2019年 04月 04日 ( 1 )


昨日 ( 04/03 ) もまだ、
春にしては寒い日だったけれど、
サクラを撮らずにはいられずに前橋の敷島公園に
祇園シダレザクラの孫木を撮りに行った。

相変わらず西風が吹いていて
穏やかさにはちょっと欠けるけれど、
青い空に白い雲が流れてサクラの花撮りには好都合そう。

曜日にもかかわらずけっこうな人出で、
そこそこ賑わっていた。

まだ咲いていないツボミもたくさん見られ、
満開には至る寸前かな?

それなのに、ふと気が付くと
せっかくの花がたくさん散っている。
風に乗ってクルクルと回転しながら落ちてくる花は、
花びらではない。

花筒の根元が無くなって、
穴の開いた花筒と5弁の花がそっくり、
次から次に落ちてくる。

それも一つや二つではなく、本当に次々にだ。

高い梢をP1000でよくよく見れば、やっぱりスズメの犯行だった。

花を摘まんでは子房の辺りから千切り、
花の方は捨てて子房の辺りをモグモグ食べているようだ。
木枯し紋次郎のように花柄を銜えて
うそぶいているよなコもいる。

おいおい、ここは上州でも三日月村じゃないよ。






   今年も見事に咲いた、祇園シダレザクラの孫木たち。
c0305565_17371677.jpg



c0305565_17374914.jpg



c0305565_17380124.jpg



c0305565_17381573.jpg



c0305565_17383060.jpg



c0305565_17384248.jpg



c0305565_17390806.jpg



c0305565_17391832.jpg






   散るには早すぎる花が、まるで散りツバキの形で散り敷く。
c0305565_17394119.jpg

   さながら桜吹雪? の犯人は、スズメたちだった。
c0305565_17400708.jpg



c0305565_17403450.jpg



c0305565_17404560.jpg







   まだ咲き揃わない内から、ソメイヨシノでも。
c0305565_17410121.jpg



c0305565_17411306.jpg



c0305565_17412492.jpg






   ヒヨドリはワルだけど花を散らしたりはしない。
c0305565_17414070.jpg

by h6928 | 2019-04-04 18:20 | 季節もの・春 | Comments(6)