2019年 06月 19日 ( 1 )


昨日 ( 06/08 ) も相変わらず梅雨の中休みで晴天。

アジサイもハナショウブもこんな天気では・・・・と、
穫はほぼ期待薄のまま久しぶりに多々良沼に行ってみた。

冬の間から早春に、鳥撮りなんぞで何度か通った場所だけれど、
この時期に来ることって、そう言えば記憶にない。

冬の間はほぼ干潟状態だった沼も満々と水を湛えて
沼と言うより湖状態になっていた。

枯草色ばかりだった景色も、緑のヨシ原が拡がっている。

オオヨシキリさんでも出てくれないかな、との期待もむなしく、
ギョウギョウシ‼と繰り返すやかましさが聞こえない寂しさ。

救いは、ウチワヤンマがいっぱいいて、
それを撮れたので、わざわざ遠征してきただけに
他のトンボも撮れたし、空振りにはならなくて一安心。

ふと気づくと空に22°ハロ(内暈)が見られ、
さほど珍しい現象でもないけれど
これも一つの練習材料かなってことで撮ってみた。

これが見られるのは雨の予兆と言い伝えられていて、
今日まさにこの記事を書いているときに雨が降っている。

雨になる的中率は60%というから、
けっこう信頼性が高いんだね。







   駐車場から歩き出すと、まず目についたのはナツツバキの花。
c0305565_17420479.jpg







   暑いよぉ~!と悶えながらも直射日光下にいるハシボソガラスたち。
c0305565_17421582.jpg

   全身真っ黒でも、総排泄口は綺麗なピンク‼ 何を撮ってんだかねぇ。
c0305565_17422789.jpg







   アオサギが、自分は見つかっていないつもり?でいるみたい。
c0305565_17424158.jpg



c0305565_17425356.jpg







   冬とは全く違う、多々良沼からの景色。水域も広大。
c0305565_17430509.jpg







   ウチワヤンマのホバリング中を狙ってみた。
c0305565_17432561.jpg


   ここでは一番多いトンボなので、撮るチャンスはいっぱい。
c0305565_17433926.jpg



c0305565_17435138.jpg


   ほぼ真後ろになったのでこんなシャッターチャンスも。
c0305565_17440309.jpg


   今度は正面からも撮ってみよう。
c0305565_17441419.jpg


   このコはここがお気に入りのようだ。
c0305565_17443207.jpg


   何かを捕まえて戻ったみたい。
c0305565_17445071.jpg


   ☝の写真を部分拡大して見たら、獲物はテントウムシだった。
c0305565_17450138.jpg







   コフキトンボが見られたのは、この男のコ1頭だけ。
c0305565_17451750.jpg







   コシアキトンボの白黒対比が面白い。
c0305565_17453168.jpg



c0305565_17453904.jpg







   ハロが見られたので、外灯で太陽を遮って写した。雨の予兆という。
c0305565_17455463.jpg

by h6928 | 2019-06-19 18:54 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)