タグ:赤城自然園 ( 25 ) タグの人気記事

赤城自然園で 紅・黄葉


昨日は雨の予報も出ていた寒い一日で、
結果的に雨にはならなかったものの写真はお休みにしてしまった。

それというのも、赤城自然園で撮った在庫があったので、
無理して撮りに出なくても良いかな・・・・と自分への言い訳もできたのでね。

そんなわけで、次には言い訳が出来ないように、
在庫は吐き出してしまうことにした。

少しはね、自分に鞭を入れないとダラダラしてしまうそうでね。
生来、怠け者のボクだからなぁ105.png




   冬らしい雰囲気の空に、枯れ行くノリウツギの花を抜いてみた。
c0305565_17493783.jpg





   もう来年の花芽を用意しているハクモクレン。
c0305565_17495657.jpg





   落葉樹の森は、葉を落とした分だけ明るくなってきた。
c0305565_17504234.jpg





   落葉の絨毯に木の影が伸びる。
c0305565_17505529.jpg





   モミジガサの綿毛が、林床で白銀に輝く。
c0305565_17511226.jpg





   コナラの幼木の葉はこんな色にも染まるんだ!ってビックリ。
c0305565_17514500.jpg





   ミツバツツジの「三つ葉」は黄色に染まる。
c0305565_17515882.jpg





   カエデ類の残り物にもいっぱい福があった125.png
c0305565_17531017.jpg



c0305565_17533155.jpg



c0305565_17535500.jpg



c0305565_17541207.jpg



c0305565_17542614.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-19 18:34 | 季節もの・初冬 | Comments(2)


昨日 ( 11/16 ) は、赤城自然園がもうすぐ長い休園期間に入るので、
その前には行っておこうと訪ねてみた。

同様なことを考える人が結構いるもんで、
予想以上に来園者は多かった。

とはいえ、紅葉もほぼ終わりに近く、落葉樹の大半は葉を落としていた。
風も冷たくて、見栄を張って薄着で行ったものだから、正直寒かった。

やっぱり高原は冬が来るのも一足早いのだ。
それでも、体を動かしていれば暖かく感じられるくらいだから、
歩き回って被写体を探すにはちょうど良いかな。

何とか欲張って数だけは撮って来たけれど、中身が薄かったかなぁ。

来年の4月までしばらくお別れだ、
なんて言ってると鬼さんが笑ってるだろうな。
笑う門には福来るで、鬼さんに幸あれだ102.png





   冬枯れに近い風景の中、サラシナショウマの実が静かに揺れていた。
c0305565_18075269.jpg





   花は皆さん撮るけれど、実は誰もが無関心の、レンゲショウマ。
c0305565_18080376.jpg





   これはまだ花? それとも実? ハバヤマボクチ。
c0305565_18081933.jpg





   下の方の枯れ葉で判った、モミジガサの実。
c0305565_18082921.jpg





   あまりにも混み合っていて、接写はは諦めたマユミの実。
c0305565_18084210.jpg





   半逆光でシュウカイドウの実もシースルー。
c0305565_18085594.jpg





   もう冬らしい冷風で、さざ波が見られる「ミズスマシの池」。
c0305565_18092100.jpg





   「森の遊び場」の小川のある景色がすてき。
c0305565_18093294.jpg





   水底に沈んでいた落ち葉もたくさん。
c0305565_18094679.jpg





   水面を流れながら、ちょっと引っかかっていた落ち葉。
c0305565_18095525.jpg





   流れの中の苔生した石と、落ち葉たち。
c0305565_18100404.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-17 19:01 | 植物園 | Comments(4)


掲載が前後してしまうけれど、
今回は、15日に赤城自然園で撮ったアサギマダラの登場ってことで。

台風18号が接近しているから、その前に行っておこうと、
きれいに晴れ渡った天気も見て、ぜひにも、と出掛けたのだった。

秋風だろうな、爽やかな風のせいで歩くのも苦にならず、
いろいろ収穫はあったのだけれど、
赤城自然園でこの時期ならアサギマダラは外せない。

とは言って見るモノの、
ただただチョウさんの魔力?に撮らされてしまって、
同じようなシーンばかりを量産してしまった。

その中から選りすぐり(これでも)の12カットが、
以下の写真たちだったのだ。




c0305565_18031043.jpg




c0305565_18032038.jpg




c0305565_18034600.jpg




c0305565_18040450.jpg




c0305565_18042246.jpg




c0305565_18044000.jpg




c0305565_18051825.jpg




c0305565_18053423.jpg




c0305565_18054811.jpg




c0305565_18055976.jpg




c0305565_18065372.jpg






   上がる途中で見た、レンゲショウマでお休み中の場面。
c0305565_18071399.jpg

by h6928 | 2017-09-17 18:43 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

赤城自然園での在庫から


今年は母の新盆を迎えるので、
さすがに信心深く無いボクでも、新盆くらいは撮影に出るのは控えようと、
しばらくは在庫処理で済ませることにした。

今日はその第1弾として、先日行ってきた赤城自然園のものから。

前回はやっぱり赤城自然園と言えばレンゲショウマ、となってしまったから、
残り物でもそれなりのものは・・・と自負しちゃったりして、
・・・・・恥ずかしながらネ。





   高原の爽やかな風に揺れる、ツリバナの青い実。
c0305565_18134861.jpg





   ひっそりと、それでも凛として咲くコバギボウシ。
c0305565_18140059.jpg





   愉快なオバケがいっぱいいるような、花期のキセワタ。
c0305565_18140952.jpg





   ワレモコウの花も咲きだしていた。
c0305565_18142074.jpg





   一瞬サギソウかと思った。白花のカワラナデシコ。サギソウ詐欺!?
c0305565_18144165.jpg





   シラネアオイからは想像しにくい、その未熟な果実。
c0305565_18145363.jpg





   この花はクソズだろうか?馴染めない名前。ヤマトシジミには食事処。
c0305565_18150859.jpg





   オカトラノオに舞い降りる、ヤマトスジグロシロチョウかな?
c0305565_18151925.jpg






   初めての出逢い、ヤツメカミキリ? なかなかおしゃれな衣装。
c0305565_18153590.jpg






   ボクの指から吸血しようとする寸前の、ウシアブ。
c0305565_18155160.jpg






   とっ捕まえて懲らしめてから、開放してやった。これって泣き顔?
c0305565_18160657.jpg






   ドクツルタケの幼菌。猛毒のキノコでも、見る分には神秘的。
c0305565_18161705.jpg

by h6928 | 2017-08-12 19:06 | 季節もの・夏 | Comments(6)


昨日 ( 08/03 ) はもうそろそろ頃合いかなと思って、
赤城自然園にレンゲショウマを撮りに行った。

学校が夏休みに入っているから、子供が多いかな?
との予想が外れて、老々男女で賑っていた。
子供はお外で遊ばないのかな???

レンゲショウマは、ちょっとまだ早すぎくらいだったけれど、
遅すぎよりはずっと良い。

残念なことにせっかく咲いている花が向こう向きなのがねぇ~。
って、色々と注文がうるさいボクだった。

ともあれ、今回は70Dにせっかく備わっているバリアングルファインダー機能を、
この花のために使うことにした。

実際使ってみると、マクロ100mmレンズが160mm相当になるため、
レンズを空に向けてピントを合わすには花が大きく写り過ぎる。

うしろは地球なので、それ以上下がれないし、
もうちょい短めのマクロレンズがあればなぁ、なんて無い物ねだりも。
それに三脚無しだとホールドもかなり厳しい。

でも、苦労の跡が写真に出てしまっては写真家としてはシロートだから、
って、クロートのつもりで言うのが図々しいよね !(^^)!





   今回は、70Dでバリアングル撮影を多用してみた。
c0305565_17463978.jpg




c0305565_17465496.jpg




c0305565_17470770.jpg




c0305565_17481305.jpg




c0305565_17483178.jpg




c0305565_17472757.jpg




c0305565_17474268.jpg




c0305565_17484978.jpg




c0305565_17480012.jpg




c0305565_17503366.jpg





   全体的にはこんな感じ。つぼみの方がずっと多い。
c0305565_17493210.jpg





   忍法・天地返し。普通に撮ったものを、逆さにしただけ。
c0305565_17504948.jpg

by h6928 | 2017-08-04 18:20 | 季節もの・夏 | Comments(4)


昨日の続きで、赤城自然園での撮影ものをどうぞ(;^ω^)

オオヤマレンゲを出してしまったので、残り物になってしまいますねぇ~。

アサギマダラも見かけたのに、根性無しで粘れずに、
撮れなかったのは惜しまれるんだいねぇ~。





   半日陰の林床では、エビネの派手さを抑えた花が咲いている。
c0305565_19522284.jpg





   タツナミソウという表示だからそれに従う、木漏れ日の群落。
c0305565_19524139.jpg





   ちょっと離れていたのをアップでも撮ってみる。
c0305565_19525146.jpg





   本体は見えねど、何かを捕えて食べている影の主は?
c0305565_19530216.jpg





   まだ緑だけれど、ハナイカダの実は葉っぱで船頭さん。
c0305565_19531230.jpg





   ギンランが旬でも、残り物のキンランにも出逢えた。
c0305565_19532943.jpg





   クサタチバナの花は、チョウにも御馳走なのに、なかなか寄ってくれない。
c0305565_19534078.jpg





   でも、まずはダイミョウセセリが止まってくれたので撮れる。
c0305565_19535485.jpg




   忙しげだったジャコウアゲハも、エネルギー補給で止まる。
c0305565_19540891.jpg





   いつもの癖で、調子づいてついつい寄ってみる。
c0305565_19542111.jpg





   水辺で何かが来たので、とりあえずシャッターを切ってみる。
c0305565_19543259.jpg





   止まったのを見ると、クロイトトンボの連結だった。
c0305565_19544635.jpg

by h6928 | 2017-05-31 18:30 | 季節もの・初夏 | Comments(4)


昨日 ( 05/29 ) は、暑くなるとの予報が出ていたので、
避暑を兼ねて赤城自然園で過ごすことにした。

到着してみると、もう通常の駐車場は満車で、
そのおかげで入園ゲート前の区域がが解放されていて、ラッキー。

前回来た時よりも緑は深まって、花の種類や数は目立たなくなっていた。

大きな樹の無い草原区域は花畑になっていて、
真夏のような太陽光が降り注ぎいくら高地といっても直射日光は強く、暑い。
そこではヒメサユリが他の花に先駆けて咲いていた。

それを撮った後はせっかく避暑に来たのだからと、
日陰を回ることにして、一番の目的のオオヤマレンゲさえ撮っておけばいいか
・・・・なんて、悠長なことを考えるのだった。

そう、避暑に来たのだからね。





   この日、クリンソウは絵のモデルとして人気だった。
c0305565_17433712.jpg




c0305565_17435590.jpg




c0305565_17440944.jpg





   ツリバナの、これぞ本物の吊り花。地味だけど可愛い。
c0305565_17442641.jpg




c0305565_17444076.jpg





   ササバギンランはけっこう豊富。意外と注目されないのはなぜ?
c0305565_17445648.jpg




c0305565_17451475.jpg





   ヒメサユリ。少し傷んでいたのが残念でも、自然らしくて良いか (^_^;)
c0305565_17453048.jpg





   せっかくだから、縦画面もね。
c0305565_17454213.jpg





   一番の本命はこれ、オオバオオヤマレンゲ。この白が好き。
c0305565_17455790.jpg




c0305565_17460754.jpg




c0305565_17461621.jpg

by h6928 | 2017-05-30 18:18 | 季節もの・初夏 | Comments(2)



昨日は一日雨だったので、一昨日の疲れもあって、
これ幸いと写真はお休みにして、夥しい写真の断捨離をしていた。

在庫は直前の赤城自然園のがたっぷり(数だけは)あるから、安心して。

というわけで、今日は昨日の続編で行ってみたい。





   標高が高いだけに、チゴユリは今頃が花期だった。
c0305565_17453100.jpg





   林床でひっそりと咲き始めていた、ユキザサ。
c0305565_17454172.jpg





   ヒメシャガは、紫系のアヤメ類にしては淡い色で、控えめな印象。
c0305565_17460498.jpg





   ムサシアブミの他にも、ウラシマソウやマムシグサもいっぱいあった。
c0305565_17461804.jpg





   ヒイラギソウは、見たのはこの株。でもホントはもっとあったのかも。
c0305565_17464002.jpg





   ずいぶん花数の多いルイヨウボタン。なのに、目立たないよね。
c0305565_17465369.jpg





   オオバキスミレかな?自然分布じゃないかも。
c0305565_17470290.jpg





   足元ばかり見て花を探していると、ナナカマドを見落としそう。
c0305565_17471945.jpg





   ツクバネウツギも自己主張してくれないから、うっかり見過ごしそう。
c0305565_17481936.jpg





   レンゲツツジは群馬県の「県の花」。
c0305565_17472877.jpg





   デーニッツハエトリが、ハエじゃなくて、クモ捕りぃ~。
c0305565_17473642.jpg





   ラストは大笑いカメムシ(^◇^)。アカスジキンカメムシの終齢幼虫で〆。
c0305565_17474744.jpg

by h6928 | 2017-05-14 18:45 | 季節もの・初夏 | Comments(2)


昨日 ( 05/12) は、ほぼ3週間ぶりとなる赤城自然園に行ってみた。

晴れて暑いくらいだったが、後で平地では真夏日になったことを知った。
手元の腕時計で気温を見ると29.2℃と表示したくらいだから、さもありなんだ。

そして、3週間前とはずいぶん景色も違っていて、
高原の季節変化の速さを実感した。

で、この日はいつもと違ってタムロンの180mmマクロを持って行った。
100mmでは遠くて撮れなかったものを狙おうとの目論見でね。
その狙いはほぼ正解だった。

ちょうど端境期で、今からが本番のものと、もう終わりかけているものが多く、
手軽に近場のを、にはちょっと無理があった。

でも風景的な画面作りは端から諦めるし、
屈んでのローアングル狙いも厳しいから、無理のない姿勢で撮ることに徹する。

三脚は使わない派なので、ホールディングにはちと苦労したのだった。





   入り口ゲート前の広場で、囲いの中に咲いていたキンラン。
c0305565_17255014.jpg





   せっかくの重いレンズだから、一番近いのをアップで。
c0305565_17260224.jpg





   ヤマブキソウは今が盛りと咲いていた。中で、こんなシーンを切り取った。
c0305565_17262722.jpg





   撮ってほしいとアピールしているような株があったので、ご要望に沿った。
c0305565_17264176.jpg





   ヤマシャクヤクは全体的には遅いくらいで、花の命は短くて・・・・を実感した。
c0305565_17265377.jpg





   シラネアオイはもっと終盤で、これこそ福のありそうな残り物。
c0305565_17270727.jpg





   ラショウモンカズラの名前の由来は、
     羅生門で渡辺綱に切り落とされた鬼女の腕に似てるからだとか!?  
c0305565_17272393.jpg





   正面から見ると、切り落とされた鬼女の腕に見えなくもないかなぁ。
c0305565_17273217.jpg





    クサボケの、色が濃くて凛々しい花が一叢見られた。
c0305565_17275282.jpg





   ヤマツツジはたくさん咲いていたけれど、こんな風情が好き。
c0305565_17280585.jpg





   この日の一番の収穫は、クマガイソウが見られたこと。たった1輪だけど。
c0305565_17281548.jpg



c0305565_17282854.jpg

by h6928 | 2017-05-13 18:29 | 季節もの・初夏 | Comments(6)



昨日 ( 04/20 ) は、久しぶりに赤城自然園に行ってみた。
標高がほぼスカイツリーの高さということで、やっぱりまだ早春だった。

それでもここ数日来の高めの気温が続いたせいか、
早く咲いた花は散り始めていたりする。

春の開園を待ちかねていた人も多くて、ウィークデーでも駐車場は満杯。

天候は適度に薄雲が掛ってくれたりして、
あまりギラついた写真にならずに済むのが良い。

あちらこちらを徘徊しながらいろいろ撮ってみた内から、
今回は主にスミレを選んでみた。

名前については、なんせシロートなので憶測で書いてみたけれど、
くれぐれも信用しないでおいてほしいと、あえて述べさせていただこう。





   エイザンスミレはそこかしこで見かけるが、色は色々ある。
c0305565_18014063.jpg



c0305565_18015251.jpg



c0305565_18020449.jpg





   これは色が正確に再現されていないかも?何スミレか見当もつかない。
c0305565_18021869.jpg





   これは、タチツボスミレで大丈夫そう。
c0305565_18033610.jpg





   マルバスミレと見た。
c0305565_18024292.jpg





   ナガバノスミレサイシンだろうか?
c0305565_18022849.jpg





   これは、ヒナスミレかな?葉の裏が紫がかる。
c0305565_18031880.jpg





   オオバキスミレかな?チラホラ咲いていた。
c0305565_18034816.jpg





   オキナグサはまだ咲きたて。このコは早い方。
c0305565_18041792.jpg





   ヒトリシズカもこれだけいると賑やか。
c0305565_18043005.jpg





   ウスバサイシンは、落ち葉を掻き分けて写させてもらった。元に戻しておいたよ。
c0305565_18044679.jpg

by h6928 | 2017-04-21 18:59 | 季節もの・春 | Comments(2)