立秋過ぎて、ガーデンの花たち


昨日 ( 08/09 ) は、
午前中はあまりぱっとしない天気だったので、
こんな状態なら平地のガーデンでも熱中症の心配がなさそう、
って勝手に解釈して
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

思った通り灼熱地獄にはならずに撮れて、
ほぼ満足できる状況ではあった。

そうこうしているうちに次第に晴れ間が広がって来て、
遅れてやってきた台風一過・・・みたいになってきた。

このままここにいても猛暑日復活の予感がして、
後ろ髪は惹かれないできっぱり諦めて帰ることにした。

思った通り、帰りの車の外気温表示は最高38℃を示していた。
もう立秋は7日に過ぎたから、厳しい残暑というべきかな。





   植物体はガッシリして丈夫そうでも、花は可憐なヘレニウム。
c0305565_17431730.jpg






   夏こそ元気、ランタナの花。
c0305565_17432981.jpg






   サンジャクバーベナの背景は、ルドベキアの群落。
c0305565_17434418.jpg






   長い花序を立てて、まだ咲き続けるバーバスカム(モウズイカ)。
c0305565_17435518.jpg






   季節に相応しい花、ムクゲ。
c0305565_17451389.jpg






   タイトルは「叫び」かな。タイタンビスカスの終わった花。
c0305565_17452963.jpg






   カクトラノオは、笑顔がいっぱい見える。
c0305565_17462534.jpg






   葉の陰に隠れるように咲いていた、アメリカデイコ。
c0305565_17475427.jpg






   最近は産直でも見かけるようになった、白いナス。
c0305565_17483493.jpg






   不思議な形のトマトもあった。
c0305565_17490890.jpg






   アガパンサスのこんな姿も、この時期ならではかな。
c0305565_17492689.jpg






   アオギリの実は、丸い種が見えるようになっていた。
c0305565_17500121.jpg



c0305565_17502644.jpg

Commented by koneko3y at 2018-08-10 22:14
ヘレニウムって、聴いたことがない名前だと思いましたが
「ダンゴギク」のことなのですね。
アオギリの実は面白いです。
私も種が見える状態で写せました。
白い茄子、私は食べたことがないですが、おありですか?
Commented by nyaan5296 at 2018-08-11 08:03
おはようございます(*^_^*)

色鮮やかな花たちですね♪
いつの間にか立秋を過ぎていました
やっと夏も後半・・・たまらなく嬉しい(^-^)
茄子大好きですが、白茄子は食べたことないです(^^ゞ
Commented by h6928 at 2018-08-11 09:28
konekoさん こんにちは~☆
園芸植物は和風な名前と、学名(属名)の両方の呼ばれかたがあり、
最近は属名のカタカナ表記が増えている気がします。
比較的後から知ったものの名前ほど学名由来が多いようなので、
園芸種ビギナーのボクはついつい後者に馴染むようです。
アオギリの実、変わっていて興味深いですよね。
白いナスは、まだ見るだけで食べたことは無いです。
そのうち試食してみたい気はあります(^^♪

Commented by h6928 at 2018-08-11 09:36
nyaanさん こんにちは~☆
台風が連れてきてくれた雨雲のおかげで、
やっとつかの間の猛暑日からの解放で、正直助かりました(^^♪
立秋を過ぎ、お盆も過ぎれば、暑さも一応峠を越えるかなぁ?
朝はだいぶ過ごしやすくなりましたね。
ガーデンの花たちも元気を取り戻すことでしょう。
白いナス、機会があったら食べてみたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2018-08-10 18:49 | 季節もの・夏 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風


by h6928