フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ


今日も日中は暑くなって、

それでも午後2時ごろに急なにわか雨がやって来て、

大急ぎで去って行ったおかげで

だいぶ涼しくなって大助かりだった。

雷様の演奏会も無かったし、

ましては雹なんかも降らなかったし、

ちょうど良い頃合いに打ち水をして行ってくれた感じかな。

で、2時だからって虹、なんて端から期待はしないよ。

二時ごろにはこの時期、太陽が高い位置にあって、

虹なんて平地では見えるはずもないからさ。

定番のオヤジギャグも出る幕がないんだいね。

天気予報では

15時以降はずっと雨になっていたけれど、

じんわりと雲がまた拡がり始めたから。

夜には雨になるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・


そしてそして、肝心な今日の出し物は、

昨日に引き続いて、群馬フラワーパークで撮れた

去年の7月22日の在庫から。



それでは、どうぞ112.png






  ヘメロカリスの一員・ヤブカンゾウには、キスゲフクレアブラムシが寄生。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15522403.jpg



  ヒオウギって、条件が良いとたくさん咲くそうだけれど、ここのは・・・・。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15530665.jpg



  これ以上花を付けたらコケてしまいそうな、ヤマユリ。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15543221.jpg



  ハンゲショウも、こう切り取ると『白塗り厚化粧』ってか?111.png
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15561104.jpg



  新陳代謝の活発なプラタナスが脱ぎ捨てた樹皮が、面白い味を出していた。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15570115.jpg



  上野の国で撮ってもシモツケ。毎年こんなことを書いてるかも105.png
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15574424.jpg



  イトトンボの野外での識別は難しい・・・・。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15581207.jpg



  撮れた写真と図鑑合わせでも、やっぱ難しい。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15585185.jpg



  オオイトトンボの♂型メスと思うのだけど、どうだろうか?
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15591302.jpg



  逃げないで撮らせてくれるアマガエルさんは、やっぱ可愛い。
フラワーパークで 去年の花や虫Ⅱ_c0305565_15592300.jpg

Commented by sazaneri873 at 2021-07-12 20:17
こんばんは~
ヒオウギ綺麗なお花ですね。
祇園祭のころに咲くとか、祇園祭りの
準備をされている様子がテレビで見ました。
半夏生の花を写したことがありますが・・・
こんなにアップで見たのは初めてです。
違う花のように見えますね。
Commented by toshis_photoblog at 2021-07-12 20:50
h6928さん
私も10日にヤマユリ撮りに行きました。1株に1花の
まだ咲き始めでしたけど…。そして、今日は蓮の花…
蝶のように花から花へと飛び回っています。
h6928さんの画像では、昨年のでも初めてなんでとても
新鮮ですよ。キスゲフクレアブラムシとか、白塗り厚
化粧とか、上野の国で撮ってもシモツケとか、アマガ
エルとか…、笑わせていただきましたよ。
焦らず、ゆっくり、撮影&ブログを楽しんでください。
toshi
Commented by hotarublog3 at 2021-07-12 21:55
こんばんは~^^
ヘメロカリス類にはアブラムシがたくさんついて、
庭の花も気になるし、写真を撮ろうと思ってもびっしりついていると気が萎えます^^;
キスゲフクレアブラムシという名前だったのですね。
プラタナスの樹皮は模様が面白くて時々撮りますが、
脱皮するとは知りませんでした。今の季節に見られるのですね~
今日も色々と教えて頂きました^^
Commented by koneko3y at 2021-07-12 22:24
ノカンゾウやヤブカンゾウにつく白いものは
キスゲフクレアブラムシというのですね。
これが付いていると花が綺麗でも写す気が失せて
花の上の部分だけ写したりしていました。

植物園のヒオウギは咲いている花はまだ見ていませんが
楽しみです。
ベランダで育てているヒオウギは葉っぱしか出ていません。
Commented by h6928 at 2021-07-13 09:56
sazaneriさん こんにちは~☆

ヒオウギって、図鑑によると山地の草原に自生しているそうですけど、
残念ながら栽培されたものしか見たことがなく、
しかも去年までは見ていたガーデンも閉園してしまい、
もうここだけでしか見られないので「最後の砦」です。頑張って欲しいです。
ハンゲショウはドクダミと同じ仲間だそうで、
ここまで切り詰めてみると、なんとなくドクダミに似ているな、
なんて改めて思ったりです(^-^)
Commented by h6928 at 2021-07-13 10:04
toshiさん こんにちは~☆

ヤマユリやハスの花が咲くシーズンですね。
今年は残念ながら棒に振ってしまっていて、ウズウズしながら
去年の写真で間に合わせています。
考えようによっては、術後の大事な時期が梅雨時で却って好都合だったと、
思うことにすれば諦めも付くってものですよね。
気晴らしにギャグっぽさも取り入れて憂さ晴らしもしてみますが、
笑っていただけて嬉しいです(^-^)
Commented by h6928 at 2021-07-13 10:16
hotarublogさん こんにちは~☆

ヘメロカリスの仲間には、ほぼほとんどの花茎に
このアブラムシが見られますね。
榛名のユウスゲにもこれがいっぱいいて、
いないのを探すのも一苦労だったりです(^^;)
苦手な人には「困ったちゃん」ですよね。
プラタナスの脱皮は、
これほど見事に脱皮したのは珍しかったので撮りました。
きっと、このようになるには
好条件がそろったからなのでしょうね。
Commented by h6928 at 2021-07-13 10:31
konekoさん こんにちは~☆

アブラムシの仲間って、植物名とセットになった名前のものが多くて、
特定の種類にそれぞれ専門的に付くようですね。
「キスゲ」の名を冠したのはヘメロカリス専科・・・というふうに。
でも、やっぱり引いて撮りたいときにこのコたちがいたら
大迷惑ですよね(>_<)

ヒオウギは、閉園してしまったガーデンのが
知っている範囲では一番見ごたえがあったので残念です。
今年はフラワーパークのも見られないかも?です。
konekoさんの射干玉もそのうち楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2021-07-12 17:40 | 季節もの・夏 | Comments(8)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風


by h6928