ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:甲虫 ( 14 ) タグの人気記事

   その辺で拾ったもの


昨日 ( 05/27 ) は、何とか晴れたものの午後は雲が多めだった。

時間もあまりとれなかったので、近い所として箕輪城跡で撮ることにした。

けっこうほっつき回ってみたものの、
収穫らしい収穫も無く、徒労に近かった。

だから〝窮すれば通ず”で、手あたり次第貪るように撮って来た。

とりあえず数は揃ったから良いかな (・。・;





   花壇の縁取りに使われていたイモカタバミ。
c0305565_17542501.jpg





   あるお宅の庭で、咲き終えたシャクヤク。
c0305565_17544094.jpg





   空き地に逃げ出して先祖返りしたのだろうか?逞しいビオラ。
c0305565_17544938.jpg





   青色のセンダイハギかな?ひと固まりで花壇に植えられていた。
c0305565_17545872.jpg





   ハネビロハナカミキリかな?この仲間は難しい(>_<)
c0305565_17551281.jpg





   イヌワラビのニシキシダというタイプだろうか。思いのほか美しい。
c0305565_17552902.jpg





   スイカズラの黄色い花と白い花を、やっと一枚に収められた。
c0305565_17554714.jpg





   ビロードコガネって、ハムシじゃなくてコガネムシなんだね。
c0305565_17560021.jpg





   湿った土を潜り抜けて出て来たばかりかな?ハナムグリの一種。
c0305565_17561322.jpg





   だいぶお疲れの様子が見える、ヒメウラナミジャノメの男のコ。
c0305565_17562889.jpg





   日光浴と縄張り監視を兼ねてあたりを睥睨。コミスジの男のコ。
c0305565_17564620.jpg





   セリを食べて終齢幼虫にまで育った、キアゲハさん。
c0305565_17570062.jpg

by h6928 | 2017-05-28 19:06 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

   野豌豆やアリさんなど


昨日 ( 03/18 )は、ほとんど家にいて、せめて何か撮れないかと、
外の空気に触れたくもあり、家の近くの空き地や道端で接写を試みた。

すると、普段見過ごしている「ありふれたもの」が良い被写体になってくれて、
ありふれているだけに、反動で有難かった。

中でも、クロヤマアリ(と思われる)がせっせと働いているところを見られて、
もうさすがに彼岸なんだなぁ、と実感した。

大人になるとアリなんかを見る機会も無いから、
童心に帰って見とれてしまった。

アリさんにありがとうを言いたい気分037.gif





   今年見つけた第1号のカラスノエンドウ。たった3輪がうれしい。
c0305565_18030477.jpg



c0305565_18033833.jpg



c0305565_18035110.jpg





   スズメノエンドウも咲きだした。
c0305565_18041014.jpg



c0305565_18042993.jpg





   ハナニラがこのアングルでファインダー撮影ができる場所は稀少。
c0305565_18044006.jpg





   ホトケノザには咲かないで自家受粉する閉鎖花があるという。これかな?
c0305565_18063244.jpg





   薄曇りの太陽を背中に背負って、ななつ星の天道虫さんが行く。
c0305565_18050097.jpg





   自分より重そうなイモムシを銜えて、コンクリート壁を下るアリさん。
c0305565_18053321.jpg





   もうすぐ巣穴だ、頑張れ!
c0305565_18054331.jpg





   こちらでは、なにやら騒がしい出来事が。乱闘事件発生。
c0305565_18051784.jpg





   よそ者に対して団結して抵抗する働きアリたち。
c0305565_18055314.jpg

by h6928 | 2017-03-19 18:48 | 季節もの・春 | Comments(4)

爽やかな高原で

6月27日は、朝からよく晴れていたので久々に某・高原に行ってみた。

爽やかな高原の風・・・といえば、
確かに過ごすには快適なのだけれど、接写には不都合この上ない。

チョウたちも藪の中の方に行きたがって、なかなかいい位置に出てきてくれない。
やっと出たと喜べば、ゆさゆさ揺れて画面に収まりそうにない。

こんな時はやっぱり「下手な鉄砲作戦」しかない。
連写はしないので、単発で数をこなすには歩いてチャンスを広げるに限る。

何とか撮れているのがあって良かったなぁ。





     ヒメシジミはそれなりにいたけれど、風が強いので撮りにくいったらなかった。
c0305565_18160331.jpg
c0305565_18163213.jpg
c0305565_18164354.jpg
c0305565_18165581.jpg
c0305565_18170533.jpg




     ムラサキシジミが一瞬大サービスして、すぐにどこかに消えた。
c0305565_18172261.jpg





     コチャバネセセリ♂が、風で揺れるヒメジョオンにしっかりしがみ付いている。
c0305565_18174193.jpg





     これ、ヒョウモンチョウだよね!? コヒョウモン!? ずいぶん出るのが早いんじゃない???
c0305565_18175335.jpg





     開翅して、表のヒョウ柄を見せてくれた。
c0305565_18180277.jpg





     ヒゲナガオトシブミの女のコ。首の長さが☟と同じ種とは思えないほど違う。
c0305565_18182062.jpg





     こちらは男のコ。翅をしまい忘れても女のコを探してる。
c0305565_18182953.jpg





     手乗りならぬ、手載せアリ地獄。バックで指の隙間に潜ろうとしている。
c0305565_18183984.jpg


※ それにしても、動植物の採集禁止の場所と知っていて、
しかも、チョウとかには詳しげな、初老の夫婦っぽい二人連れが、
あろうことか捕虫網を持って歩いているのが遠くに見えた。

稀少種が生息している場所と知っていて、
綺麗な標本を得るのが目的で来ているとしたら、もう確信犯としか思えない。

知識は保護に使うならいいけれど、
もう今更、絶滅に手を貸すような、標本つくりはやめてほしいものだ031.gif

by h6928 | 2016-06-28 19:20 | 昆虫・クモ 等 | Comments(7)

・・・いまだ空梅雨のもとで・・・

群馬県は相変わらず梅雨時なのに雨に見放されている。

そんな中、一昨日はアジサイが多量にある前橋の荻窪公園に行ってみた。

ほんの申し訳程度の雨が降った後でも、どこに浸み込んだか跡形もないようで、
アジサイたちも申し訳なさそうに「ごめんなさい」をしているようだった。

どうせならもっとアジサイらしいのが撮りたいので、後日改めてーにした。

その代わり、いろいろ物色しながら何かしらを撮ってみた。





     このアジサイは、同じ花序なのに、右と左で色分けされているのが面白い。
c0305565_17440933.jpg





     ベニバナのアナベルは、小さいうちからもう紅色。
c0305565_17442373.jpg





     ベニガクの花に群がるハナムグリたち。人気店でも、店舗数は多いから行列はできない。
c0305565_17443603.jpg





     「アジサイの花粉はおいしいなぁ」って声が聞こえるよう。
c0305565_17444619.jpg





     ブチヒゲカメムシの自信ありげなカムフラージュ。お見事!!
c0305565_17445964.jpg





     シロスジヒゲナガハナバチだろうか?♀は触角が短いという。
c0305565_17451337.jpg





     池のふちには、特定外来生物に指定されている、オオカワヂシャも。
c0305565_17452813.jpg





     こちらには、ヒメヒラタアブの仲間が来ている。
c0305565_17454253.jpg





     イモカタバミに追われてか、あまり見かけなくなってきたムラサキカタバミ。
c0305565_17455567.jpg





     人口の小さな流れの傍に、キツネノボタン。
c0305565_17461288.jpg





     アメリカフウロの跳ね上がった種子。5個はなかなか揃わないものだ。
c0305565_17462677.jpg





     最後に、ちょびっと雨の降った後の雫で〆よう。
c0305565_17463669.jpg

by h6928 | 2016-06-10 19:06 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

ラミーカミキリほか、昆虫

梅雨入りしても雨が降らなくて、
首都圏の水がめとされる群馬県のダムに水が溜まらないという。

高崎の街寄りの安中でも、昨夜から今朝にかけて申し訳程度に降ったけれど、
水を欲しがっていた植物たちにとっては、とても十分行き渡ったとは言えない状態。

昨日(06/07)は相変わらずなそんな天候のもと、高崎郊外で虫を求めて歩いてみた。
運よくラミーカミキリにまた逢えて嬉しくて、他の虫もついでに撮っておいた。





     去年から見られるようになった、ラミーカミキリにまた逢えた。
c0305565_17475205.jpg
c0305565_17480759.jpg
c0305565_17482052.jpg
c0305565_17483575.jpg





     クズの茎に傷を付けて、汁を舐めているのかな。オジロアシナガゾウムシ。
c0305565_17485383.jpg





     マメコガネは、なぜか後脚を上げていることが多い。
c0305565_17491042.jpg





     ナナホシテントウは肉食系。食べかすがいくつか見られる。
c0305565_17492225.jpg





     ナミテントウも肉食系。
c0305565_17493555.jpg





     ヤマトシリアゲ♀。馬面と反り返ったお尻が特徴。
c0305565_17495871.jpg





     シロオビアワフキ成虫。幼虫時代は泡の中にいる。頭は右、ね。
c0305565_17501027.jpg





     ツチイナゴ♂
c0305565_17502782.jpg





     ヒメウラナミジャノメ
c0305565_17503910.jpg





ところで、ラミーというのは、ナンバンカラムシという植物で、
元々は繊維を利用するために輸入・栽培された外来生物だという。

そのラミーに付いて入ってきたのがラミーカミキリで、
利用されなくなったラミーも帰化していて、どちらも分布を広げているとか。

そうすると、気になるのが、
在来のカラムシとナンバンカラムシの区別だ。

この写真にカミキリと一緒に写っているのは、ラミー?それとも在来種?はてはて???
考えたこともなかったけれど、急に気になりだした。

by h6928 | 2016-06-08 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

烏川近くの公園で、虫など

6月3日は、玉村町の水辺の森公園周辺を歩いて撮った。
運の悪いことに、草刈り部隊が大活躍をしていて、
それでも今更他にも行けないので我慢して虫探しをした。

草刈り機の音からなるべく離れても、既に刈られたところが大半で、
辺り一面、干し草の良い香りに包まれていた。

のんきにその香りに癒されてばかりもいられないから、
せいぜい頑張って「昆虫少年」ならぬ「昆虫老人未満」になる。

なるべく日陰を選んで歩いたつもりでも、意外に体力の消耗は激しい。
梅雨入りが近いとは思えないほど、乾燥注意報が出そうな陽気だった。





     ムラサキシジミは今、空白期のはずなのに?しかもちょっと小さめ。 
c0305565_18171064.jpg





     羽化が順調ではなかったようで、翅が歪んでしまっている。でも、元気に飛んで行った。
c0305565_18171983.jpg





     ヒメジョオンで吸蜜する、ベニシジミ。お腹の大きい女子のようだった。
c0305565_18173318.jpg





     欠損した翅は、本体を守った証しかな、ツバメシジミ男子。
c0305565_18174409.jpg





     キタキチョウは強い日差しを避けてか、葉陰で休んでいる。
c0305565_18175483.jpg





     スジグロシロチョウと、花はヒメジョオン。
c0305565_18180706.jpg





     たった1頭、アカスジキンカメムシ・成虫を見つけた。
c0305565_18182053.jpg





     目にピントを合わせると背中がぼけるので、あえて背に合わせた。
c0305565_18182926.jpg





     カップルの前で寂しい男子が独り。コフキゾウムシも男はつらいよ。
c0305565_18185143.jpg





     クリの雌花を見つけた。花のほとんどは雄花序ばかり。
c0305565_18190388.jpg





     ニワウルシにも小さな実が育ちつつあった。
c0305565_18191726.jpg





     キツネアザミの果実が、未来へと飛び立とうとしている。
c0305565_18192892.jpg

by h6928 | 2016-06-04 19:10 | 季節もの・初夏 | Comments(6)

5月の〆は武蔵丘陵森林公園で

5月最終日の昨日、群馬は良く晴れていたので、
せっかくの晴天だし、武蔵丘陵森林公園に行ってみた。

ところがどっこい、埼玉との県境に近づくにつれて雲が増え、
比企郡滑川町辺りは曇っていた。

一時は雨の心配さえしたけれど、蒸暑く明るい曇りで済んだから、まぁいいか。
で、体力が消耗しやすいので、あまり歩き回らずにじっくり撮影した。

それなりの駒数も撮れて、疲労もたまったけれど、
内臓脂肪はちっとも減らないのが不思議だ。





     和名・ムラサキバレンギクは、英名・イエローコーンフラワー。紫と黄色で命名が分かれる?
c0305565_18043202.jpg





     メキシコマンネングサは、もっとカンカン照りが似合いそう。
c0305565_18044353.jpg





     スモークツリーとは、よくぞ名付けたものだ。ちょうど晴れ間がのぞいてくれた。
c0305565_18045649.jpg
c0305565_18050671.jpg
c0305565_18051520.jpg





     もうピークを過ぎたルピナスは、それでもまだハチたちには良いレストラン。
c0305565_18053581.jpg





     ミドリヒョウモン・♂は、忙しなく忙しそうだ。
c0305565_18055826.jpg





     モンシロチョウはけっこうたくさん飛んでいた。
c0305565_18060826.jpg





     アカシジミは、ほんのひと時現れて、撮らせてもらえた。
c0305565_18062568.jpg





     ミズイロオナガシジミにも逢えた。まだ出始めかな。
c0305565_18063487.jpg





     シラホシカミキリは初見。小さくて、とてもきれいなカミキリムシ。
c0305565_18064520.jpg





     ナナフシモドキって、なぜモドキなんだろう?
c0305565_18065669.jpg




by h6928 | 2016-06-01 18:53 | 季節もの・初夏 | Comments(5)

榛名南麓の公園で

5月29日は、薄曇りで蒸し暑い天候。

涼しい所を求めて渋川市の憩の森を目指して出発したのだけれど、
途中の吉岡町にあるふれあい公園に、なんとなく寄ってみた。
何か撮れそうな気がしたので・・・。

最初のうち、めぼしいものも撮れずに、外したかな?
と気落ちしたが、懐かしいトモエガに出逢えて、ちと感動。

子供のころ、夏の夜になると、灯火を求めて家の中に入って来た、
わくわく感をもたらす虫の一員だった。
もう何十年も見ていなかったので、本当に久しぶりだ。

もっとお近づきになりたかったのに、
赤い表翅とお腹を見せて、あっさりと逃げ去ってしまったのは残念。
こっちは懐かしくも、あちらさんにしてみれば初対面だもの、仕方ないけどね。





     ヒペリカム ’ヒドコート’ が咲き始めた状態。標高が少し高いと実感。
c0305565_18260168.jpg





     まだ咲き始めたばかり。
c0305565_18260970.jpg





     冬を忍び、春に新芽を伸ばし、初夏に咲いたスイカズラ。
c0305565_18262516.jpg





     コンクリート擁壁の排水口から生えた、イモカタバミ。
c0305565_18263849.jpg





     シロツメクサにベニシジミ。
c0305565_18264905.jpg





     ハグルマトモエの♀。飛ぶと表翅やお腹が赤っぽくて驚かされる。
c0305565_18285994.jpg





     青緑の光沢が美しい、アシナガバエの一種。
c0305565_18265859.jpg





     こう見えて案外素早いオオヨコバイ。
c0305565_18270729.jpg





     山茶花の葉っぱにいたビロウドコガネ。名は体を表す。
c0305565_18285078.jpg





     黄色いスキンヘッドが可愛い!? ハグロハバチの幼虫。
c0305565_18272548.jpg





     自分の食べ残しやらなにやらに紛れているゴミ屋敷、じゃない、ゴミグモ。
c0305565_18274428.jpg





     しかしてこいつの正体は・・・・こんな姿だったのだ。
c0305565_18275288.jpg

by h6928 | 2016-05-30 19:34 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

ギンイチくんと他の虫など

5月24日は、久々に榛名湖畔に行ってみた。

天気の良いのはこの日の日中までと、予報が出ていたので、
避暑も兼ねて過ごすことにしたのだった。

ウスバシロチョウがヒラヒラといくつか飛んでいるのが見られても、
なかなか撮れる位置まで来てくれない。

気持ちがいじけていると、慰めるようにギンイチちゃんが来てくれて、
良いモデルになってくれた。それだけで満たされた。

帰りは現金なもので意気揚々と引き上げたのだった。





     典型的な春型♂のギンイチモンジセセリ。気まぐれに止まってくれたのが嬉しい。
c0305565_17593367.jpg
c0305565_18000428.jpg
c0305565_18001878.jpg





     レンズの前に飛んできて止まったベニシジミ。撮ってほしかった?
c0305565_18003199.jpg





     ヒトスジマダラエダシャクは、昼寝中なのか逃げようとしない。
c0305565_18004423.jpg





     こんなバッタは初めて見た。ショウリョウバッタモドキの色変わりの幼虫かな?
c0305565_18005618.jpg





     アオハムシダマシは、初めて見た。ハムシだとまんまと騙された。
c0305565_18011795.jpg





     今の時期、ズミの花がちょっと盛りを過ぎたころ。
c0305565_18012721.jpg





     木肌では一番のお気に入りの、ウリハダカエデ。濡れていれば言うこと無しなんだけど。
c0305565_18015270.jpg





     こういう撮り方は初めて試みた、シャガの花。
c0305565_18021506.jpg





     まだよく探さないと見つからない、ユキノシタの花。
c0305565_18022642.jpg





     たくさんの中から見つけた、たった一輪の多弁のキンポウゲ。
c0305565_18033357.jpg

by h6928 | 2016-05-25 18:52 | 季節もの・初夏 | Comments(6)

ぐんま昆虫の森で、初物たち

4月最終日の昨日、桐生市新里町にある昆虫の森に行ってみた。
前日の赤城自然園では風邪をひきそうだったけど、何とかダイジョウブ。

連休に入っていて好天にも恵まれたから、園内は大賑わい。
そうなると写真撮りに困るのは、捕虫網を振り回している子供たちの多さ。
捕まえても観察してからリリースすることを条件に、園が網を貸し出している。

そういう園の方針だから仕方ないけれど、賑わっているところでは撮れっこない。
なるべく人のいない、されど虫のいそうなところを探す。

そんな虫の良い所はないさ、って、諦めなかったら何とか撮れた。
今年は、去年に比べれば滑り出しの出逢いは順調だ。
この幸運がずっと続いてほしいものだ。





    この春初物のトンボたちも撮れた。これと次はコサナエの♀。
c0305565_17470068.jpg
c0305565_17470956.jpg





    このカワトンボは、アサヒナと二ホンの分布の境界付近なので、何とも・・・。
c0305565_17472187.jpg
c0305565_17473260.jpg
c0305565_17473923.jpg





    コアオハナムグリは、毛むくじゃらなので区別が容易。
c0305565_17480059.jpg





     これも初物の、ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)に逢えた。
c0305565_17481202.jpg





     コチャバネセセリが日光浴中をお邪魔した。
c0305565_17484043.jpg





     産卵中のテントウムシ、発見。シルエットなので何テントウかは不明。
c0305565_17482883.jpg





     いつの間にかミズキの花の季節に入っていた。
c0305565_17485324.jpg





     キンランの大株に花いっぱい。
c0305565_17490451.jpg





     驚くほど低い位置に、ホオノキの花が咲こうとしていた。
c0305565_17495103.jpg

by h6928 | 2016-05-01 18:30 | 季節もの・春 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風