カテゴリ:植物園( 102 )


昨日 ( 08/30 ) もまだまだ猛暑が継続し、
天気予報では雷に注意しろと呼びかけているのに、
どうも雷様や雨雲に縁遠くカラカラ続きだ。

午後になってしまったけれど
ぐんまフラワーパークを目指して出かける時は、
四方八方から入道雲が立ち上がっていて、
さながら幕内力士の土俵入りみたいだったから、
正直、帰りはヤバいかな?と
心配までさせてくれた。

パークで撮影中も、
時折分厚い雲が太陽を遮ってくれたりして
あまり暑さも感じずに撮れたのはその雲のおかげかな。

でも、帰りの車に乗り込んだ時の
外気温表示は32℃だったのに、
家に近付くにつれてぐんぐん数値が上がり
最高は38℃まで表示された。
いやぁ~、まだまだ暑いのう。

家に帰っても部屋の中は35℃じゃあ、ウンザリだ。
夕方暗くなって雨戸を閉めるときは
ツヅレサセコオロギの鳴く音が聞こえて
少しは秋気分もあったのに・・・・。

期待だけさせられた雷様は、
深夜にずいぶん遠くの方でピカピカしてた。
雨はほんの少し、打ち水にもならないくらいは
痕跡が残っていたなぁ。




   赤とんぼは、まだアキアカネは少数派。赤くなったナツアカネが多い。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17243550.jpg




フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17245985.jpg




フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17251124.jpg



   モミジアオイは真夏のイメージ。まだ気温は真夏だね。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17252329.jpg



   ピンクのタイタンビスカスも、花弁が細くなっていた。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17253774.jpg



   キバナコスモスには虫さんの訪問に期待したけれど、空振り。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17255397.jpg



   ヤブランの緑の実がこんなにも。いつの間にか秋近し?
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17261211.jpg



   ノウゼンカズラはもう長らく咲き続けている。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17263150.jpg



   キョウチクトウも花期は長いねぇ。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17264412.jpg



   エノコログサは「犬ころ」から。種類も多く何エノコロかは分からないや。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17265472.jpg



   貧相なスイカの蔓にミニミニスイカがなっていた。比較に時計を。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17271267.jpg



   やっぱり子供たちにはこういう場所が大人気だね。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17272744.jpg



   暖房の止まった温室で、モモイロノウゼンの花。エルサドバドルの国花。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17280038.jpg




フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17281404.jpg



   これも温室で、ビレアシャクナゲ。ヒマラヤ、アッサム原産。花は初見。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17282567.jpg



   大好物のヤブガラシを食べ尽くして、困っているセスジスズメの幼虫。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17285802.jpg



   すっごい久し振り、アケビコノハの幼虫さん。左側が頭だよ。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17290946.jpg



   良い住処を見つけたね、アマガエルちゃん。
フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17312795.jpg




フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17313907.jpg




フラワーパークで 夏物秋物五目撮り_c0305565_17314999.jpg

by h6928 | 2020-08-31 18:34 | 植物園 | Comments(6)

もう本当に暑いのは勘弁してほしいよね、
と嘆いても相変わらず
昨日 ( 08/19 ) も暑くなるとの予報が出る。

朝早めに起きるようにして、
窓という窓を開け放ち
新鮮な空気を家中に入れるべく努め
澱んだ悪い「気」ごと追い出してから
頭の回転が少しだけましな状態で画像処理も行う。

そして、いらないと判断した画像は
とっとと捨ててしまう。

この際に残すべきものまで捨てないようにするには
やっぱり頭が冴えていないとダメなんだいねぇ103.png

てなことをやっているうちに
時間はどんどん過ぎ去って、
結局またもや新しい写真を撮りに出るには
最も「危険」な時間帯になる。

で、この日、行ったのはぐんまフラワーパーク。
着いたのが午後の暑い盛りでも、
思ったほど温度は高くない。32℃くらいかな。

このくらいなら全然ヘーキさ・・・と
その昔、夏休みに川遊びや虫捕りをした
子供のころみたいに過ごしたのだった。

意外と今日は涼しかったのかな?
と思いながら帰ってくれば、
家の中はしっかり36℃と温度計が告げている。

そうか、フラワーパークは冬も平地より寒いから、
逆に夏は涼し目だったのだね。
・・・にしても、猛暑日はいつまで続くのやら。






   自分で勝手に生えているんだろうな、タカサゴユリたちそれぞれ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17331307.jpg




フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17332456.jpg




フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17333777.jpg



   ラッキーセブン‼じゃぁ~。こんなお遊びも楽しい111.png
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17335427.jpg



   まだ出たてほやほやのパンパスグラスの穂。初々しさが良いなぁ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17345501.jpg




フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17350701.jpg



   ツボミも花も咲き終えたのも、花序でさえ見分けがつきにくいイノコズチ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17351717.jpg



   肉厚で汚白色?のモンステラの花。人知れずこっそりと咲いているみたい。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17353331.jpg



   花の外側から萎れ始めていたアメリカフヨウ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17355794.jpg




フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17361316.jpg



   昔懐かしいモミジアオイ。今年はいっぱい植えられていて嬉しい。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17362882.jpg



   散りそうな花を手に取って、後ろ側を接写してみた。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17364008.jpg



   これってタイタンビスカスのはずだったのに、今年は花弁がこんな。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17365952.jpg



   フヨウの葉っぱはボロボロ。花の左斜め後ろに犯人の姿が・・・・。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17371756.jpg



   犯人はこのアオイ科大好きな、フタトガリアオイガの幼虫。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17372665.jpg



   いろんな花をふと見ると、大概いるほど多くなったイチモンジセセリ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17380952.jpg



   ひとりでストローをあれこれ動かして、遊んでいるようなコも。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17382644.jpg



   食うに足りた者同士は、求婚熱心。焦らす♀(奥)と迫る♂
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17384100.jpg



   マルバノキのこんな色の葉も、視野狭男にとって見逃せない。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17390376.jpg



   ルリタテハに居場所を教えてもらった、♂のカブトムシ。
フラワーパークで 残暑ニモマケズ五目撮り_c0305565_17391745.jpg

by h6928 | 2020-08-20 18:50 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 08/17 ) も
猛暑日・酷暑日が予想されたので、
やっぱり日中は少しでも涼しいところへ避難しようと、
軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

連休中は往復の道路も混みそうだったので
遠慮していたけれどもう大丈夫だろうと余裕でね。

それにしても、もう出かける時からして30℃だし、
平地にいたのではマジでヤバそうだもんね。

軽井沢に着いた時には
25℃の表示が道路にも出ていて
それを見るだけで来た甲斐があろうというものだ。

ガーデンでは、
到着直後はまだ涼しかったけれど、
やっぱり高原であっても気温は上がる。

でもさすがに平地にいるよりははるかに快適で
写ん歩しながらも天然のクーラーとも言える
涼風を浴びられる。

楽しく過ごしてもあっという間に時間は経ち、
帰る時刻になるのが苦痛に思えるほど。

帰りの車中の温度表示が
じわじわと数値が上がってくるのが恐い。

でも、日没前に
そこそこの通り雨が来てくれたのは儲けもの。
光物や歌舞音曲なしの
単なる雨だったのがなおよろしい。






   駐車場からすぐの無料エリアで、爽やかなバラ・モリニューが迎えてくれる。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17400885.jpg



   同じく無料のエリアに咲いていた黄色い花、カセンソウかな。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17402746.jpg



   お馴染み、エントランスの噴水には、ブラックベリーが飾られていた。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17404000.jpg



    何を見つめる?青い目。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17405691.jpg



   ピンクの変わった咲き方をしていたバラ、スーパー・エクセルサ。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17411011.jpg



   とても涼し気なブルーの小さなクレマチス。目から涼を呼ぶ。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17412541.jpg



   まっすぐに伸びて上を目指すストケシア。まるでボクみたい。あ、嘘、嘘。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17414292.jpg



   ロベリア・スペシオーサは、赤花のサワギキョウ。水辺が似合う。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17415414.jpg



   ボクの身長と大差ないくらいに伸びたカリガネソウに、花いっぱい。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17420826.jpg



   花本体と、影と、映り込みのスイレン。三位一体花姿、なんちゃってね。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17423385.jpg



   いっぱい咲き始めていたチコリ。スーパーで見る姿からは想像できない。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17424778.jpg



   爽やかな黄色いバラ、ティージング・ジョージア。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17425930.jpg



   ノリウツギの園芸品種・ミナヅキは、これからの花。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17431572.jpg



   まだまだ見られたレンゲショウマも、欠かせない花。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17432984.jpg



   ヌスビトハギの若い実。これを見ると秋が忍び寄っている実感。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17434426.jpg



   ようやく咲き始めたシュウメイギク。凛とした一重の花。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17440690.jpg



   八重で白系のシュウメイギクも。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17442070.jpg



   紫の濃いゲンノショウコはここで見られるのが嬉しい。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17443296.jpg



    アクタエア・パキポダ〝シルバーリーフ”の実。花の頃にも見たかった。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17444551.jpg



   スカビオサで吸蜜中のイチモンジセセリちゃん。弱みに付け込んで1枚。
軽井沢レイクガーデンで 猛暑日にも忍び寄る秋が・・・_c0305565_17453380.jpg

by h6928 | 2020-08-18 19:16 | 植物園 | Comments(8)


昨日 ( 07/22 ) は、
前夜に雨がドバドバ降った割には、
気温の方はイマイチ下がらなかったから
蒸暑くて寝苦しく多分に睡眠不足・・・。

朝になっても中途半端に明るくなって
気温も上がってくるから不快指数もうなぎ登り。

ウナギ? そうか・・・
21日は土用の丑の日だったか。
ウナギは食わなかったなぁ。
絶滅危惧種を安易に食ったら申し訳ないから、
とかは一応大義名分としておこうか105.png

・・・と話が脱線しかけるので元に戻そう。

その蒸し暑い日ではあっても、
ミラーレス一眼とマクロ60㎜の組み合わせで
カメラ差し出しバージョン撮影に気を良くしたものだから、
更にそれを深く実践してみようと、
今度はフラワーパークで撮ってみることにした。

花のある所には虫もあり、で
欲張って花も虫も撮ろうってのは、当たり前。

幸いにも雨は降りそうで降らず、
赤城山方面から冷たい風が吹き下りてきて
思いがけずに涼しく過ごせたのは儲けもの。

調子づいて500コマ近くも撮ってしまったから、
後からの断捨離のことを思うと、ちと気が重くなる。







   エントランスの植栽部で初めて見つけた、ヒオウギ1輪。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17051432.jpg



   お花の接写の作例写真として紹介されるやつね111.png
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17053177.jpg



   エキナセアって、真ん中が凹む時期もあるんだね。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17060057.jpg



   ここは夏から秋にかけては、アマガエルさんがとっても多い園。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17061288.jpg




フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17062644.jpg




フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17064625.jpg




フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17074570.jpg



   雨が降らないでいると、キムネクマバチさんも大忙しで勤労中。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17081336.jpg



   立派なお髭とお尻の白いポンポンがシンボルの、シオヤアブの♂さん。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17083815.jpg



   一般的にレア度は低くても、ボクにはレアなチャバネセセリに逢えた。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17085428.jpg



   ヒメアカタテハさんは、逆さまだって一向にかまわず吸蜜。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17091174.jpg



   ラミーちゃんより全然デカくて逞しい、ゴマダラカミキリがダリアの上に。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17094540.jpg



   お~っとぉ!飛び立った。ピン甘でも何とかセーフかな?
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17095730.jpg



   殺虫剤で?瀕死状態のオオカマキリさん幼虫。この面が撮れたのは幸運。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17101764.jpg



   逆さまの宇宙人現る‼ ってイメージも微かに(^O^) ハナグモさん。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17104192.jpg



   白いフロックスに緑のクモ。サツマノミダマシさん。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17105668.jpg



   梅雨明けはまだ先になりそうでも、ナツズイセンは咲き進む。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17111921.jpg



   コムラサキは花も紫。紫の実の頃もまた見てみたい。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17113802.jpg



   花をいっぱい付けたヤマユリ。けっこうゴージャス版だ。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17115303.jpg



   ワレモコウは上から下に咲き下りてくる。今、中断まで来ていた。
フラワーパークで 花・虫・蛙_c0305565_17120451.jpg

by h6928 | 2020-07-23 18:28 | 植物園 | Comments(4)


このところ
レイクガーデンものが多かったので、
さすがにマンネリ感が出てくるかな?ってことで、
趣向を変えるべく久しぶりに
ぐんまフラワーパークに昨日 ( 06/24 ) 行ってきた。

植物園だけに
お花はいっぱい咲いていたけれど、
連日なにがしかの雨は降っていた関係で
ちょうど行った時間帯には降りそうで降らないでいたから
待っていましたとばかりに
虫さんたちがぞろぞろと出て来ていた。

そうなると、
虫好きとしてはどうしたって虫を撮りたくなる。
お花はまるっきり無視した訳じゃないので、
撮るにはしっかり撮ってはいた。

でも、ブログに載せるのを選ぶ際には
どうしても虫を選びたい・・・、ってことで
結果的に虫ブロになってしまったなぁ。

動物分類学が浸透する前の日本では、
爬虫類も両生類も『虫』の括りに入れていたそうだから
オール虫であながち間違いはないってことで
そこんところは突っ込まないでね(^^)/






   雨模様だからって、ニホンアマガエルさん登場。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17294693.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17300040.jpg



   こっちのコの方がお腹の模様が黒い。だれ?腹黒いなんて言った人は。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17301272.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17302586.jpg



   草にしがみついているカブトムシを偶然見つけた。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17304138.jpg



   近くのクヌギに止まらせてあげた。うん、様になるねやっぱり。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17305657.jpg



   やれ打つな ハナアブ手を擦る足を擦る 一茶ならこうも詠む?
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17311109.jpg



   黄色い顔を見て男のコかと思って撮ったけど、女のコだね、クマバチさん。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17313095.jpg



   カノコガってこんなにおしゃれな色をしていたんだ146.png
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17321898.jpg



   ネジバナに吸蜜に来ていたモンシロチョウさん。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17330543.jpg


   オオチャバネセセリの、今年初見・初撮り個体さん。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17324437.jpg



   キマダラセセリは最初の旬を迎えて、たくさん目に入る。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17333361.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17335034.jpg



   この日はベニシジミをい~っぱい見られた。
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17340775.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17344836.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17350958.jpg



   サンジャクバーベナに来ていたアゲハ。この花はチョウを呼ぶね104.png
フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17352482.jpg




フラワーパークなのに虫撮り_c0305565_17353771.jpg

by h6928 | 2020-06-25 18:27 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 06/15 ) は、
撮れたお花の名前を聞くためだけに
わざわざ軽井沢まで行ったわけでもなく、
別の目的も当然あった。

そう、平地ではもう終わっているバラのシーズンが
ここでは今が咲き始めなので
咲きたてほやほやのフレッシュなバラ後撮れる
ってのも大きな魅力。

12日に行ったときよりも一段と開花が進んでいて、
イングリッシュローズガーデンのエリアでは
見違えるほど賑やかに咲いていた。

そこばかりでなく、
ガーデン全体のバラも撮るつもりだったのに、
結局あまりにもいっぱい咲いていたので
一か所限定になってしまった。

それでも撮れた写真はすべては載せきれないほど多く、
セルフでオーディションを試みて
残ったものだけが今日の採用になった。

もっと色々なバラがご覧になりたい方は
ぜひ現地で直接・・・なんていかがでしょうか113.png






   🌹まずは、イングリッシュローズガーデンの様子からどうぞ🌹
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17314991.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17320600.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17324114.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17330321.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17332985.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17334472.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17340345.jpg




軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17343700.jpg






 🌹ここからは個々のバラの品種を🌹

   ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17365991.jpg



   トラディスカント
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17371948.jpg



   ヘブンリー・ロザリン
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17373124.jpg



   クイーン・オブ・スウェーデン
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17374473.jpg



   トランクウィリティー
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17375700.jpg



   ワイルドイヴ
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17381061.jpg



   レディー・オブ・シャーロット
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17382583.jpg



   ローズ・オブ・ピカーディ
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17384417.jpg



   ウィリアムス・アンド・キャサリン
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17390579.jpg



   ムンステッド・ウッド
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17394340.jpg



   ザ・シェパーデス
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17400571.jpg



   プロスペロ
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17402591.jpg



   ガートルード・ジェキル
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17404754.jpg



   クロッカスローズ
軽井沢レイクガーデン:イングリッシュローズガーデンから_c0305565_17410259.jpg

by h6928 | 2020-06-16 18:22 | 植物園 | Comments(6)

バラ園で残り花


昨日 ( 06/03 )は、
朝の内は良く晴れていたけれど、
午後になるほど発雷確率が高まるとの予報だったので、
なるべく手早く撮って早く上がろうと、
前橋の敷島公園・バラ園で残り物のバラを撮りに行った。

肝心なバラの最盛期には閉園中だったので
撮れずにいたけれど、
運が良ければまだ少しは撮れるかな?と
「福がある」ことに期待してね。

そして、あまりにもよく晴れ過ぎるのも
花の写真には困りものだったから心配したけれど、
ちょうど入園したころから薄雲がかかって来て
期せずしていい塩梅の光線に恵まれた。

花の方はもうホントに残りわずかで
園のほとんどは緑の風景だった。

オリンパスのミラーレス機に60mmマクロだと、
咲いている位置によっては撮れる被写体も限られる。

そんな中から何とか見つけ出して
数だけは苦し紛れでもそれなりに撮れた。
今回はその中からとりあえず25枚をセレクトしてみた。

残りはいつ掲載できるか当てもないけれど、
残り物の残りだけに「福」は一層付きそうなんだけどね102.png


ってことで、名前と写真(拡大可)だけで載せるので
各自イメージを大きく膨らませたりして
お楽しみいただければ光栄です102.png



   マリリン モンロー
バラ園で残り花_c0305565_17235525.jpg



   グラハム トーマス
バラ園で残り花_c0305565_17241188.jpg



   マリア カラス
バラ園で残り花_c0305565_17242683.jpg



   グラニー
バラ園で残り花_c0305565_17244003.jpg



   シャルル ドゥ ゴール
バラ園で残り花_c0305565_17245434.jpg



   LDブレスウェイト
バラ園で残り花_c0305565_17250804.jpg



   モダンタイム
バラ園で残り花_c0305565_17252419.jpg



   ブルー ボーイ
バラ園で残り花_c0305565_17253653.jpg



   ビクター ボーグ
バラ園で残り花_c0305565_17254911.jpg



   アダム
バラ園で残り花_c0305565_17260349.jpg



   ゼフィリーヌ ドゥルーアン
バラ園で残り花_c0305565_17261448.jpg



   ブルー マジェンタ
バラ園で残り花_c0305565_17262684.jpg



   マーメイド
バラ園で残り花_c0305565_17264242.jpg



   フェリシテ パルマンティエ
バラ園で残り花_c0305565_17265694.jpg



   ケーニギン フォン デンマーク
バラ園で残り花_c0305565_17271081.jpg



   フリューリングス モルゲン
バラ園で残り花_c0305565_17273105.jpg



   ミセス ジョンレイン
バラ園で残り花_c0305565_17274334.jpg



   ルイーズ オディエール
バラ園で残り花_c0305565_17275591.jpg



   スタンウェル パーペチュアル
バラ園で残り花_c0305565_17281583.jpg



   キャトル セゾン
バラ園で残り花_c0305565_17283515.jpg



   レッド ネリー
バラ園で残り花_c0305565_17284821.jpg



   ピース
バラ園で残り花_c0305565_17291286.jpg



   ボニカ82
バラ園で残り花_c0305565_17292842.jpg



   ニコロ バガニーニ
バラ園で残り花_c0305565_17294266.jpg



   グラハム トーマス
バラ園で残り花_c0305565_17295769.jpg

by h6928 | 2020-06-04 18:26 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 05/22 ) は、晴れないまでも
雨は日中には降りそうも無いだろうからと久しぶりに
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

ここは緊急事態宣言が出ている間も
開園していたようなのだけれど、
何となく気が引けて行くのは控えていたのだった。

で、もう宣言が発令中も一部を残すのみになった事だし、
なによりもウケザキオオヤマレンゲを撮らないと
今シーズンの花撮りに禍根を残しそうな気もして、
行くことに決めた次第だ。

その、ウケザキオオヤマレンゲというのは、
オオバオオヤマレンゲとホオノキの交配種で、
名前のとおり上向き(受け咲き)に咲くオオヤマレンゲだ。

普通のオオヤマレンゲもオオバオオヤマレンゲも
花は俯いて咲き、樹高もあまり高くない。

ウケザキの方はホオノキの特徴も受け継いでいるので、
けっこう高さもあり、葉もホオノキのように厚い。
花自体もホオノキよりは小さくとも、
オオヤマレンゲよりは大きくしっかりしている。

そして、ボクが知っている限りここにしか見られない。

そんな訳で、欲張ってたくさん撮った中から
厳選して載せてみた。






   ほぼ一年ぶり、今年もウケザキオオヤマレンゲを見られた。
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17385102.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17382617.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17391346.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17400774.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17403783.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17405349.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17411145.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17412916.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17414967.jpg




   ヒラタアブの仲間たちは、キングサリや・・・・、
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17421788.jpg



   ピンクのヒメウツギや・・・・、
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17424677.jpg



   ヒナゲシにも熱心に訪問していた。
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17430608.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17434596.jpg



   花粉を美味しそうに食べていたヤブキリっ子もー。
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17432770.jpg



   オオアオイトトンボと見たけれど、縁紋が白いのは未熟だから?
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17441884.jpg



   チョウはツマグロヒョウモン女子が撮れた。
今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17443214.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17445058.jpg




今年も見られたウケザキオオヤマレンゲ ほか_c0305565_17452638.jpg

by h6928 | 2020-05-23 18:42 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 03/19 ) は、良く晴れて気温も上がり、
春本番の陽気になったので、ほぼ1か月ぶりに
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

前回は、冬期閉園明けで早春の花が中心だったけれど、
もうさすがにひと月も経つと
花いっぱいの春爛漫になっていた。

目立つところでは、ハクモクレンの大木が
まるで入道雲みたいに豪勢な花を咲かせていたけれど、
よく見るともう終わりに近く褐色に変色した部分が多い。
写真には少し残念な状態なので、それは撮るのを諦める。

それでも、あれもこれもと花々に撮らされてしまって、
数だけはドッサリ撮って来る羽目になった。
さぁそれからどれをセレクトするか???それが問題だ。

在庫に回すのも含めて、選抜するのも骨が折れる。

選抜と言えば、高校野球の選抜大会は
中止になってしまったのだねぇ。
群馬県からは久々に
2校が出場することになっていたのにとても残念だ。

夏に向けて頑張れ!という声もあるけれど、
夏にはどう頑張ったって1校しか出られないんだよね。
頑張れって、そこんところ高野連はどう保証してくれるの?

なぁ~んて、ふと思ってしまったところなんだいね。






    入園ゲートのすぐ傍に咲いていたピンクのモクレン。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17371739.jpg



春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17373579.jpg


   『ドカベン』の「男・岩鬼」を連想しちゃった、この画。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17374513.jpg





   スイセンの種類も数も多いけれど、とりあえずこの3点を。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17381586.jpg



春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17383499.jpg



春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17385566.jpg





   わっ‼ 早いな‼ ってシャガの花を見つけて感嘆。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17391206.jpg





   このガーデンはスノーフレークがドッサリ咲く。そのほんの一部を。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17394064.jpg



春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17395223.jpg



春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17400217.jpg





   ユスラウメの清楚な花に、スイセンのぼかしで色を添える。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17402430.jpg


   ソメイヨシノの幹に直接咲いた花は、他より早い目覚め。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17404366.jpg


   シデコブシはやや逆光美味で、花弁を透かせてみる。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17410540.jpg


   少しお寝坊さんのネコヤナギも、そこがまた可愛いかな。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17413089.jpg


   カシワバアジサイの新芽が初々しい。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17414341.jpg


   トサミズキの赤い葯はもう見られずに、黄色くなっていた。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17415740.jpg





   キバナセツブンソウは終わって、代わりにヒメリュウキンカが咲いていた。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17421575.jpg


   こりゃあ変わったチューリップ!と一瞬思ったけど、アネモネだった。
春爛漫のガーデンで 花々_c0305565_17423202.jpg

by h6928 | 2020-03-20 18:46 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 02/01 ) もやっぱり
西高東低の気圧配置が続くとかで、
良く晴れたけれど北西の風が吹く天候になった。

それでも思ったほどその風も冷たくないのは、
いかにも今季の冬らしい。

で、前日にサファリに持って行ったカメラをそのままで、
今度は群馬フラワーパークでも使って撮ることにした。

オリンパスのOM-D E-M1Ⅱにレンズは75~300mm。

このレンズは動物園での撮影用に買ったものだけれど、
花を撮ったらどうなのだろう?
という欲望と探求心がわいてきて、即実践してみた。

この焦点距離は一眼レフのフルサイズ換算だと倍になるわけで
最大600mm望遠で花が撮れることになる。

実際600mm相当を使うことは無いけれど
こういった施設では立ち入れない所も多いので
離れて小さな花を撮るには役立った。

こういう使い方もやってみる価値はありそうだ。






    緑の背景に錦糸卵が映えるなぁ、なぁ~んてね。マンサクもいよいよ満開か。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17361282.jpg


   これは花色が赤味を帯びたマンサク。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17353923.jpg





   去年から比べると遅いけれど、白梅もやっと花数が増えてきた。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17363434.jpg


   アカマツを背景にしても撮ってみた。ちょっと目出度い。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17364972.jpg


   分かりにくいかもしれないけど、背景はマツと竹なんだよね102.png
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17370509.jpg





   先日の重たい雪にも負けなかったんだね、スノードロップ。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17372821.jpg



望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17374216.jpg





   ロックガーデンのペチコートスイセン。花数がグンと増えた。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17375704.jpg


   黄色い大きなスイセンがようやっと咲きだしていた。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17381525.jpg


   露地植のクリスマスローズ。背を低くして伏せたように咲く姿が健気。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17384124.jpg


   まだまだ元気に咲いていたサザンカの花。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17385564.jpg





ここからは温室の花を6枚

   ファレノプシスの背景はオンシジューム。ちょっと贅沢。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17393659.jpg


   シンビジュームだろうか?名札が無いから当てずっぽうで。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17395543.jpg


   通称エビの尻尾。ホントの名前は知らない105.png
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17401617.jpg


   望遠ズームで撮ってみた、ストレリチア。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17404750.jpg


   オオベニゴウカンは、日光の当たり具合で色が微妙に違って写る。
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17411088.jpg



望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17413020.jpg





   帰りがけに見つけたカエデの赤ちゃん。文字通り赤ちゃんだったよ102.png
望遠ズームで 早春と温室の花_c0305565_17414739.jpg

by h6928 | 2020-02-02 18:42 | 植物園 | Comments(6)