タグ:木の花 ( 75 ) タグの人気記事

群馬の森で 五目撮り


昨日 ( 02/13 ) は、
群馬の森の一角にある県立歴史博物館に行ってみた。

企画展の「昭和なくらし、そしてスバル」が見たかったので。

ところが、なんと休館日。
そうか!月曜日が振り替え休日だったので、
休館日が先送りされていたのか。

毎日がお休みのボクには、
その辺の感覚が鈍っているのだった。

まいっちんぐマチコ先生じゃぁ~!!
とか心の中でギャグをかましながらも、
せっかく来たのだから何か撮ろう、ってことで、
いつもながらの接写をすることにしたのだった。

一番最後に載せたムラクモハマダラミバエらしいハエは、
高齢者の今に至るまで初見だった。

割と普通にいるらしいのに、生態が良く分かっていないって・・・・、
結局研究する人がいなかったってことかな?





   ジャノヒゲの実を果穂ごと抜いて撮った。後で小鳥が食べたかな?
c0305565_17380748.jpg





   マンサクの花は、オモチャの「吹き戻し」が伸びきった状態っぽい。
c0305565_17383347.jpg





   アオキの実は、これが一番赤くなっていた。
c0305565_17391089.jpg





   アセビの花は、早い木でやっと咲き始めたところ。
c0305565_17393347.jpg




c0305565_17394645.jpg




c0305565_17400667.jpg




c0305565_17402710.jpg





   クロスジホソサジヨコバイは、よく探してやっと3頭見つけた。
c0305565_17404256.jpg




c0305565_17410063.jpg




c0305565_17411398.jpg





   ナツツバキの樹皮を剥がしたら、そこにこんな虫さんが!!
c0305565_17414236.jpg





   ムラクモハマダラミバエだろうか?生態は良く分からないらしい。
c0305565_17421353.jpg

by h6928 | 2018-02-14 18:46 | 季節もの・早春 | Comments(2)

今年二度目の雪の後


昨日 ( 02/02 ) は今年二度目の降雪で、10cmくらい積もった。
場所によっては16センチを超えるところもあって、
雪かきは良い運動になった。

それでも、今度の雪はけっこう融けやすくて、
道路も割とすぐに通常の走行が可能になった。

で、午後はせっかくだから群馬の森まで出かけて行って、
遊び心を交えて撮ってみた。

と言えばカッコいいかな?実はたいしたものが無くてね、
溺れるもの藁掴み作戦決行ってことなんだいネ。

我ながら苦笑いしてるのさ106.png





   いったん上がった雪が、11時頃また降って来たのを望遠で。
c0305565_17490689.jpg





   県立歴史博物館の建物に映る景色。本当の空は青くない。
c0305565_17493049.jpg





   なんかの遊具と手前のドウダンツツジで、ミミズクを作ってみた。
c0305565_17494849.jpg




   パンジーは二度目の雪で、大変な試練に耐えている。
c0305565_17501884.jpg





   植え付けられたばかりのデージーが、この雪で可哀想。
c0305565_17503297.jpg





   常緑のシダは、雪にも負けずに元気。
c0305565_17504634.jpg





   前の雪の湿気が乾かないうちの雪で、コケも元気。
c0305565_17505819.jpg





   まだ背の低いロウバイは、目線の位置で撮れる。
c0305565_17511822.jpg





   こちらはちょっと寂し気なロウバイ。
c0305565_17514108.jpg





   マンサクもだいぶ咲き進んだ。
c0305565_17515505.jpg





   悪名高き?! カラスの足跡の本物。右が前。
c0305565_17522332.jpg





   これは、たぶんネコちゃんが、ゆっくり奥方向に向かって歩いた跡。
c0305565_17523490.jpg

by h6928 | 2018-02-03 18:28 | 季節もの・冬 | Comments(2)

久しぶりの温室で


昨日 ( 01/29 ) は、ここ数日間にしてはけっこう暖かくて、
残っていた雪もかなり溶けて来た。

それで、敷島公園のバラ園で冬バラでも撮ろうと行ってみた。
いやぁ~、最近は思惑が外れてばかりだなぁ。

またもや大外れで、さすがに上州の極寒には耐えられず、
咲いているバラなんて一つもない。
おまけになにやら工事中で立ち入れる場所も少ないと来ている。

でも、唯一の救いは、期待していなかった温室。

昔は、この温室はとても充実していて、
小さいながら見ごたえがあった。

けど、最近は様々な経費削減、特に人件費削減のためか、
えらく簡略化されて見ごたえが無くなっていたのだ。

それでも入ってみると、相変わらず展示されている植物は寂しい。
端から期待していない分、わずかに咲いていた花があって、
「渡りに船」とか「溺れる者は藁にも縋る」ってもんで、
咲いていてくれたことそのものがありがたく思えた。

それにしても、暖かくなったこの日に、
暖房が効きすぎて息苦しくなったのにはマイッタね。
経費節減は???どうなったの?って逆に笑えた106.png




   温室の中は、まずブーゲンビレアが目立っていた。
c0305565_17354895.jpg





   少し寄ってみると、「花」の様子がわかる。
c0305565_17353019.jpg





   中央の三つが、それぞれ本当の花。
c0305565_17361786.jpg





   花それぞれは微妙にずれて咲くようだ。
c0305565_17363282.jpg





   花に見える苞は3枚でワンセット。
c0305565_17364289.jpg





   本当の花は、ほとんど三つ子でワンセット。
c0305565_17365964.jpg





   ハイビスカスは小ぶりの地味な品種。
c0305565_17373094.jpg




c0305565_17374522.jpg





   鉢植えのアッサムニオイザクラも咲いていた。
c0305565_17380226.jpg




c0305565_17382502.jpg





   カランコエっぽいけど、巨大だから違うのかな?
c0305565_17384821.jpg





   温室の外に出れば、梅一輪 一輪ほどの春だいね。
c0305565_17390251.jpg





   怪しいオジサンがアヤシイ写真を撮っている。
c0305565_17391898.jpg

by h6928 | 2018-01-30 18:40 | 植物園 | Comments(2)

溶けかけの雪 など


昨日 ( 01/25 ) も関東上空には第一級の寒波が居座っていて、
日中も気温が上がってこない。

22日にどっさり降った雪は、おかげで雪解けも進まずに、
除雪していない所ではしつこく残っている。

外の気温は2~3℃くらいで、風も吹いているし寒いし、
さぁ何を撮ろうか思案して、
出した結論は溶けかけの雪を撮ろう!だった。

そういうのが撮りやすそうな群馬の森に行って、
「アヤシイおっさん」と言われても仕方ないような格好で、
いろいろ撮ってみた。

アヤシイ写真がそうやってできたのだった。





   雪の上に伸びる影と、誰かが歩いた足跡。
c0305565_17423402.jpg





   日の当たる雪を背景に、サザンカの花。
c0305565_17424415.jpg





   玩具の「吹き戻し」みたいなマンサクの花の背景は青っぽく写った雪。
c0305565_17425655.jpg





   ドウダンツツジの冬芽を包むような、溶けかけの雪。
c0305565_17430874.jpg





   他に、以下のような造形が撮れた。
c0305565_17432843.jpg




c0305565_17434000.jpg




c0305565_17435523.jpg




c0305565_17440897.jpg




c0305565_17451878.jpg




c0305565_17441822.jpg




c0305565_17443178.jpg




c0305565_17444228.jpg

by h6928 | 2018-01-26 18:08 | 季節もの・冬 | Comments(2)


昨日は9月の最終日。
良い天気だったけれど、前日の疲れもあって遠出は控えた。

で、たまには近くだし少林山達磨寺にでも、と行ってみた。

山門の手前でふと気が付くと、
向かって左側にある大きな常緑樹に、白い花が咲いているではないか。
良く見たら、それはヒイラギモクセイだった。

常緑小高木で7mくらいにはなるそうだけれど、
普通は生け垣に使われており、高木になっているのは過去見たことが無い。
ここにだって何度も来ているのに、今まで気が付かなかったしね。

ギンモクセイとヒイラギの雑種とのことで、なるほど両者の面影はある。
足して2で割ったような、という感じはピッタリする。

今まで花は見たことが無かったので、たぶん花期も短そうだから、
この日にここに来たのは、凄い幸運だったのだろう。

ヒイラギモクセイのお導き?だったりして。





   ヒイラギモクセイに咲いていた花。とても控えめで、誰も気づかないようだ。
c0305565_17414258.jpg






   こんな風に咲いている。香りは、この木に限っては穏やかだった。
c0305565_17415214.jpg






   花をアップにしてみる。やっぱりヒイラギとギンモクセイの中間型かな。
c0305565_17420165.jpg






   半眼でにらんでいるように撮れた、アキアカネ。
c0305565_17424191.jpg






   こちらはナツアカネ。赤とんぼは「竿の先」にとまると「らしい」よね。 
c0305565_17425570.jpg






   イタズラ半分に、ナツアカネの輝く翅をドアップで撮ってみた。
c0305565_17441056.jpg






   シュウメイギクも、こんなタイプだとキクと言われても頷けそう。
c0305565_17444394.jpg






   1円玉より小さいくらいの、マメガキの実が豊作。
c0305565_17450434.jpg






   シロヤマブキの黒い実は、四つが標準の、1ユニット。
c0305565_17451718.jpg






   グリーンカーテンにしていたフウセンカズラに、風船が揺れる。
c0305565_17453791.jpg






   その風船をバックに、まだ咲いていた花を撮ってみた。
c0305565_17454774.jpg






   茶色に熟した風船の中身は、ハートマークの種子。
c0305565_17460082.jpg

by h6928 | 2017-10-01 18:46 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/27 ) は、曇りで次第に下り坂との予報が出ていたから、
無難に撮れそうな所として、前橋のフラワーガーデン泉で撮ることにした。

珍しい植物や花が見られるし、上手く当たればチョウだって撮れるかも。
花の方は売っているだけにたくさん見られたけれど、
チョウはイチモンジセセリだけ。

それでも撮れないよりましだから、文句は言わない。

花の方は、綺麗なものよりは撮影が難しそうなものをあえて選んでみた。

「素直の芯が少し傾いてた」っていうフレーズは、
遊佐未森さんの歌の一節にあるけれど・・・・、

ボクは素直の芯がいつだって傾いているのさ、なんちゃってね111.png





   このバラの、派手さを抑えた微妙な色は、再現に挑みたくさせる。
c0305565_17422313.jpg






   こちらもそういう意味では興味を引く。緑系のバラ・・・難しい。
c0305565_17423420.jpg






   チョコレートコスモスの、チョコモカ。
c0305565_17424615.jpg






   南半球プランツとして展示してあった、グラベリアという木の花。
c0305565_17430258.jpg






   サラセニアの花が咲いていた。普通は春じゃなかったっけ?   
c0305565_17432005.jpg






   ワシントンヤシ(モドキ)は、葉から出ている白い細紐が面白い。
c0305565_17434647.jpg






   プロテアの〝スペシャルピンクアイス‴
c0305565_17435762.jpg






   似た色つながりで、シャコバサボテン。もう咲いていた。
c0305565_17441107.jpg






   チョウチョは、イチモンジセセリしか来ていなかった。
c0305565_17442666.jpg






   セセリちゃんといえば、正面からのジェット戦闘機モードだが・・・・。
c0305565_17443615.jpg






   次に翼を出すのを待って撮った。大成功!(^^)!
c0305565_17444670.jpg






   早くもハロウィン商戦に入っていて、こんなオブジェも。
c0305565_17445825.jpg

by h6928 | 2017-09-28 18:50 | 花卉・野菜 | Comments(2)

憩の森で憩いつつ


昨日 ( 08/09 )は、朝から珍しく晴れ渡り、雲一つない快晴で始まった。
天気予報では、フェーン現象による猛暑が予想されると告げていた。

だから、暑い日中は渋川市にある、群馬県憩いの森に避難することにした。
榛名山の中腹にある森だから、平地よりははるかにまし。

それでも汗をかきながら、ハアハアと肩で息をしつつ、ゆっくり歩く。
去年よりだいぶ体が衰えたかな?と感じたりも。

そして、帰ってくると家の中が凄く暑くなっている。
例によって館林では駅前では40℃超えとの報道。

避難していて正解だったとつくづく思ったのだった。





   ウドの花に来る虫・3題。まず、キイロスズメバチ。
c0305565_18040258.jpg






   アオハナムグリが珍しく綺麗に写った。光線の関係かな?
c0305565_18041252.jpg






   アカハナカミキリもこの花は大好きで、複数みられる。
c0305565_18042005.jpg






   タマアジサイは今がシーズン。撮影はけっこう難しい。
c0305565_18045021.jpg




c0305565_18050126.jpg




c0305565_18050997.jpg






   咲き終えて、背面を見せているヤマアジサイ。
c0305565_18051966.jpg






   林床で木漏れ日を受けて咲く、イタドリの花。
c0305565_18054750.jpg






   イヌトウバナで吸蜜する、(ヤマト?)スジグロシロチョウ。
c0305565_18055920.jpg






   ハナイカダの実は、色付いていてもだいぶ数が減っていた。
c0305565_18061053.jpg






   ウリノキの実。葉の陰にあることが多いので、撮るのは苦労する。
c0305565_18062030.jpg






   たまに葉の上に出る実もある。
c0305565_18063208.jpg

by h6928 | 2017-08-10 19:05 | 季節もの・夏 | Comments(4)

郊外で散歩ついでに


心配した台風が、かなり西の方を通過して行ったので、
昨日は割と穏やかではあったが、それでも高温多湿な日になった。

台風一過という天候ではなく、いつ降りだしても不思議ではないような、
それでも青空も雲間にのぞく・・・、気まぐれ天気。

一応そんな時の撮影地・高崎市の郊外で、散歩がてら撮れるものを撮った。

ニンジンの花も撮りたかったのだけれど、
残念ながらそれはきれいさっぱり片付けられていて、(´・ω・`) 。

まぁ、良くあることさ、と気を取り直すしかないよね。





   近年よく見かけるようになったイチビ。アオイ科だけに花は可愛い。
c0305565_18072629.jpg






   こちらはまだ青い果実。超小型のカメムシかな?交尾をしてた。
c0305565_18073991.jpg






   すでに熟している果実がある。
c0305565_18075005.jpg






   葉の上に種をこぼしてみた。来年これでまた広がるのだ。
c0305565_18080327.jpg






   カクレミノの花は全く目立たない。アリは目ざとく見つけるね。
c0305565_18081950.jpg






   舶来強力雑草の一つ、オオアレチノギク。次のと混同されやすい。
c0305565_18083743.jpg






    こちらはヒメムカシヨモギ。白い舌状花が見られる。
c0305565_18090307.jpg






   立秋を過ぎたからかな、コスモスが随所で見られるようになった。
c0305565_18091943.jpg






   イチモンジセセリは、一度止まるとけっこう尻が重い感じ。
c0305565_18093202.jpg






   ヒメハナバチのなかまかな?花から花へ忙しそう。
c0305565_18094157.jpg






   ガガイモの花は、まだまだこれからどんどん咲き進みそう。
c0305565_18094902.jpg






   アマガエルさんは雨を呼ぶのか、この後雨に降られたのだった。
c0305565_18102814.jpg

by h6928 | 2017-08-09 19:02 | 季節もの・夏 | Comments(5)


昨日 ( 07/20 )は、暑くなるとの予報を信じて、また軽井沢に逃げ出した。
例によってレイクガーデンに行って、避暑。

気温は26℃ ほどで、時折風も吹いてくるから、かなり過ごしやすい。
それでも人間って贅沢なもので、慣れてくるとそれでも暑く感じてしまう。

ウロウロ撮り歩きながら、けっこう疲労感ものしかかる。

しかし、本当の辛さは帰ってからたっぷり味わえる。
我が居室空間は34℃超えで、外の空気を思いっきり入れても下がらない。

建物全体に蓄熱していて、夜になると放熱しているようだ。
おまけに、夜には曇っていて、いわゆる布団効果!!夜は晴れてくれよ!!

軽井沢の涼しさに感謝しなかったから、罰が当たったのかなぁ。
今朝まで寝苦しかったよぉ~。





   レイクガーデンの「レイク」には、アサザがたくさん。その花をアップで。
c0305565_18124230.jpg





   ダイコンソウは、バラ科だと主張しながら咲いている。
c0305565_18130291.jpg





   散った後には、こんな面白い形の実が出来る。
c0305565_18131398.jpg





   園芸品種だろう、白いマツムシソウ。
c0305565_18133896.jpg





   シロヤマブキの季節外れなのを。
c0305565_18134960.jpg





   ニワナナカマドが、まだたくさん咲いている。
c0305565_18135845.jpg





   ギボウシもいろいろあったが、とりあえず2種。
c0305565_18141420.jpg




c0305565_18142408.jpg





   湖面に乗り出して咲いていたホタルブクロ。
c0305565_18144109.jpg





   ホザキシモツケの花は緑に映える。
c0305565_18145014.jpg





   湖水をバックにヤナギラン。
c0305565_18150329.jpg





   エリンジウムの仲間かな?地味か派手か?どっちにも見える。 
c0305565_18152017.jpg





   フサスグリの実は、何とも魅惑的。
c0305565_18154692.jpg





   せっかくだからバラも登場させよう。
c0305565_18162733.jpg

by h6928 | 2017-07-21 19:07 | 季節もの・夏 | Comments(8)

梅雨明け発表当日もの


もうとっくに明けていたような梅雨も、
昨日 ( 07/19 ) ようやく「明けた」との発表があった。

ぐんまフラワーパークに向かう車中、カーラジオでそれを聞いた。
まだまだ当分暑い日が続くから熱中症に注意しろ、ともいう。

何を今更・・・・、と思ったのは、
発表のあった日の方がむしろ気温が低く、湿度も低いから、
いわゆる不快指数としては低めに感じたからに違いない。

ともあれ、暑い日が続きそうなのは用心に越したことはないだろうから、
御身大切・後生大事にと、自分を大いに甘やかそうと思っている。

で、今回はそのぐんまフラワーパークで撮ったものから
なるべく涼しげなものセレクトで(^-^)




   鉢に植えのオオセンナリ?野外で見るのとはちょっと違う気がする。
c0305565_17484675.jpg





   これも涼しそうな色で、ルリタマアザミ。
c0305565_17485616.jpg





   梅雨明け当日のアジサイも、また乙なもの?
c0305565_17490942.jpg





   「ギボウシ展」の展示品から。
c0305565_17492566.jpg





   ここでレンゲショウマに逢えるとは思わなかった。嬉しい誤算。
c0305565_17494015.jpg




c0305565_17494939.jpg





   コボウズオトギリという和名は、もっと工夫してほしいなぁ。
c0305565_17500393.jpg





   傷つけたりしなければ名前のイメージとは程遠い。ヘクソカズラ。
c0305565_17501278.jpg





   夏本番といえば、サルスベリは定番の花。
c0305565_17502479.jpg





   ベニシジミはいつ見ても可愛い。真夏でもね。
c0305565_17503725.jpg





   ミヤマアカネで秋の気配を感じられるかな?
c0305565_17504970.jpg





   ツマグロヒョウモンも涼し気に撮ろう、ってことで。
c0305565_17510261.jpg

by h6928 | 2017-07-20 18:37 | 季節もの・夏 | Comments(2)