ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:多々良沼 ( 36 ) タグの人気記事

   やっぱりこの頃ついてない


昨日 ( 03/07 ) は前日と一転晴れたので、
ハクチョウの旅立ち前にと多々良沼に行ってみた。

安中も高崎も伊勢崎も太田もずっと晴れていたのに、
邑楽町・館林方面に近づくにつれて南側に変な雲が出てきた。

多々良沼に着いた時には、
その不気味な雲にほぼ覆われていて、横殴りの雨が降って来た。

雨自体は大したことが無いから、そのうち通り過ぎるだろうとしばらく待ってみた。
案の定、いつしか雲はどこかに行ってしまって、晴れた後は南風。

元気になったハクチョウたちは、
たまぁ~に南風に向かって飛び立ったりする。

撮れる位置は限定なので、風向きが変わらなければ同じことの繰り返しで、
こちら側には飛んでくれない。

結局中途半端な撮影行になってしまったので、
もう一度くらい再挑戦するかなぁ。




   ずっと晴れていたのに、多々良沼あたりは不気味な濃い雲に覆われていた。
c0305565_18065085.jpg





   暗い空を映した灰色の水面に浮かんで、動きも鈍いハクチョウたち。
c0305565_18065953.jpg





   濡れた翼が乾かないよぉ~、って愚痴も出そうなカワウたち。
c0305565_18071319.jpg





   枯れヨシにつかまって耐えている、ふくらスズメ。
c0305565_18072519.jpg





   オオイヌノフグリも、一旦は咲いたのが閉じかけている。どっこいツグミは頑張る。
c0305565_18073575.jpg





   晴れていればもっと綺麗だったはずの、ホトケノザ群落。
c0305565_18074448.jpg





   やがて晴れてくると、ハクチョウたちは元気に活動開始。
c0305565_18075906.jpg





   時にはこんなバトルも勃発する。
c0305565_18080868.jpg





   飛び立っても風上が右側から(南風)なので、去る鳥ばかり。
c0305565_18082249.jpg





   結局向こう向きばかりなので、せめてパタパタを撮って上がることにした。
c0305565_18083266.jpg



c0305565_18084197.jpg



c0305565_18085045.jpg

by h6928 | 2017-03-08 18:44 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   徒労の末に⇒多々良沼


昨日 ( 01/30 ) は、新しい撮影地を開拓しようと、
館林市にある近藤沼というところに初めて行ってみた。

長細い形のわりと広い沼で、釣り客が何人かいて、水鳥もそれなりにいた。
でも鳥たちの警戒心が強くて、近寄れない。

北風の吹きまくる中、風に飛ばされそうに(!?)なりながら、
双眼鏡をもって沼を一周してみたが、望遠ズームをもってしても無理そう。

カワアイサ♂が1羽見えたけれど、撮るのは諦めた。

結局撮る気も起きないで徒労に終わり、そのままでは癪だから、
帰り際に慣れっこの多々良沼によって、
チョロッとスナップでハクチョウを撮って来た。

そんなチョロスナのハクチョウでお茶を濁そうか026.gif





   ふと気が付くと、家族連れらしい御一行様が降りて来た。
c0305565_17562698.jpg





   大きな足でブレーキを掛けながら、豪快に着水。
c0305565_17563913.jpg





   降りるとまずは挨拶なんぞをするんだね。
c0305565_17570634.jpg



c0305565_17571759.jpg





   その後、適当に小競り合いなどしながらも、仲良く過ごしていた。
c0305565_17573050.jpg



c0305565_17574336.jpg



c0305565_17580798.jpg



c0305565_17575731.jpg



c0305565_18004620.jpg



c0305565_17582535.jpg





   だいぶ白くなってきている、コハクチョウの若鳥。アンニュイな午後・・・。
c0305565_17583937.jpg





   第1回冬羽かな?たぶんセグロカモメも飛んでいる。
c0305565_17584964.jpg

by h6928 | 2017-02-01 18:39 | 野鳥 | Comments(2)

   多々良沼で、夕景富士


昨日 ( 01/25 ) は相変わらず北西の風がビュービュー吹き付ける中、
一週間ぶりに多々良沼に行った。

ところが、こうもダメか!と思いたくなるほど鳥もいないしチャンスさえない。

せっかく遠路はるばる来たのに無駄足にしたくないから、
時間が押しても良いと覚悟を決めて、夕方日没まで待つことにした。
そう、今日こそ富士山を狙おうと。

群馬県でも館林・邑楽辺りまで来ないと富士山らしい富士山は見えない。
ここ多々良沼は、弁天島の向こうに富士が見え、
舞うハクチョウとのコラボが写真が撮れるスポットでもある。

でも、見えるといっても日中ピーカンではまず見えたためしがない。
夜明けとか日没前後の晴天が狙い目という。

安中からだと、朝はよほどの覚悟をして行かないとまず無理。
結局夕方まで粘る。

そうして、何とか撮るには撮ったのだけれど、やっぱ即席の感が否めない。
これを撮って、帰ったのは7時近くになっていた。

まぁ、まるっきり無駄足にならずに良かったけどね。




c0305565_17553605.jpg



c0305565_17555055.jpg



c0305565_17560899.jpg



c0305565_17561956.jpg



c0305565_17564338.jpg



c0305565_17572465.jpg



c0305565_17573309.jpg



c0305565_17583615.jpg



c0305565_17585995.jpg



c0305565_17590821.jpg

by h6928 | 2017-01-26 18:22 | 季節もの・冬 | Comments(2)

  多々良沼・日没前


昨日は、午後に撮影には出掛けたのだけれど、
フィールドがあまりにも暗くて、鳥さんも一瞬しか出てくれず、
シャッターは押したもののブレボケ写真しか撮れなかった。

おまけに雪は降ってくるし、
早々に撤収して「危うきに近寄らず」を決め込んだ。
君子には程遠いボクだけどね。

そんなわけで、今回は18日に撮っておいた取って置きを載せよう

多々良沼で日没前まで粘って撮ったもの。
本当はあまりきれいに色づかなかった夕景なのだけれど、
小細工を弄してきれいに見せようとはしている。

その努力に免じてお許しあれ025.gif


c0305565_17570919.jpg



c0305565_17572108.jpg



c0305565_17573557.jpg



c0305565_17574870.jpg



c0305565_17580914.jpg



c0305565_17581868.jpg



c0305565_17583152.jpg



c0305565_17584637.jpg



c0305565_17585972.jpg



c0305565_17590953.jpg



c0305565_17592973.jpg



c0305565_17593949.jpg

by h6928 | 2017-01-21 18:17 | 野鳥 | Comments(4)

   多々良沼ではハクチョウを


昨日 ( 01/18 ) は、元日以来となる多々良沼に行ってみた。
木曜金曜辺りに天気が悪くなるとの予報が出ていたので、その前にと。

着いてみると、良く晴れわたり風も弱く、上々の撮影日和。
でも、なぜか今回は水位が上がっていて、それが逆に撮りにくさをもたらせていた。

水が少なければ少ないで不平を言い、多ければまた不平・・・では、
何とも身勝手な自分に呆れたりもする。

で、シギチやサギがダメならば今回はハクチョウってことで、
幸いにも飛翔場面がそれなりに撮れたから、それを中心に採用してみた。

ラッキーついでにジョウビタキの女のコも撮れたので、
それも特別付録にね。





   お昼頃の男体山。こんな風に見えるときは穏やかな良い天気。
c0305565_18065874.jpg





   その男体山をバックに南東方向に飛ぶハクチョウたち。
c0305565_18071275.jpg



c0305565_18072157.jpg





   これは別の団体様御一行。青空に白く大きな鳥が飛ぶ姿は壮観。
c0305565_18073410.jpg





   赤城山の一部を背景に飛翔するのは、家族だろうか。
c0305565_18074377.jpg



c0305565_18075246.jpg





   トリミングして1羽だけを切り取ってみた。
c0305565_18080225.jpg





   水辺では、水浴びやパタパタをして寛ぐ姿も見かける。
c0305565_18081939.jpg





   通信簿のオール2を「アヒルの行進」と言ったやつがいたけど、この方が似合う。
c0305565_18082782.jpg





   アメリカコハクチョウのカップルもいた。
c0305565_18083630.jpg





   ジョウ美女ちゃんの可愛いポーズも付録でついてきた037.gif
c0305565_18084935.jpg



c0305565_18085818.jpg

by h6928 | 2017-01-19 18:42 | 野鳥 | Comments(2)

 ユリカモメとセグロカモメ(?)


酉年の初撮りは、元日から多々良沼まで出かけた。
着いたばかりの時は赤城山に雲がかかって、お決まりのように赤城颪が強かった。

それでもメゲずに頑張っていると、風神様が同情したのかサボりたかったのか、
風が治まって穏やかな陽気になってくれた。

そして、なんと!ユリカモメがいるではないか!
内陸の沼まで飛んできてくれたんだね、えらい!!さすが酉年をわかってくれている。

セグロカモメの成鳥はここでも何度か見ているけれど、
ユリカモメは初めてだった。
海岸近くの人には珍しくも無い鳥でも、海無し県人には貴重な存在だ。

セルフのデリバリーで大サービスだったのかな?しかも無料!!
元日早々縁起が良いわい。





   内陸でユリカモメに出逢えたのが嬉しくて、バシャバシャ撮った。
c0305565_17305020.jpg



c0305565_17305968.jpg


c0305565_17310814.jpg



   なぜかツルシギの傍がお気に入りだったような。
c0305565_17313928.jpg



c0305565_17333131.jpg



c0305565_17315786.jpg



c0305565_17320519.jpg





   これより、セグロカモメの幼鳥と思われるものも、複数いたので。
c0305565_17321609.jpg



c0305565_17322530.jpg



c0305565_17324327.jpg



c0305565_17325218.jpg



c0305565_17330553.jpg

by h6928 | 2017-01-02 18:09 | 野鳥 | Comments(2)

 のたりのたりと多々良沼 ~ 12月9日 撮影 ~


昨日は穏やかな晴天に恵まれたので、また遠路、多々良沼まで行ってみた。

ひねもすのたりのたりかな・・・。そんな言葉が似合いそうな、
のどかな雰囲気で今回はそこそこ撮れた。

それにしても、この時期にしてまだ鳥たちの数も種類も少ない。

公園として周辺の整備がずいぶん進んだのに、生き物はどこに消えたのだろう?





   オナガガモも、このくらいの数だと騒々しくなくていい感じ。
c0305565_17361247.jpg





   良い天気で、午後の日差しを楽しんでいるかのようなハマシギ。
c0305565_17363410.jpg





   特徴からツルシギだと思うのだけれど、自信はない。
c0305565_17375870.jpg



c0305565_17380649.jpg





   水際や浅瀬で小走りの、忙しそうなハクセキレイ。
c0305565_17382718.jpg





   オオバンの特徴的な足指が撮れた。
c0305565_17383810.jpg





   カンムリカイツブリのカップル。プレゼントごっこかな???
c0305565_17385270.jpg





   ダイサギの低空飛行。
c0305565_17391275.jpg





   まだ少ないけれど、コハクチョウがいた。今シーズン初撮り。
c0305565_17395549.jpg





   カワウがこんなにいると、サカナがいなくなってしまいそう。
c0305565_17402023.jpg




   ずいぶん遠いけど、ミサゴが飛んでいるのを見つけた。
c0305565_17403162.jpg





   せっかく出てくれたのに、カラスが余計なことをしてくれる。
c0305565_17404112.jpg

by h6928 | 2016-12-10 18:40 | 野鳥 | Comments(2)

 ~ 多々良沼で撮れた鳥たち ~


昨日(11/22)は多々良沼にまた行ってみた。

前日の雨が大地や空気に湿気を含ませて、
晴れているはずなのに春霞状態になっている。

風もさほどなく、穏やかな天気なのに、
なんか・・・・年々見られる鳥が減っている気がする。

物足りない気分を振り払うように、
とりあえず目の前に現れた鳥はしっかり押さえておく。

思いがけなくたった1羽だけでもタゲリがいてくれたのは、嬉しい誤算。

ほとんど動きが無かったし、はるか遠い距離だったので、
焦る気持ちを押さえられず無駄撃ちが多くなった。

それでも、画質はイマイチでも動いたのも撮れたから満足しておくか・・・・。




   干潟状の沼の傍で、急激に増えているオオバンの群れがいた。
c0305565_18090355.jpg





   何かに驚くと、走ったり飛んだり!?で、一斉に水面に向かう。
c0305565_18092437.jpg





   ハクセキレイが、こんなポーズで画面に納まってくれた。なかなか凛々しいね。
c0305565_18094515.jpg





   杭にいたハクセキレイの飛び出しを狙って、何とか写った!!
c0305565_18100881.jpg





   ハマシギが小群でいた。自身の映り込みで数が倍に見える。
c0305565_18102651.jpg





   ちょっと大きくて脚と下嘴が赤いシギ。ツルシギだろうか?
c0305565_18111630.jpg



c0305565_18105051.jpg



c0305565_18113099.jpg





   はるか彼方にタゲリを見つけた。超ラッキー。
c0305565_18115217.jpg





   唐突にパタパタをしてくれた。サービスが良いね。
c0305565_18120505.jpg



c0305565_18121562.jpg





   パタパタの後、しばしこのポーズでいた。
c0305565_18122591.jpg

by h6928 | 2016-11-23 18:56 | 野鳥 | Comments(4)

  多々良沼でコサギなど


昨日(11/05)は、ニコンのP900を携えて多々良沼に行ってみた。

去年は10月末に行ったはずだが、今年は少し遅くしてみた。
それなのに、鳥は去年よりまだ少ない。

そしてやっぱり水の量が少なく、水際がはるか遠い所に後退している。
沼じゃなくて淡水の干潟状態だね、こりゃぁ・・・・。

コサギだけは撮れる位置にいたから
何とか少しは数を稼げたけれど、他はかなり厳しい。

ここで地の利を得られる近場の人ならいざ知らず、
遠路はるばる日帰り行では、ちと無茶だったかな・・・・。

超高倍率ズームのP900のおかげでも、これだけ撮るのがやっと。
まぁ、出だしはこんなものかな。





   演技派コサギたちのおかげで撮れた写真たちは、以下の7枚。
c0305565_17382952.jpg



c0305565_17384180.jpg



c0305565_17390024.jpg



c0305565_17391626.jpg



c0305565_17393450.jpg



c0305565_17394815.jpg



c0305565_17400050.jpg





   孤高を決め込んでいた、アオサギ。
c0305565_17401677.jpg



c0305565_17402984.jpg





   はるか遠くに集うのは、たぶんアオアシシギハマシギ。カモはカルガモとオナガガモ。
c0305565_17405021.jpg



c0305565_17410453.jpg





   何か不味いものでも食った? 大口を開けて吐こうとしているオオバン。
c0305565_17411589.jpg

by h6928 | 2016-11-06 18:17 | 野鳥 | Comments(4)

 館林・邑楽方面で

昨日(09/12)は元気のなかった多々良沼のオニバスが気になって、
はるばる館林方面に行ってみた。

多々良沼は、館林といっても西のはずれで、緑も豊かで水もあり、
暑い街というほどではない・・・、はずだった。

でも、一旦猛暑から解放された身には、先入観も加わってやっぱり暑い。
カンカン照りではないけれど、汗を拭く布は欠かせない。

気になっていたオニバスは、
さすがに熱帯系の植物らしく少しは持ち直していた。

来年に繋がる種が出来てくれればいいのだけれどね。





   ここでもヒガンバナが咲き始めていて、かくれんぼ中のイナゴを見つけた。
c0305565_17400627.jpg





   久々に再会したオニバスは、ある程度元気を回復していた。
c0305565_17401698.jpg





   一番近寄れたのがこれ。小さなクモが乗っていたのは意外。
c0305565_17402563.jpg





   センダングサに来ていたツマグロヒョウモン女子。お腹側が撮れた。
c0305565_17405006.jpg





   こちらにはヤマトシジミ。
c0305565_17410071.jpg





   スズメウリの巻きひげに、かわいいいイモムシちゃんがいた。
c0305565_17411890.jpg





   久しく聞かない「右肩上がり」の言葉。スズメウリに実がたくさんも珍品?
c0305565_17412915.jpg





   ここからは「おうら創造の森」で

そして次に、西に隣接する「おうら創造の森」にも寄ってみた。
ここで思いがけないものに3種も出逢えたのはサプライズだった。

最初に気が付いたのは、ヘビウリ。
県緑化センターの建物に使われているグリーンカーテンが、ヘビウリだったのだ。
生憎花は上の方ばかりで、撮れたのは一つだけ。

更に横を見ると、そっちはトケイソウが生い茂っていた。
やっぱり花は上の方ばかりで、下のも葉に隠れている。

撮れるのだけ撮って、さらに物色していると、黒いアゲハが飛んでいた。
翅に白い部分が見える。モンキ?と思ったが、尻尾が無い。
ナガサキ・♀!これはラッキー!

県内野外初見!ここで逢えるとは、感激。
写真には満足なものは撮れなかったけれど、一応証拠は押さえた。




   管理棟のグリーンカーテンにヘビウリが!! 思いがけない出逢い。
c0305565_17414351.jpg





   撮れる位置にあった花は、これだけ。ちょっと逢うのが遅かったようだ。
c0305565_17415194.jpg





   ここにトケイソウがあったのも意外な出逢い。でも、写真が撮れる花は意外に少ない。
c0305565_17421127.jpg





   ハギの花にはたいてい来ているキタキチョウ。
c0305565_17423454.jpg





   群馬で初見のナガサキアゲハ。しかも女のコ。うれし~!慌てて証拠写真。
c0305565_17424600.jpg

by h6928 | 2016-09-13 18:47 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風