昨日 ( 09/28 ) は、朝のうちは雨が降っていたけれど、
次第に止んできて晴れ間も覗くようになったので、出かける意欲も高まる。

で、秋も深まったろうからと、軽井沢レイクガーデンに行ってみる気になった。
高速を使わずに碓氷バイパスから行ってみようと、愛車を走らせていると、
長野県との県境手前辺りから霧がかかり始め、さらに進むにつれて濃霧になった。

スキーバス転落事故のあった辺りは、対向車のライトさえ近づかなければ見えないほど。

そうして、レイクガーデンでは霧雨・・・・。
そんなはずではなかった・・・・と悔やんでも仕方ない。そこで撮るしかない。

ビニール傘をさしながらでも、
他のお客さんはほぼいないに等しいから大丈夫。

虫さんは皆無といっていいほど出てくれない。

雨が上がりかけると風が吹いてきて、大きな雫はみんな落とされてしまうし、
想定外続きの軽井沢だった。

いくら地続きの隣町といっても、天候はずいぶん違うんだいねぇ~。





   雨に濡れたバラ。これを撮った頃が一番降っていたっけ。
c0305565_17480444.jpg






   シュウメイギクは多量に撮ったけれど、自分なりに選んだのはこれ。
c0305565_17481750.jpg






   面白い形の、セイヨウマツムシソウ(たぶん)。
c0305565_17483215.jpg






   雨に濡れたシオン。この花は水滴がくっつきやすいのかな?
c0305565_17484438.jpg






   トリカブトの花が、行列して咲いていた。
c0305565_17490105.jpg






   せっかくだから烏帽子っぽく、チョイアップのもね。
c0305565_17491400.jpg






   サワギキョウは、花穂の先端の方に咲き上がって来た。
c0305565_17493555.jpg






   ホオズキが綺麗に色づいて、濡れた姿もまた良いね。
c0305565_17495324.jpg






   チカラシバの穂は魅力的だけれど、白もあるんだね。
c0305565_17500548.jpg






   今が花盛りのサクラタデも、しっとり濡れている。
c0305565_17501918.jpg






   良い香りのサラシナショウマに、狩りに来た?コガタスズメバチ。
c0305565_17503093.jpg






   外灯のポールに絡んだツタが、紅葉を始めている。
c0305565_17504673.jpg

by h6928 | 2017-09-29 18:36 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/27 ) は、曇りで次第に下り坂との予報が出ていたから、
無難に撮れそうな所として、前橋のフラワーガーデン泉で撮ることにした。

珍しい植物や花が見られるし、上手く当たればチョウだって撮れるかも。
花の方は売っているだけにたくさん見られたけれど、
チョウはイチモンジセセリだけ。

それでも撮れないよりましだから、文句は言わない。

花の方は、綺麗なものよりは撮影が難しそうなものをあえて選んでみた。

「素直の芯が少し傾いてた」っていうフレーズは、
遊佐未森さんの歌の一節にあるけれど・・・・、

ボクは素直の芯がいつだって傾いているのさ、なんちゃってね111.png





   このバラの、派手さを抑えた微妙な色は、再現に挑みたくさせる。
c0305565_17422313.jpg






   こちらもそういう意味では興味を引く。緑系のバラ・・・難しい。
c0305565_17423420.jpg






   チョコレートコスモスの、チョコモカ。
c0305565_17424615.jpg






   南半球プランツとして展示してあった、グラベリアという木の花。
c0305565_17430258.jpg






   サラセニアの花が咲いていた。普通は春じゃなかったっけ?   
c0305565_17432005.jpg






   ワシントンヤシ(モドキ)は、葉から出ている白い細紐が面白い。
c0305565_17434647.jpg






   プロテアの〝スペシャルピンクアイス‴
c0305565_17435762.jpg






   似た色つながりで、シャコバサボテン。もう咲いていた。
c0305565_17441107.jpg






   チョウチョは、イチモンジセセリしか来ていなかった。
c0305565_17442666.jpg






   セセリちゃんといえば、正面からのジェット戦闘機モードだが・・・・。
c0305565_17443615.jpg






   次に翼を出すのを待って撮った。大成功!(^^)!
c0305565_17444670.jpg






   早くもハロウィン商戦に入っていて、こんなオブジェも。
c0305565_17445825.jpg

by h6928 | 2017-09-28 18:50 | 花卉・野菜 | Comments(2)

近くの公園で、小さな秋


台風が去って二日ばかり真夏日だったけれど、
昨日はまた寒いくらいの曇りになった。

そして昨日は彼岸の入り。暑さ寒さも彼岸まで、とはいうけれど、
本当にもう暑い日は来ないのかな?って思うと寂しくなる。

そんな昨日は、お墓参りを済ませた後、
まだ時間があったので近くで撮ることにした。

例によって、そんなときのための候補地の一つ、観音山ファミリーパーク。

時折小さな雨粒が舞い降りて来るけれど、
天気としては雨には該当しないのだろうな。

薄暗い公園で、人影もごく少なく、あわただしく一回りしてきた。
これだけ撮れれば上出来だな・・・って、
無理やり自分を納得させて引き上げたのだった。

ジュウガツザクラは期待していなかったので、儲けものだね。





   だいぶ膨らんできたナツツバキの果実。つい顔を描きたくなるのはボクだけ?
c0305565_17513195.jpg






   マリーゴールドにキタテハ。相性が良さそう。
c0305565_17514728.jpg






   このコたちって、見かけるたびに交尾している気がする。マメコガネ。
c0305565_17515849.jpg






   ヒャクニチソウにひらひらと舞い降りた、ツマグロヒョウモン女子。
c0305565_17521136.jpg






   大切な後脚を1本失って、早速試練に遭遇したかな? ツチイナゴ成虫。   
c0305565_17531423.jpg






   賑やかに咲くコスモスも良いけれど、こんな姿も味がある。
c0305565_17522899.jpg






   これなぁ~んだ? 答えは、コスモスのツボミ。
c0305565_17523941.jpg






   ヤマボウシの果実も完熟寸前。
c0305565_17530261.jpg






   ゴンズイの果実が割れて、中から黒い種子がのぞくと、これも秋の実感。
c0305565_17533756.jpg






   その近くの葉っぱで、アカスジキンカメムシの幼虫いっぱい、発見!!
c0305565_17534696.jpg






   虫ウジャウジャの次はきれいどころで〆。9月のジュウガツザクラ。
c0305565_17540473.jpg




c0305565_17541317.jpg

by h6928 | 2017-09-21 18:31 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

真夏日でも秋色濃く


昨日 ( 09/18 ) は、台風一過のもたらせた暑い空気と、
フェーン現象が重なって、朝からムッとするくらい暑くなり、
日中は真夏日にさえなった。

どこか涼しい所に避難、
といっても、観光地は三連休最終日だから混みそう。

だから、暑いのも承知の上で、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンで撮ることにした。
予想通り適度に空いていて、気兼ねなく撮ることができた。

それでも、台風の影響がまだあるのか、風はそこそこ強い。
汗を乾かしてくれるのはありがたいけれど、
花も虫も遠慮会釈も無しに揺らせてくれるのは、歓迎できない。

とか何とか愚痴りながらも、いつもと何ら変わりなく撮影できているって、
すごく幸せだということをしみじみ感じるのだった。





   シュウメイギクは秋の花としては定番。まずは先頭打者で。
c0305565_17541684.jpg






   エノコログサの穂が、斜光に照らされて秋らしい情緒を。
c0305565_17543065.jpg






   ヒガンバナの変わりものが咲き残っていた。フリフリが色っぽいなぁ。
c0305565_17543944.jpg






   早く咲き終えたものは、果実がこんなに膨らんでいる。
c0305565_17544962.jpg






   木漏れ日が似合うシュウカイドウは、撮影者を困らせてくれる。
c0305565_17550231.jpg






   木製の古びたベンチに、干瓢夫婦が良く似合う。
c0305565_17551911.jpg






   陽だまりの葉先でまったり? のイチモンジセセリ?
c0305565_17554205.jpg






   モンキチョウは忙し気に飛び回っていたが、止まれば吸蜜に集中。
c0305565_17555620.jpg




c0305565_17560902.jpg






   風を避けて日光浴中のアオスジアゲハ。確か今年初。最初で最後かな。
c0305565_17562581.jpg




c0305565_17563482.jpg






   風に煽られてよっとっと・・・の、アサマイチモンジ。
c0305565_17564600.jpg

by h6928 | 2017-09-19 18:32 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/14 ) は、
秋風に誘われて軽井沢レイクガーデンに行ってみた。

直射日光がたっぷり降り注いでいても、
さすがに軽井沢だけあって涼しい。

水辺なのに湿度も低いようで汗も乾きやすい。
そんな中、秋風は涼しさを提供してくれても、接写好きにはちと迷惑かな。

頭の重い花たちは、揺れ始めるとなかなか止まってくれない。
ピンを合わせながらぶれないようにするのは、一苦労なのだった。

そんな労作(って、自分で言っちゃう)の中から、
今回は虫抜き編としてセレクトしてみた。

でも、うっかり虫ちゃんが紛れ込んでいるかもしれませんぞぉ~。

なぁ~んて、『ダーウィンが来た』のヒゲジイ口調をパクったり106.png





   水辺てこの花を見つけると、ついつい顔がほころぶ。サクラタデ。
c0305565_17515232.jpg




c0305565_17520659.jpg






   こちらは、似た者同士のミゾソバ。この時期だけ華やぐ。
c0305565_17521873.jpg






   シュウメイギクは見た目通りに撮るのは、かなりな難物。
c0305565_17523069.jpg






   トリカブトは頭が重いせいか、風が吹くと揺れが止まりにくいみたい。
c0305565_17524768.jpg






   キツリフネは、花期が長いね。まだまだ咲き続けている。
c0305565_17530304.jpg






   秋の名を冠した、アキノノゲシ。「ノゲシ」の中では一番好き。
c0305565_17531616.jpg






   ソリダゴはセイタカアワダチソウと同じ仲間。無尽蔵の黄色。
c0305565_17532503.jpg






   ワンパターン&マンネリの極致? シラネセンキュウの花。
c0305565_17533705.jpg






   シロヤマブキの実は黒い。もう完熟に近いかな。
c0305565_17540036.jpg






   棘だらけのサンショウバラの実は、見るだけなら可愛いかもしれない。
c0305565_17541717.jpg






   湖面に葉と花を浮かべるアサザも、なんとなく秋の風情を見せている。
c0305565_17543043.jpg

by h6928 | 2017-09-15 19:03 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

花の丘で花いろいろ


昨日 ( 09/11 ) は、時折小雨が降るような不安定な天気だったので、
何となく出そびれていたのだけれど、
午後、あまり期待もしないで鼻高展望花の丘に行ってみた。

コスモスは早咲きの品種が咲いていたけれど、
面積を縮小して、遅咲きの予備軍を広い面積で育成中だった。

思いがけなかったのはヒマワリで、これは今年が初めてだった気がする。
今が見ごろのヒマワリは全く期待していなかった。

ただ、東に面した下り傾斜地なので、たくさん入れて撮れないのは残念。

天候のせいもあって、虫ちゃんたちの登場の機会も少なかったし、
それでも何とか一応の数は揃えられたかな。
ふぅ~・・・。

亀の甲よりなんとやら・・・かな。





   早咲きのコスモスがいっぱい咲いていた。天気がイマイチねぇ~。
c0305565_17545267.jpg






   中央の筒状花を狙って、アップで撮ってみた。
c0305565_17550194.jpg






   キバナコスモスの主な品種2種に、ナミハナアブ。
c0305565_17551595.jpg




c0305565_17553025.jpg






   このヒマワリたちは、今が旬。遅咲き品種かな。
c0305565_17554718.jpg






   トロロアオイの、柔らかでほんわかした色合いは好感度アップ。
c0305565_17562009.jpg






   実はオクラより寸詰まりで太っちょ。そして毛深い。
c0305565_17562878.jpg






   季節外れの、アナベルの返り咲き。今年の夏は、梅雨っぽかったから?
c0305565_17564639.jpg





   モンシロチョウをやっと撮れた。
c0305565_17570066.jpg






   雑草の中に1株見つけた、ヒメセンナリホオズキ。
c0305565_17570937.jpg






   ヒャクニチソウはこの状態も可愛い、とボクは思う。
c0305565_17572288.jpg






   ヒャクニチソウエリアでは、主役はワンちゃん!で記念撮影する人も。
c0305565_17573155.jpg

by h6928 | 2017-09-12 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(2)


昨日はほぼ曇りで、雨も時々ぱらつく程度だったけれど、
たまには休撮影日にして、本屋さんで参考資料探しなどをしていた。

というのも、先日撮った武蔵丘陵森林公園での写真が、
次々に新作を重ねていると、在庫で埋もれたまま、化石化しかねないからね。
新作は抑えて、古いヤツに出番を用意したわけ。

ともあれ、武蔵丘陵森林公園ものから、どうぞ(^-^)





   アレチヌスビトハギが侵入していた。ここではまだ珍しいが・・・・。
c0305565_18332464.jpg






   ワレモコウは花穂の上から下へと咲き進む。頂上のが咲いたのを撮った。
c0305565_18333982.jpg






   アマランサスの見事な穂。最近はスーパーで売られている実を見ることも。
c0305565_18335108.jpg






   注文通りのところにツチイナゴの幼虫がいてくれた。
c0305565_18340761.jpg






   褐色型のオンブバッタ。青葉にいたら目立ってしまう。
c0305565_18342366.jpg






   ヒャクニチソウとツマグロヒョウモン♂。
c0305565_18344585.jpg






   クズの花に止まっていたダイミョウセセリ。
c0305565_18351167.jpg






   ウドの花まわりでは、なにやらハチさんがチョロチョロしていた。
c0305565_18354533.jpg






   クサギの花が、独りぼっちで咲いているのに遭遇。
c0305565_18355471.jpg






   ガンクビソウは煙管のイメージからの命名でも、これが何ガンクビソウかは不明。
c0305565_18361565.jpg






   カシワバハグマの花は、葉巻みたいなつぼみも可愛い。
c0305565_18363204.jpg






   ユリノキの、と早い黄葉と裂開する直前の果実。
c0305565_18365883.jpg

by h6928 | 2017-09-08 19:18 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

今日はホントの水玉で


今年の8月は雨ばかりだった印象が濃い。
晴れたら晴れたで猛暑日になり、湿度が高いからむせ返っていたっけ。

そんな今年の8月は、最終日まで雨に降られた。
昨日に載せたのはミズタマソウだったから、
雨つながりで、今日は昨日撮った水滴ものをご覧ください。

ともあれ今日からはもう9月。
天気予報とは少し違って、爽やかな日本晴れで、
いかにも秋らしいお天気で始まったのが、理屈抜きにうれしかった。





   ホウセンカの花が健気に、雨に濡れても耐えているよう。
c0305565_17442706.jpg






   葉っぱの雫に、向こうの花を入れててみた。
c0305565_17444230.jpg






   マリーゴールドの、この品種のみ? こんな風に水滴を花に乗せている。
c0305565_17450409.jpg






   シロタエヒマワリは、葉は水をはじくのに花は濡れてしまう。
c0305565_17451966.jpg






   こちらも雨に濡れている、マルバルコウの花。
c0305565_17453766.jpg






   ルリモンハナバチは、霧雨に濡れながらもヒャクニチソウに来ていた。
c0305565_17460242.jpg






   近くの葉っぱで小休止。霧雨くらいなら気にしない?
c0305565_17461405.jpg






   ハキダメギクにいるヤマトシジミ。ストローは出していないから、小休止?
c0305565_17462926.jpg






   雨ばかりだった8月。ムクゲの花も最後の日まで雨に濡れる。
c0305565_17464383.jpg






   コニシキソウの葉っぱに乗った水玉が綺麗。
c0305565_17471062.jpg






   ユキヤナギの葉っぱにも。
c0305565_17472042.jpg






   これはまた見事に水玉が乗った葉っぱ。シモツケだったかな。
c0305565_17472808.jpg

by h6928 | 2017-09-01 18:34 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

川場村の吉祥寺で


昨日 ( 08/29 ) は、北方向へ遠出して、川場村の吉祥寺に行ってみた。
時期的にはちょうど中途半端な端境期で、
「花寺」と冠するわりにはちょっと寂しい気がした。

折りしも良く晴れて気温も「北部山沿い」にしては高過ぎって感じ。
ここは流水が豊富であちこち水だらけだから、
打ち水効果よりは湿気でむせ返るくらいに感じる。

汗を拭きふき撮影するとは、北部山沿いまで来て思いもよらなかった。

撮り終えて帰る段になって、ふと駐車場の外を見ると、
何と!ヒガンバナが咲いているではないか!?
んなところに! たぶん誰かがわざわざ植えたのだろうなぁ。

この時期に来たのは初めてだから、ここで早咲きのヒガンバナに出逢えるとは!
玉虫色のアマガエルと、ハスの果托工芸と、このヒガンバナには、
三度ビックリさせられたのだった。





   シュウメイギクは、早咲きのが咲き始めていた。
c0305565_17565041.jpg






   レンゲショウマは、どことなくシュウメイギクに似ているね。
c0305565_17570646.jpg




c0305565_17571672.jpg






   やっぱりこの時期は、山地ではフシグロセンノウが見たい。
c0305565_17573248.jpg






   コウホネをさりげなく撮ったら、偶然コスカシバが写っていた。
c0305565_17580764.jpg






   マユタテアカネ♂は、もう真っ赤になっていた。
c0305565_17582512.jpg




c0305565_17583689.jpg






   黄金のカエル!?とビックリ。太陽の位置で玉虫色に変わって見えた。
c0305565_17585444.jpg






   風が乾いた音色を伝えてくれる、こんな風鈴がそれとなく。
c0305565_17590541.jpg






   ハスの果托に、布で飾りをあしらった工芸品。出来の良さにビックリ!
c0305565_17591898.jpg






   駐車場のすぐ前の田んぼの傍で、こんな光景が!!

c0305565_17593685.jpg





   通りかかった老人に訊いたら、
   「ここのは早え~んだいねぇ。ウチのはまだ全然だいねぇ~。」ってさ。
c0305565_17594626.jpg


by h6928 | 2017-08-30 18:47 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

花園で 売り物の花など


昨日 ( 08/28 ) は、ちょっとだけ遠出をしたくなって、
埼玉県深谷市のJA花園農産物直売所まで行ってみた。

そこの、鉢物の花を主に扱っている温室で売り物の花を撮ってみる。

室と言っても、さすがにこの時期は風通しを良くしてあり、暑くはない。

行った時間帯のせいもあろうが、今は端境期らしく品揃えはちょっと寂しい。
陳列スペースもガランと空いている箇所も。

ともあれ、この季節は虫を追いかけていることが多いボクも、
この日はボクがお邪魔虫と認定されて追い出されないように、
少しは気を遣いながら撮ったのだった。





   ペチュニアのミニサイズみたいな、カリブラコア。晩秋まで咲くそうだ。
c0305565_17545460.jpg




c0305565_17550571.jpg




c0305565_17551523.jpg






   枝垂れ性のトレニア。ハンギングバスケット向きかな。
c0305565_17552713.jpg






   夏こそセンニチコウ、ってか。けっこう寒くなるまで咲くからお得感あり。
c0305565_17554556.jpg






   「中国彼岸花・ジャクソニア」と書かれていたこの花。初めて見た不思議色。
c0305565_17560032.jpg




c0305565_17560810.jpg






   最近の多肉ブームか、ツメレンゲも並んでいた。
c0305565_17562679.jpg






   また何とも渋い色のアンスリウム。売れ残っているみたい。
c0305565_17564764.jpg






   鉢植えのサルスベリ。こんな花色だとフリルが一層可愛い。
c0305565_17571712.jpg






   ハイビスカスは、とりあえずこんな風に撮ってみたくなる、ボクの習性。
c0305565_17574480.jpg






   最近は蕊が花びらに変化したものもよく見かける。
c0305565_17580220.jpg

by h6928 | 2017-08-29 18:38 | 花卉・野菜 | Comments(2)