昨日 ( 09/28 ) は、朝のうちは雨が降っていたけれど、
次第に止んできて晴れ間も覗くようになったので、出かける意欲も高まる。

で、秋も深まったろうからと、軽井沢レイクガーデンに行ってみる気になった。
高速を使わずに碓氷バイパスから行ってみようと、愛車を走らせていると、
長野県との県境手前辺りから霧がかかり始め、さらに進むにつれて濃霧になった。

スキーバス転落事故のあった辺りは、対向車のライトさえ近づかなければ見えないほど。

そうして、レイクガーデンでは霧雨・・・・。
そんなはずではなかった・・・・と悔やんでも仕方ない。そこで撮るしかない。

ビニール傘をさしながらでも、
他のお客さんはほぼいないに等しいから大丈夫。

虫さんは皆無といっていいほど出てくれない。

雨が上がりかけると風が吹いてきて、大きな雫はみんな落とされてしまうし、
想定外続きの軽井沢だった。

いくら地続きの隣町といっても、天候はずいぶん違うんだいねぇ~。





   雨に濡れたバラ。これを撮った頃が一番降っていたっけ。
c0305565_17480444.jpg






   シュウメイギクは多量に撮ったけれど、自分なりに選んだのはこれ。
c0305565_17481750.jpg






   面白い形の、セイヨウマツムシソウ(たぶん)。
c0305565_17483215.jpg






   雨に濡れたシオン。この花は水滴がくっつきやすいのかな?
c0305565_17484438.jpg






   トリカブトの花が、行列して咲いていた。
c0305565_17490105.jpg






   せっかくだから烏帽子っぽく、チョイアップのもね。
c0305565_17491400.jpg






   サワギキョウは、花穂の先端の方に咲き上がって来た。
c0305565_17493555.jpg






   ホオズキが綺麗に色づいて、濡れた姿もまた良いね。
c0305565_17495324.jpg






   チカラシバの穂は魅力的だけれど、白もあるんだね。
c0305565_17500548.jpg






   今が花盛りのサクラタデも、しっとり濡れている。
c0305565_17501918.jpg






   良い香りのサラシナショウマに、狩りに来た?コガタスズメバチ。
c0305565_17503093.jpg






   外灯のポールに絡んだツタが、紅葉を始めている。
c0305565_17504673.jpg

by h6928 | 2017-09-29 18:36 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日は、虫抜き編の軽井沢レイクガーデンものだったけど、
やっぱり虫もせっかく撮ってあるのだから自分としては捨てがたく、
今日はその虫有り編でセレクトしてみた。

虫が足りない分は植物で埋め合わせて、一応数は揃ったな。

おまけに、
我が家の庭に植えもしないのに、勝手に咲いたヒガンバナ1輪を、
不思議篇として末席に加えてみた。

このヒガンバナのために没にされた写真もあるのだけれど、
まぁ、それは実力不足だから恨みっこ無しで、
って言い聞かせておいたのさ。





   このトンボは初見!! 後で調べたらキトンボのオスらしい。
c0305565_17592968.jpg






   これと次は、お馴染みのアキアカネ。だいぶ赤くなっていた。
c0305565_17594553.jpg






   だいぶ傷んできた翅でも、輝くように撮った。
c0305565_17595495.jpg






   サクラタデに、シマハナアブが蜜を求めてやって来ていた。
c0305565_18001012.jpg






   サラシナショウマに、エサキモンキツノカメムシ女子、発見。
c0305565_18002206.jpg





   サラシナショウマはチョウにも人気。ウラギンヒョウモンがいた。
c0305565_18003575.jpg






   ミドリヒョウモンのオスも来ている。全然緑色と無縁だよね。
c0305565_18004681.jpg






   こちらはマツムシソウで女のコ。こちらさんは若干緑っぽい。
c0305565_18005558.jpg






   おや?こんなところにシソの実が!?って撮った。
c0305565_18011607.jpg






   ベニガクの、今の姿も味があるね。
c0305565_18012478.jpg






   夏薔薇には遅く、秋薔薇には早いかな?薔薇一輪。
c0305565_18013740.jpg






   おまけに、今年我が家の庭に、1本だけ唐突に出現したヒガンバナを記念に。
c0305565_18015968.jpg

by h6928 | 2017-09-16 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


昨日 ( 09/14 ) は、
秋風に誘われて軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

直射日光がたっぷり降り注いでいても、
さすがに軽井沢だけあって涼しい。

水辺なのに湿度も低いようで汗も乾きやすい。
そんな中、秋風は涼しさを提供してくれても、接写好きにはちと迷惑かな。

頭の重い花たちは、揺れ始めるとなかなか止まってくれない。
ピンを合わせながらぶれないようにするのは、一苦労なのだった。

そんな労作(って、自分で言っちゃう)の中から、
今回は虫抜き編としてセレクトしてみた。

でも、うっかり虫ちゃんが紛れ込んでいるかもしれませんぞぉ~。

なぁ~んて、『ダーウィンが来た』のヒゲジイ口調をパクったり106.png





   水辺てこの花を見つけると、ついつい顔がほころぶ。サクラタデ。
c0305565_17515232.jpg




c0305565_17520659.jpg






   こちらは、似た者同士のミゾソバ。この時期だけ華やぐ。
c0305565_17521873.jpg






   シュウメイギクは見た目通りに撮るのは、かなりな難物。
c0305565_17523069.jpg






   トリカブトは頭が重いせいか、風が吹くと揺れが止まりにくいみたい。
c0305565_17524768.jpg






   キツリフネは、花期が長いね。まだまだ咲き続けている。
c0305565_17530304.jpg






   秋の名を冠した、アキノノゲシ。「ノゲシ」の中では一番好き。
c0305565_17531616.jpg






   ソリダゴはセイタカアワダチソウと同じ仲間。無尽蔵の黄色。
c0305565_17532503.jpg






   ワンパターン&マンネリの極致? シラネセンキュウの花。
c0305565_17533705.jpg






   シロヤマブキの実は黒い。もう完熟に近いかな。
c0305565_17540036.jpg






   棘だらけのサンショウバラの実は、見るだけなら可愛いかもしれない。
c0305565_17541717.jpg






   湖面に葉と花を浮かべるアサザも、なんとなく秋の風情を見せている。
c0305565_17543043.jpg

by h6928 | 2017-09-15 19:03 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

処暑の日に避暑


昨日 ( 08/23 ) は、処暑というのに猛暑日復活という予報が出て、
それならば、と軽井沢に避暑を兼ねて撮りに行った。

例によってお気軽に撮れるレイクガーデン。

軽井沢だからと言って、凄く涼しいわけでもなく、30℃には満たない程度。
それでも、麓にいたらさぞかし難儀をしただろうと、
内心ほくそ笑みながら撮るのだった。

そうして帰ってみると、家の中は暑い。
処暑とはいえ、朝夕は過ごしやすくなるはずが、どうなってるの?

まだまだ冷たいものが必需品だねぇ~。





   高地だからかな? ヤブカンゾウがまだ咲いていた。
c0305565_17512895.jpg






   レイクガーデンの水面を彩るのは、アサザ。
c0305565_17514058.jpg






   レンゲショウマも散見できたけど、撮れたのはこれだけ。
c0305565_17515528.jpg






    笑顔がいっぱいの、ハナトラノオ。まだまだしぶとく咲き続く。
c0305565_17520781.jpg






   上から見ると赤、下から見ると白。ミズヒキの語源だそうな。
c0305565_17522907.jpg






   こうして見ると豪華絢爛(大げさ!)。その名もキンミズヒキ。
c0305565_17523977.jpg






   ヌスビトハギの実は、完熟すると厄介な引っ付き虫。まだ可愛い。
c0305565_17525845.jpg






   シュウメイギクの花を探したけれど、咲いていたのはこれ1輪。
c0305565_17530918.jpg






   シロヤマブキの実がこんな色に。まだ黒くなるには時間が要るかな。
c0305565_17531865.jpg






   キツリフネに贈れること約2か月、ツリフネソウも見られた。
c0305565_17533325.jpg






   イチモンジセセリは、この季節になると急に目に付く。
c0305565_17534496.jpg






   寒冷地では冬を越せないで、毎年捲土重来を繰り返しているとか。
c0305565_17535431.jpg

by h6928 | 2017-08-24 18:42 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


今回は、昨日の続編で虫が主役の編集で104.png

ちょうど行った時間帯がお昼頃からの暑い時間帯なので、
虫たちもお昼寝タイムと見えて、なかなか出てきてくれず、
何とか粘って探し出したものたちなので、これはお蔵入りにはできないもんね。

まぁ、中には超元気なヒョウモンさんなんか、何ヒョウモンかさえ分からないほど、
高速でビュンビュン飛んでいるけれど、
もうそんなスピード違反の虫さんは、無視ね。

ってことで119.png






   クガイソウに執着していたキタテハ。立て羽だけに?なかなか開いてくれない。
c0305565_18062776.jpg





   風で揺られた直後、その都度一瞬だけ開翅も。
c0305565_18063778.jpg





   オカトラノオに止まったミドリヒョウモン。
c0305565_18064949.jpg





   別の花では開翅も見せてくれた。女のコだね。
c0305565_18065843.jpg





   飛んでフレームイン後、シャッター音に驚いて飛び去った、イチモンジチョウ。
c0305565_18073650.jpg





   日陰へ逃げ込もうとしていた、ツバメシジミ。
c0305565_18074509.jpg





   青く見えても、名前はクロイトトンボ。
c0305565_18080208.jpg





   もう老境かな?ヨツボシトンボ。
c0305565_18081318.jpg





   避暑に来ていたのは、アキアカネも。
c0305565_18082254.jpg





   オオマルハナバチの、ビロードのような毛が可愛い。
c0305565_18084542.jpg




c0305565_18085573.jpg





   普通種のわりに意外と見つけられないという、オオハナアブ。
c0305565_18090657.jpg





   日当たりの良い草原の、白い花が好きという、コアオハナムグリ。
c0305565_18092778.jpg





   もう成虫になっていた、ホソクビツユムシの男のコ。
c0305565_18094523.jpg

by h6928 | 2017-07-22 19:01 | 季節もの・夏 | Comments(2)


昨日 ( 07/20 )は、暑くなるとの予報を信じて、また軽井沢に逃げ出した。
例によってレイクガーデンに行って、避暑。

気温は26℃ ほどで、時折風も吹いてくるから、かなり過ごしやすい。
それでも人間って贅沢なもので、慣れてくるとそれでも暑く感じてしまう。

ウロウロ撮り歩きながら、けっこう疲労感ものしかかる。

しかし、本当の辛さは帰ってからたっぷり味わえる。
我が居室空間は34℃超えで、外の空気を思いっきり入れても下がらない。

建物全体に蓄熱していて、夜になると放熱しているようだ。
おまけに、夜には曇っていて、いわゆる布団効果!!夜は晴れてくれよ!!

軽井沢の涼しさに感謝しなかったから、罰が当たったのかなぁ。
今朝まで寝苦しかったよぉ~。





   レイクガーデンの「レイク」には、アサザがたくさん。その花をアップで。
c0305565_18124230.jpg





   ダイコンソウは、バラ科だと主張しながら咲いている。
c0305565_18130291.jpg





   散った後には、こんな面白い形の実が出来る。
c0305565_18131398.jpg





   園芸品種だろう、白いマツムシソウ。
c0305565_18133896.jpg





   シロヤマブキの季節外れなのを。
c0305565_18134960.jpg





   ニワナナカマドが、まだたくさん咲いている。
c0305565_18135845.jpg





   ギボウシもいろいろあったが、とりあえず2種。
c0305565_18141420.jpg




c0305565_18142408.jpg





   湖面に乗り出して咲いていたホタルブクロ。
c0305565_18144109.jpg





   ホザキシモツケの花は緑に映える。
c0305565_18145014.jpg





   湖水をバックにヤナギラン。
c0305565_18150329.jpg





   エリンジウムの仲間かな?地味か派手か?どっちにも見える。 
c0305565_18152017.jpg





   フサスグリの実は、何とも魅惑的。
c0305565_18154692.jpg





   せっかくだからバラも登場させよう。
c0305565_18162733.jpg

by h6928 | 2017-07-21 19:07 | 季節もの・夏 | Comments(8)


昨日、バラとどちらを優先させるか?ギリギリまで悩んで、
結局後送りにしたのが今日の写真たち。

昨日の撮影で、凄い運が付いていて秀作が撮れていれば、
もっと後回しにされるところだったけどネ。

生憎というか、ちょうど昨日は大したものが撮れなかったから、
今日はちょうど良い出番を与えられたワケ

ホントはまだ花の写真も数があるのだけれど、
「取って置き」になってしまいそう。

チャンスを逃さないうちに出せればいいけどナ・・・・。





   ウラギンヒョウモンが、熱心にオカトラノオの群落で吸蜜に。   
c0305565_17570657.jpg




c0305565_17571941.jpg




c0305565_17573577.jpg




c0305565_17575189.jpg




c0305565_17580294.jpg





   ホシミスジもしばらく遊んでくれた。
c0305565_17582103.jpg




c0305565_17590186.jpg




c0305565_17591585.jpg





   ショウジョウトンボの未熟♂だろう。赤くないとらしくない。
c0305565_17593678.jpg





   ヨツボシトンボのオスだろうが、ずいぶん黒ずんでいる。
c0305565_17595364.jpg





   いろんな花が咲いていたけれど、今回はアストランティアを採用。
c0305565_18001772.jpg




c0305565_18003100.jpg

by h6928 | 2017-07-07 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日 ( 07/05) は概ね晴れていても、
激しい通り雨があったりして驚かされた。

それでも晴れは晴れなのでどうせ暑くなるからと、避暑に行った。
今回の目的地は、今年は初の軽井沢レイクガーデン。

いざ着いてみると期待したほど涼しくもなく、
カメラを抱えてウロウロしているとそれなりに汗はかく。

ただ、さすがに避暑地として知られるだけのことはあり、
今がバラのシーズンだった。

イングリッシュローズガーデンには、たくさんのバラが咲き誇っていたけれど、
ボクはヘソをちょっとだけ曲げて、華々しくないのを撮ってみた。

本当のところは、実はバラはあまり熱心に撮らずに、
他のをたくさん写していたんだ・・・・。

でも、家に帰ってPCに取り込んでみてから、
なんか無視しにくくなってしまい、数もそれなりに揃ったし、
まずはバラで行ってみようと決めた。

でも、他のも捨てがたいしなぁ・・・。
この期に及んでまだ迷っている優柔不断なボクだった。




c0305565_17583723.jpg




c0305565_17584961.jpg




c0305565_17590695.jpg




c0305565_17591610.jpg




c0305565_17592817.jpg




c0305565_17594254.jpg




c0305565_17595420.jpg




c0305565_18000919.jpg




c0305565_18002564.jpg




c0305565_18003698.jpg




c0305565_18004748.jpg




c0305565_18010242.jpg

by h6928 | 2017-07-06 18:38 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)


昨日はおそらく今年最後の軽井沢となろう、レイクガーデンに行ってみた。
もうじきここも冬になり、来月3日を過ぎると、春までの長い閉園期間に入るはず。

園内の景色は、晩秋らしさに包まれていて、空気も冷たい。
撮り始めたときは閑散としていたのだが、
そのうちにどこかのカメラクラブと思しき団体さんが来て、色々と撮影を始めた。

風景も撮っている人がいるようで、
ボクが変なところで写らないようにしたり、ちょっとは気を遣う羽目になった。
ボクは添景人物には向かないもんね。

そうこうしているとその団体さんも帰って行って、後はノンビリ・・・・のはずが、
雲が厚くなり、暗さも増し、寒さも厳しくなったので程々で引き揚げた。

地元で見られなくなったサクラタデが、
ここでは咲いていたのが一番の収穫だったかな。





   サクラタデが咲いているのを見つけて、嬉しくて接近写真ばかり。
c0305565_17341291.jpg



c0305565_17342542.jpg



c0305565_17343762.jpg





   綿毛を飛ばし始めているシュウメイギクが見られた。
c0305565_17345206.jpg





   舌状花の短い品種のシオンに、キタテハが来ていた。
c0305565_17350657.jpg





   マルバノキは、なぜか紅葉じゃなくて黄葉で、落葉前に花が咲いていた。
c0305565_17352980.jpg





   この花の特徴「背中合わせに対で咲く」を撮ってみた。右側ので判る?
c0305565_17353935.jpg





   ここのマンサクは「先ず咲く」にしても、早すぎる!!
c0305565_17360352.jpg



c0305565_17362013.jpg





   エゴノキの実は、果皮が破れて中身が見えてきた。
c0305565_17364000.jpg





   セイヨウトチノキの冬芽
c0305565_17365877.jpg





   ラストに、もう紅・黄葉している風景も。
c0305565_17371300.jpg

by h6928 | 2016-10-23 18:32 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

昨日(09/20)は、さすがに台風が向かってくるかもしれないので、
不要・不急な外出は控えて、家にいることにした。

新作が撮れないので、今日のために写真をセレクトするなどの作業をしていた。
同時に、膨大な量の余剰になった写真たちにおさらばしてもらった。

普段デスクワークをサボっているから、すぐに体がコチコチになる。
自己流いい加減ストレッチをしたりして、ほぐしほぐしでも、けっこう辛い。

やっぱり適当にウロウロ&キョロキョロして虫や花を物色しているのが良い。

そんなわけで、今日は前回行った軽井沢レイクガーデンの在庫から、
選り抜き作品(って程のものでもないけどね)をどうぞー。





   ベニバナサワギキョウとでもいうのかな?印象深い色だった。
c0305565_18142601.jpg





   とてもおいしそうなヤマボウシの実。
c0305565_18143489.jpg





   水面をバックに、バラの花を撮ってみた。
c0305565_18144617.jpg





   トリカブトの花は、ついついモアイの石像を連想してしまう。
c0305565_18145790.jpg





   サラシナショウマに来ていたミドリヒョウモン♂。ジンセイいろいろだったかな。
c0305565_18151276.jpg





   ノリウツギは案外遅くまで咲いている。チョウに来てほしかった。
c0305565_18152117.jpg





   このアキアカネは♀のようだ。♂だとしても案外赤味は薄い赤とんぼ。
c0305565_18153197.jpg





    こちらは、すっかり赤くなったマユタテアカネの♂。
c0305565_18154041.jpg





   まだ最近までヒナだった、カルガモの若鳥たちのパタパタ。
c0305565_18155570.jpg


c0305565_18160303.jpg





   翼の羽毛が未完成で、一息で石に上がれないのがかわいい。
c0305565_18161215.jpg
   水面に映った空が彩雲になっていた。雲に暈された太陽はアサザの葉で隠す。
c0305565_18162483.jpg

by h6928 | 2016-09-21 19:05 | 季節もの・初秋 | Comments(4)