ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:蝶 (シジミチョウ科) ( 20 ) タグの人気記事

雨になりそうな田畑歩きで


昨日 ( 07/30 ) は、朝には降っていた雨も日中は上がっていて、
気温もあまり上がらないままで、今までに比べれば比較的過ごしやすかった。

午後、どうせまたいつ降ってくるか分からないので、
近場で撮ろうと三ツ寺公園に車を置いて農耕地帯を歩いてみた。

最初のうちこそ明るい曇りだったけれど、
だんだん雲も厚くなりどんよりしてきた。

おかげでチョウたちも動きが鈍く、なかなか出てくれない。
でも、見つければ逃げ足も鈍いので、
見つけさえすればじっとしているのは撮れる。

アマガエルたちも、空気が湿っているので葉の表面にいて撮りやすかった。

そうして、何とか数を撮って帰ってくると、
やっぱり雨になり、雨脚も強まったのだった。





   雨の予感?ベニシジミは普段より逃げないで撮りやすかった。
c0305565_17545817.jpg




c0305565_17550742.jpg




c0305565_17552168.jpg




c0305565_17560631.jpg





   ヤマトシジミの女のコに、言い寄って来た男のコ。
c0305565_17554166.jpg





   熱心にプロポーズする。でも、結局逃げられた。
c0305565_17555098.jpg





   ヒメムカシヨモギの小さく可憐な花。全体は逞しいのに。
c0305565_17563725.jpg





   こちらも小さな白い花。フウセンカズラ。
c0305565_17564874.jpg





   風船が膨らんだのもあった。
c0305565_17565721.jpg





   クズの葉に穴をあけたのはヒメコガネの青タイプ。
c0305565_17572063.jpg





   今年生まれのアマガエルたち。順調に成長している。
c0305565_17573379.jpg




c0305565_17574371.jpg

by h6928 | 2017-07-31 18:33 | 季節もの・夏 | Comments(2)

箕輪城跡で花とチョウ


「戻り梅雨」って、季語になっているのかな?
これを使って俳句でもひねってみたいくらい、ジメジメべとべと蒸し暑い。

でも、俳句って、毒舌先生にコテンパンに言われてしまいそうで、
怖くてうっかり世間に晒せない気もするしなぁ、やめておこう。

閑話休題、昨日 ( 07/25 ) も雨の止み間を利用して、
久しぶりに箕輪城跡で撮ってみた。
運よく、ジャコウアゲハがウマノスズクサに卵を産むシーンが撮れて、
それだけでも大収穫だった。

あえて贅沢を言えば、羽化して間も無さそうな男のコのジャコウアゲハがいたので、
なるべく近くに寄ってみたが、念願がかなわなかったのは残念。

『羽化直後のジャコウアゲハのオスは、とても良い香りがする』そうなのだ。
さなぎを持ち帰って羽化させる手も無いではないが、
ボクの生活パターンではとても面倒見切れない。

だから、自然の中で羽化直後のオスに出逢えたらいいなぁ~
って、以前から願っていたんだよね。

まぁ、願い事は簡単に叶ってしまわない方が、後々楽しみが続くから良いけどね。





   咲き終えて剪定された株から復活した、ピンクのアナベル。
c0305565_18030569.jpg





   オニユリって、写真にするにはけっこう収まりが悪い気が・・・・。
c0305565_18031595.jpg





   シンジュ(ニワウルシ)の未熟な実は、いい加減な花より綺麗。
c0305565_18033231.jpg





   とっても小さな、イヌホオズキの花。
c0305565_18034506.jpg





   アシグロツユムシは、まだ成虫になっていないんだね。
c0305565_18040268.jpg





   エサキモンキツノカメムシ。ハートが黄色いから男のコ。
c0305565_18041424.jpg





   お決まりパターンでベニジョオン。
c0305565_18043653.jpg





   ヤマトシジミがワラワラ出ていたが、画面に納まったのはこれだけ。
c0305565_18050441.jpg





   1頭を特別扱いでアップにした。
c0305565_18051347.jpg





   飛んでいるジャコウアゲハの女のコを追ったら、産卵を始めた。
c0305565_18053043.jpg





   その後疲れたのか、ここに止まってしばらく動かなくなった。
c0305565_18060811.jpg





   こちらは、まだ傷みの無い男のコ。馨しい香りは嗅げなかった。
c0305565_18061658.jpg

by h6928 | 2017-07-26 18:49 | 季節もの・夏 | Comments(6)

高崎郊外で花とチョウ


昨日から今日にかけては、
梅雨が舞い戻ったかのような蒸し暑い雨天中心の日になった。

家にいても不快なだけなので、思い切って出かけてみると、
ちょっと車で走り出すと間もなく小降りになり、さらに進むと降ってない。

「所により」が実際に体験できて、なるほどねと感心する。
ひところ使われなくなったというこの天気予報用語が、
復活したのも仕方ない。

たかが群馬の狭い地域内でも「所により」降るか否かは差が出るのだもの。

そんなわけで、雨の降っていなかった高崎郊外の、
畑作地帯で撮れたものからー。





   休耕地で驚くほど蔓延っていたイチビ。アオイ科の花は可愛い。
c0305565_18030494.jpg





   これがまだ青い実。熟すとこぼれて耕されることで。拡散する。
c0305565_18031660.jpg





   いつまでも空が暗かったから?メマツヨイグサが日中に咲いていた。
c0305565_18032707.jpg





   もう!オクラの花を見っけ。
c0305565_18033712.jpg





   黄色いグラジオラスの背景は、ブルーの寒冷紗。
c0305565_18034946.jpg





   ヤエザキハンゴンソウに埋没しそうな、イチモンジセセリ。
c0305565_18040077.jpg





   コセンダングサとベニシジミ。黄色が勝ってる一部白。
c0305565_18042965.jpg





   ヒメジョオンは白い花で良いよね。
c0305565_18041958.jpg





   白から紫系に~で、ガガイモの花。黒い粒はアリかな。
c0305565_18044605.jpg





   ゴボウの花。自家採種していると、菜園の人が言っていた。
c0305565_18050263.jpg





   ケイトウの上のアマガエルさん。思いっきり目立ってる。
c0305565_18051506.jpg





    ラストは葉っぱの上のヤマトシジミ。模様は黒いチューリップ178.png
c0305565_18052592.jpg

by h6928 | 2017-07-24 18:45 | 季節もの・夏 | Comments(4)

ヒメシジミいっぱい


昨日 ( 07/12 ) は前夜から蒸し暑くて、ろくすっぽ眠れなかったので、
睡眠不足と体力の消耗を避けるため、日中は榛名湖畔で過ごした。
かつては竹久夢二も過ごしたという避暑地だから、だいぶ過ごしやすい。

この日はたくさんのヒメシジミが遊んでくれて、癒された。
時折雨粒が落ちてきたが、そのうちどうも本降りになりそうな予感がして、
車に戻り、しばしゆっくりドライブをしていると、案の定降って来た。

降る前は気温が25℃ほどだったが、本降りになると22℃まで下がった。

そして、伊香保経由で山を下りると、下界は道路も乾いて、
濡れた車に違和感を覚えるほどでも、安心してばかりもいられない。

どうやら高崎方面から不気味な厚手の黒雲が広がって来る。
ボクが帰るのは不気味なその雲の方角なので、ヤバいなぁ・・・・。
そのまま走り続けると、やっぱり!すさまじいほどのゲリラ豪雨がお迎え。

ビビり屋さんのボクは途中で車を止めて、その雷雲が通過するのを待った。
でも、こんな雨が連日連夜繰り返し降られたら・・・と思うと心底恐ろしい。

九州で被災された方々には、心からお見舞いを申し上げますm(_ _)m





   では(クモより)可愛い、ヒメシジミたちのオンパレードをどうぞ。
c0305565_18004327.jpg




c0305565_18005341.jpg




c0305565_18000366.jpg




c0305565_18013043.jpg




c0305565_18013977.jpg




c0305565_18024014.jpg




c0305565_18030191.jpg




c0305565_18031364.jpg




c0305565_18002836.jpg




c0305565_18015437.jpg




c0305565_18022645.jpg




c0305565_18011554.jpg

by h6928 | 2017-07-13 18:53 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)

    農道伝いに


昨日 ( 06/18 ) は、太陽の形が肉眼で判るほどの曇り空だったけれど、
結局、期待していた雨は降らなかった。

余計な影が出ないから接写にはちょうど良いかな、
と高崎の山手方面の農道を歩いてみた。

コヒルガオだのワルナスビだのヒメジョオンだの・・・・、
帰化植物が多いのは人間が生活している地域は共通している。

特にここも!ハルジオンが駆逐されヒメジョオンに席巻されていた。
キク科の白い花はお姫様ばかり。

そしてそこには、ごく普通のチョウチョが遊びに来ていた。
なんて人にはそう見えるだろうが、当事者はかなり真剣に生きているのにね。

葉っぱの上で休んでいた、ウラギンスジヒョウモンは別格のお客様だった。





   コヒルガオにちゃっかり入っていたヤマトシジミちゃん。
c0305565_18103507.jpg





   ベニシジミはいっぱい撮れた。
c0305565_18104819.jpg




c0305565_18110138.jpg




c0305565_18111216.jpg





   2頭並んでいるのって珍しいと思う。前の個体はかなりお疲れだね。
c0305565_18112199.jpg





   お馴染みのスジグロシロチョウや、 
c0305565_18114778.jpg





   キタキチョウもいた。
c0305565_18115602.jpg





   ヒメウラナミジャノメが、この時期にまだけっこう見られる。
c0305565_18120982.jpg





   なんと!ウラギンスジヒョウモンに遭遇。
c0305565_18122026.jpg





   チョウチョさん、ご用心!! ガザミグモが潜んでるよ!    
c0305565_18123952.jpg





   ヒメヒラタアブは、アブラムシのいるところに産卵に来たのかな?
c0305565_18124805.jpg





   ラストを飾るのは、アメリカフウロの神輿草。
c0305565_18125959.jpg

by h6928 | 2017-06-19 19:02 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

   空梅雨に拾う


 つゆを「梅雨」と書くのは良く知られているけれど、
それに関してちょっと述べてみたい。

群馬県はウメの有数な産地でもあって、特にわが安中とかお隣の高崎は、
そこかしこに当たり前のようにウメの木がある。

子供の頃、皆ほとんどだれしも飢えた餓鬼んちょだったから、
食べられそうなものは何でも食べたがったものだ。

そんな子供たちに小学校の先生が、くどいほど言い聞かせていた言葉があった。
「入梅になるまではウメの実を食っちゃだめだぞ!!」だった。

胃袋を溶かす毒があって、食べたら死んでしまうのだ!そうだ。
その教えにビビッて、まぁみんな食べなかったと見え、
死人が出たってニュースは聞かなかったな。

で、梅雨入りして、恐る恐る食べてみたウメの実は、
とっても酸っぱくてマイッタものだ。
ちっともウメぇ~くねぇ~やってのが、正直な感想だいねぇ。

後になって知ったことだけれど、
入梅になってからでないと食べてはいけないというのも一理あって、
ウメの果肉自体より、種の仁に毒性があり、仁を包んでいる殻がしっかり固くなって、
簡単にはかみ砕けないようになるのが、入梅の頃だってことだった。

昔からの言い伝えって、ちゃんとした理由があるのだけれど、
子供にはことさら怖がらせるように仕向けていた面もありそうだ。






   梅雨期に入ったら、やっぱ梅の実は撮らなくちゃね。
c0305565_17502319.jpg





   ヒメジョオンに来ていたベニシジミを、ここぞとばかりに撮る。
c0305565_17504613.jpg





   撮る。撮る。
c0305565_17505826.jpg





   撮る。撮る。撮る。
c0305565_17510814.jpg





   モンシロチョウの〝蝶番”を今年も撮れた。
c0305565_17512742.jpg





   ノビルのネギ坊主は、花とムカゴが一緒に見られる。
c0305565_17514407.jpg





   白いシモツケを撮りながら、上野の地でも下野、なぁ~んて呟いたり。
c0305565_17520878.jpg





   こっちはノーマルな色のシモツケ。というより濃いかな?!
c0305565_17522020.jpg





   ゼニアオイのこの色に惹かれた。
c0305565_17523270.jpg





   カモジグサはもう実りの季節。〝かもじ”はつけ毛のことだとか。
c0305565_17524882.jpg





   そしてこちらは、ジジイのくせに乙女気分で探した幸せアイテム110.png
c0305565_17530319.jpg





   さあそれでは、この中から探してみましょう。五つ葉のもあるヨ。
c0305565_17531806.jpg

by h6928 | 2017-06-11 18:43 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   榛名神社辺りはまだ早春


昨日 ( 04/18 ) は、朝のうちはまだ雨が降っていたのだけれど、
日中には晴れてきて気温もぐんぐん上昇した。

もう初夏に近いかな、ってことで榛名神社の参道辺りに撮りに行った。
去年はもう少し遅くなってから行ったのだけれど、
まぁ今年は春が遅いといっても、持ち直したかなと淡い期待もあって。

でも、山の方はそう甘くなかった。やっぱりまだ冬枯れに近い。
そんな中でもかろうじて早春ものは撮れた。

で、麓へ降りてくると30℃を超えた真夏日になっていた。
朝出掛ける前の山の色と、今目の前に見える山の色が全く違う。
浦島太郎ほどは違わなくても、そりゃぁビックリする。

家に帰っても、部屋の気温は外気を取り入れても30.2℃がしばらく続いた。
今年の気候は変化が多過ぎ!!





   これは、いわゆる何も付かないネコノメソウかな?
c0305565_17424499.jpg





   こっちはヤマネコノメだろうか?
c0305565_17425302.jpg





   ハナネコノメはこの中では分かりやすい方かな。
c0305565_17430724.jpg



c0305565_17431821.jpg





   石垣の隙間に咲いた、エイザンスミレ。
c0305565_17433957.jpg





   このスミレは、ヒナスミレだろうか?
c0305565_17434932.jpg





   鬱蒼とした杉の林下では、コケも活き活きとしている。
c0305565_17441464.jpg





   アズマイチゲを撮っていたら、ビロードツリアブが来てくれた。
c0305565_17443090.jpg



c0305565_17443981.jpg





   トラマルハナバチに抱きつかれ、重たそうなスミレ。
c0305565_17445237.jpg





   スギタニルリシジミは、男のコが滲み出る水を求めてやって来るようだ。
c0305565_17450264.jpg





   神社への参道の途中にあった、水琴窟。竹の筒から妙なる調べが聞こえてくる。
c0305565_17451313.jpg

by h6928 | 2017-04-19 18:39 | 季節もの・春 | Comments(4)

 晩秋の撮りながら散歩で拾い物


昨日(11/02)は、曇りがちのうすら寒い天候だったし、
少し運動不足を感じていたので、家から歩いて行ける範囲で撮影散歩をしてみた。

用心のために少し厚着をして行ったら、途中で汗ばむくらいになった。
それでも少し我慢していると、陽が西に傾くにつれて寒さがどんどん深まる。

車を走らせているとあっという間の距離でも、
歩いてみると普段は見かけないものが見られて興味深い。

温暖化と言われて久しく、思いがけない花なども見つかる。
なぁ~んて感心したり驚いたりして帰ると、やっぱり夜になると冷え込んでくる。

もう立冬も間近なのだった。




   白い舌状花のあるセンダングサが、黒い板塀の背景で引き立って見えた。
c0305565_17464401.jpg





   まだ緑のフウセンカズラを見つけた。多少の傷みは仕方ないよね。
c0305565_17465976.jpg





   ツワブキは、明るい日差しの下も良いけれど、陽が陰った時もまた違った味わいが。
c0305565_17471972.jpg





   晩秋のオシロイバナは真昼でも咲いているので、昼行性のボクにはありがたい。
c0305565_17474129.jpg





   路傍に逃げ出していたペチュニア。見かけによらず強かだった。
c0305565_17475160.jpg





   晩秋に咲いたクサノオウ。こう見るとケシ科らしさが滲んでる。
c0305565_17481373.jpg





   スミレという名のスミレかな?寒いせいか002.gif青ざめていたり、なんてね。
c0305565_17483214.jpg





   さらに、晩秋でもチガヤの穂が出ていたりで、ビックリ。ちょうど陽が射したときに。
c0305565_17484983.jpg




   別のチガヤの穂には、ヤマトシジミが休んでいたりする。
c0305565_17490316.jpg




   コセンダングサに止まっているコも。
c0305565_17491977.jpg





   このコは健気にストローを伸ばしていた。
c0305565_17500426.jpg





   黄昏時のサイクリングロードから、妙義山方面を望む。
c0305565_17492969.jpg

by h6928 | 2016-11-03 18:36 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

 終盤のコスモスなど


昨日(10/30)は色々用事があって、撮影は夕方になった。

近くで撮れそうなものは・・・と、はにわの里公園のコスモスにした。

以前に行ったときは、まだまだ早すぎたのに、
もう終盤を迎えたコスモスが、夕日を浴びて寂しそうに咲いていた。

よく考えなくても、もう10月が終わろうとしているのだから無理もないか。

もう赤とんぼの姿もなく、2種のシジミちゃんが動こうともしていなかった。

今年はついさっきまで暑かったりしたから、冬が来る実感が乏しい。
こんな時こそ油断大敵なんだろうな。





   取り立てて珍しい種類は無いけれど、こんな花はコスモスらしくて好き。
c0305565_18072882.jpg



c0305565_18075028.jpg





   マルバルコウにピンが来ていても、なんとなく存在感は強い。
c0305565_18080469.jpg





   秋の夕日に照る里秋桜♪ とか、「紅葉」の替え歌で口ずさみたくなる。
c0305565_18082063.jpg





   後ろ姿もなかなか捨てがたい魅力がある。
c0305565_18083814.jpg



c0305565_18084956.jpg





   こんな風に空に抜けるのは、ここではあまり多くなかった。
c0305565_18090496.jpg





   こういう荒涼とした雰囲気のも、なんか味があると思う。
c0305565_18093152.jpg





   白っぽいイヌタデが群生していた内から、代表で。
c0305565_18094202.jpg





   こんなに綺麗だったの!? 普通のイヌタデ。
c0305565_18095643.jpg





   わざわざこんなところに止まらなくてもいいのに、ヤマトシジミ。
c0305565_18101033.jpg





   斜陽に翅を輝かせる、ウラナミシジミ。
c0305565_18102213.jpg

by h6928 | 2016-10-31 18:58 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

 三ツ寺公園と周辺で


昨日(10/17)は、雨時々曇りの予報が出ていたので、
写真撮影は半ばあきらめていたけれど、午後は一瞬でも晴れてくれたので出てみた。

もう近場しか選択の余地はなく、三ツ寺公園と周辺で歩きながら撮った。
歩きスマホじゃなくて、歩きカメラかな?

雨上がりでも、風が出てくると雫はすぐに乾いてしまい、水滴は諦める。

歩きながら一番驚いたのは、ハヤトウリ。
まるでアレチウリと見間違えるほど、地面を覆って蔓延っていた。

一応農地なのだろうが、手入れを諦めたようで放置状態。
今年は上州の夏は猛暑続きだったから、
南国原産のウリには好天だったのか、伸び放題だった。

窒素肥料が効きすぎると伸びるばかりで、実が付きにくいの見本のよう。

このウリを栽培したことがあるのでわかるが、まぁいくら何でも冬越しはできないだろうから、
本格的に野生化は心配なさそう。

たった一度だけ霜に当たったら、情けないほど簡単にダメになってしまったもの。





   サルビア・ミクロフィアのホットリップスは、花数は少なくとも綺麗に咲いていた。
c0305565_17284180.jpg





   エンゼルストランペットは、マクロ100では雌蕊まで入れるのは、ちとしんどい。
c0305565_17285277.jpg





   今頃咲いていたヘメロカリス。
c0305565_17291257.jpg





   雑草化してアレチウリみたいだった、ハヤトウリに咲く雄花。
c0305565_17293555.jpg





   これは雌花の咲く寸前のつぼみ。多くのウリ科のように、瓜の素が見える。
c0305565_17294527.jpg





   これがそのハヤトウリの実。
c0305565_17300035.jpg





   別の畑ではニンジンの花を見つけた。
c0305565_17303121.jpg





   オオオナモミは、大雄菜揉みと漢字表記するとなんとなく名付がわかる。
c0305565_17305463.jpg





   葉が乾いてくると、ヤマトシジミのメスや、
c0305565_17311136.jpg





   開翅したオスや、
c0305565_17312037.jpg





   カップルも待ちかねたように出てきてくれた。
c0305565_17312906.jpg





   今年は、ムクロジの実が低い枝にも付いていて、100mmでも撮れた。
c0305565_17314568.jpg

by h6928 | 2016-10-18 18:35 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風