タグ:木の実 ( 25 ) タグの人気記事


昨日 ( 11/15 ) は、旧・倉淵村方面にふらっと行ってみたけれど、
いっぱい実を付けたカキくらいしか撮れなくて、
そこでの撮影は諦め、急遽安中榛名駅に行ってみることにした。

1枚目のが倉淵のカキの木で、
それ以降は安中榛名駅周辺で撮ったものになる。

日没ちょっと前の時間帯で、
妙義山系の山の上に冬らしい雲がかかっており、
時折雲間から夕陽が覗いたりして、
撮影にはいろんな光が使えて良かった。

実感としては、少し前なら暑い暑いと嘆いていた時刻前後なのに、
今はもう薄着では寒いしすぐに暗くなってしまうし・・・・、
時の過ぎるのも年とともに早く感じるというけれど、ホントだね。

ガッテン!!だよ。




   ドッサリと実を付けた大きなカキの樹。
c0305565_17381982.jpg





   ニシキギの実も、こんな風になると冬の到来が実感できる。
c0305565_17383058.jpg





   何度も刈られて再生したセイヒクアワダチソウ、なんちゃってね105.png
c0305565_17384683.jpg





   常緑のツツジも、寒くなるとこんな色に染まる。
c0305565_17390237.jpg





  メタセコイアの黄葉を透過光で撮ってみた。
c0305565_17391244.jpg





   基本黄色で紅も混じる不思議なモミジさん。
c0305565_17393195.jpg





   条件的に厳しい逆光だったけど、何とか写った。
c0305565_17394195.jpg





   ヌルデの幼木の葉色が、見たことのない色に染まっていた。
c0305565_17400017.jpg





   もうずいぶん寒くなったのにまだ咲き続ける、シロツメクサの花。
c0305565_17401847.jpg





   メリケンカルカヤの穂も印象的。
c0305565_17403902.jpg





   砂漠色の愛車に映った夕景も。
c0305565_17410116.jpg





   蛇行している歩道に斜陽がほんのり。
c0305565_17411275.jpg





   日没前の妙義山と空。
c0305565_17412231.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-16 18:22 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

竹沼で初冬らしさを拾う


昨日 ( 11/08 ) は、
雨こそ降らなかったけれどどんよりした曇り空。

午後からは回復傾向だという気象予報士さんの言葉を、
半信半疑で聴いてともかく撮影には出た。

行った先は久しぶりの竹沼。
一周約4㎞の周湖道を歩きながら、目ぼしいものを見つけては撮る。

夏の間から割と最近までは緑一色だった葉っぱたちも、
いろんな色に変化していた。

早いものではもう枯れ木状態の木さえある。

撮影は、暗いことと被写界深度を稼ぐことを考えて、
主にリングライトを使ってみることにした。

シャッター速度は1/30~1/80秒、
絞りはF8~16を状況により変えたりして、
日中シンクロを試みる。

でも、以下の写真の中には風景は当然として、
ストロボ無しのも含まれている。

どれがそうかは、内緒ね(^_^.)





   クロモジの黄葉。この材は上品な和菓子をいただく時の楊枝として用いられる。
c0305565_17310802.jpg





   ヤマウルシの紅葉。この木には幼い頃良くかぶれて、今でもトラウマが。
c0305565_17312323.jpg





   ハリギリの葉。大木になるので、実生の幼木なればこそ撮れた。
c0305565_17313604.jpg





   最近あまり見かけないエビヅルを見つけた。
c0305565_17315933.jpg





   これがその果実。一粒食べたら甘酸っぱいブドウの味がした。
c0305565_17321765.jpg





   チゴユリの実。どの株にも実が付くものでもないようだ。
c0305565_17325101.jpg





    オトコヨウゾメの実。葉も実も瑞々しいのは数ある中でこれだけだった。
c0305565_17331714.jpg





   コバノガマズミの実は、ガマズミよりずっと慎ましい。
c0305565_17332693.jpg





   オケラの花はもう終わっていたのに、これだけは残りもの。
c0305565_17334545.jpg




   ナガバノコウヤボウキの頭果。
c0305565_17340236.jpg





   こちらはカシワバハグマの頭果。
c0305565_17341478.jpg





   まだ咲いていたリュウノウギク。
c0305565_17344398.jpg





   「最後のひと葉」って、なんか悲恋ものを連想させる。
c0305565_17345594.jpg





   入り組んだ沼の対岸をマクロ100mmで切り取ってみた。
c0305565_17350573.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-09 18:28 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日は一日中雨降りで、それを口実に「休写日」としたので、
今日のはまたまた在庫処理(じつは在庫って、まだまだあるんだいネ)。

12日に撮影し、13日にダリアをアップした、
ぐんまフラワーパークでの残りもの。

秋バラなども撮っていたのだけれど、
意外と程よく撮れる位置で咲いているのが少なくて、
イマイチ消化不良だったしねぇ~。

でも、こうしてセレクトしたのを眺めていると、
やっぱり埋もれさせておいては、写真に申し訳ないなぁ、
とも思える。

雨降りを口実に撮影も休んで、骨も休めて、
敗者復活写真に頑張ってもらおう!!





   なんだか妖精がお祈りをしているように見える!? チェリーセージ。
c0305565_17450259.jpg





   ツワブキの花が咲くと、いよいよ冬になるなぁ・・・・と感じる。
c0305565_17451770.jpg





   まだまだ元気に咲いていた、タカサゴユリの花。
c0305565_17452749.jpg





   ニュートンのリンゴも良い色に。でも、落ちないでね。   
c0305565_17453971.jpg





   エゴノキの実は、中身が出てきていた。ヤマガラが喜びそう。
c0305565_17455719.jpg





   けっこう咲いていたツツジの内から、アリさんと。
c0305565_17461035.jpg





   香り良いという秋バラの、香りは伝えられないけど・・・・、6点ほど。
c0305565_17462316.jpg



c0305565_17463135.jpg



c0305565_17464017.jpg



c0305565_17464974.jpg



c0305565_17465805.jpg



c0305565_17470703.jpg

by h6928 | 2017-10-16 18:33 | 植物園 | Comments(6)

故郷の秋を感じに


昨日 ( 10/11 )は朝からよく晴れて、気温もぐんぐん上って、
真夏日になるかと思うくらいだった。

でも、お昼前あたりから雲が増えてきて、結果的には30℃には届かなかった。

そんな午後、
なんとなく生家付近の懐かしい田舎道を歩いてみたくなって、
いつものマクロ100mmをもって行ってみた。

早い所では稲刈りも終わっていたりでも、一部ではイノシシに穂を食べられて、
刈り取りさえ諦めた田んぼもあって、それも現実だった。

ボクが子供だった頃は、
利用可能な限り開墾され米を作っていた場所も、
今は耕作放棄地。

荒れ果てたブッシュには人は近寄れず、
イノシシ天国と化している。

せめてまだ人が歩けるところで、いろんな秋物や季節外れ物を撮ってみた。





   11月まで見られるナツアカネはまだ元気。何で夏なの?っていつも思う。
c0305565_17553661.jpg






   コカマキリさん、お久しぶり。子供の頃にはよく会えたのにね。
c0305565_17555649.jpg






   今年は今頃になって初めて撮れた、ウラナミシジミさん。
c0305565_17561184.jpg






   これでも一端に隠れたつもり!? 様子を伺っているイナゴさん。
c0305565_17563371.jpg






   ツユムシ女子は、おしとやかで慎ましいから、見逃すところだった。
c0305565_17564485.jpg






   アズチグモの顔は超個性派だから、間違いなく判別できる。
c0305565_17570827.jpg






   ナナホシテントウさんも蜜を舐めるの? ふしぎ発見!!
c0305565_17572784.jpg






   アキノノゲシは、もう実を付けているのもあった。
c0305565_17574763.jpg






   オオイヌノフグリの花、発見。晴れていればもっと咲いたはず。
c0305565_17580385.jpg






   この時期にハナイバナが!? 群れ咲いていたのは意外。
c0305565_17582314.jpg






  カキの木のある風景。向こうには秋間のメインストリートが横切る。
c0305565_17585514.jpg






   この色への変色は初めて見た。これでもれっきとしたニホンアマガエル。
c0305565_17590414.jpg

by h6928 | 2017-10-12 18:54 | 季節もの・中秋 | Comments(8)


昨日 ( 10/03 ) は、平地では真夏日になって季節外れの暑さだった。

それを口実に、涼しい所を目指し榛名湖畔に行ってみた。

さすがに涼しく、シーズンオフで人も少なく、のんびりと散策がてら撮れた。

チョウなど、虫は少なくなっていて、まぁ無理もないか。

普段素早いアカタテハも、さすがに動きが鈍っていたのか、撮れたのが嬉しい。





   野菊はそれぞれ似ていて見分けが難しいけれど、これはノコンギクかな。
c0305565_17383007.jpg






   栽培される小菊に似たリュウノウギクは、ガレ場など斜面が好き。
c0305565_17384101.jpg






   ヤクシソウにイカリモンガがやって来て、そのまま休憩に入った。
c0305565_17385799.jpg






   コウゾリナはまだ花も見られるけれど、こんな姿も良い。
c0305565_17390768.jpg






   ダイモンジソウは、ひっそりと慎ましく咲いていた。
c0305565_17393132.jpg






   カメバヒキオコシの、カメさん形の葉が入るように撮ってみた。
c0305565_17400196.jpg






   リンドウはいっぱい咲いていたのに、ボツを量産する羽目になった。
c0305565_17401157.jpg






   猛毒のトリカブトにも、虫はやって来る。蜜に毒は無いのだろう。
c0305565_17402131.jpg






   秋型のキタテハは、冬に備えて栄養補給に懸命。
c0305565_17404522.jpg






   いつも逃げられてしまうアカタテハが、この日は撮れた。
c0305565_17405499.jpg




c0305565_17410486.jpg






   元気がないのか? 葉が少ないイチイに、赤い実が目立った。
c0305565_17412154.jpg

by h6928 | 2017-10-04 18:50 | 季節もの・中秋 | Comments(3)

近くの公園で、小さな秋


台風が去って二日ばかり真夏日だったけれど、
昨日はまた寒いくらいの曇りになった。

そして昨日は彼岸の入り。暑さ寒さも彼岸まで、とはいうけれど、
本当にもう暑い日は来ないのかな?って思うと寂しくなる。

そんな昨日は、お墓参りを済ませた後、
まだ時間があったので近くで撮ることにした。

例によって、そんなときのための候補地の一つ、観音山ファミリーパーク。

時折小さな雨粒が舞い降りて来るけれど、
天気としては雨には該当しないのだろうな。

薄暗い公園で、人影もごく少なく、あわただしく一回りしてきた。
これだけ撮れれば上出来だな・・・って、
無理やり自分を納得させて引き上げたのだった。

ジュウガツザクラは期待していなかったので、儲けものだね。





   だいぶ膨らんできたナツツバキの果実。つい顔を描きたくなるのはボクだけ?
c0305565_17513195.jpg






   マリーゴールドにキタテハ。相性が良さそう。
c0305565_17514728.jpg






   このコたちって、見かけるたびに交尾している気がする。マメコガネ。
c0305565_17515849.jpg






   ヒャクニチソウにひらひらと舞い降りた、ツマグロヒョウモン女子。
c0305565_17521136.jpg






   大切な後脚を1本失って、早速試練に遭遇したかな? ツチイナゴ成虫。   
c0305565_17531423.jpg






   賑やかに咲くコスモスも良いけれど、こんな姿も味がある。
c0305565_17522899.jpg






   これなぁ~んだ? 答えは、コスモスのツボミ。
c0305565_17523941.jpg






   ヤマボウシの果実も完熟寸前。
c0305565_17530261.jpg






   ゴンズイの果実が割れて、中から黒い種子がのぞくと、これも秋の実感。
c0305565_17533756.jpg






   その近くの葉っぱで、アカスジキンカメムシの幼虫いっぱい、発見!!
c0305565_17534696.jpg






   虫ウジャウジャの次はきれいどころで〆。9月のジュウガツザクラ。
c0305565_17540473.jpg




c0305565_17541317.jpg

by h6928 | 2017-09-21 18:31 | 季節もの・中秋 | Comments(6)


昨日 ( 09/17 ) は、台風18号の影響で、一日雨・・・・。
おまけに気温も上がらず寒いくらいで、久々に長袖を着たりした。

台風の直接の影響は全くと言ってよいほど感じられず、
穏やかな雨がしとしと降る状況だったので、午後に、カメラ散歩に出てみた。

風もほとんどないから、接写にもさほど不便は感じずに、
雫写真が撮れて、運動も少しはできて、気分転換にもなったし、
一石三鳥ってとこかな。

ともあれ、今回の台風で被害に遇われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。





   家の近所にもヒガンバナが咲いている。若々しいのを選んで撮った。
c0305565_17412161.jpg




c0305565_17413586.jpg




c0305565_17415651.jpg




c0305565_17422723.jpg




c0305565_17423859.jpg






   いつもは元気印のマルバルコウの花も、雨に濡れるとか弱く見える。
c0305565_17424983.jpg






   キャラボクの実。何かこっちに向かって叫んでいるようにも?
c0305565_17425913.jpg






   雨に濡れたコムラサキ。紫の実に雫が似合う。
c0305565_17433150.jpg






   イシミカワって、まともに咲いたのを見たことが無いうちにこうなってる。
c0305565_17434464.jpg






   人知れずひっそり咲く、日陰者の代表、ミョウガの花。
c0305565_17440874.jpg






   タカサゴユリって、ユリの中では一番根性がありそう。
c0305565_17442798.jpg






   えっ? これグラジオラス!? 初めて見た品種。
     アシダンセラという名前だそうです。koneko3yさんに教えていただきました。
c0305565_17443868.jpg

by h6928 | 2017-09-18 18:19 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

憩の森で憩いつつ


昨日 ( 08/09 )は、朝から珍しく晴れ渡り、雲一つない快晴で始まった。
天気予報では、フェーン現象による猛暑が予想されると告げていた。

だから、暑い日中は渋川市にある、群馬県憩いの森に避難することにした。
榛名山の中腹にある森だから、平地よりははるかにまし。

それでも汗をかきながら、ハアハアと肩で息をしつつ、ゆっくり歩く。
去年よりだいぶ体が衰えたかな?と感じたりも。

そして、帰ってくると家の中が凄く暑くなっている。
例によって館林では駅前では40℃超えとの報道。

避難していて正解だったとつくづく思ったのだった。





   ウドの花に来る虫・3題。まず、キイロスズメバチ。
c0305565_18040258.jpg






   アオハナムグリが珍しく綺麗に写った。光線の関係かな?
c0305565_18041252.jpg






   アカハナカミキリもこの花は大好きで、複数みられる。
c0305565_18042005.jpg






   タマアジサイは今がシーズン。撮影はけっこう難しい。
c0305565_18045021.jpg




c0305565_18050126.jpg




c0305565_18050997.jpg






   咲き終えて、背面を見せているヤマアジサイ。
c0305565_18051966.jpg






   林床で木漏れ日を受けて咲く、イタドリの花。
c0305565_18054750.jpg






   イヌトウバナで吸蜜する、(ヤマト?)スジグロシロチョウ。
c0305565_18055920.jpg






   ハナイカダの実は、色付いていてもだいぶ数が減っていた。
c0305565_18061053.jpg






   ウリノキの実。葉の陰にあることが多いので、撮るのは苦労する。
c0305565_18062030.jpg






   たまに葉の上に出る実もある。
c0305565_18063208.jpg

by h6928 | 2017-08-10 19:05 | 季節もの・夏 | Comments(4)

雨の止み間に(17/07/29)


昨日 ( 07/29 ) はほぼ一日、
約束もしていないのに律義に雨が降っていた。

撮影は休んでゆっくりしようかな、
とか思っていたら、午後止み間があった。

ならば、といつでも戻れるようにと、
近所に散歩がてらカメラを持って歩きに出てみた。

全く期待していなかったわりに、何とか数は撮れたから、
空模様の怪しさを見て引き上げることにした。

案の定、速足で帰りついた直後に降って来た。

それにしてもまぁ、良くぞ降るものだ。
そして台風5号の、あの航跡の不思議さは何だ?





   ショウジョウソウにヤマトシジミ。妙に引き立て合ってる!
c0305565_17552023.jpg





   2頭になったから引いて撮った。男同士の相席。
c0305565_17552923.jpg





   ヒペリカム・アンドロサエマムは、観賞期間が長いんだね。
c0305565_17554696.jpg





   これこそ「泣いたあかおに」だよね。
c0305565_17555784.jpg





   また降るのかなぁ、って心配してるのかな? モンシロチョウ。
c0305565_17560858.jpg





   夏の花、ノウゼンカズラもしっとりした風情。
c0305565_17561543.jpg





   ハゼランが、今年はしっかり育っている。
c0305565_17563496.jpg





   えっ!もう? ナツズイセンの花茎が立ち上がっていた。
c0305565_17564162.jpg





   実の付いたシランの花茎と、雫。
c0305565_17565275.jpg





   こちらは、生育の良いメヒシバという強力雑草。
c0305565_17570011.jpg





   ブルーベリーも雫を宿して。
c0305565_17571702.jpg





   コムラサキの、できたてほやほや緑の実。
c0305565_17572559.jpg

by h6928 | 2017-07-30 18:33 | 季節もの・夏 | Comments(6)

公園の木の花・木の実


昨日 ( 06/27 ) はユリ園でガッカリしたから、と言うわけでもなかったけれど、
なんか気が(体重も!?)重くて、ダラダラ過ごしてしまうところだった。

でも、最終的には何かに突き動かされて撮りに出た。

時間も遅くなったし近くで軽く・・・と、
観音山ファミリーパークに行ってみた。

さすがに人出も少なく自由度が効く環境で、
主に木の花や実を撮ってみた。

短時間のわりに実入りが良かったので、気は軽くなった。
体重は???そっちは聞かないでおいてよね。





   今年はエゴノキの花は縁が薄かった。代わりに若い実をたっぷり。
c0305565_18085074.jpg




c0305565_18085909.jpg




c0305565_18090833.jpg





   ウリカエデの若い実も、南高梅ほどじゃないけど、きれい。
c0305565_18093000.jpg





   ヤマボウシは白い頭巾を脱いで、緑の坊さんになっていた。
c0305565_18093943.jpg





   せっかく咲いていても目立たない、アカメガシワの花も取り上げておこう。
c0305565_18095717.jpg





   クマノミズキはほとんど咲き終えていた。やっと見つけた残り物。
c0305565_18101152.jpg





   ホントは15個咲いていればなぁ。何しろサンゴジュだから(笑えました?)。   
c0305565_18102022.jpg





   ナツツバキは、もうほとんどボトッと落ちている中で、見つけた花一輪。   
c0305565_18103317.jpg





   アナベルの花陰になにやら潜んでいた、緑の昆虫。
c0305565_18104948.jpg





   えっ!? もうヤブキリが成虫になっていたんだ、早っ!!
c0305565_18105911.jpg





   ちょっと強引に出ていただいたら、立派な産卵管を備えた女のコだった。
c0305565_18110917.jpg

by h6928 | 2017-06-28 18:49 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)