タグ:野の花 ( 50 ) タグの人気記事

はにわの里も雨に濡れて


昨日 ( 10/21 ) もやっぱり雨。
この時期にこんなに雨が続くのって、
ちょっと記憶にないなぁ。

早く来る寒さは経験しても、上州では乾いた寒さだった。
寒いからカビは生えないだろうけど、とか何とか愚痴りながらも一応、
近くのはにわの里公園まで、コスモスを撮ろうと出かけてみた。

意外なことに、ここのコスモスは早咲きの系統だったらしく、
ほぼ九分九厘終わった状態だった。もうがっかり・・・・。

ガッカリついでに、今年の夏だっけに放送された、
NHKの「歴史秘話ヒストリア」でこの辺が映っていたのを思い出した。

井上あさひアナが来ていたんだよなぁ。
ここもあさひアナが歩いたのかなぁ・・・・とかネ、想いながら歩いて、
感傷に浸るジジイが独り、そこにいたのであった。





   ガマズミの実がどっさり。子供の頃、霜が降りるのを待って食べたなぁ。
c0305565_17393999.jpg





   ウドの実も、もう黒っぽく熟してきた。
c0305565_17395855.jpg





   コセンダングサの実も、引っ付き虫にならなければ可愛いのにね。
c0305565_17401034.jpg





   羽化時に不都合があった?キタキチョウ。生きる努力は失われない。
c0305565_17402221.jpg





   往時の勢いを失っても、日本にしっかり定着した、セイタカアワダチソウ。
c0305565_17403621.jpg





   まだ稲刈り前の田んぼを背景にしたのも。
c0305565_17404576.jpg





   畑の隅の小菊。まだ咲き始めでフレッシュさがいっぱい。
c0305565_17405604.jpg





   カキの実も雨に打たれて・・・・、しょげてるよう。
c0305565_17410952.jpg





   コスモスはほとんど終わっていたけれど、かろうじて・・・・。
c0305565_17412747.jpg



c0305565_17413884.jpg




   白いコスモスを、レタッチでここまで遊んでみた。
c0305565_17415288.jpg





   遠目ではサザンカかと思ったが、良く見ればツバキだった。
c0305565_17420762.jpg

by h6928 | 2017-10-22 18:30 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

雨の日には雫を


昨日 ( 10/16 )は、一日中冷たい雨が降りしきり、
また休写日にしようかな?とかも思ったけれど、
じっとしていられない性分なもので、やっぱり撮りに出た。

家の近所に、傘をさしてのカメラ散歩。

家の中にじっとしていると寒いけれど、外で歩くと案外暖かい。
(暖房費節約、なぁ~んてケチ臭いジジイは嫌だねぇ。)

そうして、お決まりのワンパターン写真を撮ってくるのだけれど、
何度やってみても満足のいく写真が撮れたことが無い。

前にやった失敗をすっかり忘れていて、
輪をかけて、みすみす犯しそうなミスを連発したり・・・。

やれやれ・・・・ナントカに付ける薬はなさそうだいね。





   ホトケノザと雫。これ、意外と難しかった。
c0305565_18153373.jpg




c0305565_18154456.jpg





   雨のせいではじけそこなったスミレの実。
c0305565_18155515.jpg





   ニラの実にも宿る雫。
c0305565_18161461.jpg





   田毎の月、じゃないけど、雫毎の風景?
c0305565_18163072.jpg





   雫写真の定番? エノコログサに宿る雫。
c0305565_18164093.jpg





   コニファーの葉にも雫。
c0305565_18165232.jpg





   ハゼランの実と雫のコラボ。
c0305565_18170968.jpg





   ある畑のミニトマトが、収穫されないまま濡れている。
c0305565_18175324.jpg





   雨に濡れたノブドウの実。
c0305565_18180964.jpg





   雫の中にコスモスの花を入れたかったけれど、イマイチだったなぁ。
c0305565_18265756.jpg



c0305565_18270946.jpg

by h6928 | 2017-10-17 19:00 | 水滴 | Comments(2)

故郷の秋を感じに


昨日 ( 10/11 )は朝からよく晴れて、気温もぐんぐん上って、
真夏日になるかと思うくらいだった。

でも、お昼前あたりから雲が増えてきて、結果的には30℃には届かなかった。

そんな午後、
なんとなく生家付近の懐かしい田舎道を歩いてみたくなって、
いつものマクロ100mmをもって行ってみた。

早い所では稲刈りも終わっていたりでも、一部ではイノシシに穂を食べられて、
刈り取りさえ諦めた田んぼもあって、それも現実だった。

ボクが子供だった頃は、
利用可能な限り開墾され米を作っていた場所も、
今は耕作放棄地。

荒れ果てたブッシュには人は近寄れず、
イノシシ天国と化している。

せめてまだ人が歩けるところで、いろんな秋物や季節外れ物を撮ってみた。





   11月まで見られるナツアカネはまだ元気。何で夏なの?っていつも思う。
c0305565_17553661.jpg






   コカマキリさん、お久しぶり。子供の頃にはよく会えたのにね。
c0305565_17555649.jpg






   今年は今頃になって初めて撮れた、ウラナミシジミさん。
c0305565_17561184.jpg






   これでも一端に隠れたつもり!? 様子を伺っているイナゴさん。
c0305565_17563371.jpg






   ツユムシ女子は、おしとやかで慎ましいから、見逃すところだった。
c0305565_17564485.jpg






   アズチグモの顔は超個性派だから、間違いなく判別できる。
c0305565_17570827.jpg






   ナナホシテントウさんも蜜を舐めるの? ふしぎ発見!!
c0305565_17572784.jpg






   アキノノゲシは、もう実を付けているのもあった。
c0305565_17574763.jpg






   オオイヌノフグリの花、発見。晴れていればもっと咲いたはず。
c0305565_17580385.jpg






   この時期にハナイバナが!? 群れ咲いていたのは意外。
c0305565_17582314.jpg






  カキの木のある風景。向こうには秋間のメインストリートが横切る。
c0305565_17585514.jpg






   この色への変色は初めて見た。これでもれっきとしたニホンアマガエル。
c0305565_17590414.jpg

by h6928 | 2017-10-12 18:54 | 季節もの・中秋 | Comments(8)


昨日は続編で動物園ものを載せたので、
6日にも撮ってあったのが在庫になってしまった。

当然、それを今日採用すれば、昨日のもまた在庫になってしまう。
二日遅れの連続じゃぁいかにも・・・・だけれど、
とりあえず今日のは6日に撮ったのを、あえて使うことにした。

それというのも、9月に武蔵丘陵森林公園でナンバンギセルを撮り損ね、
今年はもうダメかな・・・・とほぼ諦めかけていたのに、
何と!6日に何気なく立ち寄った波志江沼の公園で、
そのナンバンギセルが撮れてしまったのだ。

その日は午後から雨で、ちょっと苦労して撮ったから、
掲載適期を逸してしまってはもったいない、との思いが強くてね。

そんなわけで、他のも交えてどうぞ125.png





   ススキの株元に咲く、ナンバンギセル。
c0305565_17322268.jpg






   よく見ると、あちこちに群がって咲いているのだった。
c0305565_17323760.jpg




c0305565_17324763.jpg




c0305565_17325838.jpg






   今頃の雨の日は、ツユクサの花は午後でも萎れない。
c0305565_17332137.jpg






   双葉の見えるアサガオの花。遅く芽生えたかな?
c0305565_17333062.jpg






   水面に抜いたジョロウグモ。右上の小さいのは♂。
c0305565_17334852.jpg






   半野生状態のキバナコスモスも水面に抜いた。晩秋の風情さえ漂いそう。
c0305565_17335786.jpg






   ジュウガツザクラはまだやっと咲き始めたばかり。
c0305565_17352765.jpg






   カワウやコサギは雨の中でも平然と佇んでいる。
c0305565_17341199.jpg






   駐車場の脇では、コムラサキの紫色の小粒たちが濡れていた。
c0305565_17342093.jpg




c0305565_17343015.jpg

by h6928 | 2017-10-08 18:12 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

山間の川沿いを歩いて


昨日は、早いもので10月の初日。
翌日から天候が崩れるとの予報が出ていたので、
せっかくの晴天は有効に使おうと、当然写真を撮りに出た。

時間の都合であまり遠くへは行けないので、良く行く大塩湖辺りにした。

いつもなら湖を一周するのだけれど、
どうも草刈り部隊が投入された直後らしく、接写による収穫は期待できそうにない。

だから、湖近くに車を置いて、近くの小川をたどって歩いてみた。

過疎化の波が押し寄せているその集落は、
生家の近くに様子が似ていて、何とも言えない懐かしさを感じる。
と、同時に寂しさも・・・・。

そうして撮っている間にも、天候は徐々に曇りへと移ろう。
秋の日は釣瓶落とし・・・山間の集落は、夕暮れも一層早く来るのを実感した。




   休耕地で咲くマルバアサガオ。イメージと違って、秋の花だった。
c0305565_17521059.jpg






   センダングサに絡んで逞しく咲いている、帰化植物の一員でもある。
c0305565_17522158.jpg






   カナムグラの蔓先にいた、ナナホシテントウ。
c0305565_17523551.jpg






   まるで落ち武者のような雰囲気を醸し出す、クロアゲハ♂。
c0305565_17524970.jpg




c0305565_17525929.jpg




c0305565_17530707.jpg






   涼しくなった証拠かな?春の花・ホトケノザも見つかった。
c0305565_17533129.jpg






   カラスウリの実が、こんなに赤く色づいていた。
c0305565_17534735.jpg






   あるお宅の垣根際に咲いていた、コルチカム。
c0305565_17535986.jpg






   ノハラアザミで、ヒメハラナガツチバチとイチモンジセセリが相席。
c0305565_17540891.jpg






   まるで金平糖のようだな、と感じたミゾソバな花たち。
c0305565_17542279.jpg






   小川沿いのカキの大木に、たわわに実った実が色づき始めていた。
c0305565_17543201.jpg

by h6928 | 2017-10-02 18:52 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

懐かしの・・・


昨日 (09/25 ) は、やっぱりよく晴れてくれたので、
榛名湖畔で秋ものを探そうと出かけてみた。

麓から見ると連山の上空に雄大積雲が出ていたから、
ちょっと天気は心配になったが、見ないふりをして先に進んだ。

着いて見ると、見ないふりをしたのが裏目に出て、天候はイマイチ。
カルデラを何か所か回ってみたが、出ているチョウはキタテハがほとんど。

それでも、一応は押さえておいて、ガッカリしながらもう一か所で、
と回ってみた先に幸運が待っていてくれた。

そう!その幸運とは、 
長らく逢えないでいたクジャクチョウに巡り合えたのだ!!

まだ若かったころこの辺に来れば、
夏から秋には必ず見られたこのチョウも、
近年すっかり見られなくなっていた。

まだ生存していたことが嬉しい。

ここに捕虫網やら昆虫採集セットを持ってくる輩にだけは、
捕まることなく生きて欲しいと願うのだった。





   アキノウナギツカミは、仲間の草紅葉を背景にした。
c0305565_17405965.jpg






   ミゾソバは緑の葉を背景に、淡いピンクが綺麗。
c0305565_17411219.jpg






   両方の揃い踏み。左がミゾソバ、右がアキノウナギツカミ。
c0305565_17412579.jpg






   何と!! 4年ぶりくらいの出逢い、クジャクチョウが!!
c0305565_17414537.jpg






   逃げない上に、こっちも向いてくれる大サービスぶり。
c0305565_17415965.jpg






   裏の模様は、全く別の色合いを見せる。
c0305565_17421008.jpg




c0305565_17421999.jpg






   そして、嬉しくて似たようなのを何枚も撮ってしまったのだった。
c0305565_17424564.jpg




c0305565_17430387.jpg




c0305565_17431595.jpg




c0305565_17432400.jpg




c0305565_17433399.jpg

by h6928 | 2017-09-26 18:22 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

秋分過ぎて


昨日 ( 09/24 ) は、良く晴れて汗ばむくらい暑くなった。

そんな中、所用で遅くなったので、
近くの箕輪城跡でチョロッと撮ってみた。

なんだかんだ言っても、もう秋分の日も過ぎて、
これからは陽を追って昼の長さが夜に負けて来るわけだ。

日没は夏至の頃から比べればずいぶん早くなった。

城跡でもエンマコオロギが「キリキリロォ~~~」って鳴いている。
西に傾いた陽の光は木々に遮られ、あっという間に夕景になる。

なぁ~んかぁ~、寂しくなるなぁ。
昔「夕暮れ時は さびしそう」とかいうような歌があったっけ。





   コスモスを背景にアナベル。今年はこんな光景が多い気がする。
c0305565_17514633.jpg






   イシミカワの花をしっかり撮れないまま、実の時期になっていた。
c0305565_17521344.jpg




c0305565_17524073.jpg




c0305565_17524964.jpg






   ナンテンハギの花。2枚羽状複葉という、珍しい葉の作りが特徴。
c0305565_17530557.jpg






   アオツヅラフジの花。もう花期は過ぎているはずなので貧相。
c0305565_17555539.jpg






   天高く、マルバルコウの気高くて。
c0305565_17561790.jpg






   オオオナモミの青い実。良く見るとツマグロオオヨコバイが潜んでいる。
c0305565_17564095.jpg





   ナガコガネグモ女子は、いつの間にかデカい猛女になっていた。
c0305565_17565688.jpg






   キンモクセイが甘い香りをまき散らす。
c0305565_17571462.jpg






   純自然環境には見られないという、人里のコケ、ゼニゴケ。
c0305565_17572610.jpg






   キジバトを誰かが美味しくいただいた跡、物的証拠発見。
c0305565_17573638.jpg

by h6928 | 2017-09-25 18:43 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

秋が来ている


昨日 ( 09/10 ) は、強烈な日差しが降り注ぐ、真夏日になった。

せっかくだから布団を干したりしているうちに出かけるのが遅くなり、
写真は近くの「はにわの里公園」辺りで撮ることにした。

午後になると雲は多めになっては来たけれど、それでも残暑はキビシイ。
風が適度に吹いてくれるから、接写に困るほどでもなく快適。

そして、ふと気が付くと、田んぼの畦やちょっとした空き地に、
もうヒガンバナがずいぶん花茎を伸ばしている。

改めてよく見ると、咲いている花もけっこうあるじゃないの。
なんだかんだ、もう秋が深まっているのだなぁ。





   秋が来たってムクゲの花はまだまだ綺麗。
c0305565_17581984.jpg






   公園の元芝生にニラの花がいっぱい。モンシロチョウは大喜び。
c0305565_17584164.jpg






   アサマイチモンジも来ていた。裏と表の両方撮れた。
c0305565_17591222.jpg




c0305565_18021900.jpg






   まだ収穫には間に合う秋ナスの花。「よめ」はネズミのことだって説もあるとか。
c0305565_17595357.jpg






   大豆の原種、ツルマメの花。多くの大豆の花と色形はそっくり。
c0305565_18001158.jpg






   これは、ちゃっかりオオブタクサの花穂に紛れて咲いていた。
c0305565_18002204.jpg






   オオブタクサで見つけたクサカゲロウの卵。優曇華の花として嫌う人も。
c0305565_18003103.jpg






   オモダカの花と葉を一緒に撮りたかった。やっとこれを見つけた。
c0305565_18011505.jpg






   コムラサキの実が、紫になってきている。緑も残る。
c0305565_18014230.jpg






   夏型のキタテハは、もうボロボロ。黄繋がりでキバナコスモスで?
c0305565_18015135.jpg






   今頃になって咲いていたバイカウツギ。花弁が多いのは園芸品種だから?
c0305565_18020660.jpg

by h6928 | 2017-09-11 18:51 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

箕輪城跡で花とチョウ


「戻り梅雨」って、季語になっているのかな?
これを使って俳句でもひねってみたいくらい、ジメジメべとべと蒸し暑い。

でも、俳句って、毒舌先生にコテンパンに言われてしまいそうで、
怖くてうっかり世間に晒せない気もするしなぁ、やめておこう。

閑話休題、昨日 ( 07/25 ) も雨の止み間を利用して、
久しぶりに箕輪城跡で撮ってみた。
運よく、ジャコウアゲハがウマノスズクサに卵を産むシーンが撮れて、
それだけでも大収穫だった。

あえて贅沢を言えば、羽化して間も無さそうな男のコのジャコウアゲハがいたので、
なるべく近くに寄ってみたが、念願がかなわなかったのは残念。

『羽化直後のジャコウアゲハのオスは、とても良い香りがする』そうなのだ。
さなぎを持ち帰って羽化させる手も無いではないが、
ボクの生活パターンではとても面倒見切れない。

だから、自然の中で羽化直後のオスに出逢えたらいいなぁ~
って、以前から願っていたんだよね。

まぁ、願い事は簡単に叶ってしまわない方が、後々楽しみが続くから良いけどね。





   咲き終えて剪定された株から復活した、ピンクのアナベル。
c0305565_18030569.jpg





   オニユリって、写真にするにはけっこう収まりが悪い気が・・・・。
c0305565_18031595.jpg





   シンジュ(ニワウルシ)の未熟な実は、いい加減な花より綺麗。
c0305565_18033231.jpg





   とっても小さな、イヌホオズキの花。
c0305565_18034506.jpg





   アシグロツユムシは、まだ成虫になっていないんだね。
c0305565_18040268.jpg





   エサキモンキツノカメムシ。ハートが黄色いから男のコ。
c0305565_18041424.jpg





   お決まりパターンでベニジョオン。
c0305565_18043653.jpg





   ヤマトシジミがワラワラ出ていたが、画面に納まったのはこれだけ。
c0305565_18050441.jpg





   1頭を特別扱いでアップにした。
c0305565_18051347.jpg





   飛んでいるジャコウアゲハの女のコを追ったら、産卵を始めた。
c0305565_18053043.jpg





   その後疲れたのか、ここに止まってしばらく動かなくなった。
c0305565_18060811.jpg





   こちらは、まだ傷みの無い男のコ。馨しい香りは嗅げなかった。
c0305565_18061658.jpg

by h6928 | 2017-07-26 18:49 | 季節もの・夏 | Comments(6)

    農道伝いに


昨日 ( 06/18 ) は、太陽の形が肉眼で判るほどの曇り空だったけれど、
結局、期待していた雨は降らなかった。

余計な影が出ないから接写にはちょうど良いかな、
と高崎の山手方面の農道を歩いてみた。

コヒルガオだのワルナスビだのヒメジョオンだの・・・・、
帰化植物が多いのは人間が生活している地域は共通している。

特にここも!ハルジオンが駆逐されヒメジョオンに席巻されていた。
キク科の白い花はお姫様ばかり。

そしてそこには、ごく普通のチョウチョが遊びに来ていた。
なんて人にはそう見えるだろうが、当事者はかなり真剣に生きているのにね。

葉っぱの上で休んでいた、ウラギンスジヒョウモンは別格のお客様だった。





   コヒルガオにちゃっかり入っていたヤマトシジミちゃん。
c0305565_18103507.jpg





   ベニシジミはいっぱい撮れた。
c0305565_18104819.jpg




c0305565_18110138.jpg




c0305565_18111216.jpg





   2頭並んでいるのって珍しいと思う。前の個体はかなりお疲れだね。
c0305565_18112199.jpg





   お馴染みのスジグロシロチョウや、 
c0305565_18114778.jpg





   キタキチョウもいた。
c0305565_18115602.jpg





   ヒメウラナミジャノメが、この時期にまだけっこう見られる。
c0305565_18120982.jpg





   なんと!ウラギンスジヒョウモンに遭遇。
c0305565_18122026.jpg





   チョウチョさん、ご用心!! ガザミグモが潜んでるよ!    
c0305565_18123952.jpg





   ヒメヒラタアブは、アブラムシのいるところに産卵に来たのかな?
c0305565_18124805.jpg





   ラストを飾るのは、アメリカフウロの神輿草。
c0305565_18125959.jpg

by h6928 | 2017-06-19 19:02 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)