2019年 05月 06日 ( 1 )


昨日 ( 05/05 ) もGWの最中、
やっぱりあまり人の行かない所をと、
しかも近場で済まそうと、
観音山ファミリーパークで撮ることにした。

でも、こどもの日だけあって、いつになく来園者が多かった。

普段は閉鎖されている駐車場までが開いていて、
の人出の多さが知れる。

そのくらいのことはいくらボクでも想像できたので、
遠くなるけれどもまだ空いている駐車場に車を置いて、
ちょうど良い運動もできるとむしろ喜ぶ。

さらに、公園でも人がいっぱいのメイン広場等は敬遠して、
雑木林の起伏に富むハイキングコースへ入り込む。

そうして老体に自ら鞭を打って、
ヒーコラヒーコラ喘ぎながら回るのだった。
余計な内臓脂肪の重さが両ひざに大きな負担になって、
登りよりも下りの方がきつかったりもする。

ともあれ、年々躰の衰えを自覚しながらも
一応健康的に過ごせたから
まぁいっかぁ~、だね105.png








   数年前、園内外にキリの大木があるんだ、と気づいた。
c0305565_17481534.jpg


   女の子が生まれるとキリを植える、という言葉も、既に死語に等しい。
c0305565_17483158.jpg


   嫁入り道具にキリのタンスを持たせてあげるためとか。
c0305565_17484848.jpg


   そうして代々受け継がれてきた風習も、もう途絶えて・・・・。
c0305565_17490081.jpg


   令和の山にキリの大木が、律義にひっそりと花を咲かせるのだった。
c0305565_17491380.jpg


   超望遠側でグゥ~っと引っ張ると、花序はこんな感じ。
c0305565_17492955.jpg








   今時分になると、山々にフジ(ノダフジ)の花が急に目立ってくる。
c0305565_17500198.jpg


   林業の衰退と並行して、この傾向は強まったと思える・・・・。
c0305565_17501574.jpg


   フジ(ノダフジ)は蔓が横から見てカタカナの「ミ」の字に巻き上がる。
c0305565_17502595.jpg








   フジといえばお決まりの、クマバチの男のコをやっと撮った。
c0305565_17510639.jpg








   今回載せた中で唯一の明らかな植栽植物、エニシダ。
c0305565_17511648.jpg








   ツクバネウツギはガレ場の上縁に多い気がする。
c0305565_17512951.jpg








   木漏れ日に浮かび上がる、コバノガマズミの白い花。
c0305565_17514477.jpg








   ヒメコウゾの花は、気を付けて見ないと見過ごしてしまう。
c0305565_17515500.jpg








   雑木林で見るヤマツツジは、野趣にあふれてなんか清らか。
c0305565_17520936.jpg



c0305565_17522037.jpg



c0305565_17522936.jpg

by h6928 | 2019-05-06 18:55 | 季節もの・春 | Comments(4)