タグ:草花 ( 37 ) タグの人気記事

   雨に濡れても



昨日 ( 03/26 ) は、朝から晩までずっと雨降りだった。

ほぼ家でくすぶっていたのだけれど、
ちょっとだけ気晴らしに散歩がてら撮りに出た。

傘をさして、マクロ180mm付きのカメラを持ち出したから、
カメラを濡らしたくないし楽をして撮りたくて、
目線の位置で撮れそうなものを探して写した。

そんな、怠け心満載な写真たちをどうぞemoticon-0119-puke.gif





   無理な姿勢を撮らなくても、このスノーフレークは撮影しやすくて大助かり。
c0305565_18034531.jpg



c0305565_18035761.jpg





   雨にぐっしょりと濡れたハナニラは、ちょっと気の毒に見えた。
c0305565_18040649.jpg





   ムスカリを、ほぼ目線の位置で撮れた。
c0305565_18042401.jpg





   半野生化しているヒアシンスは、なるべく綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_18043384.jpg





   雑草たちと仲良く咲いているスイセン。
c0305565_18044294.jpg





   雨の日のタンポポは、しっかり花を閉じて耐えている。 
c0305565_18045732.jpg





   ナズナにとって、これだけ濡れると水の重さを感じていそう。
c0305565_18051168.jpg





   今年のヒメオドリコソウは、花数が少ないと感じる。
c0305565_18052227.jpg





   今が盛りのホトケノザは、性懲りもなくまた載せた。
c0305565_18053118.jpg





   石組みの隙間から根性を発揮して出ていた、フキノトウ。
c0305565_18054998.jpg





   家に帰ってから、まだのんびり咲いているジンチョウゲも撮っておく。
c0305565_18055916.jpg

by h6928 | 2017-03-27 19:03 | 季節もの・春 | Comments(4)

   伊勢崎の公園で オカメザクラなど



昨日 ( 03/24 ) は伊勢崎市の西部公園でオカメザクラが見ごろ、
とのニュースで知ったから、訪ねてみた。

出掛ける前は春霞のようなはっきりしない空で、
サクラが綺麗に撮れるか心配だったけれど、着いた時には青空が広がってきた、
と喜んでいたら西風も吹き荒れ始めた。

花をよく見ると、さすが上州の平野部に咲いているだけに、
強い風の影響は頻繁に受けているようで、きれいに5枚の花弁が揃っているのは少ない。

花のアップは遠慮しておいて、ピンクの濃い色と青空で撮るように心掛けた。

それにしても、広瀬川を挟んだ対岸の「親水公園うぬき」には、
フラサバソウの大きな群落があって驚かされた。

長崎から上陸して北海道まで広がっているそうだけれど、
実質的には身の回りでは稀な存在だった。あるところにはあるもんだ!





   約500本というオカメザクラが、風ニモマケズに咲いている。
c0305565_18375792.jpg



c0305565_18380882.jpg



c0305565_18382095.jpg



c0305565_18382943.jpg





   育ちの遅いこの樹のむこうは、見えないけど赤城山。
c0305565_18384226.jpg





   球体を見つけるとこんなイタズラをしたくなる、「永遠の少年」も。
c0305565_18385393.jpg





   西部公園のハクモクレンも花盛り。
c0305565_18390431.jpg





   堤防の斜面には、菜の花とか・・・
c0305565_18391493.jpg





   スイセンもいっぱい咲いている。
c0305565_18392654.jpg





   見慣れない雑草の群落があった。
c0305565_18393568.jpg





   なんと!フラサバソウだった!こんなにたくさんは初めて見た。
c0305565_18394567.jpg



c0305565_18395470.jpg


by h6928 | 2017-03-25 19:09 | 季節もの・春 | Comments(4)

   庭&そこらの花と虫



昨日も、相も変わらず家から離れられずに、
毎日似たような写真を撮っている。

今回もその似た者続き。

もう飽きた、なぁ~んて言われないように、
少しは工夫して撮影しているつもりなので、
悪足掻きぶりも含めて、小ばかにしながらでもご覧くださいなemoticon-0136-giggle.gif






   我が家の裏の隅っこで、見ごろを迎えたジンチョウゲ。
c0305565_18042891.jpg



c0305565_18044012.jpg



c0305565_18044908.jpg





   花ウメの「思いのまま」が、まだのんきに咲いている。
c0305565_18050360.jpg





   ナズナの花も、コンクリートをバックにしたって美しい。
c0305565_18052853.jpg





   もうすぐ咲きそうなヤグルマギクに、何かの虫(カメムシ?)が止まってた。
c0305565_18053816.jpg





   草むらで、ムラサキハナナも良い感じで咲いている。
c0305565_18055909.jpg





   やっぱりホトケノザはついつい撮らされている。
c0305565_18060921.jpg





   鎌首をもたげた蛇のような形の花も・・・。
c0305565_18062329.jpg





   もう綿毛付きの種を飛ばしてしまった、セイヨウタンポポの果托。
c0305565_18063891.jpg





   ハルノノゲシも咲いている。
c0305565_18064935.jpg





   その咲き終えた総苞の元には、アブラムシの有翅成虫が見られた。
c0305565_18065909.jpg

by h6928 | 2017-03-21 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

   昨日の続編で スイセンなど



今日は、せっかくだから昨日の続編として、
掲載のタイミングを失しないように、もったいぶらず吐き出してしまうね。

内容や出来はともかく、タイムリーが一番だからってことで。




   スイセンはいろんな品種が見られた。名前はこの際いっか(^_^;)
c0305565_18073169.jpg



c0305565_18082068.jpg



c0305565_18074850.jpg



c0305565_18075614.jpg



c0305565_18081079.jpg



c0305565_18083146.jpg





   ちょっとイメージが違うぞ、って言いたくなるチューリップさん。
c0305565_18084470.jpg





   もうハナニラの咲く時期なんだ!と現物を見れば気が付く。
c0305565_18085276.jpg





   青筋立てて怒ってる?そんなわけないよね、クロッカスさん。
c0305565_18090046.jpg





   まだ背丈も低いサクラの若木。マキバベニカワヅの名札があった。
c0305565_18091532.jpg





   青空とギンドロを背景にしてみた。
c0305565_18092550.jpg





   これがそのギンドロ。シラカバより力強い感じ。ヨーロッパ原産でポプラの一員。
c0305565_18093430.jpg

by h6928 | 2017-03-11 18:35 | 季節もの・早春 | Comments(2)

   2週間ぶりのイングリッシュガーデンで


昨日 ( 03/09 ) は、ほぼ2週間ぶりに、
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ってみた。

前回は風が吹き荒れて落ち着いて撮っていられない状態だったけれど、
今回は比較的穏やかで、前回よりははるかにましな環境。

たった2週間でも咲いている花はけっこう変化があるもので、
一番目立ったのは「スノー」を冠した似た者同士の入れ替わり。

主役級だったドロップは細々と残り花が見られる程度で、
代わってフレークが大威張りで咲いている感じ。
植物体自体が大きいから余計そう感じるのだろうな。

けっこういっぱい撮れたので、今回はより早春っぽいのをセレクトしてみた。





   スノーでも、ドロップからフレークに交代していた。
c0305565_17595733.jpg



c0305565_18001044.jpg



c0305565_18001845.jpg





   正面を見据えて咲く「変わり者」もいた。
c0305565_18002687.jpg



c0305565_18003543.jpg





   これもスノーフレークだよね、きっと。こんな背の低いのもあるんだ!
c0305565_18004653.jpg





   確か「オオミスミソウ」って書いてあったっけ。
c0305565_18005996.jpg





   紫っぽい花色のもあった。
c0305565_18010922.jpg





   紫繫がりで、クロッカス。
c0305565_18012629.jpg





   アジサイの芽も膨らんで、若い緑が萌えいずる。
c0305565_18014814.jpg





   前には咲いていなかったサンシュユにも花いっぱい。
c0305565_18015925.jpg





   空を映した池を背景に、ネコヤナギを。
c0305565_18021125.jpg

by h6928 | 2017-03-10 18:32 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   群馬フラワーパークで 早春もの


昨日 ( 03/03 ) は、セツブンソウが撮りたくて、
ぐんま昆虫の森に行ってみたのだけれど、なんと!休園していた。

通常、火曜日が休みなので、
まさか金曜日に休むとは思いもせず、心底ガッカリ。

後で家に帰ってからネットで見たら1、2、3と3連休になっていた。
前もって調べておけば良かったんだいネ~、チャンチャン(>_<)

で、いつまでも気落ちしていてもナンだから、気を取り直してフラワーパークに変更。

そのフラワーパークは、気温こそ真冬とは違って数値は高くなっていたけれど、
風が強くて接写は大変。

何とか頑張って被写体ブレ&カメラブレだけは気を付けて撮った。

まぁ、そんなわけだったんだいねぇ~。





   マンサクの花って、けっこう長持ちするんだね。この根性を見習いたい。
c0305565_18003033.jpg



c0305565_18004090.jpg





   群馬にいるとウメの花は当たり前すぎて・・・。でも綺麗だよね。
c0305565_18005352.jpg



c0305565_18010700.jpg



c0305565_18011965.jpg



c0305565_18012861.jpg



c0305565_18013662.jpg





   スイセンはたくさんあったけれど、群れてないのを選んだ。
c0305565_18015906.jpg





   黄色いクロッカスがそこかしこに。春だなぁ。
c0305565_18021140.jpg





   サフランに似た色のもステキ。
c0305565_18022188.jpg





   剪定を終えたサルスベリの樹。なにか想像力をかき立てられた。
c0305565_18024251.jpg





   「風が強くてやだいなぁ~」って、上州弁で言ってそうなビオラさんもいた。
c0305565_18025400.jpg

by h6928 | 2017-03-04 18:34 | 植物園 | Comments(2)

   イングリッシュガーデンで、早春の花


昨日 ( 02/24 ) は、しばらく冬期休園していた
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンが21日に再開したと知り、
さっそく物は試しと行ってみた。

あいにく風は一日中強く吹きまくって、接写には大敵だったけれど、
風当たりの弱そうなものを選んで撮ってみた。

それにしても、やっぱりまだ今年の冬は寒いのか、役者が揃っていない。
普段なら脇役クラスの花たちが、申し訳無さそうに代演している感じ。

入園して1時間ほど粘ってみたが、客は見た限りボクだけだった。
もうすこし春らしくなったらまた来てみたい。





   スノードロップは、今のところ主役に近い存在かな。
c0305565_17524695.jpg



c0305565_17525694.jpg



c0305565_17530657.jpg



c0305565_17531442.jpg





   黄花セツブンソウという名は、ホームページで見つけた。
c0305565_17532732.jpg



c0305565_17533810.jpg





   マンサクはいろんなタイプがあったけれど、表示はどれもマンサク。
c0305565_17535476.jpg



c0305565_17540387.jpg





   初めて見た花、ビバーナム ドーン。
c0305565_17542058.jpg



c0305565_17543098.jpg





   たくさんのクリスマスローズの中に、たった一輪だけ真上を向いた花。
c0305565_17544578.jpg





   モクレンは帽子を脱ごうとしていた。寒くても春近し?
c0305565_17545370.jpg

by h6928 | 2017-02-25 18:20 | 季節もの・早春 | Comments(2)

   フラワーガーデンで春の花 


この頃は冬と春が行ったり来たりしながら、
それでもジワリと春に向かっていいるのが感じられ、嬉しい。

昨日、21日は冬に逆戻りした感があり、赤城山はやっぱり雪で薄化粧。
北西の風も強く、春に慣れ始めた身にはやっぱ少々つらい。

だから、わが身には甘くしようと、
ぬるい場所としてフラワーガーデン泉で撮ることにした。
風は防げる上に綺麗な花に囲まれて、心の癒しにも好都合。

園芸植物にも流行り廃れがあるみたいで、
いろんな目新しいものも見られて新鮮だし、ビックリしたりもする。

そんないろんな花たちの中から、ボクの目に留まったものを撮って来た。





   ラックス系のラナンキュラス、ミノアン。これでもラナンキュラス!?
c0305565_17475330.jpg





   鉢に植えられた小さなエニシダ。
c0305565_17480412.jpg





   清楚なカンパニュラの、ファンシー・ミー。
c0305565_17483335.jpg





   リナリアは逆光で透かして撮った。
c0305565_17485096.jpg





   オステオスペルマムの、ブルーアイビューティー。
c0305565_17491571.jpg





   エリカという表示があったけれど、何エリカかは不明。
c0305565_17492339.jpg





   ギョリュウバイの小さな花も、たくさん咲いていると華やか。
c0305565_17493488.jpg





   ヒアシンスの花を見ると、春を実感する。
c0305565_17494509.jpg





   プリムラ・オブコニカにもこんなのが!! プリカント。
c0305565_17495586.jpg





   黒いクリスマスローズ。その名も、シングルブラック。
c0305565_17500606.jpg





   以前はエピデンドラムの仲間とされていた、ポリブルボンという洋ラン。
c0305565_17501703.jpg





   これも初めて見た洋ラン、キンギアナム。
c0305565_17503089.jpg

by h6928 | 2017-02-22 18:33 | 季節もの・早春 | Comments(6)

   早春の花と、素人の杞憂も


昨日の記事では「後で」と書いた武蔵丘陵森林公園の残り分は、
やっぱり後になるとまとまりが無くなりそうなので、
今回を続編にした。

今回は梅園のウメの花が妙に元気がなく、樹勢が全体に衰えているのが気になった。

初めてここで梅の花を見たときは、
枝が混み合ってメジロが来ても撮れないほど、と記憶している。

それが今回は樹の本数も減って日当りが良く花もスカスカ。
小枝や、ウメ特有の徒長枝も極端に少ない。

ふと気づくと、看板が出ていて「樹勢回復に努めている」とか。
なるほど、かなり努力はしているようだ。

それで、一昨年の秋に訪れたときに見た光景が、気になった。
信じられないほどたくさんのナラタケモドキが
この梅園のウメたちに発生していたのだ。

このキノコって、樹を徐々に弱らせて枯らす「病原菌」のはず。
放っておけば年を経るごとに枯れる木が増えていくだろう、
ってその時心配したものだ。

も、プロが管理しているのだから・・・素人の杞憂でなければいいのだけれど。





   原種シクラメン・コウム。林床に咲いているとスミレみたい。
c0305565_17400155.jpg



c0305565_17401001.jpg



c0305565_17402010.jpg





   やっと見つけたミスミソウの花。撮れる位置のはこれ一輪だけ。
c0305565_17403557.jpg



c0305565_17404434.jpg





   フクジュソウがみんな揃って太陽の方を向いている。
c0305565_17405778.jpg





   梅園が拍子抜けするほど樹の本数が減っていた。これはたくさん咲いたほう。
c0305565_17411346.jpg





   なんかスカスカで寂しい梅の花。もしかしたら「ならたけもどき病」?
c0305565_17412422.jpg





   若い枝が出なくなり花付きも悪くなる。そんな症状にぴったり。
c0305565_17413588.jpg





   ナラタケモドキの菌糸が根に取り付いて、数年かけて弱らせ、枯死させるとか。
c0305565_17415132.jpg





   一昨年の9月、梅園で夥しいナラタケモドキが発生していた内の、一部。
c0305565_17420208.jpg





   沼では午後のひと時、マガモたちがのんびりとまどろんでいた。
c0305565_17421317.jpg

by h6928 | 2017-02-17 18:27 | 季節もの・早春 | Comments(2)

   早春の花たち


昨日 ( 02/15 ) は、9月以来となる武蔵丘陵森林公園に行ってみた。

気温が上がるとのことで、
少し薄着にして歩いたけれど、それでも汗ばむくらい。

小鳥たちにも出逢いたかったので、
キョロキョロしながら進んでも、撮れるほどの出会いは無かった。

それでも、早春の花を撮るのだって楽しい(マケオシミデハアリマセン)ものだ。

体力が衰えているので、カメラはコンデジのP9001台限り。
このカメラはマクロが広角側なので、
接写はいつものマクロ100mmとは勝手が違う。

それだけに、バリアングルモニターを活用して、
接近できるものを中心に撮ってみた。

これはこれで自分としては新鮮な感覚で楽しめた。

今回は回ったうちの約半分から選んだ。
残り半分は、機会があったらいつかは載せてみたい。




   マンサクが見ごろだった。手前の枯れ葉が付いているのはシナマンサク。
c0305565_17421448.jpg





   ロウバイの品種、ソシンロウバイ。
c0305565_17422603.jpg





   こちらは元祖のロウバイ。
c0305565_17423909.jpg





   フユザキニオイカズラって、今まで全くその存在に気付かなかった。 
c0305565_17430707.jpg





   スノードロップにもバリアングルで広角接写。
c0305565_17433622.jpg



c0305565_17432769.jpg





   ピンクの濃いアセビに超接近して、ドーンと画面いっぱいに。
c0305565_17435199.jpg



c0305565_17440048.jpg





   植物園で咲いていた原種シクラメン・コウム?
c0305565_17441572.jpg



c0305565_17442430.jpg





   クロッカスはやっぱり春って感じがいっぱい。
c0305565_17443648.jpg





   最後に見上げたもんだよ、ってユリノキを。
c0305565_17444706.jpg

by h6928 | 2017-02-16 18:34 | 季節もの・早春 | Comments(4)