ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:軽井沢レイクガーデン ( 11 ) タグの人気記事

 晩秋の軽井沢レイクガーデンで ~ 10月22日 撮影 ~


昨日はおそらく今年最後の軽井沢となろう、レイクガーデンに行ってみた。
もうじきここも冬になり、来月3日を過ぎると、春までの長い閉園期間に入るはず。

園内の景色は、晩秋らしさに包まれていて、空気も冷たい。
撮り始めたときは閑散としていたのだが、
そのうちにどこかのカメラクラブと思しき団体さんが来て、色々と撮影を始めた。

風景も撮っている人がいるようで、
ボクが変なところで写らないようにしたり、ちょっとは気を遣う羽目になった。
ボクは添景人物には向かないもんね。

そうこうしているとその団体さんも帰って行って、後はノンビリ・・・・のはずが、
雲が厚くなり、暗さも増し、寒さも厳しくなったので程々で引き揚げた。

地元で見られなくなったサクラタデが、
ここでは咲いていたのが一番の収穫だったかな。





   サクラタデが咲いているのを見つけて、嬉しくて接近写真ばかり。
c0305565_17341291.jpg



c0305565_17342542.jpg



c0305565_17343762.jpg





   綿毛を飛ばし始めているシュウメイギクが見られた。
c0305565_17345206.jpg





   舌状花の短い品種のシオンに、キタテハが来ていた。
c0305565_17350657.jpg





   マルバノキは、なぜか紅葉じゃなくて黄葉で、落葉前に花が咲いていた。
c0305565_17352980.jpg





   この花の特徴「背中合わせに対で咲く」を撮ってみた。右側ので判る?
c0305565_17353935.jpg





   ここのマンサクは「先ず咲く」にしても、早すぎる!!
c0305565_17360352.jpg



c0305565_17362013.jpg





   エゴノキの実は、果皮が破れて中身が見えてきた。
c0305565_17364000.jpg





   セイヨウトチノキの冬芽
c0305565_17365877.jpg





   ラストに、もう紅・黄葉している風景も。
c0305565_17371300.jpg

by h6928 | 2016-10-23 18:32 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

 ~軽井沢レイクガーデン~在庫から

昨日(09/20)は、さすがに台風が向かってくるかもしれないので、
不要・不急な外出は控えて、家にいることにした。

新作が撮れないので、今日のために写真をセレクトするなどの作業をしていた。
同時に、膨大な量の余剰になった写真たちにおさらばしてもらった。

普段デスクワークをサボっているから、すぐに体がコチコチになる。
自己流いい加減ストレッチをしたりして、ほぐしほぐしでも、けっこう辛い。

やっぱり適当にウロウロ&キョロキョロして虫や花を物色しているのが良い。

そんなわけで、今日は前回行った軽井沢レイクガーデンの在庫から、
選り抜き作品(って程のものでもないけどね)をどうぞー。





   ベニバナサワギキョウとでもいうのかな?印象深い色だった。
c0305565_18142601.jpg





   とてもおいしそうなヤマボウシの実。
c0305565_18143489.jpg





   水面をバックに、バラの花を撮ってみた。
c0305565_18144617.jpg





   トリカブトの花は、ついついモアイの石像を連想してしまう。
c0305565_18145790.jpg





   サラシナショウマに来ていたミドリヒョウモン♂。ジンセイいろいろだったかな。
c0305565_18151276.jpg





   ノリウツギは案外遅くまで咲いている。チョウに来てほしかった。
c0305565_18152117.jpg





   このアキアカネは♀のようだ。♂だとしても案外赤味は薄い赤とんぼ。
c0305565_18153197.jpg





    こちらは、すっかり赤くなったマユタテアカネの♂。
c0305565_18154041.jpg





   まだ最近までヒナだった、カルガモの若鳥たちのパタパタ。
c0305565_18155570.jpg


c0305565_18160303.jpg





   翼の羽毛が未完成で、一息で石に上がれないのがかわいい。
c0305565_18161215.jpg
   水面に映った空が彩雲になっていた。雲に暈された太陽はアサザの葉で隠す。
c0305565_18162483.jpg

by h6928 | 2016-09-21 19:05 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

軽井沢で一期一会

昨日(09/06)は、思った以上に良い天気になったので、
軽井沢レイクガーデンに行ってみる気になった。

何も撮れなくても気分転換にはなるから損はないだろうと。

でも、そんな無欲が幸いしたのか、スジボソヤマキチョウ?が出てくれた。

ヤマキチョウと区別が難しいのだけれど、
総合判断でスジボソだろうなとは思う。

それにしたって、何年ぶりだろう?まさに一期一会だった。

追加します003.gif

掲載後、Lapis-kさんから頼もしいコメントをいただいて、
ヤマキチョウだろうとのことでした。ありがとうございます(*^^)v
以下、ヤマキチョウとしておきますね。







   アカタテハはブッドレアの花に執着していた。
c0305565_17543025.jpg

c0305565_17544680.jpg




  浅間が近いからって?アサマイチモンジ。
c0305565_17545686.jpg





   マルバダケブキで吸蜜に熱心な、ミドリヒョウモン女子。
c0305565_17551045.jpg


c0305565_17552480.jpg





   マルバダケブキにはミヤマカラスアゲハも来た。
c0305565_17553980.jpg


c0305565_17554700.jpg





   マユタテアカネの影が、バラの葉にくっきり。
c0305565_17560326.jpg





   最後にスジボソヤマキチョウが、ちょっとの間遊んでくれた。
c0305565_17561947.jpg


c0305565_17563623.jpg


c0305565_17564764.jpg


c0305565_17565664.jpg

by h6928 | 2016-09-07 18:34 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

軽井沢レイクガーデンで アサザなど

昨日(08/03)もやっぱり暑くなりそうなので、
今度は軽井沢に避暑に行った。

というと贅沢そうに聞こえるかもしれないけれど、
決してそんなことは無い。
撮影場所が軽井沢というだけで、別段普段と変わり映えは無い。

まぁ、確かに涼しいことは確か。
今にも雷様がコンサートを始めそうな、嫌ぁ~な雲が広がっていて、
一時的に雨粒が落ちてきたりしたけれど、撮影中はそれだけで済んだ。

場所は、とりあえずいつものレイクガーデン。

レイクとは名ばかりの池のあるガーデンで、
今回は趣向を変えてアサザを中心に撮ってみた。




   池のどこかしらにアサザが絡んでいる。
c0305565_18161756.jpg


c0305565_18163484.jpg


c0305565_18164352.jpg


c0305565_18170200.jpg


c0305565_18171542.jpg


c0305565_18173485.jpg


c0305565_18174803.jpg

c0305565_18181004.jpg




   オオバギボウシの園芸種
c0305565_18185357.jpg





   ヨツスジハナカミキリとアジサイ
c0305565_18190439.jpg





   園芸種のゲウム。在来野生種の、黄色いダイコンソウも属名はゲウム。
c0305565_18191427.jpg





   やっぱり天気は曇りがち。青い空が似合うのに。
c0305565_18192658.jpg

by h6928 | 2016-08-04 18:53 | 季節もの・夏 | Comments(2)

軽井沢レイクガーデンから、植物編

昨日は夏至なのに雨模様だったから、それを言い訳に写真はお休みにした。

そんなわけで、今日(06/22)のは、前日に続いて軽井沢レイクガーデンものから。

今回は植物をまとめてみた。




     カキツバタが凛々しく咲いていた。
c0305565_18204264.jpg





     こちらは、ノハナショウブ。
c0305565_18203278.jpg





     これだけ見ると想像がつかなかったけれど、アヤメ科の花らしい。
c0305565_18205465.jpg





     何気なく撮ったけれど、アストランティア フローレンスかな?
c0305565_18212476.jpg





     ジギタリスで「てぶくろを買いに」は、連想できなかったなぁ。
c0305565_18213577.jpg





     ビロードモウズイカって、栽培されたものではなさそう。
c0305565_18215091.jpg





     ドクダミのちょっとだけ変わった花を見つけた。
c0305565_18220795.jpg





     ヒマラヤノアオイケシは、残念ながら後ろ姿しか撮れなかった。
c0305565_18222326.jpg





     ほんのり紅を帯びたヒメシャラが可愛い。
c0305565_18223203.jpg





     ワイルドストロベリーは、小さいけれど美味しそう。ストロベリームーンは見逃したなぁ。
c0305565_18230597.jpg





     傷み始めたバラの花は、早めに摘んで湖面に浮かせていた。
c0305565_18224585.jpg





c0305565_18225767.jpg




by h6928 | 2016-06-22 19:01 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

軽井沢レイクガーデンで、虫撮り

6月21日、今日は夏至だという。一年で昼の長さが一番長い日。
でも、皮肉なことに曇りや雨の天候で、昨日の方が実質的に昼は長く感じた。

同じ群馬県でも、昨日は大荒れだったところもあるようだったが、
生憎というかラッキーなことに、お隣の長野県に行っていたので大荒れ知らずだった。

行っていたのは軽井沢レイクガーデン。
平成の大合併で、安中市が松井田町と合併したので、軽井沢は隣町。

とは言え、碓氷峠を越えた先にあるので、簡単に隣町に行くという感じではない。
それでも、長野県はチョウの楽園で、高速を使って峠越えをする価値はある。

さすがに入園料を払って庭園を見る場所なので、捕虫網を持っている輩はいない。
こういう施設の存在は、それを目的としていなくても、
チョウの保護には役立っているようだ。

夕方帰って来た時間帯は夕立が去った後で、
東の空に左側四分の一ほどの虹が立っているのが見えて嬉しかった。





     花から花へ駆け足状態の、ウラギンヒョウモンがしばし止まってやっと撮れた。
c0305565_17472870.jpg
c0305565_17471349.jpg
c0305565_17473992.jpg




     遠かったけれど何とか捉えた、アサマイチモンジ♀?
c0305565_17480257.jpg





     シオカラトンボ3態。これは一般的な♂。
c0305565_17481971.jpg





     こちらは、薄く白粉を吹き始めていた熟女。
c0305565_17482760.jpg





     こちらは若いメス。麦藁色がきれい。
c0305565_17484931.jpg





     ヨツボシトンボもけっこう数はいたけれど、撮れたのは少ない。
c0305565_17490707.jpg





     ショウジョウトンボ♂は、こっちを向いてくれなかった。
c0305565_17492083.jpg





     クロイトトンボは、まったりと休息中。
c0305565_17493318.jpg





     トラマルハナバチの♀は、忙しそうに花から花へ飛び回る。
c0305565_17494632.jpg





     清楚な一重のバラに、ナミハナアブ。
c0305565_17495571.jpg

by h6928 | 2016-06-21 19:04 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

軽井沢レイクガーデンで、からふる

昨日は長野県軽井沢町の、軽井沢レイクガーデンに行ってみた。
まだ本格的な紅葉には早いようで、景色には緑色がまだまだ多かった。
でも、さすがに昆虫はほとんど見られなくなっていて、
赤いトンボがなにやら忙しそうにチョロチョロしていたけれど、
撮れる状態ではないので早々に諦めた。
せっかくだから麓よりは早い秋を探して、撮ってみた。
マクロ180mmは風景にはあまり向かないので、どうしても接写になる。
それでも、あまり寄りすぎないように気をつけながら、カラーをフルに取り込んで、
これこそカラフルだね、とセルフのシャレで笑うのだった。
寒いって引かれたら困るなぁ・・・。





      バラはもう終わりかけ。秋らしくドウダンツツジが背景になるように撮ってみた。
c0305565_18464456.jpg




       こんな飾られ方をしていた切り花のバラも、華やかな彩り。
c0305565_18465399.jpg




     ノイバラに近いバラなのだろう。ローズヒップがきれい。
c0305565_18470364.jpg




      ヤマボウシの根本に寄りかかっていた、ホオズキ。
c0305565_18472114.jpg




      シュウメイギクの実がふわふわと沸き立ってきている。
c0305565_18473412.jpg




      サクラタデがまだ咲いていた。とりわけ健気に見えた。
c0305565_18474539.jpg




      猛毒とは思えない、清楚なトリカブトの花。
c0305565_18475575.jpg




      ベニガクはこんな色に染まっていた。
c0305565_18480934.jpg




      真っ赤なモミジは、黄色みを増した葉をバックにしてみた。
c0305565_18481809.jpg




      ツタの紅葉も捨てがたい魅力がある。
c0305565_18482957.jpg




      ボタンヅルの実がきれい。もっと光がほしかった。
c0305565_18483603.jpg




      園内から外を見れば別荘が見える。いかにも軽井沢らしい。
c0305565_18484336.jpg

by h6928 | 2015-10-28 19:24 | 季節もの・晩秋 | Comments(10)

軽井沢レイクガーデンから~昨日の続編~

昨日の続編で、やはり同じ日に軽井沢で撮ったものからー。
なるべく涼しく見えるように撮ったつもりたけれど、効果のほどはいかが???
人によっては生々しいと思える画像が含まれているので、
そういうのが苦手な方はスルーしちゃってくださいね。




  トンボ界のお公家さん、マユタテアカネの男のコは、見事な逆立ちを披露。
c0305565_18205207.jpg




     こちらは同じくお公家さんの女のコらしい。
c0305565_18210292.jpg




     前脚を複眼の後ろに畳みつつあるシオカラトンボ。未熟オス?
c0305565_18212553.jpg




     クロイトトンボもお疲れな様子で、じっとしていた。
c0305565_18213929.jpg




     フキバッタ類は種の同定も難しい上に、成虫か幼虫かも見分けにくい。
c0305565_18220132.jpg




     ホソクビツユムシがもう成虫になっていた。男のコだね。
c0305565_18221067.jpg




     ユーモラスなお顔のこの子はだぁれ?アブ?ハエ?
c0305565_18222465.jpg




     横から見るとアブと言うよりハエ系に近そうだ。
c0305565_18223260.jpg




     こちらでは、別のアブがハナグモの餌食になっていた。
c0305565_18232650.jpg
c0305565_18234195.jpg




     あっ、ゴマダラカミキリだ!! 撮った直後に消え去った。
c0305565_18241769.jpg




     疲れてベンチに腰掛けると、目の前にシキンカラマツが咲いていた。
c0305565_18243259.jpg

by h6928 | 2015-08-08 19:04 | 季節もの・夏 | Comments(6)

七夕飾りの代用に・・・バラの花

毎日毎日鬱陶しい天候が続くので、今日はせめて明るい気分になれるように、
バラの花のいくつかをご覧くださいませ。
先月15日に、軽井沢レイクガーデンで写しておいた在庫品で、
どなたかの気晴らしになれば・・・と、お披露目させていただきます。
今夜は七夕・・・あいにくお星様は見えないけれど、
12コマの写真たちは、こじつけで12星座のつもりだったりして(笑)。

あれ?・・・今夜は文体がいつもと少し違っちゃってる(汗)ね。



c0305565_18202369.jpg
c0305565_18203302.jpg
c0305565_18204897.jpg
c0305565_18210261.jpg
c0305565_18211245.jpg
c0305565_18212534.jpg
c0305565_18213609.jpg
c0305565_18214406.jpg
c0305565_18215676.jpg
c0305565_18220410.jpg
c0305565_18221280.jpg
c0305565_18222386.jpg

by h6928 | 2015-07-07 18:51 | 花卉・野菜 | Comments(8)

軽井沢レイクガーデンで、ヒョウ柄

昨日は久しぶりに軽井沢まで行ってみた。
と言っても、撮影したのはレイクガーデンで花と虫を狙っただけ。
花はバラが咲き始めたばかりで、芳香も満ちて華を添えていた。
他の花は園芸品種が多く、だいたいの分類はわかっても詳しい品種まではわからない。
とりあえず、今回はやたらと目に付いたウラギンヒョウモンをたくさん撮ったので、
ウラギン特集にしたい。
また機会があれば、バラや他の虫などにも日の目を見せてあげたい。




       ストローを器用に使って吸蜜する、このヒョウモンチョウは誰?
c0305565_18015142.jpg




       通路のウッドチップで開翅して休んでいる。前翅にオスの性標が2本見える。
c0305565_18015822.jpg




       アザミで吸蜜している。バックはアサザの浮かぶ水面。
c0305565_18020992.jpg




       半開翅ではイマイチ決め手に欠ける。
c0305565_18021765.jpg




       ヒョウモン類の同定は、裏の模様が重要なので、せっせと撮った。
c0305565_18022447.jpg
c0305565_18024440.jpg




       総合的に判断して、ウラギンヒョウモンのオスに決定。
c0305565_18025454.jpg



       後ろ姿もかっこいい。
c0305565_18030435.jpg



       風に揺られて、翅もたわむ。
c0305565_18032549.jpg




       同じ花にオスが2頭止まった。
c0305565_18033417.jpg

by h6928 | 2015-06-16 18:44 | 昆虫・クモ 等 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風