2019年 04月 10日 ( 1 )

佐久発電所のさくら


昨日 ( 04/09 ) は、
良く晴れて青空が広がったので、
クラ巡りの一環として
渋川市にある佐久発電所に撮りに行った。

ここは現在は東京電力ホールディングスの水力発電所として
自然エネルギーの活用をしての現役の発電所でもある。

発電所に水を供給するための水圧鉄管や
その水の調整をするサージタンクなどの巨大な施設があり、
発電所付近にはソメイヨシノの古木がたくさん植えられており、
ちょっとした公園としても解放されていて、
この時期には花見客でにぎわう場所にもなっている。

小学生の頃の修学旅行の帰りに、
休憩のために立ち寄った懐かしい場所でもあり、
そこかしこに思い出が染みついていたりする。

この発電所を創った浅野総一郎氏は
浅野セメントなど多くの事業を手掛けた実業家で、
成功も失敗も繰り返した人物だそうで、
氏の妻にも相当な苦労を掛けてしまったことから、
この発電所が完成したときに、
妻(本名・作)の雅号『佐久』からとり
佐久発電所と命名したという。

う~ん、深良い話だなぁ~。
この発電所がある限り、
苦労人と奥様の話は語り継がれるのだろうな。






   巨大なサージタンクは遠くからも目立ち、ランドマークにもなる。
c0305565_17503126.jpg






   上流側にある真壁貯水池から、巨大な水圧鉄管で水が送られる。
c0305565_17504454.jpg






   ☝の同じ位置から反対方向を見る。水圧鉄管の両側に桜が咲く。
c0305565_17505481.jpg






   『ふれあい橋』から貯水池方面を見た光景。
c0305565_17512236.jpg






   同じ位置から反対方向・下流側を見る。
c0305565_17513410.jpg






   サージタンクを跨ぐアーチ状の橋と、サクラ。
c0305565_17520764.jpg



c0305565_17522334.jpg






   古木になってもまだ花をたくさん咲かせるソメイヨシノも。
c0305565_17524017.jpg






   ちょっとした広場からの景観。
c0305565_17525347.jpg






   浅野総一郎氏の『九転十起の像』。富山県氷見市を向いて立っている。
c0305565_17530908.jpg






   『九転十起の像』の言われについての説明版(拡大できます)。
c0305565_17535467.jpg






   サージタンクの根元付近。人を入れたら大きさがわかるかな、って。
c0305565_17542112.jpg






   サージタンクについての説明版(拡大できます)。
c0305565_17543499.jpg






   サージタンク近くの水圧鉄管を、見えやすい位置から。
c0305565_17545774.jpg






   水はサージタンクからさらに3本に分かれて発電所本体へ。
c0305565_17550867.jpg






   おまけに、今日の思いがけない4月の雪を急遽撮ってみた。
c0305565_17552309.jpg



c0305565_17553737.jpg

by h6928 | 2019-04-10 18:54 | 季節もの・春 | Comments(4)