カテゴリ:植物園( 82 )


今回は5月4日に撮った在庫から

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンでの

花とチョウをご覧ください。






   シャガって個々の花は短命でも、全体としての花期は長くて、まだ綺麗。
c0305565_08501225.jpg






   木漏れ日の当たる、コデマリ。
c0305565_08502558.jpg






   ドイツスズランは案外写真には写しにくい。これは良い位置にあった。
c0305565_08504643.jpg






   小ぶりなスイレンの花も、引き寄せて撮ればそうと分からない。
c0305565_08510213.jpg






   ニワゼキショウは、カンカン照りの太陽光がお好き。
c0305565_08511293.jpg






   およそ「らしくない」チューリップ。これもありなの?
c0305565_08512414.jpg






   セイヨウトチノキかな? 高い梢の花は超望遠で引き寄せた。
c0305565_08514096.jpg






   ベニバナトチノキにも花がいっぱい。
c0305565_08515030.jpg






   太陽光をいっぱい受け止めようと・・・、アオギリの若葉。
c0305565_08521193.jpg






   勢い良く飛び回ってお疲れの小休止、ツマグロヒョウモン♂。
c0305565_08523005.jpg



c0305565_08524374.jpg






   ツマグロヒョウモン♀って、スミレでなくても産卵しちゃうのかな?
c0305565_08530109.jpg



c0305565_08531323.jpg



c0305565_08532436.jpg






   フジの花には付き物と言っても過言ではない、クマバチ。
c0305565_08534255.jpg






   たった一輪見つけた、早起きさんのシャクヤク。
c0305565_08535757.jpg






   野菜としてのチャイブは、実はまだ味わったことが無い111.png
c0305565_08541111.jpg






   スプリンクラーのシャワーが気持ち良さそう、ボリジ。
c0305565_08542243.jpg

by h6928 | 2019-05-16 18:30 | 植物園


昨日 ( 05/11 ) もまた晴れて暑くなりそうだったけれど、
そうそう避暑地にも行っていられないので
ぐんまフラワーパークで撮ることにした。

そろそろヒトツバタゴやハクウンボクの花が咲いているかな?
とそれが気になったので。

実際、行ってみるとどちらも咲き始めたばかりで、
遅すぎよりは全然いい感じ。

さらに、全く期待していなかったウスバシロチョウにも出逢えたし、
まだまだツキは落ちていないことが実証された。

なぁ~んて、油断していると地獄の釜の蓋が開いていて
いきなり落っこちる羽目に陥りかねないから、用心用心。

で、今回はそうして撮れたうちから
白をテーマに編集してみたので御笑覧あれ104.png







   生け垣で、この時期だけ特に目立つのは、リュウキュウツツジ。
c0305565_17405197.jpg








   フランスギクは、野生化もできる逞しさの持ち主。
c0305565_17410634.jpg








   花ではないけれど白ってことで、オキナグサの綿毛の付いた実。 
c0305565_17412938.jpg








   見た目には皆可愛いのに、選んだコで写真映えが違うドイツスズラン。
c0305565_17414142.jpg








   アマドコロも群れで咲いていると、どのコを撮って良いか迷いに迷う。
c0305565_17425550.jpg








   オオデマリは白い花の中でも、目線に直で見えるから目立つ。
c0305565_17415398.jpg








   樹高はまだ低いヒトツバタゴ。咲き始めたばかり。
c0305565_17421122.jpg


   珍しい樹なので、別名ナンジャモンジャと呼ぶこともあるとか。
c0305565_17422594.jpg








   フタリシズカは、一人から4人くらいまでいろいろあり。
c0305565_17424595.jpg








   『ニュートンのリンゴ』の花がまだ少し残っていた。
c0305565_17431946.jpg








   この辺りのサワフタギは、今が花盛りみたい。
c0305565_17441637.jpg








   ハクウンボクは、花序の下から咲き始めたばかり。
c0305565_17433685.jpg



c0305565_17434578.jpg



c0305565_17435654.jpg








   ヒメウツギで熱心に吸蜜していたウスバシロチョウの男のコ。
c0305565_17443228.jpg



c0305565_17444242.jpg



c0305565_17445343.jpg


   よほどお腹が空いていたのか、この場から離れようとしなかった。
c0305565_17450252.jpg

by h6928 | 2019-05-12 18:56 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 05/08 ) は
二日連続で軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

昨日のブログをアップするために、
一昨日の写真を点検・整理していたところ、
何気なく試みに撮ってみた鳥が、じつは
コムクドリだったと判明し、
でも、とても見てもらえるような写真ではなかったので、
今度こそしっかり撮ろうと、一応はね、
挑戦者魂に火が点いたのだった。

で、一昨日よりは風も穏やかだし気温も少し高くなり、
高原の爽やかな空気を満喫していると、すごく気持ちが良い。

って、のんびりしている場合じゃないんだけれど、
やっぱり気は緩むんさぁね。

肝心なコムクドリさんは全く見られなくて、
ヒヨドリが彼らにしては珍しく、
サイレントヒヨさんで姿は見かけた。

ウグイスも囀りながら藪くぐりを繰り返していて、
一応これも撮ってはみたけれど、
枝被りで使い物にはなりそうに無い。

そんなこんなで、
二日連続の挑戦もむなしく終わるかな?
と諦めかけて出口近くまで来て、
ふとまだ葉の出ていない梢を見上げると、
何やら不自然な固まりが見えた。

ゴミ?枯葉?と疑いながらもカメラで見ると、
そう!求めていた小椋ちゃん。
わざわざ来た甲斐があったのさ。

数カット撮ったところで飛び去ってしまったけれど、
まるで撮れなかったことを想えば、上出来上出来102.png








   シダレザクラの花を、下から見上げて青空に抜いてみた。
c0305565_17570469.jpg








   ザイフリボクの花と、まだ柔らかそうな葉が目にやさしい。
c0305565_17582811.jpg








   ハナノキの花が終わって、もう実の木になっていても紅い。
c0305565_17571953.jpg








   逆光で輝かせると、枝垂れカツラは金髪のウィッグ?
c0305565_17585059.jpg







   ワスレナグサが「忘れないで!」と声なき声で呼びかける。
c0305565_17593176.jpg








   キジムシロがそこかしこで咲いていたけれど、キジさんはいないなぁ。
c0305565_17595801.jpg








   木橋の上からサワオグルマを撮る。
c0305565_18001182.jpg








   小さな流れの傍に咲いていた、ミツガシワの花。
c0305565_18002472.jpg








   こんな可愛らしいオダマキを見つけられて、嬉しい。
c0305565_18003786.jpg








   原種チューリップの花が、ここまで開く‼というほど全開。
c0305565_18005347.jpg








   今年はヒトリシズカのこの姿をここで見られたから満足。
c0305565_18011104.jpg



c0305565_18012623.jpg








   ガラス窓と、モミジの新緑や花も。
c0305565_18014354.jpg








   前日よりは風も弱まることが増え、水鏡っぽい風景も。
c0305565_18015484.jpg








   黒くなったクサガメが、のんびり日光浴をしていた。
c0305565_18030672.jpg








   諦めかけて、最後の最後に姿を見せてくれたコムクドリ。
c0305565_18021048.jpg



c0305565_18021979.jpg



c0305565_18023111.jpg

by h6928 | 2019-05-09 19:19 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 05/07 ) は、GWが明けるのを待っていて、
しかも雨上がりの爽やかな天気にも恵まれたので、
もう渋滞の心配も無いから軽井沢に行った。

そう、ボクには定番のレイクガーデン。

やっぱり碓氷バイパスを登るにつれて季節は逆転して行き、
峠の中腹辺りからサクラの花が見られる。

さらに昇って峠の頂上辺りではまだ冬景色に近い。
レイクガーデンは峠越えから下って少し先なので
サクラが咲いて新緑が萌え始めたくらいの春景色が拡がっていた。

前夜に寒冷前線が通過して
大陸の高気圧に覆われたせいもあり
けっこう寒いし風も強い。

接写にはキツイ条件ではあったけれど、
そこで過ごすには気分爽快ではあった。

とか何とか言いながら、さすがに3時近くになると
寒さに負けてスゴスゴ退散したのであった。








   群馬の平地では終わってしまったチューリップも、シーズンイン
c0305565_17405318.jpg



c0305565_17410306.jpg



c0305565_17411412.jpg



c0305565_17413798.jpg



c0305565_17414888.jpg



c0305565_17420623.jpg



c0305565_17421848.jpg



c0305565_17423009.jpg



c0305565_17424123.jpg








   ゼンマイは遅い春を待ちかねたように、背伸びをしているよう。
c0305565_17431172.jpg








   クサソテツの若葉も綺麗。出たては美味しい山菜・コゴミ。
c0305565_17432453.jpg








   カツラの若葉は緑のハートがいっぱい。
c0305565_17434812.jpg



c0305565_17435867.jpg








   マルバノキだってハート形だよ。
c0305565_17440888.jpg







   はるか遠くのキセキレイも、P1000なら撮れちゃうのが凄いなぁ。
c0305565_17442174.jpg








   せっかくだから爽やかな風景も撮っておいたんだ。
c0305565_17443571.jpg



c0305565_17444447.jpg








   最後は四つ葉がいっぱいのクローバーで、幸せのおすそ分け。
c0305565_17445352.jpg

by h6928 | 2019-05-08 18:18 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 05/06 ) は日中はほぼ曇り空で、
いつ雨が降りだすか分からない天気だったから、
市内の『アイリスの丘』で撮ることにした。

行ってみるとそんな天気だし、
思ったほど人も多くなくゆっくり撮れた。

それよりも、オーナーさんも申し訳なさそうに
今年はまだ花が遅れていてアイリスが少ししか咲いていない
と詫びていた。

それでも、ポピーやら他の花たちはけっこう見られて、
ガッカリするほどでもなかったから
充分許せる範囲だった。

景気よくドバァ~っと咲いているところは撮れないけれど
まだ咲きたてのフレッシュな花は遅すぎるよりは全然マシで、
そのジャーマンアイリスを丁寧に撮ってみた。

そのほかに虫さんも少し撮れたから、
厳選したものを載せることにした。

在庫になってしまったのも、
いつか復活させてあげられればいいなぁ。








   今年は花期が大幅に遅れているとか、ジャーマンアイリス。
c0305565_17364178.jpg



c0305565_17365255.jpg



c0305565_17370254.jpg



c0305565_17372110.jpg



c0305565_17373348.jpg



c0305565_17374432.jpg



c0305565_17375790.jpg
c0305565_17380855.jpg









   ダッチアイリスは、すっきりスリムのまた違う趣で好き。
c0305565_17384291.jpg



c0305565_17391073.jpg








   これは剛力ちゃん、じゃなくてアヤメだね105.png
c0305565_17392345.jpg








   ミツバチさんは、クリムソンクローバーの花から花へブンブンブン。
c0305565_17394582.jpg









   ヤグルマギクでは蜜も花粉も奥まっているのか、苦戦中。
c0305565_17400478.jpg








   こちらではブルーベリーの花の前でブンブンブン。
c0305565_17401871.jpg








   ハナビシソウの花の中にヤブキリベビーが。触角が1本欠けてるね。
c0305565_17403452.jpg








   シャクヤクのツボミには、なぜか蟻んこが付きもの。
c0305565_17404436.jpg








   このこはだぁ~れ? フジの葉を食べるフジハムシでしたぁ~。
c0305565_17405704.jpg








   ナナホシテントウは葉っぱの陰にかくれんぼ。でも、めっけたよ。
c0305565_17410621.jpg

by h6928 | 2019-05-07 18:25 | 植物園 | Comments(4)

モクレン科の高木三種


GW期間中でお天気も良いから、
あまり混まない所でという条件にプラスして
ウケザキオオヤマレンゲが撮れるのを
期待して昨日 ( 05/04 ) は
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

いつもよりは入園者も多いけれど、
混んでいるというほどでもない。

お目当てのウケザキオオヤマレンゲは、
咲いてはいたけれど高いところばかりで、
見上げる位置でしか花は見えない。

どうせそんなもんだろうと、
カメラはこんな時にこそ威力を発揮する新兵器
P1000を用意して行ったから、それが功を奏した。

花をのぞき込むのは無理でも、遠く離れれば、
見上げるよりは水平にいくらかでも近くなる。

このウケザキオオヤマレンゲは
オオバオオヤマレンゲとホオノキの雑種で、
花がホオノキと同じように上向きに咲くのが特徴なのだった。

樹高もホオノキほどではないけれど、けっこう高い。
他ではこの木は見たことが無いので貴重な存在だ。

ついでに片親のホオノキも咲いていたので、
それも遠くから撮る。
さらにもう一つついでに
ユリノキまで咲いているのに気が付いて、
モクレン科の三役揃い踏みになったのだった。








   思ったより早めに咲き始めたようでも、高いところばかり。   
c0305565_17393390.jpg



c0305565_17424953.jpg



c0305565_17394724.jpg



c0305565_17395713.jpg



c0305565_17401509.jpg



c0305565_17402568.jpg



c0305565_17404786.jpg


   一番低く咲いていたのを、枝を手繰って至近で撮った。
c0305565_17410063.jpg








   片親に当たるホオノキの花も、何とか撮れた。
c0305565_17414033.jpg



c0305565_17415979.jpg



c0305565_17412626.jpg



c0305565_17422214.jpg








   属違いでも同じモクレン科の、ユリノキもよく見ると咲いていた。
c0305565_17431846.jpg



c0305565_17432845.jpg



c0305565_17433890.jpg



c0305565_17435044.jpg



c0305565_17440387.jpg

by h6928 | 2019-05-05 18:26 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 04/29 ) もGW中の良いお天気で、
翌日からは雨の予報も出ているだけに
行楽地は賑わったようだ。

フラワーパークも混むだろうとは予想できたけれど、
開園当初の混雑から比べれば大したことないさ、
と勝手に決めつけてあえて行ってみた。

南駐車場が珍しく満車で、
いつもは閉鎖している北駐車場も開けたそうなので
そっちへ回ると何とか置くことができた。

それでもこの時期に割と簡単に置けるのだから、
昔とは比べ物にならないほど人気は低落傾向なんだろう。

で、そうしてまでここに来たかったのは、
今の時期を逃せば撮れそうにない、
ヤエザクラたちを撮りたかったから。

一応名札が出ているので、
品種名が分かるのは撮って来た。

風が吹けばハラハラ散り始めていたから、
昨日行っておいたのは正解だったナ102.png








   ギョイコウ(御衣黄)
c0305565_17590571.jpg



c0305565_17591644.jpg








   ショウゲツ(松月)
c0305565_17592790.jpg



c0305565_17593809.jpg








   コウカ(紅華)
c0305565_17594905.jpg



c0305565_18000192.jpg








   ハナガサ(花笠)
c0305565_18001546.jpg



c0305565_18002564.jpg







   ヨウキヒ(楊貴妃)
c0305565_18013954.jpg



c0305565_18015312.jpg








   フゲンゾウ(普賢象)
c0305565_18021354.jpg



c0305565_18022525.jpg








   代表的なヤエザクラは、このカンザン(関山)
c0305565_18024020.jpg



c0305565_18025387.jpg








   各種のヤエザクラが混じって写せるポイントは少ない。
c0305565_18031678.jpg








   白花のハナズオウ。てっぺんのハート形の葉は入れたかった。
c0305565_18032998.jpg







   一重のヤマブキは、半日陰で咲いていた方がいい感じ、と思う。
c0305565_18034095.jpg








   ハンカチノキにハンカチがいっぱい。去年の実も残っていた。
c0305565_18035108.jpg


   写真を撮る人も後を絶たず、人気者。
c0305565_18041339.jpg

by h6928 | 2019-04-30 18:42 | 植物園 | Comments(2)


去年の11月5日から冬期の閉園期間に入っていた
軽井沢レイクガーデンが4月19日からオープンするとのことで、
昨日はさっそく行ってみた。

安中の市街地を抜けて碓氷バイパスを走っていると、
軽井沢方面に近付くにつれて
タイムマシンで過去に向かう気分がする。

それだけ標高差があり、
気候もずいぶん違うのが実感できる。

そして、およそ半年ぶりにスタッフさんたちに迎えられ、
今年も庭園倶楽部会員証を入手して
さっそく色々な花などを撮り回る。

家を出るときから曇り空だったので
軽井沢だし寒いだろうと、
厚手のジージャンを着て行ったのだけれど、
それが裏目に出てしまった。

案外気温が上がったのだ。
2日連続で服装選択ミスを犯してしまったわい (ー_ー)!!
でもね、寒いよりはずっとましだからいいや。

ビロードツリアブも出てくれたしね。
なんだかんだでいっぱい撮れてしまったので、載せきれないなぁ。

だから、この写真たちは厳選ものなんですぞ (^_^)v ってことで。







   無料エリアで、先ずは「雑草」のイヌナズナに惹かれた。
c0305565_17452887.jpg







    ラナンキュラスは、地味目の花が多い中でひときわ派手。
c0305565_17454269.jpg







   優しい色のヒアシンスが、入ってすぐに迎えてくれる。 
c0305565_17455750.jpg







   最近は野生化も目立つ、ビオラ・ソロリアのプリセアナ。
c0305565_17461963.jpg







   まだウッドチップなどが目立つ園内に、フキノトウの存在感も。
c0305565_17470702.jpg







   ムスカリもいろんな色のがあった。とりあえずブルーとピンクを。
c0305565_17473099.jpg



c0305565_17474362.jpg







   平地ではもう終わってしまったヒュウガミズキや、
c0305565_17480982.jpg







   サンシュユも花盛り。
c0305565_17481982.jpg







   何ヤナギかな?たぶん雌花序と見たけれど???
c0305565_17485006.jpg







   シロヤマブキはまだ冬から抜け出さないまま。
c0305565_17490181.jpg







   クローバーコレクションが豊富で、これはその内の一つ。
c0305565_17494593.jpg







   ユーフォルビア・キパリッシアスの、クラリスハワード。
c0305565_17500466.jpg







   シラー・シベリカに、ビロードツリアブが来ていた。
c0305565_17501922.jpg
 






  早咲きの原種チューリップは、可憐なのにどこかワイルド感あり。
c0305565_17504332.jpg







   小さなスイセン、ミノウという初見の品種。
c0305565_17505734.jpg







   たくさん咲いていたプルモナリアの、ブルーが清々しい。
c0305565_17515454.jpg







   100mm(フルサイズ:160mm相当)でもこんなに大きく写る浅間山。
c0305565_17521134.jpg







   仲良しのカルガモがボクを見て泳ぎ去る。手前にアサザが点々と。
c0305565_17522335.jpg







   冬鳥としてやってくるダイサギが、悠然と飛んで行く。
c0305565_17523583.jpg

by h6928 | 2019-04-20 19:17 | 植物園 | Comments(4)

色とりどりの 花や葉

最近本当に日替わり天気で、
昨日 ( 04/14 ) はまた曇り空に戻ってしまった。

夕方からは雨の予報も出ていたけれど、
昼間の間は何とか降られずに済んだ。

撮影候補地の方は、そろそろまた
イングリッシュガーデンも良いかなってことで、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに決めた。

曇りの日には光も回りやすいし
風も吹かないのが接写には良い。

まだ虫さんはあまり登場してくれないけれど、
花の撮影ならガーデンは格好の撮影地になる。

実際に着いてみると、
当初危惧していたほどには雲も厚くならずに
むしろ時々青い部分まで見えて、
変な影もできない理想的な天候になって良かった。




   エントランスから見た風景。イギリス感が漂うかな?
c0305565_17483959.jpg






   中ほどに進むとこんな感じ。
c0305565_17485564.jpg






   で、花の方は、先ずは黄色からで、トップバッターはスイセン。
c0305565_17451831.jpg






   一瞬洋ランの一種と見間違えそうだった、初見のスイセン。
c0305565_17454379.jpg






   黄色いカタクリはピークを過ぎていて、間に合った代表としてこれ。
c0305565_17452868.jpg






   ヤマブキと黄色いチューリップのコラボ。
c0305565_17455861.jpg






   黄色というより淡い緑? マツバトウダイはユーフォルビアの一員。
c0305565_17461044.jpg






   次は白い花たちで、この白いスイセンは印象的だった。
c0305565_17463424.jpg






   シロヤマブキの清楚な白。まだ折り目のある葉っぱも新鮮。
c0305565_17464814.jpg






   リキュウバイの園芸品種 “ザ ブライト”
c0305565_17465895.jpg






   白の次にはピンク系で、こんな色のモクレンもあった。
c0305565_17471760.jpg






   ピンクのチューリップは初恋の色(ボクには似合わないコメントかな?)。
c0305565_17473238.jpg







c0305565_17474414.jpg






   萌え出るカエデの若葉。背景はハナモモで飾る。
c0305565_17480009.jpg






   ハンガリーオークの葉っぱの赤ちゃん。
c0305565_17481193.jpg

by h6928 | 2019-04-15 18:49 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 04/13 ) は良く晴れて
気温もそれなりに上がったので、
本当なら一昨日行くはずだったぐんまフラワーパークに、
チューリップを撮りに行った。

この園にしてはかなりの人出で、
駐車場に整理の傭員が配置されており、
あらまぁ珍しい!なぁ~んて失礼ながら感心するほど。

確かに、この時期の土曜日にガラガラでは
存在意義も疑われてしまうから、
程々には混んでいなくちゃ仕方ないや。

それでも、人をなるべく入れないで撮って来たから、
家に帰ってPCに取り込んだのをスライドショーで見てみると、
なぁ~んかぁ~、閑散としたフラワーパークに見えてしまう。

「人を入れないように」気を付けて撮ったからであり、
決して閑散としてたわけじゃないことは、
念のために述べておこう。






   ちょうど見ごろだった、フラワーパークのチューリップたち。
c0305565_17555732.jpg



c0305565_17561826.jpg



c0305565_17565135.jpg


   背後に見える赤紫の花は、ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)。
c0305565_17573465.jpg



c0305565_17575154.jpg



c0305565_17581277.jpg



c0305565_17582210.jpg






   4月でも案外頑張って咲いている、ジュウガツザクラ。
c0305565_17585466.jpg






   『駿河台匂』という、匂い桜。江戸期に駿河台で見つかった品種。
c0305565_17590943.jpg


   少しアップ気味のも撮ってみた。香りは分からなかったけど・・・・。
c0305565_17592150.jpg






   「竹の秋」に近い竹を背景に、白いハナモモ。
c0305565_17593435.jpg






   シラネアオイが咲いていた。本当の山よりは早いんだね。
c0305565_18000325.jpg






   妙に鮮やかなオキナグサがあった。ハイカラ爺さんかな102.png
c0305565_18002808.jpg






   カツラの葉っぱはハート形。背景にはヨコハマヒザクラを。
c0305565_18005371.jpg






   ベニシジミがスイバの葉っぱで見え隠れ。産卵中だったのかな?
c0305565_18010753.jpg






   展望タワーから見た赤城山。この時期にこんなに雪が‼
c0305565_18011817.jpg

by h6928 | 2019-04-14 18:48 | 植物園 | Comments(4)