17130532.jpg



   今年になって初めての、開花しているヒメジョオンを見つけた。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17134722.jpg



   茎の下部を見ると、いかにもヒメジョオン、の典型的な姿。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17135813.jpg



   普段地味過ぎなのに、こんなにゴージャスなキュウリグサ、初めて見た。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17141764.jpg



   こんもり、もっこりとコデマリ。見てしまうと撮らずにはいられない。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17142896.jpg



   里見梨の梨園を保護用ブルーネット越しに撮ってみた。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17144188.jpg



   実をつけた木もあった。これから摘果という面倒な作業があるんだよね。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17145526.jpg



   カエデの品種『野村』かな。カエデは蛙手。前足の指は4本。ピッタシだ。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17150796.jpg



   ドウダンツツジは別名、満天星躑躅とも。そのイメージに沿えたかな?
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17154500.jpg



   ヒメコウゾは雌雄別花。逆光気味で撮ってみた。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17160140.jpg



   アカメガシワの葉っぱの「赤ちゃん」は、成長に伴って色は緑へ。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17161482.jpg



  大きなキリの木に花いっぱい。月齢9.0の月も入る位置を探してー。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17162876.jpg



   スイバの実をアップで撮ろうとよく見ると、綺麗なハートがいっぱい。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17164626.jpg



   おっ! ここでも白いカラスノエンドウがあったぞと、さらに先へ進むと。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17165911.jpg



   この状況を見てしまうと、なぁ~んかぁ価値観が瓦解しそう。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17171052.jpg



   手入れを放棄された元・果樹園で、サクランボが藪を分け強かに実を育む。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17172294.jpg



   アカメカナメモチの花が咲き始めていた。若葉の赤は薄れてく。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17174007.jpg



   近頃めったに見られないイチハツを見つけた。なつかしぃ~。
もう真夏日‼ の午後に_c0305565_17175136.jpg

by h6928 | 2020-05-03 18:36 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 05/01 ) は、
夏も近づく八十八夜ってことで、
それこそ夏のような暑さになった。

午前中は家にいて大人しくしていたのだが、
やっぱり少しは運動をしないと体が弱りそうで、
家から歩ける範囲でカメラを持って撮りに出た。

いつもとは逆方向へ歩き、
色々と物色するつもりだったけれど、
だいぶ見込み違いがあってガッカリが多くなった。

というのも、
この方面は稲作が行われる地域で、
これから田起こしなどの作業が始まるのを控えて、
大規模な草刈りが済んだ直後だし、
草刈りが出来ない農家さんは除草剤を使って枯らしたばかり。
これでは・・・雑草も虫さんも全く出逢えない。

夏のような陽射しがかんかん照り付けるし、
気温はぐんぐん上がっているだろうし・・・・・、
折れそうになる心を励ましながら住宅地方面も歩く。

案外そちらの方が色々撮れたってのも
何か皮肉めいて苦笑する。

帰ってから味わう偽ビールがひと際美味い季節になっていた。

あっ、そうだ、買い物に行ってないから
カツオは食えなんだわい。






   羽化してから泥の中を潜り抜けてきたこのコは、誰かなぁ?
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17261670.jpg



   ヘラオオバコの花序が何本も伸び上がる。向こうはタンポポの綿毛。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17263619.jpg



   アメリカオニアザミのツボミ。トゲによる武装が一層充実。   
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17265868.jpg



   あるところには無造作に生える、オランダフウロ。局所的分布かな。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17273403.jpg




夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17275248.jpg



   アイリスの丘も良い頃かなぁ・・・と、思っても今年はねぇ・・・。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17282216.jpg



   ブンブンブン、ハチが飛ぶ。掻き入れ時みたいだね。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17284218.jpg



   今年はシバザクラ公園には行かれなかったなぁ・・・と思いつつ撮る。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17300596.jpg



   さりげなくオダマキが植えられていたりして、歩いていても癒される。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17302937.jpg



   畑の片隅に咲いていたシャーレーポピー。5月っぽいなぁ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17310481.jpg




夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17313234.jpg



   植栽のピンクのフジを見つけた。ヤマフジ系の品種と見た。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17322365.jpg



   花序が比較的短くほぼ一斉に咲くのは、ヤマフジ系の特徴。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17352778.jpg



   右巻きの証拠を撮ってみた。左から右へ反時計回りに巻いて登る。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17331559.jpg



   ほかで見たオオデマリはまだ緑だったのに、これはもう真っ白。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17362950.jpg



   親戚でも何でもないけど、こちらの名前はコデマリ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17370438.jpg



   ユスラウメがだいぶ膨らんできた。さすがにもう八十八夜だ。
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17381694.jpg



   自分の食べた獲物の残骸に身を隠しているゴミグモ。さぁ、見つかるかな?
夏も近づく・・・けどもう暑い中_c0305565_17384227.jpg

by h6928 | 2020-05-02 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

木の花と帰化植物


昨日 ( 04/30 ) は、
気晴らしにちょっとドライブがてらに、と
群馬の森に行ってみようとした。

着いたらなんと!閉園していた。
この前は開いていたのに!
そうかぁ、GWに人が押し寄せることを警戒したんだね。
ブルータスよ、おまえもか‼ って
シーザーになったつもりで頷いてみたりする。

ってか、近頃は
ブルータスもシーザーも違う名前で表記させるとか?
ジジイがバレちゃうね105.pngなぁ~んて話が脱線した💦

ガッカリしていても仕方ないので、
もう少し先の、玉村町の水辺のもり公園にも行ってみた。
ヨカッタぁ、開いていた。すぐ隣の岩倉公園は閉鎖だったけど。

何人か先客がいたけれど、
「密」には程遠い十分すぎるくらいの距離を開けて
緑いっぱいの中で羽を伸ばしているようだった。

ボクも同然いつものように単独行動だから、
却ってこんなご時世の方が、
興味本位で話しかけられなくて嬉しかったり。

今年の4月は妙に寒かったりしたけれど、
最終日には気温もずいぶん上がって、
ゆっくり歩いていても汗をかいたりした。

そして今日は八十八夜か・・・。
夏も近づいたなぁ、もっと暑かった。






   大きなムクノキにフジ(別名:ノダフジ)が絡んで花を咲かせていた。
木の花と帰化植物_c0305565_17381172.jpg



   関東の野生のフジはヤマフジではなくて、このフジ(ノダフジ)とされる。
木の花と帰化植物_c0305565_17383392.jpg



   明瞭な区別点は、蔓が左巻き(時計回り)に巻き上がる。
    左巻きは、横から見るとカタカナの「ミ」の形。ヤマフジは左下がり。
木の花と帰化植物_c0305565_17390110.jpg



   フジに絡まれていたムクノキにも花がいっぱいだったので、ついでに。
木の花と帰化植物_c0305565_17392801.jpg



   この一帯にはカジノキの自生が多い。これは雄木で雄花がドッサリ。
木の花と帰化植物_c0305565_17394895.jpg



   こちらは雌木の雌花。夏から秋に実が赤く熟すのも撮りたい。
木の花と帰化植物_c0305565_17400688.jpg



   ハリエンジュが咲き始めていた。とは言え、まだ「走り」くらいかな。
木の花と帰化植物_c0305565_17403380.jpg




木の花と帰化植物_c0305565_17404889.jpg



   山で見るヒメウツギとはちょっと違うような・・・園芸品種かな?
木の花と帰化植物_c0305565_17411038.jpg



   公園で見られるツツジの中でも最も一般的な、オオムラサキ。
木の花と帰化植物_c0305565_17413795.jpg



   その名は知らねど、ホンワカと咲いていた八重のサクラに惹かれた。
木の花と帰化植物_c0305565_17415933.jpg



   カエデの花はもう終盤。小さなカミキリムシさんが来ていた。
木の花と帰化植物_c0305565_17421851.jpg



   せっかくだから、まだ新鮮出来立ての葉っぱも撮ってあげましょう(^^)/
木の花と帰化植物_c0305565_17423122.jpg



   特定外来生物に指定されちゃってるオオカワヂシャ、増殖中。
木の花と帰化植物_c0305565_17425231.jpg



   ヂシャが「ジ」じゃないのは川のチシャ(レタス)って意味だからなんだね。
木の花と帰化植物_c0305565_17430609.jpg



   このミドリハカタカラクサって、何度も来ているのに初めて見た。
木の花と帰化植物_c0305565_17432366.jpg



   緑博多唐草って書けば、舌を噛みそうな名前も、なるほど❕ だ。
木の花と帰化植物_c0305565_17433726.jpg



   過去の記憶をたどっても、こんなに色濃いハルジオンにはお初だ‼
木の花と帰化植物_c0305565_17435199.jpg

by h6928 | 2020-05-01 19:12 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/29 ) は、
やっぱり家にいて外出は控えるのが
自分を守り人にも移さない最良な行動だ
ってことで「ほぼ」家で過ごした。

ほぼって言うのは、そう言っちゃぁナンだけど、
我が家周辺は空き家も増えているくらいな
人口減少地域だから人との接触の機会はごく少ない。

だから、気を遣いながらも
少しだけ外に出てカメラ散歩はしてきた。

途中、何人かの姿は見かけても、
なるべく距離は取って会釈だけでスルーする。
せっかくの良い天気にまるっきり巣ごもりじゃぁ
精神的にも良くないって、同類の方もいるようだ。

ともすれば過疎になりかねない田舎も、
こんなご時世にはむしろ天国みたいなものかなぁ。
って、おいおい、まだ死んじゃぁいないよ(*´з`)

なんてね、冗談を言えるだけ、幸せかもね。





   タンポポの三倍体雑種かな?最近市街地でとみに増えている。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17384277.jpg



   夜になるのを待ちきれなかったのかな?マツヨイグサがもう咲いていた。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17390677.jpg




家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17391923.jpg



   ナガミヒナゲシの花に黒点?初めて気付いた。けっこうあるもんだね。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17394916.jpg



   雨の泥跳ね?チューリップに黒い汚れがいっぱい。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17401454.jpg



   よく見れば、アリさんの牧場だったのだ。ウシさん代わりはアブラムシ。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17403197.jpg



   真昼間でも萎れないで元気にしてた、ムラサキツユクサ。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17415109.jpg



   センニンソウの若葉でせっせと励んでいたのは、オオキイロマルノミハムシ。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17421072.jpg



   道路っぱたで、今年のMy一番花のキツネアザミを見つけた。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17423051.jpg



   石垣を覆い尽くしていたヒメツルソバ。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17425429.jpg



   あるお宅の塀際で見つけた、コスモス一輪。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17444130.jpg



   晴れた日のマツバギクは、強烈な日差しも見事に跳ね返すレシーバー。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17450633.jpg



   ブルーベリーの花。花も実も紅葉も、一粒で三度おいしい優れもの。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17452671.jpg



   手前のチューリップは、花茎が合体して三本の矢みたいになっていた。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17454264.jpg



   自分じゃ若いつもりの翁が撮った、オキナグサじゃ。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17461000.jpg



   本格的な「翁」らしくなるのはもうちょっと先みたいだね。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17463829.jpg



   なんかぁ~、妙に生々しいおふたりさんで、撮っちゃ悪いような・・・。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17470493.jpg



   オニグルミの雌花、幸運にも思いがけないところで見つけられた。
家の近くで ブラ小父さま_c0305565_17473035.jpg

by h6928 | 2020-04-30 18:54 | 季節もの・春 | Comments(4)

家の近くで雑草などを


昨日 ( 04/28 ) も、
もったいないような良い天気で、
午前中はせっかく家にいるのだからってことで、
少しは庭の雑草たちを抜いたりと
手入れをして過ごした。

午後はもしかしたら
雷様がいらっしゃるかしら?
なぁ~んて心配しながらも、
気晴らしに近くまでカメラを持参で
歩いたりした。

午前中に引っこ抜いてしまった
雑草たちの罪滅ぼしのためにもと、
我が家以外に元気でくらしている雑草などを中心に、
なるべく綺麗に撮ってあげようかと
頑張ってみたのであった。

いよいよ雷様が来そうな雰囲気になる寸前に家に戻って、
コロナのニュースなんぞを見たりしていたけれど、
結局、雷様はこの辺はお気に召さなかったのか
素通りしてしまったようだ。

やれやれ、心配して損したよ。
でもね、何事も無いのが一番の幸せだよね。
近頃はそれを強く感じる。






   住宅街の空き地ではセイヨウタンポポが強いのかな?ハチさんもガンバル。
家の近くで雑草などを_c0305565_17241335.jpg



   カタバミの赤味が濃いタイプのアカカタバミさんは、強かに生きている。
家の近くで雑草などを_c0305565_17243466.jpg



   一頃まではピンクのカタバミと言えばこのコ、ムラサキカタバミだったっけ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17342450.jpg



   最近は人家近くではよく目にするのがこのコ、イモカタバミ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17344155.jpg



   ノミノツヅリは「蚤の綴り」で、綴りは布を繋ぎ合わせた粗末な衣だとか。
家の近くで雑草などを_c0305565_17245113.jpg



   オランダミミナグサに絡めとられたのか、しがみついたのか?タンポポの種。
家の近くで雑草などを_c0305565_17251485.jpg



   キュウリグサさんには、接写マン魂をつい刺激されてしまう。
家の近くで雑草などを_c0305565_17254537.jpg



   いつの間にかマツバウンランさんが、近所にも侵入していた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17260982.jpg



   カラスノエンドウさんは、空に抜ける位置にあったので、試しにね。
家の近くで雑草などを_c0305565_17262234.jpg



   三本の矢が纏まれば折れない。五本の蔓が捩れたら?スゲ~丈夫104.pngアケビさん。
家の近くで雑草などを_c0305565_17264196.jpg



   斑入りのアマドコロがわさわさ。半野生でも丈夫なもんだ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17272229.jpg



   剛力ちゃん、じゃなくって・・・アヤメさん。この辺じゃ一番花だと思う。
家の近くで雑草などを_c0305565_17275791.jpg



   こちらはジャーマンアイリス。分かりやすいように幅広の葉も入れた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17281805.jpg



   フランスギクさんは虫さんに大人気。クロヤマアリさんも来ていた。
家の近くで雑草などを_c0305565_17285999.jpg



   ヤグルマギクさんもせっかくだから綺麗に撮ってあげたい。
家の近くで雑草などを_c0305565_17291488.jpg




家の近くで雑草などを_c0305565_17293239.jpg



   ゲラニウム・カロリニアヌムの葉っぱが綺麗。なぁ~んてね、アメリカフウロ。
家の近くで雑草などを_c0305565_17295849.jpg



   家庭菜園の新タマネギがそろそろ収穫適期だ。大きなお世話か105.png
家の近くで雑草などを_c0305565_17303110.jpg

by h6928 | 2020-04-29 18:39 | 季節もの・春 | Comments(4)

懐かしい野良で 花や虫


昨日 ( 04/27 ) は、
中二日空けた後の買い物に行かなくちゃーという名目で、
ついでに人のいない元・生家辺りに撮りに行った。

限界集落という程ではないけれど元々人口は少ないから、
普段でもめったに人に逢うことも無いので安心して行ける。
なぁ~んてね、自慢できることじゃないけれど
こんなご時世には大助かりなのだった。

そして、いつもの場所よりは少し外れて
イノシシの食害やら、米の価格の低迷やら、農家の高齢化など、
諸般の事情があって耕作が放棄された山の中の元・田んぼに、
何かあれば良いなと立ち寄ってみた。

すると、思いがけなく
ゲンゲ(レンゲソウ)の群落を見つけた。
ははぁ~、こんなところに残っていたんだ!

緑肥として利用されるときは、
種が熟す前に田んぼに鋤き込まれてしまうから
毎年種まきをする必要があるのだろうが、
耕作放棄されたことによって生き残れたんだねぇ・・・・。

複雑な思いでその花を撮ったのだった。






   これなぁ~んだ? 誰も撮りそうもないけど、クサノオウのツボミだよ😄
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17141268.jpg



   すぐ隣ではナナホシテントウさんが、何やら真剣そうに。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17142566.jpg



   別のコマで部分拡大して見ると、アブラムシを捕食中だった。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17143750.jpg



   ハルジオンに来たベニシジミ。今年のこのシーン初撮り。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17145141.jpg



   ウスジロカントウタンポポとノーマルなカントウタンポポが濃厚接触だ。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17150748.jpg



   オオジシバリだけだと寂しいので、オオイヌノフグリの青も添景に。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17151983.jpg



   横に這うフラサバソウに、オオイヌノフグリも乱入しているのが見える。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17154949.jpg



   これはフラサバソウの花。摘んで左手に持って撮ってみた。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17160182.jpg



   オオイヌノフグリとは似ているけれど、ちょっと違う実をアップで。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17161717.jpg



   スズメノテッポウは、子供のころに草笛にして遊んだ懐かしい草。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17163810.jpg



   ノラのムスカリも、だいぶ先っぽ迄咲き進んだ。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17165407.jpg



   暗い林に入ると、マムシグサのお出迎え。不気味っぽく撮るぞ105.png
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17171235.jpg



   これはイノデかな?この仲間は似たものが多く、素人には区別は難しいや。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17172490.jpg



   最近耕作放棄されたっぽい元・山田に、レンゲソウ(ゲンゲ)を見つけた。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17174598.jpg



   嬉しくなって、ついつい寄って撮りたくなるのが接写マンの習性。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17175685.jpg




懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17180962.jpg



   ゲンゲの咲く傍の石に、日光浴をしているシオヤトンボを発見。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17182778.jpg



   さらに先の石は特に暖かったのかな?こんなに集まっていた。
懐かしい野良で 花や虫_c0305565_17183920.jpg

by h6928 | 2020-04-28 18:34 | 季節もの・春 | Comments(4)