2019年 05月 03日 ( 1 )


昨日 ( 05/02 ) は、朝の内こそ怪しかったけれど、
そのうちに晴れてくると絶好の行楽日和になった。

やっぱり行楽地として有名なところは
行き帰りの時間を延々と車中で過ごすハメになりそうで、
それが嫌だから人の行かないような場所に
わざわざ行って撮ることにする。

で、選んだのが富岡市の丹生湖。
水を抜いてしまっているから、お世辞にも湖とは言い難く、
釣りで人気だったのにそれもできないと、辺りは閑散。

それはボクにはむしろ好都合で、
ゆっくり花や虫さんと遊べる。

気温が高くなり加えて風も強まったせいか、
ウォーキングの人も少ない。
強風は接写には不利だけれど、
そこは何とか老獪さでカバーする。

思わぬ初物も撮れたりして、
帰ってから名前を調べるのには苦労したよ103.png








   駐車場に咲くタンポポさん、八重桜の花莚で飾られて満足かな?
c0305565_17325201.jpg








   越冬明け後の活躍で苦労の跡が翅に刻まれている、ヒオドシチョウ。
c0305565_17332402.jpg








   タンポポ食堂で、お子様ヤブキリさん三名様が相席。
c0305565_17334371.jpg








   ヤブタビラコの花は、控えめで可愛い。見過ごされがち。
c0305565_17335425.jpg








   これは令和どころか人生における初物。ヒゲナガハナノミ、♂。
c0305565_17342013.jpg








   交尾中のヒメジョウカイ。カミキリムシとは似て非なるもの。
c0305565_17344433.jpg








   ヨコヅナサシガメの脱皮中ショット。
c0305565_17350484.jpg








   いっぱいいるから、After版も他の個体で見られる。
c0305565_17352395.jpg








   地面近くでホバリング中の、ビロードツリアブ。
c0305565_17353997.jpg








   斑紋がちょっと変わっているナナホシテントウさん、発見。
c0305565_17360139.jpg








   ジュウニヒトエの団体さん。この辺では、けっこう見かける。
c0305565_17362117.jpg








   キランソウが放射状にすくすくと伸び出していた。
c0305565_17364216.jpg








   乾燥気味な裸地でさえ根性を出して生えてくる、ノミノツヅリ。
c0305565_17370292.jpg








  半日陰の水が滲み出す場所では、コンロンソウも賑やかに。
c0305565_17371517.jpg








   この春初めて見つけた、あ!令和初か!? チゴユリの花。
c0305565_17373122.jpg



c0305565_17374365.jpg








   ドウダンツツジはいっぱい咲くので、どのコを撮ろうか迷った結果。
c0305565_17375929.jpg








   太陽光をいっぱい受けたくて?ホオノキは大きな葉を広げる。
c0305565_17381631.jpg

by h6928 | 2019-05-03 18:40 | 季節もの・春 | Comments(2)