2019年 07月 14日 ( 1 )


昨日 (07/13 ) は、
久々に部分的ながら青い空が見られた。
白いヒツジ雲がほぼ全天を覆い
ヒツジとヒツジの隙間がその青空だったのだ。

それでも青空には違いないのだから素直に喜ぶ。

そして、気温も久しぶりに真夏日に届こうか
というところまで上がるかもしれないとの予報が出た。

それならば、
と連荘になるけれど館林方面に向かう。
今度は多々良沼公園。
ここは水辺の公園だからトンボが色々撮れるはず。

本命はチョウトンボ。
最初のうちは全く見られなかったけれど、
諦めきれずにあちこち流離ううちに、
フェンスに囲まれた湿地にマコモが生い茂るのを見つけ、
そこで注意深く観察すると、いた‼チョウトンボ。

ヒラヒラとはるか向こうで飛んでいる。
近づけないけれど、手元にあるアイテムはP1000。
こんな時のために用意した甲斐があった。

角度的に水平位置しか狙えないので、
同じような写真しか撮れないのは残念。

でも、撮れたから無駄足にはならなかったと、
またもや足るを知るのだった。






ハンゲショウは、まだ半化粧している姿で見られた。
c0305565_17243913.jpg






   この池でハスの花を見たのは初めてだったような・・・?
c0305565_17245070.jpg


   水面に映った花も撮ってみた。
c0305565_17250171.jpg






   ちょっと傷みが出始めているコシアキトンボの♂。
c0305565_17252474.jpg






   縄張りに侵入者がいないか、見張っているシオカラトンボの♂。
c0305565_17253603.jpg


   シオカラトンボの♀も熟女になると、薄く白粉を吹く。
    成熟途上の♂だそうです。ba-mf08さんに教えていただきました。       
c0305565_17254910.jpg






   今時一番の多数派はコフキトンボ。これは老熟した♂。
c0305565_17260743.jpg


   こちらは♂型の♀。なんかややこしいけど、この型のほうが数は多い。
c0305565_17262533.jpg


   オビトンボ型の♀がいた。もうちょっと綺麗に撮りたかったなぁ。
c0305565_17275426.jpg


   こちらは仲良く♂同士。左の若造は一歩下がって・・・。
c0305565_17284934.jpg






   こう見えて、他のイトトンボも食べるという猛者、キイトトンボ。
c0305565_17290671.jpg



c0305565_17291811.jpg






   ショウジョウトンボは縄張りの見張り番。
c0305565_17293041.jpg






   遠くでヒラヒラ、チョウトンボ。止まったところをP1000で捉えた。
c0305565_17295320.jpg



c0305565_17300492.jpg



c0305565_17301545.jpg






   シオヤアブの連結。固い絆で結ばれあって、全然離れなかったよ。
c0305565_17302969.jpg






   ツマグロヒョウモン♀が、近くに来すぎて逆に困ったりした。
c0305565_17304060.jpg

by h6928 | 2019-07-14 18:34 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)