昨日 ( 06/15 ) も相変わらずの晴天で、梅雨らしさに欠けるけれど、
ドピーカン覚悟で下仁田町にある「下仁田あじさい園」に行ってみた。
上信越道の下仁田インターのすぐ近くで、国道254号線の脇にある。

下仁田というと、ネギとコンニャクに井森美幸くらいしか知名度が無いようだけれど、
町の東の玄関口としてのアジサイ園を、
町と住民が一体となって盛り立てて行こうとしているのだとか。

この辺りは鏑川の河岸段丘で、国道から見ると崖にアジサイが植えられている感じ。
何度かこのシーズンに通って、咲いていることは知っていたのだけれど、
実際に入ってみたのは初めてになる。

国道からわき道に入って、段丘上の駐車場と入口に至ると、眼下に家並みが見える。
そして、かなり広い範囲に植えられたアジサイたちを、遊歩道に沿って歩いてみる。

横に移動しているうちはいいけれど、何しろ高低差が大きいので上り下りはしんどい。
ドピーカンの下、汗を拭きふきアジサイ撮り。

前日に見たビックリするような品種は無く、よく見るお馴染みのばかりが心地よい。
カタツムリなんて一匹も見られなかったのは、この空では無理もないけどね。

それにしても、アジサイの集団を見ると、
ついつい『ドラゴンボール』のナメック星編を思い出してしまうのは、なぜ?




c0305565_18022842.jpg




c0305565_18024196.jpg




c0305565_18025597.jpg




c0305565_18031005.jpg




c0305565_18032060.jpg




c0305565_18033537.jpg




c0305565_18035338.jpg



c0305565_18040790.jpg




c0305565_18042797.jpg




c0305565_18043659.jpg




c0305565_18045795.jpg




c0305565_18051787.jpg

by h6928 | 2017-06-16 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)