昨日 ( 10/29 ) は
雲が多めながらも陽射しも届いた。

午後から撮りに出たのだけれど、
やはり近場での撮影地として群馬の森をチョイス。

なぜならば・・・・ここはクモの巣が日頃から多くて、
クモの巣アートを久々にやってみたかったから
格好の撮影場所になるはずだったのでね。

はずだったというのは、案外目算が外れたということ。

午前中は穏やかだったのに、
吹きだした風見たいですた以上に強く、
木の葉や細かな枯れ枝をいっぱい落してくれやんの。

落された物がせっかくのクモの巣を突き破り、
穴だらけのボロっちい巣があちこちで目立つ状態。

そんな中から
なるべく被害に遭わなかったのを探して
苦心惨憺撮る羽目になった。

それに、やっぱり出来たて新鮮な巣と違って
月日が経過したものは質も劣化しているとみえて
輝きが全然違うのも事実。

何日も使っているジョロウグモの巣よりは
幼いギンメッキゴミグモの小さい巣の方
利用価値はぜんぜん高い。

そんなこんなで、
結果的にクモの巣アートは少ししかできなかった。

そうそう「クモの巣」という表現は
「巣」という語の定義からすると相応しくない
という意見もあるようだけれど、
ボクはいい加減人間だからこの際、
慣用的にほぼ一般的に使われている
「クモの巣」でも平気で使ってしまうんサね。


   公園のハクセキレイは総じて人を怖がらない。180㎜でも全然大丈夫。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17272360.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17274789.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17281143.jpg



   アキアカネも北風の当たらない所を選んで止まっている。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17283553.jpg



   もう咲いてから千日?のセンニチコウ。まさかネ105.png
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17285145.jpg



   カキの実を一つ、ポツンと緑の中において切り取る。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17291619.jpg



   ネズミモチのまだまだ未熟な実が豊作。ネズミの糞色にはまだ遠い。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17304457.jpg



   このハナミズキは葉がほとんど散って、紅い実が目立つ。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17295876.jpg



   ダイナマイト碑の傍で優しい雰囲気のサザンカ。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17302081.jpg



   クモとクモの巣アートも久々にお遊びで111.png
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17312175.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17320345.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17324981.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17331978.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17333868.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17340507.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17342889.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17352022.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17354879.jpg




群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17360922.jpg



   十三夜の月も撮ってみた。31日のブルームーンも楽しみ。
群馬の森でクモの巣アート ほか秋物など_c0305565_17363415.jpg

# by h6928 | 2020-10-30 18:24 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)