タグ:木の花 ( 47 ) タグの人気記事

   一拍遅れの春もの


昨日 ( 04/22 ) は、榛名山の裾野に位置する渋川総合公園で撮った。

水沢観音から伊香保へ向かう道路を挟んで、
山の高い方が県立の憩いの森で、低い方が市立の総合公園になっている。

ここでは毎年ヤエベニシダレザクラを撮っているのだけれど、
今年はその見事なサクラをあえて封印して、そこら辺の地味目なものを撮ってみた。

撮った時には普通種と思っていたのに、いざ掲載前に名前を確認すると、
次々に怪しいのが出てきて、正直焦った。

榛名の公園は、在来種の中に外来種も入り混じっているし、
自分の知識も及ばないし、いやぁ~苦戦した。

でも、まだ確たる保証はできかねるので、あまり信用しませんように。





   木漏れ日を受けて一段と綺麗に見えた、コスミレかな?
c0305565_18021966.jpg





   「地獄の釜の蓋」との別名もあるキランソウ。しっかり閉じていてほしい。
c0305565_18023055.jpg





   スギナが成長し始めて、ツクシは役割を終えようとしている。
c0305565_18024720.jpg





   オニタビラコの花は、背景にムラサキケマンの花を併せた。
c0305565_18025823.jpg





   イロハモミジの、萌えたて若葉とつぼみが可愛い。
c0305565_18031460.jpg





   山で見るヤマブキは、当然のように野趣にあふれる。
c0305565_18032663.jpg





   植えられたばかりの、思川(オモイガワ)という品種のサクラ。
c0305565_18033732.jpg





   ヤマツツジは、この木が一番早く咲いていたくらい。
c0305565_18034911.jpg





   シロバナエンレイソウが、これだけ単独で見つかった。
c0305565_18040701.jpg





   ヒゲネワチガイソウ。花弁が5~7枚というのが特徴だとか。
c0305565_18042167.jpg





   この草は初めて見た。ハルガヤだろうか。乾燥するとクマリンの香りがするとか。
c0305565_18043150.jpg





   榛名山の裾野にある公園で、今頃がサクラも見頃だった。
c0305565_18045581.jpg

by h6928 | 2017-04-23 19:16 | 季節もの・春 | Comments(2)

   妙義湖あたりは春まだ浅く


昨日はキジさんが割り込んだものだから、
今日は15日に妙義湖あたりで撮ったものをご覧ください。





   エイザンスミレは葉の形が独特。花が終わるとまた葉が変身する。
c0305565_18024812.jpg





   昔のケマルバスミレは、今は毛が取れたとか。ハゲスミレかい?って突っ込みたくなる。   
c0305565_18025914.jpg





   このスミレって、ケタチツボスミレってやつかな?スミレは難物。
c0305565_18031242.jpg





   ワダソウはナデシコ科とは思えなくて、名前を忘れると後で検索が大変。
c0305565_18032578.jpg





   これをヤブレガサとは良くぞ名付けたものだ。座布団一枚!
c0305565_18033953.jpg





   ミミガタテンナンショウは、咲く位置が低い割りに大柄で、背景処理が大変。
c0305565_18035228.jpg





   なぜか?撮りやすい方を向いて咲いていてくれた、モミジイチゴ。
c0305565_18040545.jpg





   クロモジの、萌え出た芽と可愛い花。
c0305565_18041639.jpg





   まだ小さなホオノキの、伸び始めていた若芽。
c0305565_18042672.jpg





   キブシの花。蕊が見えるのを選んで撮った。
c0305565_18044205.jpg





   崖の途中のトウゴクミツバツツジ。
c0305565_18045114.jpg





   群れで吸水に来ていたスギタニルリシジミのオス。内、これしかまともに写らなかった。
c0305565_18050408.jpg

by h6928 | 2017-04-17 18:54 | 季節もの・春 | Comments(2)

   長純寺のシダレザクラ ほか


昨日 ( 04/07 ) は朝のうちは雨だった。
今日こそ撮影はお休みかなぁ、と半ばあきらめかけていたが、
お昼前にはいつの間にか上がっていたので、一応出てみた。

車に乗り込むと次第に雲が取れて青空が増えてきたので、
今日はサクラを撮ろうと決めた。

近場でこのところ例年撮っている、
長純寺のシダレザクラが頃合いだろうと決めつけて、先ずは行ってみた。

読みがピッタリと当たって、
花も頃合い、空も青空、注文通りじゃわい、ってほくそ笑む。

レンズは、いつものマクロ100mmと、20~35mmズームの2本を使った。


それにしても、ここの奪衣婆は何度見ても不気味さが拭えない。
自分が死んだら、三途の川のほとりでこの婆さんに衣服をはぎ取られるなんて・・・・。
創造するだにオソロシイ。

死にたくないなぁ、って毎度のように改めて思うのだった。





   先ずは、閻魔大王(右)と奪衣婆(左)が迎えてくれる。サクラもちょうど良さそう。
c0305565_17364775.jpg




   山門の奥の石段を上ると、その奥が本堂。
c0305565_17365875.jpg





   駐車場の光景。神社仏閣によくあるヤブツバキが、なんかいい感じ。
c0305565_17371763.jpg





   石垣に絡んでいるツルニチニチソウの花。雨の名残がある。
c0305565_17373149.jpg





   今年も紅色のミツマタが迎えてくれた。
c0305565_17374013.jpg





   駐車場から見上げたシダレザクラ。青空が似合う。
c0305565_17375947.jpg





   本堂への石段脇から見上げる。右手に復活中のバショウが邪魔してる。   
c0305565_17382050.jpg





   その石段を上って、さらに近づく。
c0305565_17383751.jpg



c0305565_17385439.jpg





   木の下に立って見上げるとこんな感じ。広角でも入りきらない。
c0305565_17391026.jpg





   横手の墓地を抜けて丘を登ると、サクラが俯瞰できる。街並みは前橋方面。
c0305565_17393466.jpg





   墓地よりさらに上の丘に、ハクモクレンの鈴なりの花も。
c0305565_17394300.jpg

by h6928 | 2017-04-08 18:23 | 季節もの・春 | Comments(4)

   敷島公園で木の花を


昨日 ( 03/31 ) は、
天気もパッとしないし出る時刻もハンパになってしまったから、
サクラの具合でも見ようと前橋の敷島公園に行ってみた。

テレビのソメイヨシノの開花情報では、
前橋はまだ咲いていないことになっていたが、
けっこう咲いている樹は何本かあった。

その樹が標準木なり基準木じゃないのだろうね、きっと。

空は灰色で、半端に咲いたそのソメイヨシノを撮っても映えないだろうから、
公園内をウロウロ徘徊しながら、
ボクなりに気に入った花を拾い集めてみた。





   晩生のウメが咲いていた。誰も見てくれないからせめて写真は見てね。
c0305565_17541829.jpg



c0305565_17543046.jpg





   曇りの日、林下のボケは滲んだ感じがステキ。ボケだけに?
c0305565_17544223.jpg



c0305565_17545047.jpg



c0305565_17545987.jpg




   ソメイヨシノにしては、ちょっと早咲きで色濃いサクラ。
c0305565_17555004.jpg



c0305565_17555929.jpg





   ほろ酔いの美女みたいな風情をみせて、アセビの花。
c0305565_17552022.jpg





   絞りと紅を咲き分けてる、ツバキもきれい。
c0305565_17553434.jpg





   こんな恐竜がいたっけかな?と思えた、ある樹の幹。
c0305565_17560900.jpg

by h6928 | 2017-04-01 18:29 | 季節もの・春 | Comments(2)

   春の木の花


昨日 ( 03/29 ) は、穏やかな晴天なのに出かける時刻が遅くなったので、
手軽な場所としてアンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンで撮ることにした。

さすがに春もらしくなってくると、いろいろな花が楽しめた。

とりあえず今回は、木の花をセレクトしてみた。

名前の表示が無かったので、
微妙な見分けは付かないもので、間違っていたらごめんなさい。



   アメリカハナノキかな?青空に赤い花が目立っている。
c0305565_18270175.jpg





   ベニスモモの大きな樹に、花がドッサリ。
c0305565_18242655.jpg



c0305565_18243667.jpg





   いわゆるミモザだろうか?いかにも重たそうに咲いていた。
c0305565_18244816.jpg



c0305565_18245799.jpg





   モクレンの変種・トウモクレンは咲き始めの状態。
c0305565_18252568.jpg





   おおきなハクモクレンが見事に咲いていた。
c0305565_18253836.jpg





   ユスラウメ?ニワウメ?バックはハクモクレン。
c0305565_18254738.jpg





   英国式庭園でもモミジは良いね。
c0305565_18260877.jpg





   トサミズキをシンプルに。
c0305565_18261848.jpg





   シダレヤナギの芽吹きと花を、池をバックに。
c0305565_18262936.jpg





   ユキヤナギも花盛り。
c0305565_18264938.jpg

by h6928 | 2017-03-30 19:03 | 植物園 | Comments(2)

   庭&そこらの花と虫



昨日も、相も変わらず家から離れられずに、
毎日似たような写真を撮っている。

今回もその似た者続き。

もう飽きた、なぁ~んて言われないように、
少しは工夫して撮影しているつもりなので、
悪足掻きぶりも含めて、小ばかにしながらでもご覧くださいな037.gif






   我が家の裏の隅っこで、見ごろを迎えたジンチョウゲ。
c0305565_18042891.jpg



c0305565_18044012.jpg



c0305565_18044908.jpg





   花ウメの「思いのまま」が、まだのんきに咲いている。
c0305565_18050360.jpg





   ナズナの花も、コンクリートをバックにしたって美しい。
c0305565_18052853.jpg





   もうすぐ咲きそうなヤグルマギクに、何かの虫(カメムシ?)が止まってた。
c0305565_18053816.jpg





   草むらで、ムラサキハナナも良い感じで咲いている。
c0305565_18055909.jpg





   やっぱりホトケノザはついつい撮らされている。
c0305565_18060921.jpg





   鎌首をもたげた蛇のような形の花も・・・。
c0305565_18062329.jpg





   もう綿毛付きの種を飛ばしてしまった、セイヨウタンポポの果托。
c0305565_18063891.jpg





   ハルノノゲシも咲いている。
c0305565_18064935.jpg





   その咲き終えた総苞の元には、アブラムシの有翅成虫が見られた。
c0305565_18065909.jpg

by h6928 | 2017-03-21 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

   春らしく華やかに


昨日 ( 03/16 ) は、晴れたけれど風が強く、
接写には苦労しそうだったけれど、ぐんまフラワーパークで撮ることにした。

で、なるべく風の影響を受けないところを・・・と、
建物の中で撮ることが多かった。

今回はそんな中から、レストランやショップの入っている建物で、
花モモや花ウメなど、華やかなものを撮ったうちから12点をセレクトしてみた。

まだまだ寒いけれど、華やかな写真を見て、心が華やいでいただければ嬉しいな。
なぁ~んて、可愛くないオッサンが言っても似合わないけどね。





   入り口前と入ってすぐに、紅白の鉢植えのウメが迎えてくれる。
c0305565_18084061.jpg



c0305565_18085046.jpg





   青軸緑萼の枝垂れ梅。品種の表示は無かった。
c0305565_18085654.jpg





   促成栽培のレンギョウは、既に盛りを過ぎていた感じ。
c0305565_18091101.jpg



c0305565_18092129.jpg





   こちらは満開のサンシュユ。
c0305565_18093189.jpg





   レンギョウの黄色をバックにして、「テルテモモ 白」。
c0305565_18094838.jpg





   同じ品種を少し引いて撮ると、こんな感じ。
c0305565_18095828.jpg





   ずいぶん葉が伸びていた「テルテモモ 桃」。
c0305565_18101471.jpg





   こちらは、ひな壇の毛氈(?)をバックにして撮った。
c0305565_18102331.jpg





   真っ赤な和傘をバックに使って、「きく桃」。
c0305565_18103720.jpg





   安易に、一番撮りやすそうな日本人形(ガラスケース入り)も。
c0305565_18104870.jpg

by h6928 | 2017-03-17 18:45 | 季節もの・春 | Comments(2)

   公園で春探し


今回は3/12日に撮った在庫から。
冬以外は良く撮影に使う、高崎市の観音山ファミリーパークでのもの。

まだうすら寒い感じの残る冬枯れ色が多い中で、利用者も少な目。
それでも春を感じられるものを探してみると、けっこう見つかる。

モンキチョウやアリさんが出てくれていたのは嬉しい。

その割に、もっと寒かった時にいたテントウムシさんは、
しゃしゃり出てくれなかったなぁ。

ホントの春はまだ先かな?





   ナズナの花も良く見れば、他の白いアブラナ科の花とよく似てる。
c0305565_18053677.jpg





   キランソウの花は、やっと咲きだしたばかり。
c0305565_18054461.jpg





   ネコヤナギを撮ってたら、ネコジャラシ! と繰り返す坊やの声が・・・。
c0305565_18055726.jpg



c0305565_18060732.jpg



c0305565_18061608.jpg





   サンシュユの黄色は、なんとなく固い感じがする。
c0305565_18063276.jpg





   それに比べてミツマタのこの黄色は、とても優しいと思う。
c0305565_18064453.jpg





   逆光気味にアセビの花も。
c0305565_18065609.jpg



c0305565_18070454.jpg





   モンキチョウの男のコが2頭見られた。
c0305565_18072202.jpg



c0305565_18073112.jpg





   アリさんも出て来たけれど、まだあまり勤勉じゃなさそう。
c0305565_18074423.jpg

by h6928 | 2017-03-16 18:43 | 季節もの・春 | Comments(4)

   2週間ぶりのイングリッシュガーデンで


昨日 ( 03/09 ) は、ほぼ2週間ぶりに、
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ってみた。

前回は風が吹き荒れて落ち着いて撮っていられない状態だったけれど、
今回は比較的穏やかで、前回よりははるかにましな環境。

たった2週間でも咲いている花はけっこう変化があるもので、
一番目立ったのは「スノー」を冠した似た者同士の入れ替わり。

主役級だったドロップは細々と残り花が見られる程度で、
代わってフレークが大威張りで咲いている感じ。
植物体自体が大きいから余計そう感じるのだろうな。

けっこういっぱい撮れたので、今回はより早春っぽいのをセレクトしてみた。





   スノーでも、ドロップからフレークに交代していた。
c0305565_17595733.jpg



c0305565_18001044.jpg



c0305565_18001845.jpg





   正面を見据えて咲く「変わり者」もいた。
c0305565_18002687.jpg



c0305565_18003543.jpg





   これもスノーフレークだよね、きっと。こんな背の低いのもあるんだ!
c0305565_18004653.jpg





   確か「オオミスミソウ」って書いてあったっけ。
c0305565_18005996.jpg





   紫っぽい花色のもあった。
c0305565_18010922.jpg





   紫繫がりで、クロッカス。
c0305565_18012629.jpg





   アジサイの芽も膨らんで、若い緑が萌えいずる。
c0305565_18014814.jpg





   前には咲いていなかったサンシュユにも花いっぱい。
c0305565_18015925.jpg





   空を映した池を背景に、ネコヤナギを。
c0305565_18021125.jpg

by h6928 | 2017-03-10 18:32 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   昆虫の森で、早春物


昨日は天気がパッとしなかったし、在庫も抱えていたので撮影はパス。
で、今回のは、セツブンソウを撮った時の昆虫の森から。

群馬でも平地よりは若干寒いから早春ものがたくさん撮れた。
その中から厳選して(ホンマカイナ?)載せることにした。

そういえば、フキの花の雌雄については、
「一見して黄色いのが雄花で白いのが雌花」って図鑑には書いてあるけれど、
一概にそうも言えないみたいだ。

まだ花粉を出していないけれど花は開いている雄花は、けっこう白い。
むしろ、筒状花が星形に見えるのが雄株と見た方が判りやすいみたい。
雌株は、花が開いていれば細かなブラシ状に見える。

ちなみに、群馬県で栽培されている「水ブキ」は、
雌株を元に栄養繁殖されているので、その系統はすべて雌株なんだとか。
当然、農家を通じて出回っているフキノトウも雌の花になるはずだ。

へぇ~、そぉ~だったのかぁ~、群馬のフキはとても奥が深かったぁ~!
って何かのパクリ011.gif





   フキノトウはフキの花で、雌雄異株。ここに写っているのは雄株ばかり。
c0305565_17493192.jpg



c0305565_17494013.jpg



c0305565_17495290.jpg





   オニグルミの冬芽は、一番外の帽子を脱ぎ始めた。
c0305565_17500905.jpg





   ダンコウバイの花もやっと咲き始めていた。
c0305565_17502884.jpg





   ウグイスカグラの花は綺麗なのに、野外では意外と目立たない。
c0305565_17504005.jpg





   早春の風物詩のひとつ、ネコヤナギの花は代表格。
c0305565_17505750.jpg



c0305565_17511287.jpg



c0305565_17511818.jpg





   コクサギの実の殻だけがあった。種はとっくに飛ばしてしまったか。
c0305565_17513271.jpg





   枯れ物と言えばこれも欠かせない。
c0305565_17514607.jpg





   カエルの卵塊の中では、オタマジャクシの素が育っていた。
c0305565_17515272.jpg

by h6928 | 2017-03-07 18:55 | 季節もの・早春 | Comments(2)