昨日 ( 10/20 ) もやっぱり雨降りだったけれど、
何度か止み間があって薄日さえ射してきたから、
これは期待できそう、
ってことで前橋の敷島公園・バラ園に行ってみた。

でも、安中では上がっていた雨も、
前橋は暗い空で霧雨に包まれていた。

時折吹いてくる風が、
意地悪にも上下左右から霧雨を舞わせてくれる。
カメラだけは濡らさないように気を付けながら、
せっかくだからいっぱい撮る。

今日から秋バラフェスタが始まるはずだけれど、
この天気ではどうなんだろう。

咲き具合も、先日行った東武トレジャーガーデンと比べると、
遅れ気味で花数も少な目だった。

ということで、今回はキャプション抜きで、バラそのものをご覧ください。




c0305565_17464166.jpg


c0305565_17465128.jpg


c0305565_17465973.jpg


c0305565_17471066.jpg


c0305565_17472456.jpg


c0305565_17475343.jpg


c0305565_17482020.jpg


c0305565_17483635.jpg


c0305565_17484799.jpg


c0305565_17490187.jpg


c0305565_17491406.jpg


c0305565_17492713.jpg


c0305565_17493746.jpg


c0305565_17494713.jpg

by h6928 | 2017-10-21 18:07 | 植物園 | Comments(4)

雨の日には雫を


昨日 ( 10/16 )は、一日中冷たい雨が降りしきり、
また休写日にしようかな?とかも思ったけれど、
じっとしていられない性分なもので、やっぱり撮りに出た。

家の近所に、傘をさしてのカメラ散歩。

家の中にじっとしていると寒いけれど、外で歩くと案外暖かい。
(暖房費節約、なぁ~んてケチ臭いジジイは嫌だねぇ。)

そうして、お決まりのワンパターン写真を撮ってくるのだけれど、
何度やってみても満足のいく写真が撮れたことが無い。

前にやった失敗をすっかり忘れていて、
輪をかけて、みすみす犯しそうなミスを連発したり・・・。

やれやれ・・・・ナントカに付ける薬はなさそうだいね。





   ホトケノザと雫。これ、意外と難しかった。
c0305565_18153373.jpg




c0305565_18154456.jpg





   雨のせいではじけそこなったスミレの実。
c0305565_18155515.jpg





   ニラの実にも宿る雫。
c0305565_18161461.jpg





   田毎の月、じゃないけど、雫毎の風景?
c0305565_18163072.jpg





   雫写真の定番? エノコログサに宿る雫。
c0305565_18164093.jpg





   コニファーの葉にも雫。
c0305565_18165232.jpg





   ハゼランの実と雫のコラボ。
c0305565_18170968.jpg





   ある畑のミニトマトが、収穫されないまま濡れている。
c0305565_18175324.jpg





   雨に濡れたノブドウの実。
c0305565_18180964.jpg





   雫の中にコスモスの花を入れたかったけれど、イマイチだったなぁ。
c0305565_18265756.jpg



c0305565_18270946.jpg

by h6928 | 2017-10-17 19:00 | 水滴 | Comments(2)


昨日 ( 09/17 ) は、台風18号の影響で、一日雨・・・・。
おまけに気温も上がらず寒いくらいで、久々に長袖を着たりした。

台風の直接の影響は全くと言ってよいほど感じられず、
穏やかな雨がしとしと降る状況だったので、午後に、カメラ散歩に出てみた。

風もほとんどないから、接写にもさほど不便は感じずに、
雫写真が撮れて、運動も少しはできて、気分転換にもなったし、
一石三鳥ってとこかな。

ともあれ、今回の台風で被害に遇われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。





   家の近所にもヒガンバナが咲いている。若々しいのを選んで撮った。
c0305565_17412161.jpg




c0305565_17413586.jpg




c0305565_17415651.jpg




c0305565_17422723.jpg




c0305565_17423859.jpg






   いつもは元気印のマルバルコウの花も、雨に濡れるとか弱く見える。
c0305565_17424983.jpg






   キャラボクの実。何かこっちに向かって叫んでいるようにも?
c0305565_17425913.jpg






   雨に濡れたコムラサキ。紫の実に雫が似合う。
c0305565_17433150.jpg






   イシミカワって、まともに咲いたのを見たことが無いうちにこうなってる。
c0305565_17434464.jpg






   人知れずひっそり咲く、日陰者の代表、ミョウガの花。
c0305565_17440874.jpg






   タカサゴユリって、ユリの中では一番根性がありそう。
c0305565_17442798.jpg






   えっ? これグラジオラス!? 初めて見た品種。
     アシダンセラという名前だそうです。koneko3yさんに教えていただきました。
c0305565_17443868.jpg

by h6928 | 2017-09-18 18:19 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

白露だから雫 ってね


今日が二十四節季の白露だなんて知らないまま、
昨日たまたま撮った写真が、朝露ではないけれどそれっぽかったので、
こじ付けで雫物を中心に編んでみた。

それにしても、ちょっと前に箕輪城跡でミズタマソウを撮ったばかりなのに、
昨日行ってみたら、そのエリア一帯が見事に刈り払われていて、ビックリ。

ミズタマソウも分け隔てなく刈られていて、何とか残骸の中から1本見つけた。
機械の歯がたまたま当たらなかった部分が、辛うじて残り、
雨天も幸いして枯れずにいたようだ。

そして、その名のように雨の雫を宿して、見事な「水玉草」になっていた。
たった1本の生き残りを写真に撮って、
そこでこの実が追熟してくれることを願って置いてきた。

もっとも、多年草なので来年も生えるだろうけど、
できれば種子繁殖も可能な限りしてほしい。

そんな願いも込めて・・・。






   ありふれたサルビアに宿る雫を、接写。
c0305565_17423748.jpg






   寄り添ってさくマルバルコウ。秋雨じゃ、濡れて行こう・・・なんてね。
c0305565_17425099.jpg






   遅咲きのナツズイセンかな? 妙に青みが濃い花。一つの雫をピックアップ。
c0305565_17430211.jpg






   ムラサキツユクサも、雫を宿してしっかり咲いている。
c0305565_17431109.jpg






   刈り払われていたミズタマソウ。まだ、雨のため枯れずにいたのが救い。
c0305565_17432755.jpg






   アキカラマツが秋雨に濡れる。これも良い風情に思える。
c0305565_17433866.jpg






   アキノノゲシも咲きだして、秋だなぁと実感する。
c0305565_17434820.jpg






   ヤマジノホトトギスにしては、わりと姦しく咲いている。
c0305565_17440164.jpg






   小雨ニモマケズ、プロポーズに熱心だった、ヤマトシジミ。
c0305565_17442638.jpg






   ヒメウラナミジャノメは、普段より動きが鈍かった。
c0305565_17443571.jpg






   カンタン♂。リュリュリュリュ・・・・と美しい音色で鳴く虫。この日はあいにく~。
c0305565_17444826.jpg






   ツマグロオオヨコバイは、普通この向きの写真が多い。でも・・・・。
c0305565_17450363.jpg






   正面から見ると、下向きの矢印が。すべての個体がこうと決まっていないようだ。
c0305565_17451367.jpg

by h6928 | 2017-09-07 18:33 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

今日はホントの水玉で


今年の8月は雨ばかりだった印象が濃い。
晴れたら晴れたで猛暑日になり、湿度が高いからむせ返っていたっけ。

そんな今年の8月は、最終日まで雨に降られた。
昨日に載せたのはミズタマソウだったから、
雨つながりで、今日は昨日撮った水滴ものをご覧ください。

ともあれ今日からはもう9月。
天気予報とは少し違って、爽やかな日本晴れで、
いかにも秋らしいお天気で始まったのが、理屈抜きにうれしかった。





   ホウセンカの花が健気に、雨に濡れても耐えているよう。
c0305565_17442706.jpg






   葉っぱの雫に、向こうの花を入れててみた。
c0305565_17444230.jpg






   マリーゴールドの、この品種のみ? こんな風に水滴を花に乗せている。
c0305565_17450409.jpg






   シロタエヒマワリは、葉は水をはじくのに花は濡れてしまう。
c0305565_17451966.jpg






   こちらも雨に濡れている、マルバルコウの花。
c0305565_17453766.jpg






   ルリモンハナバチは、霧雨に濡れながらもヒャクニチソウに来ていた。
c0305565_17460242.jpg






   近くの葉っぱで小休止。霧雨くらいなら気にしない?
c0305565_17461405.jpg






   ハキダメギクにいるヤマトシジミ。ストローは出していないから、小休止?
c0305565_17462926.jpg






   雨ばかりだった8月。ムクゲの花も最後の日まで雨に濡れる。
c0305565_17464383.jpg






   コニシキソウの葉っぱに乗った水玉が綺麗。
c0305565_17471062.jpg






   ユキヤナギの葉っぱにも。
c0305565_17472042.jpg






   これはまた見事に水玉が乗った葉っぱ。シモツケだったかな。
c0305565_17472808.jpg

by h6928 | 2017-09-01 18:34 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

雨の止み間に(17/07/29)


昨日 ( 07/29 ) はほぼ一日、
約束もしていないのに律義に雨が降っていた。

撮影は休んでゆっくりしようかな、
とか思っていたら、午後止み間があった。

ならば、といつでも戻れるようにと、
近所に散歩がてらカメラを持って歩きに出てみた。

全く期待していなかったわりに、何とか数は撮れたから、
空模様の怪しさを見て引き上げることにした。

案の定、速足で帰りついた直後に降って来た。

それにしてもまぁ、良くぞ降るものだ。
そして台風5号の、あの航跡の不思議さは何だ?





   ショウジョウソウにヤマトシジミ。妙に引き立て合ってる!
c0305565_17552023.jpg





   2頭になったから引いて撮った。男同士の相席。
c0305565_17552923.jpg





   ヒペリカム・アンドロサエマムは、観賞期間が長いんだね。
c0305565_17554696.jpg





   これこそ「泣いたあかおに」だよね。
c0305565_17555784.jpg





   また降るのかなぁ、って心配してるのかな? モンシロチョウ。
c0305565_17560858.jpg





   夏の花、ノウゼンカズラもしっとりした風情。
c0305565_17561543.jpg





   ハゼランが、今年はしっかり育っている。
c0305565_17563496.jpg





   えっ!もう? ナツズイセンの花茎が立ち上がっていた。
c0305565_17564162.jpg





   実の付いたシランの花茎と、雫。
c0305565_17565275.jpg





   こちらは、生育の良いメヒシバという強力雑草。
c0305565_17570011.jpg





   ブルーベリーも雫を宿して。
c0305565_17571702.jpg





   コムラサキの、できたてほやほや緑の実。
c0305565_17572559.jpg

by h6928 | 2017-07-30 18:33 | 季節もの・夏 | Comments(6)

あ・め・あ・が・り


昨日 ( 07/26 ) も雨が降ったり止んだりしていたけれど、
午後には家の辺りでは止んでいたので撮りに出た。

まぁ、いつまた降りだすか保証は無いので降ることも想定して、
行き先は無難に、アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに決める。

着いたときはちょうど雨の盛りだったが、
上がる雰囲気だったのでしばらく待っていると、いい塩梅に止んでくれた。

その後に撮れた涼し気な写真たちの、羅列をどうぞ115.png





   サルビア・グアラニティカ
c0305565_18002408.jpg





   ミソハギ
c0305565_18003817.jpg





   コムラサキ
c0305565_18004932.jpg





   クリナム・バウエリー(?)
c0305565_18010701.jpg





   ヘクソカズラ
c0305565_18013021.jpg





   オオチャバネセセリ
c0305565_18015578.jpg





   ヤナギハナガサとヤマトシジミ
c0305565_18020591.jpg





   アメリカハナズオウ
c0305565_18022152.jpg





   ハマナス
c0305565_18023637.jpg





   シュウカイドウ
c0305565_18025090.jpg





   ドイツトウヒ
c0305565_18030422.jpg





   斑入りのクリ
c0305565_18032207.jpg

by h6928 | 2017-07-27 18:42 | 季節もの・夏 | Comments(2)

   雨の日にアジサイ


昨日 ( 06/21 ) は待ちに待った雨になり、
念願の雨天のアジサイを撮れたことでちょっと自己満足に浸っていた。

ボクの住む地域ではそんな呑気なことで済んだから良かったけれど、
この雨で災害に巻き込まれた人もいたことを後で知って、
はしゃぎ過ぎたことを後悔するのだった。

何はともあれこの雨で、
被害に遇われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます m(_ _)m




   傘を打つ雨音だけが聞こえる・・・雨とアジサイ。
c0305565_18024605.jpg




c0305565_18025552.jpg




c0305565_18030696.jpg




c0305565_18031662.jpg




c0305565_18032904.jpg




c0305565_18034043.jpg




c0305565_18034919.jpg





   池の水面に弾む雨。
c0305565_18035934.jpg





   ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪
c0305565_18041289.jpg





   あらあら あの子は ずぶぬれだ♪
c0305565_18042486.jpg





   久しぶりに傘の出番。
c0305565_18043377.jpg






   やっぱり「梅雨」というくらいだから、ウメと雨。
c0305565_18044169.jpg


美しいあじさい&6月のイメージショット!



by h6928 | 2017-06-22 18:36 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

一昨日の真夏日から一転、昨日は時間を追うごとに寒くなった。
台風はどうやら遠くを通過しているようで、とりあえず影響は雨だけ。

お昼前あたりから霧雨が降りだしていて、
一瞬迷ったけれど近所を散歩しながら撮ることにした。

雨は、写真には霧雨くらいがちょうどいい。

暑い日に揺れることがあっても、やっぱり確実に秋は深まっている。

カメラを持っての散歩で、そんなことを実感するのもいいものだ。





   秋雨で気温も上がらない日のアサガオは、真昼間でも咲いていた。
c0305565_17430043.jpg





   まだ2時前でも咲いていたオシロイバナ。昨日の残り花?
c0305565_17431033.jpg





   ピーカンの日中は萎んでしまうマルバルコウが、生き生きしてる。
c0305565_17432425.jpg





c0305565_17433411.jpg





  ツユクサも、雨の日は午後でも元気。
c0305565_17434482.jpg





   こんなキクも、放置されていても強かに咲いている。
c0305565_17440446.jpg





   サルビア・コクシネアも霧雨が降りかかる。
c0305565_17441454.jpg





   こう撮ると小ささが分からないけれど、このクモは幼体らしい。
c0305565_17444269.jpg





   返り咲きのサツキとクサグモの巣。
c0305565_17452520.jpg





   よく見ると、エノコログサの実も膨らんでいる。
c0305565_17454300.jpg





   ヒヨドリジョウゴは、早いものは色づいていた。
c0305565_17455291.jpg





   アカメカナメモチでじっと耐えている、ウラギンシジミ。
c0305565_17460311.jpg

by h6928 | 2016-10-06 18:26 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

 秋霖雨情


台風16号と秋雨前線が刺激しあって降る雨のせいで、昨日も写真を諦めかけたけれど、
ちょっと小降りになったので出てみた。

こんな日のためのフィールド、はにわの里公園の周辺で、
とりあえず撮れるものを撮ってみた。

こんな日にもポケットモンスターを探す人がそれなりに来ていて、
自分のことは棚に上げて、物好きさに感心したり呆れたり。

モンスターのレアものに代わる程のレアな被写体はゲットできなかったけれど、
程々の運動と気分転換には役立ったから、収穫はあったとしよう。





   雨が降ります 雨が降る・・・・ので、カラカサタケ(広義)の出番が。
c0305565_17592045.jpg




   未舗装の農道にもはびこるカゼクサは、雫を宿せば見違えるほどきれい。
c0305565_17593232.jpg





   黄金色にはまだ早いイネと、畦に行列するヒガンバナ。
c0305565_17595018.jpg





   ニラの花咲く背景が、紅の花を一層引き立てる。
c0305565_18000386.jpg





   雄しべも雌しべも花びらも、隔てなく水滴で飾られている。
c0305565_18001383.jpg





   雫の中に、これから咲くつぼみを見つけた。
c0305565_18002345.jpg





   やっと見つけたルコウソウ一輪。雫が重たそう。
c0305565_18003105.jpg





   降りしきる小雨の中で頑張っていた、キタテハ。
c0305565_18005626.jpg





   シベにも雫では、灸も火が消えてしまうかな。
c0305565_18011787.jpg





   一時的に雨が止んで少し明るくなると、ツバメシジミや・・・・
c0305565_18012900.jpg





   ヤマトシジミも出てきてくれた。
c0305565_18013895.jpg





   イシミカワの実は、良く見たら自前の傘を用意していた。
c0305565_18021531.jpg

by h6928 | 2016-09-20 18:53 | 水滴 | Comments(4)