ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:草花 ( 45 ) タグの人気記事

   脇役の花を主役に代えて


昨日 ( 05/19 ) は、朝から快晴で、真夏のような天気になった。
でも、皮肉なことに昼日中が活動時間のボクには、むしろ悪天候。

バラの花が見ごろを迎えているという、
アンディ&ウィリアム スボタニックガーデンに行ってみたのだけれど、
やっぱりコントラストがきつすぎて、イマイチ感が大あり。

少しでもチャンスを遅らせようと、
ホームセンターをブラ付きながら時間調整した。

帰りの時間を考えながら、ギリギリのところで撮ったのだけれど、
出来た写真は・・・バラは載せたくないものばかり。

何かの縁でもあれば、在庫処分バーゲンでもやろうかな。
二日続けてバラの花がお蔵入りとなったなんて、
落ちにもならないお話で・・・・。




   ポピーの向こうにバラのトンネルがある。でもピンはポピーに。
c0305565_17545786.jpg





   アーチのバラも一応撮ってみた。やっぱ、この画面でも露出は難しい。
c0305565_17551255.jpg





   これも一応バラ科で、ピラカンサ。凄い数のミニミニ・バラの花!!
c0305565_17553765.jpg





   こんなの(と言っては花に失礼だけど)もありふれてるけど・・・。
c0305565_17555103.jpg





   こんなの(またまた失礼だけど)とかも、やっぱり何となく撮っている。
c0305565_17560443.jpg





   ゲラニウム・プラテンセの色に惹かれて、撮らされた。
c0305565_17563391.jpg





   コーカサストウヒの新芽と、松ぼっくりの赤ちゃん。
c0305565_17564373.jpg





   エゴノキの花は散り始めほどの満開。晴天は露出がムズカシイ。
c0305565_17570839.jpg



c0305565_17571606.jpg



c0305565_17572781.jpg



c0305565_17573795.jpg





   ウケザキオオヤマレンゲが何とか撮れた。もっといい位置に蕾があったけど・・・・。
c0305565_17574658.jpg

by h6928 | 2017-05-20 18:39 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

   ノラ&半ノラの花たち


昨日 ( 05/17 ) は、撮影に使える時間があまりとれなかったので、
家の近くを軽く散歩して撮れただけで済ませた。

それだけに極々普通の、取り立ててどうと言うものでもないけれど、
まぁ一応撮れるだけは撮ったという自己満足にはなった。

それにしても、関東はこの頃スッキリした晴天が続かないなぁ。
もう梅雨に入ったかのような毎日だ。

これを、「梅雨のはしり」っていうのかな?





   ユウゲショウの花は、元々観賞用だっただけに、雑草化しても綺麗。
c0305565_18043002.jpg





   よぉ~く見ると、このアブさんは✖サインを出していた。撮らないで、ってわけ?
c0305565_18044106.jpg





   ハハコグサは、早春の頃と違って初夏は逞しい。母は強し、って言うしね。
c0305565_18050243.jpg





   アメリカフウロって、こんな風に撮ってあげると、けっこう美人さんだよね。
c0305565_18052297.jpg





   キュウリグサの、伸び上がって終点に近い花。なんか小さな虫がいたね。
c0305565_18054043.jpg





   カラスノエンドウの、カラス色した莢が見られる時期になっていた。
c0305565_18060094.jpg





   日照が弱いと、午後でも花が萎れないでいる、ムラサキツユクサ。
c0305565_18062367.jpg





   ナミホシヒラタアブが来ている花もある。
c0305565_18063625.jpg





   ネギ坊主もよく見ると、競争して伸び上がろうとする、目立ちたがりも中にいる。
c0305565_18065242.jpg





   アヤメはよく見るといろんなタイプがある。これは淡い色のもの。
c0305565_18071333.jpg





   背景をフランスギクにしてみると雰囲気は変わる。花色も濃いタイプ。
c0305565_18072602.jpg





   半ノラ状態で、毎年勝手に綺麗な花を咲かせる、フランスギク。
c0305565_18073616.jpg

by h6928 | 2017-05-18 18:57 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

   「アイリスの丘」でジャーマンアイリスなど


近頃車で走っていると、そこかしこにジャーマンアイリスが目につく。

そうか、アイリスの季節なんだね・・・ということで、
昨日 ( 05/15 )はアイリスの丘に行ってみた。

そこは個人経営のガーデンで、安中市の中後閑という丘陵地にある。

去年はヘメロカリスの時期に初めて訪れて、その後はダリアの時にも行ってみた。
せっかく地元・安中市だし 「アイリス」を名乗っているのだから、
今こそ見に行かないと申し訳ないだろう、ってなもんでネ。

うん、なるほどすげぇ~や。
アイリスばっかりじゃなく、ポピーの類やら、
ムギセンノウやら、ルピナスやら・・・・花いっぱいだ。

残念なことに雨が降りだしそうな雲行きだったので、
ささっと撮って引き上げて来た。

ちょっと未消化気味なので、アイリスが咲いているうちに、
晴天の時にもう一度撮りに行ってみたい。





   「アイリスの丘」という名前のとおり、ジャーマンアイリスがあふれるほど!
c0305565_17524868.jpg



c0305565_17531437.jpg



c0305565_17534727.jpg



c0305565_17541138.jpg



c0305565_17542590.jpg



c0305565_17543958.jpg



c0305565_17550008.jpg





   この、ほぼ黒と言っていい色のは、過去に見たことが無い。
c0305565_17551673.jpg





   雨が降りだしそうな天候に、ルピナスが明るさを演出してくれた。
c0305565_17554892.jpg





   様々なポピーも、園内を華やかに染めている。
c0305565_17560163.jpg





   アイスランドポピーもシャーレーポピーと一緒に咲いている。
c0305565_17561466.jpg





   物置にすっぽり覆い被さった、ナニワイバラも花盛り。
c0305565_17562795.jpg





   まだまだ網羅しきれない、綺麗な花がいっぱいだった。
c0305565_17563942.jpg

by h6928 | 2017-05-16 18:36 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

   ボタニックガーデンから 続編


昨日は、我が家近辺では時々思い出したように小雨が降っていたので、
在庫がいっぱいあるし休養も兼ねて、写真撮影は休みにした。

それでも、カメラを持たずに車で軽くドライブしてみると、
雨が降っていたのは家の近くだけだったみたい。

遠くなるにつれて道路も乾いていて、濡れた車が自分のだけ、って状況。
なるほど「所によって」という天気予報用語がよぉ~く実感できたわい。

そんなわけで、今回は昨日の続編で、
アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンものからーネ。





   アリウムもいろいろ咲いていたけれど、フランスギクとのコラボのを採用。
c0305565_17574045.jpg





   よく見るとハナアブの仲間が止まっていたのを、せっかくだから。
c0305565_17575196.jpg





   ネクタロスコルドム・シクルムって、入力するだけでも気持ちが盛り下がる。
c0305565_17580915.jpg





   シラーもいろいろ咲いていたけれど、これは迫力もの。
c0305565_17582404.jpg





   ダッチアイリスは、ジャーマンアイリスより野生的なところが好き。
c0305565_17585270.jpg





   タニウツギだろう。この咲き方は〝お見事!!”と言うしかない。
c0305565_17591270.jpg





   コデマリの、このモコモコ感は雲のようで見ていても楽しい。
c0305565_17592718.jpg





   ワスレナグサは、隅っこで控えめに咲いていた。忘れないように撮っとくネ。
c0305565_17594316.jpg





   巷でもハリエンジュが花盛り。ここのは葉の黄色味が強い点が変わってるナ。
c0305565_17595891.jpg





   キングサリは、ゴールデンチェーンとも。なるほど見たままの命名だ。
c0305565_18001222.jpg





   マルバノキの若葉は、弱い日差しでも透かして撮りたい。
c0305565_18003407.jpg





   カナヘビは、愛蛇と書くくらい可愛い、トカゲちゃん。
 
   ヘビは瞬きできないけど、トカゲはウィンクだって出来ちゃう(^_-)-☆
c0305565_18005039.jpg

by h6928 | 2017-05-11 18:59 | 植物園 | Comments(2)

   ガーデンの花たち


昨日 ( 05/09) は、明るい曇り空だったので、花の接写には好都合かなってことで、
しばらくぶりにアンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンに行ってみた。

季節がら、木の花・草の花色とりどりの花が咲いていて、目移りしそうなほど。
あれもこれもとファインダーを覗くのも忙しいくらい。

いっぱい写しまくって帰ってくると、さあ後が忙しいことになる。
ブログのアップは1日12枚程度と勝手に決めているので、どう編むか苦しい。

とりあえず今回は色々な色を配置してみよう、とのセレクトで行ってみよう。





   珍しい花色のバラだなぁ~、って撮ってみた「ブルー・フォー・ユー」。
c0305565_18045812.jpg





   黄色いボタンの「黄冠」は遅咲きのようで、ちょうど見ごろ。
c0305565_18051252.jpg





   オリエンタルポピーは、まだまだ咲き始めで、これから華やかになりそう。
c0305565_18053447.jpg





   クレマチスもあちこちで。遠景の黄色はキングサリ。
c0305565_18054581.jpg





   上の方にも視線を向けないと、ベニバナトチノキの花を見逃すところ。
c0305565_18060583.jpg





   背景のピンクはキンギョソウだったっけ、主役のオダマキを惹き立てた。
c0305565_18062343.jpg





   花弁が散った後のハナビシソウは、この姿も面白い。
c0305565_18064578.jpg





   どうしたわけか?シダの葉の上に顔を出したパンジーで、珍パンジー?
c0305565_18070511.jpg





   誰がいつ植えたのか職員も知らないというから、名前も「ワカラン」。
c0305565_18073230.jpg





    白いフジはカピタンじゃなくて、花房の長い品種でボクには初見
c0305565_18074890.jpg





   コーカサストウヒの花って初めて見た。可愛い!!
c0305565_18080339.jpg





   ウケザキオオヤマレンゲだろうか?ホオノキの花よりずっと小さい。
c0305565_18081723.jpg

by h6928 | 2017-05-10 19:24 | 植物園 | Comments(6)

   群馬の森でハンカチノキ など


昨日 ( 04/28 ) は朝からスッキリ晴れたのだけれど、
撮影に出る時間が遅れたので、近場でも撮れる群馬の森に行ってみた。

一番の目的は、ハンカチノキの白いハンカチ。
去年もこんな頃に撮ったはずなので外さないだろうと。

いろいろ撮りながら目的の樹までたどり着くと、まぁ何とか咲いていた。
去年の方が花数は多かったと思うが、今年はむしろ樹の勢いが良いように感じた。
花より成長優先みたいだから、それはそれで素晴らしいことだと納得。

そうして、いろいろ撮り歩いていて、思いがけない収穫もあった。
マツバウンランを撮っているときに、
ツマキチョウがやって来て、一瞬だけれどモデルになってくれたのだ。

このチョウには出逢っても逃げられてばかりだったので、
向こうから来てくれたなんて、チョウだけに超嬉しい。

って、お粗末様デシタ。





   今年は樹の生長が優先かな?花は少なめ。でも咲いていて良かった。
c0305565_17432447.jpg





   春風にさわさわ揺れる白いハンカチが、とても爽やか。
c0305565_17433914.jpg





   木の根元あたりから見上げると、幾分黄色っぽく写る。
c0305565_17434829.jpg





   シャガはいっぱい咲くので、一つだけ撮るのは意外と大変。
c0305565_17440587.jpg





   ユウゲショウってもう咲くの?ハルジオンと仲良く咲いていた。
c0305565_17442763.jpg





   キツネアザミのツボミ。これだけ見て正体を当てられたら偉い、なんて思ってしまう。
c0305565_17443949.jpg





   マツバウンランがいっぱい。綺麗だから管理者も抜かないのかな?
c0305565_17451057.jpg





   日陰のをクローズアップしてみた。キンギョソウの花によく似ているね。
c0305565_17452432.jpg




   おやおや、唐突にツマキチョウ男子が飛び込んできたヨ。
c0305565_17453407.jpg





   止まってくれたので何とか写せた。念願かなって嬉しいな♪
c0305565_17454548.jpg





   ハナミズキがオッケーサインを出して祝福してくれた(^_^)v
c0305565_17455737.jpg





   竹林ではタケノコもすくすく育って。これはもう食べごろは過ぎているね。
c0305565_17461074.jpg

by h6928 | 2017-04-29 18:28 | 季節もの・春 | Comments(2)

   ヤマザクラほか草花も


昨日 ( 04/21 ) は、ミズバショウを撮ってからしばらくぶりに嶺公園に行ってみた。

鳥撮りのシーズンも過ぎ、ミズバショウも大きな葉っぱだけになっていて、
人の姿はほとんど見られない。

おかげでノンビリと花を探して徘徊できた。
高齢者になって徘徊というとイメージが悪いけど、まだそっちの方は大丈夫そう。
(物忘れは日増しに程度が進んでいると・・・言えなくもないかな。)

そうして何とか気に入ったものが撮れてしまうものだから、
赤城自然園でたくさん撮ったものも残っているのに、
やっぱり新しいものを載せたくなる。

自然園ものは「取って置き」として、イザというときのために登場してもらおう。
そんなわけで、昨日撮れた「採れたて」ほやほやをどうぞ。





   ヤマザクラは実生から育つので、個性的なところが良いって思う。
c0305565_17344019.jpg





   沼のほとりのヤマザクラは、とてもいい雰囲気を醸し出していた。
c0305565_17345888.jpg



c0305565_17351476.jpg



c0305565_17352333.jpg





   スズメノヤリ。これを持ったスズメたちの大名行列を想像すると楽しい。
c0305565_17354335.jpg





   まだ可愛いカキドオシ。夏には、もちゃずけしちゃう(もてあます、の上州弁)けど。
c0305565_17355495.jpg





   半日陰で間延びをしたような、ムラサキケマン。
c0305565_17360807.jpg





   イカリソウが咲いていた。自然分布かはアヤシイけど。
c0305565_17362392.jpg



c0305565_17363286.jpg





   両手を広げて通せんぼしているみたいな、マムシグサ。
c0305565_17364929.jpg





   なんと!! よく見たらヒゴスミレだった。群馬県の絶滅危惧Ⅱ類。
c0305565_17373348.jpg





   今年撮れた初ベニシジミの内から、正面のを選んでみた。
c0305565_17365937.jpg

by h6928 | 2017-04-22 18:37 | 季節もの・春 | Comments(4)

   サクラとシバザクラ ほか



昨日 ( 04/12 ) は、一昨日の憂さを晴らすようによく晴れたので、
またまた館林まで性懲りもなく遠征してしまった。

今度は東武トレジャーガーデン。
この時期はまだ行ったことが無かったので、物は試し。


サクラは散り始めてはいたけれど、観賞価値が無くなる程ではない。
園内もそれなりに人出があって、写真を撮る人も多かった。

圧倒的に多いのはスマホで、
ボクより年上の(と、決めつけては怒られるかな?)女性も、
スマホをかざしている人がほとんど。

コンパクトデジカメの売れ行きが悪くなるのも仕方ないって実感する。

自撮り棒に付けたスマホで、楽しそうに二人で写しているカップルも多い。

ボクの時代には三脚に据えたカメラにセルフタイマーだったなぁ・・・・。
十年一昔とすれば、いくつ前の昔だろう?





   シーズナルガーデンから、まだまだ十分綺麗なサクラを望む。
c0305565_18023069.jpg



c0305565_18022008.jpg





   菜の花とサクラと、シバザクラも見える。
c0305565_18025071.jpg





   シバザクラガーデンでは、サクラとシバザクラの共演を。
c0305565_18030812.jpg



c0305565_18032077.jpg



c0305565_18132157.jpg



c0305565_18133374.jpg



c0305565_18130852.jpg



c0305565_18135165.jpg





   手前にネモフィラの水色を入れて、雰囲気を変えてみた。
c0305565_18140362.jpg





   チューリップも多くは無かったけれど咲いていた。
c0305565_18141485.jpg





   チューリップの足元にも散ったサクラの花びらがたくさん。
c0305565_18142333.jpg

by h6928 | 2017-04-13 18:45 | 季節もの・春 | Comments(2)

   雨に濡れても



昨日 ( 03/26 ) は、朝から晩までずっと雨降りだった。

ほぼ家でくすぶっていたのだけれど、
ちょっとだけ気晴らしに散歩がてら撮りに出た。

傘をさして、マクロ180mm付きのカメラを持ち出したから、
カメラを濡らしたくないし楽をして撮りたくて、
目線の位置で撮れそうなものを探して写した。

そんな、怠け心満載な写真たちをどうぞ020.gif





   無理な姿勢を撮らなくても、このスノーフレークは撮影しやすくて大助かり。
c0305565_18034531.jpg



c0305565_18035761.jpg





   雨にぐっしょりと濡れたハナニラは、ちょっと気の毒に見えた。
c0305565_18040649.jpg





   ムスカリを、ほぼ目線の位置で撮れた。
c0305565_18042401.jpg





   半野生化しているヒアシンスは、なるべく綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_18043384.jpg





   雑草たちと仲良く咲いているスイセン。
c0305565_18044294.jpg





   雨の日のタンポポは、しっかり花を閉じて耐えている。 
c0305565_18045732.jpg





   ナズナにとって、これだけ濡れると水の重さを感じていそう。
c0305565_18051168.jpg





   今年のヒメオドリコソウは、花数が少ないと感じる。
c0305565_18052227.jpg





   今が盛りのホトケノザは、性懲りもなくまた載せた。
c0305565_18053118.jpg





   石組みの隙間から根性を発揮して出ていた、フキノトウ。
c0305565_18054998.jpg





   家に帰ってから、まだのんびり咲いているジンチョウゲも撮っておく。
c0305565_18055916.jpg

by h6928 | 2017-03-27 19:03 | 季節もの・春 | Comments(4)

   伊勢崎の公園で オカメザクラなど



昨日 ( 03/24 ) は伊勢崎市の西部公園でオカメザクラが見ごろ、
とのニュースで知ったから、訪ねてみた。

出掛ける前は春霞のようなはっきりしない空で、
サクラが綺麗に撮れるか心配だったけれど、着いた時には青空が広がってきた、
と喜んでいたら西風も吹き荒れ始めた。

花をよく見ると、さすが上州の平野部に咲いているだけに、
強い風の影響は頻繁に受けているようで、きれいに5枚の花弁が揃っているのは少ない。

花のアップは遠慮しておいて、ピンクの濃い色と青空で撮るように心掛けた。

それにしても、広瀬川を挟んだ対岸の「親水公園うぬき」には、
フラサバソウの大きな群落があって驚かされた。

長崎から上陸して北海道まで広がっているそうだけれど、
実質的には身の回りでは稀な存在だった。あるところにはあるもんだ!





   約500本というオカメザクラが、風ニモマケズに咲いている。
c0305565_18375792.jpg



c0305565_18380882.jpg



c0305565_18382095.jpg



c0305565_18382943.jpg





   育ちの遅いこの樹のむこうは、見えないけど赤城山。
c0305565_18384226.jpg





   球体を見つけるとこんなイタズラをしたくなる、「永遠の少年」も。
c0305565_18385393.jpg





   西部公園のハクモクレンも花盛り。
c0305565_18390431.jpg





   堤防の斜面には、菜の花とか・・・
c0305565_18391493.jpg





   スイセンもいっぱい咲いている。
c0305565_18392654.jpg





   見慣れない雑草の群落があった。
c0305565_18393568.jpg





   なんと!フラサバソウだった!こんなにたくさんは初めて見た。
c0305565_18394567.jpg



c0305565_18395470.jpg


by h6928 | 2017-03-25 19:09 | 季節もの・春 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風